夏井いつき先生の俳句生活

夏井先生のプロフィール

夏井先生のプロフィール

夏井いつき◎1957年(昭和32年)生まれ。
中学校国語教諭を経て、俳人へ転身。俳句集団「いつき組」組長。
2015年初代「俳都松山大使」に就任。『夏井いつきの超カンタン!俳句塾』(世界文化社)等著書多数。

ご応募はこちら

6月の兼題

「短夜」

6月の審査結果発表

兼題「ビール」

お待たせしました! 6月の兼題「ビール」の結果発表でございます。今回もたくさんのご応募ありがとうございました。夏真っ盛りということもあり、みなさんの句に目を通しているうちに、むしょうに冷えたビールが飲みたくなってきました(笑)。夏井先生からのアドバイスも必見です。8月の兼題「蜩」もふるってご応募ください。(編集部より)

「天」「地」「人」「佳作」それぞれの入選作品を発表します。

天
ビールあふれざりあふれざりあふれけり

いかちゃん

夏井いつき先生より

 この手があったか! という一物仕立て。これは、季語の情報だけで一句を成立させる、ちょっと高度な技です。
 ビールをグラスに注ぐ時、上手にギリギリまで、というのは誰でも知っている場面。もうちょっともうちょっと、と注いで、あ~ら溢れちゃった! を体験している人も多いはず。
 が、それを言葉で、しかもこんなふうに単純化して、映像にしてしまうとは、なんという痛快。 泡の文字は書かれていないのですが、「あふれざり」と、続く助動詞を書かないことで、溢れそうで溢れない感じが表現されています。またそのリフレインが、グラスの縁に膨らむ泡をさらにゆっくりと見せていき、下五「あふれけり」の詠嘆まで、泡の映像を現前させていくのです。三度繰り返される「あふれ」の韻も実に効果的。これからビールを注ぐ度に、思い出すに違いない作品です。

地
ビールしゅぽん王冠のひだ咲く形

一斤染乃

「しゅぽん」というオノマトペの既視感は、間違いなく瓶ビールだと思わせる企み。蓋を「王冠」とする見立てもありはしますが、「ひだ咲く形」との描写も巧み。さりげない手練れの技に拍手を送りましょう。

吾に王の髭を授けよ生ビール

古賀

 上五中七は、まるで寓話のようなフレーズです。一体、どう展開するのだろうと身構えると、下五で「生ビール」の泡のことか、というオチをつける。よく考えられた語順で、意外性と納得をアレンジした一句です。

差し招くチームカラーのビール嬢

伊藤薫

 野球場でしょうか、サッカー場でしょうか。どうせならば、我がチームカラーを身に着けている「ビール嬢」のビールを買おうとするのは、ファンとしての身びいきか願掛けか。「差し招く」から入る展開も巧いですね。

ビール注げ注げ友が隠していた彼女

磐田小

 当たり前すぎる「ビール注げ注げ」から始まっての、後半の展開。オマエに彼女ができた?! という歓声(あるいは悲鳴)や、照れる「友」の表情まで見えてきます。「ビール」という季語の明るさが効いています。

星近き野やビール注ぐ木のジョッキ

けーい〇

 「星近き野や」と、広々とした夜の空間を詠嘆。その後に出現する「ビール」は、缶ビールの類いかと思いきや、「木のジョッキ」です。心満ち足りた大人の時間が見えてきます。木の手触りもなんと豊かなことでしょう。

