夏井いつき先生の俳句生活

夏井先生のプロフィール

夏井先生のプロフィール

夏井いつき◎1957年(昭和32年)生まれ。
中学校国語教諭を経て、俳人へ転身。俳句集団「いつき組」組長。
2015年初代「俳都松山大使」に就任。『夏井いつきの超カンタン!俳句塾』(世界文化社)等著書多数。

ご応募はこちら

6月の兼題

「短夜」

11月の審査結果発表

兼題「冬凪」

あけましておめでとうございます!11月の兼題「冬凪」の結果発表でございます。今月も夏井先生からの「今月のアドバイス」は必見です。21年11月の兼題「冬の海」は、暗く冷たく厳しい海のイメージでしたが、「冬凪」のような、寒いながらもつかの間ほっと息をつける海もあるんですね。1月の兼題「春待つ」もふるってご応募ください。

「天」「地」「人」「佳作」それぞれの入選作品を発表します。

天
冬凪やボード置き場にまよひ蜂

大久保加州

夏井いつき先生より

 風が強く吹き、海が荒れることの多い冬。そんな中にも、風がおさまり波が穏やかになる日もあります。それが「冬凪」。分類としては天文の季語になります。
 上五「冬凪や」は、嗚呼なんとも気持ちの良い冬凪の日だなあ、という詠嘆です。中七「ボード置き場」の「ボード」は、サーフボードだと読みました。季語に含まれる「凪」の一字の印象が、海を思わせるからでしょうか。
「冬凪」の日ですから、海は平らか。サーフィンには向かない今日の海です。手入れでもするかと、ボード置き場に近づいたのでしょうか。「まよひ蜂」が、ボード置き場の方へ飛んでいくのを見つけたのかもしれません。
 勿論、季重なりですが、主たる季語は「冬凪」。弱々しい冬の蜂も、その陽気に誘われて飛んできたのでしょう。「ボード置き場」にいる「まよひ蜂」を描くことで、季語「冬凪」を表現。季語の位置づけが明確で、季重なりのお手本のような一句です。

地
冬凪の手放す船へ撒く神酒

妹のりこ

 まさに今日が、船を手放す日。「冬凪」の日射しは、これまでの感謝の気持ちのように「手放す船」を包んでいます。船へ撒く神酒に、船主の気持ちが滲みます。平らかな海も、船を労るかのようです。

冬凪やざりざり滾る塩の釜

樫の木

 冬の風が吹き荒れる浜での製塩は過酷ですが、今日は「冬凪」。海水を煮ている「塩の釜」の滾る様子を「ざりざり」と表現したのが巧いですね。塩の濃い臭い、手触りなど、五感を刺激するオノマトペです。

冬凪の匂いでモスラいいヤツで

一斤染乃

「冬凪の匂い」を感覚的に捉えようとしたとたん、飛び込んでくるのが「モスラいいヤツで」という変化球。「モスラ」は巨大な蛾。たしかに平和を愛する冬凪のような心をもった怪獣かも、と妙に納得(笑)。

冬凪いで鰓の名残りの耳かしら

シュリ

 穏やかな「冬凪」の日は、自分の耳が「鰓の名残り」のように思えてくるのです。「凪」の一字がもたらす海への郷愁でしょうか。鰓の名残の耳には、遠い海の咆哮がかすかに聞こえてくるのかもしれません。

冬凪や手のひらは平らではない

葉村直

 嗚呼、気持ちのよい「冬凪」の日だよと、何気なく己の掌を眺めているのです。「手のひら」というが「平らではない」よ、という小さな気づき。しげしげと眺める掌は、今日の海のような穏やかさです。

人
  • 冬凪の空はからからして青い大津美

  • 冬凪ぎぬ綱に巻かるる烏賊の足あ・うん

  • 冬凪やピッチカートのチェロ弾み愛華沙羅

  • 冬凪やあの黒松まで泉佐野相沢薫

  • 冬凪の掘削の音響きけり愛燦燦

  • 冬凪の湾白々と工場群あいむ李景

  • 冬凪や鞄にくたびれた辞表青井えのこ

  • 冬凪や満艦飾の旗を読む青井晴空

  • 先に死ぬ兎のぬくみ冬凪いで青川紅藤子

  • 冬凪や一人を護送する二人蒼空蒼子

  • 冬凪に帰り支度のセロ弾きは青田奈央

  • 冬凪や海に月への橋架かり青砥転典

  • 冬凪やいったん預けてある涙青に桃々@いつき組俳句迷子の会

  • 冬凪や何か忘れたような今日あおのめ

  • 退職の後もワイシャツ冬の凪蒼鳩薫

  • 冬凪やベテルギウスの赫々と赤尾てるぐ(旧まがりしっぽ)

