夏井いつき先生の俳句生活

夏井先生のプロフィール

夏井先生のプロフィール

夏井いつき◎1957年(昭和32年)生まれ。
中学校国語教諭を経て、俳人へ転身。俳句集団「いつき組」組長。
2015年初代「俳都松山大使」に就任。『夏井いつきの超カンタン!俳句塾』(世界文化社)等著書多数。

ご応募はこちら

2月の兼題

「霞」

8月の審査結果発表

兼題「螽蟖」

お待たせしました!8月の兼題「螽蟖」の結果発表でございます。今月も夏井先生からの「今月のアドバイス」は必見です。古語では「蟋蟀」と書いて「きりぎりす」と呼んだ時代もあったというのは初耳でしたが、それぞれ実物を見ると、確かによく似ていますね。しかも、「コロギス」という螽蟖と蟋蟀を足して2で割ったような虫もいるそうです。虫の世界も奥深い……。10月の兼題「草の花」もふるってご応募ください(編集部より)。

「天」「地」「人」「佳作」それぞれの入選作品を発表します。

天
草といふ楽器ありけり螽斯

音羽凜

夏井いつき先生より

「草といふ楽器」とは? ささやかな疑問が浮かびます。そうか、草笛かと気づきます。確かに、音階を見事に吹く名人もいますね。とはいえ、「草笛」は夏の季語ですから、季重なりにしない配慮が「草といふ楽器」という詩語を生み出したのかもしれません。
 句意は「草という楽器がある(ということは前から知っていたが、今、こうして聴いてみると)まさに楽器であるよ」というニュアンス。「ありけり」という措辞に味があります。
 それに対して、「螽斯」の音はギーギーチョン。メロディーを奏でる楽器というよりは、ギーーッチャチャとリズムを打つ楽器ギロみたいです。草笛が調べを奏で、螽斯がリズムを刻む。そんな取り合わせが絶妙な一句です。

地
きりぎりす緑青に膿むきりすと像

錆田水遊

 銅製の「きりすと像」に錆が浮き出た状態を、「緑青に膿む」と表現した点が秀逸。どこからともなく聞こえてくる「きりぎりす」の声は、まるで「きりすと像」の内なる叫びのようでもあります。

螽斯防災食へ湯を注ぐ

うつぎゆこ

「防災食」へお湯を注いでいるのは避難所でしょうか、防災訓練でしょうか。「湯」のささやかな湯気と温かさが「螽斯」の鳴く頃の気分とも響きあいます。湯を眺めつつ、しばしその声を聞く静かな時間です。

残業を拒みきりぎりすの匂ふ

ありあり

 今夜の残業は出来ません、ときっぱり断ったのでしょうか。あるいは、今後一切という拒否でしょうか。「きりぎりす」の声が、あの虫を攫んだあとの指の臭い思い出させるような、苦い苦い夜です。

鳴きしきるぎすや職なき朝が怖い

ふるてい

 前半の措辞は、未明から鳴きしきる声を思わせます。後半は作者の呟き。誰がいつ失職するか分からない不安定な社会。「朝が怖い」は、慄然たる共感というべきでしょう。

きりぎりすまた兄さんは騙されて

天風月日

 九月終了の朝ドラの「兄さん」こと、賢秀ニーニーを思い出しました。取り合わせはベタながら、「また~騙されて」の溜息まじりの措辞に真実味があり、申し訳ないけどほのぼのと苦笑いしてしまいました。

