夏井いつき先生の俳句生活

夏井先生のプロフィール

夏井先生のプロフィール

夏井いつき◎1957年(昭和32年)生まれ。
中学校国語教諭を経て、俳人へ転身。俳句集団「いつき組」組長。
2015年初代「俳都松山大使」に就任。『夏井いつきの超カンタン!俳句塾』(世界文化社)等著書多数。

ご応募はこちら

3月の兼題

「雪解」

2月の審査結果発表

兼題「梅」

2月の投句数はなんと3724句。毎月最多投句数を記録しております。毎月ご投句いただき、本当にありがとうございます。
さて、今月の兼題は『雪解』。やっと春らしい日が増えてきた今日この頃にぴったりな兼題です。みなさまのご投句、お待ちしております(編集部)。

「天」「地」「人」「佳作」それぞれの入選作品を発表します。

天
鳥の影耳にぶつかる梅の園

シュリ

夏井いつき先生より

 「梅の園」に集まる「鳥」を詠んだ句は数多ありますが、「鳥の影耳にぶつかる」という措辞のリアリティに、我が耳がハッと反応しました。「鳥の影」は「ぶつかる」ものではありませんが、一瞬の影と羽ばたきが連動して「耳にぶつかる」と感じられた。そこに詩があります。兼題「梅」に対し「梅の園」としたのにも確たる理由が読み取れます。「鳥の影」の動きや羽ばたきの音を、読者に感知させるための広い空間が必要だからです。いきなり頭上をよぎる「鳥の影」と羽音は、硬質な光と響き。「耳」は音だけでなく波動もキャッチする器官だという更なる認識。春の寒さの中に咲く白梅の空を想像したのは、その生々しい追体験のせいかもしれません。

地
耳ふさぐ梅の香とどかないやうに

RUSTY

 「耳ふさぐ」行為でもって「梅の香」を遮断できるはずはないのですが、矛盾した行為の歪みからも詩が発生します。濃い紅梅を思いました。穴という穴から押し寄せてきそうな濃厚な「梅の香」です。

剥き出しの雄蕊そはそは梅ひらく

古田秀

 「梅」の一物仕立て。「剥き出しの雄蘂」に気づき、そのように書く人はいるかもしれませんが、「そはそは」に個性があります。擬人化であり映像であり心情でもある表現を誉めたい作品です。

白梅や中も明るき鯉の口

うさぎまんじゅう

 「白梅」の花の中を覗き込んでいるのかと思えば、「鯉の口」と展開する意外性。まるで己が、水面に落ちた梅の花になって「鯉の口」に吸われたかのような虚の世界を楽しませてもらいました。

梅いちりん湖底の砂のひとしぶき

七瀬ゆきこ

 まだ冷たい空気のなか「梅いちりん」咲きました。すると、それに呼応するように「湖底の砂」が「ひとしぶき」動くのです。季節の震動が、梅を咲かせ、湖底の砂を喜ばせる。それが春なのです。

紅梅散るや心臓に鮮やかな暗がり

 「心臓」という臓器に対する「紅」の色や「散る」という動詞の印象が共鳴しつつ、下五「暗がり」に吸われていくような不穏。七五九という字余りの破調が読者の心をますます不安定にさせます。

