夏井いつき先生の俳句生活

夏井先生のプロフィール

夏井先生のプロフィール

夏井いつき◎1957年(昭和32年)生まれ。
中学校国語教諭を経て、俳人へ転身。俳句集団「いつき組」組長。
2015年初代「俳都松山大使」に就任。『夏井いつきの超カンタン!俳句塾』(世界文化社)等著書多数。

ご応募はこちら

7月の兼題

「炎天」

11月の審査結果発表

兼題「冬の海」

お待たせしました!11月の兼題「冬の海」の結果発表でございます。21年もたくさんのご投句、本当にありがとうございました!
1月「風花」からはじまり、11月「冬の海」まで、なんとなんと総計4万3333句!!!!毎月ご投句いただいたみなさまはもちろん、毎月選句いただいた夏井先生、改めてお礼申し上げます。来年もぜひ、「俳句生活」をどうぞよろしくお願いいたします(編集部より)。

「天」「地」「人」「佳作」それぞれの入選作品を発表します。

天
冬の海テトラポッドへ波の自死

小沢史

夏井いつき先生より

 荒い波を防ぐ消波ブロックの代名詞が、テトラポッド(という商標名のコンクリートブロック)。「冬の海」と「テトラポッド」は、光景としても取り合わせとしても定番中の定番ですが、この句の眼目は最後の五音にあるのです。
 テトラポッドにぶち当たっては砕ける波の様子を、作者は「波の自死」だと捉えます。波とは、海自身が無尽蔵に内包する分身です。その波たちは、冬の暗い空の下、テトラポッドを目指して走り出し、ぶち当たり、吼え狂い、砕けます。次々に押し寄せる波たちの自死を、冬の海は薄目を開けて、遠くから見据えているのだと思うと、なんだか空恐ろしくなってきます。たった五音の詩語が、見慣れた光景に新しい意味を与える。それが、俳句という一行詩の力でもあるのです。

地
流れ着くものみな黒い冬の海

新蕎麦句会・凪太

 漂流物のあれこれを具体的に描いた句も多かったのですが、逆に単純化し「みな黒い」と表現しています。砂色の浜と砂色の雲。白い波と黒い漂流物。無彩色の世界の中、冬の海は無表情に存在します。

富士壺に必死の眠り冬の海

霞山旅

 岩などに固着して生きる富士壺を「必死の眠り」と表現。擬人化とはいえ、頂部の口めいた部分を固く閉じて岩にしがみつく様が、映像として見えます。過酷な冬の海に生きるための必死の眠りです。

冬の海こころに小石の入った日

海葡萄

 小石が入ったのは靴だったんだけど、「こころ」に小石が入ったと感じた日。冬の海辺で一体何があったのか。何かがあったから冬の海を見に行ったのか。小さな小石から始まる小さなドラマです。

包丁のいろ冬海も母の眼も

倉木はじめ

 似たものを探してみるのも発想法の一つ。「包丁のいろ」と「冬海」の相似性に、「母の眼も」と重ねることで、詩の世界が立体交差し始めます。母への複雑な心情も垣間見えて、深い作品です。

冬の海ぬめりて夜の滑走路

RUSTY=HISOKA

 日本海の冬の海は荒くうねりますが、太平洋側は(沖波は高いのですが)案外凪いでいる日も多いのです。夜の滑走路から見える暗い冬の海を「ぬめりて」と表現。これも冬の海の一つの表情です。