人
  • ちりとりへ旋盤の塵きりぎりす明惟久里

  • 土神の恋のあはれをきりぎりすRUSTY=HISOKA

  • きりぎりす掌を切りそうな草ばかり山内彩月

  • 開かない仮設トイレの脇にぎすヒマラヤで平謝り

  • 履歴書は真っ白ですが螽斯麻生ツナ子

  • ぎす鳴くや五百羅漢石像群Early Bird

  • きりぎりす光の空をほしいまま愛燦燦

  • 赤べこの首振り止まずぎすの声藍野絣

  • 駆ける子の籠に片寄り螽斯あいむ李景

  • きりぎりす今日で最後のトンボかけ青井晴空

  • おとなりがシャンプー替えた螽斯青川紅藤子

  • きりぎりす総身に牛の鼻息を青木りんどう

  • 電柵の壊れし辺り螽斯蒼空蒼子

  • 螽斯太陽ひどくけぶりをり青空まる

  • 日の当たる葉に跳び移り螽斯大竹八重子

  • 螽斯模型めく街あかるくて青田奈央

  • 素振り百本は付き合ふ螽斯青に桃々

  • キリギリス金眼に映る乱気流あおのめ

  • ぎす鳴くや静まり返る町工場蒼鳩薫

  • きりぎりす源氏蝕む身内ども赤尾ふたば

  • 密会の右肩に染み螽斯赤波江春奈

  • 風止めば鼓膜が揺れて螽斯赤松鴨

  • 螽斯とびだす前の腹呼吸あかり

  • アラームの窓未だ蒼く螽斯秋野萱

  • 螽蟖この子は夜寝てくれるほう秋野しら露

  • 螽斯の足裏きれい六角形アクエリアスの水

  • きりぎりす喪服の列を見送れり浅井翠

  • ガラポンの赤は6等螽蟖朝霧七海

  • 相続の話むつかしきりぎりす朝月沙都子

  • 解体清祓苧殻の色に螽斯字土街海

  • ぎくり腰の寝間ひとりきりきりぎりすあさのとびら

  • ぽつねんと牛舎の藁に螽斯あさひ

  • きりぎりす空欄多き時刻表あじさい 卓

  • きりぎりす遺影は五年前に決め梓弓

  • 通夜の座に飛び入りたるや螽蟖愛宕平九郎

  • 別れるのつづくのどっち螽斯あたしは斜楽

  • きりぎりす好きでひとりでゐるんです足立智美

  • 螽蟖鳴いて初校へあと二日あたなごっち

  • 樹木葬誦経時々きりぎりすat花結い

  • 逆上がりできぬ放課後螽蟖阿部八富利

  • 三回忌読経代わりの螽斯数多未完

  • 脚もげた螽斯ほうきに絡む雨戸ゆらら

  • 螽斯恋を編んではほどかれてあまどかに

  • 比良坂の華のにほへり螽斯あまぶー

  • 五メートル以内に螽斯二匹あみま

  • リア王のページをめくりキリギリス雨霧彦@木ノ芽

  • きりぎりす雲に行間ありにけり綾竹あんどれ

  • キンドルの読書跡なし螽斯あやや

  • なるやうになりてかくありきりぎりす荒一葉

  • 死者の声きこえぬゆゑにきりぎりす荒井類

  • 軒下に湯加減問ひし螽嘶新多

  • 遮断機の昼は忙し螽蟖有本仁政

  • 螽斯なみだ袋は落としたの在在空空

  • きりぎりすまだ水の湧くポンプ井戸アロイジオ

  • 弔問の見知らぬ顔や螽斯アンサトウ

  • きりぎりす案内板に鋲のさび飯村祐知子

  • ぎす鳴くはその背を破らんもののこゑいかちゃん

  • 螽斯鳴くや速報のテロップいくたドロップ

  • 夕月に鳴くや瓦礫の螽斯郁松松ちゃん

  • 風葬の岬凛々と螽斯池之端モルト

  • きりぎりす伏して伽藍のがらんだうイサク

  • ぎす鳴くや竈の神の煤光りいさな歌鈴

  • 履歴書に旅の空白きりぎりす石井一草

  • 螽斯上向ぎぃ下向ぎぃ石崎京子

  • 座禅くむ堂宇のしじまぎすの声石原花野

  • 爪を切る湯上りの夕きりぎりす遺跡納期

  • 闊歩する象のじかんを螽蟖石上あまね

  • きりぎりす最後は足で脱ぐズボン板柿せっか

  • 螽斯千年鳴けどまだ一人 無花果邪無

  • きりぎりす明日の支度を忘れをりいつかある日

  • 水道管破裂眠れぬ夜の螽斯斎乃雪

  • 治療歯にのこる振動きりぎりす一斤染乃

  • 冬という字のさびしさや螽斯五つ星

  • 戦争は嫌きりぎりすギースギース伊藤節子

  • 螽斯母の日記は愚痴ばかり伊藤亜美子

  • 妹を探す薄暮や螽斯伊藤小熊猫

  • きりぎりす米軍基地に暮しをり糸川ラッコ

  • 螽斯離陸待機の滑走路伊ナイトあさか

  • 食卓に走り書きありきりぎりす井中ひよこ号

  • ぬめぬめと牛の咀嚼やきりぎりす伊奈川富真乃

  • 石炭の風呂は沸かないきりぎりすいなだはまち

  • 五千年前は雨の夜きりぎりす稲畑とりこ

  • 螽斯シンクの錆を爪で掻く居並小

  • 絵を描きて死ぬる覚悟や螽蟖犬山裕之

  • カカドゥに雨季来たりなむ螽斯井納蒼求

  • 特集は熟年離婚きりぎりす井原冴

  • 降り立てば鳴き止むまひる螽斯いまいやすのり

  • 相模湖の夕陽流れてきりぎりす今西知巳

  • 螽蟖走ると決めてまだ三日妹のりこ

  • 貧しきを言ひ訳もせず螽斯伊予吟会宵嵐

  • 転た寝の耳に押し入るきりぎりす入江幸子

  • 螽斯郵便受けの離職票岩清水 彩香

  • 螽斯鳴くや形見分けの楽譜磐田小

  • 血管青き手の螽斯軽しういろ丑

  • 酔醒めの口中に砂利螽斯植木彩由

  • 曇天に火薬の匂ひ螽斯上原淳子

  • 上京の深夜ラジオや螽斯うさぎさん

  • たましいの緒を切る音か螽蟖うさぎまんじゅう

  • 出勤の祝日に会うきりぎりす宇佐美好子

  • 赤札のあしたのパンや螽斯うた歌妙

  • きりぎりす控へのをらぬ草野球内田こと

  • 掠れたる赤き「売地」や螽蟖卯月紫乃

  • 眠剤の量を増やせし螽斯空木眠兎

  • 螽斯この鉄塔の先は未踏靫草子

  • まだ重さ留むるむくろ螽斯海野あを

  • クレーンで窓からピアノ螽斯うみのすな

  • 寝違えて右だけ見る日螽蟖海葡萄

  • 黄昏のおもき鞄や螽斯梅木若葉

  • 火葬場の砂利道遠しきりぎりす梅里和代

  • 螽蟖玩具箱から鳴るラッパ梅鶏

  • くらきものふくふく吸ひて螽斯浦野紗知

  • 螽斯ひとりで帰る胸に居てうらら茉瑠

  • きりぎりす鳴くや一間の学生寮麗し

  • ぎりぎりす農夫の鍬に飛びのった吽田のう

  • 落書きを消すスプレー画螽斯詠頃

  • 風の街今螽斯鳴いたよな江川月丸

  • 螽斯明るく友を食はんとすS・葉子

  • わらわらと運ばれていくきりぎりす蝦夷野ごうがしゃ

  • 胡同に将棋の爺と螽蟖 蝦夷やなぎ

  • すぐ死ぬる螽蟖ビンに飼ふ徒に絵十

  • ドローンの殺める羽音きりぎりす江藤薫

  • 言い訳のペンしばし置くきりぎりす戎居多佳子

  • 螽蟖うらの三和土の黒光り朶美子

  • きりぎりす湯あがりの爪あまく研ぐM・李子

  • 叱られる見習いバッジ螽蟖絵夢衷子

  • 羽黒にはきざはし二千きりぎりすえんかず

  • 沖をゆくフェリーは真白きりぎりすえんちゃん

  • 虫歯また疼き出したりきりぎりす遠藤一治

  • 切り捨てし肢青臭ききりぎりす円美々

  • 首取れても離さぬ顎や螽斯櫻月楓花

  • 湯灌師の所作の一拍螽蟖近江菫花

  • 空の色しらぬ青丹の螽斯おおい芙美子

  • 螽斯Fのコードの指のまめ大岡秋

  • 手のひらのロープの匂い螽斯大紀直家

  • 自販機の骸きりぎりすを吐きぬ大黒とむとむ

  • 入賞の通知届くや螽斯大谷如水

  • 白髪の乾かぬ夜や螽斯大野静香

  • 抑揚のヘンな車掌やきりぎりす大山和水

  • ライターを囲む男ら螽斯大和田美信

  • ぎす跳ねたラジオを囲む大人の背岡れいこ

  • きりぎりす明日は子宮を全摘す岡井風紋

  • 転校の遠き畦道きりぎりすおかげでさんぽ

  • いま足を納めしところ螽蟖可笑式

  • いつの間に渡船に乗るやきりぎりす岡田明子

  • 父の書の栞のごとく螽斯おかだ卯月

  • きりぎりす雨しろがねに過ぎ行けり岡山小鞠

  • きりぎりす櫓漕ぐごとく鳴きにけり小川さゆみ

  • きりぎりすアンテナ伸ばし聴く短波小川しめじ

  • 妻去りし庭螽斯だけが居る小川天鵲

  • ちぎれたる鳴き声太し螽斯小川都

  • 耳奥に石の燃え殻きりぎりすおきいふ

  • 汚れし肺よ螽蟖の羽音よオキザリス

  • 浅き濃きみどりを集め螽蟖沖原イヲ

  • またひとつ銀行消えて螽蟖沖らくだ@QLD句

  • 地下壕の昏き光や螽斯荻原湧

  • ヴィヨロンの一弦緩し螽斯奥野悦穂

  • 我家には我家の匂ひ螽斯小倉あんこ

  • 黒髪の抜け落ちたるや螽蟖おぐら徳

  • 10円の通話3分螽斯おこそとの

  • 螽斯探す電算室の穴尾座鬼

  • 城跡や古道に仰ぐ螽斯おさだ澄恵

  • 螽斯の影頂点と交点尾頭朔江ヱゐチ

  • パート譜を供える忌日きりぎりす音館由佳

  • 螽斯城址はいつも薄暗くおだむべ

  • イクサナレスルヒノコハサ螽斯越智空子

  • 螽斯噛んで離さぬ喉の脈音のあ子

  • サイフォンの水ふたり分螽蟖おひい

  • きりぎりすスタッカートとテヌートと帯壱

  • 螽蟖学校行かずに生きてみろオペラ座の俳人

  • きりぎりす音声ガイダンス長しおぼろ月

  • 年下の上司にメール螽斯海音寺ジョー

  • 米研げばやけどに染みる螽斯海瀬安紀子

  • 飼うとしても螽斯は肉食快晴ノセカイ

  • きりぎりす備前の土は住みよいか海堂一花

  • きりぎりす後肢の角度広く待つ灰頭徨鴉

  • 頭痛薬仄かに苦し螽蟖海峯企鵝

  • キリギリス転校生の標準語かえるL

  • 訥弁の友がいたこときりぎりす火炎幸彦

  • 錆びつきし重機の影や螽斯案山子@いつき組広ブロ俳句部

  • 行く行くのこと思案せり螽斯風花まゆみ

  • 骨拾ひ金具残れりきりぎりす笠谷タカコ

  • 点滴の夜半の撓みやきりぎりす風早みつほ

  • 制服を繕ふ父や螽斯樫の木

  • 古傷の痛み長びき螽斯鹿嶌純子

  • 昼間には能舞台見ゆきりぎりすかじまとしこ

  • 回峰の草鞋累累きりぎりす華胥醒子

  • 紛失の財布探す夜螽斯花純

  • 螽蟖四股の踏まれぬ相撲場風早杏

  • ダの舌の離れぬままや螽斯片岡六子

  • 螽斯子がちぎる羽散乱す交久瀬小夜時雨

  • 藍染のはためく干し場きりぎりす加田紗智

  • ぎす啼くや一音目はスタッカート花鳥風猫

  • おとなしき子のヌンチャクやきりぎりすかつたろー。

  • 草の海つづく空へと螽斯桂子涼子

  • きりぎりす飛んで地球を乗つ取らむ花伝

  • 南部弁語尾可愛くて螽斯叶田屋

  • 引きちぎる割引シール螽斯仮名鶫

  • 螽蟖隣の兄弟喧嘩止む金子あや女

  • デッキブラシの緑ぎすの背の緑金子真美

  • でんき屋の軽トラ去りてきりぎりすかねつき走流

  • 螽斯古本の犯人に丸金朋かいと

  • 螽斯平家物語を知らず釜眞手打ち蕎麦

  • 下の子ほどきつかん顔や螽蟖亀田荒太

  • 螽斯持て余すかに髭上下亀山酔田

  • きりぎりす昨夜の夢はもう昔かもめ

  • バラードのはじめは薄く螽斯花紋

  • この髑髏は王か庶民かきりぎりす加良太知

  • 螽蟖二十五段も歩道橋狩谷わぐう

  • 見つからぬボールうるさいきりぎりす川越羽流

  • 螽斯イギリス積みの煉瓦塀川村湖雪

  • 眠剤は効かず三時の螽斯河村静葩

  • 螽斯ジャンベ叩いて日が暮れる川村昌子

  • 螽斯産後の髪のぎしぎしと閑々鶏

  • 献血に並ぶ人無し螽斯看板のピン

  • うたた寝の夢歪なり螽蟖喜祝音

  • 灯台へ続く踏み跡きりぎりす季々諧々

  • 独り身に戻りし宵の螽斯岸本元世

  • 和鋏のU字のちからきりぎりす岸来夢

  • 螽斯道の歪なけんけんぱ季切少楽@いつき組広ブロ俳句部

  • 螽斯バックミラーに手を振る子北大路京介

  • 小テスト果つや螽斯は笑ふ北川颯

  • 菩提寺の阿形のへそに螽斯北岳醍醐丸

  • 古机軋む引き出し螽斯北詰ゆらら

  • 引き金のざらつき螽斯の後脚北野きのこ

  • 何となく螽斯となら突破できる北藤詩旦

  • 螽蟖空に焦げ目の残りけり北村崇雄

  • 一木一草みな友でなし螽斯木寺仙游

  • メモに書く介護用品きりぎりす城内幸江

  • 快晴へ漕ぎ出す波動きりぎりすきのえのき

  • 螽蟖梳られる母の時木下桃白

  • うるさくて寂しい昼や螽斯喜八

  • きりぎりす啼くや仮病の昼ひなか木原トモ

  • 螽斯手製の籠はよく撓る木ぼこやしき

  • 絞り出す謝罪の言葉螽斯木村となえーる

  • きりぎりす武者窓覗く荒稽古京野秋水

  • 要介護認定審査きりぎりす杏乃みずな

  • きりぎりす打順を決める阿弥陀くじ清瀬朱磨

  • 明日には復職はるかに螽蟖清鱒

  • きりぎりす前脚に耳月に穴霧島ちかこ

  • きりぎりす逃がして秘密基地解体ギル

  • イヤホンを抜けば螽斯の陣地銀紙

  • 螽斯これから君は震へない菫久

  • 夕日喰ろうてより螽斯は不敵

  • 螽蟖死すや絵筆の持てぬ画家くぅ

  • ここからが風の入り口螽斯久我恒子

  • 円墳の入口昏し螽斯鯨尺

  • 身代と言ふほども無く螽蟖葛谷猫日和

  • 螽斯杜子春の朝鳴きいたり楠田草堂

  • センサーで開く便座やキリギリスぐずみ

  • 煌々と給油スタンド螽蟖くずもち鹿之助

  • 立て付けのあしき雨戸やきりぎりす工藤遊子

  • 終い湯に手足伸ばして螽斯國吉敦子

  • 螽蟖座してドッグフード喰らう句保田凡

  • 教室に無色の仕切り螽斯くま鶉

  • 破戒僧の袈裟に棲みつく螽蟖熊谷 温古

  • シケモクの穴場幾度もきりぎりす倉木はじめ

  • きりぎりす鳴けば乾ける昼の月眩む凡

  • 古書店の染みの匂ひの螽斯栗田すずさん

  • ドッヂボールの最後のひとり螽斯栗の坊楚材

  • 螽斯朝五時起きの母強し来ヶ谷雪

  • きりぎりす耳で捕らへてゐるのだが空流峰山

  • 蛍光灯切れかかる夜螽斯くるみだんご

  • きりぎりす片付け表に一つ◯久留里

  • 絵日記のまだ顔の無い螽蟖桑田栞

  • 螽斯追って草叢の匂い知る桑田さなえ

  • きりぎりす特攻の跡群れて翔べ桑原和博

  • 螽斯頻脈ですと医師の言ふ桂子

  • 先達のぎす啼き止みて出立す鯨野

  • きりぎりす既読一件だけの恋恵勇

  • 螽斯具も塩もない握り飯けーい〇

  • きりぎりす無神論者の叔父の遺書げばげば

  • ぎす鳴いて万葉集の空ひらく健央介

  • 鳴きやまぬきりぎりす数独の夜謙久

  • ぎしぎしと納屋の戸重しきりぎりす紫雲英

  • 落日をふくらむシーツきりぎりす剣橋こじ

  • きりぎりす隣家に停まる救急車小池浩美

  • 骨壷の中に翳あり螽斯小池令香

  • 螽蟖戀のなやみはほぼ茶番こいぬ

  • ともだちのともだちと二人きりぎりす剛海

  • 自主練の素振りの軌道きりぎりす公木正

  • 螽斯飛ぶようなところまで来た紅紫あやめ

  • 螽斯親の気持ちのわからぬ子柑たちばな

  • 遺骨無き小さき墓石や螽斯幸田柝の音

  • きりぎりす試験勉強しないふり香田ちり

  • 焙烙の火の勢いやキリギリス幸内悦夫

  • 星浴ぶる京の河原や螽蟖宏楽

  • カーテンのさざなみ淋しきりぎりす古賀

  • キーを抜きおやキリギリス赴任の地古賀粋漢

  • カルトンに小銭数へてきりぎりす小久保ゆた夏

  • 螽蟖や白紙の読書感想文こけぽて丸

  • 半開きの礼拝堂や螽蟖小嶋芦舟

  • ぎす鳴くや意外に太き妣の骨コスモス

  • きりぎりすないてさみしくないひとり木染湧水

  • お客さま圧が過ぎますきりぎりす小だいふく

  • 血の史跡多き鎌倉螽斯後藤周平

  • 極小缶開けてひとり夜きりぎりす後藤三梅

  • 螽斯荒れ野吹く風波を打つ小鳥乃鈴音

  • きりぎりす契約社員でもいいか古都鈴

  • 半地下の被爆遺構の螽斯このねこのこ

  • 蝶番の軋みとみしがぎすの声木幡忠文

  • 螽斯言った言わぬの日曜日虎八花乙

  • 明治座のトリは円楽きりぎりす小林昇

  • きりぎりす今はみんなが笑ふとき小藤たみよ

  • あえかなる放物線よ螽斯こま

  • 焼米の香の釜洗ふ螽斯小緑ふぇい

  • きりぎりすサーカス小屋の杭の跡小山晃

  • 探検の土蔵開ければ螽斯小山秀行

  • 故郷は月の裏側螽斯GOMZA

  • 病む時は病む螽蟖の諦め今藤明

  • 運慶のあ像の足に螽斯西條恭子

  • きりぎりす箱根湯本に夜の雨さいたま水夢

  • おほげさな二文字夜更けの螽斯彩汀

  • 夕闇の羅城門跡螽斯齋藤杏子

  • 触角は龍にもらった螽斯齋藤ちの

  • 虫愛でる系譜途切れず螽斯宰夏海

  • 積ん読のどこか螽斯の気配さおきち

  • 支持率の電話を受ける螽斯さ乙女龍千よ

  • 解体の日を待つ生家キリギリスさかえ八八六

  • 克ちゃんと呼ぶや墓前の螽斯坂まきか

  • 土の香に伸びゆく螽斯の翅さくさく作物

  • 螽斯鳴きつる大工道具箱咲弥あさ奏

  • 草陰の螽蟖の眼のっぺりとさくやこのはな

  • 子ら騒然キリギリス笑うわらうさくら亜紀女

  • みんなちょっとつかれているねきりぎりすさくらちゃん(6さい)

