夏井いつき先生の俳句生活

夏井先生のプロフィール

夏井先生のプロフィール

夏井いつき◎1957年(昭和32年)生まれ。
中学校国語教諭を経て、俳人へ転身。俳句集団「いつき組」組長。
2015年初代「俳都松山大使」に就任。『夏井いつきの超カンタン!俳句塾』(世界文化社)等著書多数。

ご応募はこちら

5月の兼題

「滝」

2月の審査結果発表

兼題「猫の子」

お待たせしました!2月の兼題「猫の子」の結果発表でございます。みなさまの渾身の一句、猫の子の情景を思い浮かべながら拝見し、ほっこり。なんで猫って字だけでも可愛いんですかね。今月もみなさまのご投句、お待ちしております(編集部より)

「天」「地」「人」「佳作」それぞれの入選作品を発表します。

天
空箱の猫の子傷林檎の重さ

GONZA

夏井いつき先生より

「空箱の猫の子」は、空箱の中に捨てられていた子猫に違いありません。こんなところに捨てられている……と思わず、手に取ったのでしょう。手のひらにある重さは、何かの重さに似ていると感じ、ああ、これは「傷林檎」と同じ重さだと気づくのです。
 ということは、子猫を手のひらに置いている人物は、リンゴ農家の人ではないか。傷林檎を選別する手のひらには、その重さが刻まれているのではないか、と、読みが広がっていきます。
 手間ひまかけて育てた林檎にも傷がつき、捨てざるを得ないという現実があります。生れでた小さな命である「猫の子」を捨ててしまうのも、何らかの事情があったのだろうが……と、春の思いは揺れていきます。

地
猫の子の爪切るだけの帰郷かな

稲畑とりこ

 久しぶりの故郷。何をしたいでもなく、何をするでもなく過ごした数日。結局は、「猫の子の爪」を切っただけだなというほの温かく、ほの苦い「帰郷」。下五「かな」の詠嘆がしみじみと響きます。

パスタ巻く仔猫を肘でよけながら

銀紙

 何にでも好奇心を持つ「仔猫」が、バスタをくるくる巻く様子に興味を示さないわけがないのです。「肘でよけながら」という描写に臨場感があり、この後の動作への想像がさらに広がります。

猫の子を貰ふ相談寛解期

朝月沙都子

「寛解期」ですから、病気が軽快したのです。もし癌ならば病巣が消滅した状態。やれやれという安堵から、猫の子を飼いたい希望が生まれます。ふわふわとした猫の子は、まさに命の感触です。

猫の子の決死の威嚇なるふああ

at花結い

 猫の子にとっては「決死の威嚇」なんだけど、なんとも可愛い「ふああ」なのでしょう。中七の二つの固い熟語と、下五の柔らかいオノマトペの対比。季語「猫の子」の様子を的確に描いています。

猫の子の可愛いところ百個書く

たまのねこ

 猫好きの人たちは、「可愛いところ」を書き出せといわれたら、幾らでも書けるのでしょうね。「百個書く」という下五が、愛すべき猫好きたちの気持ちを代弁。俳号も含めて、笑ってしまいました。