人
  • 軽すぎる国重すぎる冬の海青海也緒

  • 冬の海少し走れば肺に来る蒼空蒼子

  • ふゆのうみやなぎばぼうちょうおちている青蜥蜴

  • 冬の海平気な顔で嘘つくねあらせもんじ

  • 埋むべきナイフはあらず冬の海石上あまね

  • 冬の海7キロ先の憂鬱かないその松茸

  • 雲の端をざうざうのんでゆく冬海浦野紗知

  • 犬またはなにかの骸冬の浜夏野あゆね

  • 冬の海冬眠しない波が来る八田昌代

  • 冬の海ヒトデがありのまま渇く三浦にゃじろう

  • 全身が鼓膜のように冬の海吉行直人

  • 軽石のされかうべめく冬の海井納蒼求

  • 軽石は龍の形に冬の海でんでん琴女

  • 軽石の龍尾打ち寄せ冬の海戸部紅屑

  • 磯笛を涛が呑み込む冬の海あ・うん

  • 冬の海苦し紛れの嘘ひとつあおいなつはやて

  • 冬の海カップラーメンを啜る啜る藍雅凛

  • 北方領土わかつ断崖冬の海愛燦燦

  • 冬海や箱階段の軋む音藍野絣

  • 冬の海シベリア匂う水抱え間岳夫

  • 釜飯の甘みや瀬戸の冬の海あいむ李景

  • シーサーの迎ふる冬の海黒し青居舞

  • 冬の海祠の幣が風に舞う大竹八重子

  • 考に訊ふこゑは届くか冬の海青田奈央

  • 人滅び冬の海より来る輩あおのめ

  • 禿げ将軍ヘリより冬の海眺む赤間勇

  • また変へる心療内科冬の海赤馬福助

  • 発声のひとりリハビリ冬の海明惟久里

  • 冬の海迫りラジオはさだまさし秋沙美洋

  • 冬の海灰色の街錆びついて秋田白熊

  • 冬の海触れれば指は石となる秋野茜

  • 曇天を混ぜっ返して冬の海秋吉孝治

  • 水切りに飽きて無言の冬の海あくび指南

  • 冬の海汽笛のばぅと捩る朝朝倉カグラ

  • をんならの訛りめづらし冬の海朝月沙都子

  • マーラーの嬰ハ短調冬の海淺野紫桜

  • 冬海を弁慶も泣く所まであさのとびら

  • ドーナツの穴を崩して冬の海麻場育子

  • 冬の海散骨舞い上がり汽笛芦幸

  • 甲板に硬き手の母冬の海あずお玲子

  • 飼い主も山国うまれ冬の海梓弓

  • 冬海に黙つて飲み下す鼻血足立智美

  • 均衡を破る一手や冬の海あたなごっち

  • 舷窓を舐れる冬の海の舌at花結い

  • 冬海に背骨のボルト響き合ひ天風

  • 国道の食い込む冬の海鉄紺あまぐり

  • 冬の海夜風がざばり月なぶる数多未完

  • 離婚する前に行ったね冬の海雨戸ゆらら

  • 穏やかな明日へ冬の海どどどあまぶー

  • 砕け散る切子酒杯や冬の海朱頂蘭

  • 冬の海ジュンのシャベルは百ペセタ網野れいこ

  • 佐渡の「渡」の滲む切符や冬の海あみま

  • 冬海を乗せ江ノ電のゆるやかに綾竹あんどれ

  • ラヂオから人生相談冬の海ALLY満る

  • 安針の望郷の色冬の海荒井類

  • 松の葉をかき混ぜ冬の海の風あらかわすすむ

  • 冬海やラジオに朝鮮語混信荒木俊充

  • 断崖へ波ばりばりと冬の海新多

  • 朽舟は砂の舟子に冬の海安蘭若ん

  • 神々の暗号資産、冬の海ありあり

  • 防潮堤見上ぐ冬海の無人ありいかな

  • 岐阜のみづ加へて冬の海しづか有本仁政

  • ぐわんぐわんと地殻抉るや冬の海アロイジオ

  • ぎりぎりの車窓に冬の海迫るアンサトウ

  • 鯨骨抱きて眠る冬の海安春

  • 舌ピアスを十五の夜に冬の海飯村祐知子

  • 冬の海遠浅涅のごと粘るいかちゃん

  • 冬海や母の渇いた平手打ちいくたドロップ

  • 紺鼠の冬の海裂き大漁旗池之端モルト

  • 子を返せと叫ぶ看板冬の海イサク

  • 冬の海しばし加はるゴミ拾ひいさな歌鈴

  • 冬ノ海触レレバ黄泉ノアタタカサ石井一草

  • 冬の海待つ追い焚きのドラム缶石垣

  • 車椅子キシキシ冬の海の夜を石垣エリザ

  • 焼香は二番目冬の海軋む石川巴里

  • 星空に積み木を積めば冬の海石塚彩楓

  • 冬の海ゴム手の湯気に弾む息石の上にもケロリン

  • 右手に襷背に声援と冬の海石橋可秋

  • 軋む音見に網走の冬の海石橋千佳子

  • 断崖は濤切る刀冬の海石原由女