  • 納骨や除草の泥の螽蟖迫久鯨

  • しののめに星の残れり螽斯雑魚寝

  • 螽斯ぎりり弓ひき放たれる笹おいけ

  • 螽斯移住の村の広き土間紗々

  • 螽蟖跳ね猫の骨つぼ六つ砂舟

  • 螽斯歩数目当ての散歩せりさち今宵

  • 母宅に母は帰らず螽斯さっち

  • 一服の特等席や螽斯さとう菓子

  • 帰国する叔父は独身螽斯佐藤志祐

  • ぎす鳴くや木綿織り機はトヨタ式佐藤儒艮

  • きりぎりす鬼棲むといふ鎌倉の佐藤ナッツ

  • 螽斯お前も酒の欲しからう佐藤レアレア

  • 螽斯深夜ラジオのざざざざざ里すみか

  • 恋半ばけふのきりぎりすの吃音さとマル

  • ぎす鳴くやラムプ孤独の色をして真井とうか

  • きりぎりす子の太もものやわらかしさふぁい庵

  • トランプの残るテラスや螽蟖さむしん

  • 明日には告げねばならぬ螽斯紗羅ささら

  • 螽斯ですかね宅地分譲中さるぼぼ@チーム天地夢遥

  • 情死てふ言葉古びて螽蟖澤田紫

  • 辻褄の合はぬ言ひ訳螽斯澤田郁子

  • 虫かごに錆の殻なる螽斯沢拓庵

  • 逆立ちの花瓶の雫きりぎりす山海和紀

  • 螽斯隣家の草はよく伸びる三水低オサム

  • きりぎりす其処は木馬の在つた場所潮風の台所

  • 硬球のほつれを縫ふやきりぎりす潮見悠

  • 藁の香の競馬学校螽斯四季春茶子

  • 螽斯五年買い手のつかぬ家獅子蕩児

  • きりぎりす電子絵本の指触り紫檀豆蔵

  • 螽斯かかりつけ医は丘の上じつみのかた

  • 螽斯ハローワークの硬き椅子実本礼

  • メシまだのこたえは風に螽斯篠原雨子

  • 失せし物さがす道の端きりぎりす篠雪

  • 早退の裏門に鳴く螽斯柴森爽

  • 転校の記念にあげる螽斯しぶ亭

  • お給料入つた螽蟖にげた渋谷晶

  • きりぎりすけふのねむりのまどかなれ島田あんず

  • 螽斯車座となるベビーカー嶋田奈緒

  • きりぎりす大工の小屋の香は檜清水祥月

  • きりぎりす帯解く身にも聞こえ来し清水容子

  • 棟上げの酒は足りしや螽斯清水明美

  • 太陽光パネルの瓦礫きりぎりす清水縞午

  • 大学は辞める脱皮のぎすあをし清水三雲

  • 水門の錆びし鎖や螽斯清水吉明

  • 螽斯の匂ひの届く雨の夕芍薬

  • 触角や死の道探すきりぎりすじゃすみん

  • メトロノームに合わせられない螽斯沙那夏

  • 蹴轆轤の土波打てば螽斯砂楽梨

  • 横糸の古手木綿布螽蟖柊ニ

  • 螽斯障子の桟に留まりおり朱康君

  • 後輩の葬儀やぎすの青空へ寿松

  • 酔い潰れ草嗅ぎ聞くは螽蟖獣羅

  • きりぎりす祖は恐竜を噛みにけりシュリ

  • 三塁線破る適時打きりぎりす春幸

  • ピリオドをここに打つよと螽斯じょいふるとしちゃん

  • きりぎりす経典のルビ褪せてをり常幸龍BCAD

  • 螽斯帰る所のない厨白玉みぞれ

  • 小塚原刑場跡の螽斯白猫のあくび

  • 高瀬舟黙読の姪きりぎりす白プロキオン

  • 父性とは鋭き刃物きりぎりす白よだか

  • ため息を螽蟖読点に錆新城典午

  • 子の息にぎすの触角止まりたり新花水木

  • 酔いどれは何も聞こえずきりぎりすしんぷる

  • きりぎりす一鳴き毎に憂い吐き森牧亭遊好

  • 螽蟖帰る荷台に迎への児深幽

  • 長生きは迷惑ですか螽蟖水蜜桃

  • 舞踏の間窓明かり消ゆ螽斯水曜日生まれ

  • 船乗りは留守蛋小屋にきりぎりすすがりとおる

  • きりぎりす立ち合つてゐるごみ置場杉尾芭蕉

  • 螽斯5限哲学エスケープ鈴木もま

  • 螽斯モツト仲間ガイタダロウ鈴木由紀子

  • きりぎりす本家休耕田を売る鈴白菜実

  • 椅子塞ぐジェンガめく本螽蟖清白真冬

  • きりぎりす月色の切株を去る鈴野蒼爽

  • 湯の街に朽ちし矢印きりぎりす砂山恵子

  • 仏蘭西は決闘の国きりぎりすすりいぴい

  • 恋多き村でありしか螽斯諏訪次郎

  • 螽蟖鳴く午後父の日記燃す静江

  • 外灯に長き脚折りきりぎりす青児

  • 螽斯鳴けやオイラは轆轤挽くせいしゅう

  • 中天に日は衰えて螽斯勢田清

  • 自販機にひっついたまま螽斯星夢光風

  • 海水の死にゆく甘さ螽斯世良日守

  • 教室の図鑑ぼろぼろぎりの声せり坊

  • 百年の農家竈のきりぎりすそうま純香

  • ハモニカの出ないファの音螽斯そうり

  • 螽斯緊急地震速報です素空

  • ぎすとゆび腹やわやわとおしあへり外鴨南菊

  • 擬死なるか闇へ闇へと螽斯そまり

  • きりぎりす聴きゐてチョンの二割ほど染井つぐみ

  • 螽斯ギターの弦の匂いかな染野まさこ

  • 寝室の孤食三分きりぎりす空豆魚

  • 螽斯汚れて清き作業服ぞんぬ

  • 甥っ子の吃音やさし螽斯たーとるQ

  • 垂れさうで垂れぬ触覚螽蟖太閤検地郎

  • きりぎりす音楽室は端にあり泰山

  • 指輪投げ捨つ螽斯草を抱く平良嘉列乙

  • 浅煎りの夜を挽くごときりぎりす高尾里甫

  • 弁天の琵琶ふくよかやぎすの脚高田祥聖

  • 初七日の畳に螽斯の影は落ち高橋朝絵

  • 錆び気味の糸切りばさみ螽蟖高橋寅次

  • きりぎりす手すりの真下は崖なり高橋なつ

  • きりぎりす裸電気の外厠高橋ままマリン

  • 螽斯双方赤の交差点高見正樹

  • この町に本屋なくなりきりぎりすたかみたかみ@いつき組広ブロ俳句部

  • きりぎりすケ91の車輪下高山佳風

  • いま一度螺巻く音すキリギリス滝谷朗

  • きりぎりす親は子よりは早く死ぬ多喰身・デラックス

  • 螽蟖真昼の人とすれ違ふ竹内一二

  • 結婚にむかぬをのこや螽斯竹口ゆうこ

  • 匿名の寄付は家訓や螽斯武田豹悟

  • 乾びたる猫の骸や螽蟖竹田むべ

  • 触角の長さからして螽斯たけろー

  • まだ月は答へは持たぬ螽斯多事

  • きりぎりす草の刃味方に弾かんたすく

  • 黄昏に導火線めくきりぎりす黄昏文鎮@いつき組広ブロ俳句部

  • 草かげは小さなゆりかご螽斯糺ノ森柊

  • 座敷牢めく療養やきりぎりす多々良海月

  • 上顎は鈍き鉈なり螽斯立川茜

  • きりぎりす途切れ途切れの一筆箋橘萌香

  • 螽斯今度鳴くとき死ぬかしらんダック

  • 園長の時給千円螽斯立田鯊夢@いつき組広ブロ俳句部

  • 撓う葉の推進力や螽斯辰野史会

  • 切つて無き脚をさすれと螽蟖立石神流

  • きりぎりす星見えてゐるあばら小屋立部笑子

  • 螽斯鳴き止みていきなり孤独田中紺青

  • 縁側に風を招くやきりぎりす谷卓生

  • きりぎりすおひとり様にもう慣れた谷相

  • 螽蟖こゑ使い切り縁の下谷町百合乃

  • 螽蟖草むら潜む海兵隊谷本真理子

  • 円墳は集いの丘に螽斯田畑整

  • 折紙のやうな事故車や螽斯玉木たまね

  • 黄ばみたる切抜き記事やきりぎりすたま走哉

  • 螽斯しづか雲より多き瓦斯玉庭マサアキ

  • ラブレター捨て螽斯籠に入れたまのねこ

  • 洗濯も掃除にも飽き螽斯玉響雷子

  • 少しづつ大地の色や螽斯たむらせつこ

  • 石垣は崩れしままよきりぎりす田村利平

  • 螽蟖のび太の家は一戸建たろりずむ

  • 螽斯さきに動いたほうの負け丹波らる

  • きりぎりす利き手ギプスで固められ知恵さん

  • きりぎりす猫の遺骸の髭長く千歳みち乃

  • 頤の赤き縁取り螽斯千鳥城@いつき組広ブロ俳句部カナダ支部

  • 四年はや休耕田を螽蟖千代 之人

  • 螽斯に楊おばさんという綽名彫刻刀

  • 螽斯残して発てり無人駅澄心静慮

  • 草蹴ればぎすは跳ねたり守備ライト千代汲YC

  • 電柱に貸したる花壇きりぎりす月石幸

  • さめてゆく湯船や俺と螽斯月岡方円

  • 鳴る床に仄めき応ふ螽斯つくも果音

  • 鉄の雨降った日もあるきりぎりす辻美瑛

  • 古書店に留守の貼り紙螽蟖辻野 花

  • 音なき風草よりいづる螽蟀対馬清波

  • 螽斯蛍光灯と輪転機土田耕平

  • きりぎりす跳ねて国葬反対デモ土谷海郷

  • 未来4過去6の風きりぎりす津々うらら

  • ぎすきつと海王星に向かう気だ綱川羽音

  • 月も詩も町も錆びゆく螽斯ツナ好

  • 螽斯夢見る永遠の銀の匙常勝

  • 民宿の渡り廊下や螽斯津幡GEE

  • 相席でよろしいですか螽斯露草うづら

  • わたくしの孤独見つけよ螽蟖露口全速

  • 螽斯仕事帰りの塾講師ツユマメ末っ子10歳@いつき組広ブロ俳句部

  • キリギリス傷口いたむ零時かな哲庵

  • 終点のホーム煌々螽斯寺尾当卯

  • この街の星空はどこ螽斯電柱

  • 幼兒の説教長しきりぎりすでんでん琴女

  • きりぎりす鳴く病棟は小さき箱天陽ゆう

  • 紫煙消えゆく空螽斯ぎいこ天六草太郎

  • 調弦はレの音なるかキリギリスどいつ薔芭

  • 兄逝きてむかしを鳴くか螽蟖峠南門

  • 螽斯いつも出かけている隣家遠峰熊野

  • 父の庭じまい螽蟖なく声とおやま桜吹雪

  • ライオンの貌をしてゐる螽斯とかき星

  • 螽斯発てばミクロの土煙時まる

  • 確かめし今日の鑿音螽蟖ときめき人

  • 螽斯鳴く無言館は灰色徳庵

  • 螽斯頬に冷たし城の石徳野克通

  • 螽斯ブルーシートの川の家どこにでもいる田中

  • 住職の長い話や螽蟖十津川ポロ

  • きりぎりす「ご褒美にりぼんを買って」殿村則子

  • 螽斯父は胃瘻を断れりとはち李音

  • ぎすの憲法、但し自衛は妨げない戸部紅屑

  • 螽斯9千ヘルツの翅あをむトポル

  • 古書店の脚立を風や螽斯とまや

  • 螽斯いつも突然訃報来る斗三木童

  • 螽斯ボール拾いに飽きちゃった富野香衣

  • 弧の先の草は揺れたり螽斯友@雪割豆

  • 急かされて夕餉の支度きりぎりす登盛満

  • 螽斯角から剥がす古写真富山の露玉

  • 魔導書を唱えれば螽斯へと鳥田政宗

  • 螽斯夜間巡視の灯のゆららとわずがたり

  • ドミノ倒しの自転車にきりぎりすとんぶりっこ

  • 通夜の客みな帰りけりきりぎりすとんぼ

  • 寝ころんで図書館の本螽斯内藤未来仁

  • ぎす啼いて壁に貼らるる求人票 内藤羊皐

  • 螽斯淋しさみしと髭のばす

  • きりぎりす引導はまだ受け取らぬなおじい

  • 日輪におとろへきざすきりぎりす中岡秀次

  • 向き合うて聖書黙読螽斯中里凜

  • 失くすもの増える人生螽斯中島走吟

  • 睦言の語彙力貧し螽斯中島隆

  • 中央分離帯からも螽斯永田千春

  • 尖りたる猫の背中や螽斯中鉢矢的

  • 螽蟖鳴くや門より落つる忌中札中原柊ニ

  • 跳躍の残像のこし螽斯仲 操

  • きりぎりす津波の残す白い砂なかむら凧人

  • 不登校明けに手渡す螽斯新蕎麦句会・凪太

  • きりぎりす逆光線の塀に立つ凪ゆみこ

  • 涸れ井戸の蓋外れをり螽蟖なしむらなし

  • 螽斯野原を駆ける装甲車那須のお漬物

  • 刀傷ある頭蓋骨きりぎりす夏草はむ

  • 螽斯の口の言ふ「は・な・せ・こ・の・や・ろ・う」夏雲ブン太

  • どの家もおおかた留守よ螽斯夏湖乃

  • 夜の熱打ち払いたり螽斯夏空なみ

  • 耕作放棄地螽斯のこころ夏椿咲く

  • 息抜きに素振り百回キリギリス夏目坦

  • 保育所の老爺の夜警きりぎりす夏雨ちや

  • きりぎりす古文の板書消す匂ひ七瀬ゆきこ

  • ため息と読経と風と螽斯七森わらび

  • 整形の二重の腫れて螽蟖菜々乃あや

  • 中三で√出てきてきりぎりす⑦パパ@いつき組広ブロ俳句部

  • 重力の消える瞬間ぎす跳んで名計宗幸

  • 押し花をはさんだページ螽斯名前のあるネコ

  • 断捨離の前の一読きりぎりす奈良素数

  • 水出しの緑茶一服螽斯新美妙子

  • 父の炊く飯柔らかし螽斯西爽子

  • 事務椅子の発条ひねくれて螽斯西田月旦

  • 産卵の螽蟖野へ帰すなり西の京あんこ

  • 螽蟖重装歩兵のまなざし西村小市

  • 我が地区にしきたり数多きりぎりす西村棗

  • 燃ゆるとき原稿軽し螽蟖二重格子

  • きりぎりす太く短き我が腿へ新田 ダミアナ

  • 太陽は錆びずきりぎりすは倦まずにゃん

  • 節電の暗がり鳴きぬ螽斯二和田躬江

  • ここよりが葉脈または螽斯仁和田永

  • 草きりや終電迫る延長戦庭野環石

  • 工房にかをる木屑や螽斯暖井むゆき

  • ちやんばらの勝者称へるきりぎりす沼宮内かほる

  • 濁流に熨されし草や螽斬沼沢さとみ

  • 京の土間吹き去る風や螽斯根々雅水

  • 無職でもおかわりはする螽斯涅槃girl

  • ことごとく外す二択や螽斯ノアノア

  • 螽斯両輪軋む車椅子濃厚エッグタルト

  • 螽蟖時計仕掛けのよな入日野地垂木

  • 螽斯胸痛は不意打ちで来る埜水

  • 逆に巻く竜頭の軽し螽斯ノセミコ

  • 手の中の突つ張つてゐるきりぎりす野点さわ

  • きりぎりす学長選の結果待ち野中かべちょろ

  • 四分休符挟み鳴きけり螽斯野ばら

  • リュウマチの指に鈍痛ぎすの鳴く野原蛍草

  • 十一人ゐて螽斯つかまらず登りびと

  • 螽斯墓石に母の文字深し野村起葉

  • 螽斯は卓の上なり夕餉後則本久江

  • ランニングハイは短し螽斯灰谷素数

  • 掴む手に螽蟖の顎開かん羽織茶屋

  • 焼香だけ済ませ仕事へ螽蟖はぐれ杤餅

  • 螽斯あぶく銭手にネオン街はごろも856

  • 触角は長しトイレにきりぎりす橋爪利志美

  • シンク野晒し蓄熱のきりぎりす橋本こはく

  • きりぎりす貪り神は死に給ふ長谷川水素

  • ぎすのこゑ空耳にまぎれて独り長谷機械児

  • キリギリス深夜のラジオ明日は模試長谷島弘安

  • 螽斯うるさい右首が痛いはっしー

  • 揺り椅子の揺れたまに合う螽斯八田昌代

  • 墓守りの絶えて寂々螽斯花咲明日香

  • 螽蟖三日坊主の日記棄つ花南天あん

  • きりぎりす古家にひびく蓄音機華姫

  • 質草と跨ぐ敷居に螽蟖はなぶさあきら

  • 帰還せぬルンバ漫ろやきりぎりす花和音

  • 螽斯聞けばあの日が甘酸っぱ 羽沖

  • 瓦礫めくビルに螽斯の木魂はのん

  • ブランコの錆び片足の螽蟖浜野洋志

  • 真昼間の破瓜きりぎりすだよねあれ葉村直

  • きりぎりす鳴くや赤子の爪を切り早川令子

  • ぎす跳ねて土手にいとまの昼休み原水仙

  • 出棺の棺の上に螽斯原島ちび助

  • きりぎりす風のにほひを鹹しとも巴里乃嬬

  • 螽蟖古書のパラフィン紙の澄める播磨陽子

  • 廃校の朝くつ箱の螽斯晴田そわか

  • 夜勤のエンジン螽斯を残し葉るみ

  • 肋骨のどこかひゅるるる螽蟖春海のたり

  • きりぎりす鳴いて日記を終ひけりはれまふよう

  • 青空に翅を洗ひて螽斯はんばぁぐ

  • ぎす鳴くや施設リスクの説明会万里の森

  • 風やめば背中に響く螽斯ひーたん@いつき組広ブロ俳句部

  • 螽斯バスの本数また減りぬ東原桜空

  • 子も去て鳴くや夜明けの螽斯東山たかこ

  • 演説を影で聴くふり螽斯光源爺

  • 吾は厠啼く螽斯独り占めひぐちいちおう(一応)