人
  • 金星が月に近いな梅匂ふうさぎまんじゅう

  • 皇后は不比等の娘しだれ梅うさぎまんじゅう

  • むず痒き脳髄ぽつと梅ぽつと梅古田秀

  • 梅あかるしあちこち凹むすべり台古田秀

  • 月匂ふ梅林抜けて生者なり

  • 梅の香のまろし答えの無い会話

  • 正門の紅梅裏木戸の白梅七瀬ゆきこ

  • 梅きれい誰とも比べない進路七瀬ゆきこ

  • 車椅子越しのしりとり梅ふふむぐでたまご

  • バス停やKの遺書に梅ひとひらぐでたまご

  • 病室は星の箱舟梅きれいトマト使いめりるりら

  • 鳥には鳥梅には梅の飛ぶ高さトマト使いめりるりら

  • 残雪梅まったくよき名賜りぬシュリ

  • 梅の園歩調合わぬも程があるシュリ

  • 梅咲いて鳥は魚へ還るころ古瀬まさあき

  • 梅百年幹のここらが人つぽい古瀬まさあき

  • 白梅やゆるやかな死を受け入れるあまの太郎

  • 白梅ひらくキリストの目蓋はとじるあまの太郎

  • 白梅より紅梅へ水車の廻りそむいさな歌鈴

  • 弧を描く星は梅が香撫でてゆくいさな歌鈴

  • 白梅や琴の奏づるビバルディいなだはまち

  • 梅を愛で香りを奪ひ嘱託へいなだはまち

  • 梅二輪制限速度超えて恋かしくらゆう

  • 梅の香を撮ってきてねと母が言うかしくらゆう

  • ピンぼけの梅に香のある新居かなかねつき走流

  • 老梅に凭れてはまた歩き出すかねつき走流

  • 梅咲くややはり上着は不必要かつたろー。

  • 半日の外出許可や匂草かつたろー。

  • 伊達者の薄着まばゆし臥龍梅くま鶉

  • 梅月夜対の大島清げなりくま鶉

  • 梅の香のしっぽ掴むがごとく嗅ぐけーい〇

  • 爪を切る梅が痛がらないようにけーい〇

  • 物語遺す生き方梅白しサイコロピエロ

  • 傷心を歌上滑る古梅園サイコロピエロ

  • 髪切れと帰され線路沿いを梅さとけん

  • 突き指の人差し指に梅染みてさとけん

  • 梅林やふわほわ雲のおおあくびじゃすみん

  • 白梅のひかりの門へ転校すじゃすみん

  • 梅園や土塁の先にある光りジョビジョバ

  • 臥竜梅蕾あまたの噴く炎ジョビジョバ

  • 枝垂梅亡父の首の角度なりスローライフ

  • 子を二人残し離れる枝垂梅スローライフ

  • 老梅や図書館に猫たむろしてすりいぴい

  • 夜の梅穿刺の痕へ手を置いてすりいぴい

  • 白梅や卵サンドの鋭角食むせり坊

  • 志望校落ち白梅よ動けないせり坊

  • 老梅があり国鉄帽子がありたんばたろう

  • 白梅や朽ちた仏壇に犬の写真たんばたろう

  • 梅林の山々うねる風うねるでぷちゃん

  • 唐突な受胎の報せ梅ふふむでぷちゃん

  • 梅が香に貘まどろむや久能山とかき星

  • 梅ひらききつて海月のあそぶやうとかき星

  • 背骨二本の天守かな梅無量としなり

  • 梅林に蜂の巣箱と酔客ととしなり

  • 黒板に漢詩牛乳瓶に梅にゃん

  • あをあをと雨しらじらと枝垂梅にゃん

  • 梅一輪挿して親族控え室ふるてい

  • 白梅や父母へと読みあげる手紙ふるてい

  • 母子手帳梅はまつすぐにはあらずほろろ。

  • くちぶえやかをれる梅のほつれゆくほろろ。

  • 傘さすほどの雨でなし梅香るももたもも

  • 白梅や望遠レンズの高さうなももたもも

  • 白梅や立派に枯れて行きましたゆすらご

  • 枝垂梅手拍子続く大道芸ゆすらご

  • 梅の香の此処に眠るは卑弥呼かな葦たかし

  • 梅の香や玄界灘の風まろき葦たかし

  • 讃岐富士おいりのような梅蕾芦幸

  • 卒論を刷り終え深夜二時の梅芦幸

  • 病みあけて遮光カーテンあけて梅一斤染乃

  • 孵卵するかに白ひらきゆきて梅一斤染乃

  • 梅満開最終ホールの歓喜宇田建

  • 車窓の梅そろそろ大人運賃宇田建

  • 月放ち白梅となる木立かな遠藤一治

  • 震度3震源はあの臥竜梅遠藤一治

  • いかづちののぼる枝ぶり梅の花横浜J子

  • がんばりましょう梅たいへんよくできましたまで横浜J子

  • 梅林に端も真中もなかりけり可笑式

  • 再開の電車陽のなか梅のなか可笑式

  • 花の兄に頬叩かれているみたい花伝

  • 生真面目な恋を育てて梅の花花伝

  • しだれ梅離婚前まで住んだ家花紋

  • 白梅のかまってやれぬまま終わる花紋

  • 梅満開ぽつくり寺をちらり見て

  • 梅見頃姉様ほんにお年頃

  • 梅園に来てより空の立ち上がる樫の木

  • 白梅の芯にちりちり火の通ふ樫の木

  • 梅が香や展望台の石の地図甘平

  • 自販機のブラックコーヒー夜の梅甘平

  • 梅の香や夜にあるらし猫の国久我恒子

  • 紅梅や城の死角にきつと井戸久我恒子

  • 補聴器を褒め合ふ媼梅の花宮武みかりん

  • 白梅や父の書棚に木の玩具宮武みかりん

  • 我ぽつり点滴ぽつり梅ぽつり宮部里美

  • 梅のひそりと不眠症の街宮部里美

  • 白梅に寄ればなにやら飛び立てり玉響雷子

  • 横顔は芯ぼうぼうや梅ひらく玉響雷子

  • 梅香る良き人になれさうな朝玉木たまね

  • 老梅や優しい人だけ集ふ庭玉木たまね

  • 二拝二拍手一拝 梅薫る畦のすみれ

  • 家政婦の逝き白梅の一つ咲き畦のすみれ

  • 梅が香や髪の分目が乾きたる綱長井ハツオ

  • 先生も僕も人間梅香る綱長井ハツオ

  • 白梅の枝弥勒菩薩の小指高橋寅次

  • しつとりと足湯のタオル風の梅高橋寅次

  • だらしなく暮れるいちにち梅匂ふ高橋無垢

  • 文春を取り出すベンチ梅白し高橋無垢

  • 梅ほころぶ御守りどれも金刺繍佐藤儒艮

  • 雨去れば梅の古木の腥き佐藤儒艮

  • 梅日和パトカー二台川べりを彩楓

  • 枝垂梅アコーデオンの男佇つ彩楓

  • 梅が香や清められゆく銀河系三茶F

  • AIに嗅覚あるや夜の梅三茶F

  • 梅が香や風と行き交ふ修行僧次郎の飼い主

  • 再会誓ふ今日この梅の体育館次郎の飼い主

  • 梅震う指齧らん指齧らん潤目の鰯

  • 髪留めを外す梅の香ほどける潤目の鰯

  • きみ乗せてゆるい坂道梅ふふむ小山晃

  • 馬跳びの歓声空へ梅ひらく小山晃

  • 紅梅の紅A型の濃さくらい上野眞理

  • 白梅に少し歯痛の忘れけり上野眞理

  • 梅が香や池の下はコンクリート常幸龍BCAD

  • 白梅やこれは義足のボルトかも常幸龍BCAD

  • 梅きらぬ馬鹿の老梅あおい空色葉二穂

  • たましひはほろほろほぐれ梅ちりぬ色葉二穂

  • 梅の香の濃きはせつなし目を瞑る森青萄

  • 梅今宵きつねのあそぶ蒼き庭森青萄

  • 夕闇を亀裂のごとく臥龍梅仁和田永

  • 紅梅滾りコンピューターウィルスの朽つ仁和田永

  • コッヘルに残るミルクや朝の梅世良日守

  • 太宰府の麒麟吐き出す梅の花世良日守

  • 白梅の余白の悪意ある吐息清島久門

  • 梅が香の三の丸まで届きをり清島久門

  • 波ごうごう韓の家に聞く梅だより清波

  • 夜の梅埋み火のごと香を放つ清波

  • 梅林の側の山路はよく踏まれ西藤智

  • 妻休む梅のつぼみのゆるむまで西藤智

  • 明暗の暗捨て難し梅ひらく雪井苑生

  • 涙ぐむ悪事のあとの白梅に雪井苑生

  • お日様が眩しい梅が横を向く倉岡富士子

  • とある日はけふのことなり梅ひらく倉岡富士子

  • かはたれや祖母のゐさうな梅の樹下倉木はじめ

  • ちかちかと白梅ドグラ・マグラの夜倉木はじめ

  • 仏なき仏間に明かし梅一枝蒼空蒼子

  • 光映ゆ白梅越しに海は凪蒼空蒼子

  • 白梅の赤い花芯と蕊の金蒼奏

  • 絶筆を大地に刺さば梅一輪蒼奏

  • 梅の花ガラスの器割れやすき蒼鳩薫

  • 白梅や胸の病気の胸青し蒼鳩薫

  • 鵯と獲り合う梅の香りかな霜月詩扇

  • 生徒の塩むすび紅梅のひとひら霜月詩扇

  • 梅咲いたから小鳥歌うのかしら足立智美

  • 梅ぽつりもうすぐ切れる麻酔薬足立智美

  • 日を浴びて梅が花弁に蕊の影多喰身・デラックス

  • 梅が香に昨夜の遺書を破りけり多喰身・デラックス

  • 梅が風をくすぐつたがつてゐるにほひ多々良海月

  • 音読の答辞草案梅ましろ多々良海月

  • 梅が咲いている歳時記なんか捨ててしまえ丹波らる

  • ポケットの喉飴硬き枝垂梅丹波らる

  • 梅ふふむくらかけ豆を煮びたしに短夜の月

  • 梅だってロック聴きたいときもある短夜の月

  • 狛犬の尾をかすか振る梅月夜池之端モルト

  • この国の行方を庭の梅に訊く池之端モルト

  • ちょこざいな猫が樹上に梅の花中原久遠

  • 鳥どちの梅ざんまいや寿限無聴く中原久遠

  • 梅が香やお焼き一枚130円中村凧人

  • 白梅や大魚が潜む笹にごり中村凧人

  • 蕊たてて梅のほろりと崩る音宙のふう

  • 梅林や白き雌竜と白狐の仔宙のふう

  • 紅梅や君の年齢追い越した椎名貴之

  • ジャズピアノ14連打梅月夜椎名貴之

  • ウクレレのFm7夜の梅天陽ゆう

  • 窯出しの釉薬淡し梅の花天陽ゆう

  • 梅は二分用なき祖母の出向く先田村利平

  • 梅が香を林過ぐれば直ぐ忘る田村利平

  • ガラスは散らばり梅は手を挙げている冬のおこじょ

  • ショベルカーのアーム白梅を打てり冬のおこじょ

  • 紅梅やハローと道を聞かれをり藤田ゆきまち

  • ひざまくらしてもされても梅ひらく藤田ゆきまち

  • 戒厳令あの梅の花散った頃徳庵

  • 陽射し降る梅の林に音は無し徳庵

  • 幽閉の皇女哭して梅白し内藤羊皐

  • 夜の梅や顛末語る老博徒内藤羊皐

  • オイラーの公式は梅咲かす式凪太

  • シベリアンハスキー黙る梅の宮凪太

  • この日にや帝の生れし梅の花楢山孝明

  • あかときの庄屋屋敷や梅の花楢山孝明

  • 雲が剥がれる梅の散つてゆく音南風の記憶

  • 梅の花骨を洗つたやうな白南風の記憶

  • 警官の無線にテプラ夜の梅南方日午

  • 梅の香や眼鏡の右の曇りたる南方日午

  • 梅が枝の契るがごとく交はりけり播磨陽子

  • 梅の香の石温めんと降り注ぐ播磨陽子

  • 撮る人の二三歩下がる盆の梅板柿せっか

  • 指先に夜の冷たさ梅の影板柿せっか

  • 傘下には余所者入れて枝垂梅比々き

  • 放送の迷子は大人梅まつり比々き

  • 白梅にとり囲まれて白状す樋口滑瓢

  • 梅林の涯や白猫死にに行く樋口滑瓢

  • 賽銭の持ち合わせなき梅日和富山の露玉

  • 梅が枝やキトラ古墳の天文図富山の露玉

  • 棕櫚縄の黒き結び目梅固し風峰

  • 保育士の真白き八重歯梅ふふむ風峰

  • 盆梅や巻尾の犬は龍てふ名平本魚水

  • 月ふとるときひらきゆく八重の梅平本魚水

  • 梅が枝を接ぐやよだかの星へ接ぐ北村崇雄

  • 白梅と紅梅比べるのはよそう北村崇雄

  • 梅が香を乱し急ぐやストレッチャー牧野敏信

  • 老梅の香を攪拌す回転灯牧野敏信

  • 老梅や父の住処を売り出して椋本望生

  • ドクターヘリや梅園へ急旋回椋本望生

  • 梅の咲く音かすかなり日向酒木下桃白

  • 梅の香やつま立つ靴裏の緋色木下桃白

  • 青鮫のすきつ歯のごと梅咲きぬ木江

  • これ以上見やるな梅が咲いてしまう木江

  • 晶子より鉄幹が好き梅白し門未知子

  • 散骨は海がよからう梅月夜門未知子

  • 梅咲いて汽車の遅れる田舎駅門前町のり子

  • 増発は一本という梅の里門前町のり子

  • 犬抱いた同士が会釈梅わらう柚木みゆき

  • 梅ふふむうめ課受付椅子二つ柚木みゆき

  • 空落ちて吉野梅郷梅真白藍野絣

  • 顔埋め煙草の匂ふ夜の梅藍野絣

  • 行書体のような枝ぶり梅ひらく鈴木(や)

  • 老梅や職業欄は空欄に鈴木(や)