人
  • 花咲かすやう両手にビールジョッキかな浦野紗知

  • 花束のごとくにビール運ばれ来とかき星

  • はじめてのビール三日月色だつたRUSTY=HISOKA

  • のど翔ける貿易風の生ビールANGEL

  • ビール飲む遅れて動く喉仏愛燦燦

  • ビアガーデンジョッキを合わす肘若しあいむ李景

  • 太陽の味のビールをまづ頼み青井えのこ

  • 山の端の残照透す生ビール青井晴空

  • 円周率えんえん回れビール飲め青田奈央

  • 当選は外野席なり缶ビール茜咲

  • 兄と分かちたり仏壇用ビール赤馬福助

  • 升席の国歌斉唱缶ビールacari

  • のどぼとけ七度びくりと生ビール明惟久里

  • 合否待つ薄いハムカツ缶ビール秋野茜

  • お祝いの号外を手に買うビール秋野しら露

  • ビール酌む君は大人の横顔見せアクエリアスの水

  • 婚約は解消ビールきらきらと朝霧さら

  • レポート送信未明の缶ビール朝霧七海

  • ブルースの溶けたビールを呷る夜明後日めぐみ

  • あの部下の評価査定や缶ビール芦幸

  • 地ビールや終わり損ねのジャズピアノ足立智美

  • ぴんと反る小指の愉悦生ビールat花結い

  • 乾杯をきれいにハモる生ビール阿部八富利

  • 地ビールの香りや吾子に小さき歯天風月日

  • ビールぷはーあれやこれやは以下省略あまぶー

  • 生まれ日の同じと知りてビール旨し綾竹ろびん

  • 生ビール呷るや巴里は赫い月アロイジオ

  • 休日の朝の堕落のビールかな郁松松ちゃん

  • 厨房に泡の杜撰を削ぐビール池内ときこ

  • 海女小屋のスーツのしずく缶ビールいしいるぴなす

  • 紺碧の空を従え生ビール石岡女依

  • 寝床より父の寝息やビール注ぐ磯野昭仁

  • 歯ツ欠けの鳶職人と生ビール石上あまね

  • リスボンの人の匂いや黒ビールいその松茸

  • 中日が勝つまで冷えてゐるビール板柿せっか

  • 地ビールの風呂敷結び冷泉家いたまきし

  • 英国のパブの悪口黑ビール一久恵

  • おれ太宰おまへは中也ビール呑む伊藤映雪

  • 黒ビール飲んで黒猫偲ぶ会糸川ラッコ

  • ビアガーデン県庁に灯の消えぬ窓井中ひよこ号

  • 缶ビールキンキン雨の餃子フェス伊奈川富真乃

  • 定型の辞表三行やれビール井上れんげ

  • 五ドル目のチップや次は黒ビール井納蒼求

  • 槍の穂を仰ぎてビール天下晴いまいやすのり

  • 咽ぶごと龍笛噎せるごとビール伊予吟会宵嵐

  • 貰ふよと亡父に断り飲むビール伊予素数

  • 職ナシ夫ナシテレビとビールアリ伊代ちゃんの娘2

  • リュウグウノツカイゆらゆらゆらビール植木彩由

  • 生温きビール集める通夜の後うえともこ

  • ビール注ぐ修行のごときひと日終へ上原淳子

  • 新しき喪服三杯目のビールうからうから

  • 地ビールや初めての名の鳥を食う宇佐美好子

  • ビールの泡ひと舐め長男長女次女梅鶏

  • 波照間のビール銀河の縁を踏む梅原もずく

  • 泡立たぬ昨夜のビール更年期蝦夷野ごうがしゃ

  • ビアガーデン一番星の沈みゆく蝦夷やなぎ

  • 瓶ビール単身寮の壁の罅越冬こあら@QLD句会

  • 味いつも忘れて色を飲むビール海老海老

  • エントリーシートの余白生ビール海老名吟

  • 缶ビール渡され共犯者めきぬえりべり

  • 今日の火を落として開けるビールかな遠藤一治

  • 生ビールの売り子駆け出す三塁打大小田忍

  • 追伸のやうに立ちつつ飲むビール大山和水

  • 百姓の手と褒められた!ビール注ぐ岡井風紋

  • 水葬を望む夫ゐるビールかな岡田雅喜

  • 喉仏しばし見とれるビールかなオカメインコ

  • この佳き日ビール冷やして無いなんて岡山小鞠

  • 夕日色のビール水平線へそぞく小川さゆみ

  • 上京の子と待ち合わすビアホール小川都

  • 小さき絵買ひて掛けたり缶ビールおきいふ

  • 語ること尽きない僕等缶ビール沖原イヲ

  • 喉から膓にずばんビールの飛泉荻原湧

  • 笑顔のみ交はす異国のビールかな奥田早苗

  • 地ビールといふ故郷の水を呑む音羽凜

  • 瓶ビール喪服の肩の塩の粒海峯企鵝

  • 地ビールにギターと風呂無しワンルームかえるゑる

  • 全快のビールだ君の喉ぼとけカオス

  • かち割りを掻き分け掴み出すビール樫の木

  • ゴジラみな壊せ蹴散らせビール乾す華胥醒子

  • ビアガーデン風のことばを聞き惚れて桂もふもふ

  • ビアジョッキ飲み干す底にでかい月神長誉夫

  • もう来ない君のビールは冷えている紙谷杳子

  • 恋も死もビールも何もかも夜へ亀田荒太

  • 娘の靴は二十七半缶ビール花紋

  • ビールケース積む筋肉の陰は濃し加裕子

  • 法螺ふきは嘘つきじゃないビール澄む加良太知

  • 地ビールや場末のバーに土佐訛りかりそめのビギン

  • ビール注ぎ優勝杯の色にする枯山日明萌

  • 拭き終えし仏壇ぬるきビール酌む川内佳代

  • 甲板のオリオンビール二十歳の夜翡翠工房

  • 大部屋に移れたらしい黒ビール川村湖雪

  • 転職誌二冊とビール提げてゐる川村ひろの

  • 三線やオリオンビールもう一本菅野まこ

  • 竿しまいビール片手に地平線岸壁の龍崎爺

  • うすはりのグラスにビールなほよろし喜多丘一路

  • 論文を書きつつ啜るビールかな着流きるお

  • 缶ビールの点字ほつほつ山は雨きのえのき

  • 働かぬ身になみなみとビール酌む木原洋子

  • ビールこそ佳けれ大往生の通夜木ぼこやしき

  • 缶ビールぬるし求人チラシに×Q&A

  • 抱く嬰(あかご)ビールもともに良き重みきゅうもん@木の芽

  • 普天間の返還まだかビール置く紀友梨

  • 儲からぬ話で終わる缶ビール杏乃みずな

  • 大ジョッキへ握手のかたち生ビール清瀬朱磨

  • 宝石の突沸したやうなビールギル

  • 缶ビール・まんが・屋外洗濯機銀紙

  • ほろほろと一万尺のビールかな菫久

  • 歓迎会ビールの泡の硬きことくぅ

  • ビールの泡水族館の昼下がり楠田草堂

  • 暴徒らの言い分尤もでビール工藤雨読

  • 偽ビール偽夕暮れを見て呑んだ窪田睡鯨

  • ビール一気に今日のわたしは琥珀色熊谷温古

  • 散骨の海にビールも注ぎけり熊本与志朗

  • 四トンの簿書棄てし夜のビールかな蜘蛛野澄香

  • 腰掛けのはずが十年目のビール倉木はじめ

  • ビールぐぴぐぴ浮力の憑依する躰眩む凡

  • 往診の往路真昼のビールかな栗田すずさん

  • なにビール冷えてないって嘘だろう空流峰山

  • 白髪染めやめたビールの蓋をぷしゅう久留里

  • 世界一ぬるきビールをあふりけり愚老

  • 手向けつつ亡父に苦言サシビール黒猫さとみ

  • ビール抜く水平線まで4キロ半健央介

  • ありふれた夜へ缶ビールと帰る謙久

  • レインボー・デモの打ち上げ生ビールケンG

  • 一本のビール自社ビル建てるぞと剣橋こじ

  • 缶ビールぬるしライブは帰りたし公木正

  • 施設へと母送りたる夜のビール幸田梓弓

  • 死化粧の唇へ綿棒のビール小笹いのり

  • 呼び捨ての一人欠けたり酌むビール小杉泰文

  • 鳩尾のぎゆむと痺るる生ビール小だいふく

  • あんなにも骨太だとはビール呑むこてぬぐい

  • インディ・ジョーンズ語る父母とビール古都鈴

  • 飛流直下一尺喉落つるビール粉山

  • 車座の魔法使いのビールかなこま爺

  • 地ビールやぎうぎう詰めの路面席駒村タクト

  • とりあえずビールは人に戻る呪文GONZA

  • 喉仏は別の生き物ビール干す今野淳風

  • 星ひとつ泡に埋めて生ビール齋藤桃杏

  • 青空をにぎやかにする生ビールさいとうすすむ

  • 別居してしばらく経つとビール注ぐ齋藤方南

  • たっぷりと褒美先取りしてビールさおきち

  • 四十路まで尖つてました生ビールさかえ八八六

  • ビール飲む夢捨てられぬ者同士坂口いちお

  • 相続の話終わらんけどビール坂まきか

  • ビール注ぐ未熟なひかり粒立たせさくさく作物

  • 六連勤了へて録画とビールかな桜鯛みわ

  • ビール乾す漁師に黒き喉仏雑魚寝

  • 缶ビール潰して今日の終いかな佐々木ヨウジ

  • 夜空なる星を肴にビールかな佐藤恒治

  • 黒猫の目は砂漠色ビール乾す佐藤レアレア

  • 棍棒めくビール掲げて生きのびる錆田水遊

  • 本日は終わりの句点缶ビール彷徨ういろは

  • 地ビールのラベルに夕陽また逢へるさむしん

  • 入籍を祝うビールの泡ゆたかさやじゅん

  • ビールがため帰路の計略よどみなく沢胡桃

  • ジュリエットの衣装のまゝに生ビール澤田紫

  • 麦酒とは視野にひかりの針飛ばす沢拓庵@いつき組カーリング部

  • 座の誰もビールの恐ろしさを知らず山海和紀

  • ビール酌むメコン川よりぬるき風三月兎

  • 別れると思ってたけどビール注ぐ山月

  • コースターふたつ佳き日の缶ビール潮風の台所

  • あるやうなないやうな憂さ黒ビール塩沢桂子

  • ビール飲む星々喉を流れゆく歯科衛生子

  • 旧姓で妻呼ぶ人とビール酌むじつみのかた

  • 反抗期を山頂に連れビールかなしぼりはf22

  • オマエって呼ぶなよおまえ缶ビール島田あんず

  • べこべこのビールカップや野外フェス嶋田奈緒

  • 船笛は三回缶ビールプシュッしまのなまえ

  • 缶ビールぷしゅ履歴書の白きれい嶋村らぴ

  • 献立見しょうがないなとビール出す在仏変人

  • 丸鶏を開き缶ビールぶっ刺すコンフィ

  • 手をあげろビールの人は手をさげろ清水縞午

  • 縁切りの寺へと向かふビールかな清水三雲

  • 球場の月もビールの友とせり志村狂愚

  • ビールつぐ夫婦のやうにビールつぐ芍薬@独逸

  • 陽の泡を喉へむくむくビアホールじゃすみん

  • 痛いほどビール弾けてホームラン砂楽梨

  • ビール干すあゝ逞しき喉仏秋芳

  • 海は焦げ一番星と生ビール種種番外

  • ビール干す「言へ」と神託下りけりシュリ

  • ビール飲む己が稼ぎといふ旨み順之介@QLD句会

  • ビールつぐ瓶とグラスの良き角度じょいふるとしちゃん

  • ビールぐぐ許したふりをしてぐぐぐ常幸龍BCAD

  • 悪友も半ばは鬼籍缶ビール庄司芳彦

  • 沈黙が発熱しビールがぬるい正念亭若知古

  • ビール瓶拭うタオルに御社名四郎高綱

  • 上司送つて飲み直すビールかな白猫のあくび

  • 揚々と地ビールばかり飲む石屋白プロキオン

  • 啄木と交はすビールが渋苦い白よだか

  • ピグモンを脱ぎバックヤードのビールジン・ケンジ

  • 缶ビール二本目咆哮は象か新城典午

  • 咽喉仏三度動いてビール空真藤乙華

  • 黒麦酒美しき村を夢見たり森牧亭遊好

  • 商談は上々駅弁缶ビール水蜜桃

  • 桜島あふぐ三畳缶ビールすがりとおる

  • 乾杯のビール事務の娘は底なし杉尾芭蕉

  • 夫側へ運ばれてゆく麦酒かな主藤充子

  • 益荒男や祈りの如くビール飲む諏訪次郎

  • 弟の債務の手紙ビール干す世良日守

  • 週末へつづく扉やビール飲むせり坊

  • 指先にきんと鳴る鳴る生ビール千@いつき組広ブロ俳句部

  • 船縁に鱗付きたる缶ビール惣兵衛

  • ビール酌むブルーモスクの月の色そうま純香

  • テレビから沖縄戦の音ビール外鴨南菊

  • また一人辞めたビールが透き通る染井つぐみ

  • 缶ビール株は損切りしておいたたーとるQ

  • ライフルのように上司へ瓶ビール平良嘉列乙

  • ビール浴ぶ知己の破るる恋旨し高瀬小唄

  • ビール干すあいつに金返せと言へず髙田祥聖

  • テーブルの下に猫ゐるビールかな高橋なつ

  • 夕風吹き抜けて山頂のビール卓女

  • 浜ちゃんのサインに染みや瓶ビール多喰身・デラックス

  • 新調の入れ歯ビールとイカフライ竹内菊香

  • 正座して義父なる人とビールかな武田豹悟

  • 脱稿やビールとおほきなる伸びと竹田むべ

  • 背徳は三の倍数ビール冷ゆ多事

  • A評価の夜鋭角に生ビール多数野麻仁男

  • 支給日のビールや月はぺかぺかしただ地蔵

  • りんりんと喉に鳴らせるビールかな多々良海月

  • 一人だと気付いてしまうビールかな立田鯊夢@いつき組広ブロ俳句部

  • 女かて嘘ばかりやんビール飲むたていし隆松

  • 望郷の昼のビールに写り込む田中勲

  • ネクタイを緩めビールの道開く田中紺青

  • ナポリタン爆ぜつ切なるビールの来玉家屋

  • 晴れ男ひとり組み込みビアガーデン玉響雷子

  • 瓶ビール持つ大根抜くかのごと丹波らる

  • 缶ビールイミテーションは5キャラット千歳みち乃

  • 青空ってよいなビール飲み干す千早安寿

  • 宿題を教へつつ手にビールかな月石幸

  • 左遷通告する部下にまずビールつきのひと

  • 稜線はおぼろげ宵のビアガーデン月待小石

  • 詩一篇麦酒三杯海の宿柘植雅一

  • 国境を沈めてビール澄みにけり辻野花

  • 生きる意味それぞれ俺は缶ビールつちや海郷

  • モーニング脱いで深夜のビールかな津々うらら

  • ネッシーはいると思うに挙手ビール綱川羽音

  • 星の香のビール火は火を御しきれずツナ好

  • 真人間ぶった吉田のビール飲む翼つばさ

  • 缶ビール自分の機嫌を取る自分丁鼻トゥエルブ

  • 恋仇一つ席空け呑むビール輝久

  • 真夜中の不良座りの缶ビール天陽ゆう

  • 校了や赤ペン置いて缶ビール遠峰熊野

  • ちゃんと生きちゃんとサボってビール飲む時小町

  • ビール美味微睡みさうな名古屋弁トマト使いめりるりら

  • 教師とか妻とか母とか生ビール苫野とまや

  • 若き君のごとつぎたての生ビール冨川友香理

  • 宅配を頼むオムツと黒ビール豊岡重翁

  • 企画書採用黒ビール開けよう鳥田政宗

  • 西安の市場柄杓で注ぐ麦酒豚々舎休庵

  • 移住地の大いなる雲缶ビール中里凜

  • 麦酒酌む加減乗除に解けぬ夜中原柊ニ

  • まつたうな父の最期や缶ビール夏湖乃

  • 地ビールの泡は軽快湖の町夏椿咲く

  • ビール温まり拾骨に呼ばれゆく夏雨ちや

  • ひと口めのビールのどぼとけ無言南全星びぼ