  • 冬凪は照魔鏡君が映った赤馬福助

  • 冬凪や漬け物なれたか倉の中acari

  • 冬凪の無音やうみのまったいら秋白ネリネ

  • 冬凪やエンジン臭はいつまでも昭谷

  • 冬凪の夜の広さをおそれけり秋野茜

  • 冬凪や建網いそぐ伝馬船秋山らいさく

  • 冬凪やモルヒネ効いて眠る父あさいふみよ

  • 冬凪や津波到達点の黙朝雲列

  • 冬凪や胡麻の香むわり小豆島朝月沙都子

  • 浜へ撒く辛めの酒や冬凪ぎぬ字土街海

  • 冬凪や人力飛行機の軌跡あさぬま雅王

  • モノクロの冬凪げる波すり寄せり淺野紫桜

  • 冬凪を丘から見てる車椅子麻場育子

  • 冬凪ぎてずんと浮力を無くす空芦幸

  • 冬凪やどんと留まる雲の海葦屋蛙城

  • 冬凪を背に朝粥の加賀屋かな梓弓

  • 冬の凪人を集めて暮れにけり阿曽遊有

  • 冬凪や抜錨の音高らかに愛宕平九郎

  • 冬凪や鬢付け匂ふ博多の夜あたしは斜楽

  • 片目なる銀貨の天使冬凪ぎて足立智美

  • 冬凪や港に停戦の夕べあたなごっち

  • 冬凪に魚籠をたづさへ老教師あつちやん

  • 冬凪やガントリークレーンぎぎぎat花結い

  • 冬凪ややうやう取れし子の内定渥美謝蕗牛

  • 冬凪や工場夜景に人の影あなうさぎ

  • 懐メロはサビ凍凪のツーリング阿部八富利

  • 冬凪や背に傷もつ兎抱く天風月日

  • 冬凪や元寇殲滅碑にハートあまぐり

  • 冬凪や友の死を告ぐ友の声雨戸ゆらら

  • 冬凪に臨む駅舎の待ち合わせあまねくみぞれ

  • 冬凪へ溶かしてしまふ父の骨あまぶー

  • 冬凪やターキーの骨煮出す夜網野れいこ

  • 冬凪のピークは三時頃でせうあみま

  • 冬凪や抗がん剤を始める日雨李

  • 冬凪の底をひりひり錆びるもの綾竹あんどれ

  • 冬凪やシュレディンガーの猫達者荒井類

  • 冬凪の湾は全面滑走可あらかわすすむ

  • 冬凪や一時帰宅の車窓より新多

  • 冬凪や菜に塩まぶす昼の暇蛙里

  • 冬凪や瞼に霰粒腫ころりありあり

  • 冬凪や空へ息するコンビナート有本仁政

  • 冬凪は余計なことを思い出す在在空空

  • 殉教の忌や冬凪の波止にひとりアロイジオ

  • 冬凪や「漂流ポスト」の返信アンサトウ

  • 冬凪や河口の流れ躊躇わず安寿

  • 冬凪や海神のかく大いびき安春

  • 冬凪や離職票異議有りに〇飯村祐知子

  • 冬凪や父の骨めく貝を拾ふいかちゃん

  • 二両編成終点は冬凪ぎて池之端モルト

  • 冬凪や漁師のお婆の味噌煮込池ノ村路

  • 海鳴りを星の聲とす冬凪ぎてイサク

  • 冬凪の西にひかりの小さき罅いさな歌鈴

  • 冬凪を囲ふガラスといふ流体石井一草

  • 冬凪の島の部活のスーザフォン石井茶爺

  • 心音を再生冬凪の赤子へ石垣

  • 冬凪やポーズボタンの色褪て石崎京子

  • 冬凪や竿に当たりの無くて暇石塚彩楓

  • 冬凪焦れてER搬入口の朝石の上にもケロリン

  • 冬凪に百億年の星集い石間毅史

  • 冬凪や妻の機嫌のビバルディー磯野昭仁

  • 栞挿すかがよふものに冬の凪石上あまね

  • 冬凪や正方形に切るガーゼ板柿せっか

  • 冬凪やオープンカーに載せた杖いたまきし

  • 冬凪や深き火口へ熱気球市川隆一

  • 冬凪や全ての届出し終へてゐてふ@QLD句会

  • 真夜中の海に天あり冬の凪樹魔瑠

  • 冬凪や波を失ひ海無力一久恵

  • 冬凪に融けるオカリナ四分音符一秋子

  • 冬凪の底に錆びつく特攻機伊藤亜美子

  • 冬凪や懸命すぎた母許し伊藤どらやき

  • 冬凪やどうせ怒られるんだから伊藤正規

  • 冬凪やひそかに嫁を卒業す伊藤柚良

  • 冬凪や琳派のごとく夕陽染む伊藤れいこ

  • 冬凪や島の埠頭に箱ひとつ伊藤小熊猫

  • 犬吠えて主の舟と冬の凪糸川ラッコ

  • 冬凪の窓枠に砂宿一人伊ナイトあさか

  • 冬凪の水平線に船が乗る稲垣良一

  • 冬凪や重機の崩す飛砂の山井中ひよこ号

  • 冬凪や硯の陸にある湿り伊奈川富真乃

  • 冬凪や貝に生まれてみたけれどいなだはまち

  • 冬凪や猫の看取りについて問ふ稲畑とりこ

  • 冬凪やかごに雑魚の血赤茶けて居並小

  • 冬凪や異國奇譚の輪の中へ犬山裕之

  • 冬凪や音なく進む沖の船井上れんげ

  • 冬凪へ英語スピーチ練ずる子井納蒼求

  • 冬凪やがらんだう奥の歌ごゑゐのかたゆきを

  • 冬凪や頓服薬の空袋井原冴

  • 冬凪や手紙したためたる夕井原昇

  • 防潮林抜け冬凪の太平洋いまいやすのり

  • 島影の一つは遠く冬の凪井松慈悦

  • 冬凪や踏切越しの相模湾今乃武椪

  • 冬凪や明日も乗り放題切符伊予吟会宵嵐

  • 冬凪や歩幅の狭き靴の跡伊予素数

  • 検温の朝冬凪の光くる伊代ちゃんの娘2

  • 冬凪やひとりぼっちの展望台彩人色

  • 冬凪を物足りなくも思う暮れいわさちかこ

  • 色淡きミュシャの吐息や冬凪ぎぬ岩清水彩香

  • 冬凪をクラリネットの音の真直ぐ磐田小

  • 冬凪や図面片手に故障車へ上田ちゃーりー

  • 冬凪やイヤホンに聞く英会話上原淳子

  • 沈黙の君冬凪の熟れゆけりうからうから

  • トロ箱のはみ出る尾びれ冬凪げるうさぎさん

  • 冬凪や島ごとに抱く天主堂うさぎまんじゅう

  • 冬凪の海へためらいなく犬は宇佐美好子

  • 冬凪の歩道白杖の音近し宇田の月兎

  • 冬凪へ大桟橋を離れけり内田こと

  • 歯舞色丹国後択捉冬凪に浮き内本惠美子

  • 冬凪や離島の嫁の待つおむつ卯月紫乃

  • トロ箱に薄く凝りたる冬の凪靫草子

  • 冬凪や今朝津軽野は雲ひとつ卯波まり

  • 耳鳴りの底冬凪の遠鴎海野あを

  • 冬凪や千年前の海潮音うみのすな

  • 冬凪や通院中の日曜日海葡萄

  • 子を預け冬凪の空吸うてをり梅野めい

  • 冬凪や王墓は千年前のまま浦野紗知

  • はんなりと菜の陽に干され冬の凪うらら茉瑠

  • 冬凪や癌は消えたと医師の言う麗し

  • 冬凪や投函口の口への字吽田のう

  • 冬凪や抱ふる吾子のあしのうら詠頃

  • 冬凪のバンドネオンの音微か江川月丸

  • 冬の凪たおやかな言葉の墓標蝦夷野ごうがしゃ

  • 冬凪をカムイの悠々たる翼蝦夷やなぎ

  • 冬凪や影絵上映開催す越後縮緬

  • 冬凪や隠し事無き漁師町越冬こあら@QLD句会

  • 冬凪や光は濡らすペンギンを絵十

  • 冬凪の不法移民のゴムボート笑姫天臼

  • 冬凪や老舗ホテルの万国旗朶美子

  • 解禁を逃れ冬凪海の道M・李子

  • 冬凪の罵詈雑言貝に聞かれ絵夢衷子

  • 冬凪や猫桟橋に長くなるえりいも

  • お隣の猫と懇意に冬凪げりえりべり

  • 冬凪や喪服の群れに三姉妹縁穐律

  • 冬凪やせんせはただ今往診中遠藤千草

  • 冬凪や人それぞれに水平線遠藤一治

  • 冬凪や悩める若手と缶コーヒー遠藤波留

  • 冬凪や黒タンカーの四辺形旺上林加

  • 父の居た島を指さす冬の凪おおい芙美子

  • 冬凪やテスト終わりのスターバックス大江鈴

  • 冬凪や強面のゐる検問所大岡秋

  • 冬凪のあれはマネキンだとばかり大黒とむとむ

  • 白き水脈やがて光へ冬の凪大越マーガレット

  • 冬凪や納得しないけど許す大小田忍

  • 冬凪や貨物船から波届く大嶋宏治

  • 里帰りして冬凪の夫婦岩大塚恵美子

  • 揺れ甘美なる冬凪の真珠筏大槻税悦

  • 白竜の眠るがごとし冬の凪大野喬

  • 冬凪やリフトで食べるチョコレート大谷一鶴

  • 冬凪や音割れの定時放送大山和水

  • 凍凪よ喪服は強くなるために大和田美信

  • 冬凪や島への橋にやゝ起伏可笑式

  • 冬凪の浜辺足音ひとり分おかだ卯月

  • 冬凪や耳鳴り残る右の耳緒方朋子

  • 冬凪や粟島までの月の道岡田雅喜

  • 明暗の灯光寒凪を滑る小川さゆみ

  • 冬凪や伊勢より神の投げし岩小川しめじ

  • 密漁の噂の出処冬の凪小川野雪兎

  • 冬凪や地球の鱗めく光小川都

  • 冬凪の窪みに靴を濡らしけりおきいふ

  • 散骨は冬凪の日のあのあたりオキザリス

  • ジッポの火三角冬凪は四角沖原イヲ

  • 冬凪や陽高く漁港からっぽおだむべ

  • 冬凪や波郷の海へ外国船越智ぷちまり

  • 冬凪ぎて命の数ほどのひかり越智空子

  • 冬凪をむくりこくりと鬼がくるおでめ

  • 冬凪や錆びた自転車走らせて音のあ子

  • 耳鳴りは冷たき痛み冬凪す音羽実朱夏

  • 人魚もう帰り着きしか冬凪ぎぬ音羽凜

  • 冬凪や膨らみはじめたる鼓膜おんちゃん。

  • 冬凪や切麻残る地鎮跡かいぐりかいぐり

  • 冬凪や肩書きはなく私です快晴ノセカイ

  • 冬凪よ怒号なんて聞きたくない械冬弱虫

  • 冬凪やテニスコートの弛む網海峯企鵝

  • 冬凪をつと踏みはずす入り日かな火炎幸彦

  • 冬凪やイカ干す店も静かなりカオス

  • 冬凪ぎて玻璃滑りゐる遊覧船垣岡凡才

  • 冬凪に砂は居前を正したり風花美絵

  • 冬凪や聞こえぬ方も血の通ふ加座みつほ

  • 冬凪や半紙五枚目墨する音鹿嶌純子

  • 冬凪の底の平家へ放生す華胥醒子

  • 冬凪や仏頂面で渡る橋風早杏

  • 冬凪を海を制せしやうに嗅ぐ片岡六子

  • 浜道をゆけば菩提寺冬の凪加田紗智

  • 冬凪は何隠すらむ環指うづく片山蒼心

  • 冬凪げり母の紬の仕付け解く花鳥風猫

  • 冬凪やあら汁を炊く日曜日桂田 和京

  • 冬凪の青は遥かな場所にある花伝

  • 母の骨いずこに隠す冬の凪加藤麗未

  • 冬凪や縁切り絵馬の真黒なるかなえの

  • 冬凪に唇の血の匂いだけ仮名鶫

  • 冬凪や父は鉄砲磨きをり金子あや女

  • 冬凪やキールを晒す廃漁船かねつき走流

  • 冬凪や工場の「金」の大看板花星壱和

  • ゆるき坂ゆるりと下り冬凪へ釜眞手打ち蕎麦

  • 冬凪や四十五度の漁師風呂神谷たくみ

  • 冬凪や一泊のみの里帰り紙谷杳子

  • 冬凪や我ら砂像の如く立ち亀田荒太

  • 飛ぶ鳥のスローモーション冬凪げり亀田かつおぶし

  • 冬凪や滴下数へる鎮痛剤亀の

  • 冬凪や家族不在の日々に慣れ亀山逸子

  • 冬凪やがっつり焼べる浜の薪亀山酔田

  • タラップの軋み泣きそう冬の凪花紋

  • 冬凪や祖父より年上のジャンク加良太知

  • 折鶴は冬凪の息吹き入れぬ狩谷わぐう

  • 冬凪の浜に干上がる深海魚川越羽流

  • 冬凪や遅々と進まぬ子の縁談川崎ルル

  • 冬凪の沖島老婆の三輪車川村湖雪

  • 冬凪や明日は逢へぬ人とゐる河村静葩

  • 薄ら日の冬凪へ押す車椅子川村ひろの

  • 冬凪やマントラ唱ふ声止まず川村昌子

  • 冬凪やあれは逢瀬の跡かしら閑々鶏

  • 冬凪や天狗山から缶を蹴る看板のピン

  • 冬凪や田霧姫舞ふ裳のしづか閑酉

  • 冬凪や砂の満ちたる虚貝喜祝音

  • 冬凪や社に朱き和蝋燭キートスばんじょうし

  • 冬凪の浦賀水道今日も密季々諧々

  • 冬凪の汀にルート2の終り岸来夢

  • 冬凪や朝はクルトンくるくると季切少楽@いつき組広ブロ俳句部

  • 冬凪とは昏し練炭の追憶北川颯

  • 冬凪やカップ麺したたかに誤嚥北藤詩旦

  • 冬凪やモーリタニアの蛸の壺北村崇雄

  • 冬凪や真摯に生きて漫才師北村季凛

  • 冬凪や再就職の男の背貴田雄介

  • 冬凪げる海は憂えり我もまた狐雨

  • 冬凪やテトラポッドの長き影きなこもち

  • 冬凪や鼓膜しつとり匂ひけり城内幸江

  • 神宮の森冬凪へ零すみづきのえのき

  • 冬凪いで海の目玉のあたりかな木野桂樹

  • 冬凪やセロ弾きの指やはらかに木原トモ

  • 冬凪のロープの弛む係留船きべし

  • 冬凪いで岩場をズズと這う何か木ぼこやしき

  • 冬凪やカウンターテナーの静謐木村かわせみ

  • 冬凪や立神拝む戻り船木村隆夫

  • 冬凪よ消化しきれぬ有休よ木村となえーる

  • 冬凪や失せし錨を探し当て木村波平