  • 信号の点滅梅の香を渡す鈴木由紀子

  • 紅梅や脱走犬は境内へ鈴木由紀子

  • 招き猫あまたゐる寺梅の花朶美子

  • おおかたは蕊に天理教会の白梅朶美子

  • 荒草の中に白梅老いにけり茫々

  • 破れ鏡自画像暗し梅の花茫々

  • 懐剣の房まで真白梅ひらく邯鄲

  • 勧進帳読む声太し梅白し邯鄲

  • この梅となりき自刃のかの姫はRUSTY

  • 衣掛の浮かぶ扁額梅月夜M.李子

  • 回送の列車静かに梅月夜Dr.でぶ@いつき組広ブロ俳句部

  • 病床の窓越し揺れる梅の紅たかはし聖

  • 梅が枝に句の吊るされて梅まつりあいだほ

  • 玲玲と朝の光跳ねる梅あきのひなた

  • 梅の香や汝の鎖骨の窪みにもあさふろ

  • 梅香る坂の途中の鍼灸院イキイキ生活

  • 午後の日にどつと香の立つ梅の里いまいやすのり

  • 後輩にゆずるフルート梅の花うちだひでき

  • 梅も良しあの赤ちゃんの声も良しうどまじゅ

  • 鍼灸院のしかめっ面に梅香るうめがさそう

  • 白梅やこぼれ重なる亀の墓えりいも

  • この道を曲がればほらね枝垂れ梅オカメインコ

  • 心細い枝の先にも梅咲くかおさむらいちゃん

  • 夜の梅孤独に向けるスマホかなおたべ富士

  • 白梅を挿しLEDの暖色おぼろ月

  • 白梅や骨上げを待つ一時間カオス

  • 老梅を照らす灯のあり山の家きつね火

  • 白梅や伊勢神宮の土俵入りきなこもち

  • 梅になら化身してよし齢かなきむらときこ

  • こぶし分持ち上げる肺梅の花クロエ

  • 一葉の路地のかたへの鉢の梅ケンG

  • ふっくらと恋の始まり梅蕾さくやこのはな

  • 白梅や不老不死なる水を待つさだとみゆみこ

  • 梅咲いて木製改札は無人さとう菓子

  • 焼きそばパントイレで囓り梅一輪しかもり

  • 梅園の切符売り場の梅一輪しゅういずみ

  • 梅の香やシャンソンに添ふ手風琴すがりとおる

  • 梅の香や週一通ふ父の家すみすずき

  • 記念樹の梅の老木散る家族そうま純香

  • 満開の梅へ一輪車の軌道タマゴもたっぷりハムサンド

  • 顔彩は二十四色梅日和たむらせつこ

  • 十日後の梅の話を薬売りちゃうりん

  • ロケットの打ち上げ場に梅満開ツユマメ末っ子@8歳

  • 梅ふふむ羊羹一人二本までてまり

  • 歯の神経取るか残すか梅香るてんてこ麻衣

  • 金色の麒麟のひかり梅一輪ときめき人

  • 紅梅や微熱の続く薬指としまる

  • 遊歩道渡りきつたら梅ましろとりこ

  • 梅咲いて荷物ひとつで終の家パッキンマン

  • 東京にも空はあるよと梅がさすはなあかり

  • 紅梅の根元に埋める喉仏はむ

  • 白梅や転職の決心のつくハルノ花柊

  • 目測をあやまる梅を抱きしめてひっそり静か

  • 咲分けの梅や嫁ぐに宜しき日ひでやん

  • 梅園や花のすき間に残る空ひな芙美子

  • 梅ほどくひかりの重さのいちグラムポンタ

  • 盆栽の梅の膨らみ大吉日まりい@

  • あいこでしょパイナツプルで梅の中まんぷく

  • 梅の香や銭湯までの肩車みやこまる

  • 梅の香や柱時計の眠き音みやこわすれ

  • ラピスラズリの空そこらじゅう梅の花みやざき白水

  • 梅の花あの娘に習ふ花言葉みわ吉

  • 水面の梅吸って吐かれて鯉ゆるりもつこ

  • 梅の香の濃きを辿らん土柔しるりぼうし

  • 白梅や手紙に姉の綺麗な字ゐるす

  • トランプのジョーカー欠けて梅の花葵新吾

  • 見つめれば見つめられけり梅の花綾乃栞

  • 白梅や埴輪の色の皿を買ふ安宅麻由子

  • 銭湯の中庭に早や梅の香り伊藤順女

  • 故郷の歩行器の母梅匂ふ伊藤小熊猫

  • 釣果無く帰るマリーナ梅の花伊予吟会宵嵐

  • 梅越しに見る新宿の高層ビル井松慈悦

  • 一つ一つは匂っておらぬ雨後の梅羽沖

  • 梅咲くと近いと気づく誕生日卯さきをん

  • 紅梅や天橋立海昏し卯月かりん

  • イソジンの残りわずかや梅の風浦文乃

  • 曇天の或る日ひんやりと梅香る加裕子

  • 梅馨る夜の座敷のマッチ箱夏雨ちや

  • 飛ぶか飛ばざるか千年を悩む梅火炎猿

  • 首塚のみちべ野梅のほつほつと花岡淑子

  • 梅含む尼僧が髪は雪おかず花屋英利

  • 石段に忘れ杖あり梅日和花子

  • 団子屋の湯気をくぐりて梅林へ花南天

  • 口笛を吹いて還暦梅の花雅喜

  • 盆梅に水やりにけり日本晴れ海口あめちゃん

  • 梅香る今日は一人の通学路海老名吟

  • この梅は故郷の梅と違う花笠原理香

  • 白梅や光落つ園丁の肩干しのいも子

  • 友の訃の新聞を手に庭の梅閑蛙

  • 筆にしたいほどの雄しべ梅の花貴志洋史

  • 鎌倉や梅のなかなる朝朗け亀山酔田

  • 梅が香は大地が洩らす吐息かな亀田稇

  • 退職を社長に告ぐる窓に梅亀田荒太

  • 千波湖へ背を向け梅のベンチかな菊池洋勝

  • 梅の記事匂うようねと見入る妻吉哉郎

  • うめのはなやわらかくうれしいにおい吉田結希

  • シルバーの話題は専ら梅と寿命朽木春加

  • 山崎のウヰスキー待庵に梅一輪京野秋水

  • 烏蹴り割る空ありて梅が香銀長だぬき

  • 梅挿しぬ亡き父の仁清の壺桑島幹

  • 笛奏者囲む週末梅の園薫夏

  • 切り株に去年の梅花を探しけり薫子(におこ)