  • ヨーチンを塗る膝小僧きりぎりす樋口滑瓢

  • 大仏の指先円し螽蟖菱田芋天

  • 螽斯核分裂は鳴かざる火ひでやん

  • 缶けりの最後のひとり螽斯日向こるり

  • 螽斯さして親しき友じやなしひなた和佳

  • 息継ぎを拾ふマイクや螽斯緋乃捨楽

  • しやくしやくと複眼喰へり螽蟖比々き

  • 螽斯髭しなやかに放ちたり日吉とみ菜

  • 嵐去る夜を鳴き出せりきりぎりす平井由里子

  • 教え子の便り読む螽斯鳴く平岡花泉

  • 読点を夜へ打ち打ちて螽斯比良田トルコ石

  • ぎす鳴くやシャッター通りの三角地平野孤舟

  • きりぎりす庭の箒に絡まれり平林晶子

  • 消毒の指のきしきしきりぎりす平本魚水

  • 百年を生きる計画きりぎりす広木登一

  • 思い出とは他人の空似きりぎりす廣重

  • 貧しさを楽しむ一家きりぎりす広瀬康

  • 螽斯鳴くやピエロのジャグリング弘友於泥

  • 螽斯ミニ水筒は薬用ひろ夢

  • 我が死処のいづこならむや螽斯風慈音

  • ぎすゐたりぎすの屍に囲まれて深町明

  • 為政者はシラを切るもの螽斯ふくじん

  • 蒸しタオル褥瘡引くや螽斯福田みやき

  • きりぎりす百一回を鳴きにけり袋小路 綴乃

  • 螽斯泣きたい夜がくるなんて藤井かすみそう

  • 虫愛ずる児の手のひらの螽斯藤井眞おん

  • プルートの軌道は楕円きりぎりす藤色葉菜

  • 草深くさまざまに死ぬ螽斯藤川雅子

  • 螽斯シガールームの壁に罅藤白真語

  • きりぎりす棲むや回収来ぬ瓶に藤田ゆきまち

  • ひどいのは母さんの方きりぎりす藤田流歌

  • 夕闇に父の口笛きりぎりす藤永桂月

  • 産着干す軒端に青ききりぎりす藤原涼

  • 潰したろか歯痛の夜の螽斯藤雪陽

  • ひらひらとセル画の雨やきりぎりす藤原素粒子

  • 心地よき御国訛りのきりぎりす布施無門

  • 我が死なら樹木葬にて螽蟖冬のおこじょ

  • こゑに今きんいろの罅きりぎりす古瀬まさあき

  • 誤字多き絶縁状やきりぎりす碧西里

  • 銀ナイフのくすみ明けゆき螽蟖ペトロア

  • 螽蟖喰はれてるのはおれぢやないへなけん

  • つみのあるごとく鳴きゐるきりぎりす茫々

  • 痛さうに削るたましひ螽斯北欧小町

  • 客家土楼の大門赤し螽蟖干しのいも子

  • キリギリス圏内店長と摩擦星詩乃すぴか

  • 螽斯ひとつ覚えの流行語星野はいかい

  • 酒焼けのごとき声やな螽斯星乃ぽっち

  • 古本のまだらなページ螽斯ほしの有紀

  • きりぎりす地震警報でる刹那甫舟

  • 螽斯前転出来る僕の勝ち細野めろん

  • その日よりひとりに慣れて螽斯穂積天玲

  • この国は借金塗れぎす鳴けり堀卓

  • きりぎりす啼くや饐えゆくものに骨ほろろ。

  • 千日手回避の気配きりぎりす凡々

  • 螽斯伏す開拓の鎖塚梵庸子

  • 向かひ合ふ読書の夜やきりぎりす前田冬水

  • 実験の白き沈殿きりぎりすまがりしっぽ

  • 金持ちはみんな優しい螽斯牧野冴

  • 螽斯母の命を測りをり牧野敏信

  • 草野球外野へ座する螽斯まこ@いつき組広ブロ俳句部

  • 太陽はセロを光らせ螽蟖まこちふる

  • 好きという手枷足枷螽斯松岡玲子

  • 本丸はただの広場よ螽斯松平武史

  • 曇る日の母よく喋るきりぎりすまつたいら西

  • 鉄橋を渡るデゴイチ螽斯松高法彦

  • ニーチェ読む大学生や螽斯松田慶一

  • きりぎりす終の住処の契約書抹茶子

  • 父がまだ笑ってた日の螽斯松本俊彦

  • きりぎりす風そよぎあふ電気柵松本裕子

  • 螽斯ただしく騙されて夜道真冬峰

  • 螽斯母は遺影を撮つたらしまめばと

  • にらまれて放つ指先螽斯瑪麗

  • 句読点打つよに鳴くよきりぎりす真理庵

  • 螽斯不法投棄の冷蔵庫丸山隆子

  • 濁音は韻のぬけがら螽斯まんぷく

  • きりぎりす星蹴散らかすように鳴く三浦にゃじろう

  • 螽斯ちぎれた脚が落ちている三重野とりとり

  • 清拭は三人がかり螽斯帝菜

  • まま母の小言の長しきりぎりす三上栞

  • 塹壕の熱冷めやらず螽斯巫女

  • 痛みなき場所に傷口螽斯岬ぷるうと

  • 土手で逢ふ約束のはず螽斯三崎扁舟

  • 脚拾ふ先に胴あり螽斯水須ぽっぽ

  • きりぎりす草より深き草の色水谷豊

  • 督促の宛名は旧姓キリギリス巳智みちる

  • ぎす鳴くや正坐を崩す古机みちむらまりな

  • 螽斯鳴きて一間の部屋せまし光子

  • 螽斯はパンツ三日目の匂いみづちみわ

  • 螽斯のハーモニカめく胴体よ光峯霏々

  • 螽斯Fのコードをクリアす満る

  • 外れ矢の土ぬぐひゐて螽斯みつれしづく

  • 螽蟖静かに静かに喫煙す深蝃儺鸝狐

  • きりぎりすカブのミラーの小さき錆南方日午

  • 離婚てね根無草みたいきりぎりす水上ルイボス茶

  • 相談の長き沈黙きりぎりす水無月葉子

  • ぎす鳴けば気鬱な昼の極まれりみなと

  • 葉の上の葉の影に居り螽斯港のパン屋

  • 螽斯手押しポンプの誘い水みなみはな

  • きりぎりす切る瞬間に爪は死ぬ美村羽奏

  • 草叢はまだ日のにほひ螽斯みやかわけい子

  • 瞬きの後飛ぶだろうきりぎりす宮康平

  • 前輪に釘螽蟖鳴き止まず宮坂暢介

  • 白隠の達磨貌なるキリギリスみやざき白水

  • きりぎりす栄養剤のかねの蓋宮武濱女

  • さゞなみの如く深夜の螽斯宮部里美

  • 一円が合わぬ月末きりぎりすみやま千樹

  • 何もかも三角形や螽蟖未来に詩編む

  • 螽蟖低きサドルの中学生ミラベル

  • 螽斯鳴くあめつちは結合すみらんだぶぅ

  • 螽斯鳴くやあの日の肩車みわ吉

  • 緑青の聖水盤の螽斯夢雨似夜

  • 裏鉄の馴れぬ足早螽斯ムーンさだこ

  • 螽蟖気付かぬ君の脚に這ふも麦のパパ

  • 叱られて桟敷のぎすと観る落暉椋本望生

  • 泡立てるかに翅捌く螽斯無弦奏

  • 僧ふたり草漕ぎゆきぬ螽蟖無恙庵閑酉

  • きりぎりす解せばキリル文字数多村上牛蒡

  • きりぎりす通夜始まるや勝手口紫小寿々

  • 螽斯デニム裁つ音の粗きこと村瀬っち

  • 1分の黙祷あけて螽斯暝想華

  • 指に血やあぎと凄まじ螽斯目黒千代恵

  • ストリツプ劇場廃れ星とぎすメレンゲたこ焼き

  • きりぎりす隣のシロは懐かない茂木

  • 螽斯遊女の眠る浄閑寺茂木りん

  • きりぎりす飛ぶかバス来るのが先か杢いう子

  • 余計なことは言わぬことだな螽斯望月ゆう

  • 螽斯正義の数は人の数望月朔

  • 我が影の鼓動辺りを螽斯百瀬はな

  • ぎす鳴くや吾の心臓に渦のあり桃園ユキチ

  • 本開きひとりの下校きりぎりすももたもも

  • 取説や納屋の何処に螽蟖杜まお実

  • きりぎりす写経の右に流れゐて森海まのわ

  • 雨のごと爆撃が過ぎ螽蟖森 佳三

  • きりぎりす採石場の昼休みもりたきみ

  • トルストイ畳ささくれ螽斯もろ智行

  • 螽蟖ノイズだらけの夜の闇宿仮

  • 螽斯疼く新たな手術痕柳井るい

  • 螽蟖鳴けば微かに歪む雑踏音ヤヒロ

  • リハ室の耳骨に音叉螽斯山川真誠

  • キリギリス世界ニ西ト東アリ山川腎茶

  • 腰をおろす西行法師きりぎりす山口一青

  • きりぎりす今日も何処かでお葬式山口雀昭

  • 螽斯今日は数学自習の日やまさきゆみ

  • 新幹線通過きりぎりす死んだ山田蚯蚓

  • 螽斯つまんで天下とった顔山野花子

  • たまに来る叔父は独身きりぎりす山野麓

  • D判定破くきりぎりす煩い山本先生

  • キリギリス言い訳の目に映る我山吉白米

  • 父譲りの高き声なり螽斯唯果

  • 火葬場の点火スイッチ螽蟖結壱隆月

  • けふ少し夕星あかし螽蟖柚木みゆき

  • 螽斯明るき闇を生きる生きる有野 安津

  • 螽斯地に鋭角の蹴りひとつ宥光

  • 脱ぎきれぬ皮からむ肢きりぎりすユ綺

  • 螽斯汽車は軋みて停まりけり雪音

  • きりぎりす祖父の墓前のウヰスキー雪ノ下青観

  • 療養のホテル五日目螽斯ゆすらご

  • 放射線治療ときどき螽斯宙美

  • 螽斯ソーラーパネル並ぶ下ゆめの常盤

  • 子を産みし夜の空腹や螽斯湯屋ゆうや

  • きりぎりすテレビ映らぬランドリー陽花天

  • 螽蟖鳴くや柩車のクラクション羊似妃

  • 太陽の腹の黄緑きりぎりす横縞

  • 浸水の片付け十日螽斯横田信一

  • 墓石のきりぎりすにも掛ける水横浜J子

  • きりぎりす耕作放棄地を跋扈横山雑煮

  • きりぎりす眠れぬ夜の睦み合い吉岡幸一

  • 体内の水わづかなる螽蟖吉川拓真

  • 螽斯義歯調整の十回目吉田郁

  • 野球部とソフト部俺とキリギリス吉野川

  • きりぎりすいつも寡黙な牧師様ラーラ

  • 武者の声野に立ち上がり螽斯楽花生

  • アセチレンランプやじつと螽斯理佳

  • 国難を論じて雨後の螽斯柳絮

  • 監督の説教二分きりぎりすレベッカ西瓜

  • ご破算の指よくすべる螽斯蓮花麻耶

  • 螽斯みくじの凶へしがみつく六地蔵と狛犬

  • 義経記に在りし地名や螽斯渡辺香野

  • 軟球はフェンスの外へ螽蟖渡邉竹庵

  • 同廃や昼のベンチを螽斯渡辺桃蓮

  • 性格は慎重と見ゆきりぎりす渡辺陽子

  • 鳴かないし飛ばないぎすの餌を買う亘航希

  • 規制線張られた自宅螽蟖丘の上太郎

  • 螽斯貼り付く車窓無人駅小田和子

  • 作業着の裾のほつれや螽蟖乙華散

  • 悪口を云へば戸口の螽斯瀬尾白果

  • 螽蟖一本点かぬ線香よツユマメ@いつき組広ブロ俳句部

  • 螽蟖放牧の野の杭の列弦巻英理華

  • 螽斯三階建ての窓明かり毛利尚人

  • 転圧機稼働草きりの跳躍笑笑うさぎ

  • はたおりのこれは跳ね疲れたる脚百瀬一兎

  • 機織や働いてよくねむる母佐藤綉綉

  • 機織へ放るこの鬱は昼行性すいよう

佳作
  • 螽蟖ドンペリねだるマリアンヌ赤馬福助

  • 螽斯ひとりで参る友の墓acari

  • 墓石に水掛けふいと螽斯

  • 死神に捕まらぬやう螽斯明後日めぐみ

  • 螽斯サリーを纏ふインド人淺野紫桜

  • キリギリス公民館の草刈り機麻場育子

  • 螽斯を聴くや朝の断頭台あなうさぎ

  • まえうしろさがしてみぎからきりぎりすあねもねワンオ

  • 螽斯まあるい月と酒を酌む雨降りお月さん

  • きりぎりす月面散歩しませんかあらかわすすむ

  • 情熱の果ての倦怠きりぎりす石井茶爺

  • 朽ちかけの門扉あくごとぎすの声石塚碧葉

  • 紅引きてうかうか三十螽斯石塚彩楓

  • 星々と語らうも好しきりぎりす石間毅史

  • きりぎりす余さず骨を噛み砕き磯野昭仁

  • 吾子の指震える螽蟖の顎市川隆一

  • 思い出の境界線や螽斯伊藤治美

  • 唄い続けるのも自由螽斯イマスノリコ

  • 螽斯声にして読む落選句五郎八

  • 懐のさびしき今宵きりぎりす色葉二穂

  • 螽斯私は泣かず飛ぶけどな上野眞理

  • 螽斯の翅を夜風の代わりにす丑十八夜書ク

  • 螽蟖相手に前座務めけり越前岬

  • 窓越しにお裾分けして螽斯大塚恵美子

  • 螽斯下顎呼吸の母とゐて岡田雅喜

  • 抗ひ静まらず篭の螽斯きゅうせき

  • ガットギターのマチネ終わりキリギリス黒田良@白井

  • 千枚を定規で折りてキリギリスくんちんさま

  • 母の用命野に聲を追ふ螽斯虎堂吟雅

  • きりぎりすAIレジの「お大事に」コンフィ

  • 螽斯この世に我と二人きりさいとうすすむ

  • きりぎりす鳴きてコロンボ解決す坐花酔月

  • 螽蟖寝返りに合わせ変調し草山熊太郎

  • 螽斯年金生活心配佐藤恒治

  • きりぎりす天球に見る宇宙船新濃健

  • 少年と遊んでばかりきりぎりす酔芙蓉

  • 緑玉のしづく散らすや螽斯主藤充子

  • 螽蟖病つらしと友の文宙まあみん

  • 螽斯「好き」は優しい君の嘘高嶺遠

  • 鳴き病んで土に帰るは螽斯高城龍之介

  • 救急車とリズム合わぬ螽蟖タマゴもたっぷりハムサンド

  • 螽斯書類審査に嘘の体重ダンサーU-KI

  • 螽蟖弔辞の律の伴奏者ちくりん

  • 螽斯嘘をつき続けて辛い藤白月

  • 太宰書く字のきりぎりす読む孤独夏目十貫

  • 熅れにも夢に飢ゑて螽蟖山河穂香