  • 冬の海抱かれし子は目を瞑る和泉明月子

  • 冬の海とぎれし会話繕へず和泉攷

  • 混み合うた波に帆ひとつ冬の海石動胡盧巴

  • 釣れるかと渡すコーヒー冬の海遺跡納期

  • 碧落や光ひしめく冬の海磯野昭仁

  • 冬海や小舟めきたる受験票板柿せっか

  • 冬の海くちびるしょっぱい二人なり伊多波良子

  • 腰掛けた杭の丸みや冬の海いたまきし

  • 冬の海片道切符の流刑島一井蝸牛

  • 冬の浜沈黙の廃墟佇む市川りす

  • 冬の海抱うバッグの古き傷一太郎ラン坊

  • 防波堤越へて逆巻く冬の海いつかある日

  • 冬の海テトラポットを越えて来るいまいやすのり

  • 錆色の風の生ひ立ち冬の海斎乃雪

  • おととしの涙の希釈冬の海一秋子

  • 雑踏に遠き波音冬の海伊藤亜美子

  • 冬の海しらぬ国旗の貨物船伊藤順女

  • 冬の海ひかりて我に導火線伊藤治美

  • 進退問ふ黒の封蝋冬の海伊藤柚良

  • 割れている貝殻ばかり冬の海伊藤れいこ

  • 漁り人の刺青赫し冬の海伊藤小熊猫

  • 冬の海ざぶりざぶりと国道へ糸川ラッコ

  • 青鈍のうしほの尖り冬の海伊奈川富真乃

  • 言ふことを聞かぬ子とゐる冬の海稲畑とりこ

  • 不定休たゆたふままに冬の海伊縫音々

  • 梵鐘の黒き口開け冬の海イマスノリコ

  • 我れめざし光の道や冬の海井松慈悦

  • 冬の海もう食べることに飽きたの妹のりこ

  • 照りかへす赤字路線や冬の海伊予吟会宵嵐

  • 夫婦とは何だったのか冬の海入江幸子

  • 流木の屍めくや冬の海五郎八

  • 冬の海奥歯がキリキリと痛む岩木順

  • 冬の海やさしくなつた分の老い磐田小

  • 冬の海猫が主なる漂着船いわつよ8

  • 冬の海白浪に佇つ巌仏岩橋春海

  • 陸前に立たせる松や冬の海植木彩由

  • 貝を焼く小さき火囲む冬の海上野眞理

  • 波の間を埋める饒舌冬の浜うからうから

  • 鈍色に乾ききつたる冬の海うさぎまんじゅう

  • 冬の浜口中黒き魚喰へり宇佐美こころ

  • 冬海は日の光にはときめかぬ宇佐美好子

  • 冬の海夢食い尽くす獏の腹宇田建

  • 抗がん剤体は冬の海になる宇田の月兎

  • 冬の海華道教授の雅号棄つ内田こと

  • 蒔く灰の父の軽ろきや冬の海内本惠美子

  • 冬の海宿に一枚戦争写真卯月かりん

  • 冬の海エナメル質の波荒れて空木眠兎

  • 冬の海帯の鳴りにも耳澄まさむ内海七奏

  • 冬の海われを離れぬKの声靫草子

  • 冬の海声の届かぬ距離に君卯夏野心

  • 車掌の渋声と向かう冬の海宇野翔月

  • ゆげあがる父のだっぷん冬の海吽田のう

  • 冬の海カーラジオからキヨシロー詠頃

  • オルガンの掠れし音色冬の海江川月丸

  • 冬の海湯治湯に聞く時化の音s葉子

  • 航海燈ずるずる流る冬の海蝦夷野ごうがしゃ

  • 冬の海十三階の霊安室越前岬

  • 乱読の頁の数や冬の海絵十

  • この角を曲がると全て冬の海海老あまびゑ

  • 冬の海網から浮力こぼれ落ち戎居多佳子

  • 白鯨のようなホスピス冬の海M・李子

  • 冬の海骸となりし魚孕みえりべり

  • 弓なりに削る列島冬の海えんかず

  • 境なく空へと続く冬の海遠藤愁霞

  • 底生性深海魚に冬の海よ旺上林加

  • 冬海やトランペットを吹く少女淡海かこ

  • 冬の浜二人の影の長きこと近江菫花

  • 冬の海サーフィンあとのコーヒー熱し大江風鈴

  • 冬海をブーツに連れて帰りけり大紀直家

  • 網引けば毒魚毒魚や冬の海大黒とむとむ

  • 冬の海未だ憶えぬ般若心経大小田忍

  • 五分刈の漁師の耳や冬の海大槻税悦

  • 満天の星墜落す冬の海大野静香

  • 冬海やきららに沈む母の骨大庭慈温

  • 冬の海二次面接の結果待つ大谷一鶴

  • 冬の海後部座席に沈む母大山香雪蘭

  • 手つかずの星に千年冬の海大和田美信

  • したたかな女と言はれ冬の海岡井風紋

  • 冬の海怒涛に酔ひを醒ましたり紅紫李依

  • 一滴の墨のにほひや冬の海acari

  • 冬の海終日空の鏡かな岡崎俊子