  • 梅園や千波湖下に空青し月の砂漠★★

  • 香りきく母にそなえし梅一輪月昭

  • 梅まつり「ひたち」で向かう臨時駅見屋桜花

  • 梅の枝の天へ天へと風しづか古都鈴

  • 梅の花母の包みし握り飯戸海倫

  • 梅三分初めて台詞貰ひけり戸部紅屑

  • 梅園に光さすまでおりにけり光子

  • こぼれ梅明日は晴れると思うなよ江田綾子

  • 梅林をぬけて見下ろす川や風紅さやか

  • 紅梅を酔はせてひとり老の宴克巳@夜のサングラス

  • 銘仙の人すれ違ふ枝垂梅今野浮儚

  • 梅しなる風に定まる道ありき根々雅水

  • 老健の梅に日の差す夜勤明け佐東亜阿介

  • 白梅の根もとに秘密埋めて去る佐藤千枝

  • きんいろの羽ばたき散らす梅の香よ斎乃雪

  • 梅まつり人垣多きたこ焼き屋細川小春

  • 二次募集受験地は北梅ひらく坂まきか

  • 四阿に犬と人の輪うめのあめ桜姫5

  • 八幡坂下れば海や梅真白三泊みなと

  • 川面まで白梅枝垂る枝垂るかな山﨑瑠美

  • 梅満開ヒールのあもと躓く朝山科美穂

  • 梅の木や静謐な息をする山城明子

  • ひいふうみいよ吾子の手のひら梅五ひら山川恵美子

  • 梅咲いて子とやはらかいキャッチボール山太狼

  • ついこなひだまで早咲きだつた梅山田喜則

  • 屏風図や外には風運ぶ梅が香山踏朝朗

  • 渇筆の走る条幅梅の花山内彩月

  • 枝垂梅夫の知らない不浄の日山本弘子

  • 消灯やたちまち梅の香の統べむ山名凌霄

  • 梅咲くや古地図に川の暴れ癖寺津豪佐

  • 門柱に白梅の鉢載せてをり篠崎彰

  • 老梅や迷い犬のビラはためく篠雪

  • 生えそろふ吾子の前歯や春告草紗千子

  • 梅が香や根っ子の尻からほのほのと車中泊

  • 盲目の祖母梅の香に眠りゆく蛇井めたる

  • 梅が香や妻のうなじに白きもの若井柳児

  • 不条理なコトバは甘し梅の宿珠桜女絢未来

  • 浪人の決まりし午後も梅香る寿松

  • 梅匂う盲導犬はご主人見る秀道

  • 梅の香を辿るは風のようなもの秋夕介

  • 虎造がうなれば見越しの枝垂れ梅秋月なおと

  • 白梅やけふも佳き日とつぶやきぬ春日春都

  • 筑波山梅の向こうに霞む里小磯悠人

  • 署名する婚姻届梅ふふむ小鞠

  • 梅の花天神山を一周り小笹いのり

  • ゴミ出しの朝どこやらに梅のあり小川天鵲

  • 梅の香や首都高出口開通す小倉あんこ

  • 梅が香へ身を投げるごと坂くだる小池令香

  • 梅が香や白髪増えたと告げられて小南子

  • 御向かいの梅や咲くらむ酔い心地小柳悠子

  • 父逝くを知らずや母と庭の梅小林憲子

  • 兜太の青鮫の句読みて梅見酒小林陸人

  • 梅と聞く女の内緒話かな松井くろ

  • 梅かほる真向かいに立つ天守閣松山のとまと

  • 枝垂梅こころは天にのびている松虫姫の村人

  • 白梅や隣家の門に救急車松尾義弘

  • 梅ひらく一升餅を背負わされ松本裕子

  • 神保町ヘッセの詩集買いて梅焼田美智世

  • 天神社梅や人出の福ふくふく上原麻利

  • 梅咲いて夫の機嫌とりにゆく城内幸江

  • あの梅も退院祝いと夫が言う植田かず子

  • 老梅や足踏ん張ってサキソフォン新美妙子

  • 肉まんの売り切れの札梅の花森山博士

  • 来世でも会えるといいな梅の花真宮マミ

  • 十五キロ毎時香の先に紅梅真優航千の母

  • 陶器市あふれる梅の花の下水夢

  • 紅梅に触れし子かくも重くなり瀬尾ありさ

  • 一里塚くちばし速き梅の蜜星善之

  • 歩き出しすぐに飽きる子梅林晴好雨独

  • 梅一輪はじめて夫に嘘ひとつ正岡恵似子

  • 梅園を抜けるチャリンコぬらぬらと正山小種

  • 指呼の先光集めて梅一輪西原さらさ

  • スカーフに垂れるマニキュア梅月夜西口尚子

  • 毛氈に落つ白梅の音も白西尾至史

  • 梅ふふむ明治神宮佳き日かな青い月

  • 梅咲くやひかりは波か粒なのか青田奈央

  • 防災無線梅が香は廃旅館より石井一草

  • 梅が香や帰越の技能実習生石岡女依

  • 風の梳く空清々と梅真白石井茶爺

  • 梅浮かぶ夜カリリゆうらり車椅子ゆく石垣エリザ

  • 幸せと気付くのはすぐ梅日和石原由女

  • 血を吸うるかに白梅の赤き筋石崎京子

  • うめのはなはじめてきみがわらったね赤馬福助

  • 点滴に繋がる母や梅白し雪華きなこ

  • 枝垂梅地を撫でる迄あと一尺千葉睦女

  • 図書館に新しき本梅香る浅井和子

  • 梅の香の甘きにとろけゆく頭痛倉嶋志乃

  • 梅が香のかしましきこの小さき庭痩女

  • 梅が香に足早の息ととのへり村松登音

  • 積み上がる単身歴や枝垂梅多事

  • 新校舎槌音高し梅三分大山小袖

  • 白梅や神籤を抱いた鳩人形大小田忍

  • 梅が香を招きて波のつつしめり大村真仙

  • 探梅や寡黙なほどに空蒼し大庭慈温

  • 紅梅の香をまつすぐに息を吸ふ大和田美信

  • 紅梅や隣建て前茶碗酒鷹野みどり

  • 爪立ちて梅の香かろし風しろし滝川端子

  • 銀座より小道に入りて風の梅沢拓庵

  • 小さき村の梅に集うは顔馴染み谷口

  • 白梅や座禅の床に光さす谷本真理子

  • 梅よ咲け父の戒名梅岳なり池上敬子

  • 紅梅の芯から紅の潔し池田洋子

  • 赤は幸白は不幸の梅占い池田華族

  • ちょうど良き一枝杖に梅林池田広明

  • 転居先不明の友や梅一輪竹内みんて

  • 紅梅や喉を濡らして投了す中岡秀次

  • 老梅に手を差し伸べる嬉しさよ中山清充

  • 梅の香や自転車こぐは相撲取中山白蘭

  • 臍の緒のごと吾と梅とを繋ぐ紐中鉢矢的

  • 太陽の塔梅の向こうにぬっと居り昼寝

  • 過去問に梅一片を挟み発つ朝雲列

  • 内定の報告梅のま白かな朝日のど飴

  • 若木はポッ古木ふうわり梅開く長岡馨子

  • 四方は闇右より紅く香る梅長谷川京水

  • 千本の梅に見られて狂ひさう直木葉子

  • 梅の花あのひとは美しき瘤椎の木くるみ

  • 白梅や稲荷狐の尾の欠けて辻が花

  • 受付に梅の一枝面接日辻句楽

  • 光琳の梅や見下ろす相模湾田畑尚美

  • 里親探しの手書きポスター梅林園斗三木童

  • 老梅の洞に何やらゐるやうな杜まお実

  • 人工の梅が香梅より梅であり渡邉久晃

  • 紅梅や枯れた性器の出土する土井探花

  • 手カメラにゴッホの梅園収めけり土屋雅修

  • 梅ポチポチぼちぼち畑へ鍬磨く島崎章子

  • 梅の花きゆるると絞るごと蕾嶋田奈緒

  • 梅匂ふ頃には床を離れたき桃雨

  • 蒼穹に春告草の蕊爆ぜて藤色葉菜

  • 手作りの尼僧の帽子梅の里藤田康子

  • 梅月夜形見の帯に仕付あり奈良素数

  • 白梅や義歯が整う今日は晴れ内本惠美子

  • 梅香る北に冷たき雲迫る楠田草堂

  • 紅梅や次女は二十歳で嫁に行き二鬼酒

  • 白梅の伊藤さん家の角曲がれ尼島里志

  • 闇の梅言伝のごと香り立ち入江幸子

  • 梅散って青空なにか欠けており背馬

  • 梅はまだ咲って待ってくれますか白よだか

  • 少年が出会う少女や梅一輪白沢修

  • 梅だってやる気の出ない朝もある白浜ゆい

  • うすみどり緑萼梅の透過光白藍こはく

  • ネクタイはすり切れ梅はなほも咲く迫久鯨

  • 介護士の寄り添ふ歩幅梅白し八幡風花

  • 梅咲くや老舗菓子屋の最中持ち八木実

  • 空真青うす紅梅の上機嫌飯村祐知子

  • まどかなる梅のひらきてなほまどか彼方ひらく

  • 無観客試合のフェンス梅咲いて比良山

  • 寝違へて右の頬より梅香る緋乃捨楽

  • 梅の花古民家カフェに新メニュー樋熊広美

  • 梅に触る散歩の空の拡がりぬ琵琶京子

  • 暗くなるベテルギウスや梅仄か菱田芋天

  • 梅咲きて清掃中の外厠富野香衣

  • 梅が香や菅公斬りぬ大鯰武田朋也

  • 老梅やファの鍵盤へ添える指風慈音

  • 弔問や庭の梅が香くぐり来て風紋

  • 梅花爛漫帆船のごと風を待つ福ネコ

  • 君の影白梅光る恋走る福弓

  • 梅香る方へ方へと父の杖福良ちどり

  • 炊き込みし鯛の頭や梅の花米子

  • まだ若きいとこの遺影白い梅片栗子

  • 絵画展どっと生けたる梅の束北川蒼鴉

  • 白梅の花やパスワードは「あああ」北大路京介

  • 梅白しおかめてふ名の定食屋北藤詩旦

  • 文句なき青空なれば白き梅睦月くらげ

  • 梅の香や信号待ちの盲導犬凡々

  • 紅梅の乱れ咲く山アポロチョコ盆暮れ正ガッツ

  • 京ならば角屋屏風の夜の梅麻場育子

  • 分かってるような顔して梅が咲く抹 香

  • チンアナゴのドットの夜を梅零る抹茶金魚

  • 白梅や学ラン女子の応援団満る

  • 揺らがざるものあり庭に豊後梅蓑田和明

  • 鶏舎過ぎ登り詰めれば梅真白夢見昼顔

  • ぽつこぽつこロバのパン屋の梅の下名計宗幸

  • 白梅や母の小筆の筆づかひ明惟久里

  • 青空と白梅ひとつ杖の先明田句仁子

  • 飛梅や陪審員の知らせ来る茂る

  • 古木梅噴き出す蕾生きている木村波平

  • 梅の香や郵便受けに不在票野ばら

  • 盆栽の梅が改札無人駅野原蛍草

  • 盆梅や明治生まれは青二才野木編

  • 白梅や収骨待ちの窓の外柳川心一

  • 屋敷林家紋のやうに梅の花有本仁政

  • 夜の梅家人の繰り言聞かぬふり柚木窈子

  • 馴初めは聖橋口梅月夜由づる

  • 梅盛り今年も酒を仕込めそう由実

  • 老梅のあちらこちらと撓みおり遊飛

  • 白梅や同窓名簿にない住所葉るみ

  • 仮縫ひの鏡に梅の紅きこと葉月けゐ

  • 星ともる梅の梢や夕間暮れ来冬邦子

  • 正論を曲げぬ濃き眉臥龍梅梨音

  • 梅の花はちにさされてないちやつた流歌(りゅうた)