  • 鳴き声の間のためらいや螽蟖楽和音

  • 褪せた羽を半分閉じ伏す螽斯ラタタタム

  • ぎすのつの震へは聲の紋様なり芦幸

  • 呼び掛ける誰の化身か螽斯明日いい天気

  • 俺たちに来年はないきりぎりす安藤ツトム

  • 螽斯バイオリンは土石流石川初子

  • 〆切を破り昼寝や螽斯いしきひさき

  • 極限を尽くせぬ闇や螽斯ゐのかたゆきを

  • 螽斯きっと気が合う伊達男植田かず子

  • 地にダイヤ預けてギスは鳴き止める遠藤波留

  • 星屑の落ちていそうな野の螽斯大越恵子

  • きりぎりす文字の少ない孫の本大村真仙

  • 歌い出し触角揮う螽蟖大谷一鶴

  • 白い風織りあげていく螽斯岡崎 蹊

  • 螽斯もみ手めく羽使ひをり奥田早苗

  • ボール追ふ吾子の瞳で鳴く螽斯面映ゆの花純

  • 螽斯釣り糸垂れに来てみるかかいぐりかいぐり

  • 螽斯娘の靴にいつのまに海壁

  • 絵日記に緑を添えてキリギリス兼子さとみ

  • 雑踏に君の手見つく螽斯カフェオレ草

  • ギィィィィッでこぶしを回す螽斯紙谷杳子

  • 螽斯光揺らいで父が去るかめよかめ

  • 草原に緑の隠し絵螽斯カワムラ一重

  • 微風さへ止めゐて擬死の螽斯川村ひろの

  • きりぎりす少年の背の父を超えキートスばんじょうし

  • 悪の花枯れた最期にぎすの華木子結雲

  • 螽斯脚に耳あり地に目あり木佐優士

  • シャンプーの香とすれ違ひ螽斯Qさん

  • 螽斯毎日職変えフリーターぐりぐら京子

  • 五歳児のポケット今日はキリギリス来冬邦子

  • 螽斯捕り名人勉強嫌いの子こひつじ@QLD句会

  • 螽斯包み寄せたり喪中の間榊昭広

  • 孤独なる痩せキリギリス岩の陰桜姫5

  • ぎすの声水平に問う添い寝かな桜よし榮

  • 雨に止み星に奏づるきりぎりすしぼりはf22

  • 真夜中に柩を切るや螽蟖写俳亭みの

  • 螽斯涙で錆びた古時計種種番外

  • 螽斯雨間にくる宅配便じゅん

  • 右頬の畳の跡やきりぎりす杉田梅香

  • 螽斯よ流星群見てごらんそれいゆ

  • 螽蟖喪服につっかけ庭散歩駄詩

  • キリギリス明日も晴れてくれるはず

  • きりぎりす隣の人の畳の香だがし菓子

  • きりぎりす掴んだ記憶手に少し高橋光加

  • 茹で蛸の高値を云へりきりぎりす滝川橋

  • 螽蟖機織半ら覗かれり太刀盗人

  • 月南しみいる声やきりぎりす立花かおる

  • 螽斯飼いたくなりてポケットへ田村モトエ

  • 朝風のはいる寝床や螽斯ちゃあき

  • 耳の中似てるんだって螽斯草豆

  • サロメの笑みのほどけぬ帰路に螽斯東野律

  • きりぎりす鳴く丸まる猫の重きことどくだみ茶

  • 舗装罅卵管さすかキリギリス戸口のふっこ

  • 親シラズ子シラズ泣くなキリギリス菜々の花畑

  • ダウンヒル螽斯鳴く一瞬に二上松風

  • 脳やつれ子は忘れしもキリギリス海苔和

  • 掘り返す棺の中に螽斯稗島塗小太郎

  • 蒼空を斬つてあつめて螽斯白庵

  • 螽蟖母子の寝間を囃したり白雨

  • 肩の上には螽斯動けない白咒と蒸しエビ

  • キリギリスうかつに咬る魂の貌花岡淑子

  • 花嫁のヴェールは凪ぎて螽斯ぱぷりかまめ

  • 螽斯赤いペデュキュア色褪せて原野乃衣

  • 地に強し天まで高し螽斯比企野朋詠

  • 音響の良き原選りて螽斯美竹花蘭

  • 櫓も軋む花やぐ街へ螽斯風泉

  • 庭下駄に釘打つて跳ね螽蟖深川佳子

  • ひろげてみれば大きいぞ螽蟖深蒸し茶

  • 菜園の名残り翡翠の螽蟖福ネコ

  • 螽蟖野にぎこちない謙譲語福良ちどり

  • ムンクの叫び螽斯鳴き止まず鳳凰美蓮

  • 孔雀喰ふぎすの朗吟うづまひてほこ

  • 地にほてり宵の早さよぎすの声町田勢

  • 廊下にも陽の差し込みて螽蟖松井酔呆

  • やっとこの顎で離さぬ螽斯松尾老圃

  • わたくしを噛んで離さぬきりぎりす松野蘭

  • ほころびし濁世紡ぐや螽蟖みい

  • 押す二輪シャツ風孕み螽斯三島瀬波

  • 草野球ボールはどこに螽斯MR.KIKYO

  • 汗流し残渣漉き込み螽斯雅乃珠晃

  • きりぎりす顔色変えず鳴きにけりmomo

  • きりぎりす孫抱く妻は認知症森佳月

  • づかづかと這ふ螽斯てふ戰車もりさわ

  • 休符にも美しさあり螽蟖森中ことり

  • 物言わぬあなたを乗せて螽蟖八重葉

  • 首塚の帰心誘ふや螽斯安田美智子

  • 螽斯追う夜の五感の楽しさや野生の栗

  • 血を舐めて鳴くか現場の螽斯痩女

  • 螽斯宝石箱を解錠す簗瀬玲子

  • 螽斯先祖が武士と自慢され矢橋

  • 餓鬼道めく香炉の中の螽斯八幡風花

  • 長電話叱られた日も螽斯山口たまみ

  • ジュラ紀より鳴く螽斯今タワマン山田啓子

  • 螽斯闇光りあれと言い賜へリーガル海苔助

  • キリギリス先憂へぬは流石つす良俗倭人

  • キリギリス迦陵頻伽の憂い声瑠璃星

  • 縫い針のリズム導く螽斯わたなべいびぃ

  • 惜敗の一蹴をなぞる螽斯321ちいに

  • 手入れする妻亡き庭に螽斯ANGEL

  • バイバイと籠ぎす放ち一番星あ・うん

  • 演奏会夜風に吹かれ螽斯あいあい亭みけ子

  • 庭繁りきりぎりすのみ響くかな相澤泉

  • きりぎりす強面顔の人気歌手藍野岳夫

  • キリギリス君はゴーシュか腹治る青井えのこ

  • 螽斯宅配ボックスの把手に葵かほる

  • 大都会片脚もげたぎす一匹青井季節

  • 螽蟖声より高き跳躍力青居 舞

  • 螽斯歌って人を幸せに赤子沢赤子

  • キリギリス換気する度癒されん赤目作

  • 螽斯見たことないと辞書で引き聰子

  • 縁側へ座布団ふたつきりぎりす秋白ネリネ

  • 主人なき実家の窓辺螽斯昭谷

  • 二歳児の掌には黙秘の螽蟖空地ヶ有

  • 近道の廃屋の庭きりぎりす秋野茜

  • 螽斯ドンと花咲きふいに静寂暁乃しろ

  • キリギリス楽団員で冬過ごし空家ままごと

  • キリギリス音を聞きたくて目を閉じる秋代

  • 雨しのぐ苫の庵の螽斯秋吉和紀

  • 久々の風の便りや螽蟖芥茶古美

  • 螽蟖採る妻座して待つ夫あさいふみよ

  • 螽蟖死ぞ忘らむと鳴きたるや朝雲列

  • 螽蟖なきあとの居間みづ静か朝倉カグラ

  • 先読めず職蟻嘲笑螽斯淺野俊也

  • 螽蟖届かぬ思いを奏でけり朝日雫

  • 飛び付きて胸に必死な螽斯亜紗舞那

  • あっち行け塵取りで鳴くキリギリスアシツノカラ

  • 彼の地でも甲に螽斯鳴きよろうか飛鳥井薫

  • 迸る熱いパトスの螽斯あすなろの邦

  • 甲高いカリフォルニアの螽斯新子熊耳

  • 憐れやな放蕩息子螽斯中はじめ

  • 草刈りに慌て飛び出る螽斯アツシ

  • 樹木葬草むら独り螽斯天晴鈍ぞ孤

  • 主の居ぬ牛小屋の脇螽斯渥美こぶこ

  • キリギリス拾う補聴器もの哀し跡部榮喜

  • つかまえた小さき手の中螽斯天川滴翠

  • 雨粒を背負いて湿る螽斯あまねくみぞれ

  • 軋むドア何とかしてよ螽斯天野幸子

  • 夕映えや草に掴まる螽斯天宮華月

  • 退社まで視線の先に螽斯アマリリスと夢

  • 酔い覚まし歩く畦道キリギリス雨李

  • きりぎりす無口な夫のこえに似てあらら

  • ふいに跳ぶ良心市のきりぎりす蛙里

  • 草の上這ふごとくぎすGを溜めありいかな

  • 飼ひてみてやはり儚し螽斯有本としを

  • 眠剤の緑のケースきりぎりす安春

  • 螽蟖負けて大地の子となりぬ杏っ子

  • 螽斯提琴のごと鳴き分けり安蔵典道

  • 螽斯世にも不思議な羽の楽器飯田淳子

  • 侵入者きりぎりすのしたり顔飯田むつみ

  • 道案内してるつもりか螽蟖イカロス

  • タワマンのベランダ螽蟖の亡骸粋庵仁空

  • 尊徳の下に一日を螽蟖粋田化石

  • きりぎりす微かに鳴きて関ヶ原郁爺

  • 螽蟖まつすぐ飛んで里の朝生野薫

  • 古希のバイエルときどき螽蟖の声いくみっ句

  • 奮い起て戦禍のいのち螽斯池愛子

  • 螽斯声も姿もかくしおり池内ねこバアバ

  • 台所火を止めてきてキリギリス池田悦子

  • 寝覚め憂しベランダに背の螽蟖池田華族

  • 草取りし父も聞いたか螽蟖池ノ村路

  • 遊び果て寝入る子窓に螽斯井坂絵理

  • ワイパーに動ぜず闊歩きりぎりす石岡女依

  • 共振す人工喉とキリギリス石垣エリザ

  • 螽斯お願い今凄く眠い石川巴里

  • 乾き逝く仲間弔う螽斯石の上にもケロリン

  • 愛犬の足取り軽きぎすの道石原直子

  • 螽斯都会のビルの壁に鳴く石本美津

  • 草の葉や悲しく歌ふ螽蟖泉 恵風

  • 湯治場や己独りの螽斯和泉攷

  • 螽蟖星空へ声響かせし伊泉不洋

  • 香煙はただ真つ直ぐに螽蟖いその松茸

  • 転勤に少し不眠かきりぎりすいたまきし

  • 螽斯跳ねる姿に子は踊る伊丹八兵衛

  • 里の駅無人となりぬ螽蟖市川りす

  • 気の毒だ寿命短き螽斯

  • 螽斯思わせぶりに沈黙す一秋子

  • 螽斯ひとつ午睡の草の原和泉明月子

  • 螽蟖鳴く夜付き合いのカラオケうんざり井出奈津美

  • 螽斯生業捨てて芸に生く伊藤空包

  • 螽斯に感情移入しても伊藤キア

  • 神宮の杜は楽園きりぎりす伊藤順女

  • 鳴き声も聞き覚えなく螽斯伊藤どらやき

  • 螽蟖前へ進めと鳴きやがる伊藤柚良

  • 螽斯父待つ場所へ百寿母稲葉 こいち

  • キリギリス戦しらずに擦る羽根稲葉雀子

  • ひたむきに生きるは同じ螽斯伊縫音々

  • あと少し休みなくなく螽斯狗のれい

  • 螽斯鳴くことに疲れ静まれり井上幸子

  • 風にのる下校チャイムや螽斯井原昇

  • 螽斯夜の隅より季を変うる今井淑子

  • 夕間暮れ人恋ふ水辺螽斯井松慈悦

  • 吾が反射より迅し草葉の螽蟖今村 ひとみ

  • 風呂上がり螽斯の音招き入れ彩人色

  • 螽斯葉裏を風の抜けてゆく岩木順

  • 螽斯緑の紙にする署名岩清水 星斗

  • 校庭のきりぎりすだけ真の友岩清水蒼天

  • ソロキャンプBGMはキリギリスいわつよ8

  • 細腕でバイオリン弾く螽蟖寂しVIVI

  • 犬ぶるる鼻先に乗る螽斯植木屋の松

  • 螽斯チップソー刃にふるへけり上野徹

  • 片脚のきりぎりす跳ぶ小さく跳ぶうからうから

  • 螽斯かわやの淵ち夜半過ぎ失木サト

  • 螽斯指で唇プルプルル宇田建

  • 待つ人も居ぬ家までの螽斯宇田の月兎

  • 夕暮の赤いベンチに螽斯うちだまみ

  • ひと風に螽蟖は行ってしまひけり内本惠美子

  • 螽蟖時代を貫く響きかな海上直士

  • 祖母しか開けぬあの引き戸きりぎりす宇野翔月

  • 朝刊はポストはみ出し螽蟖海口竿富

  • 螽蟖吾れ還暦の事始め梅尾幸雪

  • 通塾の自転車盗られきりぎりす梅野めい

  • プチ家出すれば夜雨や螽斯浦文乃

  • 石明かりたたずむ無言の螽蟖枝豆玉蜀黍

  • きりぎりす同じ歌また歌ってる越後縮緬

  • 啼き止みて哲学となる螽斯越冬こあら@QLD句会

  • 湯布院の内湯やゆたり螽斯榎風子

  • 1万ヘルツで愛叫びをり螽斯笑姫天臼

  • 子供らの手花火そばにキリギリスえみばば

  • 学食の深閑なるや螽斯江見めいこ

  • きりぎりすあのひとはいまどこにゐるえりいも

  • 螽蟖赤ちやうちんの独り客りべり

  • 螽斯妻には聞こえぬ周波数縁穐律

  • 増水を逃れ今宵の螽斯遠藤千草

  • 螽斯設定温度下げる宵遠藤百合

  • もの言ふてこその命と螽斯遠藤玲奈

  • ギス鳴くや「クマの出没注意」まで旺上林加

  • キリギリス心の闇はのぞかせぬ櫻花流星

  • 出会ったら顔が怖いよ螽斯大江戸小紋

  • 病床の耳だけ冴えし螽斯かな大江鈴

  • 日暮れまで時を刻むか螽蟖大越総

  • 螽蟖アテネのような青空へ大小田忍

  • 懸命の鳴き甲斐ありや螽斯大阪駿馬

  • 純粋な幼き日々と螽蟖大島勤

  • そこここに庭で跳ねたり螽斯大嶋宏治

  • 螽斯自宅療養10日間太田鵯

  • きりぎりす羽の突起は楽器なの大津美

  • 団欒の輪の真ん中にきりぎりす大野喬

  • まだ鳴かぬ童話の主役きりぎりす大原妃

  • 半世紀生きて初見の螽蟖大村朱希花

  • 螽斯いつから君は怠けもの大本千恵子