人
  • 反る跳ねる転がる仔猫てふ動詞真井とうか

  • 猫の子の鳴く立つ歩くもう猫だ蒼空蒼子

  • 子猫寝るまだ寝るぱあとしつつ寝るかむろ坂喜奈子

  • はじかれて吸えぬ子猫の尻を押し石原直子

  • ほむらめく仔猫よ街は壊れてゐる錆田水遊

  • 猫の子の月のかたちに反るからだギル

  • 白い子猫抱くウクライナは静か海野碧

  • 水すくうように猫の子だきあげる愛燦燦

  • 猫の子といふ一粒を掬ひけりあいだほ

  • 濡れそぼつ猫の子の舌真っ赤っ赤藍野絣

  • 紐振れば子猫三匹釣れにけりあいむ李景

  • 猫の子や土手で寝ころぶ五時限目青井晴空

  • 猫の子に名前をつけず五日過ぎあおのめ

  • 猫の子や港見下ろす坂の街蒼鳩薫

  • ふところに仔猫いよいよ猫背なる赤松諦現

  • 猫の子は前かごに乗り土手を行くあかり

  • 猫の子に顔をうずめている専務秋沙美洋

  • 猫の子を包むタオルは吾子の香秋田白熊

  • 猫の子なら登るべきですカーテンを昭谷

  • 猫の子の眠るとなりの力石秋野茜

  • 猫の子の声色色に染む光あきののかなた

  • 自転車のかごに産まれし子猫たちあきみ

  • 猫の子を膝に独酌二合半あくび指南

  • 猫の子を譲る手に残るぬくもり朝雲列

  • 砂っぽい毛なみや猫の子をひざへ朝方静流

  • 朗らかに猫の子狩りを全うす明後日めぐみ

  • 反撃はさて子猫にカリカリやってから字土街海

  • 猫の子も君が代だけはじつと聴くあさのとびら

  • 貰われてゆく猫の子を褒めちぎり明日良い天気

  • 猫の子の息たしかめている二人梓弓

  • ビル壊すドリルの先に猫の子よあすなろの幸

  • 爪の紅いひとに子猫は触らせない足立智美

  • 猫の子やまだ空は風は見えぬかあたなごっち

  • 被災地に髭面見上ぐ猫の子よ新子熊耳

  • 疲れ果てバッハで眠る猫の子ら中はじめ

  • スカートの裾のほつれに猫の子来渥美こぶこ

  • 通学路の円陣目の開かぬ仔猫あまぐり

  • 留守番の猫の子五匹駐在所天野幸子

  • 野に出れば野のものとなる子猫の眼あまぶー

  • エッシャーの絵と戯れてゐる子猫あみま

  • 猫の子は淋しいなんぞ呟かぬ雨降りお月さん

  • 子猫やわやわ心まだ生きてるか綾竹あんどれ

  • ガラス函並ぶひとり遊びの猫の子のあやや

  • 裏通り歩む銀座の仔猫かな荒井類

  • 魂を吸うか猫の子この瞳あらかわすすむ

  • 猫の子のとうとう柵を乗り越えて荒木俊充

  • 猫の子の瞳全開みぎひだり荒木豊

  • 猫の子の尾も靴下もくたびれてありあり

  • 仔猫あららクレーンゲームのやうに有本仁政

  • 猫の子が眼鏡を叩く齧る曳くアロイジオ

  • 猫の子をくわえ東へ雲迫る阿波オードリー

  • 猫の子やフェリー埠頭の五目釣安春

  • 猫の子や眠るひとつはまつくろけ飯村祐知子

  • 猫の子として校長の前よぎるイエティ伊藤

  • ミサイルの飛ばない空が子猫の目いかちゃん

  • 猫の子や誰のものでもない野草池内ときこ

  • Gパンに猫の子連なる台所池田華族

  • 八百萬の猫の子籠に盛られをり池之端モルト

  • 夜明け来よ星に子猫の目がひらくいさな歌鈴

  • 都合よく忘れられない仔猫の眼石井一草

  • 蝿追う子猫ニュースはウクライナ石垣

  • 8Bで猫の子を画くぐりんぐりん石垣エリザ

  • 降ろされたところを知らぬ猫の子ら石川あ世楽

  • 日僅かに差して子猫子猫子猫いしきひさき

  • 猫の子を半日だけと借りて行く石塚彩楓

  • 猫の子が頭ぶつけて内緒事石山日滔

  • 猫の子のこの子の脚はこれかいな和泉攷

  • 懐中に仔猫古書肆を巡りけり石上あまね

  • 黒幕のやうな顔した仔猫かないその松茸

  • 猫の子や今月五万の養育費磯むつみ

  • 貰ひ手の決まらぬ子猫乾かしぬ板柿せっか

  • 脱ぎ捨てた服に子猫の息づかい唯茅古

  • 猫の子の隙間から打つキーボードいつかある日

  • 海女小屋の桶に束子のごと子猫斎乃雪

  • 手が離せないの子猫が寝ているの一斤染乃

  • おとうとと覗く仔猫や風の土手伊藤治美

  • うかうかと目を合わせけり猫の子と伊藤柚良

  • 猫の子の目やに拭いしおばあの手伊藤小熊猫

  • 猫の子の尻尾震わせ尿かな糸川ラッコ

  • 猫の子の左目に母右に龍糸川ラッコ

  • 猫の子に閉じられて読みかけの本伊ナイトあさか

  • 五年ぶりの駅猫の子は何世居並小

  • ちちちちち呼んでも猫の子そっぽ向く犬野れい

  • 猫の子の親あの猫かこの猫か犬山裕之

  • 猫の子の我の匂ひになりにけり井納蒼求

  • 四代の前の毛並みのこの子猫ゐのかたゆきを

  • 猫の子の気になつてゐる子のパジャマいまいやすのり

  • 薄紅の子猫の舌や水はじく今井淑子

  • 眼の青き猫の子ころうりこおろころ今村ひとみ

  • 猫の子を避けて世間の流れをり伊予吟会宵嵐

  • 猫の子のぞろぞろ豚舎より出で来磐田小

  • ゆびはらにひびく子猫の鼓動かな岩橋春海

  • あの箱の猫の子1つ減っている上野眞理

  • 石炭へ産み落とされし子猫かな上原淳子

  • 街猫に子猫交わる日向坂上原まり

  • 猫の子はラの音で鳴く薄暮光うからうから

  • いのち飛び出さうよ猫の子のあくびうさぎまんじゅう

  • 猫の仔のももいろづくし手も鼻も宇佐美こころ

  • 目の開かぬ猫の子の聞く子猫たち宇佐美好子

  • こねここねるこねられこねこ唱ふ子うた歌妙

  • 猫の子の消えをり星は潤みをり内田こと

  • 雑居ビル猫の子咥え過る朝うちだまみ

  • 人の子と猫の子同じ好奇心空木眠兎

  • 猫の子を祝い国際電話かなうつぎゆこ

  • 猫の子はカスタードクリームのやう卯夏野心

  • 猫の子や命名忘る“ミー”と呼ぶ梅尾幸雪

  • 猫の子やしっぽは空がお気に入り梅木若葉

  • 猫の子や人指し指で弾くピアノ梅鶏二号

  • 猫の子の眠る合図や陽のにほひ梅野めい

  • 五番目の白い猫の子雨しとど浦文乃

  • 猫の子の首の後ろの愛の痕詠頃

  • ふくらむ宇宙猫の子はてのひらに蝦夷野ごうがしゃ

  • 風いでて子猫にすこし手を貸しぬ越前岬

  • 猫の子の貰い手全て決まりし夜越冬こあら@QLD句会

  • 目も鼻も口も猫の子の武器に絵十

  • 数ふ毎はて猫の子の数違ふ江藤すをん

  • 猫の子の鼻先寄ってきて微熱戎居多佳子

  • 左手に仔猫右手にジンライム朶美子

  • 猫の子や匂い引ずるダンボールM・李子

  • 猫の子や明日の来ない夜は無いえりいも

  • 鈴付けて猫になりたる仔猫かなえんかず

  • 猫の子の未明乳腺炎の熱おおい芙美子

  • 猫の子の熱き腹嗅ぐ牛の鼻大熊猫@四句八句

  • 猫の子の散らかつてゐる居間である大黒とむとむ

  • 猫の子や膝から肩へ本棚へ大小田忍

  • 絵手紙に子猫の手形押しにけり大阪駿馬

  • 不承知の名を付けられて鳴く子猫大槻壽子

  • 猫の子を抱けば文庫本の重さ大津美

  • 猫の子を振り返りつつ向かう塾大原雪

  • 猫の子を飼うそぶりない女の子大村真仙

  • 猫の子の何も傷つけぬつめの先大本千恵子

  • 猫の子や心拍数は上昇す岡井風紋

  • 子猫みる世界は今でも美しいか魚返みりん

  • 猫の子のつむところなきまるみかな可笑式

  • 猫の子に猫の子つづく石畳緒方朋子

  • 木の匂ふ実家に増ゆる子猫かな岡田雅喜

  • 子猫啼く瑠璃色の目を開きつつ岡山小鞠

  • 夕闇の仔猫の声や砂金めく小川さゆみ

  • 猫の子のどこぞで啼きて日暮れかなオガワ野棕櫚

  • 猫の子や世界は丸くやはらかく小川野棕櫚

  • 猫の子のもらはれてすぐ名をもらふおきいふ

  • 猫の子の爪のふにゅっと透きとおるオキザリス

  • 猫の子の午睡の睫毛に光満つ奥寺窈子

  • この街に転校生と猫の子と奥野悦穂

  • 猫の子の声してやめるかくれんぼ奥の

  • 夕雲や猫の子の声九日目小倉あんこ

  • 猫の子の親も嵌まったU字溝小栗福祥

  • 野良の猫の子に今日名がつきましたおこそとの

  • 半濁音こぼるるごとく子猫鳴くオサカナクッション

  • 猫の子だったときを知らないあくびおさむらいちゃん

  • 猫の子の耳から透けてをる生ぞ小沢史

  • 猫の子のへばり付くやう無人駅小田和子

  • 猫の子の鳴き声やがて風と化す小田龍聖

  • 猫の子の里親の手に菓子折りあり小田ビオラ

  • 猫の子に猫の母ゐて日あまねしおだむべ

  • 砲撃の空耳猫の子の不穏越智空子

  • 陽に揺れし水に猫の子後退り音のあ子

  • 陽だまりに子猫を置いてくる遊び音羽凜

  • お日さまをすくふてのひら子猫かなおひい

  • 猫の子やひかり嗅ぎわけ生きんとすおぼろ月

  • 猫の子の無声映画めく本気かいぐりかいぐり

  • パン焼けば黄色に決まる子猫の目灰頭徨鴉

  • 猫の子や裏返つてるランドセル海峯企鵝

  • もうすでに欠伸覚えし子猫かなカオス

  • 猫の仔や露軍の戦車過ぐる道に馨子.N

  • 猫の子の百グラムあるいのちかな加賀くちこ

  • 猫の子は日向に出されてちぢこまり笠置祐子

  • 妖怪めく歯茎を見せし子猫かな風花まゆみ

  • ねこの子の名前だんだん偉くなり風花美絵

  • 猫の子の星まで届くしっぽかな霞山旅

  • 眇なる子猫声無き声で鳴く樫の木

  • 金の鈴つけて子猫は所有物加世堂魯幸

  • 猫の子の薄桃の腹掌を温む片岡六子

  • 夜の底猫の子一匹抱いて寝る交久瀬小夜時雨

  • 猫の子の甘き鳴き声雨近し加田紗智

  • 獣医に「シャーッ」ミケは半貫の仔猫花鳥風猫

  • 仮の名が本名となる子猫かなかつたろー。

  • 産毛を濡らす雨より軽き子猫かな克巳@夜のサングラス

  • 海の底猫の子の目をのぞく月桂葉子

  • 懐の仔猫は何も疑はず花伝

  • 缶チューハイ少年と見てゐる仔猫加藤ゆめこ

  • 猫の子のへその緒腹の毛うすきにかとの巳

  • 階段をのぼる子猫の尻支ふ彼方ひらく

  • 家出した父猫の子を連れ戻る仮名鶫

  • 仔猫抱く吾の心臓を守るごと河南朴野

  • 花びらのやうな舌なり子猫鳴く兼子さとみ

  • 子猫抱き上げて足元にも子猫かねつき走流

  • 重なりて混ざりて眠る子猫かな釜眞手打ち蕎麦

  • 猫の子の鳴き声混じる雨の朝神or愛

  • 猫の子よダイニングテーブルの迷路上川冬生

  • 猫の子のキトンブルーは地球色紙谷杳子

  • 何語にも答ふ猫の子しっぽたて神谷米子

  • 子猫来よ傾がつて来よ日向の手へ亀田荒太

  • だがしかし猫の子の親どこいつた亀田かつおぶし

  • 猫の子の目の落ちそうに眠りけり花紋

  • 子持猫乳房は三つ濡れており加裕子

  • 猫の子に嫉妬している長女かなかりかり久助

  • 紐の先以外見えない仔猫かな川越羽流

  • 落ちている豆大福のごと子猫川村湖雪

  • ひよめきの揺らぎ仔猫の細き声河村静葩

  • 生まれたての猫の子が来る日曜日川村昌子

  • 仔猫吸う乳ハナは元繁殖犬閑々鶏

  • 猫の子の影尖りゆく威嚇かな喜祝音

  • 猫の子をしがみつかせて逃避行キートスばんじょうし

  • 猫の子へ伸ぶや絆創膏の指菊池洋勝

  • 猫の子も老母看取りし仲間なり岸本元世

  • 猫の子の威嚇突っ張る細き足岸来夢

  • きうきうと子猫の肺の膨らみぬ北野きのこ

  • 手のひらに仔猫を包む自衛官キッカワテツヤ

  • 猫の子の髭ふくふくと動きたるきなこもち

  • 猫の子の鳴いて子宮のあたたかく城内幸江

  • 傷つきしこの世に猫の子の寝息木原洋子

  • 猫の子のいる間だけ緩む居間木ぼこやしき

  • もみくちゃの子猫らの顔足尻尾木村となえーる

  • 猫の子よぎる明け方の歌舞伎町Q&A

  • 猫の子にもう不要となつたつばさきゅうもん@木ノ芽

  • 子猫居る六畳一間は遊園地鳩礼

  • 星落ちるたび猫の子の痙攣す杏乃みずな

  • 猫の子が離れたいのか居たいのか銀長だぬき

  • 空耳の空猫の子の生あくび金羊

  • 猫の子のげつぷ明るきなゐの朝

  • 神さまにまだ返さない子猫かな久我恒子

  • 猫の子や耳かきの梵天至福楠美翠

  • 猫の子の口ひげ早も恋を識るぐずみ

  • 猫の子も吾も東京を溺れゐるぐでたまご

  • 早世の子の名でまねく子猫かな工藤悠久

  • 丹田に猫の子潤む真昼かなくま鶉

  • 足音を聞きて仔猫のかしこまる熊谷 温古

  • ビルの間の子猫にしゃがむランドセル倉岡富士子

  • 二拍子の子猫は進む鼓笛隊倉木葉いわう

  • 女にふられ猫の子に嗅がれをる倉木はじめ

  • 石敢當にそぞろく集ふ孕み猫栗の坊楚材

  • 猫の子のあくびと小さき獣の歯空流峰山

  • 猫の子を提げて別間へ転居せり恵勇

  • 手のひらの仔猫の舐める結婚線けーい〇

  • 猫の子やビッグイシューを売る足にげばげば

  • 猫の子がピリリ引っ掻く恋の傷減塩の小林

  • エコバッグよりバゲットと猫の子と剣橋こじ

  • 生まれでし世はなにいろやこの子猫小池令香

  • お砂場の匂いや猫の子のうんちこいぬ

  • 猫の子の三匹もつれきらいすき公木正

  • 舐めて舐めて舐めて全き猫の産幸田柝の音

  • 「猫の子はきらい」あなたの嘘がすき古賀

  • レガートの母スタッカートの子猫五月ふみ

  • 猫の子にいとまを告ぐる小さき客小久保ゆた夏

  • 爪立てし夫の背中よ猫の子よ小笹いのり

  • 家族となる帽子の中の仔猫かなコスモス

  • 猫の子に優しい第二反抗期木染湧水

  • 甘食のやうに猫の子鳴きにけり小だいふく

  • かつおぶし付けて猫の子貰われる後藤周平

  • 猫の子のこちらを見てる見ないふり古都鈴

  • 猫の子ら眠る取つ組み合ひのままこなねこ