  • 駅名の読めぬ町かな梅ほのか林知智

  • 白梅や背に緩みなき老弓士鈴木淑葉

  • マゼンタの梅を喜ぶ胎児かな蓮花麻耶

  • 老梅とベテルギウスの一生と惑星のかけら

  • 紅梅を愛で白梅を愛しむ侘介

  • 寺の門開け放したる枝垂梅國吉敦子

  • 白梅や喪の式おわるクラクション暝想華

  • 老梅や腹にごんごん護摩太鼓柝の音

  • 川の端の乾いてをりぬ枝垂れ梅洒落神戸

  • 白梅に星の名前を訊く尼僧涅槃girl

  • 薄墨の仮名の連綿梅の花淺野紫桜

  • 早朝の梅林遊泳する人魚澪つくし

  • 梅の花鼻の形がとてもいい籠居子

  • 洗ひたての夜に白梅郁郁と蓼科川奈

  • 白き梅遺品整理の日曜日あじさい涼音

  • 盆梅の幹荒々し龍が住むあらら

  • 茅淳の海見はるかすなり梅の園キートスばんじょうし

  • いつの日も置いてきぼりよ梅林ラーラ

  • 梅真白蕊びらびらと開く夜丸山隆子

  • 花札のやうな梅だがスズメだわ季切少楽

  • 厠より愛でる隣家のしだれ梅亀山逸子

  • 保育園できない梅の花きれい研知句詩@いつき組広ブロ俳句部

  • 井戸端の話聞く犬梅白し湖雪

  • 夕闇の馬去りし小屋香る梅江川月丸

  • 香港の梅咲く山や摩天楼香港ひこぞう

  • 梅咲いてとなりの庭に知らぬ猫緒方信子

  • 湯河原の土肥の一族梅八分小嶋芦舟

  • 白が彼方なら紅は此方か明けの梅小椋チル

  • 境界確認けわしき山に紅き梅松島美絵

  • 盆梅や父の鋏の鳴る土日城ヶ崎由岐子

  • 白梅の一枝清しキーンの忌西川由野

  • 梅真白逃げも隠れもしない事大道真波

  • 信号機きゆんと変わりて梅の里渡邉一輝

  • 梅に雨静まり返る投票所登久光

  • 梅林の低きにつどふ老人会都乃あざみ

  • ドナー待つ無菌室から梅見かな長谷島弘安

  • 満開の少しすぎたる梅見かな池内ねこバアバ

  • 安産の祈祷のあとの梅見かな梅里和代

  • 元夫と梅見決して愛でなく播磨陽子

佳作
  • 寒紅梅幹に秘めたる紅の色真理庵

  • 流れ来る梅の香母の七回忌川村昌子

  • 蹲に浮かぶ一輪梅の花⑦パパ@いつき組広ブロ俳句部

  • 梅屋敷版画ゴッホの流線型acari

  • 三輪車ペダルくるくる梅ふふむAKI

  • 自らの植えたる梅に見送られANGEL

  • 散歩道自転車に梅の香ついて来るharu.k

  • 梅ましろ路地裏の店人まばらmomo

  • 「梅開花‥‥」東北はいつ?と手を止めてnid

  • 上京の朝そよ風と白梅とQ&A

  • 白梅の匂ひスマホに収めたりQさん

  • 白梅や地区会長の阿弥陀選りsakura a.

  • 固つぼみぼんやり匂いし白梅かvivi

  • 梅の花母の梅干し思い出すあいらぶ

  • 梅ひと枝浮かれた気分鎮めたりあおか

  • 梅の花線の間のドット模様あきこ

  • 梅の香をゆるり鼻腔へ丹田へあくび指南

  • 四つ角に斥候のごと梅一本あまぐり

  • 曇天を割りて溢れる梅の花あわいきりん

  • 白梅は五高の森の遠き朝イカロス

  • 主なき寂しき庭に梅ひらくいろをふくむや

  • 賑わいし梅園キウイ工事の音うつぼっと

  • 代筆の便り届くや梅つぼみうみの海月

  • 梅見上げレシピめぐらせ散歩道ウメさんの孫

  • 乳迫る(ちぜる)子に暁こひし梅の白えちごひめ

  • 夜深し廃屋梅の香濃かりけりおうれん

  • 裏庭の梅は無口で雄弁でおおい芙美子

  • 梅のしべに宿る光の淡き朝おざきさちよ

  • ドア閉めてなお梅の香のふくいくとおひい

  • 未だシートはためく家並梅香るお品まり

  • 梅の香やカレーライスにスパイスをかたちゃん

  • 老梅に夫の背中なぞるよなかもめ

  • 秘めごとをみても語らず梅のはなかわいなおき

  • 新聞の一面に咲く古城の梅カワムラ

  • 試練など乗り越えるもの梅真白かんきゅう

  • 梅の花電車の中の目を奪うきえもん2号

  • 梅が香のただよう朝や吾子嫁ぐきみえは公栄

  • 雨まとい一輪の梅眠たげにクリンゴ

  • 梅を見てキレイですねとすれ違うくるみデニッシュ

  • 梅生けた皆マスクして嗅げないなこつみ

  • 切らぬばか救ってくれる梅一輪さいとうすすむ

  • 青空に梅満開の裏の家さかたちえこ

  • 障子も放ち梅の香忍びたりさくら亜紀女

  • 花の兄やひとの逝きしは順不同さこ

  • 父の庭老梅咲いて尚静かさなぎ

  • 垂れ梅かをり仄に君の肩シュルツ

  • 梅咲いて永代供養話す父じょいふるとしちゃん

  • 斎場の黒衣と袈裟と梅の花しらふゆき

  • 老梅や酒飲み干すのど仏スッポン

  • 飛梅をぬけゆく風や絵馬ゆするそうり

  • 祝婚や梅花御札御朱印帳ソルト

  • 吾子受験100歳の梅に神頼みそれいゆ

  • 梅が香に振り返り見る妹十五たじま

  • 梅の香やはんなりと行くお堀端たすく

  • 梅ひらく早くも紫外線を浴びたむこん

  • 梅一輪告げる娘の弾む声ツタコ

  • 三者面談教室梅一枝 ツユマメ@いつき組広ブロ俳句部

  • 匂いたつ五つの輪っか梅の花つる凛々

  • 白梅の思わずマスクずらし嗅ぐテツコ

  • 母うつらうつら白梅咲きほこるときこ

  • 窓を開け老婆の頬に梅咲く朝トクダヨーコ

  • 片山里数多の梅や実を結べなごやいろり

  • 三味の師の庭は妙なり枝垂梅なんじゃもんじゃ

  • 灯油六缶やっと梅一輪咲くにゃんこ

  • 梅咲くや青空にさす傘のごとねぎみそ

  • 白梅や笑顔で振る手白てぶくろバコ

  • 8枚切りのパンを焼く梅の花はっかあめ

  • 黒髪や香り仄かに梅の花はなこ

  • 巣篭もりの子らを見守る白梅よはらぐちゆうこ

  • 小鳥来て雄しべ雌しべや梅遊びはるる

  • 盆梅や脳みそ預け鑑賞すひなたか小春

  • 枝垂梅小鳥さざめくメリーゴーランドビバリベルテ

  • 窓際の梅を見ながら筆をとるひめりんご

  • 千姫がさす頬紅や城の梅ひろき

  • 吾子の顔うかがうように枝垂梅ひろの

  • 白梅やパンプス履こう明日からひろ夢

  • 嬉しげに白く咲きたり梅笑うふうこ

  • 梅の花何故か大和の色に染むふくじろう

  • 源平のいにしへ哀し梅ふふむふじこ

  • 清香の野梅一枝を剪る勇気ふみ

  • 晴天に紅勝て白勝て梅の宴ぶるーふぉっくす

  • 梅を背に友とボールで会話するヘッドホン

  • 梅が香を挿して包みの手弁当ペトロア

  • 風に散る命たまゆら梅の花べびぽん

  • お母さんも一度会いたいしだれ梅ぽんず

  • 白梅や恋バナ遠し女坂ほんみえみねこ

  • 梅が咲き道真公にお茶たててまこと「羽生誠」

  • 中止や中止梅が香の白き真夜まどん

  • 紅梅や白ダシ何処ちゃわん蒸しマムシ銀行

  • 梅白し父の畑の境界線みちむらまりな

  • 穏やかに母の納骨梅ほのかみはね

  • 年寄れば梅の贔屓になりにけりみやかわけい子

  • 西海岸の開拓者のごと梅の花もも(♂)