  • 寒凪や立入禁止なる埠頭Q&A

  • 冬凪のラヂオに混ざる朝鮮語Qさん

  • 冬凪や鳶にしばしの暇出すきゅうせき

  • 冬凪やここはお日様通る道京野秋水

  • 冬凪やひかりに微かなる浮力杏乃みずな

  • 冬凪やクレーン船の吊る夕日清瀬朱磨

  • 冬凪や隣に体育座りして霧島ちかこ

  • 冬凪へ翳して食べる島のピザギル

  • 冬凪や母より細き父の食菫久

  • 冬凪や母に黒々した目眩

  • 爆撃の匂いかすかに冬の凪くぅ

  • 富士山は甲斐か駿河か冬の凪久我恒子

  • 冬凪の沖に島影明日も晴れ葛谷猫日和

  • 冬凪に蠍座低し暗き海楠田草堂

  • 冬凪や月煌々と座礁船工藤遊子

  • 陸酔いはかるく冬凪きらめきぬ久保田凡

  • 冬凪や声を失くした鳥つがふくま鶉

  • 冬凪や小さき貝は涙壺熊谷温古

  • 冬凪や鳶の憩へる澪標倉岡富士子

  • 空の青統べ冬凪となりにけり倉木はじめ

  • 打ちあがる魚てふ冬の凪の壊死眩む凡

  • 冬凪や軽トラの碧疾走す栗田すずさん

  • 冬凪や朔日餠を喰うてをり栗の坊楚材

  • 冬凪や期待外れの日本海空流峰山

  • 冬凪や名の長き鳥水面刺す久留里61

  • 冬凪やふたりの間に缶コーヒー黒瀬三保緑

  • 冬凪や職辞し朝の砂温し黒田@しろい

  • 夫婦岩最後の旅の冬凪ぎぬ桂子

  • 冬凪や本日海警未確認鯨野

  • 星が生まれた日にもこんな冬凪恵勇

  • 冬凪や拾う一円玉に疵けーい〇

  • 冬凪や貝の亡骸埋もる浜家古谷硯翠

  • 祖母といふ欠けゆくうつは冬の凪げばげば

  • 冬凪の骨踏むやしくじりの音謙久

  • 冬凪や指摘事項は百を超え研知句詩@いつき組広ブロ俳句部

  • 冬凪や白き裸身の弁財天剣橋こじ

  • 冬凪やサハリンの墓見ゆるかに小池令香

  • 冬凪げる色濃き海よ三陸よこいぬ

  • 冬凪の藍の翳りは深くしてコウ

  • 冬凪をトランペットのくすぐれり剛海

  • ぺらぺらの空港浮いて冬凪げり公木正

  • ミサイルは落ちた無傷な冬凪よ紅紫あやめ

  • ふぢつぼの嗤ふ浮標や冬の凪幸田柝の音

  • 冬凪やひとつこひとり会はぬ島香田ちり

  • 冬凪の軍艦島てふ砂時計古賀

  • 冬凪や産気づきたる島の嫁小笹いのり

  • 冬凪や七里ヶ浜の貝ひとつ小嶋芦舟

  • 温めますかと冬凪の売店木染湧水

  • 権禰宜の袴みづ色冬凪ぬ小だいふく

  • 冬凪や雑踏のノイズを抜けぬ虎堂吟雅

  • 彼の髪の香よ冬凪の渡し船後藤周平

  • 冬凪ぎにひとつ探すや言の葉を後藤方丈

  • 冬凪や志功仏画の目の大き後藤三梅

  • グライダーあんなに高く冬の凪古都鈴

  • 冬凪や入院前のジン辛し粉山

  • 冬凪やひび入るやうに舟はゆくこのねこのこ

  • 冬凪や技官の記す海苔日誌このみ杏仁

  • 冬凪や揚げパン香るキッチン車小林昇

  • 冬凪の生まれ故郷に散骨すこひつじ@QLD句会

  • 冬凪や移動スーパー乗せた船小藤たみよ

  • 冬凪や校門前の献花台駒村タクト

  • 冬凪や二日と持たず吸うタバコ子安一也

  • 冬凪に惚けたやうなヨット干すGONZA

  • 冬凪の一個だけあるカップ麺今藤明

  • 冬凪や星のこぼるる岬ありさいたま水夢

  • ミサイルの飛び込む海の冬凪ぎぬ齋藤杏子

  • 冬凪にだまされアヒルボートに乗る宰夏海

  • 穴のあくレッスンバッグ冬凪ぎるさ乙女龍千よ

  • 冬凪の反対側は猫である酒井おかわり

  • 冬凪や海は私に添い寝せり酒井春棋

  • 冬凪や離婚届のしわ伸ばす坂上一秀

  • 冬凪や望遠鏡に座礁船さかえ八八六

  • 冬凪や急ぐ男のひとり言坂口いちお

  • 冬凪や反すれど惹きあふ磁石坐花酔月

  • 冬凪に足場解きゆく大鳥居坂まきか

  • 冬凪や貝は無骨な扇形さくさく作物

  • ギムレットのライムは掠めるだけ冬凪櫻井紫乃

  • 冬凪や片割ればかりのイヤリング櫻井りこ

  • 冬凪よ弾の痛みを赦せるか桜鯛みわ

  • 冬凪やお腹すかせた雲ひとつさくら悠日

  • 冬凪や十年前のブロマイド迫久鯨

  • からころと竹輪工場や冬凪ぎぬ雑魚寝

  • 冬凪やフェリーは神の島へ行きさざなみ葉

  • 冬凪や待つ猫のいて薪を割る砂舟

  • 冬凪や朝のクロワッサンさくり紗千子

  • 冬凪や放りなげたる雑魚二匹さち今宵

  • 冬凪やちよいと座りて押し車さとう菓子

  • 冬凪や夜の生命維持装置佐藤志祐

  • 中国語満載の船冬の凪さとうナッツ

  • 冬凪や財布に梛の葉忍ばせて佐藤佳子

  • 冬凪の水兵握るハーモニカ里すみか

  • 冬凪や浜辺の墓の死産の名佐渡の爺

  • 冬凪やさっき産まれた島の青里山子

  • 喉奥のかすかな死臭冬の凪真井とうか

  • 冬凪の鳥は夥しき休符錆田水遊

  • 半島のマグマの記憶冬凪げりさふぁい庵

  • 入船をたたへるやうに冬凪げるさぶり

  • 冬凪の果へ投げ込む我の青さむしん

  • 冬凪や海知らぬまま猫は逝き紗羅ささら

  • 冬凪やママとマンマを聞き分けてさるぼぼ@チーム天地夢遥

  • 冬凪の海より低き村に住み澤田郁子

  • 冬凪や礼拝堂の如静かさわだ佳芳

  • 冬凪や生きる『手帳』を申請す沢拓庵

  • 冬凪の片瀬西浜東浜澤野敏樹

  • マトリョーシカどんどん小さくなる冬凪山海和紀

  • 冬凪や半覚醒の鱶の群三月兎

  • 散骨を許す冬凪海の神三休

  • 冬凪の千里浜赤きイタリア車三水低オサム

  • 冬凪や天売焼尻影の美し三泊みなと

  • 冬凪や根治に触れぬ医師の声紫瑛

  • 冬凪を漁場へ甘めの卵焼き潮風の台所

  • 冬凪や足場に垂るる命綱塩沢桂子

  • 凍凪の博物館となりし船潮見悠

  • 怒り飲み込めず冬凪は重たい四季春茶子

  • 凍凪や領空低く哨戒機じつみのかた

  • 冬凪や平和の地図は未完成実本礼

  • 冬凪の一便で往く島調査篠雪

  • 冬凪の海をカロンと命名す渋谷晶

  • 冬凪の海を眺めてひよこ豆渋谷背馬

  • 冬凪の満ち潮滾る塩釜は島田あんず

  • 冬凪やvは息継ぎする印嶋田奈緒

  • 凍凪や睡眠薬が苦すぎる嶋村らぴ

  • 冬凪やぴきんぴきんと偏頭痛清水祥月

  • 冬凪の日面日裏伸子張清水容子

  • 赤牛の糞放る湯気や冬の凪清水明美

  • 冬凪や東京湾は川の果て清水縞午

  • 冬凪や草木明るき紀三井寺清水 三雲

  • 冬凪にひび割れはしる汽笛かな志村狂愚

  • ミサイルは通過冬凪聳え立つ下丼月光

  • 冬凪や漁港のおっかあのうどん芍薬@独逸

  • 床磨くマドロス冬凪の鼻歌じゃすみん

  • 冬凪やサーフボードの黒漆沙那夏

  • 冬凪やあとは子犬の引取手砂楽梨

  • 壱岐マラソンラスト直線の寒凪朱胡江

  • 黒海は晴れ機雷原は冬凪寿松

  • 冬凪の静か腹よりスンと浮く獣羅

  • 冬凪や魔法瓶からルイボスティ順之介@QLD句会

  • 冬凪や針引き抜けば穴閉じる常幸龍BCAD

  • 冬凪や二人はコーヒーしか見ない庄司しづく

  • 冬凪や「生きる」と砂に書いてみる白猫のあくび

  • 冬凪の燿に辷る佐渡汽船白プロキオン

  • 冬凪やさくさく剥がすスクレーパー白よだか

  • 冬凪の突堤海の果てはグレー神宮寺るい

  • 冬凪やキリストめく船長の髭ジン・ケンジ

  • どっちみち冬凪終わるまでのこと新城典午

  • 冬凪ぎて俘虜の日黙す伯父逝けり新濃健

  • 冬凪や補陀落渡海日和なり深幽

  • 冬凪のさざ波星へ続きけりさいたま水夢

  • 冬凪の踏んだら怒りさうな端すいよう

  • 冬凪や四日遅れの週刊誌瑞陽庵

  • 手の甲にワセリンの角冬凪げり水曜日生まれ

  • たをやかに鳩ゐて冬凪の瓦礫すがりとおる

  • 冬凪や仁右衛門島の手漕ぎ舟杉浦あきけん

  • 冬凪の常に列島揺れてをり杉田梅香

  • 冬凪や無人灯台無音なり杉田ひらさこ

  • 冬凪や落ちて届かぬ星ふたつ涼風亜湖

  • 冬凪やカーペンターズの幻聴鈴木暮戯

  • 豆を挽く明けきらぬ空は冬凪鈴木もま

  • 寒凪や鯛の甲の持ち重り鈴木由紀子

  • 冬凪や転がりやすきものに恋鈴木由里子

  • 冬凪やベビーカステラ分け合うて鈴木麗門

  • 冬凪や航跡長き日本海鈴子

  • 冬凪や船尾に記す子の名前清白真冬

  • ウエットスーツ冬凪の電子煙草鈴野蒼爽

  • 冬凪や砂文字だけの秘密ごと素敵な晃くん

  • 吸引を抜きたる喉や冬凪げる主藤充子

  • 冬凪やかもめ原子炉の真上砂山恵子

  • 冬凪の崩れ始めて匂ふ砂すりいぴい

  • 冬凪の岸壁「休工」の立て看晴好雨独

  • 冬凪や木喰仏のノミの痕せいしゅう

  • 冬凪よ男子宿して見る夢よ瀬央ありさ

  • 冬凪や廃止桟橋曳かれゆきseki@いつき組広ブロ俳句部

  • 冬凪のオイルコンパス愚直なり世良日守

  • 寒凪やセブンスターを根元まで素空

  • 冬凪や重く帰還す浚渫船外鴨南菊

  • 冬凪や押してしまひし降車ボタン空豆魚

  • 冬凪や骸の鳥の羽健かぞんぬ

  • 泰然自若なり冬凪の管制塔たーとるQ

  • 冬凪や木更津に待つオスプレイ泰山

  • われら冬凪の船団かもしれず帝釈鴫

  • 冬凪や水平線にりゅうこつ座太平楽太郎

  • 今日の冬凪は光たちの請願平良嘉列乙

  • マトリョーシカの最後は「希望」冬の凪高尾里甫

  • 残されしマウスピースや冬凪ぎぬ高木音弥

  • 冬凪や仕掛け絵本のやうな雲高田祥聖

  • 冬凪や去年は君の居た隣高嶺遠

  • 冬凪や火葬待つ間のお茶の味高橋朝絵

  • 冬凪を副流煙のテリトリー高橋寅次

  • 寒凪や烏賊だらしなく吊るしをる高橋なつ

  • 冬凪や身を乗り出して見る奈落高橋ままマリン

  • 冬凪やマゼラン船の砂時計たかみたかみ

  • 冬凪や松林図屏風の余白滝上珠加

  • ポイントを銀河へ冬凪の列車滝川橋

  • 冬凪や君の覚えたての手話をたきるか

  • みちのくや寒凪を日が登るなり多喰身・デラックス

  • 鬼祀る島の和太鼓冬の凪武田豹悟

  • 冬凪にぎょうさん干されひかる鰭竹田むべ

  • この船にして良かつたと冬の凪たけろー

  • 冬凪や弛み引き寄せ舫い解く多胡蘆秋

  • 冬凪ぐやまつの初産十一歳多事

  • 冬凪や死者も佇む大鳥居黄昏文鎮@いつき組広ブロ俳句部

  • 冬凪や寂し過ぎても愛せないただ地蔵

  • 冬凪や抗うつ剤は空の色多々良海月

  • 冬凪やあの娘黙って島を出たダック

  • 冬凪や人魚の恋の唄静か立田鯊夢@いつき組広ブロ俳句部

  • 冬凪やミサイルは通過したもよう立部笑子

  • 冬凪や酒ばかり減る磯の釣り谷本真理子

  • 調停は二か月先に冬凪ぎぬ田畑整

  • 冬凪にわたしの芯のまるみゆく玉木たまね

  • 低画質の雲ゆく冬凪の空母玉庭正章

  • 冬凪や遠きところに子らの声たまのねこ

  • 冬凪やキッチンカーは烏賊を焼きたむらせつこ

  • 物忘れしたかの如き冬の凪田村モトエ

  • 冬凪や島ヘ歩いて行けさうな田村利平

  • 冬凪や返せるものは何もないだんがらり

  • 晴天や身投げ日和の冬の凪ダンサU-KI

  • 冬凪や胎内エコーは蜜柑色丹波らる

  • 冬凪の係柱に掛け単語帳千代 之人

  • 空返事して冬凪の車窓かな彫刻刀

  • 給水のランナー真昼の冬凪長楽健司

  • 冬凪やコンビナートに清き炎月石幸

  • 冬凪や塩害実験所の無人月岡方円

  • 冬凪や立ち寄つてみる己が墓辻内美枝子

  • 冬凪やオムツの横のウルトラマン辻野 花

  • 冬凪の汽笛まじわる出潮かな対馬清波

  • 冬凪やまだ逆さまの砂時計つちのこ

  • 冬凪の窓や殴るによき灰皿ツナ好

  • 海底からネジ冬凪のローソク岩津幡GEE

  • 冬凪をおもちやのやうに貨物船露草うづら

  • 冬凪にべつとりと日の掠れ丁鼻トゥエルブ

  • 冬凪や油が浮いた海重し哲庵

  • 冬凪の遠州灘を一歩踏み哲山(山田哲也)

