「〇〇すぎる」ネコ写真コンテスト

写真集『必死すぎるネコ』で話題の猫写真家・沖昌之さんを審査委員長に迎え、
猫たちの「〇〇すぎる」生態を激写するフォトコンテストです!

〇〇に当てはまる言葉はなんでもいいけど、「かわいすぎる」だけはNG。
みなさんが捉えた猫たちのおかしくも愛おしい瞬間を、
「〇〇」を埋めるウィットともにドシドシ投稿してください。

コンテスト概要と応募方法

4月のコンテスト結果発表

特選

常連すぎるネコ toshiさん

常連すぎるネコ
toshiさん

沖さんからのコメント

昭和的な食堂で、頑固そうなネコが何か語りかけてくる。ネコを撮っているというより情景を切り取った1枚という感じで、ネコが俳優のように見えます。こんな食堂、行ってみたくなりますよね。

お尻四角!すぎるネコ  カジハラさん

お尻四角!すぎるネコ
カジハラさん

沖さんからのコメント

見た瞬間にこれは採用!と思いました。視覚的なインパクトの強さ、耳が1本だけ覗いて角のように見えるところとか、たまらないですね。顔が映っていなくてもこんなにかわいくネコを撮れるんだ!という新鮮な驚きがあります。

謝罪のプロフェッショナルすぎるネコ  服部佳弘さん

謝罪のプロフェッショナルすぎるネコ
服部佳弘さん

沖さんからのコメント

土下座って地面に頭を付けてこそ誠意が伝わると思うのですが、このプロフェッショナルは切り株の上から、汚れずきれいに謝罪をするというところが素晴らしい。しっぽまでピンと正しているところも、お手本のようですね。

入選

ラブストーリーすぎるネコ  なおさん

ラブストーリーすぎるネコ
なおさん

沖さんからのコメント

ネコとネコのキスはよくあるのですが、相手がぬいぐるみ、かつ同じ黒ネコ同士というのが、僕の想像の上を行く1枚で選んでしまいました。首輪の赤色がリンクしているのもいいですよね。

やり投げすぎるネコ  yamawaiisoraさん

やり投げすぎるネコ
yamawaiisoraさん

沖さんからのコメント

ネコじゃらしで遊ぶネコを撮るなら、おもちゃが写らないようにした方がいいと思い込んでいました。この絵は、写り込んだおもちゃと白ネコのポージングをやり投げに見立てている発想の転換がすばらしいと思って選びました。

高飛び込み選手すぎるネコ  ままめろんさん

高飛び込み選手すぎるネコ
ままめろんさん

沖さんからのコメント

これだけ青空が写り込んでいるということは、本当に高飛び込みくらい高いフェンスなんでしょうか。そんな場所からネコが降りてくる写真って、僕は撮ったことがないので珍しいなと思って選びました。

抑え込みの練習が未熟すぎるネコ  terumaronさん

抑え込みの練習が未熟すぎるネコ
terumaronさん

沖さんからのコメント

子ネコが寝る時って仲良く丸くなるイメージですが、別々に二匹ずつ寝ているのは珍しいですよね。寝方も同じで、さらに色も揃っているのが、シンクロしていて面白いなと思いました。

笑いが込み上げすぎるネコ  ねこぬまかくさん

笑いが込み上げすぎるネコ
ねこぬまかくさん

沖さんからのコメント

天気がいいと気分がいいものですが、ネコもやっぱり気持ちいんですね。背景の緑や青空のブルーも美しくて、見ていて気分のよくなる一枚だなと思いました。

佳作

カレンダー奉行すぎるネコ  にゃーさん

カレンダー奉行すぎるネコ
にゃーさん

沖さんからのコメント

これだけたくさんカレンダーがあるのに、ちゃんと4月に変わっているのは1部だけ…。それをチェッキングしてくれるネコちゃんがいるなんてうらやましいですね。うるさく言われても、かわいいから許しちゃいそうです。

レロレロすぎるネコ  ゆずなつさん

レロレロすぎるネコ
ゆずなつさん

沖さんからのコメント

マンガが好きな人ならわかる「レロレロ」をタイトルに持ってくるのがずるいですね。きっと次回は舌でチェリーを転がす写真を撮ってきてくれるんだろうと信じています。

すべての応募作品

コンテスト概要と応募方法コンテスト概要と応募方法
沖昌之の〇〇すぎるネコ写真講座

過去のコンテスト結果

通販生活公式アカウントでも
コンテストの情報を発信しています!

  • twitter
  • instagram

ネコ写真コンテストTOPへ戻る