  • 絶望を気取りて冬の海に立つ可笑式

  • 冬海は蔵王権現唸りかな岡田明子

  • 碧くうき黒く沈んで冬の海岡田瑛琳

  • 冬の海ななめに消ゆる機窓かな緒方朋子

  • 別荘は友の持ち物冬の海岡田雅喜

  • 流木の目利き気取って冬の海オカメインコ

  • 残照や鉄路の先に冬の海岡山小鞠

  • 冬の海喪服を叩く波の粒小川さゆみ

  • 沈船を揚げれば冬の海を吐く小川天鵲

  • 目隠しの指のあはひの冬の海小川野棕櫚

  • 波しぶき地球に爆ぜて冬の海小川都

  • 吹き硝子冬の海より戻り吹くおきいふ

  • 冬の海うちでは泣かぬ人を生みオキザリス

  • 冬の海雲を拒みて波崩れ奥寺窈子

  • 石灰化の潜む子宮や冬の海小倉あんこ

  • A面へかへるうつろに冬の海小椋チル

  • 冬の海のたくる波に憩ふ鳥おざきさちよ

  • 廃線の噂の先の冬の海おだむべ

  • 母危篤冬の海辺を北上す小田ビオラ

  • 冬の海の月は海月のごと笑ふ越智空子

  • ドコサヘキサエン酸固まらぬ冬の海乙華散

  • 冬の海ばうと吹かるるフェニックス音羽凜

  • 冬の海ろんろんと詩ながれくるおひい

  • 冬の浜子亀の死骸ただ空っぽ諧真無子

  • 冬の海コントラバスのビブラートかいぐりかいぐり

  • 投げ込んだ花流れゆく冬の海甲斐紫雲

  • 冬の海カラオケ響く漁協うら海瀬安紀子

  • 冬海や意見通らずゴォオと鳴く快晴ノセカイ

  • 冬の海羽が生えれば我も飛ぶ灰頭徨鴉

  • 竿の鈴時々鳴りぬ冬の海海峯企鵝

  • 刺さり立つあまたの錨冬の海火炎幸彦

  • 暗澹にネオン持ち上ぐ冬の海果音

  • 靴脱いで存外温し冬の海カオス

  • 下手くそな夫の演歌や冬の海加賀くちこ

  • 波兎を百まで数へ冬の海

  • 冬の海はなればなれて冬の島影山らてん

  • 陽食ひたり日本海側冬の海風花まゆみ

  • 浮くものをすべて嬲りて冬の海樫の木

  • 汽笛残し冬海靄に沈みけり柏原淑子

  • 冬の海親も先生も信じぬかつたろー。

  • 吃音に恋を託すや冬の海克巳@夜のサングラス

  • 待てど来ぬウルトラマンよ冬の海桂子涼子

  • 冬の海犬まつすぐに前を見る花伝

  • 音楽に浸りて冬の海真っ暗鹿なぎ

  • あの継父からの輸血か冬の海仮名鶫

  • 海獣の腑に棲むここち冬の海河南朴野

  • 自販機の赤きランプや冬の海かぬまっこ

  • サンチャゴの白髪いっぽん冬の海兼子さとみ

  • 汁粉屋の番犬を撫づ冬の海カフェオレ草

  • 冬の浜目も開けられぬ髪の鞭壁明

  • 冬海や山の千切りし雲の飛ぶ釜眞手打ち蕎麦

  • この星の生まれた時や冬の海神or愛

  • 満天の星に牙剥く冬の海神長誉夫

  • 海の家あばら屋めいて冬の海紙谷杳子

  • 太陽の涎は長し冬の海かむろ坂喜奈子

  • 冬の海波白ければ波に泣く亀田荒太

  • 波ぐぐぐ風ががががが冬の海亀田かつおぶし

  • 路地からは明るきと見え冬の海亀山酔田

  • 女優帽でひっぱたかれて冬の海花紋

  • 冬の浜シーグラスの昏き空加裕子

  • 冬の海己が忌日をためらへり加良太知

  • 冬の海みやくうち白き弁天島果禄

  • 冬の海白き獣を吐き続く川越羽流

  • 父の着た特攻服や冬の海江南和波

  • この人と願ひ異なり冬の海川村記陽子

  • 冬の海ピアスの穴が見つからず川村湖雪

  • 冬の海指輪なき手の仄暗き河村静葩

  • 冬海やアレサ・フランクリンの腹閑々鶏

  • 冬の海波頭シリウスはたくごと邯鄲

  • 冬の浜甘酒カップの捨て所看板のピン

  • 貝殻の記憶拾いぬ冬の海喜祝音

  • 大漁と基地へ打電の冬の海キートスばんじょうし

  • いつまでも胎児の如く冬の海菊川寝ん猫

  • 街道はフォッサマグナや冬の海菊池洋勝

  • 冬の海父の眼鏡を懐に岸野草太朗

  • むき出しの星の裏側冬の海岸来夢

  • 冬の海なにが優しさなのだろう北大路京介

  • 冬海よつまらなくしてるのは俺北川颯

  • 立ちどころに頬の痛さや冬の海北藤詩旦

  • 冬海の歌ざりざりとカーラヂヲ北村崇雄