  • 猫の子の腹ハーモニカふはふはとこのねこのこ

  • 猫の子の金目銀目を帯びはじむこのみ杏仁

  • 猫の子の国籍も死亡届もなく虎八花乙

  • 猫の子が居なくなったと回覧板小林昇

  • 金銀妖瞳猫の子既に魔性帯ぶこま

  • てのひらの子猫とことん頼りなく小町瑞泉

  • 猫の子がボクに魔法をかけた午後小山晃

  • オンザロック猫の子なにも言わないで今藤明

  • 雪国の犬より仔猫離れざる紺乃ひつじ

  • 猫の子の数に合わせた乳首あり西條晶夫

  • 雨匂ふ子猫のパンチ柔らかしさいたま水夢

  • 古希の手を零るるほどに仔猫鳴く彩汀

  • 乳臭き子猫の舌の湿りかな齋藤杏子

  • 猫の子の籠からこぼれる6番目さいとうすすむ

  • 猫の子の老人ホームの巡回さおきち

  • 上履きを嗅ぐ猫の子や金曜日坂上一秀

  • 猫の子のここぞここぞのわらべうた坂内桜佳

  • 廃プラの奥の微かは猫の子か坂まきか

  • 子猫寝てより運休のプラレールさくさく作物

  • 拾はれて余生の顔の子猫かな咲元無有

  • 仮の名を聞かず猫の子貰はるる雑魚寝

  • 我が余生を喰ひつぶす気か子猫らよ砂舟

  • 猫の子を抱いてこの子はいらない子紗千子

  • 猫の子の呼名の違ふ家族かな佐藤志祐

  • 助手席の膝の仔猫や眠しねむし佐藤儒艮

  • 撃たれたる兵士のよこを猫の子ら佐藤綉綉

  • 猫の仔の未来吸い込む大あくび佐藤しらべ

  • 体育着に猫の子包む雨天なり佐藤ちかこ

  • 猫の子のつま先立ちて尾の太し佐藤裕人

  • 膝の上ゴーシュのセロか猫の子か佐藤佳子

  • 油さすチェーンの奥の子猫かなさとけん

  • 正座よりあぐらがいいんだろ子猫里すみか

  • 妻の膝に世渡り上手なる仔猫さとマル

  • 猫の子を拾い今宵を歩きけり里山子

  • 猫の子の仕草満載吾の日記さぶり

  • 悲しみを丸めて置くと猫の子にさむしん

  • 食パンの縮尺ねこの子の伸縮さるぼぼ@チーム天地夢遥

  • 子猫包む縫い痕ありし獣医の手澤田郁子

  • 偵察を止めて子猫の目は青し沢拓庵

  • 風の贄仔猫の耳の桜色三月兎

  • 猫の子を抱けば重なる脈の音三休

  • 子猫抱く吾子をあやしし手の形紫瑛

  • 学ランの中の猫の子の体温獅子蕩児

  • 餌食らふ仔猫食ひ入るやうに観る信田龍之介

  • 純な眼はやめて猫の子は飼えない篠原雨子

  • 乳を飲む猫の子の手のアンダンテ篠雪

  • 猫の子やボロボロの「ねことオルガン」柴桜子

  • 子猫なく声なないろの砂糖菓子渋谷晶

  • 猫の子の抱きかた愛の育てかた嶋村らぴ

  • 猫の子のひなたのにほひ溢れけり清水祥月

  • まだ見えぬ夕つづ猫の子の名とす清水 三雲

  • 仔猫抱く仄かにあたたかな無臭芍薬

  • 猫の子や幽き月の傷に似てじゃすみん

  • 猫の子を抱く子が猫の目をしてる沙那夏

  • 猫の子の爪とぎ怖い向う脛じゃむぱん泉

  • 猫の子をほぐしてひとつ貰ひけり砂楽梨

  • パッカー車過ぎて猫の子わらわらと洒落神戸

  • 猫の子を追ひし子を追ひ日暮かなしゅういずみ

  • 初めての鏡を凝視する子猫寿松

  • 乳を吸ふ子猫の上を行く子猫シュリ

  • 四五枚の体操服に寝る仔猫じょいふるとしちゃん

  • 猫の子はふわふわ嘘の詩はきれい常幸龍BCAD

  • がぶとくびねっこ猫の子借りた猫正念亭若知古

  • 読経終えし僧の鞄へゆく子猫白プロキオン

  • 猫の子や父を知らぬといふ螺旋白よだか

  • 泣きやまぬ猫の子吾の子幼稚園新開ちえ

  • 古ソファー猫の子波の調べ聴く神宮寺チェルシー

  • まだ家の隅に戸惑ふ仔猫かなしんぷる

  • 猫の子を順に選る音もなく雨深幽

  • 子猫拾ふ後から二匹付いてくる酔芙蓉

  • その嘘は子猫三回分の罪水蜜桃

  • 猫の子や骨たよりなくあたたかくすいよう

  • 丹田の無垢や仔猫へ風流るすがりとおる

  • おざなりに振らるる尾みる仔猫かな杉本果ら

  • 猫の仔を拒みし夕べ吾子遅し鈴木由紀子

  • 猫の子を抱いてホストの朝帰り鈴木麗門

  • やはらかな猫の子焼跡の蒼しすずさん

  • おぼろげな子猫を君の手のひらへ主藤充子

  • 猫の子の鍵束ほどの重さなりすりいぴい

  • 言ひ合ひに子猫を抱かせ終はらしむ醒子

  • 猫の子と遊ぶ失職して三日背馬

  • 猫の子につしまのやまのかみのなを世良日守

  • 猫の子の甘噛み夫の朝帰り千波佳山

  • 猫の子や産まれてすぐに崖っぷち惣兵衛

  • 母猫を知らぬ子猫の鋭き眼そうま純香

  • 猫の仔の木には登ってみたもののそうり

  • 猫の子よもしかしてあの猫の子か素空

  • 肉球のまだ湯気の立つ子猫かなそまり

  • こはもての棟梁抱へたる子猫染井つぐみ

  • 猫の子や空を切る足かゆい耳染野まさこ

  • 白地図に見知らぬ五島子猫鳴く空野兎

  • 毛糸は朱絡めとられた子猫は白空豆魚

  • 歩くたび世界のかたち知る子猫ぞんぬ

  • メモ帳を埋める仔猫の名の候補太閤検地郎

  • 足先に猫の子もてあそぶ日暮れ橙と紫

  • 猫の子へ母の三度目のおはよう高尾里甫

  • 猫の子の一匹足らぬポスト下高橋寅次

  • まだ人のかたちに慣れぬ子猫かな高橋なつ

  • 孕猫影絵あそびをとほりけり滝川橋

  • 馥郁たる乳の香りの猫の子よ多木紫蝶

  • 二匹目の野良猫の子の名をつける瀧本敦子

  • 手のひらの心音ととと猫の子よ卓女

  • 猫の子をむつと男が持ち去りぬ竹内一二

  • 猫の子であること忘れたる走り武田歩

  • 猫の子を覗いて子らは学校へ竹田むべ

  • 親猫の待つ石壁の高きこと竹八郎

  • 我ながら気に入る猫の子の名前たけろー

  • 新宿のかくも静かか捨仔猫多事

  • 日に日にとくはへ子猫の重たさよたすく

  • 猫の子のおほかた箱に捨ておかれ糺ノ森柊

  • 猫の子のかたまりふたつ陽の射して唯飛唯游

  • 猫の子のまろび首上ぐ星明り橘春容

  • かわいさの指標の子猫百グラムダック

  • 頑な吾子猫の子の爪痛し立田鯊夢@いつき組広ブロ俳句部

  • 微睡の吾を猫の子の迂回せり田面類

  • あふむけにはたかるる親猫の顎田中木江

  • 仔猫抱く轢かれし親の事言わず谷町百合乃

  • 乳首六つ猫の子七つ実るよう谷本真理子

  • 五線譜に最初の音符猫の子とタマゴもたっぷりハムサンド

  • 舶来の猫の子抱いて夏目坂たま走哉

  • 子猫とは迷子にならぬ猫である玉庭マサアキ

  • 猫の子の出しっぱなしの爪やわらか玉響雷子

  • 黒猫の子と云ふ割に魔術へた田村利平

  • 首傾ぐ鏡の前の子猫かなダメ夫

  • みづあめの如く摘める小猫かな丹波らる

  • 家無しと猫の子雨の停留所千鳥城@いつき組広ブロ俳句部カナダ支部

  • 求婚のベンチ猫の子じゃれついて千代 之人

  • 猫の子に貸すひざのしびれぞ甘き澄心静慮

  • まだ地球知らぬ猫の子うんちする蝶番

  • 猫の子や閉店中の直売所月石幸

  • 猫の子と捨てられた鍵盤の音月岡方円

  • 花びらのやうに子猫の肉球は月影の桃

  • 軒つたう雨猫の子の目を開く月硝子

  • 猫の子の丸む縞の尾ドレミファソつきのひと

  • 首傾ぐ猫の子の居る佳き日かな辻内美枝子

  • 猫の子やペルシャの空の蒼すでに辻野 花

  • つかまえし猫の子の息生臭し土田耕平

  • 猫の子を抱けるチカラがあればいい土屋ひこぼし

  • てのひらをこぼれて猫の子の余熱ツナ好

  • 猫の子の雲踏むやうに眠りをり露草うづら

  • 猫の子と思しき声に遠回り露口全速

  • 猫の子や馬屋は梁まで肥臭いツユマメ@いつき組広ブロ俳句部

  • 猫の子は一塊にスラム街ツユマメ末っ子10歳@いつき組広ブロ俳句部

  • 猫の子の影追ひ影に追はれ追ふテツコ

  • 猫の子の前後不覚という形寺尾当卯

  • 猫の子のゐてクッションにしわなくてでんじゃらすババア

  • 猫の子の背骨はおもちゃの櫛のごとてんてこ麻衣

  • 境内に高田さん待つ猫の子らでんでん琴女

  • 猫の子の尻尾からめるとき寂し天陽ゆう

  • 三毛ひっそり子猫残らずもらわれてどいつ薔芭

  • 猫の子の鳴いて短き祈りかなdoいつもcoいつも

  • ひと月の仔猫ちりぢりちりぬるを

  • 猫の子を拾う平和な国であれ東京堕天使

  • 折るべきか、ずたぼろの猫の子の頸東戎

  • 仔猫鳴く壊れさうなる星の夜をとかき星

  • 侵攻の文字に寝そべる子猫かなとき坊

  • にほひ嗅ぎつつ震へつつ子猫の歩常磐はぜ

  • 猫の子の寝床の温み夜は雨徳庵

  • 不遜やな72階の猫の子は毒林檎

  • 猫の子を摩るうぶごゑあげて欲しとしなり

  • 一歩ごと揺れる猫の子足丸し友@雪割豆

  • 猫の子に家庭教師を貸してやる富山の露玉

  • 捨てられし猫の子もとに戻した日とよ

  • リビングの隅に子猫が居たケージ鳥田政宗

  • ジョギングの青年なでている子猫とんぼ

  • ロケ隊に猫の子交ざる神保町内藤羊皐

  • 猫の子の輪郭淡く光る線なかかよ

  • 猫の子の眠るるままに貰はれり中十七波

  • ゴム製の乳首に噎せる子猫かな仲 操

  • 子猫飼ひ慣らすそして孤独を飼ひ慣らす中岡秀次

  • 米袋に野良猫の子の五六頭中島圭子

  • 眼光の強き子猫や牛舎傍中鉢矢的

  • 3四歩子猫の髭の痒きこと中原柊ニ

  • 貰い手の決まらぬ子猫リボンつけ仲 操

  • 猫の子よきみのとうさん判ったよ中村あつこ

  • 猫の子を抱きていそいそ投函すなかむら凧人

  • 猫の子が転んだだけで爆笑す新蕎麦句会・凪太

  • 掌に温む猫の子戻す箱凪ゆみこ

  • 猫の子に字画善き名を授けたりなしむらなし

  • 猫の子の出てゐる仲見世通りかな那須のお漬物

  • 猫の子の瞳みづみづしくうつろ夏風かをる

  • 猫の子やトイレのしつけできてます夏草はむ

  • 猫の子やたまごぷりんの滑らかさ夏湖乃

  • お日さまは蜂蜜の色仔猫伸ぶ夏椿咲く

  • 猫の子が来て習い事ぜんぶやめる夏野あゆね

  • ぼろぼろの仔猫にさずく悪女の名夏雨ちや

  • 通学帽眠る子猫を匿ひて七朝まるよ

  • 物置の隅に湧きたる猫の子ら七国独楽男

  • 花びらを撃つ手あまやかなる仔猫七瀬ゆきこ

  • みずうみをだきよせるよに子猫抱く七森わらび

  • 浮いてきた亀叩きをり猫の子め⑦パパ@いつき組広ブロ俳句部

  • 猫の子の並ぶベンチの端を借り名計宗幸

  • 猫の子の遊びほどけて眠りけり名前のあるネコ

  • 乳を飲むか眠るかどっちかにせい子猫西尾至雲

  • 押入れの仔猫と別マ見つかつて西川由野

  • 猫の子や一等ぶちゃを貰ひ受け西爽子

  • 雨だれの音に仔猫抱くしかない西田月旦

  • 子猫売るウインド見てる乳母車西原さらさ

  • 猫の子を抱いて来にけり遅刻の子西原みどり

  • 排泄の仔猫見開かせる眼西村棗

  • 猫の子のひげ祝日の水曜日二重格子

  • 猫の子のちつとも怖くない威嚇にゃん

  • 猫の子のあばらかぼそし海を聴く仁和田永

  • 捨てられた子猫病院まで十分鵺之疾秋

  • 猫の子を抱いて途方に暮れし子や暖井むゆき

  • ヘアゴム百個猫の子が失くすねこかふぇ

  • 猫の子が家主のやうに一瞥し猫辻みいにゃん

  • 猫の子と腹を見せ合う日向かな涅槃girl

  • 靴ひもをつつきとびのく子猫かな眠睡花

  • ポコちやんとどの猫の子も呼んでをり根本葉音

  • 猫の子の重さはスマホひとつ分ノアノア

  • 猫の子や長三和音の日の光野井みこ

  • 猫の子の藁掃いやる牧夫の手野地垂木

  • サーフボードの陰に声あり猫の子ら野点さわ

  • 猫の子の尿の臭いの目覚めかなののr

  • 猫の子の爪はカーテン登るため野ばら

  • 子猫の名思案のあげくやはり「たま」野原蛍草

  • クッションに仔猫の重さ滴れり登りびと

  • 猫の子人の子揺蕩う午後4時稗島塗小太郎

  • 雨だれのララバイ零れ猫の子は白庵

  • 猫の子の小さきいきみ砂の上 白雨

  • 手の中に心音幽かなる子猫はぐれ杤餅

  • 猫の子や下あごの毛の初々しはごろも856

  • 猫の子や憂うることもなき瞳橋詰彪

  • 猫の子の鼻はまだ内臓の色橋本恵久子

  • 猫の子を順繰りに抱き離さない畑詩音

  • しがみつく子猫の爪のほの痒く葉月けゐ

  • 僕が悪い猫の子てのひらを返す八田昌代

  • エプロンのポッケに子猫見つけたり初野文子

  • 夜勤あけシャッター街の孕み猫華樹

  • 猫の子を捨てに行かせて帰らぬ娘浜友輔

  • 猫の子に鈴を五つと武将の名早川令子

  • 猫の子の視線の先の不可思議は原田民久

  • 幾重にももつれて眠る猫の子ら原野乃衣

  • 新しき光猫の子まあるい眼ぱらん

  • 瑠璃紺の瞳よ星と語らふ仔猫よ巴里乃嬬

  • 吾子の名をあげる余りし猫の子に播磨陽子

  • 猫の子やけふ神職の妻となる晴田そわか

  • 猫の子と吾が子が競う水飲み場はるなつきえ

  • 猫の子の先づ入りたるランドセル晴菜ひろ

  • 風の野のごと毛を立てて陽に子猫春巻まき

  • 何もかも知りて猫の子甘え来るはれまふよう

  • 猫の子の眼は終戦を祈つてゐるはんばぁぐ

  • 猫の子の右、左あし、くらいの速度万里の森

  • 猫の子の鳴く声したよなしないよな東の山

  • 猫の子のかたまりのまま掬ひとる樋口滑瓢

  • 捨てられし猫の子眼ばかりなりひすい風香

  • 失恋の娘を母とせる捨子猫美竹花蘭

  • 猫の子や肉球に来る初期微動ひでやん

  • 猫の子の爪の消しゆく自傷痕日向こるり

  • オクターブ上てふ猫の子のたくらみ日向こるり

  • ねこの子やドッペルゲンガーの二ひきひなたのかまきり(ひなた息子)