  • 冬凪の水映し出す知らない私手毬まりこ

  • 冬凪や密航船の着いたらし寺尾当卯

  • 冬凪や常夜灯越しの星空輝由里

  • 冬凪や今日のミサイル落下位置電柱

  • 冬凪や沖には叔父のさっぱ船でんでん琴女

  • 冬凪や流木は骸のかたち天陽ゆう

  • 冬凪やプルトニウムの半減期天六草太郎

  • 冬凪や吐いた言葉の消えぬ街土井あくび

  • 戦闘機飛び去り冬凪の気配どいつ薔芭

  • 冬凪や太郎たずぬる乙の影トウ甘藻

  • 冬凪や浜のボードにアイツの名東京堕天使

  • 冬凪や尖れるものの美しきとかき星

  • 冬凪や今朝の時報の通りよき時まる

  • 冬凪や村練り歩く鬼太鼓ときめき人

  • 冬凪や前触れの無きさやうなら常磐はぜ

  • 冬凪や戦渦に欠けしマリア像どくだみ茶

  • 冬凪やはみでた尾鰭は三日月形戸口のふっこ

  • 人食いのマントヒヒ冬凪に寝るどこにでもいる田中

  • 冬凪や隣りの島の山羊が鳴くとしなり

  • 冬凪や漁具を囲んで馬鹿話十津川ポロ

  • 冬凪や笹掻き薄く薄く薄く殿村則子

  • 鉄鯨ならべ冬凪横須賀港戸部紅屑

  • 盲目の羊のやうに冬凪ぎぬトポル

  • 冬凪の黙 地震速報不穏とまや

  • 冬凪に歌はば回れ風力塔斗三木童

  • 骨つぼのまるみ冬凪ろうたける富山の露玉

  • 冬凪や草食む馬の影長しとよ

  • 水切りの砂浜失せて冬の凪豐田雄二郎

  • 冬凪やギターの弦にある窪み鳥田政宗

  • 冬凪や機甲師団は野営中豚々舎休庵

  • 冬凪や命日は半年前かとんぶりっこ

  • 冬凪や半分こするたこせんべいとんぼ

  • 冬凪ぎて右脛痣は海のいろ内藤羊皐

  • 冬凪のきらきら桜島はうとうと

  • 冬凪を吉日として入籍すなおじい

  • 凍凪や石とび波紋とび波紋直美羽YC

  • 冬凪の海を見ているずる休み中岡秀次

  • 冬凪やテトラポットの墓標めく中里凜

  • 冬凪や二枚にわたる処方箋永田千春

  • 冬凪や荒れに荒れたる夕のセリ中鉢矢的

  • せん妄の母のカレーや冬凪ぎぬ中村すじこ

  • 冬凪や蟹穴で聴く波の音なかむら凧人

  • 子の部屋の空の本棚冬の凪凪ゆみこ

  • 組合の選挙は明日冬凪ぎぬ夏草はむ

  • 冬凪や元船眠る七百年夏湖乃

  • もつと濁ればいいのに冬凪なんて夏雨ちや

  • 尨犬の終のこえ冬凪のおと七草木香

  • 冬凪や手箕に溢れし櫟の葉七国独楽男

  • 空つぽがいい冬凪のサルベージ七瀬ゆきこ

  • 冬凪に去りし夫の眼鏡ふく七森わらび

  • 継ぐものの無き舟に乗り冬凪へ菜々乃あや

  • 冬凪やうすら青なる今日の月浪速の蟹造

  • 冬凪の端にかすかな鉛色名前のあるネコ

  • 冬凪や血抜きのナイフ研ぐ浜辺なみ夢めも

  • 冬凪や裾のなびかぬ龍馬像奈良素数

  • 冬凪眩し欠席に引く二重線西川由野

  • 冬凪や会いたき人はみな死人西爽子

  • 鐡熔かす街はジャム色冬の凪西田月旦

  • 冬凪や砂積む船の傾いて西村小市

  • 冬凪のふちへ波紋のふれ反射二重格子

  • 鳴き砂は仔犬のごとし冬凪ぎぬにゃん

  • 冬凪や紙ストローの口あたり仁和田永

  • ウバザメの呑む冬凪の二千屯暖井むゆき

  • 冬凪や積荷は紅と絹と酒沼沢さとみ

  • 冬凪や赤子あやすは子の仕事野地垂木

  • 黒船の影も黒船冬の凪野点さわ

  • 冬凪やバスはゆさゆさ吊り橋を野ばら

  • ステロイド2ミリ減薬冬凪げり野原蛍草

  • 冬凪やCT検査小腫あり野間薫陶

  • 冬凪や先客のないドッグランはくたい

  • 冬凪のしじま町屋は犇めきぬはぐれ杤餅

  • 冬凪の向こううっすら我が領土波止浜てる

  • 冬凪に鴉つまらなさうに鳴く長谷機械児

  • 冬凪や海底火山噴火前葉月郁斗

  • 冬凪や言うなら今しかないって顔八田昌代

  • 彼奴には負けてやりなよと冬凪花咲明日香

  • 半島を象るルート冬の凪花南天あん

  • 寒凪や高音域のハーモニカはなぶさあきら

  • 冬凪やカメオの女神横向きで英ルナ

  • 冬凪や赤い眼をした怪魚の死はのん

  • 冬凪に抱かれくすり笑う貝羽馬愚朗

  • 冬凪や灯台守の手弁当原水仙

  • 冬凪や釧路の朝は勝手丼原島ちび助

  • 冬凪ぎてかっぱえびせん待つカモメ原田民久

  • 寒凪や町道場に滾るこゑ巴里乃嬬

  • はらいそはある冬凪の雲のうえ播磨陽子

  • 冬凪の鉄橋たらこ色のキハ晴田そわか

  • 破天荒の父ゆるしけり冬の凪晴菜ひろ

  • 冬凪やなんのきなしのプロポーズ春野びおら

  • 冬凪へ吐く大声の帰らざるはれまふよう

  • 冬凪の底はトラフの活断層樋口滑瓢

  • 文字が乱れた冬凪もう終わりかひでやん

  • 冬凪へ捨てそこなひし涙かな日向こるり

  • 冬凪や厠残りし津波跡ひなた和佳

  • 冬凪や根詰めし身の弛むままひな扶美子

  • 結髪のほつれ冬凪くづれ初む比々き

  • 冬凪や収骨室のゆるき黙ヒマラヤ杉

  • 冬凪や駅長室のキセル客ヒマラヤで平謝り

  • 太陽のピースばらばら冬の凪比良田トルコ石

  • 冬凪や土鍋の粥が炊けました平林政子

  • 冬凪や泣くために踏む浜の砂平本魚水

  • 冬凪やたちまち晴れて能登の海昼寝

  • 冬凪や食堂どこも定休日広木登一

  • 冬凪を描こうとしてる目の必死広瀬康

  • 冬凪や君に聶くラの調べ広ブロ&新蕎麦俳@摂田屋酵道

  • 冬凪や専科入校は船便びんごおもて

  • 冬凪や手術日前の観光地フージー

  • 冬凪や鋼板錆びし造船所風慈音

  • 冬凪の向かうに確と核軍備深町明

  • 爪を切る独り寒凪の縁側深蒸し茶

  • 冬凪や傷を隠して大人になる深谷健

  • 冬凪や海は鴎の還る場所ふくじん

  • 冬凪を泣きのギターのビブラート福良ちどり

  • 冬凪や光の粒はきっと君袋小路 綴乃

  • 冬凪や明石大門に光跳ぬ藤井眞おん

  • 冬凪や滑走路めく防波堤藤色葉菜

  • 冬凪や釣り船見ゆる露天風呂藤丘ひな子

  • 冬凪ぎて伸ぶる胸鎖乳突筋藤倉密子

  • 眉山はうすあをき影冬の凪ふじこ

  • 冬凪やちゃぷんちゃぷんと鷲の糞藤咲大地

  • 冬凪にお喋りな助手席のサボテン藤田ゆきまち

  • 冬凪の砂に書く歪んだイニシャル藤永桂月

  • 冬凪やデッキで開く中也の詩藤原涼

  • 鴎つがひたる冬凪の烏帽子岩藤雪陽

  • 冬凪や神話の浜の潮を汲む布野一学

  • スーパーは隣の島や冬の凪冬のおこじょ

  • 冬凪や制服のまま来る海辺冬野とも

  • 渡船待ついつもの面子冬凪よ古川しあん

  • 冬凪や蒼くけものの名の星座古瀬まさあき

  • 処方箋手に冬凪の五メートルふるてい

  • 冬凪や私も神の庭にゐた碧西里

  • 冬凪や今月が産み月だつたペトロア

  • 冬凪や一曲とばしたらサティへなけん

  • 冬凪の湾は弧状ぞ空さびし茫々

  • 冬凪や臍に轟く機関室星月さやか

  • 冬凪やまとめ買いする紙おむつ干しのいも子

  • 冬凪や遺骨でつくる砂時計星野はいかい

  • 冬凪や薬の効いてゐるあひだほしの有紀

  • 冬凪や新車の匂いもうしない細野めろん

  • 冬凪やあの人も肺が弱かったポップアップ

  • 冬凪や喧嘩ばかりをしてた恋堀卓

  • 冬凪や湾へ傾るる湯のけむり堀隼人

  • 冬凪や鳥の波紋のそこここに堀邦翔

  • 冬凪や種子島より木を運ぶ梵庸子

  • 冬凪や脈動小さき船の底まこ@いつき組広ブロ俳句部

  • やがて死ぬ消ゴムの角冬凪ぎぬまこちふる

  • 冬凪のホテルの朝のクロワッサン増山銀桜

  • ふゆ凪よ僕はフリーターじゃダメか魔星蟲ダークネスライザーI世

  • 冬凪や残るテープを握る人町田勢

  • 冬凪や外から拝む屋敷神松岡重子

  • 冬凪や翳すシーグラスの丸み抹茶子

  • 冬凪のくちびるに眠りをわけて真冬峰

  • 冬凪や鳩と目の合う展望風呂真宮マミ

  • 冬凪や去る者だけの埠頭ありまやみこ恭

  • 冬凪や埋墓のある瀬戸の島まりい@木ノ芽

  • 冬凪や星を終へたる衝撃波慢鱚

  • 冬凪やパンゲアを指す羅針盤まんぷく

  • 冬凪や舌先伸ばすかに岬みい

  • ぜんぶ嫌最北端は冬凪いで三浦にゃじろう

  • 冬凪や伊勢湾の抱く船いくつ三重野とりとり

  • 冬凪や退学届出した朝澪那本気子

  • 冬凪や馬券に敗者の指の痕帝菜

  • 冬凪とマルゲリータと一人席三茶F

  • 冬凪の窓へ通過のアナウンス岬ぷるうと

  • 凍凪やボイスレコーダーの静音水鏡新

  • 冬凪や三歩にひとつ杖の跡水須ぽっぽ

  • 冬凪や遅れて開くETCMR.KIKYO

  • 冬凪や振り子時計の鐘狂ひ巳智みちる

  • 冬凪や砂に書く人走る人みちむらまりな

  • 冬凪を少し具合のいい母とみづちみわ

  • 冬凪に黄泉の匂いが少しだけ光峯霏々

  • 冬凪や産土神へ白き橋満る

  • 下の子の本音の声や冬凪げるみつれしづく

  • 冬凪げりやっと火のつくメンソールミテイナリコ

  • 冬凪やずつと体温計鳴らず港のパン屋

  • 冬凪や豊玉姫のおちちあめ美村羽奏

  • 島暮らし始まる朝や冬凪げるみやかわけい子

  • ガトリング砲小さくて冬凪ぎて宮坂暢介

  • 冬凪や長英江戸を戞々とみやざき白水

  • 冬凪やバテレン墓の白き丘宮武濱女

  • 冬凪や今日のシーグラスを拾う宮原みかん

  • 冬凪や戻り来たれる亀の骨宮部里美

  • 冬凪や神棚にアザラシの骨みやま千樹

  • 冬凪の赤子のやうな寝息かな宮本モンヌ

  • 木星の瞬きゆるむ冬の凪未来に詩を編む

  • 冬凪のうちに相続一抜けたみわ吉

  • 5000キロ泳げば我が家か冬凪よ三輪白米

  • 冬凪や鯨の歌うレクイエム夢雨似夜

  • 冬凪はサクマドロップすもも味麦のパパ

  • 冬凪や一番星を侍らせて椋本望生

  • 冬凪よボールぽつんと体育館無弦奏

  • 冬凪や水面の底は活断層村上の百合女

  • 冬凪へ紙飛行機の白き風村瀬っち

  • 冬凪や取り壊す日の古銭湯むらのたんぽぽ

  • 旅の間のくつろぎに似て冬の凪室依子

  • 冬凪やとろりとろりと片瀬浜目黒千代惠

  • 冬凪や百葉箱に昏き口元野おぺら

  • 冬凪や昨日と違ふ漁師鍋momo

  • 冬凪やしんと猫の目の水晶体百瀬つきか

  • 冬凪や置き竿のままさつま揚げ百瀬はな

  • 冬凪いでへにょりとマックポテトかな桃園ユキチ

  • 冬凪や自筆遺言三通目ももたもも

  • 金箔に滲む人影冬凪げる森佳三

  • 冬凪や買い食いのコロッケひとつもりたきみ

  • 冬凪やガレットのよな錆を掃き森田祥子

  • 冬凪や弾むパルス音の会話森太郎

  • 冬凪や尻切れとんぼの悲しみ森中ことり

  • 冬凪や梯に古稀の水先人杜まお実

  • ブルースのような遠吠え冬の凪森山博士

  • 冬凪や骨壷膝に帰りけり諸岡萌黄

  • 針先を落とす冬凪第四楽章もろ智行

  • 冬凪やもの言わぬ君言えぬ我焼津昌彦庵

  • 冬凪の黙心理士の紅き爪山羊座の千賀子

  • 寒凪の港の風はガラス張り安井コスモス

  • 冬凪のコンビニパトカーの昼餉安田伝助

  • 一人寝る冬凪の味はジンに似て野生の栗

  • 冬凪や波音宿る焙煎所簗瀬玲子

  • 冬凪よ原発銀座の明日は矢橋

  • 冬凪や砂を巻き上ぐ車椅子八幡風花

  • クレーンの鈍く切抜く冬の凪山内彩月

  • 冬凪の厨からヴィオロンの和音山河穂香

  • 火を囲む磯の女ら冬凪げる山川腎茶

  • 冬凪や眼帯を外して仰ぐ山口絢子

  • 冬凪や新入りの打つ楔音山口たまみ

  • 冬凪やつんとしづかに天狼星やまさきゆみ

  • じわじわと殺意すいとられ凍凪山田蚯蚓

  • 冬凪ぎて何も起こらぬ日の不安山田喜則

  • 簡単なことではない冬凪になる山野花子

  • 冬凪や防人の歌詠める島山野麓

  • 冬凪や今日は鯨が来るという山村楓

  • 失ひ切つて冬凪といふ行止り山本先生

  • フォーク聴く冬凪の能登朝市場山本たか祥

  • 寒凪や紙一枚で終わる日々唯果

  • 冬凪のベースソロだけ聴きたいの結壱隆月

  • 冬凪やオカリナの音は雲抜けて遊羽女