  • 冬の海あれは漁師の力こぶ北村修

  • 風泣けば波の尖りて冬の海北村礼子

  • 冬の海時価の寿司屋のまねき猫北藤詩旦

  • 唇の震へにふれて冬の海キッカワテツヤ

  • 冬の海我は濃厚接触者きなこもち

  • 冬の海餌は光か戯言か城内幸江

  • 冬海を蹴り上げる道着から湯気木下昇吾

  • 恐竜の足跡ひとつ冬の海木下桃白

  • 冬の海コールタールのやうな海木ぼこやしき

  • 幾人と来ても独りや冬の海木村となえーる

  • 冬の海かつてリゾート地があってQ&A

  • 貶されて不機嫌冬の海荒るるQさん

  • 冬の海にぐらぐらの月磔にきゅうもん@木ノ芽

  • 爪割れて毟り取ったり冬の海紀友梨

  • 求人誌脇にブラブラ冬の海亨峯

  • ウクレレを買つてしまつて冬の海清瀬朱磨

  • 水爆の白きを悼む冬の海ギル

  • 冬の海自死のサインはあったのか銀紙

  • 冬の海森進一のかすれ声菫久

  • 心臓へ何を焚べるや冬の海

  • 母に新しき恋人冬の海久我恒子

  • 波突き上がり灯台を呑む冬の海楠田草堂

  • ドーナツをくぐれば冬の海の底ぐでたまご

  • 漕ぎ出せば落ち来る空や冬の海窪田睡鯨

  • トリトンの吐息青ばむ冬の海くま鶉

  • 冬の海流木皮を削ぎにけり熊谷温古

  • 冬の海あれは故郷国後島熊本芳郎

  • 冬の海風に埋もれた殉教碑クラウド坂の上

  • 冬の海恋に反対するまつ毛海月莉緒

  • 顔だけのレーニン冬の海の上眩む凡

  • イカロスは垂直に堕ち冬の海栗の坊

  • 冬の海コマ送るごと波頭爆ず栗の坊楚材

  • 煽られた鳥の尾忙し冬の海空流峰山

  • 冬の海二日遅れの郵便船久留里61

  • 陶工の遺骨を撒くや冬の海紅さやか

  • 玻璃砕け落ちるがごとく冬の海クロまま

  • 鈍色と轟音覆う冬の海くんちんさま

  • 執心は芥のごとし冬の海鯨野

  • 延命はしませんとだけ冬の海恵勇

  • 冬海や転居初日の割れ鏡けーい〇

  • 冬の海これが十二度目の輪廻げばげば

  • 交わらぬ言葉が続き冬の海欅山四十八景

  • 錆びついた観光案内冬の海元喜@木ノ芽

  • 佐多岬輪郭削る冬の海研知句詩@いつき組広ブロ俳句部

  • 冬の海連覇を誓ふ背番号小池令香

  • 水銀のやうなるとろみ冬の海こいぬ

  • 風を飲み石を吐き出す冬の海郷りん

  • 冬海や残留孤児の中国語剛海

  • おれの声どんなだつたか冬の海公木正

  • 片方のサンダルとピアス冬の海紅紫あやめ

  • 鬼の棲む心や昏き冬の海柑たちばな

  • 冬の海ぼくを攫うてくれまいか幸田柝の音

  • 冬の海はぐれた鳥に波は群れ古賀

  • 羽ばたきのごと髪吹かれ冬の海五月ふみ

  • 冬の海入込む河の痛そうに古賀未樹

  • 冬の海月から届く道ひかるココヨシ

  • 冬の海癌の家系に生まれたり小笹いのり

  • 離合せし江ノ電四両冬の海小嶋芦舟

  • 冬の海沖は静止画めいて暮れ木染湧水

  • 弁当の玉手箱めく冬の海小だいふく

  • 髪軋む冬の海から帰ります小手鞠しおり

  • 旅まくら闇に荒ぶる冬の海来冬邦子

  • 父さんを僕は選んだ冬の海古都鈴

  • 北斗号しなりてなぞる冬の海小波るり

  • 後悔はパズルのやうに冬の海このねこのこ

  • 冬の海ひとり手かざす水産課このみ杏仁

  • そう言えばと訃報はさらり冬の海虎八花乙

  • 亀に似し岩に小銭や冬の海こひつじ

  • 身を投げるなら摩天楼より冬の海こま

  • 五能線車窓は墨絵冬の海こむぎ

  • 流し台バゴンと鳴りて冬の海GONZA

  • らしからぬ幟の立ちて冬の海今藤明

  • 冬の海凍て死ぬべきか跳ぶべきか今野淳風

  • 冬の海捜索船の戻りけり紺乃ひつじ

  • 冬の海校舎の窓の琥珀色さいたま水夢

  • 町並のひとすぢ途切れ冬の海彩汀

  • 青鬼の背中は丸し冬の海齋藤夜明鳥

  • 冬のうみ宿の味噌汁赤じやない早乙女龍千代

  • サーファーを傾げ揉み籠む冬の海榊昭広

  • 人妻は夕陽追ひ冬浜集ひ坂島魁文

  • また夢になるといけねえ冬の海坐花酔月