  • 白梅の白に染まらぬ美しきヤヒロ

  • いざ踏まん盆梅展の緋毛氈ゆこ

  • 紅梅の蕾ふくらみ別れの日よしこ

  • 梅の香よ土方も晴れ着も足を留めよしはら木犀

  • ただいまの声と梅香の飛び込みてよにし陽子

  • 梅の香やひこうき雲もほどけゆきルゥ

  • 花柄のスカートふわり枝垂れ梅るりまつり

  • 梅林で似た顔見付け胸騒ぎわかなけん

  • 曽祖父を知る梅の香に包まれるわたなべぃびぃ

  • ざわつくなこころ落ちつけ梅はいふ亜紗舞那

  • そばだてる天守の空と梅の空愛燦燦

  • 老梅の微動だにせぬ幾千年愛野優

  • 天に梅地に撫で牛の天満宮伊藤ひろし

  • 夜ふけて花火のごとく枝垂れ梅伊藤亜美子

  • 梅匂う天満宮に人集う伊藤正子

  • 日をうけてあるじなき家梅の花伊藤節子

  • 犬のごとかをりたどりて梅仰ぐ遺跡納期

  • 跳び動く小鳥の声は梅の花井上繁

  • 白梅あり山中にだだ一本の郁楽

  • 香の滝あびる如くや枝垂梅郁松松ちゃん

  • 梅こぼれ天神さまの牛撫でる稲垣由貴

  • 梅まつり支柱たよりの古木林稲葉こいち

  • 廃校の壁にもたれる梅と猫稲葉雀子

  • 旅立ちの風は乱れて梅香る宇佐美好子

  • 老梅のシャンと一輪母偲ぶ宇野りん

  • 梅梢に長短あれど香等し影山治子

  • 老梅や競って空を仰ぐ朝

  • 飛び梅の下お礼参りは制服で永谷部流

  • 憧れは蕾となりて梅の枝榎本真希子

  • 梅園の物売りの声やかましき

  • 城の下梅ほろり咲く日暮れ道延杜

  • 薬瓶二本は刺せぬ梅が枝遠藤百合

  • 梅枝とその身を表す娘かな遠藤愁霞

  • 帰り来て白梅の仄明り塩沢桂子

  • 呑み助が徳利に白梅飾りけり黄桜かづ奴

  • 野辺送り風の冷たさ梅一りん岡れいこ

  • 空まさを偕に楽しむ梅の園佳山

  • 裏庭に咲いた咲いたと梅の花加島

  • 梅の香を掠めてランナー脚緩め河畔亭

  • 太刀音なき源平咲きの梅の花河野なお

  • 隣庭の梅見て母の漬物思う花岡浩美

  • 梅の香のしみる墓石や過疎の里花岡紘一

  • 早朝の白梅の枝空を挿す花咲みさき

  • 真っ直ぐでなくてもいいよ枝垂梅花咲明日香

  • 白梅や地蔵のおはす駐車場華林灯

  • 烈公の遺した梅を俯瞰する海碧

  • 梅の香や誘われ出づるひきこもり海辺冬生

  • 兆しあり天満宮に梅一輪蛙里

  • 助手席に盆梅ひとつ形見分け角ゆう

  • 主なくて荒れ地の梅の花哀し笠江茂子

  • 絵手紙に梅の香添えて北国へ茅ケ崎のりこ

  • 子の手から梅の花びらこぼれゆく甘酢あんかけ

  • バス降りん飛梅によう天満宮岸本元世

  • 青き空梅の香満ちて土に立つ紀朋

  • 梅が香や我より幼くなった祖母紀友梨

  • 白梅やふはりふうはりけふの風亀田勝則

  • 龍のごとき古木の梅や影と対菊原八重

  • 梅が泣く咲きたくないと梅が泣く吉田びふう

  • 先見えぬ闇夜を癒やす梅あかり吉藤愛里子

  • 古刹なる梅二百歳孫二歳橘右近

  • ウイルスの記事から目をあげ梅満開久米彩子

  • 旅立を梅が背を押す里の駅宮杜都

  • 走り出し温き吾子の手梅園へ宮坂暢介

  • 焼きそばの残り香の夕梅祭り宮本象三

  • 枝垂梅の枝を揺らす川の轟き魚返みりん

  • ガリ版を切る手休めぬ梅が香や玉井瑞月

  • 梅香る天神様へ御礼絵馬玉井令子

  • ひきこもる吾を外へと梅の花金田登

  • さくら色の花びらだけが吾の梅句滔天

  • お祝いとびっしりと咲いて梅の花

  • 鈍色の朝打ち消して梅日和空龍

  • 眠たげな一輪の梅あめまとい栗林檎

  • 弟が梅見て桜母笑う桑折花衣

  • 翳る山その色を背に梅華やぐ景系

  • 梅の頃一足早くサクラサク鯨波

  • 梅香る納骨の帰途空赤し原善枝

  • 還暦で逝きし姉今梅が香に原口和博

  • 通勤路梅に誘われくしゃみする原田直幹

  • 白梅の蕾は紅くかまえをり原田民久

  • 梅が枝や逝く夫にも明日はくる源氏物語

  • 広重も見たゴッホも真似た梅の枝古いっちゃん

  • 梅日和二時間待ちの路線バス古今亭ちくしょう

  • 回覧板梅が香に労ねぎらわれ古川勝弘

  • デッキ降り微かに香る梅の里戸根由紀

  • ぽむぽむと弾む心と紅白梅吾輩はペンである

  • 神主の病は癒へて梅の花後藤久

  • 白梅や友と余生を語る縁後藤允孝

  • シャボンかな洗い立てシャツ梅匂い

  • 庭の梅残して転居されにけり江見めいこ

  • 陽溜まりに倏忽の風梅揺らす江戸川ちゃあこ

  • 手のひらに陽をすくい取り紅い梅江藤薫

  • 100年かヴォーリズが見た甲東の梅甲山

  • インスタグラム梅のにほひを載せてこそ紅茶一杯

  • 雨間の玉貫きて枝垂れ梅荒木豊

  • 紅白の日射しが揺れる梅の道行竹

  • きらめきは雨の雫か梅つぼむ高垣勝代

  • 年一度広ぐ家系図梅の節高橋久恵

  • 大粒のおむすびを食ふ梅白し高橋なつ

  • 梅の香をリュックの中にしまひけり高橋光加

  • 梅林ぽわんと闇に浮かびけり高石たく

  • 段畑の石積み墓標梅真白高村安子

  • 白梅の枝に守られ絵馬ふたつ高田祥聖

  • 白梅よ遠目に雪散りばめて見ゆ高野郁子

  • 父の忌を忘れてならじと梅咲きぬ今井淑子

  • 紅梅に元気をもらう朝散歩今井正博

  • 梅ひらく散歩デビューの川辺かな佐藤あん

  • 紅梅や青空に薫る女子会佐藤花伎

  • 亡き祖母の生きたその背は梅のごと沙織

  • 石垣のすそ梅もよう大阪城砂楽梨

  • 貸家札揺らし梅の香庭に満つ砂舟

  • 梅匂う湯島の牛の光る鼻斎藤数

  • 梅一輪焦点合わないカメラデビュー細木梢

  • 偕楽園傾く道あり紅梅林坂本千代子

  • 廃校舎ひとすじよぎる梅の風榊昭広

  • くれなゐの萼のほどけて梅匂ふ咲弥あさ奏

  • 病の和遠きかな梅咲きめく日三井蜂鳥

  • 赤富士に白梅今日は旅日和三浦ごまこ

  • 新色のチークほんのり梅の花三浦真奈美

  • 枝垂梅墓に咲きしを夫知るや三島瀬波

  • 梅の香や視線さ迷う露路の辻山育ち

  • 「切ル!!!」電話カ吾カヤ梅ノ夜山沖阿月子

  • 木魚の音死者によりそう梅の春山吉白米

  • 山郷の梅花散るさき鯉の口山口要人

  • 嫁ぐ日に紅梅の赤応援団山口たまみ

  • 白梅を喜びし人雲の上山口香子

  • 五輪強化選手代々木は梅白し山川真誠

  • 梅一輪手折りて活けし妻の技山川芳明