  • 草原の一瞬を生く螽斯大山きょうこ

  • 勤勉と怠惰は表裏キリギリス大山小袖

  • 螽斯たったふた月一心に岡由紀阿希

  • この日々にどうありたいか螽斯岡田瑛琳

  • 染み渡る夜の訪ひ螽斯岡田恵美子

  • 草原に眠るボオルや螽斯緒方朋子

  • 見誤りてバケツの中に螽斯岡田ぴか

  • この羽音螽斯かなカルテットおがたみか

  • チェロ奏で膨らむお腹螽斯岡塚敬芳

  • 門柱に風窺ふかきりぎりすオカメインコ

  • 草むしり隠れ家無くす螽斯岡本

  • 野ざらしや宴の後の螽斯岡本選魚

  • 静かな夜近くで声の螽斯丘るみこ

  • きりぎりす産卵管は直角す小川野雪兎

  • 眠られぬ夜の窓辺にぎすの影奥寺窈子

  • 螽蟖泥くさき吾をあきらめて小椋チル

  • 廊下灯陰にひっそりキリギリス小栗福祥

  • 木漏れ日の揺らぎに和す音螽斯おざきさちよ

  • 月を背に髭そよぎをり螽蟖小沢史

  • キリギリス窓にへばりて中覗きお散歩じいじ

  • 坪庭の水まき螽斯飛翔すお品まり

  • ちよんぎーす子ら振り向かせ螽斯小田龍聖

  • 虫籠にミイラと化すや螽斯小田虎賢

  • 好きなだけ遊び死にゆく螽斯小田慶喜

  • 夕湯浴み窓より聞こゆきりぎりす落句言

  • 螽蟖AI封じ残り二手おでめ

  • お団子の餡を欲しがる螽斯お寺なでしこ

  • 物干に掛ける間の螽斯音羽実朱夏

  • 収穫を叶わぬ父に螽斯小山田之介

  • 通夜の夜慰め歌う螽斯櫂英人

  • 素気なく螽斯鳴く恋切れ目械冬弱虫

  • 黙って人の声を聞いてる螽斯カオス

  • 螽斯ぎぎぎと鳴いて捕まった笠江茂子

  • 螽斯おまえもひとり者なのか風花まゆみ

  • しきたりも敷居もこゆる螽蟖風花美絵

  • 螽蟖逃げて噛み付く指こそばい笠山静香

  • 一日終え子守唄にはキリギリス梶浦和子

  • 足縺れ我笑うよにキリギリス梶浦正子

  • 螽斯の孤独姫君の孤独柏原淑子

  • きりぎりす遊冶郎には見えぬなり片山蒼心

  • 弦奏曲習う手前の螽蟖勝瀬啓衛門

  • 喫煙所まぎれて愉し螽蟖桂葉子

  • きりぎりす二分五秒の辞世の句加藤雄三

  • 皿洗う夜更け窓辺の螽蟖金田由香

  • 人間万事塞翁が馬螽斯かぬまっこ@木ノ芽

  • 石畳アリと一緒にキリギリスカバ先生

  • がらすきの冷房車輌のキリギリスかぼちゃん

  • 螽斯琥珀の廊下に続く部屋神木美砂

  • 螽斯音曲ながすテリトリー神谷米子

  • きりぎりす吟遊詩人か弾き語り亀井汀風

  • きりぎりす月のあかりに吠えている亀田かつおぶし

  • 草の原至る所にぎすの声亀田稇

  • 金継ぎのどこもかしこも螽蟖亀の

  • 螽斯跳ねるしかない強い脚亀山逸子

  • 行き急ぐ現代人や螽蟖加山シンゴ

  • 田舎バス一本逃して螽斯加裕子

  • イヤホンのリズムに合わすギスの聲カラハ

  • 公園で吾子と追いかけ螽斯翡翠

  • 音の主螽斯はて機械音川端芙弥

  • 螽斯惚けた犬と睨みあい川村記陽子

  • きりぎりす鳴き苛立ちしの和みたり樺久美

  • 生き急ぐように鳴いてる螽斯漢方十七錠

  • 螽蟖三段跳びや合格す紀杏里

  • 窓あけて螽斯と夕餉山の宿聞亭圭輔

  • 独り酒屋台の隅に螽斯酒暮

  • 螽斯の見ゆ同じ星座の空規田素乃子

  • なまけもの否教えの虫螽斯北野剛

  • 淑やかやホースを登る螽斯北の星

  • ぎすのつのゆれるなぎ倒れし草の中きた実実花

  • 田舎より果物箱にきりぎりす北村修

  • 螽斯とてともに泣く身を案じてか木野まち

  • 螽斯ひと夜ひと夜の声親し木原洋子

  • きりぎりす一言足りず受話器置くきべし

  • キリギリス微動だにせぬ茜空木村かおり

  • 螽斯鳴くリモートのクラス会木村かわせみ

  • 螽斯猫と並んで目を凝らす木村修芳

  • 里帰りギス手掴みで奇声あげ木村波平

  • きりぎりすサイドミラーにとどまりぬQ&A

  • 薇解くる夜螽蟖に翅よきゅうもん@木の芽

  • 螽斯無言館の建つ丘に鳴く鳩礼

  • 図書館の居眠り誘う螽斯銀長だぬき

  • 螽斯密を嫌いし姿好し銀髪作務衣

  • 君も搾取されているのか螽斯ぐでたまご

  • 学院の芝に遊ぶや螽斯國枝瞬山

  • 友去りて庵の隅の螽蟖窪田睡鯨

  • 夢はてて今宵も戸口の螽斯球磨太郎

  • 補聴器を新調したよきりぎりす倉岡富士子

  • 川岸にただ来てをりぬ螽斯紅さやか

  • きりぎりす青きため息吐きにけり愚老

  • 三味線の稽古に付き合う螽斯黒瀬三保緑

  • 誰かある隠れて泣くや螽蟖家古谷硯翠

  • きりぎりす風草わけて声高ぶる月昭

  • 縁側でギター弾きし日キリギリス元喜@木ノ芽

  • バンドゥーラの調べ聴き入るぎすの黙ケンG

  • 出張の最後の夜のきりぎりす研知句詩@いつき組広ブロ俳句部

  • 草に鳴くどこを寝床の螽斯コウ

  • 廃線の草むらギーとキリギリス康寿

  • 螽斯伴に急ぐや草深し幸織奈

  • 廃坑の時止まり居り螽斯古烏さや

  • きりぎりす翅ひろげて闇へ消ゆココヨシ

  • 散水機のビュンビュン唸る螽斯小笹いのり

  • 螽斯街焼かれても戻りたし小杉泰文

  • 坊っちゃまのガサツなCAD図螽蟖粉山

  • 老ゆるごと煮つまる個性きりぎりすこのみ杏仁

  • 葉の滴散らして現る螽蟖小林のりこ

  • 一瞬の静寂ありて螽斯こむぎ

  • 螽斯織物のまち「ギーチョン」と五葉松子

  • 首かしげ少年の手に螽斯西條晶夫

  • 塹壕の跡地さまよふ螽斯埼玉の巫女

  • 螽蟖部屋の誰かも歯軋りす齊藤巻繊

  • すごい脚すごいアゴだよ螽蟖齋藤鉄模写

  • 亡き妻よ初七日に鳴く螽斯坂上一秀

  • 群れ跳ねむ藪きり鬼舞や胸晴れむ坂島魁文@回文俳句

  • 散歩道風の中よりきりぎりす坂田貞雄

  • 身をよじり歌うロッカーキリギリスさかたちえこ

  • 粋こらす水庭の端にキリギリス坂本千代子

  • きりぎりす見つけし犬の頭越す相良まさと

  • 膝枕熱のある子よ螽斯櫻井こむぎ

  • 月命日物干しピンチに螽斯櫻井弘子

  • 父に詫ぶわびてもわびても螽斯櫻井りこ

  • 螽斯チャイルドシートと格闘すさくら悠日

  • 孫が追う嘲り笑うきりぎりす佐々木智

  • 絶え間ないサイレンの間のきりぎりすささきなお

  • 葉の青きニンジャの如し螽斯さざなみ葉

  • 螽斯成らなくて良い蟻のごとさざんか

  • 捨置かれたる屋根瓦きりぎりす紗千子

  • ぎすの声聞くや薄暮の風かすか砂月みれい

  • 振り回すたもをかわし跳ぶきりぎりす佐藤しのぶ

  • 厚い雲沈黙の村きりぎりす佐俊俊

  • ギーチョンは充電中の螽蟖佐藤佳子

  • 液を吐く敵に怒りの螽蟖佐渡の爺

  • きりぎりす寝ながら英語ラーニング里山子

  • 放蕩は人の世のこと螽蟖さぶり

  • 草取りのBGMは螽蟖さわだ佳芳

  • 原つぱの日を欲しいまま螽斯三月兎

  • きりぎりす翔んでく先の地雷かな三休

  • 心地よく手のひらつつく螽斯斬九郎

  • ひらきみる手のなか脚と螽斯山月

  • 光陰を知るや知らずや螽斯紫雲

  • 太ももに英気養う螽蟖紫瑛

  • たちどまりたちどまりつつ螽斯塩沢桂子

  • 空ふかく草むらふかくぎすの鳴く塩原香子

  • 短くも鳴けや我が身か螽斯しかの光爺

  • 落日の時惜しむ声螽斯四季彩

  • 青臭きカラカラ土の螽斯四季鳥

  • 寓話が身に沁む還暦の螽斯柴桜子

  • 機織りでなくヴィオラ弾く螽斯芝G

  • 寝室の潜む楽団機織や柴田朱々

  • 顎競う東と西の螽斯島じい子

  • 小さき手の上キリギリスが桃色縞子勾苑

  • きりぎりす有休顔をして無職嶋村らぴ

  • 螽斯さらに熱波を送りけり志村狂愚

  • 廃校の教室に住む螽蟖下丼月光

  • 豪雨経る漂う臭気螽斯釋北城

  • 生温き腹持つ虫や螽斯朱胡江

  • 螽斯葉裏にしとね月を見つ秀耕

  • バブル崩壊スクリンの螽斯珠桜女絢未来

  • 擬死といふ戦法ありや螽蟖じゅんこ

  • きりぎりす家主は留守か寝て居るか順之介@QLD句会

  • 朝まだき寝間の伴侶とキリギリス庄司しづく

  • ソプラノで舟歌唸る螽斯かな正念亭若知古

  • 転校のあの日鳴いてた螽斯ショートケーキ

  • 藪きりや我はここに住む人として白井佐登志

  • 縷々鳴きて命すり減るキリギリス白井百合子

  • ギーチョンに東西あらじ螽蟖四郎高綱

  • 酔った父鳴いて開けてと螽蟖白とり貝

  • 挨拶を返さぬ保護者きりぎりす新開ちえ

  • 考えるポーズの膝に螽斯神宮寺るい

  • マレーネ・ディートリヒの眉螽蟖しんび

  • 林間の読書の友よ螽斯酔軒

  • ずっと君の傍でこのままきりぎりす菅原千秋

  • 虫かごにギイイギイイと螽斯杉浦真子

  • きりぎりす夫の声のごと聞こえけり杉本果ら

  • 螽斯軋む音色のバイオリン杉柳才

  • 「完売」の巨峰の皮にきりぎりす涼風亜湖

  • 無為装い歌が生業螽斯鈴木暮戯

  • キリギリス婆ばは自慢の外れ二胡素敵な晃くん

  • 誰そ彼のキミと私と螽蟖摺木涼子

  • 高跳びの折れさうな脚きりぎりす晴好雨独

  • 甥姪の去りて夜中の螽斯瀬央ありさ

  • 戦場に今宵涙すきりぎりす瀬紀

  • 螽斯網ふる子らとかくれんぼ関根洋子

  • 行き先は未だ決まらず螽蟖瀬戸ティーダ

  • 螽斯笛とコラボ名演奏瀬野広純

  • 螽蟖怠けてたのが悪いのよ早春SOSHUN

  • 螽蟖独り残りて喜寿迎え惣兵衛

  • キリギリスも宇宙の一部無私に聴くそしじみえこ

  • かくれんぼ孫が見つけた螽斯園蜩

  • 奇才画家の口髭に似てギスの脚帝釈鴫

  • 宵越しの銭は持たぬと螽斯大ちはる

  • 特急の止まらぬ駅に螽斯太平楽太郎

  • 旅に病み枕辺に聴くや螽斯平たか子

  • 泣き笑い友の墓には螽斯高上ちやこ

  • 螽斯生まれながらのエピキュリアン高木音弥

  • 月影に石灯籠の螽斯高岸路花

  • きりぎりす一人ぼっちの隠れんぼたか祥

  • ユニクロの裾上げ要らんキリギリス高橋芽澄

  • 玉音を聞いて泣いたかきりぎりす高橋紀代子

  • 「あっあそこ」姉が指さす螽蟖の声高橋知希

  • 螽斯独り占めするベンチかな高橋ひろみこ

  • 眠れぬ夜リズムを刻む螽斯田上コウ

  • 夜風吹く自販機裏の螽斯卓女

  • 散歩する犬の背を借る螽蟖竹内菊香

  • 折り紙の床にポツンと螽斯竹下明宏

  • 螽蟖風笛聴いてぎぃと鳴く武椪

  • 身の丈に合わせ脚折る螽斯多胡蘆秋

  • 道楽者と呼ばれし祖父の名きりぎりすただ地蔵

  • 鹿威し拍子刻みて螽斯唯飛唯游

  • きりぎりす朝日の中に羽光る橘春容

  • モワッと香る雨上がりに螽斯橘路地

  • 手を引いて風と歩いて螽斯田鶴子

  • きりぎりす荒れた園地の魔物かな鶴群

  • 一家に聞き手ありぬや螽斯たていし 隆松

  • 山荘の草の底より螽斯蓼科嘉

  • ただ仕舞う父母いぬ家を螽斯田中勲

  • 螽斯吾子に重なる営業マン田中ようちゃん

  • 夢はるか銀の弧を描け螽斯たなばたともこ

  • きりぎりす跳びてせつなも区切りけりたなべまるこ

  • 窓の外犬の寝息ときりぎりす谷口あきこ

  • 螽斯ビルの谷間でひと鳴きし谷口美奈子

  • ロックフェス会場の隅きりぎりす玉井令子

  • 今は亡き兄と飼いたるきりぎりすダメ夫

  • 螽斯大人になって触れない蒲公英

  • 今日もまたそこで遊ぶか螽斯智同美月

  • 螽蟖俺に触るな死んだふり千葉睦女

  • 戦争反対無言の螽斯長楽健司

  • リサイクルショップのチャリに螽斯チョコ沢ブラウニー

  • 螽蟖鳴いて聴いても類似品塚本隆二

  • 荒れ庭に舌打ち頻り螽蟖月硝子

  • 螽斯シーツは主人の型のままつきのひと

  • 螽斯道草を食うランドセル月見里ふく

  • 検診に向う背を押す螽斯の声辻ホナ

  • 何処からつづしり唄や螽斯辻内美枝子

  • 脚を捨て逃げし見くびる螽斯つちのこ

  • 螽斯佃煮ならずも同じ顔椿律

  • 調律の街角ピアノ螽斯デイジーキャンディー

  • 陽の高き旅路の宿や螽斯寧陪禰

  • 螽斯夜の静けさ今日もなし手嶋錦流

  • きりぎりす鳴きもせず月笑いけり哲山(山田哲也)