  • 音割れの防災無線冬の海坂まきか

  • 水銀の川の疼きよ冬の海さくさく作物

  • 数学の追試は明日冬の海さくら悠日

  • 冬の海朝にもなつていない朝迫久鯨

  • 石段を数え来し背に冬の海雑魚寝

  • 貝殻の色玲瓏や冬の海佐々木邦綱

  • 冬の海傾ぎスクリュー空転す砂舟

  • 冬海や死ぬ日を知りたいと思う紗千子

  • 生きることトランペットと冬の海さっち

  • 泣きながら帰る鍵つ子冬の海佐藤恒治

  • 灯台をモヒート越しに冬の海佐藤志祐

  • 停泊の軍艦昏き冬の海佐藤儒艮

  • 吾の指に燃え広がらん冬の海さとけん

  • あら汁の湯気に崩れる冬の海里すみか

  • 茫茫とカラオケ屋の灯冬の海里山子

  • 光なき泣くためだけの冬の海里羽豊後

  • 散骨はひかりと成りぬ冬の海真井とうか

  • 冬の海癌を笑った人逝きぬサバナ光風

  • 海見ゆる冬の海見ゆる生きるかさむしん

  • 相撲部にはジャーマネがいて冬の海さるぼぼ@チーム天地夢遥

  • 七人の敵じゃ済まねえ冬の海澤田紫

  • 冬の海定宿つひに畳まれり澤田郁子

  • 追いかけて飛沫や冬の海へ脚沢拓庵

  • 炊き出しの湯気の尾ねじれ冬の海澤村DAZZA

  • 砂まじる風の悲鳴や冬の海三休

  • 海荒れてヒスイ拾へり冬の海塩原香子

  • 祖父の目は今日も開かぬ冬の海獅子蕩児

  • 三味線の響きやはらか冬の海紫檀豆蔵

  • スクランブルF2突っ切る冬の海じつみのかた

  • 便箋の余白さびしき冬の海実本礼

  • 冬の海陽受く風車は利休色品川笙女

  • 冬の海仁王立ちするシェパード柴桜子

  • 冬の海祖父の形見の竿しなり柴森爽

  • 一件落着し冬の海荒れず島じい子

  • 冬海や午前十時のヒッチコック縞子厶苑

  • ぐつぱあとよせて砕ける冬の海島田あんず

  • 動物は吾と犬なり冬の海嶋田奈緒

  • 境界は私が決める冬の海嶋村らぴ

  • 億単位の借金あるや冬の海嶋良二

  • 黒鍵を強連打する冬の海清水祥月

  • 隕石はトンガに落ちた冬の海清水縞午

  • 冬海の羽のあるもの蒼穹へ清水三雲

  • リストラの最終出社冬の海下丼月光

  • 濡れそぼる「Open」の旗冬の海芍薬

  • 銀の匙黒ずみ深き冬の海ジャスピン

  • 過去帳の書く欄わずか冬の海沙那夏

  • 疼痛を抱へてゐたり冬の海砂楽梨

  • 制服の硬きボタンや冬の海洒落神戸

  • 錆色に叫ぶ入線冬の海柊ニ

  • 膨張の直前の黙冬の海寿松

  • 孵化近き星の予感や冬の海シュリ

  • 冬の海野風呂の柵の毀れをりじょいふるとしちゃん

  • 歌のなき夜や冬海に咬まれさう常幸龍BCAD

  • 庭に干すウェットスーツ冬の海白井百合子

  • 冬の海釘を打たれた店のドア白とり貝

  • 冬海に痩せ我慢めくピーヤ2基白プロキオン

  • 冬の海大声出せよと怒鳴られる新開ちえ

  • ひだりから煙草の気配冬の海新城典午

  • 出る船の白のみが色冬の海しんぷる

  • 供花に風添ひ去り行きぬ冬の海深幽

  • 冬海や魚雷回天の漆黒水牛庵乱紛

  • 冬の海十五の心咆哮す酔進

  • 鈍色に何億の嘘冬の海水蜜桃

  • 波死せば素描の臭ふ冬の海すいよう

  • 浜焼き鯖食む冬海に鳶平らすがりとおる

  • 冬の海ドラム缶風呂に潮の風杉浦あきけん

  • 突堤を叩きのめすや冬の海杉尾芭蕉

  • いただきの裂け目より冬海ひかり杉本果ら

  • 冬の海呪われたのは若き詩家鈴木勝也

  • 冬海や沖に痛みのなき陽射し鈴木由紀子

  • 老人は祖国を棄つる冬の海鈴木麗門

  • 冬の海土佐闘犬の創蒼し鈴ノ樹

  • イヤホンの隙間へ冬の海の咽び鈴野蒼爽

  • 冬の海しづかな臓器もてること主藤充子

  • 防砂林を刻々と食み冬の海スナップえんどう

  • 冬の海暮れてくろぐろ鶏の舌すりいぴい

  • 温温と淡路寝そべる冬の海静江

  • 白骨の眼窩を漱ぐ冬の海醒子

  • 歩いては帰れぬ故郷冬の海勢田清

  • アルミめく光の帯や冬の海瀬尾白果

  • 無条件の抱擁であれ冬の海瀬紀