  • 地ビールで大きな話でもしよう西田月旦

  • 開栓のビール四半期やや黒字西野誓光

  • キンキンのビール異国のゲリラの死螺原トモ

  • ほがらかにビール飲め飲め生前葬にゃん

  • ビール飲み干す雲の比重を軽くして仁和田永

  • 自販機の冷たき音や缶ビール布村柚子

  • 麦酒苦し窓際社員楽し濃厚エッグタルト

  • 独り言の訛りは抜けずビールぷしゅノセミコ

  • 停車三分キヨスクで缶ビール野原蛍草

  • 相続税を納めて独り缶ビールはぐれ杤餅

  • お父さんは目ン玉食べるビール飲むはせがわ水素

  • 「ビールじやない人」ゆるゆると手を挙ぐる長谷機械児

  • 同僚に婚約指輪ビアガーデン羽奈あかり

  • 笛太鼓遠しビール呷りて帰る花筐狂子

  • 歓声の中ビールジョッキの進み行く花咲春

  • 次の世はビールの飲める人になる花咲明日香

  • 惚れるや太宰の麦酒の喉仏英ルナ

  • あわあわと抜けゆく敬語生ビールぱぷりかまめ

  • 眉唾も混ざり近況生ビール林省造

  • うつしよをビールの泡のあかるさよ林山千港

  • 打上げの麦酒に知らぬ貌ばかり巴里乃嬬

  • ステッセル乃木将軍に注ぐビールHNKAGAの妻

  • 太陽潮風ビールビールビールひーちゃんw

  • 缶ビール背に開けかけのダンボール東原桜空

  • 陽は西にビールの泡は半分に翡翠詩憶

  • 父の忌の地ビール溢れ日向口美竹花蘭

  • 売上達成金曜日のビール日向こるり

  • ビール飲む父もお客も無き前歯ひなた和佳

  • 仕送りはスマホでできてビールのむ妃可

  • とりあえずビール一年ぶり訛る比良田トルコ石

  • ビール呑む臓腑に象を飼ふここち平本魚水

  • 缶ビールぷしゅと輝き出す夜空広木登一

  • 僕なんか私なんてと飲むビール広瀬康

  • 富士山とジョッキ傾け飲むビールFUFU

  • 折れてゐる肋押さへて生ビール深町明

  • 七三に決めて銀座のビアホール深蒸し茶

  • 昼ビール知多の海豚は欠伸する福田みやき

  • 佳きひとを想ふ独夜のビールかな福弓

  • 泣きながらビールジョッキを離さない藤色葉菜

  • ビール飲んで本音言い出すやつが嫌い藤咲大地

  • 野球帽振ってビールの売り娘呼ぶ藤永桂月

  • 角打ちに荷風携へ昼ビール藤原涼

  • 生ビール夜を富士山のシルエット藤雪陽

  • 片恋のからだ麦酒をろ過しをり風友

  • こんな夜はビールが旨いのだらうな冬島直

  • けふビール辛くて富士そばにひとり古瀬まさあき

  • 売り子よりビール隣の客を経てふるてい

  • 太陽がデカいビールは金色だべびぽん

  • 母のゐぬこれの世にゐて麦酒飲む茫々

  • 叱られぬ人になりけり缶ビール北欧小町

  • 青空へ運ぶビールや歩荷の背星鴉乃雪

  • 月光の麒麟当番ビアホール星野はいかい

  • まずビール飲み干すまでは電話出ず牡丹ゆり

  • ビアホール婿よ我が杯受けて立て堀邦翔

  • 台湾ビール軽し武勇伝三週目牧野冴

  • 父と句の推敲するや生ビール松田慶一

  • 生ビール父はぐびぐび鰓呼吸まっちゃこ

  • ビールきらきら俺の手相はつまらない真冬峰

  • 好きだつた場面言いあふビールかなまめばと

  • 頚椎の動き滑らか生ビールみい

  • 削ぐような山仰見てビール飲む美衣珠

  • ビール飲む世界救ってきたところ三浦にゃじろう

  • 六杯のノルマ楽しいビアホール三茶F

  • 地ビールの榛摺(はりずり)色やフェリーの灯岬ぷるうと

  • 隣は大男立飲みのビール三島瀬波

  • 初ビールぜったい火薬盛っている三隅涙

  • シーリングファンのゆんゆん黒ビールみづちみわ

  • 角打ちのビール淑女の飲みつぷり満る

  • 金色の空金色の生ビールみつれしづく

  • 近況に与太話盛るビールかな見屋桜花

  • ビール飲む吾に髭なし家族なしみやざき白水

  • ビール酌むや遺影は山で撮ったやつみやま千樹

  • ビールバー暮れ染みるイパネマの娘宮村寿摩子

  • あの噂ねほりはほりの麦酒の夜ミンコフスキー

  • ちんたらちんたらちんたら老ゆビール椋本望生

  • 生ビール詩の核たるを流し込む村瀬っち

  • 飲みかけのビール本屋大賞の夜むらのたんぽぽ

  • 契約社員では嫌だ黒ビール望月朔

  • 嫌われて出世ビールは冷え過ぎた百瀬一兎

  • 生ビール舐め取る指の塩の粒桃園ユキチ

  • 泡までも苦きビールに吾の軋むももたもも

  • いつか死ぬ急ぐ必要ある麦酒モリコリゴリ

  • その奥にまだビールあるはずであるもりさわ

  • 行くたびに墓前にビール置いてあり森太郎

  • オヤジらのビールに校歌地区予選もろ智行

  • 丸ビルいっぱいのビール飲んで逝き八重葉

  • ビールビール命びろいの話また山羊座の千賀子

  • 議事録の誤字直す夜の缶ビール安田伝助

  • カチャーシー抜けて飲み干すビールかな柳川耀一郎

  • 初めての義父の呼び捨て喪のビール簗瀬玲子

  • ビールぐびり見えている星いない星やまさきゆみ

  • うそ甘きものに紙コップのビール山本先生

  • 爺ちやんかもしれぬビールが減つている唯果

  • よさこいや路上にビール喇叭飲み柚木みゆき

  • ネクタイの守るみぞおち黒ビール遊羽女

  • 乾杯のビール感嘆詞で会話有野安津

  • 飲みかけのビール次は十三回忌ゆすらご

  • ビール空け君の遠のく心地のす湯屋ゆうや

  • トパーズの左手温きビールかな陽花天

  • 立ち向かふ滾る火鍋や生ビール陽光樹

  • ビール呷る夜の摩天楼傾けて羊似妃

  • 天気雨しゅわわ麦酒は黄金比横縞

  • 乾杯はビールで支払いは後で四葉の苦労婆

  • 解除せぬ落石注意缶ビールよぶこどり

  • ビアホール訛りの同じもの集ひよみ、ちとせ

  • 水滴を拭ってばかりいるビール雷紋

  • ラガービール喉に銀河の膨張す楽花生

  • 生きている優しき匂いビールかなリーガル海苔助

  • 缶ビール京で降りずに西へゆく柳絮

  • 地ビールの泡の残れる硫黄山流流

  • 楽観がやはり正しき生ビール良俗倭人

  • 残照に温むドアノブビアホール麗詩

  • ビール似合う男だったと口々に朗子

  • 金色のビールや父が勝った話渡辺香野

  • 句会後の先生誘ふビールかな渡邉花

  • 生ビール西新宿が火照りだす亘航希

  • 六連勤明けのビールは高いやつ笑笑うさぎ

  • 星空のグランピングの黒ビール逢花菜子

  • 転職を決めて飲み干す黒ビールあまねくみぞれ

  • アルプスに校歌三杯目のビールあみま

  • 筋トレのようだビアジョッキがでかい綾竹あんどれ

  • 5Fのベランダ煙草缶ビールあらあらかしこ

  • 乾杯のビール時計がぼんと鳴る新居真留美

  • 早くオペ終わらせろビール飲ませろあらせもんじ

  • 打席にオオタニ追加の生ビール新多

  • ひとり居てビール可もなく不可もなく蛙里

  • 静けさやコールド負けの夜のビールいくたドロップ

  • 暮れそむる出張先のビアガーデン飯村祐知子

  • ビール出荷百件終えて飲むビールいさな歌鈴

  • 三連敗紙コップのぬるきビール石川巴里

  • 退会を伝えし夜のビールかな石田ひつじ雲

  • 地ビールや湖を眺むるたつこ像石塚碧葉

  • 生ビール白きピアノの祝婚歌石塚彩楓

  • 娑婆のビールや入院書類厚し泉水あやめ

  • 夕暮れや口寂しさに缶ビール泉恵風

  • 電話切りぬるきビールを飲み干す夜遺跡納期

  • 友の墓ヱビスビールで浄めけり一井かおり

  • 泡の中神と話している麦酒伊都

  • 百歳の葬儀賑やか生ビール伊藤亜美子

  • 煌めける湾岸地帯ビール乾す伊藤順女

  • 各々に正義ビールに泡消えて井原冴

  • ビール押しやる喪主の挨拶せし喉へ妹のりこ

  • 好きじゃないビール飲みたくなる夜更け上野眞理

  • 缶ビールひとり異国の司祭館内田こと

  • ベランダに鳥来たし朝の缶ビール靫草子

  • シートマスクぺろり剥がして缶ビール卯波まり

  • ジムノペディ沁みいる夜のビールかな江川月丸

  • 坂口安吾の居た止まり木や生ビール朶美子

  • 汽笛めく恍惚の声生ビール絵夢衷子

  • 言語へのただならぬ愛ビール注ぐ縁穐律

  • 大方に決着無敵なるビール遠藤玲奈

  • のどごしビール重力のキレツキレ旺上林加

  • 泡と化す一日の儲けビール酌む近江菫花

  • ベランダでビール引出物は開けず大岩摩利

  • 野外フェスのテントにぷしと缶ビール緒方朋子

  • 頼るのが下手でビールは静もれるおだむべ

  • ピーカンを祝しベンチで缶ビールおんちゃん。

  • 地ビールの一杯ほどの佳き日かなかいぐりかいぐり

  • ビアグラス細し合コンだつたのか片岡六子

  • このビール干したら本音言うからな彼方ひらく

  • オウンゴール嗚呼と潰せし缶ビール狩谷わぐう

  • ビールジョッキ八つ給仕の力瘤川越羽流

  • 喉頭を焼けよ麦酒よ脈なくば器官

  • ビール飲むプルタブで弾くニルヴァーナ木野桂樹

  • 缶ビール庶民の空の広さかな久我恒子

  • 黒ビール好きで大人になりきれず彩汀

  • ビール注ぐ七三分けの僧侶かなさ乙女龍チヨ

  • ジョッキぶつけてビールたるうれしさよ里山子

  • 地ビールのまろやか小樽運河に灯紗羅ささら

  • なみなみとビールじくじくと悔悟渋谷晶

  • 辞表を書いて平日の黒ビール信州のあっくん

  • 天井の高きホテルのビールかな瀬央ありさ

  • 父帰宅ビールはお傍に我二階蘇我牛子

  • 下戸か否かああ下戸だった初ビールそしじみえこ

  • 充血の月と生温きビールと卓鐘

  • ホスピスの夜を艶めくビールかな立川茜

  • 補助金申請泡だらけのビール千夏乃ありあり

  • 大抵のことは二の次ビール来る玉木たまね

  • 親誘い初ボーナスでビールつぐ千葉睦女

  • つきあひのビールの泡はしづかしづか鶴富士

  • 平民の平日の夜の似非ビール寺尾当卯

  • 幹事乾すぬるきビールや川の風常磐はぜ

  • 進捗は二割やぬるき缶ビールとなりの天然水

  • 高尾山下りてビールよ街の灯よ内藤由子

  • 始末書はすぐ書く行ってて生ビール七瀬ゆきこ

  • 伝説のピッチャー語るビヤホール二十八

  • 打者一巡見届けて買ふビールかな花咲めだ香

  • とりあえずビール昭和が泡となり花南天あん

  • 一杯のビール飲干し名刺破棄原田民久

  • 幕間のビール真犯人は医師播磨陽子

  • 船底は雑魚寝の三等島ビール福良ちどり

  • ビール呑むひつきりなしのザツピング碧西里

  • ウェイブに片手で混じるビールかなまんぷく

  • 黒ビール甘し別れは先に告ぐ水須ぽっぽ

  • 役職で呼ばるる父や瓶ビール港のパン屋

  • 半通夜の手酌のぬるきビールかな宮部里美

  • 生ビール酔えばサザンのラブソングもりやま博士

  • 王将の餃子とビールと恋愛とモンヌ組宮本モンヌ

  • ビール瓶持ちて話しにゆく座敷山内彩月

  • 落成のビールや小さき俺の城山田はち

  • 静謐な五秒ビールが沁みるまで雪音

  • 所在なき通夜振る舞いの瓶ビール横山雑煮

  • ビール瓶かちゃかちゃ鳴らす御用聞き吉田わさび

  • ファールボールかすめ手渡すビールかな吉野川

佳作
  • ビール腑に「む」とか「そ」とかの形して綾波まこと

  • 九九の声響く中華屋ビール飲むイワンモ

  • 地ビールや「母さんが好い」と父さん粳ヤン

  • ビール一箱担ぎ兄の病室へ吽田のう

  • 明日から余生と決めて飲む麦酒越冬こあら@QLD句会

  • 億光年呑みほす夜空ビールかな木口まり子

  • 目を盗み茶碗にビール実に美味しココヨシ

  • ビールで乾杯あれは俺っちやったこと秀道

  • 「生一丁」ビールがちゃんとゴツい腕ちくりん

  • 十段目積んでクフよりビールかな戸部紅屑

  • 幼子の謎のひとつにビールの泡中十七波

  • ビール泡漂ふ紅の滓や吾らん丸

  • 缶ビール開かずのままの三回忌あ・うん

  • 焦点の合わぬ写真やビール飲むEarlyBird

  • ソロキャンプの至福凍らせた麦酒相沢薫

  • ビール飲む何でこんなに悲しいのかあいのびふう

  • 酒呑の友の墓前のビールかな青井季節

  • なぜ聞いたどうせビールを頼むなら蒼月子

  • 通路側確保ビールは飲み放題青居舞

  • 夫婦には記念日数多ビール酌む蒼空蒼子

  • 縁側でビール一口亡き父と青空舞華

  • ビール有り泡の上がりて明日楽し大竹八重子

  • 小手面胴垂麦酒袴道着青に桃々@いつき組俳句迷子の会

  • 何もかも片付かない日ビール注ぐあおのめ

  • 日を送り月を出迎えビアガーデン蒼鳩薫

  • ランニング姿の父や瓶ビール赤尾双葉

  • 超新星爆発めくや缶ビール赤富士マニア

  • ビール食み苦き想いも私す赤目作

  • 意味もなく虫を潰した手でビールあかり

  • セルフの瓶ビール大将はをんな秋白ネリネ

  • 浜焼に海老も踊るや缶ビール昭谷

  • 靴擦れと面接の果てビール干す空地ヶ有

  • 麦酒呑む逆転負けの草野球秋山らいさく

  • あわあわとぬるきビールのロンドンバー芥川春骨

  • 瓶ビール手酌が似合う定食屋あくび指南

  • サヨナラとぬるいビールを飲み干せり淺井翠

  • 瓶ビールケースで届く祖母の家あさいふみよ

  • ビール呷るこの世はただの嚥下音朝雲列

  • 子で埋まるカメラロールとビール瓶あさきまほろ

  • 缶ビールぷしゆり句会はこてんぱん朝月沙都子

  • ノンアルの麦酒を選び人力車あさぬま雅王

  • とりあへずは禁句なれどもまづビールあさのとびら

  • ビール舐め一人の明日を思ってる麻場育子

  • 火照る背に冷えしタオルとビールかな朝日雫

  • 河川敷ビールと串カツ空見上げ亜紗舞那

  • 球場の歓声を縫ふビール売りあじさい卓

  • 缶ビール買って野球を見る風呂屋アシツノカラ

  • 碧眼の話す酒場のビールかな葦屋蛙城

  • バンジョーに踊る泡かな黒ビール飛鳥井薫

  • 黒ビール蘇州夜曲に酔いしれてあすなろの邦

  • まずビール続いてビールまだビール阿曽遊有

  • よく笑う父はビールが好きでした藍創千悠子