  • 冬凪ぎて網干す島を見はるかす遊泉

  • 冬凪のやがて無音となる心有野安津

  • 冬凪や一番風呂に集結す雪ノ下青観

  • 冬凪の番屋にとぐろの魚網かな宙美

  • 冬凪や仕事かけもつ母のタバコゆめの常盤

  • 冬凪やテープに交じる君のこえ陽花天

  • カルストの千古の海を冬凪げり羊似妃

  • 冬凪の星に塗れて独りかな横縞

  • 冬凪や五匹の猫の漁師小屋吉岡幸一

  • 切り株は一人になれる冬の凪芳川川

  • 冬凪のカチリのど飴噛み割れり吉野川

  • 冬凪や巨大船押すタグボート四葉の苦労婆

  • 寒凪やくるくる回る干し魚余田酒梨

  • 冬凪や剥がせば海の蠢きぬ楽花生

  • 冬凪や夕日を載せた貨物船らりっく

  • 冬凪の埠頭イージス艦の黙柳絮

  • 冬凪や熊手せわしく土埃麗詩

  • 冬凪や明後日までの休薬期蓮花麻耶

  • 冬凪の余震に軋む漁師小屋若井柳児

  • 冬凪の那智に那智黒拾ひけり若林雛げし

  • 冬凪や元さん今日も出漁す海神瑠珂

  • 冬凪や戻る漁師の十字切る亘航希

  • 冬凪や漁船占拠の猫のひげ笑笑うさぎ

  • 冬凪やコーラ持つ指濡れており五つ星

  • 船べりのこごまる猫や冬の凪今林義和

  • 冬凪やたぽんと小さき波寄する五郎八

  • 冬凪や埠頭の隅の猫だまり銀長だぬき

  • 冬凪のゲイトブリッジ開く音幸水

  • 冬凪や休職期間はあと二日だがし菓子

  • 冬凪や断層巡る遊覧船夏目坦

佳作
  • 冬凪やバイクの背で告げしことEarly Bird

  • 冬凪や一家勢揃いのお通夜藍田落星

  • 冬凪ぎてフルートを手に楽譜繰る葵かほる

  • 冬凪や令和四年の精密検査青海也緒

  • 冬凪の命を奪い叫ぶ牝赤松鴨

  • 冬凪や人魚一炊に憧る空地ヶ有

  • サイレンが冬凪の上鳴り響く空家ままごと

  • 冬凪に爪の一枚剥がれ落つ朝倉カグラ

  • 冬凪やラジオから君の好きな歌明後日めぐみ

  • 冬凪やナースコールの鳴らぬ夜あさひ

  • 冬凪に草木もホットするだんべ明日良い天気

  • 冬凪や乳房含みて吾子寝落ち渥美こぶこ

  • 言いかけた言葉を仕舞う冬の凪数多未完

  • 冬凪を待つ間に腹をこしらえてあまどかに

  • 冬凪や「また来いっちゃ」の声微かアマリリスと夢

  • 冬凪に蠢く手足病みにけりあらら

  • 冬凪や酒場の隅の釣り自慢有本としを

  • 冬凪に並び島の児竿たらす淡湖千樹

  • 水面の襞々も消えて冬凪飯田淳子

  • 冬凪や吃音の紡ぐ一音いくたドロップ

  • 冬凪や島は墓守の家族のみいくみっ句

  • 冬凪やじゃんけんぽんで鬼となる池田悦子

  • 冬凪や逆に廊下が揺れてる感池田華族

  • 冬凪や稲佐の浜に神来たる池田由美

  • 冬凪や模試の結果はB判定いしいるぴなす

  • 冬凪と束の間競う三輪車石岡女依

  • 冬凪の破綻待つ息をひそめて石垣エリザ

  • 逸品の流木探す冬凪に石塚碧葉

  • 冬凪を我がものとして二羽が舞う石本美津

  • 冬凪や子が宣言の志望校いちご一会

  • 冬凪に天魚愛でたる月灯一軒家

  • 冬凪や寺の鐘の音長くなりイマスノリコ

  • 和賀江島鳥の群がり冬の凪今西知巳

  • 冬凪や揺りかごの嬰よく眠る岩木順

  • 冬凪ぐ海に臥す8の無限大いわきりかつじ

  • 百隻が陛下迎える冬凪に植田かず子

  • 冬凪や父亡くなりて5年過ぎ上野眞理

  • 寒凪や渺茫草原も被う上原まり

  • 人文字の50の朗らか冬凪うた歌妙

  • 湾封鎖解除待つ小麦粉と冬凪宇田建

  • 冬凪の朝や閉じ忘れのラジオ宇野翔月

  • 天草の沖行く帆船冬凪ぎぬ梅尾幸雪

  • 冬凪にaikoのブレス残りけり梅木若葉

  • 冬凪や深夜テレビをただ眺め梅鶏

  • 冬凪やポンポンポンと漁場目指す大阪駿馬

  • 冬凪にたどる階段山の宮大村真仙

  • 冬凪や大往生の祖母の笑み岡由紀阿希

  • 冬凪や離婚の決意かたき吾子岡井風紋

  • 釣竿の撓み冬凪へ吸はせておかげでさんぽ

  • 冬凪や夫婦茶碗の欠ける音岡田恵美子

  • 冬凪へ喫水深き貨物船近江菫花

  • 冬凪や外国船の喫水線岡塚敬芳

  • 冬凪ぎて波止釣りびとの背にぬくみオカメインコ

  • 冬凪は神のお通り何か来る丘るみこ

  • 冬凪や母焼く煙真っ直ぐに小川天鵲

  • 冬凪や呵々大笑の寂聴尼荻原湧

  • がんサロンの午後の談笑冬の凪奥寺窈子

  • 冬凪や踊り疲れた波萎える奥の昼行燈

  • 冬凪に東雲の音渡りくる小椋チル

  • 冬凪に偽りのない青を見るおこそとの

  • 冬凪の弟の頬大人びておさだ澄恵

  • 冬凪や妣への不満竿を振る乙華散

  • 冬凪やにぎるははのてやはらかしおひい

  • 冬凪や「きぼう」くっきり遠ざかるおぼろ月

  • 冬凪や視界いっぱい水平線沢瀉

  • 冬凪やかぼすポン酢の丸ラベル海音寺ジョー

  • 冬凪の待合室は古代色海瀬安紀子

  • 車窓には寒凪描く絵の豊か梶浦正子

  • 凍凪や波鎮まりて時止まる勝瀬啓衛門

  • 冬凪や喪中はがきを出し終わりかつたろー。

  • 足跡の上に足跡冬の凪桂子涼子

  • 冬凪や嫁ぐ娘に祝い唄カバ先生

  • 冬凪の浜辺に坐する海扇カラハ

  • 冬凪にころりころりと松原や川辺移山公

  • 冬凪や稲佐の浜に神来たる玉雲

  • 太陽の稚児のびちびち冬凪ぎてくずもち鹿之助

  • 冬凪や亡霊のごと軍艦島紅さやか

  • 冬凪や航跡一つ地平越ゆ桑原和博

  • 黒きヴィオラの絵奏する冬の凪くんちんさま

  • 戦場に届く武器あり冬の凪健央介

  • 冬凪や浦賀水道米空母ケンG

  • 冬凪や年に一度の五連休恋瀬川三緒

  • 冬凪の果て戦場に繋がりて古烏さや

  • 冬凪や歩道さくさく三拍子小久保ゆた夏

  • 冬凪や友には赤のトリアージこけぽて丸

  • 冬凪やぷかりぷかりとビットコイン小町瑞泉

  • 冬凪や私の席だった場所から駒野繭

  • 冬凪や家出していた三毛戻る小山晃

  • 冬凪やドッグラン有る道の駅五葉松子

  • 冬凪や午後休診のクリニックコンフィ

  • 冬凪や家族皆寝た後の夜さかたちえこ

  • 冬凪や地球は丸いと入り日言う坂本千代子

  • 冬凪の母の瞳に父の在りさくやこのはな

  • 冬凪やかがやいていし顔参じさくら亜紀女

  • 冬凪よ貴方と手を繋ぎたかった櫻井こむぎ

  • 去る人の足跡探し冬凪に桜華姫

  • 冬凪やつまの家出もナンチャナイ桜姫5

  • 冬凪や十字連なり島灯桜よし榮

  • 冬凪や崩れた鉄路復旧へ佐藤均

  • 冬凪や動かぬ雲の散歩道里海太郎

  • 冬凪や道の花びらひろう朝澤真澄

  • 冬凪ぎて愛憎の愛勝るなり澤田紫

  • 冬凪や明日あの客来る日だな山月

  • 冬凪て畔刈り草を焼す刹那塩の司厨長

  • 冬凪や告白の前目をそらす字坊人造

  • 北条義時戦略練る冬凪珠桜女絢未来

  • 魁気圧されて止むを得ず冬の凪種種番外

  • 冬凪や重力という力ありじゅん

  • いつにない汝の声色や冬の凪正念亭若知古

  • 冬凪の出帆ひとりぼっちで大きなからだ白井佐登志

  • 冬凪や父の提げたる鉄火巻白玉みぞれ

  • 冬凪やさかむけ弄る女医独り四郎高綱

  • 外泊の癌の知友と冬凪を鈴白菜実

  • 冬凪て醤油の香立つ小豆島静江

  • 虫の図鑑にこはき頁ぞ冬の凪せり坊

  • 冬凪や先祖の墓の塩洗う惣兵衛

  • 冬凪や水平線はロシア領そうり

  • 冬凪や水平線へ夕日触れそまり

  • 冬凪やぶるると用を足す胎児染井つぐみ

  • 冬凪や明日は出来る逆上がり染野まさこ

  • 冬凪や東京湾に富士の影

  • 冬凪や術後の母は微睡みて田上コウ

  • 冬凪や葉加瀬太郎の弓走る高山佳風

  • 冬凪や一本の道海を走る瀧本敦子

  • 冬凪やシニア大会のスマッシュたくじょ

  • 冬凪や我が子異国の子と遊ぶ竹内一二

  • 冬凪や城に舌打ちの信長竹内菊香

  • 冬凪て猫と犬連れ寺参り竹下明宏

  • 冬凪の顔映る水砕く顔立石神流

  • 冬凪や眠れ眠れと波揺れる田中紺青

  • 冬凪や波止の鳥の羽乾く谷口 あきこ

  • 相席のホテルの朝餉冬の凪谷町百合乃

  • 冬凪や手巾に潤み靡く楽譜や田上智佳士

  • 冬凪ぐやシャッター音を花嫁へ千ヶ崎未海

  • 冬凪や大きく息を吐いて逝く千歳みち乃

  • 冬凪を奏でてみたらジムノペディ月待 小石

  • 冬凪や内緒話の絶えぬ夜柘植雅一

  • 冬凪や昆虫食の試食会津々うらら

  • 地球儀の半分平和冬凪げり綱川羽音

  • 冬凪や木魚高らか上げ法事ツユマメ@いつき組広ブロ俳句部

  • 冬凪へ鳥油断する時間かな鶴富士

  • 冬凪げりぐっと近づく北海道天童光宏

  • 冬凪や海鮮屋台の煙固し鳥羽ししまる

  • 階段の踊り場のごと冬凪よ冨川 友香理

  • 冬凪や期待はづれの人魚像中十七波

  • 冬凪や朝日に向けて水切りし中嶋緑庵

  • 冬凪は海のほほえみ波えくぼ西尾照常

  • 冬凪や店の品書き時価ばかり沼宮内かほる

  • 冬凪や夫と建つる生前墓ねぎみそ

  • かそけさは入水の跡に冬凪に野口雅也

  • 冬凪の1/f烏賊の息乃立喰咽

  • 妻と酌む冬凪の映え消ゆるまで野中苦泉

  • 冬凪や世に染まぬ子に荷を送る野々かおり

  • 冬凪や訛り聞きつつ飛魚竹輪則本久江

  • 石段の老人照らし冬凪ぬ白雨

  • 冬凪のアニメ業界離職率白銀の月

  • 冬凪のハイタッチする姉妹かな白咒と蒸しエビ

  • 冬の凪手術へ向ふ夫の背葉月けゐ

  • 冬凪や神の機嫌はうるはしく蜂鳥子

  • 冬凪や釣果競へる父子の帰路英凡水

  • 冬凪や遠い方のコンビニへ浜けい

  • 冬凪や漁師の嫁御産着干す浜友輔

  • 冬凪や宿の窓から熱海城葉るみ

  • 冬凪や漁協直営道の駅春幸

  • 冬凪の朝や原発再稼働万里の森

  • 冬凪て集合かかる草野球東の山

  • 冬凪やミサイル百発撃ち込まれ東原桜空

  • 逆光の島赤き冬凪に浮く比企野朋詠

  • 七十路の知己の新著や冬凪げる美竹花蘭

  • 冬凪や今一度海にほひたり日吉とみ菜

  • 冬凪や外湯巡りの宿の下駄ふくじろう

  • 冬凪や剪定ばさみ買う余命福田みやき

  • 冬凪や小さき棚田の跡無数福ネコ

  • 高卒認定目指す三十路や冬凪るふくろう悠々

  • 冬凪やきっと最後のじゃあまたね藤田咲

  • 冬凪やどこにも行かぬ軍艦島藤田康子

  • 煮凝を食ろうて迷い込む冬凪船橋こまこ

  • 冬凪や飛び降りの痕さする君風友

  • 冬凪や海賊船の着く港べびぽん

  • 冬凪や瀬戸の海原鏡張り芳明

  • 冬凪や湊のおかん笑ひ満つ墨純

  • 冬凪のなづる飛び石九十九湾星乃ぽっち

  • 冬凪や朝餉の吾子の箸使い凡句楽直

  • 冬凪や無職の夫の髪を切る凡々

  • 冬凪やシテ跨ぎゆく石舞台前田冬水

  • 冬凪や娘と読む「赤毛のアン」茉叶

  • 冬凪や母の背中に負ったまま眞熊

  • 冬凪ぎて曳き波のゆく水鏡眞さ野

  • 冬凪や最初はグーにチョキを出すまさを

  • 冬凪ぎの似合う白髪の二人なり松浦宣子

  • 冬凪や口は達者な九十路松岡玲子

  • 冬凪や航跡雲は島に落つ松田慶一

  • 冬凪に一点鎖線の水平線松本俊彦

  • 冬凪のよくよく梳かす髪ゆたかまめばと

  • 冬凪に岩礁透けて古代めき澪つくし

  • 冬凪や古希の夫婦となつてゐし三崎扁舟

  • 冬凪や昔の友と熱き茶を三島瀬波

  • 冬凪や月食後大人びる月美月舞桜

  • 冬凪や生の褒美は死なりけり水無月葉子

  • 冬凪やここが地球の芯である宮井そら

  • 冬凪や鳶鳴く浜でオカリナを見屋桜花

  • 冬凪や補聴器外し耳掃除雅乃珠晃

  • 冬凪や打ち上げを待つロケットとミラベル

  • 冬凪のけふは年金給付の日みらんだぶぅ

  • 冬凪のゆったり起立投げし浮子ムーンさだこ

  • 冬凪の白銀の海つぶらなる向原てつ

  • たまゆらの翼安らう冬凪よむねあかどり

  • 冬凪の丘まで達す海のいろ紫小寿々

  • 冬凪や旅ゆく神の足並みか村先ときの介

  • 冬凪や海猫の群れ映す海村のあんず