  • 機織や不当解雇と壁隔て徹光よし季

  • 明日の夜は都会の人に螽斯てつねこ

  • 風強く吹けば吹くほど螽蟖てまり

  • 螽蟖のいるウーブンシティ富士見守れる手毬まりこ

  • 干からびて栞となりぬ螽斯てんてこ麻衣

  • 困憊のメロスを叱咤きりぎりす天童光宏

  • 介護とはジレンマ零時の螽斯土井あくび

  • こそばい掌「放せ放せ」と螽蟖

  • 翅ほどの義理にすがりぬ螽斯トウ甘藻

  • 季節外れや螽斯という字の一部東京子

  • 螽斯三部合唱草の中道見りつこ

  • 螽蟖昔話に時忘れ時小町

  • 古書店を巡る愉しさぎすも鳴くとき坊

  • チョンと放つ翅の余熱や螽斯常磐はぜ

  • 真夜中の内緒話や螽斯Dr.でぶ@いつき組広ブロ俳句部

  • 螽斯大地に響く月の夜戸田静雄

  • 湯あたりてしゃがむ吾の手に螽斯杼けいこ

  • きりぎりす怒りに狂うひとりの夜富井雅依

  • 人生は前に跳ぶのみ螽斯冨川 友香理

  • 偽れぬ髭の長さや螽斯戸村友美

  • 戯れの指の痛みや螽蟖とよ

  • 螽蟖の声しなくなるその後はなかかよ

  • 山寺の厨にひそりきりぎりす中里 蛙星

  • 声すれど孫と虫取りキリギリス中嶋 和久

  • 水やりに一息つけば螽斯中島葉月

  • 諾諾と付いて行くのか螽斯中島圭子

  • 草はらに声聞くだけでキリギリス中嶋敏子

  • 襲い来る大キリギリス目が醒める中嶋緑庵

  • 足だけは丈夫なんだな螽斯中平保志

  • 螽斯おいで鳴き声ばかりの照れやさん中村こゆき

  • 螽斯悔いなきやうに生きたのか中村あつこ

  • キリギリス地を蹴る脚で草履打つ名草

  • きりぎりす鳴くこえ湯船に染み入る夏野あおのり

  • 外勤や螽斯までよそよそし七草木香

  • 脚欠いてよろめくぎすに風の吹く七国独楽男

  • 螽蟖一言ありて未来食浪速の蟹造

  • 螽蟖今日は何にもせず過ごすにいやのる

  • きりぎりすストラディバリもお手のうち西尾至雲

  • 螽蟖鳴くやアイドリングの車の香鵺之疾明

  • 螽斯翅脈ゆらいで移ろう香ねがみともみ

  • 羽震わせ蟻と話すやキリギリス猫辻みいにゃん

  • 螽斯ヴィブラスラップのざざめき野井みこ

  • ふかく飛ぶ螽斯野に溶けるまで野口雅也

  • 盗汗は人丈なれる螽蟖野中苦泉

  • 鳴き声に孤独と寂や螽斯野中泰風

  • デモ隊の札の上の螽斯ののr

  • 螽斯なけなし切迫刻み込みのりまきあられ

  • 吾子の手の隙間から聞く螽蟖俳句王

  • 長き脚たたむ生徒よ螽斯俳句ハイ海月

  • 八十路来てこわいろ似たり螽斯波止浜てる

  • 草つかむ手の中ずしつ螽斯橋本恵久子

  • きりぎりす声鳴り響き雨あがる馬笑

  • ホワイエの鉢勃興のきりぎりす畠山悊央

  • 螽斯の追憶雑多立ち話蜂鳥子

  • 積み上げしトマトの残渣螽斯八九テン

  • 螽斯鳴けばひとふり網の中蜂鳥子

  • 口笛の音階怪しきりぎりす葉月けゐ

  • 螽蟖野外授業はかまれ損パッキンマン

  • 廃業のホテルで鳴くは螽斯初野文子

  • ピンポンと鳴らすつもりかキリギリス花岡幸嗣

  • 大合奏仲間に負けるな螽斯花岡浩美

  • 母の寝息と和す庭の螽斯華樹

  • 他所行きの袂に隠すきりぎりす花弘

  • 花の輪に雄しべと雌しべと螽斯花咲みさき

  • 天井の木目泳ぐや螽斯花咲めだ香

  • 露天の湯螽斯の音風に乗る花野風すまいる

  • 音調子はずれ声高きりぎりす英凡水

  • きりぎりす下校の道を生き延びる浜けい

  • 別れたか隣家の夫婦螽斯浜友輔

  • 螽斯コロボックルの遣いなりはむこ

  • 死ぬ時は独り知らずや螽斯原善枝

  • パーカッションドラムにギロに螽斯原田民久

  • 遊ぶのも跳ぶのも仕事きりぎりすぱらん

  • 水飛んでぴたりと声やむきりぎりすharu.k

  • 足跡を確かめたくて螽蟖はるなつきえ

  • きりぎりす跳ぶなそっちは人工芝晴菜ひろ

  • 螽斯テントの外で音楽だばんしょう

  • 螽斯気張って働くため息よパンダ

  • モールス符号絶え間なし螽斯HNKAGA

  • 風にゆれ草から草へ螽蟖榛名ピグモン

  • 螽蟖平たい顔の音楽家ひーちゃんw

  • 螽斯また鳴き出して去りがたし東の山

  • 和菓子買う行列にいる螽斯樋口ひろみ

  • 草きりやあの土手はもうコンクリにひすい風香

  • 螽斯楽しい日々も早く去る美泉

  • 飽く程に倦く程も見づきりぎりすひな扶美子

  • フェンス越えのボールどこだよきりぎりすヒマラヤ杉

  • 風に立つ片足だけの螽蟖向日葵姐@いつき組広ブロ俳句部

  • きりぎりす眠れぬ夜の長きこと姫川ひすい

  • 静けさが拡がる森にギスの音ひめりんご

  • 君の眼に吾はモザイクきりぎりす平井千恵子

  • 楽園の今を生ききる螽斯平林眞砂

  • タワマンの軒でたゆたう螽斯平松一

  • 螽蟖仕切りのやうに見合ひ鳴く比良山

  • 会いたくて絶叫もありキリギリス蛭本喜久枝

  • 螽斯移動辞令は音楽隊広島立葵

  • 鍵消えぬ神隠しかも螽斯琵琶京子

  • 午後からの支度をやめて螽斯フージー

  • 照らしだす夜店の篭の螽斯FUFU

  • 協奏曲コントラバスは螽斯深谷英丸

  • 今生の羽摺り合ふや螽斯福川敏機

  • 扉越し声張る会話螽蟖福みつこ

  • 螽斯は雄ギーチョとアピる昼八つや福山聡練

  • えくぼの手葉から葉へ追うきりぎりす福弓

  • 薄出汁の薄い味噌汁螽斯ふくろう悠々

  • 螽斯スイッチオンとやる気押す藤井智栄子

  • 目が覚めて枕の横にキリギリス藤丘ひな子

  • 螽斯草原の夜の音となる藤川鴎叫

  • 螽斯の命こぼれ夜が明けり藤川哲生

  • ロシアにもウクライナにもキリギリス藤倉密子

  • 草の昼髭しなやかにきりぎりすふじこ

  • きりぎりす君には罪悪感は無いのか藤咲大地

  • 草負けやピョンと笑ふか螽斯藤田陽太

  • いつのよも「ひとのよむなし」きりぎりす藤田康子

  • ぎす籠の機織る音に誘われ藤原訓子

  • 3マイルキリギリスとの散歩道豚ごりら

  • 呼び止むる螽斯かな一周忌双葉@あさ葉会

  • 螽斯娑婆は一時身を焦がせ船橋こまこ

  • きりぎりす翡翠の羽を広げ羽化冬野とも

  • 螽蟖アクリル塀に眠る朝ふる雲

  • 星撮りの静寂破る螽蟖古澤久良

  • 夕暮れに凛と佇む螽斯ヘッドホン

  • 何故ここに銀座通りの螽斯べびぽん

  • その声に心弾ます螽斯ほうすい

  • 汽車停まる耳に飛び込むキリギリス芳明

  • 孤独死の孤独はいらぬ螽蟖ポール・モーリン

  • 可惜夜のぎすに聴き惚れ明けらまし墨純

  • 草千里微睡み覚ます螽斯北斗星

  • 花月にすべてに響けきりぎりすぼけろうじん

  • きりぎりす鳴くや神社の大茶会星月さやか

  • ギーチョンの呼び名は丸い螽斯細江隆一

  • 覗いてる電飾の家キリギリス細川小春

  • かれ葉かれ葉初心者マーク螽斯ポップアップ

  • 教室の窓にコツンと螽蟖堀隼人

  • 子ら去にし野に螽斯鳴き移り堀邦翔

  • ソーダ割り泡眺めれば螽斯凡句楽直

  • 螽斯三番ホーム迷い込み香港ひこぞう

  • 螽斯アンテナ高し現代つ子本間美知子

  • 外気浴整う鼓動に螽斯前田敏彦

  • 螽斯祖国の楽の手習よ茉叶

  • きりぎりすスネアドラムを打ち鳴らす真喜王

  • くせ者や家を囲むか螽斯眞熊

  • 螽蟖不協和音は御手の物雅王

  • 数年で荒廃農地螽斯正岡丹ん

  • 螽斯悲しき戀を唄ってよ雅蔵

  • 勝ちて泣き負けて泣きたり螽蟖眞さ野

  • 螽斯我が夢運べ天高くまじかにゃんちょろう

  • 草むらに姿見えぬが螽斯増田華蓮

  • 巫山戯るな国葬なんて螽蟖松尾祇敲

  • ついと来て肩に止まりしキリギリス松尾美郷

  • 土手の道螽斯の飛び来て眉上がる松川梅子

  • 螽斯ゲット草の臭いの風の中松田喜代子

  • 聞こえたに耳を澄ませて螽蟖まつとしきかわ

  • 夕暮れて足駄で聞ゆきりぎりす松本千春

  • 螽斯もの言う瞳に胸騒ぐ松本牧子

  • キリギリス誰に機織る沁む夜に茉莉花

  • 螽斯啼くや私とリビングでまほろば菊池

  • 一日中居留守決め込む螽斯真宮マミ

  • 放課後は土手に集合きりぎりすまやみこ恭

  • イー母音響かす効果螽蟖まりい@木ノ芽

  • 螽斯窮地の強さ親譲りまるにの子

  • 公園のねた合わせ螽斯かな三浦金物店

  • わが耳に届かぬ声の螽斯三浦ユリコ

  • タワマンの吹き抜け仰ぐ螽斯澪つくし

  • 無職でも背筋を伸ばす螽斯澪那本気子

  • 冷房のなき夜続きてきりぎりすみかりん23号

  • 螽蟖といふ字ゐるはゐるはの虫だらけみき爺3

  • 「君をのせて」きみのハミングきりぎりす三茶F

  • 螽蟖サァ鳴いてみよ篭のなかMrふじやん。

  • 壁穴の螽斯にも光かな水取象

  • 螽斯AIの世に何せむと水野禾甫

  • 痩せた足父の晩年螽斯水乃江辰