  • 猫の子のまなこ飛行石のブルーひなた和佳

  • あの日より猫の子と座をあらそひぬひな扶美子

  • 神棚の雲字を狙ふ子猫かな緋乃捨楽

  • 乳呑ませつつ産む仔猫七匹目比々き

  • しおしおと子猫返しによっちゃん家向日葵@いつき組広ブロ俳句部

  • 猫の子に担任の名をつけにけり姫川ひすい

  • 猫の子に振り回されて陽が沈むひめりんご

  • 猫の子が福祉施設を慰問中日向大海

  • 捨てられし猫の子すでに野生の目平井由里子

  • 猫の子の脊骨の棘を撫でてゐる比良田トルコ石

  • 捨子猫疑ひもたず眠りけり平林晶子

  • 桃の花食うたやうなる子猫かな平本魚水

  • 何ほどの重さ猫の子胸に乗る昼寝

  • 家族葬なにやらしきり猫の子よ蛭本喜久枝

  • ダンボール箱に淡雪めく仔猫広木登一

  • 猫の子へみょんみょん触手めく光広瀬康

  • 猫の子とお好み焼きを待つ時間ひろ夢

  • 猫の子のコロコロ踊り子の楽屋福井三水低

  • ねこの子は伸びして時計遅らせる福ネコ

  • ダムの点検肘窩に猫の子福田みやき

  • 猫の子の発酵臭や昼の雨福山あやこ

  • 孕猫月に濡れゆく街の路地福良ちどり

  • カーテンに仔猫の五匹揺れてをり藤井かすみそう

  • 猫の子を見てゐて帰路を見失ふ藤色葉菜

  • 猫の子の首傾げあふ鏡かな藤白真語

  • 猫の子や世界は不穏不安定藤田康子

  • 懐の猫の子ぬくしペダル踏む藤原涼

  • いびつなる子猫を連れて行く老婆藤雪陽

  • 猫の子や郷に従う男木の島藤れんぎょう

  • 暖めるほどに猫の子胴のびるぶちのハチワレ

  • スペクトルの不思議ひだまりに猫の子文月さな女

  • これがあのボスという名の猫の子か冬のおこじょ

  • 今飼えば仲良く逝ける猫の子と古澤久良

  • つのが立つころか猫の子あわだてて古瀬まさあき

  • 日報に猫の子のこの後のことふるてい

  • 四肢尾つぽとろりと垂るる子猫かな碧西里

  • 無抵抗の猫の子も哭く赤き夜ペトロア

  • 喃語発し猫の子抱く漱石は茫々

  • 給油所の納屋に五匹の子猫かな星月さやか

  • 猫の子の何も隠せてないトイレ干しのいも子

  • 温もりのあまき鼓動や仔猫たち甫舟

  • E席のポケットに寝る子猫かな細川小春

  • 選ばれて我猫の子のしもべなり細野めろん

  • 猫の子よできないフリをすればよかったポップアップ

  • 猫の子の潜れる古き辞書の箱ほろろ。

  • 売られたら買うたれや猫の子吠える凡句楽直

  • 三輪車進むあとから猫の子も梵多

  • 青き目の子猫が家族末っ子で本間美知子

  • 猫の子を抱く漱石の髭白し梵庸子

  • 猫の子のあくび小さき牙白し凡狸子

  • 抽斗の靴下入れに子猫の香真壁らん

  • 輪郭は淡き猫の子の逆光まがりしっぽ

  • 猫の子はボレロの音に目を開ける牧野敏信

  • 猫の子寝ぬる漱石の読書会まこ@いつき組広ブロ俳句部

  • 猫の子や次男三男不明なり眞熊

  • 猫の子や上がり框へ脱ぐ光まこちふる

  • 悪い夢ばかり覚えている仔猫真冬峰

  • 猫の子に冒険の窓開けてやるままマリン

  • 吾の鞄を嗅ぐだけ嗅ぐの猫の子は真宮マミ

  • 友逝きて子猫の寝息聴いてをりまやみこ恭

  • つまみたる子猫のなんといふ軽さ眞理子

  • 猫の子の眠りおる間に針仕事円豆蚕丸

  • 瓦礫から仔猫とけふを掬ひとるまんぷく

  • 筒抜けの個人情報子猫飼ふみい

  • 猫の子よいづれが骨を拾はうか三浦金物店

  • 値札つく子猫つかない子猫かな三浦にゃじろう

  • 爪研いだところで所詮猫の子で帝菜

  • 姿見の片隅にをる子猫かな三上栞

  • 猫の子や石段の吾を呼び止めり三崎扁舟

  • 生きているぬめぬめとして猫の子が三島瀬波

  • 陽だまりの影に飛び付く子猫かなみずたにかえん

  • 玄関の箱の子猫はコワレモノみずたにほうえん

  • 猫の子の爪とぐ今朝の日刊紙水野やや

  • 駅裏を酔いどれ詩人孕猫みづちみわ

  • 猫の子に人形一つ買ひにけり三ノ瀬 竜太郎

  • 猫の子に好かれて辞めづらいバイト光峯霏々

  • スケート靴に拾ふや捨てられし子猫満る

  • 網小屋に仔猫の聲の産まれけりみなと

  • 軽トラの揺り籠猫の子の眠り港のパン屋

  • 猫の子の毟る教材園の花南風の記憶

  • 預かりし猫の子もりの一日かなみやかわけい子

  • バスタオルもろともすべり落ちる子猫宮坂暢介

  • 猫の子を描く砲撃受けし壁にみやざき白水

  • 猫の腹さぐり仔の数確かむる宮武濱女

  • 猫の子を抱く六十回払いとし宮部里美

  • 仔猫跳ぶスーパーボールの高さほどみやま千樹

  • 猫の子やマシュマロを抱き眠るごと宮村土々

  • 猫の子と語学講座のテキストとミラベル

  • 猫の子にだけは高級缶を買ふみわ吉

  • 猫の子をこぼさぬやうに蘇生の夜麦のパパ

  • 猫の子の去つて胡坐の広さかな椋本望生

  • 幹に爪立てる子猫のずり落つや無弦奏

  • 猫の子のきのふ日差しに怯えけり向原かは

  • 猫の子の鳴けば消え入りさうな顎森の水車

  • 不届きも褒めたおされている子猫森山博士

  • 鈴ちりりちり猫の子の伸び縮み山羊座の千賀子

  • どうしよう猫の子ゆめをたべちゃった簗瀬玲子

  • 掌の迷ひ仔猫の軽さかな八幡風花

  • 猫の子の作り出したる時間哉ヤヒロ

  • 猫の子の爆ぜり積読のしじまを山河穂香

  • 「猫の子」と書く欠席の理由欄山川腎茶

  • 乳吸えぬ白き猫の子もらひけり山口 絢子

  • 放るランドセル猫の子来る日なり山口たまみ

  • 仔猫あげてしまったミィが見ている山崎のら

  • 納屋の陽のぬくみだけ吾も猫の子もヤマザキコウシ

  • うらうららまだみずとも胸に子猫山崎鈴子

  • 猫の子や光となりて走る走るやまさきゆみ

  • 猫の子の身を裂くようになく夜半山下青灯

  • 猫の子の声ある辺りにミルク置く山田啓子

  • まばたきの子猫光はこそばいか山田蹴人

  • 猫の子へ子猫と子猫とてとてと山田蚯蚓

  • 猫の子が空を見てゐる新居かな山月恍

  • 子猫抱く瞬きほどの重さなり山野麓

  • 親のごとく猫の子看るハスキー犬山彦一水

  • 臍の緒の濡れて子猫と呼ぶべきもの山本先生

  • 猫の子や洗ひたてなる綿毛布唯果

  • 猫の子は白平成は遠ざかる祐宇

  • 貰ひ手のいて猫の子に名はつけず柚木みゆき

  • 屑籠にあそぶ猫の子収集車が来るよ雪井苑生

  • 取り込んだタオルへ猫の子のダイブ雪音

  • 猫の子の倒す猫の子すぐ起きてゆすらご

  • 親猫のかお朧なる生後十日ゆめの常盤

  • 名付けたる子猫を残し嫁ぎ行く夢実

  • 厠への廊下は暗し子猫鳴く湯屋

  • まだ神の声を聴きをる子猫かな宵猫

  • 吾輩は猫の子であるしかも黒陽光樹

  • 十パーの消費税込み仔猫買ふ羊似妃

  • 脚あるを識らず猫の子鳴くや鳴く横縞

  • 猫の子の皆起きてゐる月9かな吉川拓真

  • 仔猫棲むタートルネックは一昨年の吉田郁

  • 猫の子を胸の谷間に女優A葦たかし

  • 猫の子の舌舐りや既に猫吉武茂る

  • 猫の子のじゃれる中庭ガン病棟吉田びふう

  • 我が臓腑与へるやうに仔猫抱く吉行直人

  • ほほずりに壊れそうなる子猫かな余田酒梨

  • 女子大寮の舎監室から子猫かなラーラ・K

  • 仔猫また兄より奪ひ返したるRUSTY=HISOKA

  • 猫の子や落ちては登るみかん箱楽花生

  • 桟橋の木目を舐める子猫かな羅点

  • 猫の子や心のなせる恋その他リーガル海苔助

  • 猫の子や今朝は薄目に描く眉毛梨音

  • 人見知る子猫あんがい器量良し柳絮

  • 乳房より遠き仔猫を貰ひけり烈稚詠

  • 器量よしを後輩にやる子猫かな蓮花麻耶

  • 歯医者待つ硝子戸越しの猫の子や紫雲英田

  • 猫の子の伏し目がちなる夜の底連雀

  • 戦争を見たる子猫のよく跳ねるローストビーフ

  • 督促状踏み付けてゆく猫の子らわかなけん

  • 猫の子や乳ほとばしる心地せり若林千影

  • 猫の子のG音で鳴く不安かな若宮直美

  • 猫の子や修道院のワイナリー渡辺桃蓮

  • 廃屋に猫の子百グラムの息笑笑うさぎ

  • うみどりを仰ぐまなじり孕み猫天風

  • 砂袋めく孕猫ねえと鳴き五郎八

  • 孕猫たっぷたっぷと歩きけり大庭慈温

佳作
  • 猫の子と覚えたての算命学藍雅凛

  • 鼠のやうな子猫乳吸ひ生きてゐる青居舞

  • 猫の仔の運命決める阿弥陀籤赤尾双葉

  • 潰されてゐる猫の子の頭蓋骨赤馬福助

  • 猫の子やまだ見えぬ金脈暴く赤間学

  • まぶしいの猫の子もらす陽の光空家ままごと

  • 猫の子や鍵盤踏みて「シ」を奏づ秋吉和紀

  • 猫ん子は好かんばってんしょんなか秋吉孝治

  • 愛犬のお乳むさぼるノラ猫の子麻の実薫

  • 猫の子の重み感じず母眠る麻場育子

  • 猫の子の目にうつし世の魂吸はるあたしは斜楽

  • 微睡みて猫の子剥がして現へ帰る数多未完

  • 猫の子の宇宙呑み込む大欠伸雨戸ゆらら

  • 人の怖さをまだ知らぬ子猫かな荒一葉

  • この仔猫他所でも名前持ちぬべしありいかな

  • 猫の子よお前も来たか今世に在在空空

  • 凹凸の胎の空洞猫の産アンサトウ

  • ユングなら子猫の夢も解きほぐす杏っ子

  • 猫の子の顔じゅう口の大あくびいたばよしこ

  • 猫の子や虎の記憶の残りしか伊藤亜美子

  • 猫の子や名前もらひて浮世の子井中ひよこ号

  • 捨て仔猫に見つめられし目罪を負ひ井上幸子

  • 猫の子や余生が足らぬ指折れど植田かず子

  • われ聞けぬ音に猫の子連れさらる靫草子

  • 等身の乳瓶抱いて猫の子や宇野翔月

  • 猫の子よぶばった奴を鳴かせるか吽田のう

  • 猫の子をひと目と集ふ放課後追師うさぎ

  • 猫の子と来世も会おうと約束すおでめ

  • 猫の子にミサイルニュース子守歌小山田之介

  • 陽は猫の子の口より出でたりし海瀬安紀子

  • 猫の子や震える足で大地知る花純

  • 猫の子の明日は別れる母猫と亀山逸子

  • 息子とは似つかぬ声に子猫抱くかもめ

  • ミルクまみれ猫の子と古希の吾木村かおり

  • 渇望や大の字脚に仔猫あり休広忌

  • 猫の子のあくびを風が運びけり紀友梨

  • 猫の子や素振り百本夜明け前京野秋水

  • 猫の子の里親探し出がらし茶黒田良

  • 咥えられ脱力浮力子猫かなクロまま

  • 猫の子や目に入れられるわけがない鯨野

  • 猫の子や乳首競って安堵する月昭

  • 猫の子のとなり猫の子猫の子や研知句詩@いつき組広ブロ俳句部

  • 猫の子の黄金螺旋に丸まれり剛海

  • 猫の子に足のぼられる闇の森榊昭広

  • 仔眠らばやっと目閉づや孕む猫坂島魁文

  • 抱き比べ譲り受けたる猫の子よさ乙女龍千よ

  • 眼が合って吾を飼い主とした子猫さかたちえこ

  • 子猫飼う約束決めて吾子駈ける坂本千代子

  • ひとみに空を遊ばせ子猫かなさくら亜紀女

  • 乳探し吾子と猫の子育ちけり櫻井こむぎ

  • 最期まで世話させてくれ猫の子よ櫻井弘子

  • 猫の子の来て兄貴ぶる三歳児さくら悠日

  • 毘沙門に出でよ猫の子福となれ桜よし榮

  • 一生を子猫三日と換えてよしさこ

  • 猫の子の幻想は君の部屋にある迫久鯨

  • 猫の子の湯たんぽ程のここちかな品川笙女

  • 猫の子の瞬・緩・急や好奇心しぼりはf22

  • 老女には重き缶詰猫生まる清水明美

  • 猫の子や爪を構へて牛の鼻清水縞午

  • 迷ひ子猫困つてしまふ駐在所清水容子

  • 妻の死後猫の子の完食早し下丼月光

  • 猫の子と猫の子ねむる昼下がり庄野酢飯

  • 夜独り茂みざわめかせ猫の子四郎高綱

  • 怖さなど知らぬ猫の子父を追う白とり貝

  • 指先のつぶ餡喉へ猫の子に新城典午

  • 分家行く猫の子のまだぎこちなき新濃健

  • 吾を見たり微かな媚びで猫の子の森牧亭遊好

  • 捨てられし猫の子うちのヤンチャ者すう枝

  • 猫の子の名づけ親にと促され杉尾芭蕉

  • 猫の子のどの子の足ぞ船溜り杉田梅香

  • 儘ならぬ眼暗澹たるや猫の子の朱崎月乃

  • 爪を研ぐこの子猫の子この世の子鈴木勝也

  • 独り身を弄ばれし仔猫あり青児

  • 猫の子やクロとブチとは兄妹で瀬央ありさ

  • 銃撃のニュースに耳たつ猫の子や平たか子

  • 猫の子のうち四匹は残されず平良嘉列乙

  • 吾子が我の子と抱く子猫高石たく

  • 幼子を何ぞといぶかしむ仔猫髙上ちやこ

  • 猫の子に鼓動と匂ひ温かい高岡春幸

  • 傷なんぞ舐めて治すや孕み猫高木音弥

  • 猫の子の声の割れ物注意なる高田祥聖

  • 拾われた子猫うっかりコックリを高橋基人

  • 猫の子の大地を知らぬ肉球よたかはし薫風

  • あたいは猫の子ゆえに爪を研ぐ高橋裕樹

  • 猫の子や目の開くまでの掠れ鳴き高橋ひろみこ

  • 猫の子の温もり恋うか掌田上コウ

  • 子猫らの眼開く星団光りだす多々良海月

  • 猫の子はこぶ母のやわらかい足立花かおる

  • 猫の子や重力の無き庭駆くる辰野史会

  • 撫で声の膝で良かったなあ子猫たていし隆松

  • 猫の子や愛しき爪に殺気あり田中紺青

  • 猫の子は風船持って誕生すたなばたともこ

  • 猫の子の右手ぱくりと食らいたく谷相

  • ダイヤにも雌雄のありて猫生まる玉木たまね

  • 産みおとすぬれた猫の子ねのびしてちくりん

  • 猫の子や野ゆるむ兆し見え隠れちっちのきも

  • 物憂げや眉毛の首相めく仔猫千風もふ

  • 猫の子は屋根裏を掻く深夜辻ホナ

  • 猫の子と目が合い親となる覚悟津々うらら

  • 猫の子の無垢さゆえの肉薄つづき

  • 桐箱の名入れ子猫の髭ケース綱川羽音

  • 猫の子や莫迦ほど好む火薬の香椿こちょすけ

  • 猫の子の五百グラムの命かな津本晶

  • 猫の子や姉妹戯る篭の内弦巻英理華

  • 猫の子の瞳は地中海彩のして泥亀

  • 猫の子や守衛と二人寛ぎしデイジーキャンディー

  • 猫の子や兄弟姉妹坩堝かな哲庵

  • 碁石めく窓辺に並ぶ猫の子らトウ甘藻

  • 三毛猫の子ねこ幽けき福の三毛遠峰熊野

  • 猫の子やさぬきの山はみなまろし独星

  • 出来立ての豆腐のごとく仔猫かなDr.でぶ@いつき組広ブロ俳句部

  • 指よりこぼれお前は水か猫の子よどくだみ茶

  • 目薬や開いた猫の子目のくるりどこにでもいる田中

  • 猫の子や吾の背に小さき爪の痕杼けいこ

  • 羸痩の祖母とびっこを引く子猫とんぶりっこ

  • 殺戮の真っただ中にも猫生まる中島葉月

  • 猫の子にアフロディーテの恋指南中島走吟

  • 穴すべて手で探りみる仔猫かな中嶋敏子

  • 猫の子のねず鳴きするに首傾げ中西歌子

  • 猫の子やときにグロテスクでありぬナカヒラヤスシ

  • 猫の子の一人歩きは愉しけれ中平保志

  • 猫の子の膝に甘える重さかな中山白蘭

  • 猫の子に軍手人形黄泉の伽夏雲ブン太

  • 猫の子ののぼりおりする老母の膝二和田躬江

  • 猫の子や破談の入籍前夜野村詩織

  • ぴたぴたと地球をはたく子猫かな長谷機械児

  • 目の合ひて値踏みするがにこの子猫蜂鳥子

  • 猫の子の夫に似てきし内弁慶花南天あん

  • 猫の子や親の背伸びに転び落ち花野

  • 猫の子や鋸ひく父の力瘤はなぶさあきら

  • まだ芽出ぬホストと黄昏る子猫かなぱぷりかまめ

  • 語られぬ傷こそあらめ孕猫早坂尚輝

  • 子猫の手まあるく母を探しをり林田りこ

  • 吾を食ふと指をはむはむ子猫かな林山千港

  • 猫の子の肉球はただ天を踏む原水仙

  • 猫の子やトイレしつけの先延ばし春爺

  • 猫の子ら遊ぶや軽し毬になるはるる

  • 五匹選り猫の子二匹拐わるるHNKAGA

  • 雨上がり猫の子つまみ宿かえる榛名ぴぐもん

  • 猫の子のぴいよぴいよと鳴きにけり坂内二度寝子

  • 信号待ち風に漂う猫の子の声檜垣桃ノ木

  • 猫の子におもちゃにされし供花の葉東原桜空

  • 乳にほふ子猫股間に五輪観しひぐちいちおう(一応)