  • 冬凪や従兄危篤の文字電話恵のママ

  • 煎餅の穴へ冬凪閉じ込める本村なつみ

  • 冬凪に内なる恋慕読まれたし樅山楓

  • 冬凪や球皮引っ張る強き腕桃井ゆらら

  • 冬凪やあすに忌明けの寿し処百瀬一兎

  • 冬凪や寝たきり妻の痰切れて森佳月

  • 冬凪の水面へばりつく夕陽森日美香

  • 冬凪に母の無い子の歌流る森 毬子

  • 冬凪や焚場の今は海の中森海まのわ

  • 蟹の絵のバス冬凪に沿うて来しもりさわ

  • 冬凪やどの動画にも夫の声森の水車

  • 冬凪や庭に大蒜猫は来ず八木実

  • 冬凪や日出ずる国にさす光やずさん

  • 冬凪や関釜フェリーは滑るごと山川たゆ

  • 尾長らの喧嘩飛び去り冬凪ぎぬ山口一青

  • 貝の世の大事や冬凪を走る山下古竹

  • 冬凪や慟哭後の吾の放心山育ち

  • 冬凪や舟屋の柱陰細り山田季聴

  • 冬凪や七曜始めの朝であり山田啓子

  • 冬凪や畳めば小さきエコバッグ山田蹴人

  • 冬凪や紺の海から昇る佐渡やまだ童子

  • 冬凪や騎手の鞭待つ最後尾山田はち

  • 冬凪や退院祝う三分粥やまな未

  • 至る地にガタつき無くて冬の凪山本晃

  • 朝ぼらけ冬凪にころり哺乳瓶結城熊雄

  • 波音は星の寝息か冬凪ぎぬ柚木みゆき

  • 冬凪の沈むピアノに音よ降れゆうた

  • 冬凪や株価の上がる裏投資宥光

  • 冬凪や力を抜けと遠き声雪音

  • 冬凪に水の石切りずっと行けゆるランナー

  • 碧天の清き寂しさ冬の凪陽子

  • 冬凪や孫の肌着を手で洗う横田信一

  • 冬凪や会社は軍隊にあらず吉川拓真

  • 犬吠えて罅入りたる冬の凪吉田郁

  • 冬凪の水平線まで祖母の庭吉武茂る

  • 冬凪や棺の中のお母ん吉田びふう

  • 冬凪や「こんにちは」と詐欺師来る吉田わさび

  • 冬凪や仮退院の父の顔よみちとせ

  • 冬凪や信徒減りゆく母教会ラーラ

  • 退院の荷造り冬凪の窓下梨音

  • 忽然と幽霊船や冬凪げり理佳

  • 冬凪や競りの手やりの男衆ルージュ

  • 冬凪のすなほなさまをこつあげす煉獄佐保子

  • 冬凪いで貼り絵の如し鯛の浦連雀

  • 七十路の婚姻届冬の凪六地蔵と狛犬

  • 冬凪や海を抱えて走り込み和光

  • 冬凪や音なき音の底見えずわたなべすずしろ

  • 冬凪や外から拭う窓ガラスわたなべいびぃ

  • 冬凪や鳥居の先に光降る渡辺香野

  • 冬凪や元伊勢の星座がきえた渡辺桃蓮

  • 冬凪の八丈島へ出航す渡辺陽子

  • 冬凪や一色留めし地平線渡邉わかな

  • 冬凪や独り津軽で「じゃない感」321ちいに

  • 冬凪に卵黄の夕陽溶け落ちるANGEL

  • 冬凪や米寿の父の祝い膳あいあい亭みけ子

  • 黒瓦どれも光りて冬の凪藍野絣

  • 冬凪や午後に荒れるは浜の常間岳夫

  • 憧れし客船の波寄する冬凪逢來応來

  • 冬凪といへど小舟は揺れて恋青井季節

  • 冬凪の朝辞令書を受け取りぬ青居 舞

  • 江の島のとんび舞い降り寒の凪大竹八重子

  • 冬凪や友待つ異国ひとり旅赤尾ふたば

  • 家裁への書類ととのひ冬の凪茜むらさき

  • 冬凪や彼を追うのはもうやめるあかめちゃん

  • 冬凪や大丈夫よと嘘を言うあかり

  • 冬凪や3日新甫の前の晩惟久里

  • 冬凪や夜泣き二度目のミルクティー秋永月光

  • 発射の報冬凪の空ただ青く秋野萱

  • 冬凪の解散前夜となりにけり秋野しら露

  • 冬凪や恐るおそると浜へゆく秋代

  • 冬凪の波かき乱すI.C.B.Mアクエリアスの水

  • 冬凪を眺める吾は貝になる芥茶古美

  • 冬凪や母の繰り言耳朶を打つあくび指南

  • 冬凪や音なき音に耳澄ます淺井翠

  • 冬凪や歯抜けのジェンガ押す速度朝霧七海

  • 注目をされぬ自由よ冬の凪あさのとびら

  • 冬凪や迫りし曇天へ駆ける朝日雫

  • ざわざわとせる心冬凪よきたれ亜紗舞那

  • 冬凪に星の王子のやってきてアシツノカラ

  • 冬凪や風待つ船旗の知らぬ振り飛鳥井薫

  • 羽やすめ大空に向く冬凪よあすなろの幸

  • 冬凪やお釜の蓋を細き湯気トウ甘藻

  • 冬凪に優しきギャルの通る声新子熊耳

  • キミが淹れたココア沁み入る冬凪アツシ

  • 冬凪にトロイメライの指くぐり天晴鈍ぞ孤

  • 冬凪や天を写して鴨渡る跡部榮喜

  • 冬凪やイージス艦の乗りごこち姉あね猫

  • 冬凪やたおやかな波光をりあねもねワンオ

  • 冬凪やハイブリッドのペダルぐいっ雨霧彦@木ノ芽

  • 冬凪の空を見ている過去は過去雨降りお月さん

  • 冬凪や漁師を継ぐと告ぐる朝荒一葉

  • 水平線も雲に滲みて冬凪荒木俊充

  • 冬凪や波間漂ふ星の影荒木豊

  • 冬凪やわれのこころの似たるかな荒星笑石

  • 喰はれ尽く月寒凪の海のうへありいかな

  • 冬凪いでデッキ華やぐ直島行阿波オードリー

  • 冬凪や疼く体の恋断ちぬ杏っ子

  • 冬凪や泡沫のリハーモナイズ飯沼深生

  • 糸垂らす我ら冬凪にタプンと飯村ヤーキン

  • 冬凪のドローン我れ名パイロット飯村ヤーキン

  • 冬凪に別れを決めて砂払うイカロス

  • 冬凪にプカリ漂う葉巻の香粋庵仁空

  • 冬凪や引き際しづか波しづか生野薫

  • 冬凪や心ひとつさだまらず池内ねこバアバ

  • 冬凪や猫の背伸びす魚見台池田桐人

  • 冬凪やあの日の瓦礫残る浜池之端昇雲

  • 冬凪や刑事ドラマの崖っぷち石井彩音

  • 冬凪いで一直線に日の沈む石井秀一

  • 冬凪がいつまで続くと空見上げ石川明世

  • 冬凪や君の記憶に手を振りぬ石川初子

  • 冬凪の心をひとつ抱えてる石橋千佳子

  • 冬凪や光の道に凧憩み石原直子

  • 冬凪や河原の鴉点を生む石原花野

  • 冬凪や怒濤の後の風の音泉恵風

  • 冬凪や浚渫船の黒き影和泉攷

  • 冬凪や波間に曙光見出しつ伊泉不洋

  • 電車から眺む冬凪光る朝遺跡納期

  • 冬凪や貝殻ひとつ砕く手よいその松茸

  • 冬凪のレース後続の息遣い市川りす

  • 冬凪に海猫の声昼寝せむいつかある日

  • 冬凪や今がチャンスとプロポーズいっちゃん法師

  • 制服を正すや冬凪の鏡井出奈津美

  • 冬凪の竿の穂先に白き富士伊藤薫

  • 冬凪ぎて砂にブルーのガラス玉伊藤節子

  • 冬凪や海をやさしく抱く山伊藤順女

  • 冬凪や瀬戸内の島灯り見え伊藤節子

  • 冬凪に遠く消えいる友の声稲葉 こいち

  • 冬凪の光はすでにスマホなか稲葉雀子

  • 冬凪や夕陽に染まる露天風呂井上幸子

  • 冬凪や萎れし花も蘇り今井みどり

  • 観覧車軋んで回って冬の凪今井モコ

  • 冬凪ぎてぴたりと魚信途絶えたる岩田勇

  • 冬凪や釣果を誇る父笑顔いわつよ8

  • 窓越しに宝石箱の冬凪や上田文一

  • 冬凪や外泊許可の車窓からうさぎと

  • 音も無く佇んでゐる冬凪や丑十八夜書ク

  • 冬凪の海へゆったり佐渡汽船うちだまみ

  • 冬凪に航跡ひとつ描きけり海口竿富

  • 冬凪や離婚きりだすタイミング梅里和代

  • 冬凪の浜闊歩する人馬かなS・葉子

  • 冬凪いで猫の額をさすりをり榎風子

  • 冬凪や愛犬好きな浜散歩えみばば

  • 冬凪を乱さず羽生結弦跳ぶ遠藤玲奈

  • 冬凪やミサイルの飛ぶ空ありぬ円美々

  • 冬凪やギブスに動き固定され櫻月風香

  • 冬凪の櫓をこぐ祖父のたれる糸大井照彦

  • 冬凪や鈍行列車駅に着くオオイヌノフグリ

  • 冬凪の朝高層階の窓開け放つ大越総

  • 冬凪や遠くにぽっかり青き空大島一声

  • 冬凪にシャッターチャンス水鏡大島薄

  • 冬凪や大漁よりも夫の無事大谷如水

  • 冬凪やただただ遠くを見てる人大野美波

  • 冬凪や膝抱き独り桂浜大原妃

  • ずる休み冬凪眺め握り飯大原雪

  • 冬凪や娘と喧嘩助け舟丘小町

  • 冬凪や拳ふりあげ去る少女岡崎蹊

  • 冬凪や波はしばらく微睡めり岡田明子

  • 冬凪や息子は職にありつけし岡田瑛琳

  • 魚跳ね冬凪こわす大漁旗岡田ぴか

  • しがみつく虫が飛び立つ冬凪におがたみか

  • 冬凪やコート脱ぎし兼六園岡本

  • 冬凪や君はひととき黙り込み岡山小鞠

  • 冬凪や庭に電飾する親子沖らくだ@QLD句会

  • 冬凪や帰る漁船の朝の影奥田早苗

  • 冬凪やノーサイドとはいかぬ恋小倉あんこ

  • 寒凪や下駄からからと古希の帰路村田裕子

  • 東尋坊冬凪に立つ自撮り棒小栗福祥

  • ランタンの炎も憩う冬凪よおざきさちよ

  • 冬凪やディーゼルの音近づきぬ小沢史

  • 冬凪だ今だ舟出だ櫂を挿せお散歩じいじ

  • 冬凪や露天風呂入るガン湯治お品まり

  • 冬凪ぎてプリン明日より無菌室音館由佳

  • 冬凪や風呂の湯揺する心の臓落句言

  • 冬凪を踊るが様に老散歩小野ぼけろうじん

  • 冬凪や窓は全開九十九折小林昇

  • 冬凪や消え残りたる岩の華帯壱

  • 冬凪や子のお迎えに駆けてゆく織音

  • 味噌汁に十二の野菜冬の凪海堂一花

  • 冬凪をジェット音南へ西へ灰頭徨鴉

  • 冬凪やまた来なさいと車窓よりかえるL

  • 冬凪の陋居三和土に下駄二足案山子@いつき組広ブロ俳句部

  • 冬凪に苦き茶旨し午後3時梶浦和子

  • 冬凪や季節の煮物うましかなかじまとしこ

  • 冬凪て漁父の口元緩む朝花純

  • 冬凪にサラサラと砂山くずし片岡龍一

  • 冬凪や和諧勧める天の声桂葉子

  • 鳥飛びてただ二人いる冬凪や加藤暖

  • 冬凪や釣果なくとも糸垂らし加藤雄三

  • 冬凪や踏切る跳箱着地立つ叶田屋

  • 冬凪や「ひざ掛けどうぞ」テラス席金田由香

  • 冬凪の海岸線を手をつなぎかぬまっこ

  • 冬凪の日溜り歩く帰り道金子真美

  • 冬凪や黙の給食真っ盛り神谷米子

  • 凍凪や海岸道路に追想す亀井汀風

  • 冬凪の瀬戸内海は平和なり亀田稇

  • 屋久杉と雨を見つめる冬凪鴨野白葱

  • 冬凪に渋谷ハイタッチの喧騒かもめ

  • 冬凪にモアイ巨像の響きかな加山シンゴ

  • 冬凪ぎて告白のタイミング来る加裕子

  • 冬凪と夕陽眺むる待合所川端芙弥

  • 冬凪に大船浮かぶ博多の津川辺柿食人

  • 冬凪や外国船か幻かカワムラ一重

  • 冬凪や一人居の庭に真っ赤な花樺久美

  • 冬凪や疑心暗鬼になる天気漢方十七錠

  • 冬凪のかりそめの恋ほのかなり紀杏里

  • 冬凪やゆるりと参ろう紙ヒコーキ木口まり子

  • ジャイキリの歓喜冬凪を切り裂く岸本元世

  • 冬凪に紫煙くゆらす老漁師酒暮

  • 冬凪や何度も読み返す手紙北大路京介

  • 春待たず異国へ帰る冬凪を規田素乃子

  • 冬凪や親子喧嘩に水入る木寺仙游

  • 昨日荒れし海冬凪に安らげり木原洋子

  • 逼るサンフラワー冬凪の波止場木村かおり

  • 冬凪やトロ箱満杯セリの声木村修芳

  • 冬凪や砂の彫刻鏝さばき鳩礼

  • 冬凪や涙を湛え眠る吾子紀友梨

  • 冬凪やサップのパドルにも波紋清鱒

  • 心持ち冬凪の日に終活す桐山榮壽

  • 冬凪やひとかたまりの海として銀溟さきのすけ

  • やさしいをこわいと覚ゆ冬凪ぎぬ銀紙

  • 冬凪の下にトンネル声と渡る銀髪作務衣

  • 冬凪は油断禁物明日凍てる草道久幸

  • 冬凪やチャンスボールを見逃して工藤雨読

  • 雨止みて冬凪の夜酒五合國枝瞬山

  • 冬凪や奇岩の上に松一本國吉敦子

  • 冬凪よ伊予の母から訃報聞くぐりぐら京子

  • 冬凪とノッティング・ヒルのブラウニー栗子

  • 弾逸れて冬凪深き鰍沢来ヶ谷雪

  • 坂道の冬凪をゆく添えぬまま黒川裕介

  • 移動販売車待つ冬なぎの午後桑田栞

  • 冬凪や光きらきら夕日かな月昭

  • 冬凪へ腹を映して一番機紫雲英

  • 冬凪の束の間の時離陸するけんさん

  • 冬凪や共に歩みし友去りて郷りん

  • 冬凪や繰り返し聴くラブソング柑たちばな

  • 冬凪て揺れも音なき北の窓康寿

  • 冬凪にルアー見切らる埠頭かな宏楽

  • 傷痕にひととき優し冬凪げる幸織奈

  • 冬凪やとび跳ねる海老賀寿祝いコケコッコー