  • ごはんだよ母の呼ぶ声螽斯御手洗 育

  • 金切の先意地悪き螽斯道端ハコベ

  • 螽斯日本という国の未来美月舞桜

  • 螽斯草叢のどこ?耳すます湊かずゆき

  • 憂鬱も食べてくれぬか螽斯宮井そら

  • きりぎりす肘の古傷土手すべり見屋桜花

  • 亡き母の機織りの音かな螽斯三宅千恵美

  • 螽斯追う子を父が追いかける美山つぐみ

  • 耳鳴りに入る美波長やキリギリス宮村寿摩子

  • 残業にとぼ帰る道螽蟖宮村土々

  • 野を占めてもののふのごと螽斯

  • 声止んで気づくきりぎりすと二人霧想衿

  • 五倍速で翅を動かす螽蟖睦月くらげ

  • 図鑑手に二度見するかな螽蟖むねあかどり

  • きりぎりす無人販売茄子の上村のあんず

  • ニキロ伴走フロントに螽斯むらのたんぽぽ

  • キリギリス出てこい我は味方なり村の百合女

  • 「がんばれ」は時に重くて螽蟖村松登音

  • 野良仕事終えよと手元に螽斯名扇初江

  • 雨上がり機織虫は草の中恵のママ

  • 夕の中香る風と螽斯木曜日

  • 夕雨戸少し開いて螽斯モコ

  • 新聞を取り込みポトリ螽斯望月香折

  • タクト振る前の微笑よ螽蟖本村なつみ

  • キリギリス怠惰な暮らしにも飽きて桃香

  • うす口のグラス断捨離きりぎりす森田祥子

  • 哲学を語る眼をして螽斯杜乃しずか

  • 認知とて免許返納螽蟖森の水車

  • 酒蔵の何処に毎夜きりぎりす森山博士

  • 仰天の童片脚もげたギス森脇美樹

  • 廃線の朽ちた枕木に螽斯諸岡萌黄

  • 夕方の庭の芝生にきりぎりす焼津昌彦庵

  • 声低くかさ高きかな螽斯山羊座の千賀子

  • きりぎりす併走楽し芝刈り機八木実

  • きりぎりすお遊戯会の母の笑み薬膳容子

  • 「話しって何?」言い淀む彼螽蟖の声柳川耀一郎

  • きりぎりす幼い頃の子守唄柳荷 無花果

  • 玄関にひょっこり現わる螽蟖やのかよこ

  • 手拭いを超えて青空螽斯山口

  • 螽斯が呼ぶ童子の玉網は高々と山口絢子

  • 山の駅リュックの上のキリギリス山口香子

  • かくれんぼ返事で判る螽斯山崎かよ

  • 螽斯生家の土間にチョンと居り山育ち

  • きりぎりす縁を切りたしことのある山田企鵝

  • 婆婆の田を好き放題やキリギリス山田季聴

  • 刈刄来る四方飛び退く螽斯やまだ童子

  • 螽斯高い日と機織りにけり邪馬中

  • ギィーーッと奏づる風の螽蟖山彦一水

  • やめてかし破れし羽ふるう螽斯山辺道児

  • 雨止むが奏でる合図螽斯山本康

  • 遠き日の父の夜語り螽蟖山本ひろゆき

  • 油性にて足から描く螽斯優木ごまヲ

  • 古の此処は戦場螽斯遊泉

  • 荒れ庭で誰に布織る螽斯床寝虫

  • 草深き廃寺に住むやきりぎりす柚木啓

  • 君の手に白湯渡す夜螽斯ゆりのゆき

  • 雨後のラン二三の果てた螽斯ゆるランナー

  • 螽斯命をつなぐ唄うたう陽子

  • 震へたる背に羽あらば螽斯陽光樹

  • 舌打ちをするとぞ聞こゆ螽斯陽のばぁば

  • ねぇ聞いて聞いて聞いてと螽斯夜香

  • 三匹の輪唱の夜螽斯横溝麻志穂

  • バラ色の人生は無しキリギリス横山子守熊

  • 歌手志望若気の至り螽斯吉哉郎

  • 隠れても鳴き声長し螽斯よしぎわへい

  • 雨上がる今ぞとばかりぎすの鳴く好子

  • 螽斯鳴き止まず夜中の厠吉武茂る

  • 湯けむりや野も狭にすだく螽蟖よした山月

  • キリギリス初車椅子孫の婚よしだばあば

  • アルバムの整理する夜螽斯吉田びふう

  • 鳴く螽蟖に鳴き真似返し孤独知る吉藤愛里子

  • バッタとの違いがわからん螽斯四葉の苦労婆

  • 厨から妻の悲鳴や螽蟖余田酒梨

  • 逃げまどふぢやんぷのぎすと虫あみとよみちとせ

  • 「すっちゃん」と娘が呼びし螽蟖Y・りこ

  • 四丁目資材倉庫の螽斯梨音

  • 当分の予定決まらず螽斯リコピン

  • 螽蟖飛ぶ前深く曲げましょう鈴音

  • 鳴く螽蟖に譲るわ勝ちを慟哭の林檎

  • 手鏡のしわしみ白髪螽斯ルージュ

  • 小枝散る鋏の音に螽斯麗詩

  • 螽斯二匹三匹通夜の番連雀

  • 宵の道愁いはれたり螽蟖蓮風

  • 草叢のセロ担当の螽蟖わかなけん

  • 後足一つ欠けたる螽蟖若宮直美

  • 偶然に友と再会螽斯わきのっぽ

  • 通学の駅で早弁キリギリス和光

  • 螽斯ビルの谷間に居るらしく海神瑠珂

  • ぎす跳ねる追う我もまたぎすのごとわたなべすずしろ

  • 月明かり旅人踏む草螽斯渡辺ヤスコ

  • 裏木戸の隙間を風と螽蟖渡邉わかな

  • 一目では名が出てこぬぞ螽斯和の光子

  • きりぎりす鳴くを忘れし蒔絵籠旅女

今月のアドバイス
夏井いつき先生からの一言アドバイス

●俳号のお願い二つ

 皆で気持ちよく、この広場にて共に学び楽しめますよう、俳号の付け方にご留意ください。
①似たような俳号を使う人が増えています。
俳号は、自分の作品をマーキングするための印でもあります。ありがちな名、似たような名での投句が増え、混乱が生じています。せめて、俳号に名字をつけていただけると有り難く。共に気持ちよく学ぶための小さな心遣いです。

②同一人物が複数の俳号を使って投句するのは、堅くご遠慮下さい。
「いろんな俳号でいっぱい出せば、どれか紹介されるだろう」という考え方は、俳句には馴染みません。丁寧にコツコツと学んでまいりましょう。


●俳句の正しい表記とは?

  • 「おかえり」と ふと足止める 螽斯石山知子
  • きりぎりす 私は今日から  父ですよ虎刀蛇邪
  • 螽斯 炊き込みごはんか 雨上がり森正彦

○「五七五の間を空けないで、一行に書く」のが、俳句の正しい表記です。まずは、ここから学んでいきましょう♪


●兼題とは

  • 朝顔の猛暑流すか上呂水江口彰治
  • 寝たままの父に合わせる虫の声珠草
  • うつろいや耳に感じぬ虫の声おかあさんのななち

○本俳句サイトでは兼題が出題されています。今回は季語「螽蟖」での募集でした。次回の兼題を確認して、再度挑戦して下さい。


●前回の兼題

  • 炎天下博物館のひといきれ糺ノ森柊

○前回の兼題です。投句〆切に遅れたか、残念。


●季重なり

  • 耳澄ます秋を奏でるキリギリス草道久幸
  • 螽斯父は初めて聞かぬ夏茜むらさき
  • きりぎりす赤い夕陽と蒸し暑さ赤風
  • 螽蟖ひたむきに草いきれを研ぐ芥川春骨
  • 螽斯夏の灯火思い寄せおおたくみこ
  • 刈り終えた田にきりぎりす影長く大原雪
  • 螽斯声聞く時ぞ冬支度けんさん
  • 猛暑日に耳まぽろし螽斯じゃむぱん泉
  • ギーチョン螽蟖の閉じる夏の思い出千葉瑛翼
  • 螽斯ホテルロビーで涼をとりぶるーふぉっくす
  • 涼しさにはしゃぎたるかに螽斯魔星蟲ダークネスライザーI世
  • 早朝の稲穂の群れときりぎりす望月幸人
  • キリギリスちょんぎーちょんぎー端居かな山田文妙
  • ああきたよ秋の訪れぎすがよぶ蓬田啓悟

○一句に複数の季語が入ることを「季重なり」といいます。季重なりはタブーではなく、高度なテクニック。季重なりの秀句名句も存在しますが、手練れのウルトラ技だと思って下さい。まずは「一句一季語」からコツコツ練習していきましょう。「蟋蟀」以外のどれが季語なのか、歳時記を開いて調べてみるのも勉強です。

  • キリギリス鳴く叢にアリの列凡狸子

○季重なりの句で、主役は「蟻」ですね。


●季語深耕

  • スィーチョン昔はどこにも螽蟖大島一声

○鳴き声が違ってるよ。馬追じゃない?

  • 蟷螂や鋭い眼と手食探し源氏物語

○字面は似てるけど、カマキリです。

  • コツコツと無縁私はキリギリス柿野宮

○螽斯が比喩になると、季語としての鮮度は落ちます。

  • 孫に問う「アリとキリギリス」知ってる?中嶋倫風

○童話の題名なので、季語としては微妙です。


●「蟋蟀」表記

  • 闇に泣け蟋蟀主訴は愛欲逢來応來
  • 蟋蟀微熱五日の抱き枕あくび指南
  • 真っ直ぐに生きて祈りて蟋蟀今井みどり
  • 野の青さ欲しいままなり蟋蟀淡海かこ
  • ふるさとの夜は騒がし蟋蟀郷りん
  • 大和路や鳴き声が呼ぶ蟋蟀杉浦あきけん
  • 向かい風触角上げて蟋蟀皆川徳翁
  • 蟋蟀すこし昼酒効いてくる山田蹴人

○古い時代には 「こおろぎ(蟋蟀)」 を 「きりぎりす」 と呼んでいたようですが、この表記にはちょっと違和感があります。本サイトの底本としている講談社の大歳時記にも「蟋蟀」表記では掲載されていませんでした。


●読みを迷った、困惑した句

  • 螽斯風切木綿軋む見ゆ馬笑夫
  • 素揚げより鳴き声かすか螽斯弓原
  • 螽斯麻酔チューブの演奏者としなり
  • 吾子コレクションの父と螽斯もり葵

○それぞれ少しでもオリジナリティをと工夫しているのは分かるのですが、企みすぎたため意味やニュアンスが分かりにくいものになったかと思います。再度、何を表現したかったのか自問自答してみましょう。

ご応募はこちら

2月の兼題

「霞」

過去の審査結果

俳句生活TOPへ戻る