  • 猫の子ら鉢から溢れさうな晝菱田芋天

  • 猫の子や鼻先までもよろこびてひしぬままき

  • そっけない息子の膝に猫の子よ日吉とみ菜

  • 拾い来し仔猫を抱く子のまなざし平井千恵子

  • 猫の子は百鬼夜行の夢見るか弘友於泥

  • 名駅の路地新参の子猫かなふくじん

  • 子猫の眼宇宙広がりつつ目やに福田陽子

  • 譲渡会人を信じぬ子猫かな藤原訓子

  • フッ素とは優しき元素子持猫藤田流歌

  • 香箱の子猫ポルシェの風情かなほこ

  • 猫の子やまだ爪しまえぬ小さき手星雅綺羅璃

  • 注射器を吸ふ音かすか猫の子よほしの有紀

  • 母を求め泣く私と猫の子と星みどり

  • 猫の子の世に遊ばんとぞ生まれけり細見康子

  • 残された寿命をはかり子猫飼う堀卓

  • 子猫なれど小鳥を狙ふ構へして堀隼人

  • 猫の子の掌の上にもこもこほんだ鹿の子

  • 猫の子や時計の針の早きこと眞さ野

  • 掃き掃除猫の子丸く囲いけりまたあ

  • 幸わかつ仔猫の舐る指の先町田勢

  • ショップの子も野良の子も猫の子なのに松島美絵

  • 猫の子に好かれやうやく好々爺まつとしきかわ

  • 文豪の墓に微睡む子猫かな松本修

  • まだ開かぬ子猫の目尻我も母松本牧子

  • 猫の子が猫の子産んじやつたドラム缶まどん

  • ねむいねむい猫の子ねむい鉄格子睦月くらげ

  • 放課後の独り占めなる子猫なりむねあかどり

  • 末つ子が決めた名前に鳴く子猫無恙庵閑酉

  • 猫の子を手提げにのど飴を口に村上牛蒡

  • 猫の子の詩になりそうなまあるい目紫けい

  • みゆみゆと出来立ての声捨仔猫紫小寿々

  • 灰色の迷路の街や子猫鳴く村瀬っち

  • 猫の子ゐる区役所の通用口むらのたんぽぽ

  • 子猫の名いうびん受けに書き込まんメレンゲたこ焼き

  • 猫の子が踏む新聞の「露侵攻」茂木りん

  • 最果ての終着駅の孕み猫momo

  • 猫の子の去りて冷たき膝の上桃香

  • フランス語のように猫の子遊びおり百瀬一兎

  • ぼんさんの胸より覗く子猫かな百瀬はな

  • 猫の子の声のはつかになりゆきぬももたもも

  • 猫の子やマシュマロ色の欠伸して杜まお実

  • 猫の子の乳白色を捏ね回す森毬子

  • 濡れそぼつ子猫の映る鴎の目森佳三

  • 乳を飲む子猫背骨が暴れたさうもりさわ

  • 猫の子の声絶ゆ窓の雨しずくもりたきみ

  • 吾の脚は木ではないのだ猫の子よ森中ことり

  • 我輩は猫の子名無しお家無しまるいあんこ

  • 猫の子や黙食の指示受け入れるまろんママ

  • 猫の子や強き母の目右左mia

  • 猫の子や自然界に直線無し澪つくし

  • 猫の子や売れる売れない岐路にをり三茶F

  • 束の間と知らずに押しくら猫の子らMrふじやん。

  • 猫の子の真っ直ぐな目線無視した日みなみ奏

  • 猫の子を飼いませんかとメール来るみなみはな

  • 猫の子や黒鍵跳ねる指赤しみほめろ@いつき組広ブロ俳句部

  • 猫の子や分水嶺のひとしづく美村羽奏

  • 猫の子や掟ほがらか漁師町宮井そら

  • 三匹の子猫おまえは貰われず都乃あざみ

  • 猫の子の声が二つと減りにけり雅乃珠晃

  • 角まがり出会う猫の子尾も曲がり美蓮

  • 猫の子に遺影の父の笑いたるムーン貞子

  • 猫の子があとずさりするひよこの手霧想衿

  • 仔猫抱く指を心臓ぷくぷくと目黒千代恵

  • 猫の子や親は背を舐め尻を舐めモコ

  • 凛として女児は仔猫の母となる望月ゆう

  • 胎動を枕に眠る猫の子や本村なつみ

  • 段ボール箱そこは猫の子捨てる場所森佳月

  • 地球儀くるくる廻す猫の子の手森日美香

  • 猫の子や新生活に持たす椀森田祥子

  • 寄りしスマホ光り猫の子とびあがる痩女

  • 猫の子やお尻とんとん哺乳瓶柳井るい

  • 猫の子の跳ねてくすぐつたい地球山内彩月

  • 命の弾き歩き出した猫の子山口

  • 木登りの順番もあり猫の子や山口香子

  • 好奇心持つは子猫のじゃらけかな山口雀昭

  • ゴツゴツの胡座の中の仔猫かな山育ち

  • 集まりし猫の子の尾を踏むおやつ時山野花子

  • 猫の子は私の心撫でていく山本康

  • 猫の子の尻にすべての収まれり遊羽女

  • てのひらの猫の子笑ふやうに鳴く有野安津

  • 手のひらに仔猫山もりなる鼓動宥光

  • 子猫犇めく手足頭をごちやまぜにゆうま

  • サンキャッチャーのひかり掴まんと跳ねる猫の子ユ綺

  • 一点を見つめる子猫しとの時宙美

  • 茜さす穴空き障子子猫かな陽花天

  • 闇猫の子の病み猫の子の闇に横浜J子

  • 猫の子やわんぱく坊主父となる横山雑煮

  • 猫の子ら競り負く三毛の尻を押す吉田静波

  • 猫の子や街は我が庭野性の子吉藤愛里子

  • 仔猫来て祖母呪いの香を炊くよみちとせ

  • 猫の子や天井裏から誰を呼ぶかY・りこ

  • 猫の子や首輪の色で知るおうち夜紫遠

  • 猫の子の毛色を数えて日は暮れずラバー・ダック

  • 猫の子を被り即席ロシア帽流流

  • わが足を擽りゐたるは猫の子良俗倭人

  • 猫の子の五匹小箱にみっちみちるんやみ

  • 昼下がり舟漕ぐあぐら子猫乗せ麗詩

  • ひらがなになりぬ猫の子五時の鐘れむ

  • 猫の子の顔半分の目玉かな和光

  • 四散する猫の子集めまた集めわたなべいびぃ

  • 猫の子の一丁前なる威嚇かな渡辺香野

  • 脛の傷猫の子の数掛ける三321ちいに

  • リハビリを揃って目で追う猫の子らANGEL

  • すがりつく仔猫の目力老い詫びる吉田ばあば

  • 里親なり子猫を掌にのせるS.幸子

  • 寡黙の夫膝に子猫のことば湧くあ・うん

  • フミフミし母乳想う猫の子よあいあい亭みけ子

  • 猫の子と手まり取り合う吾子二歳愛華沙羅

  • 目の開かぬ濡れた猫の子迎え入れあおいなつはやて

  • 足を引き猫の子咥え母の矜持青橘花

  • 孫受験終わり猫の子じゃれまわり青空太陽

  • はぐれしかひとり鳴いてる子猫かな大竹八重子

  • 町中の噂の子猫オッドアイ青田奈央

  • かぎつこのおやつのねこのこのおやつ青に桃々

  • 陽だまりに毛繕いする子猫の手青によし

  • 日の当たる廊下じゃれ合う猫の子ら赤い実

  • 猫の子も親を見習い野良になり赤子沢赤子

  • 猫の子の跳ぶ本能のまま身軽茜むらさき

  • 猫の子や生殺与奪は親に訊け赤松鴨

  • 猫の子の体寄せ来る一夜かな赤間学

  • リモートの子猫膝した昼下りacari

  • いっぱしの伸びにあくびに猫の子は明惟久里

  • 駐車場段ボール中身は子猫聰子

  • 目を閉じて鳴けぬ仔猫や始発前彰乃泉

  • 六月目にサクラネコとす猫の子ら秋乃さくら

  • 猫の子は積み藁の中産まれけり秋代

  • 乳を揉み全身で飲む仔猫かなアクエリアスの水

  • 縁側の下から子猫の目二つ芥茶古美

  • ワルツきき跳ねるや猫の子うらやましあけみ

  • 冷えた指息かけた先猫の子あけみ君

  • びしょ濡れの子猫をのせる母の膝あさいふみよ

  • 目のあかぬ猫の子あまた秤のせ淺野紫桜

  • よちよち歩き猫の子よあぁ可愛い亜紗舞那

  • 猫の子のぼやりほやわり毛先かな芦幸

  • 人を追うペットショップの子猫の眼あじさい卓

  • 猫の子は悪さの上から飛びついてアシツノカラ

  • 日曜はパジャマ猫の子腹に乗せあずお玲子

  • 猫の子の重なり合うてふみ合うて飛鳥井薫

  • 更けゆく夜猫の子眠るたなごころあすなろの邦

  • 猫の子よ自宅待機を楽しげに麻生ツナ子

  • たなごころの中猫の子もぬくぬくあそぼ葉

  • 猫の子やお前生国何処也跡部榮喜

  • 猫の子のいとおしく寄りてくる阿部典子

  • 猫の子や愛犬に寄り喰ふメモリーsakuraa.