  • 冬凪やホットミルクの甘き湯気ココヨシ

  • スタジアムの快音かなた冬凪ぎぬ小杉泰文

  • 冬凪やきみのほっぺも塩の味来冬邦子

  • 冬凪やユーミンの歌を聴いている小鳥乃鈴音

  • 冬凪や両手に余るランドセル虎八花乙

  • 冬凪の静寂やぶる雷鳴が小林巌

  • 冬凪の波打ち際の音の微か小林のりこ

  • 冬凪にちろちろ燃える陽熱しこまたれぶー

  • 冬凪に遊ぶはカモメひとり見るこむぎ

  • 冬凪や点滅青に立ち止まる小山秀行

  • 冬凪や忘れることの難しさ西條晶夫

  • 冬凪のひすい海岸さまよへば埼玉の巫女

  • 冬凪や見つめて黙る影二つさいとうすすむ

  • 二度目のデート入道崎は冬凪さおきち

  • 冬凪の忘れ置かれし身の軽さ榊昭広

  • 寒凪よ流さるる魚良き南下坂島魁文

  • 冬凪や舫の舟の軋む音坂田雪華

  • 沖眺む老いし漁師や冬の凪坂田雪華

  • 冬凪や目映い海に鳶の声櫻井弘子

  • 冬凪や西日の粒子おちこちに笹弓

  • 冬凪に怒り納めてお茶を飲むさざんか

  • 冬凪やきらりと眩し瀬戸の海佐竹草流

  • 冬凪やあずかり知らぬ風の向き砂月みれい

  • 冬凪のひなたよちよち歩きかなさっち

  • 冬凪や生活運ぶ定期船薩摩じったくい

  • 冬凪に包丁研いて待つ釣果佐藤しのぶ

  • 冬凪や水面きららか魚市場佐藤俊

  • 寒凪や離職者データ分析す佐藤レアレア

  • 冬凪の前浜の先国後島三角山子

  • 冬凪に八の字の波流れ行く斬九郎

  • 冬凪を切り裂くフェリー佐渡ヶ島三尺 玉子

  • 冬凪やこんな日もある吾の余生塩原香子

  • 冬凪の鏡を飛ぶは北の使者しかの光爺

  • 冬凪や降ろせど居座る膝の猫四季彩

  • 冬凪やこまい手のえさ鹿の島じきばのミヨシ

  • 瞳閉じ耳を澄ませば冬の凪詩寿湖

  • 冬凪や辞めると決めた日の匂ひ紫檀豆蔵

  • 冬凪とてその果てに荒れるが海七葉

  • 冬凪や鍔迫り合いに充つる声篠崎彰

  • 冬凪や三十年目のペンライト柴桜子

  • 冬凪の浜で語らう鴎二羽芝G

  • 冬凪やおやつタイムを待つイルカ柴森爽

  • 冬凪や歩数伸ばして万歩計しぶ亭

  • 冬凪にやっと休めて介護の手島じい子

  • 冬凪は臆せず夜のウォーキング縞子勾苑

  • 冬凪に降り来し天使の梯子かな島田一容

  • 冬凪のヤコブの梯子目に眩し釋愚拙

  • 冬凪の成木の先にひとふたつ釋北城

  • 冬凪や乳飲み子寝付く午前二時秋月てまり

  • 冬凪や釣果なくとも海楽し秀耕

  • 冬凪や津軽の宴千畳敷柊ニ

  • 冬凪や浜辺で風を待つ彼ら朱康君

  • 冬凪や壱岐の猿岩悠然とじゅんこ

  • 冬凪の埋め立て地にて太極拳じょいふるとしちゃん

  • 冬凪や我を飲み込む喪失感祥雲

  • 冬凪は映画の海を想わせてショートケーキ

  • 冬凪の紀伊水道や万華鏡白井百合子

  • 冬凪やハングル映える朽ちた船信州のあっくん

  • 冬凪や歩道に一葉忘れ物森牧亭遊好

  • 冬凪や建築現場ティータイム酔軒

  • 冬凪を深呼吸して独り占め水蜜桃

  • 冬凪を撮りてスマホに閉じ込める杉浦真子

  • 冬凪の三浦岬や海の濃く杉尾芭蕉

  • 冬凪や抜きつ抜かれつ猫二匹杉本果ら

  • 冬凪や碇沈める音を聞く杉柳才

  • 冬凪に山門の仁王ひと呼吸鈴木静子

  • 冬凪の波を送りて婆渡れ鈴木福子

  • 冬凪や期試験の迫り来る諏訪次郎

  • 寒凪や網繕いて背ふたつ青児

  • 冬凪の海平らかに果てしなき勢田清

  • 解体しひととき更地冬凪や星夢光風

  • 冬凪やマラソンのわき喪に急ぐ清瑶

  • 冬凪やにぎり寿司売る鮮魚店瀬尾白果

  • 恋砕け冬凪の岸をいま離る瀬紀

  • 冬凪や背すじをのばし息一つ関根洋子

  • 吾子たちの世話のやく寒凪日和瀬野広純

  • 冬凪や手紙を入れたガラス瓶千@いつき組広ブロ俳句部

  • 冬凪や時空を超えし船の旅そうま純香

  • 日々冬凪水面に映る我が幸せそしじみえこ

  • 喧嘩して見上げた空は冬凪に園蜩

  • 冬凪や三年ぶりの九十九里

  • 冬凪の夕暮れ時のとびつくら宙まあみん

  • 冬凪よ妖精っぽい私かなそれいゆ

  • 郷愁の漂着ごみや冬の凪孫太

  • 冬凪や今がチャンスとペダルこぐ駄詩

  • 冬凪や佐渡へ流さる能楽師大ちはる

  • 冬凪や海と空のあわい消え平たか子

  • 賞与減る冬凪の午後ケセラセラ高上ちやこ

  • 冬凪や帰りの船を待つ子供高橋基

  • 冬凪ぎてすずめ休むは塀の上高橋紀代子

  • 冬凪やテトラポットの日の当たり高橋ひろみこ

  • 冬凪の連絡船や澪長し高見正樹

  • 冬凪ぎよ生徒ら入試終えるまでは高山夕灯

  • 冬凪をひとすぢの水尾入り日燃ゆ竹口ゆうこ

  • 戻りざま小船尾を引け冬凪をたすく

  • 凍凪や毛布に集うさくらねこ鶴群

  • 冬凪ぎて軍艦島に上陸す糺ノ森柊

  • 冬凪の漁村港に船一艘唯飛唯游

  • 冬凪やほしがいのちに祈る時立川茜

  • 冬凪や富士そばのカレー南蛮太刀盗人

  • 冬凪や無声映画を見るやうに橘萌香

  • 冬凪の静かを割いて吾子の声田鶴子

  • 冬凪やテトラポッドの殻露わたていし隆松

  • 冬凪や浜はかつての古戦場蓼科嘉

  • 冬凪の入り江時間の滞り田中勲

  • 冬凪や客の表情やわらげり田中ようちゃん

  • 冬凪やひととき止まるタバコかな田中善美

  • 冬凪や歩みをとめてチャイム聴くたなばたともこ

  • 冬凪や炊き出しを待つ人の列谷卓生

  • 冬凪や病癒えし娘窓を開け谷相

  • 冬凪や頬にしっとり手を触れて谷口美奈子

  • 冬凪やヤコブの梯子こんじきに旅女

  • 冬凪や伊豆七島の見える宿玉井令子

  • 冬凪と赤ちゃんの大泣き長しタマゴもたっぷりハムサンド

  • 冬凪や岬の上の異人墓地たま走哉

  • 冬凪や小樽港へと貨物船玉響雷子

  • 冬凪や流木焚いて暖を取るダメ夫

  • 引き潮の川底あらわ冬の凪知恵さん

  • 冬なぎや防風林の息づかい竹庵

  • 冬凪や手持ち無沙汰のパドリングちくりん

  • 冬凪や龍馬像のブーツ見るちっちのきも

  • 聞香の満ちて終わりに見ゆ冬凪智同美月

  • 冬凪にぬうっと頭海驢かな千鳥城@広ブロ俳句部カナダ支部

  • 冬凪やホームの母を明日見舞う千葉睦女

  • 冬凪の遠し車内の二人黙千風もふ

  • 冬凪を一撃したる尾びれ哉ちゃあき

  • 冬凪よスーツケースの足軽く千夜美笑夢

  • 冬凪や空と見合ひてめで合へり澄心静慮

  • 冬凪にカップラーメン啜りをり塚本隆二

  • 冬凪や叫ぶバカヤローもイマイチつきのひと

  • 冬凪や爆音果てなき戦闘の月見里ふく

  • 冬凪に嫁ぎし我も昆布拾い辻瑛美

  • 在りし日の友の笑顔や冬凪に辻本四季鳥

  • 冬凪にチーズケーキの如き艶土屋ひこぼし

  • 冬凪の対馬や蒙古襲来す土谷海郷

  • 冬凪や瀬戸内海に船ゆらり椿律

  • 座るのはとらやの包み冬凪よ露口全速

  • 冬凪や予約しようか悩む母デイジーキャンディー

  • 冬凪やご無沙汰気味の父母の墓寧陪禰

  • 冬凪が招く不幸を忘れまい手嶋錦流

  • 冬凪て水面の金銀生まれけり徹光よし季

  • 冬凪や三匹の猫船を待つてつねこ

  • 冬凪の眠りを覚ます魚信かなてまり

  • 冬凪や船水平の海の外

  • 冬凪に航跡まぶし出船見ゆ峠南門

  • 去るならば砲音と行け冬凪よ東野律

  • 冬凪に母から届くにしん漬け道見りつこ

  • 冬凪や無口な君と僕と海遠峰熊野

  • 冬凪や自分を緩め解きほぐし時小町

  • 目の前のいのちの電話冬凪げりとき坊

  • 冬凪や陽射し手かざし鳥の影徳庵

  • 梨泰院の冬凪ぐ朝にタイマーの音床の間々

  • 冬凪やむく犬の尾のピンと立ち杼けいこ

  • 冬凪や猫の涙もとどまりぬ土手かぼちゃん

  • 寒凪にディキャンプのテント咲く富田松夫

  • 冬凪やプラマイゼロの交際費富野香衣

  • 冬凪や還暦過ぎの同窓会登盛満

  • 東尋坊冬凪ぐちゃりJアラート鳥元優子

  • 怠重のワクチン冬凪のキラリ内藤未来仁

  • 冬凪や盆石の海静かなり内藤由子

  • 冬凪や豚カツの衣サクサクなかかよ

  • 冬凪に沈む陽ながめセザンヌか中嶋 和久

  • 冬凪や痛み薄らぐ日となりぬ中島圭子

  • 冬凪やサーフボードの甲羅干し中島走吟

  • 冬凪の生簀に河豚は沈みけり中島隆

  • 空に鳶ゆるり旋回冬の凪中嶋敏子

  • 冬凪やチャコの海岸口ずさみ中島葉月

  • 冬凪に響く足音一人分中西歌子

  • 冬凪や雲の切間を切る鳶中原柊ニ

  • 冬凪に中平保志立ちてをり中平保志

  • 冬凪の富山湾には幸満ちて中村こゆき

  • 冬凪やパラグライダーティタイム中村あつこ

  • 形見なるボトルシップや冬の凪中山由

  • 冬凪のポンデン見つめ若き漁夫那須のお漬物

  • 冬凪を堪らずぴちゃと跳ねた魚夏雲ブン太

  • 冬凪や変わらぬ日々を今日明日夏空なみ

  • 冬凪の浜に時計を失いぬ夏椿咲く

  • 冬凪ぎや庭に葉っぱの山ひとつ夏野あおのり

  • シャッター静め冬凪見ゆる月夏目十貫

  • 冬凪や「ご飯よ」と隣りの隣り菜々の花畑

  • 冬凪ぎて石切り遠くまで跳ねよ⑦パパ@いつき組広ブロ俳句部

  • 冬凪のきらり離婚を決めし日よ名計宗幸

  • 冬凪の海の彼方に煙立つ楢猫

  • 年老いてこれも良きかな冬凪の南全星びぼ

  • 冬凪や歩いてパン屋まで五分新美妙子

  • 冬凪や在宅なれど白髪染めにいやのる

  • 冬凪の航跡消えぬ壇の浦西の京あんこ

  • 冬凪やガールズバーに行く漁師西村棗

  • 警策の感触かすか冬の凪新田ダミアナ

  • 冬凪に遠国波濤垣間見るにのまえはじめ

  • 身籠りて響く心音冬の凪二和田躬江

  • 冬凪や天王星の蝕さるる庭野環石

  • 冬凪やはしゃぐ幼子にじむ汗ねがみともみ

  • 冬凪よ続いておくれ筏酔い猫辻みいにゃん

  • 冬凪に明日へと血汐ととのへり根々雅水

  • 冬凪げる船やでかめの握り飯ノアノア

  • 冬凪や寄せ返す波にまどろむ埜水

  • 冬凪や生まれたままの夕日落つノセミコ

  • 冬凪に未来や語る吾と妻野中泰風

  • 冬凪や郷土史書架の窓の外海苔和

  • 冬凪に玉浮きぽやんとして消ゆ羽織茶屋

  • 冬凪やちょこっと割ってルビーチョコ白庵

  • 冬凪や兵士つかの間目を閉じるはごろも856

  • 冬凪ぎて露天の湯けむり波静か橋爪利志美

  • 冬凪や遠心力に浮く干物橋本こはく

  • 古稀過ぎて早一年か冬の凪馬笑

  • 冬凪や千早乱れぬ波の道芭蕉布

  • 冬凪や波に漂ふ鳥あまた蓮見玲

  • 冬凪やかつて震洋秘せし洞長谷川水素

  • 冬凪の単身笑い鍋くらう長谷島 弘安

  • 冬凪や吾の影側に従へて八九テン

  • 冬凪や餌団子落とし覗く底パッキンマン

  • オカリナの音柔らかし冬凪や初野文子

  • 冬凪や写真の後に騒ぐ子ら花内淳開

  • 果てのある夫の吐息や冬の凪花岡淑子

  • 冬凪に船上の鍋掻く杓文字花弘

  • 冬凪や行李にひなた犬眠る花咲みさき

  • 冬凪や忘れたきひと行き違ふ花和音

  • 冬凪はこころ変えないために見る羽沖

  • 冬凪やドリルの解答燃やす父ぱぷりかまめ

  • 冬凪の知林ヶ島に初あんよ浜崎ナオト

  • 冬凪へ宙へ自転車回転す林省造

  • 冬凪にあの日の無念今もなお原厚子

  • 冬凪や彼の人遠く灰の空原善枝

  • きみ去りて冬凪の海光りをりぱらん

  • 冬凪や流木の刀振り回す子らharu.k

  • 冬凪や砂の指よりこぼれ落つharu_sumomo

  • あの島が父のふるさと冬の凪 春海のたり

  • 冬凪やひとり竿立て時すごすはるる

  • 冬凪やフライドポテト狙ふ鳶HNKAGA

  • 冬凪やお見送りする家のかど榛名ピグモン

  • 冬凪やアイアンショット届くまでひーちゃんw

  • 新しき魚道探せと冬凪に東津村 流坊

  • 冬凪や六甲の山静寂東山たかこ

  • 冬凪や子を抱く父の下がる眉光源爺

  • 冬凪げる集積所には鴉二羽ひぐちいちおう(一応)