  • 調理する母よ片手に缶ビール麻生ツナ子

  • 泡のなきビール残して立ち上がるあたしは斜楽

  • ビールの泡ぷつぷつ妻の愚痴めきてあたなごっち

  • 君の嘘ビールと共に飲み干さん新子熊耳

  • 木漏れ日で君とビールとアルペジオアツシ

  • 言葉なく泣きさうな君ビール注ぐ天晴鈍ぞ孤

  • 「すみません」と空ジョッキ上げビアガーデン渥美こぶこ

  • 王冠の星のいななく生ビール渥美謝蕗牛

  • 浴びるほど飲んで目覚めの初電車跡部榮喜

  • 発つ時を指折り数えビール二杯atoman66

  • 大ジョッキ八つが行き交ふビヤホールあなうさぎ

  • 黒ビール一緒に醜さ飲み干す日あねもねワンオ

  • 甲子園ヒットの度にまたビール天川滴翠

  • 飲み干せばカ行の声でるビールかな数多未完

  • 下戸だけどビール注いでよ今日だけは雨戸ゆらら

  • 冷えてないビールで一人乾杯をあまどかに

  • ここからは摂らぬ水分ビール待つアマリリスと夢

  • 高校生私服で行ったビアホール網野れいこ

  • 墨で「夏子」父となる日の缶ビール雨乙女

  • ボイトレの声で注文黒ビール雨霧彦@木ノ芽

  • 死にたいわぁ言ってた口でビール飲む雨降りお月さん

  • 街歩き旅の余白に生ビール雨李

  • ビール一缶明日は出る部屋の西窓あやせゆうま

  • 地ビールや囲碁打つ祖父を饒舌に新井ゆう

  • ビールの味の肴は君の横顔ぞ荒井類

  • ビール飲も恋も終盤愛はすぐあらかわすすむ

  • 利きビール当たらぬ夜の大人たちありいかな

  • 逆転やビール売り子の手際よし有本としを

  • 太陽と海とビールと世界地図在在空空

  • 缶ビール赤べこが聞く独りごと肖草

  • 献杯のビール五人のクラス会淡湖千優

  • 地ビールの王冠そっと持ち帰る阿波オードリー

  • 右手にビール左手にフライパンアンサトウ

  • 生ぬるきビールの泡よ披露宴安春

  • 過去と今をコップに注ぎのむビール杏子梅

  • 銭湯や水枕良しビール良し飯田淳子

  • 生ビール泡の向こうにホームラン飯沼深生

  • 友の通夜久しき友と呑むビール粋庵仁空

  • 瓶ビール衒いのないふりをしてる目井口可奈

  • ビールジョッキ大テーブルをすべり来るいくみっ句

  • 遅い夕餉分け合うビール心地よし池愛子

  • ひとくち目笑顔の似たりビールかな池内ねこばあば

  • 寅さん来ビール飛ばして泡の壁池田悦子

  • 芝生席一点ごとにビールぷはーっ池田華族

  • 風呂あがり天を仰ぎて飲むビール池田炭

  • 大ジョッキ生の重さの嬉しかり池田桐人

  • 返事待つ真昼のビール缶の汗池ノ村路

  • をちこちにひと生きかへるビールの座イサク

  • 風鈴にしたき響きの瓶ビール石井一草

  • 渓流のビールは悲し何故に石馬勢至

  • 通夜の席ビール酌み合ひ笑ひ声石垣葉星

  • 一日一缶135ミリのビール石垣エリザ

  • ビール飲む相手求める老父かな石川明世

  • 夕間暮れ男同士の生ビール石川明

  • 旧友とウワサをつまむビアガーデン石の上にもケロリン

  • すま餅や婿に渡され父ビール石原しょう

  • 老いの愚痴そこそこにしてビール注ぐ石原花野

  • 雲押し下げ空統べる青生ビール石村香代子

  • 濁声でビール片手に父来たる石本美津

  • 甘きものはビールの泡と巧言と泉晶子

  • 麦酒浴ぶ陣に勝鬨聞き乍ら和泉攷

  • あかね空のどごし香るビールかな伊泉不洋

  • 仏壇に供えた麦酒こくり飲む伊丹八兵衛

  • 始まりも終わりもビールビル屋上伊丹春水

  • 亡き人はビールの泡のその向こう市川卯月

  • 唐揚げを揚げて揚げて缶ビールシュッ市川りす

  • 地ビールぞならばひと口我も我もいちご一会

  • 免罪符翳すかのごと缶ビール無花果邪無

  • いそいそと朝から冷やすビールかなゐてふ@QLD句会

  • 後ろめたきは山頂で買ふビールいつかある日

  • 注ぎ足しをせぬもビールの矜持かな樹魔瑠

  • 県人会まんずまんずと麦酒酌む一秋子

  • 夕さりて友のビールは琥珀色五つ星

  • 帰省待ち選ぶビールや楽しかり一歩千金

  • 父母と彼の緊張解すビール音井出奈津美

  • 「ビール行こ?」面倒だから下戸と言う伊藤テト

  • 逆転打見て追加する生ビール伊藤なおじい

  • さつきまで浮かぬ顔していたビール伊藤正規

  • 土俵よりはみ出す踵またビール伊藤柚良

  • 寄り道のビアホールなり月曜日伊藤小熊猫

  • 発声はまず課長からビール注ぐ稲垣良一

  • 取りあへずビールに待つたかける子らいなだはまち

  • 記念日の自撮りは交互ビール酌む稲葉こいち

  • 泡はずし一気老いても生ビール稲葉雀子

  • 仲良しと思へば喧嘩ビール酌む稲畑とりこ

  • 花束よ昼からビール許されて居並小

  • ご褒美はとっぱらいさて生ビール犬山裕之

  • 酌み交わす人なき夜のビールかな井上幸子

  • 告白を黄金(きん)のビールで喉染めて井上鈴野

  • ビールかけ戒名の慈に泡溜まる井上右彩

  • 胎児に掌ひと口で置くビールかなゐのかたゆきを

  • あお空や夜勤を終えて昼ビール井原昇

  • 賞味期限切れてもビール仏壇に今井淑子

  • めげないと決めて乾杯生ビール今井みどり

  • 金曜日卒乳祝う缶ビール今井モコ

  • プロ野球ビールの売り子背なで見るイマスノリコ

  • クラフトビール行く先々の香りせり井松慈悦

  • 公園でビールちびちび始発待つ今乃武椪

  • 迷わずに胃の腑に落ちしビールかな今林快波

  • 畝立てはあと僅かなりビールまで今村ひとみ

  • おもたせの笹かまビールはキンキン彩人色

  • ビール落ちる自販機の音響く夜五郎八

  • 夕方のグラスに注ぐビール色岩井勇樹

  • ビール呷りて恋愛論佳境岩木順

  • ビール飲みたいなら河馬になりなさいいわきりかつじ

  • かつてのミス女子高ビール干すのどいわさちかこ

  • 誕生日むすこ提げ来る缶ビール岩清水彩香

  • ビール酌むいつか諍ひ消へにけり岩田勇

  • 青天下ビールの味は黄金色岩松良?

  • 夕飯でビール飲むかと白い髭vivi

  • 初ビールこれが自由の入り口植田かず子

  • 眠れずに眺むビールの泡上田めぐみ

  • 山頂の一気にあびるビール哉上野徹

  • ふつと吹くビールの泡も憂きの世も上原まり

  • 銀幕の高倉健の飲むビール上村縷々

  • ビール飲み缶を並べて寝落ちする牛嶋敬子

  • まとまらぬ決議はビールのんでからうた歌妙

  • 選ぶのは今日を帳消しにするビール宇田の月兎

  • 乾杯はビール栓抜き旧社会うちだまみ

  • 人事部の三日先行くビヤガーデン内本惠美子

  • 湯上りのパンツ一丁生ビール空木眠兎

  • 文頭に逆接ビール注がれおりうつぎゆこ

  • 終電だ!ビールが2mmほの甘いうどんはひやあつ派

  • 川辺のタバコ一本ビール一本宇野翔月

  • ビールプシュとくとくとくと音もうまい海口竿富

  • 独り言に叱られてゐて缶ビール海野青

  • とりあへず麦酒供ふる忌日かなうみのすな

  • とりあへずとみんな言ふからビールかな海野優

  • 還暦に亡父と飲み干す缶ビール梅尾幸雪

  • たそがれてグラスを替えて酌むビール梅里和代

  • 焼餃子一口ビールあゝビール梅朶こいぬ

  • 一滴を吸ってビールの底を星梅野めい

  • ビイルが飲みたい夜家計簿の赤うめやえのきだけ

  • 日がな一日空を見る麦酒温し麗し

  • 初対面ビールで挨拶山の小屋江口朔太郎

  • 先ずビール本音聴き出す父せがれ越後縮緬

  • 剪りたるもの袋に詰めてビールかな絵十

  • ビール瓶干して待ちをり産業医恵猫

  • 介護休むビール優しき背中まで榎本奈

  • 同窓会ビールのお酌しない主義笑姫天臼

  • ビール飲み異国旅にてあじくらべえみばば

  • 十勝岳にソラチビールの杯掲ぐ遠藤千草

  • 亡き父に供えるエビス月命日大石聡美

  • 嬉し、楽し、悲し、悔し、、、ビール飲むおおい芙南

  • 五杯目のビール上下する沸点大岡秋

  • メキシコのビール選びぬ峠茶屋大久保加州

  • 入館証預けて二杯目のビール大黒とむとむ

  • 「下戸なんで」ビールの泡も疾うに失せ大越総

  • 五対四敗戦投手ビール干す大越マーガレット

  • とりあへずビールとまでは覚えてる大澤眞

  • ビール冷え紺碧の海嗚呼美味し大島一声

  • 新しきビールを試す夕餉かな大谷如水

  • ぽつぽつと命日ありてビール飲む大塚恵美子

  • 初めてのビールの苦味青き空大野喬

  • 中心のひとが泣いてる生ビール大野美波

  • ライブ終えネオンとビールほてる頬大原妃

  • 監査明け掃除洗濯先ずビール大原雪

  • 退職のビール夫が妻に注ぐ大本千恵子

  • 商談後勝利のビール夜の街大谷一鶴

  • 風呂上がり倅の適時打缶ビール大矢皓一郎

  • 一日一本のビールとその他のアルコール大山香雪蘭

  • ぎゆうぎゆうに詰めるワンルームのビール大和田美信

  • ワックスがけ終えて昼から缶ビール岡井稀音

  • 若き日のビヤガーデンの酔ったふりおかえさき

  • 思ひ出の苦さビールは暁けの色おかげでさんぽ

  • あはぬまにビールを飲めるうつわ哉岡崎佐紅

  • プラタナス飲むごとく飲むビールかな岡崎未知

  • 平和とはビール飲み干す喉仏可笑式

  • 家路着き庭師ぐぐっと缶ビール岡田明子

  • 斎場のふたりは真顔ビール飲むおかだ卯月

  • とくとくと血管の音生ビール岡田瑛琳

  • 祭りの音ビールの泡を押し上げて岡田恵美子

  • 袖まくりビール思いて屋上へ岡田ぴか

  • ビール飲みグフっと出たら涙ぐむおがたみか

  • 乾杯とビール頭突きのジョッキ音岡塚敬芳

  • ビヤガーデン下界見下ろし月見上げ岡本戎

  • ビール飲む大人になった千鳥足丘るみこ

  • ぬか床へ少し残した缶ビール岡れいこ

  • 照る唇青島ビール流す喉小川夏霖

  • 五回裏ビール飲み干す大歓声小川しめじ

  • あの頃は父のビールは金色で小川天鵲

  • 幻獣のコップ塩豆ビールかな小川野棕櫚

  • 卒乳の夜に二本の缶ビール小川野雪兎

  • サーバーのお試し期間生ビールオキザリス

  • 割引の弁当煙草缶ビール沖らくだ@QLD句会

  • 貴船にて川音聴きつつビール注ぐ奥寺窈子

  • 優勝だ!ビール塗れのスタジアム小倉あんこ

  • お下がりのビール竿石乾くまで小椋チル

  • ビール開け列車ホテルで一休み小栗福祥

  • 打球追う口元ビールつけたままおこそとの

  • 飲めずともビールの泡音脳冷ますおざきさちよ

  • ビール党グラスに残す泡の縞お品まり

  • ほどほどにビールは苦し同窓会小島やよひ

  • 夫のためちぎれそな手のビ-ルかな小田ビオラ

  • 取留めし命や猪口に注ぐビール落句言

  • 管理職ルージュぬぐいて酌むビールおでめ

  • 想い出はいつかビールの泡となりお寺なでしこ

  • 昼の麻酔ビールごくごく夢の中小野寺さくや

  • 臓器執った横目で睨む冷えビール小野ぼけろうじん

  • 女子会の幹事たかだか大ジョッキおひい

  • プルタブを倒しぐごぐごビール過ぐおぼろ月

  • 泡に乗り笑い溢れる生ビール小山田之介

  • ビール入る心の虚を平す泡快晴ノセカイ

  • 常温のビールの泡が落ちこぼれ械冬弱虫

  • 干ばつの体にビール止まぬ雨海堂一花

  • 無防備に喉仰け反らせ飲むビール灰頭徨鴉

  • 言葉あり泡でふたする黒麦酒海風

  • ビール干す喜怒哀楽の喉晒し火炎幸彦

  • 公園で呷るビールのやるせなさ案山子@いつき組広ブロ俳句部

  • 人の皆ホラを吹きたるビアガーデン垣岡凡才

  • 口にヒゲ父と乾杯初ビール柿野宮

  • 街道は昼からビールころうどん化骨

  • ギプス空へ一人祝いのビール干す笠谷タカコ

  • 順送りされるビールや大ジョッキ風花まゆみ

  • 咽頭を統べる漣生ビール風花美絵

  • 高値つき沸き立つ出荷缶ビール風早杏

  • ラザニアのレシピ睨んで飲むビール加座みつほ

  • ビール越し歪んだ顔が薄れゆく可視

  • 湧く雲にビールに呼ばれ急ぎ足梶浦和子

  • とりあえず許してあげる生ビールかしくらゆう

  • ジャズながし父の墓前の缶ビール鹿嶌純子

  • 旅先の予定しまふやビールかなかじまとしこ

  • よく冷えたビールの喉越し言葉なし柏原淑子

  • 青豆の塩粒きらりビール呼ぶ風かおる

  • 熱き砂ビールの缶よりこぼれ落つ片岡明

  • ビールからこぼれる泡とあじフライ片岡龍一

  • 足の豆つぶれ山宿生ビール加田紗智

  • パラオの海と砂に黄金のビール帷子砂舟

  • 瓶ビール偽物多き世なりけり片山蒼心

  • 生ビールうぐうぐ鼻からファンファーレ花鳥風猫

  • プレゼン終え久々にビール缶開けぬ葛飾シトロン

  • ビール乾し猫を撫でまたビール乾しかつたろー。

  • 缶ビールジョッキに注ぐルーティーン勝瀬啓衛門

  • 夕暮れに金色の波ビール注ぐ桂子涼子

  • 草野球優勝やっぱびぃるかけ桂葉子

  • 逆さまのケースに座して生ビール花伝

  • 麦酒溢れをり勝手気まま話し可藤虚

  • 君と飲むときだけウマい生ビール金井紫麻乃

  • あれこれかれこれ流し込んでビールかなえの

  • 嫁ぐ友ギネスビールで乾杯す叶田屋

  • ビールの旨さまだ知らぬ不惑かな金田由香

  • 憫笑の部長どまりのビールかな仮名鶫

  • 特急のシートにもたれ缶ビールかぬまっこ

  • ビール注ぐ下戸の暮らしを半世紀金子泰山

  • ビール飲む第三ボタンまで外すかねつき走流

  • 大相撲テレビ桟敷のビールかなカバ先生

  • 悪態と病気自慢とビアガーデン花星壱和

  • メールあと一本打つて生ビール釜眞手打ち蕎麦

  • 語り合う墓前のビール未開封上川郁子

  • 主なき食卓に置く缶ビール神島六男

  • 訓たれて汲んだビールを呑ませけり神谷たくみ

  • パワースポット樹下の立飲み缶ビール神谷米子

  • 缶ビール寄り道してまた集う亀井汀風

  • 泡が泡押し上げてくるビールかな亀田かつおぶし

  • よくもまあビール一筋飲みし頃亀田?