  • 猫の子の人懐こさは生きる術朱頂蘭

  • 猫の子よ母の居ぬ間に冒険かアマリリスと夢

  • 砲弾に怯える子猫塀の下網野れいこ

  • 猫の子の鼓動を頬に手のひらに雨霧彦@木ノ芽

  • ぴくっぴく微睡の仔猫の耳よ雨李

  • やはらかな陽射しもこもこ猫の子と新多

  • 寄り添いて眠る子猫のへいわかなあらら

  • 碧き眼に安き風吹け猫の子よ蛙里

  • 猫嫌いの我に間をおく子猫かな有本俊雄

  • 掌の柔き子猫は壊れそう杏樹萌香

  • 猫の子がアイミティー嗅ぐ後ずさる飯田淳子

  • 猫の子に名前をつけぬ罪背負う飯村ヤンキ

  • 猫の子は六つ子飼い主募集中井形順子

  • 猫の子の鳴くさめざめとゴミ置き場粋庵仁空

  • 猫の子よお前も親と逸れたかいくたドロップ

  • 猫の子を優しき人にもらひけり生野薫

  • 猫の子のやがて失う目の碧さいくみっ句

  • 若き母猫の子膝に笑み溢れ池愛子

  • 猫の子の絶える事なき爪のあと池内ねこバアバ

  • 猫の子の大冒険やお仏壇いけのまりも

  • 亡き犬の器猫の子集めけり池ノ村路

  • 膝上の子猫に添ふる指の皺イサク

  • 猫の子のひいふうみいよ慈しみ石井秀一

  • 看取るまで決意新たに猫の子や石岡女依

  • 我が足に絡む猫の子遊歩道石川巴里

  • 猫の子の目も開かぬまま間引かれて石倉啓子

  • 猫の子の声高に鳴く一匹よ石崎京子

  • 我先に猫の子陣地確保する石島多久山

  • 猫の子で束の間鬱々を忘れ石の上にもケロリン

  • 猫の子のピアニッシモに揺れるひげ石間毅史

  • 猫の子を掬う少年譲渡会石間裕子

  • 猫の子のつぶらな瞳吾を映す石本美津

  • 猫の子は鏡の前でニラメッコ泉恵風

  • いつまでも猫の子を抱く母亡き子泉明月子

  • 猫の子ら威嚇真似ごと背をくの字泉梅子

  • 猫の子に毎回同じ名つける母石動胡盧巴

  • 法要や猫の子じゃれる数珠の房遺跡納期

  • 鎌倉に仔猫の通ふ文学館磯野昭仁

  • 喉鳴らす子猫のお腹まだ地肌磯部三郎

  • 猫の子じゃれる鼠しづかに屍に一井蝸牛

  • 稽古後のLINEタイムぞ仔猫らや市川りす

  • 無愛想に寝てる猫の子値の高し いちご一会

  • 幼子を敵と眺む子猫かな一太郎ラン坊

  • 猫の子の耳の向き変え肉食獣一秋子

  • 猫の子やピンと高き尾日向ゆく一本槍満滋

  • 仔猫来て世話焼きたげな母の犬いづる葉

  • 猫の子や今は微睡むだけで良い井出奈津美

  • 猫の子の潤むまなこの母は野良伊藤順女

  • カーテンにぶらさがるまま寝る子猫伊藤節子

  • 猫の子や巴里に生まれて巴里に死す伊藤れいこ

  • 猫の子が言葉を喋ると動画見せられイトートア

  • 籠の中猫の子オスのお腹揉む稲垣由貴

  • じやんけんの子らや子猫の世話係伊奈川富真乃

  • ショップの子猫坐骨神経痛の私いなだはまち

  • 猫の子を捜す張り紙真新し稲葉こいち

  • 子猫追ふ横断歩道松葉杖稲葉雀子

  • 細き声猫の子何処に河川敷伊縫音々

  • 白き養生布猫の子許す手伊吹はたき

  • 手を貸してコロナつぶしに猫の子よ今井和子

  • 箱の中貰い手探す猫の子よ今井保夫

  • 猫の子の毛を梳く日々や帰省待つイマスノリコ

  • 生垣に子猫団子になってをり井松慈悦

  • 予報士の球追いかける子猫かな今西知巳

  • 膝の子の膝に猫の子四畳半妹のりこ

  • 猫の子の毛色それぞれ含む乳入江幸子

  • 靴紐にじゃれる猫の子足重く彩人色

  • 手の中で生を教える猫の子よゐろをふくむや

  • 公園のベンチは猫の子の宇宙岩木順

  • いつの間に野良猫の子よ家の姫vivi

  • 五十センチずつ跳ぶ鴉追う子猫ういろ丑

  • 猫の子の猫と知りてか猫招き植木彩由

  • 猫の子の糞の臭や見えぬ影上田次郎

  • 猫の子はまだら模様に生まれけり上野鈴女

  • 姉ちゃんと猫の子二匹命名し兎ト

  • もう片方の子猫選ばず当たり宇田建

  • 街灯よ猫の子見捨てし我照らす宇田の月兎

  • 寝すがたの卍巴や猫の子等内本惠美子

  • 段ボール猫の子見るは光闇現新人

  • 休日の朝スマホより猫の子卯花かろん

  • 名がついてもらわれてゆく猫の子や海口竿富

  • 猫の子や廊下に響く産声よ海乃ももみ

  • 猫の子や乾燥機を待つ暗闇海葡萄

  • 猫の子にラッロラッロと口鳴らし梅井さきこ

  • 数独の解けぬ縁側なく子猫梅里和代

  • ゴツンゴツン猫の子五輪カーリング梅原宏茂

  • 体温をわけあって寝る子猫かな浦野紗知

  • 急降下のからす蹴散らし子猫抱く麗し

  • 子と仔猫共にたゆたう夢の舟江川月丸

  • 猫の子の鳴き声切な母求め越後縮緬

  • 我が猫の子美くし貰い手さがす江藤薫

  • 懺悔なり野良の子猫を捨てしこと江藤真治

  • 猫の子の瞳に映る未来かなえぬひよこ

  • 万歳し寝入る子猫の笑み愛し海老あまびゑ

  • 洗面の野良の猫の子黒き水笑姫天臼

  • 孫たちと猫の子らとのにらめっこえみばば

  • 姉にだけなつく子猫や罪ふかし江見めいこ

  • 不器用に子猫らなりに毛繕ひえりべり

  • 哺乳瓶子猫に飲ます山羊の乳円美々

  • 猫の子も嬰児も寝顔に陽が零れ遠藤一治

  • 猫の子が明日生きる目し虫食らふ遠藤百合

  • かわいいは飽きたと欠ぶ猫の子よ遠藤玲奈

  • 仔猫のまんまる目に左官屋負ける旺上林加

  • しがみつく仔猫に決める譲渡会淡海かこ

  • 食細き子猫へ運ぶ小さき匙近江菫花

  • 猫の子を抱き締めているひとがいる大石聡美

  • 猫の子や子猫子猫のミルフィーユ大泉まる丸

  • 猫の子やふくらみひかる刺繍糸大紀直家

  • 猫の子の純な心を我欲しや大島一声

  • 猫の子や勝てさうもなし眠気する大嶋メデ

  • 猫の子や吾に懐くはお前のみ大谷如水

  • スーハーと猫の子嗅ぎて陽の匂ひ大塚恵美子

  • 保護部屋をスーパーボールめく子猫大槻税悦

  • みかん箱の子猫のミルク乾きをり大槻正敏

  • 階段の猫の子またぎ行く子らや大野静香

  • 懐に猫の子温しランデブー大野喬

  • 子猫もう弾んでいるよ何匹も大野美波

  • 路地裏に猫の子一列母強し大原妃

  • 猫の子頭痛腰痛解けていく大道真波

  • 猫嫌い子猫は別とそっと抱く大村朱希花

  • 鈴緒引くすり寄る子猫の肋骨大谷一鶴

  • 爪研ぎも買って猫の子待ち焦がれ大山きょうこ

  • くるくると猫の子日常の未完大和田美信

  • 選ばれて猫の子かごに入れられて岡れいこ

  • 猫の子が飼ってとせがみし雨の中岡崎俊子

  • 猫の子はさかり声より生まれたり岡崎見風

  • 猫の子のジャンプは未だ未完成岡田明子

  • 新米といじめられるな猫の子よ岡田瑛琳

  • 猫の子が乳をまさぐり奪い合う岡田恵美子

  • 猫の子のふにゃなる体手でつつむ岡田ぴか

  • 猫の子が眠る廊下にさすひかりおがたみか

  • 得意気にタンス天辺子猫鳴き 岡塚敬芳

  • 乳もとめ仔猫の綿毛震えおりオカメインコ

  • 猫の子や纏わりつきし孫五人岡本

  • 猫の子の自由過ぎる小さきドア丘るみこ

  • 哭け仔猫吾もなほこの世に狎れず生く小川天鵲

  • 保護仔猫好む餌前の暮し知る小川野雪兎

  • 猫の子の潤み目愛しキトンブルー小川葉月

  • 子猫あそぶ遺品整理の段ボール小川都

  • 貰い猫の子老婆踊らされ奥田早苗

  • 猫の子になめられ和らぐ不合格奥の昼行燈

  • 看板の猫の子招き店盛る小倉藍朱

  • 猫の子やトイレットペーパー微塵おぐら徳

  • 猫の子に犬派も目尻下げにけりおざきさちよ

  • 指すする子猫にささやくわたしママお品まり

  • ずっとこのままなんて無理か猫の子尾関みちこ

  • 猫の子の覗く夜勤の窓五階小田虎賢

  • 猫の子のこゑ聴きながら闇に座す小田慶喜

  • 猫の子の快癒知らずに吾を治癒乙華散

  • 爪立てて離れがたしと捨て仔猫小野寺さくや

  • 猫背みて姿勢を正す親猫かなおひさま

  • 猫の子を猫背で種火のごと抱くオペラ座の俳人

  • 猫の子やスポイトちゅっちゅ生きようぞ沢瀉

  • するすると猫の子吾子のスリッパにおんちゃん。

  • 猫の子のゴロゴロ聞こゆ平和かな菓果

  • 仔猫らのじゃれ合う声もカストラート諧真無子

  • 猫の子と庭で散髪される亜子海音寺ジョー

  • 猫の子の世界床下30センチ快晴ノセカイ

  • 猫の子よ寂しきひとり恋慕う械冬弱虫

  • 猫の子よ去り行く命の間にて海堂一花

  • 着古しの肌着にじゃれる仔猫あり海碧

  • 鈴カステラ取りてイクメン父親猫諧真無子

  • 猫の子に姉の顔する末娘海路

  • 猫の子とあの子のこのこ家路つくかえるL

  • 天荒れて襤褸の子猫の鳴く中洲火炎幸彦

  • 猫の子のピンと立ちたるしっぽ見え案山子@いつき組広ブロ俳句部

  • おたがいのまわたにくるまる猫の子よ柿野宮

  • 猫の子や給水塔に鳶柱風早みつほ

  • 飼えぬ歳店で猫の子見て我慢梶田美保

  • シャッター音カメラ引っ掻く猫の子よ鹿嶌純子

  • 子猫跳ぶ弾けっぱなしの好奇心柏原淑子

  • 猫の子のひげ先ミルクの珠ひとつ風ヒカル

  • 猫の子らのせれば膝を取り合わん桂子涼子

  • 猫の仔や脛と親元の行き来して加藤雄三

  • 猫の子に親は誰かと問うてみた門上延広

  • 猫の子の足音三三七拍子かなえの

  • 猫の子の大きな黒目くるんくるかぬまっこ@木ノ芽

  • 吾の膝の新聞の上黒仔猫金子真美

  • 親猫に寄り添う猫の子愛おしい神谷司

  • しがみつく猫の子はらい親ばなれ亀井汀風

  • 猫の子のカラスに追われ石のごと亀せつこ

  • 猫の子の二匹空き家の門に居る亀田稇

  • 島の猫の子素パスタは大盛り亀の

  • 逆立てる毛も仔猫らし威嚇声亀山酔田

  • 野晒の仔猫尸肉と生命噴き唐草もみじ

  • 子猫抱き家族会議が始まります加良太知

  • 廃屋の片付け子猫宿無くしカラハ

  • 八つ時や眠る仔猫と添ふ仔猫果禄

  • 猫の子我に伝へし瞳の奥川端芙弥

  • 猫の子や尿出す力まだなくて川村記陽子

  • 猫の子のつり上がりし目路地の野良カワムラ一重

  • 猫の子に猫の子のぼり母の乳勘八

  • 猫の子の擦り寄り離れ安堵つつ紀杏里

  • 猫の子や青き眸の小宇宙季々諧々

  • 猫の子や我が家で一番下僕持ち菊川寝ん猫

  • 輪を作り二匹の子猫昼寝中酒暮

  • 猫の子や親もお前も吾も嗄声季切少楽@いつき組広ブロ俳句部

  • 猫の子の指めいっぱい開きけり北大路京介

  • 猫の子や舐められてまた舐められて北国はな

  • 猫の子のため息一つ外は雨北の36号

  • 尾を追って猫の子いつまで風車北野剛

  • 猫の子をあやせる母の姿かな北藤詩旦

  • 猫の子のくんずほぐれつ猫だんごきた実実花

  • 猫の親貰わるる仔を舐めわたる北村崇雄

  • 猫の子やじゃれあふそばに野良の母北村修

  • 猫の子とうちの息子とばば昼寝木野まち

  • 野良子猫目を合わせずに急ぐ帰路きべし

  • 眼の開かぬ猫の子ひげをひくつかせきみえは公栄

  • 猫の子に孫と聴かすねこふんじゃった木村かわせみ

  • 猫の子が渡り初めするブロック塀木村修芳

  • 目を交わす子猫我が家に連れ帰る木村波平

  • 猫の子の訴える眼土手の下木村ばーば

  • 猫の子がアイドル歌手の名を名のるQさん

  • 乳飲み子を守る親猫鬼になる教来石

  • きやうだいの重なり合うて子猫かな清瀬朱磨

  • 固体から気体へ昇華子猫鳴く清永ゆうこ

  • 猫の子の組んず解れつ三巴菫久

  • 猫の子につめは凶器と説教す銀髪さむえ

  • 飛び跳ねてすとんと眠る子猫かなくぅ

  • 独り寝の夜に温もり足す仔猫空龍

  • 猫の子ら母の胎にて守られり草豆

  • 家ネコか野良か猫の子の親ガチャ葛谷猫日和

  • 母猫は子猫を守り我を噛む楠田草堂

  • 猫の子よあちらの隅か物置か朽木春加

  • 猫の子の「子」のとれる日の早きかな工藤帽子

  • 猫の子のひとかたまりに睡りをり工藤遊子

  • 手の平にちんと納まり仔猫かな國吉敦子

  • 砂の海いっぴき歩む子猫見ゆ窪田睡鯨

  • 陽だまりの祖母と猫の子夢心地球磨太郎

  • 猫の子の背にいろいろのラテアート眩む凡

  • 子の悲鳴と逆毛立てたる猫の子と紅さやか

  • 立ち話うわさの子猫庭を往く黒瀬三保緑

  • 母追いてソファー登れず鳴く子猫桑田栞

  • 猫の子やころり吾が子と日向ぼこ桑田さなえ

  • 雄鶏に追はる猫の子脱兎のごと桑原和博

  • 猫の子の真ん丸まなこ真っ直ぐにくんちんさま

  • 猫の子にもう追いつけぬ母の足桂月

  • まりを追う猫の子の手のカリカリと景清華

  • 猫の子の手まで借りると手間が増え欅山四十八景

  • 猫の仔の踏んで奏でるピアノかな健央介

  • 大鼾太鼓腹揺れて猫の子紫雲英

  • 猫の子の瞳にひそむ獣の血ケンG

  • 猫の子は団欒会議土遊ぶ源氏物語

  • 猫の子は十六日で目が開きて戀戀戀

  • 猫の子も光る目したり鳥を追う郷りん

  • 手のひらの猫の子我はパパになる紅紫あやめ

  • 猫の子の熱き命や手のひらに柑たちばな

  • 猫の子の逆さに見ゆる世界かな香田ちり

  • ねこの子や哺乳器吸ひて空を揉む紅茶一杯

  • 猫の子と流れる空を見あぐ君こうやこう

  • 猫じゃらし飽きてふて寝の子猫かな宏楽

  • 灯消せば音のみ跳べる仔猫かな幸織奈

  • 庭子猫子猫子猫にまた子猫古賀ちん

  • くぅくぅと居寝し子猫の蹴るボール古烏さや

  • 友人の猫の子茶トラ茶トラ三毛こけぽて丸

  • 猫の子の眠りにみとれ時忘れココヨシ

  • 顔洗ふ子猫一匹道祖神小嶋芦舟

  • あちこちと親は猫の子目で追ひぬ小杉泰文

  • 猫の子やテニスボールの音弾む後藤三梅

  • 猫の子のあくびうつりし昼下がり来冬邦子

  • 猫の子やケージの向こうに主待つ小鳥乃鈴音

  • 舐められ子猫のモヒカン高々粉山

  • オッドアイの猫の子頼る魔除けかな小林㐂七

  • 草むらで猫の子何やらキャッチせり小林のりこ