  • 風の研ぐ波が刃や冬の海関とし江

  • 訃報聞くふるさとの冬の海凪ぐ瀬戸ティーダ

  • 一本の河から冬の海出づる背馬

  • 冬の海みづはうゑからしんでゆく世良日守

  • 崖上はしょっぱい墓群冬の海惣兵衛

  • 冬の海ふくれ流人の島かくすそうま純香

  • 納沙布を叩きに叩く冬の海そうり

  • 冬の海星座詩人の上に在り曽我真理子

  • 知る歌の知るところだけ冬の海素空

  • 冬の海濤りゅうりゅうと盛り上がりそまり

  • 冬の海干されし網の傷あまた染井つぐみ

  • ささくれの指より冬の海は湧く空野兎

  • 二次会の客は来ぬ日々冬の海空豆魚

  • 星とヘリ静かに燃えて冬の海ぞんぬ

  • 指先がワイパーとなり冬の海駄詩

  • 冬海の潮の香風に殴られて太閤検地郎

  • 着衣の乱れなしと報道冬の海橙と紫

  • 冬の海赤き正拳突き吠ゆる平良嘉列乙

  • 夢の島昏昏冬の海に風高尾里甫

  • 冬の海つと寝不足の牙を剥く高田祥聖

  • 冬の海遠いお船を探そうか高嶺遠

  • 冬の海風速計は笛の音たかはし薫風

  • 覚悟てふ握り拳や冬の海高橋寅次

  • 看板の牛屹立す冬の海高山佳己

  • 筆洗に鈍色深む冬の海滝川橋

  • 神戸より機影離るる冬の海多喰身・デラックス

  • 透明の血を抱く魚冬の海竹内一二

  • 防人のうた満つる貝冬の海竹口ゆうこ

  • 冬の海何度翻りても白武田歩

  • 靴を呑む砂たよりなき冬の浜竹田むべ

  • 冬海は生ける身拒む如き闇竹八郎

  • 冬の海にて終わりたる物語たけろー

  • 足元に声塊て冬の浜たすく

  • 泣くやうに軋むバラック冬の海多々良海月

  • 朝ドラと冷めたやきそば冬の海橘乎夏

  • ワンマン降り立つ降り立つ冬の海ダック

  • 冬の海黒を使わず描くこと辰野史会

  • 冬海や星の漁村の闇の闇たていし隆松

  • 人形のこわれたまぶた冬の海田中木江

  • エンディングノート加筆す冬の海谷相

  • 死に場所は決まった冬の海じゃない玉木たまね

  • 冬の海三角定規より尖るタマゴもたっぷりハムサンド

  • 錆色の岬の尖り冬の海玉響雷子

  • 吉野家を出づる親子や冬の海田村利平

  • 冬の海ほしの自転のおとがする短歌も俳句も党唐草もみじ

  • 敦賀ラーメン待つ冬の海しづか丹波らる

  • 恍惚の頭蓋よ冬の海を飼ふ千歳みち乃

  • 靴跡の沈む深さや冬の海千鳥城@広ブロ俳句部カナダ支部

  • 工廠は骸となりて冬の海千葉羅点

  • 冬の海いじめの世界はモノクロ中一ひろ太郎

  • 冬の海グレートデンに人だかり衷子

  • 冬の海をちこちの日々一緒くた澄心静慮

  • 鈍色のマタイ奏でる冬の海ちょぼ鶉

  • 冬海へ蹲踞し素振三千本千代之人

  • 冬の海まで五粁油絵具の香月岡方円

  • 瓶詰めの遺書投げ返す冬の海月硝子

  • ごうごうと冬海照らし待つ帰船対馬清波

  • 冬の浜いちばん星を分けあひて綱川羽音

  • 冬海みるひとは冬海みていないツナ好

  • 冬の海母と呼ぶには若すぎて椿こちょすけ

  • 探査機を呑みて静もる冬の海露草うづら

  • 冬の海視覚は群青色となり露口全速

  • 軽快な一両列車冬の海ツユマメ@いつき組広ブロ俳句部

  • 父ちゃんは水切り五回冬の海ツユマメ末っ子9歳@いつき組広ブロ俳句部

  • 冬の海ダイナマイトを二個三個哲庵

  • 挫折するほど冬の海透きとほるテツコ

  • 雲間へと光聳えて冬の海鉄猫

  • 冬の海だんまり決めこむ砂粒ら蚕丸

  • 冬の海心中めいたエスケープ天陽ゆう

  • ねっとりと鎮まりたるや冬の海どいつ薔芭

  • 冬の溟堤に轟音、波柱東京堕天使

  • 釣道楽のげに道楽ぞ冬の海東戎

  • 鳶と我急くこともなき冬の海藤陽丸

  • 人工の浜や濁れる冬の海遠峰熊野

  • 星ぼしは淋しく生まる冬の海とかき星

  • 冬の海手配写真に似た男とき坊

  • 冬の海あした会社をやめようか毒林檎

  • 冬の海路肩に寄するヘッドライト斗三木童

  • 冬の海ずんと重たき布袋富山の露玉