  • まっ直ぐに目と目を合わすビールかな亀の

  • 沈黙は続くビールの泡消える亀山逸子

  • ビールの温し手遊びに折る箸袋亀山酔田

  • 泡弾け夫の饒舌生ビール鴨の里

  • 病室の窓から眺むビアガーデンかもめ

  • ちからこぶ笑ひ音頭のビールまだ加山シンゴ

  • 骨焼かれをる間のぬるきビールかなかりかり久助

  • 巻き舌の交信中のビールかな刈屋まさを

  • しゅんわりと微細結晶満つびぃる川代つ傘

  • 「仕事中」ビール断る催事の日川端芙弥

  • 初賞与初ビアホール腕まくり川辺世界遺産の居候

  • ビール飲む遠き横顔眺めおり河村静葩

  • 30分乗り換え駅のビールかなカワムラ一重

  • 徹夜明けとつておきのビール二缶川村昌子

  • がたごととオモニの店のビール揺る閑々鶏

  • 睨みたる新婦の父にビールしょげ邯鄲

  • 送迎の役目を終えし昼ビール神無月みと

  • 溜息の分をビールで補へり勘八

  • 隣席のクレーム聞きつつ飲むビール看板のピン

  • ビアホール口先だけの悪巧み閑酉

  • 槍小屋や達成感の生ビール紀杏里

  • 天板に甥子の吸ったビールありQey

  • 敬語崩るるお代わりのビールかな喜祝音

  • 印度ビールすぐ踊り出す主人公キートスばんじょうし

  • 日はすでに高し夜勤明けのビール季々諧々

  • ビール飲む娘の隣下戸の夫岸本五月

  • 君もどう?差し出すビールは三本目岸本元世

  • ビール旨し明日の自分に期待する岸来夢

  • 夕闇の波の音静かビール呑む酒暮

  • 四度目も快気祝いはビールじゃの季切少楽@いつき組広ブロ俳句部

  • 一滴のビール春樹の文庫本北大路京介

  • 隙間なく肴並べて飲むビール北川茜月

  • 辛い過去も引き連れていけビールの夜北川颯

  • 缶ビール握る手のひら一℃ならむ北里有李

  • 与太話ビールの泡が消えるまで北野都留

  • 飲めないビール突然に苦味増し北の星

  • 旅立ちや樒にビールひとしずく北乃薫衣草

  • ローン完済鯛を抱へた缶ビール北藤詩旦

  • ビールまだ呑めぬか訓示十五分北村崇雄

  • 防波堤坐りて君と缶ビール北山銀兔

  • 酔っているノンアルビールなのに俺貴田雄介

  • 人を肴に人呑む気迫ビール呑む木寺仙游

  • 吾子寝かしつけ二十三時のビールかなきなこもち

  • 長男の独身自慢生ビール城内幸江

  • ぬるくなったビール言い過ぎた苦さ木野まち

  • ビール飲む心が揺らぐ日もありてきべし

  • からくりの唐子が運ぶ生ビール木村隆夫

  • 缶ビールぷしゅりリセットボタンON木村となえーる

  • 亡き友や囲碁会抜けてビール飲む木村波平

  • 末娘ビールで祝う本採用きむらなみへい

  • 下戸仲間墓石に起きし缶ビール木元紫瑛

  • 百選の滝に浸したビール飲むQさん

  • 一人なら銀幕の健さんと飲むよビール鳩礼

  • はいビール小袖の奥の太いうで京路むむ

  • 地麦酒のジョッキ凍らすオホーツク京野秋水

  • スコアーは良くも悪くも昼ビール清鱒

  • 火かげんを見つつビールのはや二本

  • 夜を喰む無味なビールは床が呑むクウシンサイ

  • 万国旗盥にひしめく缶ビール鯨尺

  • 誕生日手中の「おとな」と言うビール鯨之

  • 相席のビールは水と言ふ女くずもち鹿之助

  • 旧友に注いで注がれしビールかな國吉敦子

  • 昇進のビールなれども苦かりし久保田凡

  • 草原の駅長くるる缶ビールくま鶉

  • ビール飲め本家の嫁は辛かろう倉岡富士子

  • 幼き日ビールの泡に顔しかめ栗城こま

  • 黒ビール聞くだけで異国の香りぐりぐら京子

  • ビールにはなかなか消えぬ恋の跡栗子

  • 君思うビール飲み干し宙(そら)の青くりはら風花

  • くたびれて東京の夜缶ビール来ヶ谷雪

  • 缶ビールレジ袋に透けて終電車クレソンあきら

  • 復縁を迫る男や黒ビール紅さやか

  • 人知らず無縁仏の缶ビール黒瀬三保緑

  • 缶ビール今日の不始末胃に流す黒田良@しろい

  • ビール髭拭いて入籍報告す桑田栞

  • ビール挙げ「親父元気か」香噎び桑原和博

  • ビール断ち審査結果の届くまでくんちんさま

  • 喉ならし開演間近ビールかな慶唯

  • 笑ふこと忘れし介護黒ビール桂子

  • 生ビール三本間にドラマ果つ恵勇

  • ビール干すもぬけの殻の部屋真白げばげば

  • グランピング手持ち無沙汰の缶ビールケビンコス

  • ピロリ菌駆除が終わりて生ビール元喜@木ノ芽

  • 下請の箱入りビール上に積み紫雲英

  • ガード下ジョッキのビールに喉が鳴るけんさん

  • 金色のビールの泡や逝く夫源氏物語

  • 大空へ掲ぐビールやスワローズ小池令香

  • 客米寿女将卒寿のビール酌む恋瀬川三緒

  • 夜の更けて下手な言い訳缶ビールコウ

  • なお悔やむビール冷えたり一周忌郷りん

  • 弱小のチームを極上のビール剛海

  • 美味そうに父飲むビール指で舐め恒産恒心

  • 熱を持つ身体ビールに酔わされて紅紫あやめ

  • 二人より猫一匹とビールかな柑たちばな

  • 女子会のビールいっきのうなり声康寿

  • 工房の哲学たどるビールかな幸内悦夫

  • 麦酒まづ母にまゐらせ老い祝ふごーくん

  • うんちくを君が傾け注ぐビール幸織奈

  • 潮騒や果てたる夢とビール缶郡山の白圭

  • 有休の後ろめたさや昼ビール古烏さや

  • 差し仰ぐ雲がビールの泡に見ゆ越乃杏

  • 5回裏ビール売り子と目の合うて木染湧水

  • 珍しや麦酒飲む父通夜の席来冬邦子

  • 天狗に化かされビールジョッキ追加す虎堂吟雅

  • ビアガーデン種はどこかに飛びたがる後藤周平

  • 大仕事終えて喉鳴る生ビール後藤昼間

  • いつの間に古稀になりしや缶ビール後藤三梅

  • 手首細き女に注がるるビールかな小兎女

  • 声援の合間のビール温くなり小鳥乃鈴音

  • 祝杯はお預けなれど今日もビールこのねこのこ

  • 三軒め尋ね当てたる自社ビールこのみ杏仁

  • 瓶ビール碧い硝子のフランス製琥珀

  • 迷ったら右へ行く犬缶ビール虎八花乙

  • 手には月曜日を害すビールかな小林共捺哉読

  • 就労の時間報告生ビール小林昇

  • 上手投げ!ビールとナッツの手止まる小林のりこ

  • 青空と椰子に乾杯ビールかな小林弥生

  • 苦さとは夫との距離ビール呷るこひつじ@QLD句会

  • 来た順の乾杯五杯目のビール小藤たみよ

  • 妊活は中止ビールの缶のぷしゅ駒野繭

  • 友は下戸ビール祭の旗横目小武川寿歩

  • ビール有り過不足のないわが暮らしこむぎ

  • 怠けたらビールが苦い阿保んだら小山晃

  • シュプジュプとバター焦がす香待つビール小山秀行

  • 地ビールや黄金レシピ有ると聞く五葉松子

  • 忍ぶれどビールにたどりつけぬ日も今藤明

  • 卑怯者キンキンビールに勝てぬ俺西條晶夫

  • ビール缶拾い集める孤老の背西條恭子

  • 美ら海や星降る島の麦酒うましさいたま水夢

  • 応援の声しわがれて缶ビール埼玉の巫女

  • 思い出すぬるいビール選ぶ父齋藤鉄模写

  • 飲めぬまま去年のビールが冷えており宰夏海

  • 準優勝ビールは温いまま隅に酒井丈綱

  • 緩みがちなる口紅やビヤガーデン酒井春棋

  • 山登るお供はいつも缶ビール榮秋代

  • 吾子の酌む濁りビールの泡ゆたか坐花酔月

  • 生ビールコップのくもり玉となる坂田貞雄

  • 出張やビール買い込む最終便坂田雪華

  • レッスン後いつもの店で「ビール」「生!」さかたちえこ

  • 缶ビール写真の父とサシで飲む坂本明子

  • 肉焼けてカレーもできてビールは川坂本千代子

  • 冷蔵庫定位置に待つビールかな咲美マキ

  • 一日の澱「あー」と吐くビールかな咲まこ

  • あ、嘘かビール飲み干し聞き流す櫻井弘子

  • 休刊日忘れたふりしビール飲む桜華姫

  • 国鉄マン変じ商社でビールつぐ桜姫5

  • 駒を指す反対の手に缶ビールさくら悠日

  • 蘊蓄は片耳に聞く黒ビール桜よし榮

  • ビール酌むその場のだけの告ぐ秘密迫久鯨

  • 下戸だけど始まり合図吾もビール笹イボ太郎女

  • 一口のビール本音を誘い出す佐々木佳芳

  • あては古書僕と鼠と飲むビールささきなお

  • 病室のベッドの下のビールかなさざなみ葉

  • 朝取りの茶豆届いたさあビールさざんか

  • ビール注ぐグラスの曇りひとり飯砂月みれい

  • とりあえず介護終了生ビールさっち

  • 大都会ビールの肴街灯り佐藤公

  • しくじりをチャラに注ぐビールかな佐藤しのぶ

  • 生ビール飲みたし足の指痛し佐藤志祐

  • このチームで今年はやれるビールかけ佐藤綉綉

  • 独り旅ビール飲み干す飯田線佐藤俊

  • 口に含む入院前夜の缶麦酒さとう昌石

  • 一見も常連もなしまづビールさとうナッツ

  • 泪溢れビール溢るる別れかな佐藤浩章

  • 曇天を仰ぎ飲み干すビールかな里海太郎

  • 不覚にも愚痴と涙が生ビール佐藤佳子

  • 祝杯は猫とめざしとビールだけ里こごみ

  • 左手は猫をじゃらして缶ビール里すみか

  • 缶ビール痩せた男の喉仏さふぁい庵

  • 生ビール程よく動く喉仏さぶり

  • 生ビール希望の挙手の両手かなさるぼぼ@チーム天地夢遥

  • 磁器婚や遺影の夫と飲むビール澤田郁子

  • 地ビールをみやげに泊まる息子宅さわだ佳芳

  • 「おビールどうぞ」袴外して女将澤野敏樹

  • 掌底へべぶひっくしゃみのビール缶澤村DAZZA

  • どぶづけのサッポロ赤星瓶ビール三角山子

  • ハイホーハイホージョッキ片手に生ビール三休

  • 尾瀬小屋の風と乾杯ビールかな三尺玉子

  • 雨音を忘れビールのグラス上げ三水低オサム

  • 古イスに生ビールセンベロの騒じーじじゃないおじいちゃん

  • ビールの味おぼえず齡八十五塩原香子