  • 猫の子が鎹となる老夫婦こひつじ@QLD句会

  • 猫の子は猫缶と行く明日は晴れこむぎ

  • 猫の子をせせなぎ落ちて拾ひけり五郎島金時

  • 涙して娘の懇願の手に仔猫ころころ

  • 親別れ甘噛み知らぬ猫の子よ斉実篤

  • 猫の子よ来世は鈴のある家に西條恭子

  • 猫の子の声も潤めるこの夕べ齊藤真理

  • 毛糸玉転がし転げ子猫かな齋藤夜明鳥

  • 尾曲がりの猫の子戯れる坂の街宰夏海

  • 猫の子や下校途中の子らの声坂内里桜

  • 猫の子の狙い定める紐ゆれる相良まさと

  • トロ箱に島の猫の子寝転びぬ咲弥あさ奏

  • 猫の子のキトンブルーや母を追うさくやこのはな

  • 子猫飛ぶ投げた靴下命中す桜静

  • 鳴き声が耳に響くよ猫の子も佐倉たかしろ

  • 部屋探検こけつまろびつ猫の子よ桜姫5

  • 猫の子ら集うみどりのボンネット笹おいけ

  • 猫の子のじゃれきて履けぬスニーカー笹かま

  • 猫の子や多重飼育のインタビュー紗々

  • 猫の子や母のおっぱい隠しけり幸子.S

  • ねこの子のてのひらピンク陽の匂いさっち

  • しかたなく貰ひし仔猫名はミーコ佐藤恒治

  • 猫の子や部屋を巡る大冒険佐藤俊

  • 残雪に猫の子の足跡梅の花里海太郎

  • しろがねの子猫拾いし黒毛成る佐藤里枝子

  • 目覚めゆく筋肉猫の仔のジャンプ澤田紫

  • 文明堂の懐かCM的子猫澤野敏樹

  • 猫の子の泣くは遠くの孫想う澤埜正明

  • 猫の子の泣いておるなり段ボール山椒の実

  • 高鼾吾子と猫の子客間にてジェントルASANO

  • ほぼまなこ子猫の見上ぐ虚空かな塩沢桂子

  • 目覚めたか猫の子ぐーんとのびをして塩原香子

  • やれ先と猫の子乳をめがけ行くしかの光爺

  • 猫の子が飛び乗るテーブル魚有り時間餅

  • 猫の子の耳はピクピク授乳中紫檀豆蔵

  • 保護子猫仮の名呼ばれ大あくびじつみのかた

  • 猫の子や足おぼつかず影おびえ実本礼

  • 猫の子と見て見ぬふりの腕時計柴森爽

  • 真夜中のここに居るぞと猫の子の島じい子

  • 頸噛まれ今はおとなし猫の子よ縞子勾苑

  • 憂しや猫の子抱きあぐるか母性は島田あんず

  • 寄り目して猫の子振り子見つめゐし嶋田奈緒

  • 黒き帽隠れているや白子猫嶋良二

  • 六号の鍋ぎゅうぎゅうの仔猫かな霜月詩扇

  • 娘が巣立ち猫の子迎え活き返るジャスミン

  • 猫の子も親選べずに産まれけり秀耕

  • コンフォートアクセスや猫の子散らす日曜日柊ニ

  • おやつ見てバタバタ走る猫の子よ秀道

  • 庭に来る野良猫の子の目に涙寿春

  • 猫の子が全身使ってパーを出し獣羅

  • 猫の子やカチューシャみたいな耳をして順之介@QLD句会

  • 猫の子や寝伸びし夢に好奇心祥風楽

  • 猫の子やバドミントンの羽根が好きショートケーキ

  • 猫の子も母のぬくもり探し鳴くジョン爺

  • 猫の子のこれほど軽き命かな白井百合子

  • 猫の子の青い瞳で見る世界森羅万象

  • ウクライナ何を見てるか猫の子は酔軒

  • 猫の子のまなこに宿るけもの道杉浦あきけん

  • 陽当たりて猫の子丸し白黒茶杉浦真子

  • 猫の子の路地の日向を好みをり杉森大介

  • 猫の子もうちの子と言ふ老夫婦杉山博代

  • 猫の子やいまだ懐かぬ父ひとり杉柳才

  • 猫の子と孫の手と三月うさぎ鈴木パンダ

  • 猫の子や小さき命つづくごと鈴木暮戯

  • すんすんと仔猫嗅ぐ足夫の足清白真冬

  • 猫の子や乳足りて小さき大の字鈴野蒼爽

  • 猫の仔人の子まどろみ育つ日々須田幸絵

  • ぎゅっとしたい吾子と猫の子ねいき和音素敵な晃くん

  • 5階まで猫の子密輸エコバック静江

  • カートン箱揺れて猫の子鳴き疲れ晴好雨独

  • 猫の子に里親選ぶ第六感せいしゅう

  • 猫の子の掌に乗る軽さかな勢田清

  • 猫の子や主人と共にデブ猫へ成長中ミキディ

  • 猫の子や新居のドアをしゅしゅりかり星夢光風

  • 猫の子や黒板塀のあちら側瀬尾白果

  • ねこ子猫誰の君の子宇宙から瀬紀

  • 色違う猫の子並び乳首吸う瀬戸ティーダ

  • 猫の子や駆けずりおえてへそ天に仙台駄菓子

  • 初孫と二人目の子と猫の子と曽我真理子

  • ノラ猫の子いつか来るやとエサ備蓄そしじみえこ

  • 黒猫の子の一となるシーツかな外鴨南菊

  • 片耳の子猫パッチのピアノカバー泰山

  • 猫の子の母呼ぶ声を風呂で聞く高木タツオ

  • 猫の子や英語教えし二十年たか祥

  • 仏壇の前にまろ寝の子猫かな鷹之朋輩

  • 猫の子は母の元にて夢を見し高橋聖花

  • 猫の子に物欲しそうに見つめられ高橋光加

  • 忍び足見上ぐ子猫と目が合いし高見正樹

  • 車体の下の猫の子やこつちこい高山佳己

  • あけ初めし碧き眼よ猫の子よ竹口ゆうこ

  • 猫の子や這い出しのぼるダンボール竹中阿弥

  • 跳ね起きてギューっと猫の子背を伸ばし多胡蘆秋

  • 猫の子や魔性の影のうっすらと黄昏文鎮@いつき組広ブロ俳句部

  • お向かいの猫の子我家で戯れる多田ふみ

  • 死にたる仔抱きて港や猫の産ただ地蔵

  • ソロソロと臭い嗅ぎ嗅ぎ子猫くる多田のイソヒヨ

  • 猫の子のまるまりし舌の温さに橘乎夏

  • 猫の子の父より強き存在感橘萌香

  • 仰ぎ見る猫の子散らす風吹きて橘路地

  • 何見てる陽だまり猫の子の夢は田鶴子

  • 家族会議ねこの子の名を決めにけり蓼科嘉

  • 猫の子の踏みつ踏まれつ箱の中立部笑子

  • 猫の子やくるりくるくる日もすがら立山はな子

  • ブロック塀から猫の子の声夕日差す田中勲

  • 猫の子や吾の足元にすり寄りぬ田中洋子

  • 猫の子やワインひと口飲みにけり田中善美

  • 公園の猫の子降られ傘もらひ谷口あきこ

  • 猫の子に無視され我の居場所ナシ谷口美奈子

  • 目の開かぬ子猫の目指す乳八つ田畑整

  • 猫の子やいつの間にやら住み着いて玉井令子

  • 口あけてまだ目のあかぬ子猫かなたむらせつこ

  • 野良猫の子が寄り添える縁の下田村モトエ

  • 置き去りに首伸ばし鳴く子猫かな田山我舟

  • ダンス練に混じる仔猫や2pacダンサーU-KI

  • 猫の子に鰹節付けてチャオ付けて知恵さん

  • 猫の子を抱いた巻き毛のカナダの子知音

  • 猫の子の名前が議題学級会千歳みち乃

  • 婆ちゃんの膝が定位置子猫寝る千葉睦女

  • 絨毯を彩る仔猫さまざまにちゃんこダイエット

  • 子猫にして立派な野良の厳しさよ衷子

  • 猫の子やニの並ぶ日の大あくび長楽健司

  • ごみの中仔猫鳴くひたすらに鳴くちょぼ鶉

  • 猫の子はピンクの球で夢手繰るチロリン

  • 猫の子の来て賑やかし家居かな対馬清波

  • 猫の子の手を借り遊ぶ日暮れかな堤善宏

  • 主なき家や親猫振り返る津幡GEE

  • 顔を上げ目が合う俺と猫の子ら鉄模写

  • 猫の子の土管の奥の赤目かなてまり

  • 高き値ぞ増すや子猫の気品つと天童光宏

  • 猫の子や都庁はウクライナカラー東京子

  • 猫の子やぴょこんと跳んで仁王立ちときめき人

  • 猫の子の毛玉のやうにあつまりし徳田和良

  • 猫の子や葉陰の奥の猛り声十津川ポロ

  • 腹を見せ遊びをせがむ子猫かなトットリくん

  • 生き抜いた子猫が扉切り開く十音

  • 団子めき重なる子猫雨ぽつり戸部紅屑

  • 猫の子の後を猫の子餌の時間冨川友香理

  • 草とりの母の背に乗る子猫てべ冨川精子

  • 猫の子の声色小夜の雨宿り斗三木童

  • 生臭き子猫業深き人間富野香衣

  • 猫の子をかくまふ子等の秘密基地Tomo

  • 猫の子やごっこ遊びの高き声登盛満

  • 一番ぶろ猫の子の声響きをり内藤未来仁

  • 猫の子の一日のんべんだらりとし内藤由子

  • 猫の子の跡辿る孫追う翁naoki

  • 走り去る眼鋭きはらみ猫中嶋京子

  • 咲く笑顔私通りこしねこの子へなかじまみなこ

  • 幼児の後つけ歩く猫の子哉仲田蓮謙

  • 屋根裏に猫の子産まれ出て行く子中中

  • 猫の子が寝ながら走る夢一夜みょんみょん

  • ねこの子は社務所のまん中まんまるに中村こゆき

  • 子は巣立ち猫の子遊ぶ子供部屋中村まさあき

  • 猫の子や前へ前へと羽生獅子夏空なみ

  • 駅降りて子持猫見て我に問う夏藤涼太

  • 外敵に子猫守りし鋭き目夏目坦

  • 雨の日の猫の子今じゃ牢名主浪速の蟹造

  • 庭渡る白き子猫や碧眼のなみ夢めも

  • みな柄の違ひて子猫手放せず奈良素数

  • 猫の子や鼻先光る乳の粒生美

  • 今の世は鼠を見ざる子猫かななんじゃもんじゃ

  • 猫の子連れて帰ろか雨の夜新潟中川思案

  • 猫の子のチラとも見ずに通り過ぎ新美妙子

  • 猫カフェの猫の子じゃれる首飾りにいやのる

  • そっと待つ猫の子震えミルク飲む二階堂恵

  • 猫の子のくんずほぐれつ午後三時西村小市

  • 峠道ダンボールの中猫の子二上松風

  • 猫の子を妬む還暦ストレッチ庭野環石

  • 爪パーの大事な猫の子の匂い沼沢さとみ

  • 猫の子は人差し指にやっとグータッチねがみともみ

  • 猫の子の足踏み愛し親思う猫野ふく

  • Zoom越しご飯欲しがる猫の子や根々雅水

  • ミルク入り注射器や猫の子へ濃厚エッグタルト

  • 猫の子の人の子知らぬ若夫婦脳裏雪

  • 猫の子が丸く伸びして綿の爪野口雅也

  • 猫の子よステイホームで人気もの野中泰風

  • 仕舞い風呂や猫の仔先に床の中則本久江

  • 猫の子の眼艶めくラピスラズリはくたい

  • 猫の子の肉球ぷよん爺ふにゃりパクパクポンタ

  • 猫の子も瞑想中の厠かな橋爪利志美

  • 猫の子を懐深くすごむ親波止浜てる

  • 猫の子の澄んだ瞳に頬緩み一まどか

  • 段ボール仔猫に手紙添えてあり馬笑

  • 猫の子や修羅にうまれてみやおと鳴く長谷川水素

  • 涙目に猫の子かかえ吾子帰る長谷島弘安

  • 野良猫が子猫咥えて窓辺かな働き蜂ちえちゃん

  • 猫の子に値引き交渉聴かれをりパッキンマン

  • 母さんにはないしよ茂みの子猫に餌はなあかり

  • 猫の子や兄は弟毛づくろい花岡幸嗣

  • 猫の子と会わずに過ごすこの二年はなおかひろかず

  • 冷たいね猫の子歩く雨上がり花岡浩美

  • 乳母車婆と子猫は日溜りに花岡淑子

  • 猫の子は愛され方を知つている花咲明日香

  • カラス避け母待つもとへ子猫急ぐ花咲みさき

  • 子猫の眼半年後には悪女だね花和音

  • 「風に吹かれて」罪なき猫の子の瞳はのん

  • 猫の子にこっそり餌の老女かな羽馬愚朗

  • 親見かけぬ猫の子を横目に去る馬場勇至

  • 猫の子が一人よちよち雪道に林和志

  • 門前に猫の子捨てる輩達原善枝

  • 孫のごと我の膝上に猫の子よ原島ちび助

  • 猫の子よまだ見えぬ目に何を見る針子のネコ

  • まどろみの母猫子猫陽の光haru.k

  • 猫の子のころころとなく子守唄ばんしょう

  • 猫の子の駆ける漁村や朝日さすひーたん@いつき組広ブロ俳句部

  • 日溜まりの猫の子団子おやつ前ひーちゃんw

  • 猫の子の骨柔らかきするり抜け東山たかこ

  • バスケットよりひょっこりと猫の子ら光源爺

  • ずぶ濡れの猫の子の目のつぶらなり樋口ひろみ

  • ふかふかと気持ち高まる猫の子ね美泉

  • 猫の子の薔薇色の目に未来ありヴィッカリー趣乃

  • 猫の子や夫婦の会話弾みけり英丸

  • 子猫の名決めたる家族会議かな氷室茉胡

  • 猫の子の目にきらきらと星うつり雛子なな

  • 人臭さ仰向けに寝る子猫かな平岡花泉

  • もて余す時間陽だまり猫の子と平松一

  • 日溜りの犇く仔猫団子めき比良山

  • 寄せ木のごと身を寄す猫の子の四つ廣重

  • 猫の子の何匹いるか団子なす広島立葵

  • 猫の子や五色の毛糸転がりぬ琵琶京子

  • 猫の子も人を選るや不等号風慈音

  • 土手に箱仰ぐ子猫の五六匹風泉

  • 猫の子は金の成る木で雨よけて深川佳子

  • 猫嫌ひとて猫の子に癒されて深町明

  • 来世は子猫になりて厭離穢土深見節子

  • 媚もせず戯れもせで仔猫の己深蒸し茶

  • 首輪つけ野良の子猫は我が姫に富久

  • 吾が指をしゃぶる猫の子目をつぶり福川敏機

  • YouTubあちらこちらで猫の子愛で福田悦子

  • かくれんぼパキラの陰の猫の子や福弓

  • 片目無き猫の子吠える庭の隅ふくろう悠々

  • 庭先に猫の子今朝はホットミルク藤井聖月

  • 黄昏に眼で縋る仔猫を抱く藤井眞魚

  • 猫の子やくんずほぐれつ甘えんぼ藤川雅子

  • ウェブ会議課長の前を仔猫過ぐ藤倉密子

  • 子子子子子子みうみう細き声ふじこ

  • 猫の子の髭をミルクの滴りて藤咲大地

  • 玄関に子と子の友と子猫かな藤田ゆきまち

  • 我が道はなくて子猫の気ままかな藤乃雪

  • 猫の子を追いかけて母何処へやら藤林もずく

  • 猫の子の柔さ温さに戸惑う子藤連翹

  • 猫の子やアンタに浮世を任せたし船橋こまこ

  • 縁側の猫の子ふわり花化粧布野悠乃

  • ネコよけのボトルしまう午猫の子や冬水常

  • つぎつぎと伸びする伸びる猫の子ら古川シアン

  • 猫の子が強面男とろけさすヘッドホン

  • 猫の子にミルクやる娘や赤線街へなけん

  • 猫の子も島人となり防波堤ベニヤサン

  • 猫の子や四十路の母性覚醒すべびぽん

  • 猫の子と老犬の声が青空に溶け芳水るびい

  • 草むらでぐちょぐちょ頭猫の子だ房総たまちゃん

  • 路地の闇子猫の瞳三つ見え墨純

  • 籐かごに猫の子五匹ひしめけりぼくのはね

  • 猫の子の変幻自在の声音かなぼたんのむら

  • 猫の子が纏わりつく餌やりの背堀江弘子

  • マシュマロのごと猫の子の肉球は堀越K子

  • 猫の子がスリッパ片方隠しをり堀邦翔

  • 閑散も猫の子遊ぶ女人街香港ひこぞう

  • 望まれず残りし猫の子のびのびと凡々

  • 猫の子は首咥えられ観念すほんみえみねこ

  • もしかしてノラ猫の子の色を見てma_tant.