  • 冬凪やゆるり3分茶葉ひらく樋口ひろみ

  • 冬凪の砂に流木白く果つ菱田芋天

  • 冬凪や真珠母貝に眠りをりひすい風香

  • 冬凪の天橋立船の線向日葵姐@いつき組広ブロ俳句部

  • 冬凪いで無音却って身震い緋夢灯

  • 冬凪や知らないほうがよかったの姫川ひすい

  • 冬凪の穏やかな海傷癒しひめりんご

  • 冬凪や老いた夫婦の阿吽かな日向大海

  • 湘南の沖ゆく船や冬の凪平井千恵子

  • 冬凪や焼き貝にほふ浜の市平井由里子

  • 冬凪や病床ゆ見ゆ雲愉し平岡梅

  • 会合の司会果せて冬の凪平岡花泉

  • 出航の誘惑めくや冬凪す比良山

  • 冬凪よどうかこのまま村は静か廣重

  • 冬凪や精密機械なる身体広島立葵

  • 冬凪に並ぶじゃこ天は揚げたてひろ夢

  • 冬凪や昔の日々の浮かび来る琵琶京子

  • 寒凪を衝いて買いゆくバンルージュ風泉

  • 冬凪や富士の高嶺は銀世界FUFU

  • 冬凪や釣果を語る男たち福川敏機

  • 冬凪や不知火海にレクイエム福田公明

  • 眦上げ的射る童冬凪や福弓

  • 冬凪や思考停止の二分間藤井かすみそう

  • 冬凪のデッキ賑はふ飛ぶ鴎藤川鴎叫

  • 冬凪や白波ひそめぼうずなり藤川哲生

  • 冬凪に侘し船出や汽笛鳴る藤川雅子

  • 冬凪ぎや途中下車したのは多度津藤れんぎょう

  • 冬凪やふたりでお茶を嫁姑藤原訓子

  • 現れて消えてUFO冬凪に藤原素粒子

  • 冬凪や晴海に聳える鉄キリン双葉@あさ葉会

  • 冬凪といえど海鵜の声響く古澤久良

  • 冬凪に夕日とバイク肴かなヘッドホン

  • 自転車の近づく音や冬凪のほうすい

  • ほんものの冬凪見ゆるディズニーシー北欧小町

  • 冬凪や皆既月食かひま見るほこ

  • 冬凪とまったりすごす膝の猫星雅綺羅璃

  • 冬凪やモルヒネ誘ふ癌末期甫舟

  • 冬凪の夫の手さする看取りかな細川小春

  • 冬凪や鳥も車もこれからもポト

  • 冬凪や口には甘きドロップス堀川卓郎

  • 冬凪に落つる涙は一つだけ堀籠美雪

  • 冬凪や手術を終えて眠る母凡狸子

  • 冬凪に速度超過の我ひとり舞白祖父登

  • 湯を入れて待つ冬凪の二分半前田麺

  • 冬凪や君の口から「ホテル」とは!正岡丹ん

  • 冬凪や心音響く初キッス雅蔵

  • 冬凪を切り裂き船の遠ざかり松井酔呆

  • 凍凪や港教会鐘が泣く松尾祇敲

  • 海老船が冬凪の中帰りきぬ松尾美郷

  • 冬凪の鳶が輪を描く空の碧松尾老圃

  • 冬凪や心の隅に空き作り松川梅子

  • マラソンの一群過ぎて冬凪に松平武史

  • おだやかな日々を願へば冬の凪まつとしきかわ

  • 冬凪やてるてる坊主のゆれぬ日松野蘭

  • 冬凪や外湯巡りの下駄の音ふくじろう

  • 冬凪やコロナの後は消費税松本千春

  • 冬凪のスルメ焼くだるま五能線松本裕子

  • 海鳴りの止みて悲しき冬凪に松本牧子

  • 冬凪にトンビも寛ぐ防波堤茉莉花

  • 冬凪や万感胸にお遍路へ招き幸運

  • 洗車して冬凪の間に水やりもまほろば菊池

  • 冬凪て船の帆高し月の浦瑪麗

  • 冬凪や海光紅くひろがりて真理庵

  • 冬凪や寝付きし孫の足の裏まるにの子

  • 冬凪や定置網へと叔父の船丸山隆子

  • 冬凪の海もういちど見てみたし三浦ゆりこ

  • 冬凪も荒波もなき防波堤三日月なな子

  • 冬凪に終日アガサ読み耽り三上栞

  • 何もないそう感じて怖い冬凪は三粂ニ乙

  • 冬凪やここぞと誘い網垂らすMrふじやん。

  • 冬凪やバスの窓から日本海水谷豊海

  • 冬凪で臥所の姉に光射す水乃江辰

  • 夜を刻む振り子時計や冬の凪水野ややすみさん

  • 冬凪のシートベルトは着けたまま三田忠彦

  • 冬凪や東北の村うっすらと光子

  • 冬凪や西日に坐する鑑真像南方日午

  • 冬凪や黒きサーファー二三人皆川徳翁

  • 冬凪や水面に浮かぶ浮子赤し湊かずゆき

  • 冬凪や海女の声する小屋の中みなみはな

  • 冬凪や船出す人の声高く美山つぐみ

  • 漁終えて塩にぎり食う冬凪や宮村寿摩子

  • 一滴の墨の広がり冬凪ぎぬ宮村土々

  • 冬凪に満ちて欠けたる星の業

  • 冬凪の停車駅みなスマホ中霧想衿

  • 冬凪や闘病に勝つより和解睦月くらげ

  • 冬凪やメレンゲはまだ三分立て暝想華

  • 冬凪やもう少しだけ君を待つ茂木りん

  • 冬凪や骨を震わす流行歌杢いう子

  • 冬凪や足指にぎる青に黄に木曜日

  • 冬凪の宇野港暮るる船の影モコ

  • 冬凪や漁村の墓を荒らすモノ望月ゆう

  • 冬凪や書店閉店の激震望月朔

  • 冬凪の浜に残れる風の跡桃香

  • ママチャリと共に風切る冬凪よもり葵

  • 冬凪や母と子の影溶け合ひぬ森茂子

  • 荒くれの男の眠り冬の凪杜乃しずか

  • 冬凪の闇に広がる鐘六つ八重葉

  • 冬凪や波立つ前の素の姿薬膳容子

  • やや傾ぐラバーポールや冬の凪安田栞

  • 冬凪や姉妹そろって庭そうじ痩女

  • 冬凪や無言でバス待つ僕と君柳井るい

  • ダミ声の歌漏れ聞こゆ冬凪よ柳川耀一朗

  • 冬凪の後の猛攻ゴール前柳荷無花果

  • 冬凪や後期高齢誰が言う耶麻

  • 冬凪や思いは遥かなる戦野山口 笑骨

  • 冬凪の空にとどきし太鼓なり山口香子

  • 冬凪や年は取れども海を釣る山口雀昭

  • 冬凪も一家団欒猿団子山口秀樹

  • 寒凪や銚釐左右に酌み交ひて山崎かよ

  • 冬凪や見上げる空はそこはかと山田文妙

  • 冬凪て女将鼻唄漁舟待つ大和杜

  • 冬凪や釣竿の先揺れ止まぬ山辺道児

  • 冬凪や皺の手猫に魚一尾山本裕之

  • 冬凪や君忘却の彼方へと山本蓮子

  • 逆らえぬものに逆らう冬の凪山吉白米

  • 冬凪や海も我が家も縁があるやらや

  • 冬凪の砂浜波のカルテットヤン子

  • 冬凪や問答無用母来る優木ごまヲ

  • 冬凪や傷つくことさへなくなりぬユ綺

  • リール落つ冬凪の陽よ子の背なに柚子こしょう

  • 冬凪や新婦の母になるメイクゆすらご

  • 冬凪やガラガラまわし一等賞ゆづさくら

  • 冬凪や遠く近くに時計の音柚木啓

  • 珈琲に浮かぶマシュマロ冬の凪夢見昼顔

  • 冬の凪待つというたに岩陰に湯屋ゆうや

  • 遠き日の約束よぎる冬の凪陽のばぁば

  • 冬凪に鳥の落とした魚一尾夜香

  • 冬凪へ垂直落下五秒前横浜J子

  • 冬凪の漁解禁の活気かな横山雑煮

  • 冬凪や母の名を呼ぶ「しげちゃん」と横山ひろこ

  • 冬凪や年金貰い買出しに吉哉郎

  • 冬凪の溝のザリガニ様子見によしぎわへい

  • ひと時の冬凪もあり日本海好子

  • 冬の凪楽しいことだけ綴りおり吉田蝸牛子

  • 冬凪て蒼白き空深き海よした山月

  • 冬凪や沖の沖まで静かなり吉藤愛里子

  • 冬凪の鳴り石の浜に立ち尽くす楽和音

  • 結果出て少し息つく冬凪か蘭丸

  • 冬凪や記憶は記憶に執着すリーガル海苔助

  • 冬凪の艶彼方の地のミサイルリコピン

  • 冬凪に静けさ浸る胸騒ぎ流星

  • 冬凪ぎて打たれ撃たれてまだ気鬱流流

  • 冬凪の水面の銀に朱ひとすじルーミイ

  • 冬凪や初孫つれて墓参り玲雄成

  • 冬凪や語らい長し二人連蓮風

  • 冬凪や蕎麦屋の香りそそられるロザリオ巌

  • 冬凪や魚眼レンズの見る世界ろまねす子

  • 冬凪の向こうミサイルの雨降るわかなけん

  • 冬凪や煎餅進む一夜漬けわきのっぽ

  • 冬凪に枯れ枝手折り歩く路渡辺ヤスコ

  • 目の前にいるのに言えず冬凪よ和の光子

今月のアドバイス
夏井いつき先生からの一言アドバイス

●俳号のお願い二つ

①俳号には苗字を!似たような俳号を使う人が増えています。
俳号は、自分の作品をマーキングするための印でもあります。せめて、俳号に名字をつけていただけると有り難く。共に気持ちよく学ぶための小さな心遣いです。

②同一人物が複数の俳号を使って投句するのは、堅くご遠慮下さい。
「いろんな俳号でいっぱい出せば、どれか紹介されるだろう」という考え方は、俳句には馴染みません。丁寧にコツコツと学んでまいりましょう。


●俳句の正しい表記とは?

  • 冬凪の 東西南北 天地人ギザギザ仮面
  • 冬の凪 マルチプレイは 心病み鈴木隆史
  • 冬凪よ 遠くに見ゆる 鳥の群れ立川春風
  • 冬凪よ 神の緩めし 試練かなはむれピノ子
  • 「龍宮の使い」来訪 冬の凪あじさい卓

「五七五の間を空けないで、一行に書く」のが、俳句の正しい表記です。まずは、ここから学んでいきましょう♪


●兼題とは

  • 寒い朝温かいのは昼だけだ#りなりな
  • 寒潮や 父の手荒れて 漁船帰る聖山
  • 在宅勤務の家外は冬風齋藤鉄模写
  • 冬の虹禿頭拭きし時間かな与田鍵
  • 冬空の星見て想う愛し人柳風亭清三

 本俳句サイトでは兼題が出題されています。今回は「冬凪」での募集でした。次回の兼題を確認して、再度挑戦して下さい。


●見間違えた?

  • 飛騨の市冬瓜武骨にでんと居る空木眠兎
  • 遠い祖母しゅんでない冬瓜煮佐や
  • 冬瓜を梅肉でなく餡かけで華樹

 うーむ……「冬凪」と「冬瓜」をうっかり見間違えたということか。あわてん坊の三人。

  • まったりと冬凩やひとり鍋聞亭圭輔

「凪」と「凩」を見間違えたか? 残念。次回の兼題こそはお間違えのないように。


●前回の兼題

  • 仏壇に毎日飾る草の花木下桃白
  • 名前なき草の花の凛として布野悠乃

「草の花」は前回の兼題。〆切を確認の上、ご投句くださいね。


●季重なり

  • 雪虫や冬凪げる空に揺蕩う石若丸
  • 冬凪や庭の枯れ木の安らかさ伊藤足
  • 冬凪や悴む右手のまめぶ汁久保陽平
  • 冬凪や白重なりて山茶花幸内悦夫
  • 桜貝ひろう冬凪のたがそれ立花かおる
  • さえずりが電線に並ぶ冬凪ぎや山崎鈴子

 一句に複数の季語が入ることを「季重なり」といいます。季重なりはタブーではなく、高度なテクニック。季重なりの秀句名句も存在しますが、手練れのウルトラ技だと思って下さい。まずは「一句一季語」からコツコツ練習していきましょう。「冬凪」以外のどれが季語なのか、歳時記を開いて調べてみるのも勉強です。


●文字化け

  • 冬凪や?も酔わず嬉しかろふる雲
  • 冬凪や?に並ぶ鳩一羽毛利尚人

 文字化けは、不可抗力ではあります。推測できる時もあるのですが、この二句は……分からないなあ。


●入力ミス

  • 胎内の心音たしか冬凪ぎる植木彩由

 入力ミス、誤字脱字はよくあります。送信ボタンを押す前の、最後の確認を習慣にしましょう。文字化けは不可抗力に近いけど、文字化けしそうな字を予測できるかも。


●悩ましい……

  • 冬凪の芦ノ湖にガス海賊船上野徹

「冬凪」は天文の季語なので、湖の光景を詠むことがダメとはいいませんが、「ガス」は霧のことだろうから……季重なり?

  • 冬凪や慎みなき銀皿の腸つくも果音

 銀色の皿に何かの腸が慎みなく盛られている……??? とは、どういう光景なのでしょう……。

  • 冬凪やハイウェイに立つ草プリマ美乎梛

 草がプリマのよう?? という比喩は、一体どんな光景を描こうとしたのか……。以上、悩ましい三句でした。


●季語深耕

 風が強く吹き、海は荒れることの多い冬。そんな中にも、風がおさまり波が穏やかになる日もあります。
「冬凪」は天文の季語です。海の様子として詠んでいる句が多かったですね。
 傍題には、「寒凪」「凍凪」があります。「冬凪いで」「冬凪げり」「冬の凪」など歳時記に例句が掲載されているものは可としました。

  • 凪壊して雲崩す風静かにうふふ
  • 風凪や演歌のこぶしこだまする林田リコ
  • 風紋の巾の不思議を問う夕凪今村 ひとみ
  • 夕凪や地底に呼ばる心地して大山小袖
  • 夕凪に想いをはせたラブレターお寺なでしこ
  • 沈黙の波間一息夕凪か長洲雪華

「夕凪」の句が二五句ありました。「夕凪」は、夏の天文の季語ですよ。再確認しておきましょう。


●季語を比喩に使う。

  • 上る煙冬凪のような空の先へvivi
  • 襲いくる腰の痛みは冬凪のごと笠江茂子
  • 冬凪のごと闘病の祖母の笑み鈴木リク
  • 人生の冬凪頃か古希の坂本間美知子

確かに「冬凪」は入っていますが、季語を比喩に使うと、季語としての力が弱まってしまうことは覚えておきましょう。


●類句例

  • 冬凪や猫大あくび日向ぼこあいあい亭みけ子
  • 冬凪や魚河岸の隅猫あくび朝雲列
  • 冬凪の桟橋猫の大あくび池之端モルト
  • 冬凪いで波止場の猫が欠伸せし加藤雄三
  • 冬凪の波止に黒猫欠伸する茫々

 なぜか、猫の句が多かった! 六六句もありました。「冬凪」という季語と相性が良すぎるということかなあ。

  • 冬凪や切絵のごとき砕氷船じゃすみん
  • 冬凪や切り絵のやうな貨物船冬のおこじょ
  • 冬凪やミズダコ回る洗濯機井中ひよこ号
  • 冬凪や蛸洗いたる洗濯機杜まお実

 このような類句例を、データとして自分の中に蓄積していくことも、凡人の沼を回避する具体的な方策です。

ご応募はこちら

6月の兼題

「短夜」

過去の審査結果

俳句生活TOPへ戻る