  • ビール冷えする手に残る未達感しき

  • 頬当てたビールの冷気仕事明け四季彩

  • キンキンのビール待たせて旗当番志きの香凛

  • 喜寿なれば飲まんでも酔ふビールなりじきばのミヨシ

  • もんじゃヘラ握る指先ビールの香四季春茶子

  • 午後五時の時報ビールの泡豊か獅子蕩児

  • こだま号発車缶ビールのプシュッ紫檀豆蔵

  • 身分証しまつて買ふや初ビール実本礼

  • 山降りてゴールの駅で酌むビール篠崎彰

  • 送迎を終えひとり献杯のビール篠雪

  • 塁埋まるビアガーデンの大画面柴桜子

  • ビール抜く音響き合い雲白し芝G

  • 墓場に持っていく話しビールとしたしぶ亭

  • 淡々と過ぎた今日こそビールの日島じい子

  • ビアガーデンジョッキ掲げる腕細し縞子勾苑

  • 表彰の真昼のビール社長室清水祥月

  • 生ビール愛しき妹も五十歳清水明美

  • まず一杯五臓六腑に生ビール清水容子

  • ドタキャンす法事の時間昼ビール下丼月光

  • 飲み切りの飲み口やさし缶ビール釋北城

  • ビール三本空けて始まる武勇伝沙那夏

  • ビール缶目的に飲むビールかな写俳亭みの

  • 幸福に苦きものあり缶ビール十月小萩

  • 二十キロ走り鶴湯にビール干す朱胡江

  • 苦みあり大人感あり初ビール秀耕

  • ひとくぎり出向先の瓶ビール柊二

  • ビール干す政治談議に泡とばし秋星子

  • 雨しずかビールの樽の傷あまた秋雪

  • 阪神の7回裏黒ビール苦し樹海ソース

  • 急冷蔵友の好みのあのビール珠桜女絢未来

  • 第三のビールで経営語る夜寿松

  • 新幹線まず焼売と缶ビールをじゅんこ

  • ノンアルか供えのビール父笑う庄司しづく

  • ビールには綺麗な気泡の夢が咲くショートケーキ

  • 地ビールのグラスに薄っすら煉瓦塀白井佐登志

  • 新築の風をつまみにビール飲む白井百合子

  • 肉フェスの列の果てなるビールかな白玉みぞれ

  • 叔父用の酒屋届ける瓶ビール神宮寺るい

  • 愛用の有田の湯呑みに注ぐビール深仲夏

  • 悪友の日曜画家へ黒ビール新濃健

  • ビール買う缶一つ下げ三千歩深幽

  • こんなもん大人は飲むか初ビール酔軒

  • どの口も薄い泡髭ビアガーデン瑞陽庵

  • 灯が灯り友の顔ありビール待つ杉浦あきけん

  • 授乳する吾を横目に減るビール杉沢藍

  • バリの夜の香や温きビンタンビール杉田梅香

  • 失恋す今宵ビールは大瓶よ杉本果ら

  • 酒断ったばかりで貰うビール券杉柳才

  • 明日プレゼンプシュッと背中(せな)押す缶ビール涼風亜湖

  • まずビール暖簾分けつつ弾む声鈴木リク

  • ケーブルカーふわふわ山頂のビールかな鈴木秋紫

  • 袖まくりビール持ち上げ力こぶ鈴木暮戯

  • 車内放送、読点は缶ビール鈴木由紀子

  • 君と飲む最後のビール飲み干して鈴子

  • 「たちまちビール」ネクタイ外す安芸の友鈴白菜実

  • 晴れ晴れとピザと地ビールひとり旅清白真冬

  • 灰皿へビールを流す午前四時鈴野蒼爽

  • 角(かど)の席ビールと角煮今日も在り素敵な晃くん

  • 定位置に父定刻に缶ビール砂山恵子

  • ビール飲む休暇はメリーゴーランド巣守たまご

  • ひとくちに宇宙といふがおいビールすりいぴい

  • 淡々と車中のビール歩く会青鷹

  • 「らいてふ」を気取ってビール乾杯す静江

  • 栓叩く軽き音色や瓶ビール晴好雨独

  • 先ず麦酒せんべろ酒場仲間うち青児

  • 中庭に七輪と肉ビール飲むせいしゅう

  • 球場のビール売り子ら輝けり勢田清

  • 血圧計腕入れ逆の手にビール青峰桔梗丘

  • 喫煙所果てなく探す待つビール星夢光風

  • 独り夜の魔法の杖よビールビール瀬紀

  • 妻の手に富良野ビールや旅納めseki@いつき組広ブロ俳句部

  • 空高く乾杯ビールホームラン関根洋子

  • 地ビールテイクアウトしゅわしゅわわ瀬戸ティーダ

  • 圧力鍋の音よビールを開ける音せとみのこ

  • 生ビール大好きだった父の足音瀬野広純

  • 矢継ぎ早せがまれ励むビールの売り子瀬端真佐彦

  • 膝を打つ型もはまりてビールかな海星葛

  • 立ち飲みのビールは次の電車まで全速

  • ゴミ捨て場の堂々たるビール缶ZENMI

  • 泡高きビール掲げて深呼吸相雅堂

  • 生ビール米寿の父の喉仏そうり

  • 妻の名の潤ぶビールやよく冷えてそまり

  • 声通るバイトの入れる生ビール染野まさこ

  • 友彼の二つ隣にビール持つ空野朔月

  • 病み上がり解放したるビールかな宙まあみん

  • 常温の麦酒北京の食堂の空豆魚

  • ビール飲み干せば黄金の唸り聲ぞんぬ

  • ビール飲む?あるの?と母と仲直り駄詩

  • ビールの泡消え三回目の話

  • 彼の人の去りてひとりで酌むビール大ちはる

  • 地ビールが美味いと父の長電話太平楽太郎

  • 灯り消し一人ビールやビートルズ平たか子

  • 三半規管高鳴って黒ビール高井大督

  • 居留地やビールベタつく靴の底高岡春雪

  • カツオまた叱られとるよ缶ビール高尾里甫

  • 銭湯の自販機で買ふ缶ビール高木音弥

  • 普段着の喜怒哀楽は家ビールたかこ姫

  • 古文書の解けぬ夜更けや缶ビールだがし菓子

  • 古代人神の恵みのビール飲むたか&ひろ

  • 藍染の前掛ビール担ぐ父高嶺遠

  • まあまあまあまずは一杯ビール注ぐ高橋基人

  • 友と行くビール祭りの屋上へ高橋紀代子

  • 大ジョッキ8つ持つ店員の沈着高橋順子

  • 午後三時グラスビールの老紳士高橋寅次

  • 新ビール贔屓役者の口の泡高橋ままマリン

  • 開けた時つぐ時の音ビールかな高橋光加

  • 会議終え飲めぬビールを流し込み田上コウ

  • 沈黙をビールの泡の消えてゆくたかみたかみ

  • 泡のぶつかることのなきグラスビール高山佳風

  • 司馬遼を開いて片手ビールかなたかゆき

  • 雨音強し「練習ビール」すすむ滝上珠加

  • 凍りし缶ビールあふるる昨夜の夢滝川橋

  • 試合中断ルーフに駆け込んでビールたきるか

  • 弟も二十歳や橙色のビール竹一

  • 「BEGINコンサートにて」ロビー沸く開演前のオリオンビールたけぐち遊子

  • 今日は喰ふ組に与せむビアホール竹八郎

  • 誕生日おめでたうビール飲まされるたけろー

  • 夕暮れのビール当ては録画の勝ち試合多胡蘆秋

  • 百の泡消ゆる生まるる生ビールたすく

  • ビール党自称の君の小ジョッキ糺ノ森柊

  • キャバ嬢に秋波送られビールまた龍?

  • 知らぬ地で日本のビールあと三日だっく

  • お疲れとひとり呟く夜ビール田鶴子

  • 人が飲むビールの冷感気が逸る龍義

  • ビール減り部屋満つ友の「わかるわあ」立石神流

  • 父に似る爪の丸さよビール飲む蓼科嘉

  • ビール飲む父に説教されたき夜立部笑子

  • 一周忌父の遺産のビール飲み田中知宏

  • 暮れ染めてよ酔いの酔いっとビールかな田中美蟲角

  • 子につがるビールうれしや八十路行く田中ようちゃん

  • ほろ酔いに浸る日曜ビールの日たなべ早梅

  • ここだけの話とともにビール飲む谷相

  • 友来たり亡き夫にもとビールつぐ谷口あき子

  • 生ビール二の腕顕に女子乾杯谷町百合乃

  • 吾輩はビールを舐めて溺れけり谷本真理子

  • ゲッツーや売り子の笑みで選るビール田畑整

  • 失恋をビールの泡に閉じ込めるタマゴもたっぷりハムサンド

  • 生ビール来週もまたあの娘からたまのねこ

  • 去る者は追わずと決めて生ビールたむらせつこ

  • 再出発祝うビールの小さき缶田村ヒロミ

  • 屋根の無い開放感やビール干す田村モトエ

  • リーチだと牌を握りしままビール田村利平

  • ゴーグルをつけて歓喜のビール掛けダメ夫

  • 君注ぎしビール「接吻」の色合い樽熊だん

  • 献杯と大声の施主ビールかなチームニシキゴイ太刀盗人

  • 王冠をコンコンシュポッと家ビール竹庵

  • 縁側で涙とビールを苦く飲む智同美月

  • 哲学の泡重富の生ビール千鳥城@いつき組広ブロ俳句部カナダ支部

  • 先輩のビールはまだか反省会千風もふ

  • 合宿の最後の晩やビール乾すちゃあき

  • 燈明の揺らぎビールの影ほのか千代之人

  • 五臓六腑にビール染みるんだってさ彫刻刀

  • お通しを断る吾子や生ビールちょうさん

  • 銘柄はCMで決めるあのビール塚腰みのり

  • 妻が飲むビール眺めて夜が明ける塚本隆二

  • 飲みきれぬはずのビールを請ふ母や月岡方円

  • プルタブの軽きビールや髪濡れたまま月影の桃

  • 餃子焼く背後でビール開ける音槻島雫

  • ビールつぐ厳しさのみの父なれど月城龍二

  • 仏壇のビールと乾杯二十歳です月見里ふく

  • 亡き父のビール下げても皆下戸で月夜田しー太

  • 餃子焼く五徳空きなし間のビールつくも果音

  • 下戸だけど義父のビールは断れぬ辻瑛炎

  • じいちやんの畑のサラダさあビール辻内美枝子

  • 「ただいま」の終わらぬ前に缶ビール対馬清波

  • 祝ビール山腹日ごと膨らめり辻美佐夫

  • 義母の忌やビール片手に有難う辻本四季鳥

  • 下駄鳴らし露店かつ歩のビール瓶辻栄春

  • 祝言や涙の父に注ぐビールつちのこ

  • 愁嘆やお斎席(おときせき)にもビールありつついぐれちゃん

  • 負け試合それでもうまい生ビール津幡GEE

  • 子の墓にビール供えて飲むビール坪山紘士

  • 缶ビール餃子の羽根を育てつつ露草うづら

  • 背中越しほいと手渡す缶ビールツユマメ@いつき組広ブロ俳句部

  • 香草を浸しビールに三度惚れ鶴亀

  • 締切完了ビール1本買いデイジーキャンディー

  • 雲が切れ月の笑顔と生ビール手嶋錦流

  • 缶ビールプルタブを引く音が好き哲庵

  • 丁寧にクラフトビール飲むさゆり哲山(山田哲也)