  • 毛糸玉眠れる猫の子ら二匹前田冬水

  • 猫の子や五人姉妹の物干し場茉叶

  • 猫の子のあっちもこっちも笑顔にし槙由梨子

  • シーソーで猫の子弾み陽が伸びてまこと(羽生誠)

  • パパ買うてワタシのために仔猫買い正岡丹ん

  • 猫の子に横文字使い命名す正岡恵似子

  • 猫の子やか弱き鳴き声母何処雅蔵

  • 猫の子の首吸い閉じる目で笑む子まじかにゃんちょろう

  • 猫の子のリボン五色名の代わり増田蓮華

  • 猫の子の乳を争い串団子松井酔呆

  • ダンボール明日は捨て猫になる子猫松岡マツリ

  • 母の三毛子猫咥えて急ぎ足松尾祇敲

  • 黒真珠見つめ可愛い子猫かな松下斗環

  • 猫の子や作業の邪魔に癒しあり松平武史

  • 猫の子や投球止めてランニングまつたいら西

  • 猫の子よくるしゅうないぞ近うよれ松高網代

  • 猫の子の怯えてゐたりダンボール松田文女

  • 猫の子や乳の順番待ちの朝抹茶子

  • ほほ赤く初々しき猫の子抹茶海瑠來

  • 雨宿りするとりどりの猫の子ら松野蘭

  • パンフ買う猫の子の名はシラバブだ松本寿泉

  • 鳴き声は裏の古鍋猫の子満ち満ち待雪みほこ

  • 親猫の声まね子猫招き寄せ真理庵

  • 猫の子の跳ねて潜って段ボールまりい@木芽

  • ペットショップの猫の子親ガチャ○エツねも

  • 下校時の河原箱の中の仔猫丸佐

  • 赤んぼの爪猫の子の舌ピンク丸山隆子

  • 猫の子は顔いっぱいに口あけて三浦ユリコ

  • 猫の子は人類たらし増殖す水川ほうえん

  • 子猫らの耳の印や地域猫mr.kikyo

  • 猫の子は人たらし力内蔵す水谷かえん

  • 猫の子は診察台でフリーズす水乃江辰

  • ポケットに猫の子隠しお手伝い巳智みちる

  • 空き箱に今治タオル子猫かなみちむらまりな

  • 四面楚歌眠れぬ夜に鳴く子猫美月舞桜

  • 我が家の犬も子猫も子のごとし光子

  • 猫の子の三つそれぞれの丸さかなみつれしづく

  • 子猫また猫へケースのがらんどう南方日午

  • 猫の子や差し出す右手威嚇する湊かずゆき

  • 猫の子もじゃれ合いながら成長す湊弘

  • 猫の子も花壇見歩く路地を抜け見屋桜花

  • 猫の子や見つけて欲しくて泣いているみやこ

  • 猫の子の陽だまりの毛の柔らかさ宮田恵里

  • 掃除機をかければ猫の子わらわらと宮原みかん

  • 競り合って乳飲む子猫足縺れ美山つぐみ

  • 猫の子拾う缶コーヒーほどの温もりや宮村寿摩子

  • 抜け毛吸ふルンバの上に猫の子は

  • ボンネット内の天国野良子猫夢雨似夜

  • 夫なきあと我が家に来たる猫の子育つ夢民庵世々

  • 猫の子ののこのこ寝こむ樹の根っこ武者小路敬妙洒脱篤

  • 猫の子のひたと見つめる籠の外武藤裕治

  • 煤だらけ子猫のひげも焦げる朝宗像次郎

  • 無防備の瞳で負かす猫の子や村井美木

  • 猫の子の横断歩道をひた走る紫野胡蝶蘭

  • 西日差し芝生とじゃれる子猫かな村のあんず

  • 陽をあびてじゃれあう猫の子守る親名扇初江

  • ラージヒルの飛行に戯れる仔猫かな暝想華

  • 猫の子やジャンプ短し尾は長し望月朔

  • ねこのこの並ぶにくきゆう玻璃戸越し本山喜喜

  • 午睡に誘う猫の子の腹小波椛楓

  • 猫の子の売り物でゐる辛さかなもり桂

  • 猫の子を探す吾子のよちよち歩きもり葵

  • 猫の子の鳴き声止みし夜半の月森谷拓之

  • 開かるは車恐れぬ猫の子よ杜若友哉@はなばた俳句会

  • 啼き声は迷いし猫の子庭にいる諸岡萌黄

  • もういいかい猫の子だけのまあだだよもろ智行

  • 咥えられ行く猫の子の首の皮八重葉

  • 玄関の段ボールには猫の子が八木実

  • 子猫とて雨の予感や顔洗い矢口知

  • 猫の子の命たしかに手のひらに柳川耀一郎

  • どう生きるダンボールの中猫の子やのかよこ

  • 爺の愛猫の子妬いて孫を掻く山木戸兆舞

  • 猫の子や空地の奥の古タイヤ山口一青

  • 猫の子や肉球振って紐を追うやまだ童子

  • 猫の子や今はうるさいだけになり山田文妙

  • 猫の子の通し土間より声のする山薔薇

  • 猫の子を囲み声高通学路山辺道児

  • 猫の子の肉球撫でし微睡みて山本蓮子

  • 声ひそめ吾子は猫の子見つめをり山吉白米

  • 猫の子の鳴き声いつか止みにけり遊泉

  • 猫の子ら番台飛び出し添い寝かな雪ノ下青観

  • 子猫の目オモチャじゃれつきクルクルとゆずり葉

  • 廃屋に猫の子の声細かりし柚木啓

  • 猫の子ら自己アピールのダンボール弓原トーヤ

  • ぐるぐるとしっぽ追う追う子猫かなゆりのゆき

  • 猫の子よしっぽ追って転げまわるようこそ、ゲストうえのさん

  • 猫の子の首はみ帰る母強し夜香

  • 陽だまりにばあばじいじと猫の子と横田信一

  • 猫の子の目の開く頃は寮住まいよこやままさよし

  • 猫の子や飼ってやるから福招け吉哉郎

  • 猫の子やミルク掬いし舌の性よし季

  • 猫の子や闇夜が割れる一声によしぎわへい

  • 銭湯の帰りに猫の子の慈顔れむ

  • 猫の子や猫の日挙式はや五年四葉の苦労婆

  • 瞳孔に人たらし立つ猫の子やラタタタム

  • 猫の子や飽きずに尾で遊びけり鈴音

  • 猫の子やこの子の父はいずこかな若林鄙げし

  • 鈴の音窓を開ければ猫の親わきのっぽ

  • 床下に猫の子の声聞く深夜海神瑠珂

  • 猫の子や耳まで裂ける大あくびわたなべすずしろ

  • 猫の子や子のまま猫の子のままで渡邉竹庵

  • 猫の子の肉球の下にはカマキリ渡辺ヤスコ

  • 猫の子や家族見つかる譲渡会渡辺陽子

  • 猫の子の穢れなきパンチ空振り渡邉わかな

  • 草むらや猫の子眠るゆりかごか和の光子

  • 猫の仔にお手玉遊び切りもなし吾亦紅

今月のアドバイス
夏井いつき先生からの一言アドバイス

◆お願い
●俳号には苗字を!

○俳号とは、その句が自分のものであることをマーキングする働きもあります。ありがちな名、似たような名での投句が増えています。せめて、姓をつけていただけると、混乱を多少回避することができます。よろしくご協力ください。


●俳句の正しい表記とは?

  • この子どこ 誰の子どもか 猫の子かうちゅ。
  • 猫の子が・ミルクの匂い・母の傍奥原邦敏
  • 猫の子も うまれた時から 別の道
  • 猫の子は ペルセデゥスの 金貨なりギザギザ仮面
  • 猫の子の 明け方の声 朝日呼ぶ研さん
  • 親猫も 子猫逃走 タフマンよ西垣まゆみ
  • 寂しがり 子猫を抱いて 夢語る芽森

○「五七五の間を空けないで、一行に書く」のが、俳句の正しい表記です。まずは、ここから学んでいきましょう♪


●前回の兼題

  • 福寿草包む両手の陽射しかなず☆我夢@木ノ芽

○季語「福寿草」は、前回の兼題。(全部で10句ありました。)〆切時間に遅れてしまったか……。


●文字化け

  • 猫の子のごと?まり立ちの決めポーズ幸内悦夫

○ネット投句の宿命というべき、文字化け。残念……。


●一句一季語から練習

  • てのひらにのる猫の子や春炬燵桐野鈴子
  • 猫の子と一緒にうとうと日向ぼっこ関根和子
  • 猫の子も春を迎えて独り立ち高橋紀代子
  • 親猫の 手を借り足借り 除雪かな忠臣蔵市之助
  • こねこどもこたつじんどりにゃんまり旭川主婦みこりん
  • 首都降雪報猫の子は台所山田一予
  • 病院の庭で猫の子春日向裕子

○一句に複数の季語が入ることを「季重なり」といいます。季重なりはタブーではなく、高度なテクニック。季重なりの秀句名句も存在しますが、手練れのウルトラ技だと思って下さい。まずは「一句一季語」からコツコツ練習していきましょう。


●季重なりながら……

  • 子猫飼う目標決めし新入社員遠藤波留
  • 待春やまだ蒲公英も猫の子も柘植雅一

○むしろ新社員の句、むしろ待春の句というべき二句です。


●兼題とは

  • マイナス10水抜き必須かな小嶋優子
  • 野を歩く 春田撫づ風 肌寒し駒さん
  • 春野菜箱いっぱいの親の愛新米ママ
  • 芽吹く枝 寂しさ乗り越え 春まぢかタカシ
  • 値段より 顔より何より 愛嬌や誰がバカボンなのだ~
  • 鬼は外今年は思わずコロナ外でえくのぼお
  • 姉嫁ぐ遠く野焼の香の辛し弁女

○今回の兼題は「猫の子」です。兼題を詠み込むのが、本サイトのたった一つのルールです。

  • 若草の中を行進四兄弟伊東美樹
  • 掌で必死に生きてにゃーと泣き笠江茂子
  • 庭先につぶらな瞳見かけぬ仔服部たんぽぽ
  • 頸咥え茶トラを運ぶ三毛の母森下薫

○これらは、猫の子のことを念頭に作られた句だろうと推測はできるのですが、季語「猫の子」という言葉が入っていません。

  • 安産と 娘と猫を 祈る日々あんず
  • 恋敵猫の世界も春ならば池谷勝利
  • 悶々と丑三つ時に猫の声いた津
  • お隣のボス猫またまた腹ふくる市場さと枝
  • 猫にゃぁーと鳴けば姿も愛くるし大島すみ子
  • 猫の手を借りて整うマイルームお寺なでしこ
  • アロマ連れ隣の猫の証拠かな果音
  • 吾はラビアメショーブラックスモーキー辻由美
  • 我が猫は子は成さん日向であくび灯火
  • 御作法を仔らに教える猫の手や成瀬悠
  • 花の幹見て黒猫の目と合ひぬ西村鈴代
  • 猫五匹 シングルマザー 育ており村上照葉
  • 迷い猫拾い育てし家猫に蓮風

○「猫」という言葉は入っていますが、季語はあくまでも「猫の子」なのです。

  • 恋猫を怒鳴りし吾の声を恥じ河上輝久
  • 肉球の汚れを隠す猫の恋吉田わさび

○「恋猫」「猫の恋」は、独立した別の季語です。


●これは季語ではない……

  • 猫の子の剥製撫でる神父かな蒼天

○猫の子の剥製って……生きてないのですから、季語とは認められません。


●喩えとしての「猫の子」

  • 猫の子と戯れるごと花の舞立野音思
  • 猫の子のごとく吾の名を呼びし子ら玉木雅代
  • スキップの目力猫の子のごとく哲山(山田哲也)
  • 昼下がり猫の子のごと膝まくら
  • 猫の子のやうなわが家の三兄弟野田鮎子
  • 猫の子のやうな五黄の寅も居て瑞季ゆうな
  • 猫の子のぬくみにも似た午後の部屋麦畠案山子

○言いたいことも、お気持ちもよく分かるのですが、季語を比喩に使うと、季語としての鮮度が落ちます。

ご応募はこちら

5月の兼題

「滝」

過去の審査結果

俳句生活TOPへ戻る