  • 黄昏や静心あり白き梅山田啓子

  • 長靴の跡途切れ紅白の梅山辺道児

  • 庭先で誰を待つのか枝垂梅山本康

  • ドカベンの白き出べそは梅ひとつ子安一也

  • 弾くぐり鎧かざりし梅枝に白市川りえ

  • ライバルの背中眩しき梅の風獅子蕩児

  • 全山が梅満開に川売かな(かおれ)紫雲英

  • 売り地札括られてなお梅白き紫瑛

  • りんと立つ都府楼跡に真白き梅紫小寿々

  • 老梅や仲むつましく父と母鹿沼湖

  • 立ち止まりまた立ち止まり仰ぐ梅鹿嶌純子

  • かみしばい自転車にのせ梅の花主藤充子

  • 樽の中梅の花落ちし食べ頃に珠草

  • 梅の香よ我をゼロのものにせよ珠凪夕波

  • 稜線に際立つ梅花吉備の里秀耕

  • 白梅よ君に見せたき世にあらず秋月馨

  • 亡き夫の植えし老梅はな咲ける秋代

  • 梅が香や谷崎源氏乙女の章春海のたり

  • 縁側で掬して呑むは梅の香よ春亀

  • 探梅の道手繋ぎのルビー婚春告げ鳥かずえ

  • 黒髪に散りたる梅や真白なり春子

  • 紅梅を一枝所望の二歳かな淳風

  • 梅が香にじわり湧き出る唾液かな初野文子

  • 車窓より梅の白清く夕の雨

  • 山深く日も短くも紅き梅小栗福祥

  • 梅が香や鹿の姿の乙女達小四郎

  • 白梅や開くる手帳に座右の銘小杉泰文

  • 新天地降り立つ駅に梅の花小雪いつか

  • 独り居の破れ障子や梅の花小川都

  • 買い物かごの一等上に梅の花小川都

  • 登り窯けむる信楽春告草小谷百合乃

  • 梅園でスマホ向け合う髪白し小林唄

  • 天神の梅二三輪絵馬あまた小林のりこ

  • 皺深き手で脈々と梅名所笑笑うさぎ

  • 白梅やリハビリテーション行きのバス上原淳子

  • 梅香る何にもしない幸せよ新開ちえ

  • 紅梅よ祈っておくれ合格を新谷ノル

  • 五十回忌終えて境内梅香る森の水車

  • マラソンで喘ぐ希望に梅ほのか森井はな

  • 咲き初めし白梅選び恋みくじ森弘行

  • 頬染めて可憐に笑むや梅の花森澤佳乃

  • 不動門抜けるやいなや梅の香に深山涼水

  • 誕生の記念樹母の梅と化す真繍

  • 梅満開小庭を広げ香りたつ神谷米子

  • 帰るよと枝垂れる梅に祖母重ね水玉香子

  • 花愛でず実を待つ身の老いの梅水乃江辰

  • 母の忌の紅梅の紅つやつやに杉浦あきけん

  • 牛絵馬の並ぶ湯島や梅二月杉浦夏甫

  • 大福寺大海を背に梅開く杉浦真子

  • 白梅や散り敷く白の紅き蕚杉本果蓏

  • 梅仰ぐこゝろの万華鏡のカシャリ瀬尾白果

  • きっかけはあなたのことば梅真白成田むぎ

  • 驕らずに他人(ひと)と比べず梅真白成田わや

  • 梅が香や天神様の風よぎる政乎

  • 梅伐らぬ馬鹿に一輪開きけり清水 容子

  • 徒長枝の伸びし梅の木一年忌清水トキ

  • 梅の香は夜勤のつらさ知っている清水祥月

  • 梅香る神社の境内幼き日西村淳子

  • 梅明かり後ろ姿は逝きし人西條恭子

  • 廻り道梅まだ固くあと三日西條晶夫

  • 涙雨喪服に真珠梅が散る青井晴空

  • 迷い道ふと老梅の気配あり青児

  • 紅梅を見上げて気付く空の青石ころ

  • 老梅や映画の中の近未来石神湖畔

  • 紅梅や今年は犬と私だけ石川巴鈴

  • 歳重ね枝触れし紅白の梅石川八右衛門

  • 梅あかく文楽人形顔しろく石田恵翠

  • 暗い道身近に梅が匂い来る雪豹

  • 振り袖やかんざしとなる紅き梅千日小鈴

  • 梅は咲く巷のデマをあざ笑い川畑彩

  • 梅の香に和洋の音色御堂前泉子

  • 梅咲いて固く酸っぱい母の愛前 眞弓視

  • 散るときも音もなく散る梅の花曽我真理子

  • 床の間に父の盆梅懐かしき倉澤慶子

  • 初恋の校庭跡に梅が香惣兵衛

  • 紅白に梅つくす空天満宮早山

  • 薄墨に暮るる家並みや梅匂ふ村若案山子

  • 空冴えて古木の白梅凛と咲く多田ふみ

  • 革靴の慣れぬしわ入れ梅の花太田雛鳥

  • 梅園やバスで集う北の大地駄詩

  • ため息の先に見えるや庭の梅大原雪

  • 石段を背筋伸ばして城の梅大原妃

  • 探梅や風雅な人を装ひて大山こすみ

  • 老梅に猫の佇む生家かな大倉健治

  • 軽トラを降りて一服梅の花大槻正敏

  • 闇の中静かに香り放つ梅大槻税悦

  • 命日に飲んで報告梅の花大本千恵子

  • 梅林の奥へ奥へと匂い見え大野喬

  • 白梅の鉢植えながら匂い立ち滝谷朗

  • 孤高の梅松の緑を照り返し谷中薫氏

  • 臥竜梅幹苔むしてほしいまま知足

  • 梅開く古木一本襟ただす池愛子

  • なぜ梅は桜に似るのかまあいいか竹一

  • 梅が香や介護施設の母なる木竹口ゆうこ

  • 山里の風の案内よ野梅あり竹内うめ

  • 梅園の帰り桜の具合見る中山月波

  • ふくふくと香る朝日や梅の花中西柚子

  • 白梅や母の眼にある自尊心中島圭子

  • 風戯えバネのごとくや枝垂梅中島葉月

  • 山並み遙かのぞむ梅花や耕運機中嶋京子

  • 老いてなほあらまほしきは梅の香や中道潮雲

  • 飛梅は「風と共に去りぬ」見て泣く衷子

  • 満開の梅が枝あまた天を刺す長谷川ろんろん

  • 老梅やうつむき歩く鳩の群れ長尾桃子

  • 塀越しに褒める声あり枝垂梅辻井市郎

  • しだれ梅浮世を離れ遊女めく天野呑水

  • 幹は裂け枝は捻れど梅咲いた田大福

  • 梅だより経済学部の友五十路田村ともこ

  • 雨粒を雄蕊に浮かせ枝垂れ梅田村伊都

  • 梅つぼみ雨のしずくのイヤリング田中ようちゃん

  • 囁くが如き梅の香分れ道田中玄華

  • 鶏鳴の空晴れわたり梅匂う田中勝之

  • 白梅や山駆け上る天が道杜 弦

  • 父と泊まる鄙の温泉白き梅渡辺みちこ

  • 厄明けて真青な空や梅ひらく渡辺陽子

  • 梅日和少女に戻る母の笑み渡邉わかな

  • 嬉しいのかい悲しいのかい梅の花土田耕平

  • 青雲に紅梅降りし牛天神島村福太郎

  • 独居房小さき窓にも梅香る嶋良二

  • 門構え広き屋敷の梅白し藤井茂

  • 梅林の梅を離るる香りかな藤井眞おん

  • 猪口の水吸いあしらいの梅ひらく藤千鶴

  • 吾よりも小さき梅の木咲き匂う藤田真純

  • 梅の花我の季節と店先で道産子ひとみ

  • 白梅の奥に恐ろし鬼瓦

  • リビングの位牌に猫と梅一輪徳田ヨーコ

  • 梅が香や大きく息を吸いにけり独星

  • 梅真白あと一駅で新天地内田誠美

  • 老梅や苔の衣にいたわられ乃風(奥野)