  • まだ青き空にビールを差し上げててつねこ

  • 夕暮れのビールに残る時を飲み干す手毬まりこ

  • ローンコート熱戦讃え合うビール輝由里

  • 頬骨沁みる四ヶ月ぶりのビール天雅

  • 乾杯のあとの静寂生ビールでんでん琴女

  • 水泡に帰してぞ浴ぶるビールかな天童光宏

  • 父さんの野望と挫折生ビール土井あくび

  • 成田着先ずは日本のビールかなどいつ薔芭

  • 子と同じ名の犬を駆る缶ビール

  • 先輩の見舞いのビール退院日トウ甘藻

  • 辞表叩きつけ生ビール美味し苦し東京堕天使

  • 飲み給え幸え給え伊勢ビール峠南門

  • 黒ビール夜は湿度のぺつたりとして東野律

  • 風呂上がり眺める空に缶ビール道見りつこ

  • 自販機で買ひたるビール仏前にとき坊

  • 緋襷の備前の器泡ビールときめき人

  • 健診了泡増し増しのビールかな徳庵

  • しゆぽんぷしゆとぷとぷとぷと鳴くビールDr.でぶ@いつき組広ブロ俳句部

  • 王打った三代で飲む瓶ビールどくだみ茶

  • いくつもの言葉呑みこむビールかな戸口のふっこ

  • 親指でジョッキの曇生ビール戸口のふっこ

  • カウチより起きてビールに寝てビールどこにでもいる田中

  • 七輪の串蛸やけに臭うビールとしなり

  • 地ビールや口火を切れぬまま五杯杼けいこ

  • 生ビール下戸の上司に挟まれて十津川ポロ

  • 大人たち清濁合わせビール飲むどてかぼちゃん

  • 一ページ日記満たしてビールかなとはち李音

  • 仏前にひっそり泡のないビール冨川きよこ

  • 夕暮とカウチに風のビールかな斗三木童

  • 先ずビール娘の彼氏正座して富田涯現

  • 残業の二人取り持つビールだな富山操

  • 慰めの土産あたりめ缶ビール友@雪割豆

  • 夕照に対峙せんとて缶ビール登盛満

  • 退院や二ヶ月ぶりの生ビールとよ

  • 月命日供花の前の缶ビールとんぼ

  • 三國志孔明気取り飲むビール内藤清瑶

  • 墓前のビールを母に勧めらる内藤羊皐

  • 待ち人のいないビールを引き寄せるなかかよ

  • ビール来る三割ほどの泡を載せ中岡秀次

  • 時代劇見る父上座瓶ビールなか鹿の子

  • 父親とビール交わした入職日中澤孝雄

  • 夕凪のオリオンビール夫婦旅中嶋京子

  • 鼻白む気勢ビールの泡弾く中島圭子

  • 戦況は客の顔見てビール売り中島走吟

  • ビール飲みイスラム如何に語らんと中嶋敏子

  • みやちゃんの号泣ビール一本で中嶋奈緒子

  • 雨降りかひねもすビールちびちびと中嶋緑庵

  • ビール乾す父は逆さに飛車を置き永田千春

  • 泡だらけ初めて注いだ父のビール永友ミィラ

  • 空き缶の転がる部屋でビール飲み中平保志

  • 優勝を肴にビール夜更けまで仲間英与

  • 田を見張る父の右手の缶ビール仲操

  • 乾杯の私のビールは4センチ中村こゆき

  • 手に麦酒マドンナさがす同窓会中村あつこ

  • 生ビール黄昏れてゆく輪郭線中村すじこ

  • プライドを溝に吐いても飲むビールなかむら凧人

  • ビールの二日酔い指まで染み込む中村雪之丞

  • 五杯目のビールでやっと君に告げ凪ゆみこ

  • 乾杯の歌は独逸語黒ビールなしむらなし

  • プシュっと抜き注ぐビールや風呂上がり那須のお漬物

  • ちくわ揚げと終わった恋と缶ビール夏草はむ

  • ビール注ぎ会社売却猫撫でる夏雲ブン太

  • 夜を背負いつがれるままにビールかな夏空なみ

  • ビールシュポ今日のやなこと弾くよに夏野あおのり

  • 愚痴られてビールの泡もへたりしよ夏埜さゆり女

  • ビール飲み忘る特大ホームラン夏目坦

  • 日曜の昼夜うやむやビールかな夏百敢志

  • どれが好きクラフトビールの味自慢ななかまど

  • 辺野古まで続きし道のビールかな七森わらび

  • 労いと詫びとビールや坂の家菜々の花畑

  • 蘊蓄と小言の父の黒ビール⑦パパ@いつき組広ブロ俳句部

  • とりあえず明日は明日ビール酌み浪速の蟹造

  • 琥珀には古代の虫や生ビール名計宗幸

  • とりあえずなんてビールに失礼な名前のあるネコ

  • 休日の空ひろやかや缶ビール奈良素数

  • 燃ゆる空父と午後七時にビール為多一九

  • 水うまし地ビールうまし旅の宿にえ茉莉花

  • 麦酒飲む激務と量は比例する二階堂

  • 生ビール空もまるごとひとのみに西尾至雲

  • ごっくんとご無理を飲んだり黒ビール西尾照常

  • 飲み干してビールジョッキに高積雲西川由野

  • 作業着の汚れそのままビアガーデンにしごおりうり

  • とりあえずが最後まで行くビールかな西村小市

  • 寝はぐれて午前一時の缶ビール新田ダミアナ

  • 突風や初めて入るビヤガーデン二和田躬江

  • ビールジョッキ盗む酔客見張る役庭野環石

  • ビール生温し怒りてふ病暖井むゆき

  • 手は腰に星仰ぎ見るビールかな沼宮内かほる

  • 死ぬ気せんと卒寿の嫗ビール呑む沼野大統領

  • まつげには歓喜の名残ビールかなねがみともみ

  • 言い澱むたびにビールを口にせりねぎみそ

  • 山裾の締めのビールや独り旅猫辻みいにゃん

  • 我慢して我慢して我慢して麦酒猫ふぐ

  • 気泡消え下戸の末席中ジョッキ猫またぎ

  • 地ビールやロマンスカーの席確保根々雅水

  • 猫に餌与へ手酌のビールかなノアノア

  • お局の小さきピアス麦酒注ぐ野井みこ

  • お忍びの王女には髭生ビール野口雅也

  • 食堂車ビールと夢の200キロ乃立喰烟

  • メイドカフェ出勤初日ビール効く野点さわ

  • 漱石よ髭にビールの泡どうぞ野中苦泉

  • 埃及の古代神らよビール好き野中泰風

  • 月明りベランダビールくせになりのの倶楽部

  • 泡儚し美味さ尊しビール燦々ののちこ

  • 品川を過ぎてかしゆつと缶ビール野ばら

  • まずビール己の機嫌盗るために野原一草

  • 吾子が持つミニ缶ビール祖父の墓野原茉莉

  • 舌濡らせ麦酒の杯黄金の風信子M

  • パンムンジャム(板門店)や北のビールを回し飲み則本久江

  • 庭仕事お楽しみなら昼ビール梅林我流

  • またビール呆けた父の赤ら顔白庵

  • 艦前にグラスビールや海青し白雨

  • 「とりあえずビール」と今日をご破算にはごろも856

  • 食道静脈瘤の夫ビール眺めり橋爪利志美

  • 地ビールは懐かし味友の顔橋野虎空

  • ガン末期心の臓まで浸むビール波止浜てる

  • 楽しげなラベル眺めてビールかな橋本有太津

  • バックパッカー沸く武勇伝とビール橋本こはく

  • 全快の友が飲み干すビールかな馬笑

  • もうきっと逢えない人へビール酌む蓮見玲

  • 瓶ビールげっぷこらえる婚約者長谷島弘安

  • 夜風浴び火照る吐息のビールかな畑美穂

  • ちょっと待てまずはビールを飲んでから葉月庵郁斗

  • セルフレジ気になる君はビール党葉月けゐ

  • ビヤガーデン初年金に誘われてパッキンマン

  • ビールいま同志のように泡生まる八田昌代

  • 青空や波音つまに飲むビール初野文子

  • 吾子の無事聞いてビールの蓋を取るバトラーM

  • 祖母母の夕餉のビール酔少し花岡淑子

  • 喉通るビールは友と共鳴す花弘

  • 干物焼く手元素早し冷麦酒花はな

  • 呑み干してビールの色にとけし日日英凡水

  • 歓迎会滑らかな泡咲くビールはなぶさあきら

  • モニターの胃壁傷なしいざビール花豆

  • 大人にはなれなかったよビール注ぐ花見鳥

  • Vゴールビール掲げてハイタッチ花和音

  • 惜敗の苦さはビール二杯分はのん

  • 苦味こそ外連味のない瓶ビール羽馬愚朗

  • 生ビール限界効用逓減の法則浜けい

  • ビールビン翳し艶歌学生寮浜友輔

  • ビール注ぐ大雨警報発令中はむこ

  • 説法はついで三和土の缶ビール葉村直

  • ビールはジョッキで老女会明るし早川ひろこ

  • いさかいをしたばかりなり生ビール早川令子

  • 独り言つ乾杯そつとビール飲む林田リコ

  • 乱打戦ビールの進むスタジアム原水仙

  • 若者はビアガーデンに行くのかな原島ちび助

  • 好きじゃないビール飲みたい試験あとharu.k

  • 定年の父とビールの苦さかな春あおい

  • 手酌のビール苦き父の墓前haru_sumomo

  • 堅物の叔父の八重歯や生ビール晴田そわか

  • 水滴をぬぐってビール遺言の晴菜ひろ

  • 生ビール泡に隠れて自己紹介春野ぷりん

  • 九回の裏は頼むぞビールつぐ葉るみ

  • フェリー舫ふ漢の腕やビール飲む春海のたり

  • ノンアルビール君が注げばスピリタスはるるん1号

  • 唯苦き薬のやうなビール欲しはれまふよう

  • 缶ビールすすぐ朝陽の甘きかな半ズボンおじいさん

  • ぐだぐだと挨拶五分後のビールHNKAGA

  • 外仕事いちにち耐えてビール飲む榛名ピグモン

  • 卒乳だ夜を待ちきれず缶ビール万里の森

  • めっきりと子に諭されてビール受くピアノおじさん

  • お隣の洗濯の音缶ビール東田一鮎

  • 至福とはジョッキのビールひと口目東の山

  • 端然とビール嗜みし父明治東山たかこ

  • 命日やビールと小鉢そっと置き光散人

  • 海原の星屑掬う家ビール匹田小春花

  • 三センチ刹那の泡のビール哉ひぐちいちおう(一応)

  • テーブルをつなげビアジョッキありつたけ樋口滑瓢

  • 喧嘩後のビール飲み干すペアグラス樋口ひろみ

  • 我よりも喉がビールを欲しがりて火車キッチンカー

  • 鈍行ガタゴトビールの泡消える菱田芋天

  • ベネチアンブレスレットや生ビールひすい風香

  • 眼鏡変えたねビールおかわりするかひでやん

  • 呑兵衛の月命日やよしビール

  • 一杯のビールで滑る口を待つひな扶美子

  • ビール継ぐ音が止んだら口持てきhinamama5

  • 脛肉のためにビールを飲み残す比々き

  • もう二人夫とビールの誕生会ヒマラヤ杉

  • なぁ考よそっちのビールもうまいだろヒマラヤで平謝り

  • 虎ファンは父の遺言ビール注ぐ向日葵姐@いつき組広ブロ俳句部

  • 旧友とビールを飲んで和解するひめりんご

  • 鍋返す音やビールの泡立ちて日吉とみ菜

  • 肝心なこと話せずにビール注ぐ平井由里子

  • 女子会やピッチャー掲げて生ビール平岡花泉

  • 免許返納少しさみしきビールかな平林晶子

  • 砂浜の缶ビール肴は光る波平松一

  • 下戸嘆きノンアルコールビールかな平本文

  • 缶ビールステイオンタブ抜けぬ老い比良山

  • 四年ぶりのビール四年ぶりの大笑い昼寝

  • どの人も声の高らかビアガーデン廣重

  • 列車内コロッケビール負け試合広島立葵

  • 照り返す顔の光やビール焼け廣田惣太郎

  • おいお前ビール語るなとにかく飲め弘友於泥

  • テレビ前に缶ビール住宅地に地雷弘中しかもり

  • ビール注ぐ大人は狡いと吾子膨れ広ブロ&新蕎麦摂田屋酵道

  • 好きなとこビールを注ぐタイミングひろ夢

  • ハーフ終え一口がうまいまずビール比呂倫

  • ビール泡消える音聞く老猫おくる琵琶京子

  • 疲れたる息子と二人ビール飲む琵琶湖のおばさん

  • 半額のクラフトビール見つけたりびんごおもて

  • 五人中四人手を挙げ生ビールフージー

  • 頻りなるビールの泡の無想かな風慈音

  • 常連は暖簾をくぐるや先ずビール風泉

  • 喉仏流れて上るビールかな福井桔梗

  • のど越しにこだわり友のビール談福川敏機

  • 乾杯の空押し上げる缶ビールふくじん

  • キンキンのビール喉で弾ける幸福感福田もふもふたん

  • 膝にねこノンアルビール賢治読む福ネコ

  • 早番は席取る係ビアガーデン福原あさひ

  • 異論などある筈もなく缶ビールふくろう悠々

  • 推しはずつとジュリー孫と飲むビール藤井かすみそう

  • ひとーくち明日は休みビール沼藤井京子

  • ひと仕事終えた処で昼ビール藤井眞おん

  • おごそかに麦の香が飛ぶビールかな藤川鴎叫

  • 楽しいことそれはビールを飲むこと藤倉密子

  • あの頃に戻れぬわれらビール酌むふじこ

  • 暮れなずむ伊勢丹温みゆくビール藤白真語

  • 生ビール来るやテレビを時代劇藤田ゆきまち

  • 栓抜きを知らぬ子ビール供えけりふじのふ

  • 点滴がビールだったら十日目夜伏見レッサーレッサー

  • 瓶ビールしか飲まぬ友寡黙なり藤本だいふく

  • 嗚呼ビールあとは食洗機に任せ藤原訓子

  • 饅頭が怖いビールはなお怖い布施無門

  • ライブ後にぷはあドイツの黒ビール二見歌蓮

  • 生ぬるし泡無しビール握る夜船橋こまこ

  • まずビール井手にケースで冷えている舟端玉

  • 就寝のミニ缶ビール燈します冬のおこじょ

  • ナイターとビールとチーズ勝ち試合冬野とも

  • おつまみを作る楽しみビール解禁ぶるーふぉっくす

  • 沈む陽に向かふ二人の手にビール古川しあん

  • 荘厳なゴブレットで飲むビールかな古澤久良

  • 磊磊とビール飲む友濁り無し古庄萬里

  • 口先の願望とビール飲み干すふわり子

  • 六畳の揺るる電球缶ビール豊後のすもも

  • 第一位ツーリング後の缶ビールヘッドホン

  • 共通語はビールや弾く夜のドイツペトロア

  • クラフトと呼べばビールも華やいで鳳凰美蓮

  • 缶ビール幸せ飲みほす米寿かな望月

  • 仏壇のビールに埃かかる君ほうすい

  • 缶ビールで乾杯習いたての手話ほうちゃん

  • 庫の奥に主失いしビール居て鬼灯子

  • とりあえず喉を鳴らして生ひとつ北斗八星

  • 浮く氷ビール苦きに二三声ほこ

  • ビアフェスのロックビートに酔いまわる星影りこ

  • 第三の男となりてビール酌む星田羽沖

  • カルストの星空夫とビール飲む星月彩也華

  • 千本のビールに呑まれ死ぬ父よほしの有紀

  • 喉ごしに雷光同期缶ビール甫舟

  • 偉大なる吾輩様のビールなり細川鮪目

  • 萎んだ心にさあビールを注げ細野めろん

  • 二杯目のビールで話す胸のうち微笑亭さん太

  • 男なら、とは言えぬ世のビアホール堀卓

  • 腕まくり大口叩くビール会堀隼人

  • 龍舟の汗香港の地ビール香港ひこぞう

  • 風呂上がり髪濡れたままビール手にぽんぽこぽんこ

  • ビール二本肘で閉めけり冷蔵庫凡々

  • 付き合いの泡立つピール若社員本間美知子

  • 屋上に吹く風のどに生ビール凡狸子

  • ビール手に時遡る同期生前田冬水

  • ビール飲む大人になれずここにいる真喜王

  • 祭壇へラガービールを供ふる夜まこ@いつき組広ブロ俳句部

  • 喉を落ち胃腸駆ける昼ビール眞熊

  • 愚痴あてにビール三杯金曜日まこと(羽生誠)

  • 捻り出しオーバーヒート躯にビールマザーテレコ

  • 夕方の飲める対価や生ビール正岡丹ん

  • 久々の時間旅行のビールかな雅蔵

  • 麦酒かな吾を中心に世は廻る眞さ野

  • 地ビールのラベルで選ぶ土産かな増山銀桜

  • 駆け出しのビールの苦さ試金石桝理永

  • 再会すビールとくとく弾みたる町田勢

  • 上野発十二時待ちて缶ビール松井酔呆

  • 好きだから見放したのよ生ビール松井くろ

  • ノンアルのビールじゃ聴けぬ愚痴長し松井貴代

  • はじまらぬ一日の締め生ビール松浦宣子

  • 泡よ立て大事な人に注ぐビール松尾アガパンサス

  • 泡沫の生を楽しめビール飲む松岡玲子

  • ビアガーデン肴は夜景頬に風松尾祇敲

  • 人心地つく夕暮れの缶ビール松尾老圃…

  • 瓶ビール錆びた栓抜き目を覚ます松風花純

  • ノンアルのビールで祝う老い一人松下弘子

  • 成田着いて先ずはざるそば生ビール松平武史

  • ビール飲む北の国から風は吹くまつとしきかわ

  • ビール飲む銘柄当てるゲームかな松野蘭

  • 青春の恋愛苦し生ビール松原隆雄

  • おいオトンビールはもっとうまいはず松本俊彦

  • 義父となる人へ挨拶ビール注ぐ松本裕子

  • 生ビールグラスの向こうの異次元へ松本牧子

  • まず乾杯さらに乾杯またビールまほろば菊池

  • ビール背負う売り子の膝にサポーター真宮マミ

  • チョコレートつまみにビール大往生まやみこ恭

  • 闇深し枕辺にびいる一缶瑪麗

  • 夫淡麗吾はクラフトビール哉毬雨水佳

  • 老いて皆病気自慢のビールかな真理庵

  • 一番にビール注文女子の会まりい@木ノ芽

  • 地ビールが痺れた口の端つつつまるにの子

  • 形だけ快気祝に飲むビール慢鱚

  • 絶え間無く生ビール汲む怒号の夜三浦海栗

  • 草とりを終えて冷たきビールよし三浦ゆりこ

  • 癌告げられし夕げいつものビール澪つくし

  • 「とりあえずビール」と言ったことがない澪那本気子

  • ビール開けネイル始める長電話三日月なな子

  • 外壁を洗ふ青二才へビール帝菜

  • 生ビール幼馴染は女教師に三上栞

  • 晴れぬまま箱のビールに手を伸ばす三木崇弘

  • 苦いだけ泡に甘さはないビール三粂ニ乙

  • ビール手に若き失敗部下に語りミケネコ

  • カバあくびビールを喰らう夜の虚像美乎梛

  • プルトップの音大き独居のビール三崎扁舟

  • ビールの泡マグマ噴火のハワイ島水越千里

  • 乾杯のお言葉長し生ビールMR.KIKYO

  • 老夫婦互いに注ぐビールかな水谷佳未

  • ビール注ぐ何故か乾杯したくなる三田忠彦

  • 大丈夫呟く度にビール飲み道端ハコベ

  • ビール飲み潰した缶に深き皺巳智みちる

  • 生ビール泡髭競う一杯目みちむらまりな

  • まずビール席詰めネギマハツ叫ぶ美月舞桜

  • 泡の潰れたビール談笑続く美月つみき

  • この時を待ってた親子でビール乾杯光月野うさぎ

  • 山の端に昇る月見てビール飲むミツの会

  • 決起会右手のビール高らかにみつや湊子

  • ビールビールビールビール生四つミテイナリコ

  • 主義主張のらりとかはし夜のビール南方日午

  • 浜の宿海の匂いのビールかな皆川徳翁

  • 若すぎる写真の父とビール開く看做しみず

  • あと一杯!言い聞かせつつビール飲む湊かずゆき

  • ビアガーデン昔少女の母三人南風草々

  • 缶ビール喉が喜ぶ一杯目みなみはな

  • 少女は波に乗る海辺のビール源さなえ

  • 勝ち越しと二日酔い決めビールの夜みのり甘子

  • 工場の順路の先の生ビール美村羽奏

  • ノンアルのビールで悲恋自白して宮井そら

  • 明き夕まずはビールの夫婦仲みやかわけい子

  • タンブラー置くや注がるるビールかな宮坂暢介

  • 片言の英語と生温いビール宮武桜子

  • 草野球早々(はやばや)負けてビールかな宮武濱女

  • 機嫌良く父子が煮豆で飲むビール美山つぐみ

  • 御宿に古希を寿ぐビールかな宮村土々

  • 反省会ビールの苦き顔となる宮本モンヌ

  • ハレとケを分つビールやハイネケン

  • 地ビールの泡豊かなる昼下りみらんだぶぅ

  • 細胞の隅の隅までビールゆくみわ吉

  • 贈答のビールの蓋開け誇らしげ三輪白米

  • 生ビール四十五度の泡美事夢雨似夜

  • ビールの差自慢げに泡一口目ムーンさだこ

  • 神様へ注ぐ岩手の新ビール麦のパパ

  • ビール瓶越しの女将の箸捌き無月秋扇

  • 説教やビールは四個目の泡を無弦奏

  • ビール注ぐたもとの奥の肌の白霧想衿

  • ビール飲めず現実逃避できぬ者睦月くらげ

  • 父送り無言の母とビール飲む村上の百合女

  • 生ビールいささかの渋滞もなく紫小寿々

  • 大学の登竜門だぜ生ビール村先ときの介

  • ベンチにて女子会缶ビール二つ村のあんず

  • 乾杯に一口ほどのビール受く村松登音

  • 献杯のビールの泡よ千切れ雲暝想華

  • ビール一缶虫食いの野菜もぐ目黒智子

  • 個食なりビール一缶飲み干さず目黒千代惠

  • 黒ビール会話なき吾子結婚すめでかや

  • ビアホールひそひそ声のやがてキスメレンゲたこ焼き

  • 妻臥せりツナ缶キャベツ缶ビール毛利尚人

  • あの夜と同じビールつまむ三日月木曜日

  • 稽古後の路上乾杯ミニビールモコ

  • 逆転打の余韻球場のビール望月ゆう

  • 人間は進化の途中生ビールモッツァレラえのくし

  • 十持ちて笑みてビールをこぼさず来元野おぺら

  • 思い出すビールの時季は亡き父を元村幸月

  • ビール三杯目ら行は五割増し本村なつみ

  • 生ビール喉に落としてけふのこともふもふ

  • とりあえずビールと餃子喜んで樅山楓

  • 昇進も降職もみな生ビールmomo

  • 退職す開けず乾杯缶ビール桃井ゆらら

  • フレンチも変わらず夫の「まずビール」桃香

  • 介護終え食卓のミニ缶ビール百瀬はな

  • 三行半叩きつけ飲むビールかな森佳月

  • モザイクの四隅の昏いビアホール森毬子

  • 仕事終え帰り待つ吾子とビールよもり葵

  • 久しぶりと介護の話ビール乾す森海まのわ

  • 昼ビール幸せそうな喉仏森中ことり

  • プレゼンの一人リハ終え缶ビール杜乃しずか

  • 一本のビールが冷えたまま置かれ森の水車

  • 青島のビール再会はデジャヴ森日美香

  • 喃語期に戻りて今宵ビヤホール杜まお実

  • 乾杯と孫の笑顔と似せビール森茉那

  • のど越しの快感こらえビール捨つ焼津昌彦庵

  • 栓抜きとかあさん探す瓶ビール矢入えいど

  • 肉体の喜びそれはビールかな八木実

  • 結婚の許し得し後のビールかな野州てんまり

  • 夫の飲むビール一口もらう幸安田美智子

  • なめらかな泡二割のせビール来る痩女

  • 歓声やビール背負いし初バイト柳井るい

  • 風呂上がり君とチキンと飲むビールやのかよこ

  • 打ち上げのビール乾杯夜の蕎麦屋八幡風花

  • 香を焚く父と約束の初ビール山岡俊之

  • 鼻歌の箱買いビールペダル漕ぐ山尾政弘

  • 再会のビールの栓をひしと抜く山河穂香

  • 床の間に置かれしままの缶ビール山川腎茶

  • 祝宴の母はビールを少し飲み山川たゆ

  • 昼風呂や孫の缶茶に吾のビール山口笑骨

  • 新郎の注ぎまはりたる瓶ビール山口絢子

  • 退職日遺影の母へつぐビール山口一青

  • 山の夜のビール開ければ星が飛ぶ山口雀昭

  • 気と液の界面ビールの在処なる山口愛

  • 信濃路にこぼるるホップビール香や山崎鈴子

  • ビール注ぐ父のゐぬる日忘れたり山里うしを

  • 古希集い「ちゃん」で呼びあう手にビール山育ち

  • 閉店のビールグラスに褪せた街山田季聴

  • 満天の星と麦酒と俺様と山田啓子

  • ビール飲む今日の良きこと思ひ飲むやまだ童子

  • 恒例のビール電車を待つ笑顔山田はつみ

  • 冷え過ぎの地ビールさます痣撫でる山田蚯蚓

  • 平日の昼間のビール予定なし大和杜

  • 胸の内ビールで吐く人含む人山野花子

  • 缶ビール開けば鉄路の暮色かな山野麓

  • 生きがいの献血ほどほどのビール山彦一水

  • ビールもて懐かし人よ乾杯ぞ山本康

  • 今消えた五年の恋とビールの泡山本たか祥

  • 缶ビール掲げて影を落とす昼山本裕之

  • 大ジョッキ重さをぐっと飲み干せり山吉白米

  • 乾杯は意中の君に向けビール宥光

  • ヨガマット背負って家路の缶ビールユ綺

  • 仕事終わり愚痴と肴と麦酒で飲み開始雪兎

  • 屈託のないと言はれてビールかな雪子

  • 缶ビールけふの吐息よ解き放つ柚子こしょう

  • さっきまでラケット握った手へビール宙美

  • 呑めぬのに推しへ捧げるビールあり夢一成

  • ビアガーデングラスを持ちて子を追へり夢見昼顔

  • 瓶ビール互いに交わすおっとっとユリノイロ

  • 末席の作り笑いや生ビール緩木あんず

  • ビールシュパッ!日々好奇心日々学びゆるランナー

  • 地麦酒や遠野の河童現るる宵猫

  • 下山後の温泉あがりビールかな陽介山

  • 乾杯のビール下戸のジョッキ最後まで夜香

  • 縁側で釣りの算段手にビール横田信一

  • 検温を情熱と云う父のビール横山ひろこ

  • 風呂上がり滴を拭いたビール缶吉岡幸一

  • ビール瓶持ち廻りたる偉き人吉川拓真

  • 連れだってとにかくビール苦き味吉儀和平

  • ビール飲む100cc旨し嗚呼好子

  • ネパールのビール優しき微温さかな吉田蝸牛

  • ゴクッとビール小骨を素通りす吉武茂る

  • 我が老いを突きつけられて冷ビールよしだばあば

  • 未熟さに胸曇る夜缶ビール吉藤愛里子

  • 乾杯はバカラで麦酒夢の中Yoshimin空

  • 金婚を寿ぐラベル麦酒干す余田酒梨

  • 喧嘩した振って栓抜く缶ビール楽和音

  • 喧騒のビヤホール奥献杯梨花

  • 先づ一献精進明けの麦酒かな理佳おさらぎ

  • 細胞の隅まで沁みるビールかなリコピン

  • 菜園へ水帰宅の夫へビールルージュ

  • ビヤガーデン学生連れて揚揚とルーミイ

  • 残心を解いてひゃっこき缶ビール烈稚詠

  • ビール飲みやっと本音の自分かな連雀

  • 老人会グチ三昧やビール飲む蓮風

  • 小昼間の離陸待ちたるビールかなろまねす子

  • 偉くなった甥を褒めつつビール飲むわかなけん

  • はじめてのビール先ず君に七回忌若和志歩

  • 妻子よりビール会ひたし帰宅の途若林鄙げし

  • 孫注ぐはにかむ祖父の缶ビールわきのっぽ

  • 灯台の静寂に似た缶ビール和光

  • 十九時の一人ビールの泡の跡鷲尾真美

  • 妻の酌むビールは常に泡ばかり海神瑠珂

  • ビール手に畑の野菜もぎ取りてわたなべすずしろ

  • 無礼講の席とあらばビールかな渡邉花

  • ハムカツが無くば飲まぬとふてビールわたなべいびぃ

  • 応援歌次から次へビアホール渡邉竹庵

  • 高尾山祈願のあとのビールかな渡辺陽子

  • 漢にもビールに落とす涙あり渡邉わかな

今月のアドバイス
夏井いつき先生からの一言アドバイス

●俳号のお願い二つ

①似たような俳号を使う人が増えています。
 俳号は、自分の作品をマーキングするための印でもあります。せめて、俳号に名字をつけていただけると有り難く。共に気持ちよく学ぶための小さな心遣いです。

②同一人物が複数の俳号を使って投句するのは、堅くご遠慮下さい。
「いろんな俳号でいっぱい出せば、どれか紹介されるだろう」という考え方は、俳句には馴染みません。丁寧にコツコツと学んでまいりましょう。

※同一アドレスからの投句は、同一人物と見なしております。


●俳句の正しい表記とは?

  • ビールより 日本酒好きな 父だった青い鳥
  • 結露する ビールの海を 泳ぎたいAA 文小町
  • ビール美味い 武士(もののふ)の棒 猛打賞蜻蛉丸翔龍
  • 湯上りの喉が欲しがる ビール なり風民

「五七五の間を空けないで、一行に書く」のが、俳句の正しい表記です。まずは、ここから学んでいきましょう♪


●兼題とは

  • さくらんぼと言ひてうれしうくなりにけり上田俊朗
  • 紫陽花が下田の海に花開く奥原邦敏
  • 花栗を遠きに見ゆる回り道赤尾てるぐ

 本俳句サイトでは兼題が出題されています。今回は、季語「ビール」での募集でした。次回の兼題を確認して、再度挑戦して下さい。


●「ビール」を詠ようとした句だとは思うが……

  • 新商品必ず買ってる良いお客金丸和仁
  • 炎天下乾杯の声集う街かれんゼニト
  • 背中越しあては野球と冷やっこ川辺のひまわり
  • 夕焼に黄金の泡ほろ酔いで天上天下唯我独尊太郎
  • 泡立つや麦の花香り忘我の夜盆暮れ正ガッツ
  • 栓抜けば溢るる放埒の麒麟横浜J子
  • 蒸し暑い断酒プシュと泡となり本郷一平
  • コンビニ前リハーサル後の路上飲み茂木りん

 兼題は、テーマではないので、「ビール」という季語を詠み込む必要があるのです。


●季語の「ビール」?

  • 瓶ビール小遣い稼ぎ駄菓子屋へ薩摩じったくい
  • のどゴクリ冷えたビールと豆の画に服部たんぽぽ
  • 冷蔵庫開けてかじるはビール漬け花岡浩美
  • アイドルがビールケースで歌唱して小田毬藻

一句目は、空き瓶集めて換金?
   二句目は、画のビール?
 三句目はビール漬けは季語といえるか?
 四句目は、このビールケースに、ビールはないのでは?
色々、微妙に違う気がします。


●入力ミス・文字化け

  • 多肉に一?双葉や缶ビール青空まる
  • 地ビールは高値の花と唾を?む大渕航
  • 瓶ビール?兵衛の神事栓敲く加藤水玉

 文字化けは不可抗力に近いけど、意味が想像できるものもあれば、こればかりは……という句もあり。


●季重なり

  • ビールドイツにて揺れるハンモック岡本
  • 秋刀魚焼いて乏しき麦酒を惜しみ河上輝久
  • 水曜の朝ビール缶増える夏霧土人
  • 盆帰りBEERB級BEAR迎え空魚
  • 美味いのは仕事納めのビールかな成瀬桃うさぎ
  • 暑き日の湯上りビール水のごと平林晶子
  • 夏期修行終わったあとの缶ビール松高法彦
  • ステテコの父美味そうに呑むビールあいあい亭みけ子
  • 父ちゃんはビールぐいぐい冷奴麦とポップンミュージック

 一句に複数の季語が入ることを「季重なり」といいます。季重なりはタブーではなく、高度なテクニック。季重なりの秀句名句も存在しますが、手練れのウルトラ技だと思って下さい。まずは「一句一季語」からコツコツ練習していきましょう。「ビール」以外のどれが季語なのか、歳時記を開いて調べてみるのも勉強です。


●今回、句意が読み切れない句がかなりありました。その一方で、余りにもありがちな句材に終わっている句も。(Eテレ『NHK俳句』第一週にて「凡人脱出講座」を担当しています。参考になるかと思います。)

 選外の句を見直すことも大切なトレーニング。何が、問題だったのか。その自問自答こそが、実力をつけるための筋トレです。しっかりと分析をして、次回の兼題に挑んで下さい。

ご応募はこちら

6月の兼題

「短夜」

過去の審査結果

俳句生活TOPへ戻る