  • 梅の香や城州白に南高も埜水

  • 明日咲くか病室の窓枝垂梅馬笑

  • 堪えてなほ梅一輪の暖かさ馬場行男

  • 山間に梅が原の香がながる馬場東風

  • 梅の香をかぎたしとロマンスカーに乗る梅嶋紫

  • 御在所の山なり並ぶ枝垂れ梅梅木若葉

  • 薬王寺大吉を手に梅日和白井百合子

  • 墓隠る梅林眺む駐車場白雨

  • 梅の香や君の止まつた場所に立つ白瀬いりこ

  • 天満宮道真が歌梅香る白土景子

  • 少し先まで歩こうか梅探る畑 詩音

  • 慟哭の永遠の別れや梅一輪畑澤利一

  • 老梅の赤は娘の重ね襟八重葉

  • 老梅のうねりに威厳献杯す帆風ほいほい

  • 日影茶屋ベンチのピアス梅一輪飯塚さゆり

  • 思いのまま白も紅もと梅一鉢飛来英

  • 紅き梅おろした紅の色に似て尾関みちこ

  • 雨あがる紅梅城の裾に映え美山つぐみ

  • 梅の花粋な女の幻影なり美翠

  • 梅古木白き五弁をいたわりて蛭本喜久枝

  • 梅の香におどろかれぬる時は今浜けい

  • 美容院髪型決まり垂れ梅敷島せっつ

  • 万葉の逢瀬へ繋ぐ梅月夜風花まゆみ

  • 枯れ藪に梅一輪やプロローグ風間公

  • 梅一輪一弁の朝雪の上風泉

  • 老梅や娘の電話気が晴れる風来坊

  • 車から見えし梅の木コンマ五秒福井三水低

  • 紅梅やビタミンCが詰まっていそう福月スミレ

  • 金婚式の家族老梅の下福泉

  • 枝先にやっと見つけた梅一輪福島カギしっぽ

  • 梅の香や巫女の襦袢の襟白し文月さな女

  • 風に色梅に香りの山路かな文女

  • 盆梅や竹の支えで開花まつ平本牛車

  • 白梅や路地を曲がれば祖父の家片岡佐知子

  • 梅古木つと消ゆ母の死に支度穂積のり子

  • 枝の先緑真直ぐに梅定か北村檀

  • 梅咲くやこぼれし青き一滴睦月

  • 梅の香や肺いっぱいに細胞まで本間美知子

  • バス停へ歩み緩める梅小径麻生恵澄

  • 青空や紅白キリリ梅古木湊かずゆき

  • 大病を克服せし友梅真白木寺久

  • 梅園に風吹き渡る北野かな木村修芳

  • 紅梅の蕾は固し窓に湯気木村修芳

  • 寸胴に売らるる枝の梅ほころぶ野地垂木

  • 竪穴よりまろびいでなむ梅の香に野中カカオ

  • 老梅や幾多の星の宙ながむ野中泰風

  • 午後五時のご夫婦さんぽ梅暦野々香織

  • 梅の香や父の棺を包み込み柳川ひょうご

  • 幹は寡黙枝天に伸び梅一輪唯飛唯游

  • 学舎を去りて駅舎の梅紅し友雪割豆

  • 登山口最初にくぐる白紅梅有馬裕子

  • 荒草を抜きて小さき梅五輪有本典子

  • ひとり寝のコーヒーマシン梅一輪雄山卓女

  • それで良いそれが良い梅また会えた葉路

  • バス停の行列に舞う梅の塵律儀者の子沢山

  • 梅の香が包む「返信ありがとう」隆月

  • 光風につられ野梅に迷い込み龍季

  • 暗闇に白梅浮かぶ帰り道林めぐみ

  • 和顔施と決意の介護梅香る林田りこ

  • 目じるしは梅咲ひたる角の家瑠璃茉莉

  • お手玉のひいふうみいよ梅真白鈴木久美子

  • おでん屋の屋台の灯り梅白し鈴木麗門

  • 看板の灯り落とすや梅香り麗し

  • 対岸の紅梅白梅川下り連雀

  • 梅の花一輪の紅空に溶け六手

  • 空木の老梅真白不思議とぞ鷲野の菊

  • 「梅が好き」君の笑顔で僕生きる

  • 陰と陽日差しまばらや梅の花巫女

  • 見上げればポツンとひとつ梅の花廣重

  • 老梅の少なき花に我かさね

  • 陽まぶしく鳥かしましく梅の山楡野ふみ

  • 紅梅や青空に飛行機雲2本櫻井弘子

  • 枝垂梅よせてこぼれて指香る澤真澄

  • 猫あるく足跡に梅花咲く

  • 人疎ら梅ひっそりと綾部山祺埜箕來

  • 白梅や閉店惜しみ客の波齋藤杏子

  • 真っ直ぐの路地の月にも梅香る齋藤むつは

  • 野点傘ひとついれ梅林真白齋藤富美代

  • 梅が香や問わず語りに母のこと

  • 臥龍梅昼は眺めて夜呑んで 豐田雄二郎

  • 縁台のひざ掛け2まい梅見酒なかにしうさぎ

  • けもの道誘われ迷う梅見の途井原靖

  • 頬紅買いぶらり立ち寄る梅見かな久鍋得利子

  • 手術痕抱えて一人梅見かな居升典子

  • 1.5リットル 梅見酔いさます水蓮

  • 昼休み梅見の席を探す旅川端孝子

  • 酒のまち「こぼれ梅」買う梅見かな藤原訓子

  • 子供らのジャングルジムで梅見かな木村かわせみ

今月のアドバイス
夏井いつき先生からの一言アドバイス

●俳号には苗字を!

〇俳号とは、その句が自分のものであることをマーキングする働きもあります。ありがちな名、似たような名での投句が増え、トラブルも起こっております。俳号に姓をつけていただけると、混乱を多少回避できます。よろしくご協力ください。


◆ひとことアドバイス

●文字化け

  • ?梅に透けし薄日の朝なごむ保里文
  • 曲がり角?梅の花三つ四つ羊風

○ネット俳壇の宿命でもありますな、文字化けは。どちらもひょっとして、黄色いロウバイを詠んだ可能性もあるか? もしそうならば、兼題「梅」とは別の季語ということになります。


●俳句の正しい表記とは?

  • 白い道 犬のうしろに 梅乱舞伊藤綾子
  • 梅 観賞  仲間とアテと 梅酒と玉木幸代
  • 枝垂梅 手から袂へ 地に垂れる秀たあ
  • 白梅や 番遊びて 妣の声則本久江
  • 梅が降る 雨粒のように じゃんじゃんと田中善美
  • 香を添えて 梅の花 慎ましく咲く有迷人
  • 日々追われ 梅のつぼみの 時期のがし里惠子
  • 紅梅を 眺めて刻む 雨の道棘出丸
  • 枝に咲く 梅の香吸った マスクごしおがたみか
  • 花見道 頬に落ちるは 梅花よさすらいの乙女
  • 梅一輪 骨折の脚 さする朝明美
  • 吾の袖に しみるや梅の香 碧の空内田廣美
  • 露光り 匂い開きし 梅つぼみ藤乃眞子
  • 暴れ川 残りし野梅 咲き誇る星野茜

○「五七五の間を空けないで、一行に書く」のが、俳句の正しい表記です。まずは、ここから学んでいきましょう♪

  • 梅見茶屋
    ならぶ宰府の
    梅真白ひかるこ
  • 道ゆけば
    枝垂れる梅の
    花かぐや季節川杏

○テレビの俳句番組では、三行書きにする場合が多いのですが、あれはテレビの画面が四角なので、そのような書き方をしているだけです。重ねていいますが「五七五の間を空けないで、一行に書く」のが正しい書き方です。


●一句一季語から練習

  • 我が庭にメジロが遊ぶ白梅よえみばば
  • 梅花飛べ風の電話よ涅槃西風伊藤清美
  • 全身で春を喜ぶ梅の花金井純子
  • 冬を割るかそけき音や梅開く今村ひとみ
  • 暖冬や梅まつりなおまちどおし佐藤智恵子
  • 老梅にウグイス集い内祝い茶太丸。
  • 君がいふ梅に鶯移る想常しえの空
  • 曇り空梅の香りに春を知る北摂芳子

○一句に複数の季語が入ることを「季重なり」といいます。季重なりはタブーではなく、高度なテクニック。季重なりの秀句名句も存在しますが、手練れのウルトラ技だと思って下さい。まずは「一句一季語」からコツコツ練習していきましょう。


●兼題とは

  • とがる枝 寒風の中に ひとつ白畠山
  • 月光に 鳴く鹿真似る 大仏池松本専
  • 春ウォークナショトレセンター子等の響(声)望月千代子
  • 心暖か春に来た犬名はコウメいまねずみ
  • パラサイト春に就職プレゼント小宮輪香
  • 新しき蒲団の軽さ纏いたり戌の箸置

○今回の兼題は「梅」です。兼題を詠み込むのが、本サイトのたった一つのルールです。

  • 乱れ咲く 庭見てニヤリ 梅酒干す梅滋
  • 春を呼ぶ大和魂梅茶漬け竹安修二
  • 青梅やホワイトリカーに溺れる星夢光風
  • 梅の木の実がつきだした築重ね千鶴姫
  • 「梅うめぇ」頬赤らめる反抗期夜香

○これらの句には確かに「梅」という字が入っていますが、季語「梅」とはちょっと違うなあ。「青梅」「梅の実」は夏の植物の季語、「梅干し」は夏の人事の季語となります。

  • 梅を食み老い木に咲いた鷽の花或る間

○「梅を食み」は梅干しだろうか。比喩として「梅の花を食み」であるとは、読みにくいなあ。

  • 色移る早咲きの梅仲間かなオリオン
  • ささくれた枯木の梅を剪定すねがみともみ

○「早咲きの梅」は「早梅」かな? 「剪定」は、それ自体が春の季語。歳時記を開いてみると、いろんな季語と出会うことができますよ。


●季語深耕

 毎回の兼題解説は、水原秋桜子編『俳句歳時記』(講談社文庫)と 『新日本大歳時記』全五巻(講談社)を底本としております。
 本来「梅」は植物の季語であり、「梅見」は人事の季語ですが、秋桜子編では、「梅」の傍題として「梅見」が載っているため、今回の選句では「梅見」で詠んだ句も許容しています。
 歳時記は編者の考えによって、内容に差異がありますので、幾つかの歳時記を読み比べてみるのも勉強になります。