  • 犬を引くこの土地の子や冬の海泥水真水

  • 鳶の羽の翳を計れる冬の海内藤羊皐

  • 岩全て鳥たちのため冬の海

  • 二日目のポトフの旨し冬の海中十七波

  • 冬の海水銀灯の照らす雨中岡秀次

  • 右は墓地左は冬の海の音中中

  • 窓越しに冬の海今夜はひとり中西歌子

  • 層雲や龍昇りたる冬の海中原柊ニ

  • 冬海や領海またぐ漁夫の息仲操

  • カムチャッカ行がねばなんね冬の海なかむら凧人

  • 赤錆の「元気ハツラツ」冬の海中村まさあき

  • 揺れる揺れるソナー頼りの冬の海永谷部流

  • ああ出来ぬ看取りの覚悟冬の海凪ゆみこ

  • 冬の海ひねもす崖を殴りつけなしむらなし

  • 江ノ電に警笛尖る冬の海那須のお漬物

  • 見おろせる渋谷は冬の海の底夏草はむ

  • 彼の国へ唄う冬海ほうやれほ夏雲ブン太

  • 母と棄つ父のステレオ冬の海夏湖乃

  • 冬の海リュウグウノツカイ捩れる夏雨ちや

  • 冬の海塗り潰したる走り書き七朝まるよ

  • 冬のうみ立入禁止に母がいる七瀬ゆきこ

  • 国境はないと歌えど冬の海七森わらび

  • 冬海の雫のにほひセメダイン⑦パパ@いつき組広ブロ俳句部

  • 立つなそこボースン怒号冬の海浪速の蟹造

  • 底砂の一握は伯父冬の海名計宗幸

  • 冬の海かがる羽田のジェットかな西川由野

  • 冬海の裂けて運河の運転士西田月旦

  • 経血はほのあたたかし冬の海西原みどり

  • 冬の海「戦友」という長い歌西村小市

  • 冬海を波より高きみづの馬西村棗

  • 自由席の混む通路より冬の海二重格子

  • 船酔ひの悪心酸つぱし冬の海にゃん

  • 耳元をバリカン窓は冬の海仁和田永

  • 日没は呼吸の速度冬の海根々雅水

  • 楽隊が無言で進む冬の海涅槃girl

  • 傷心や冬の浜辺の石拾ふノアノア

  • 悪口を言いたくないから冬の海野井みこ

  • 風神の袋割れたる冬の海野口雅也

  • 離れても冬の海てふ鎖かな野地垂木

  • 冬の浜記憶こぼるる夫とゆく野原蛍草

  • この中の誰が雨男冬の海登りびと

  • 家々の間に入り込む冬の海稗島塗小太郎

  • 冬の海呑みこんだシベリウス吐く白庵

  • 千畳の溶岩鎮む冬の海白雨

  • 風車群のひとつはしづか冬の海はぐれ杤餅

  • 冬の海最極上の漁師めし橋本恵久子

  • 翻車魚を低く歌はせ冬の海長谷川水素

  • ミサイルの骸しづかに冬の海長谷機械児

  • 単身の焼き肉煙る冬の海長谷島弘安

  • ワイパーの振り幅速く冬の海畑詩音

  • 冬の海揺らげば死語となる言葉はっしー

  • 父母を選りし記憶よ冬の海はなあかり

  • 難破船の心音聞こゆ冬の海花咲明日香

  • 冬の海流れつくもの疲れ果て花咲みさき

  • 冬の海令和の歌は歌えない花南天

  • ひとかけらの月や冬海押し寄せるはのん

  • ささくれし義父の静脈冬の海ぱぷりかまめ

  • 冬の海もう着ぬ背広に名刺入れ浜口好山

  • 稼働せぬ原発呻く冬の海浜友輔

  • 冬の海に一人コーラ缶ぽおん林たまさか

  • フォルテシモモノトーンなる冬の海林田りこ

  • 極限に網引き締まる冬の海林山千港

  • 投擲の雄叫び聞こゆ冬の海原田民久

  • 冬の海空喰らうてはしまはぬか巴里乃嬬

  • 冬の海粉吹き駆けゆくひざ小僧晴菜ひろ

  • 五号車の窓の指紋や冬の海葉るみ

  • 冬の海雑魚寝の部屋の機関音はれまふよう

  • 風神と雷神の吐瀉冬の海HNKAGA

  • 冬海のみづに厚みのなかりけりはんばぁぐ

  • 一斗缶皆で囲んで冬の海ひーたん@いつき組広ブロ俳句部

  • 瞽女さまの三味唄消すな冬の海ひーちゃんw

  • 薪はぜてサーファー集う冬の海東の山

  • 冬の海廃校決定の知らせ東原桜空

  • 磯笛のかそけきありか冬の海東山たかこ

  • 鍵先の小さな火花冬の海菱田芋天

  • 書き起こす文の昏さや冬の海ひでやん

  • 冬の海三猿めける母伯父叔母日向こるり

  • 先生が初恋でした冬の海ひなた和佳

  • あのふたり心中かしら冬の海緋乃捨楽

  • 冬の海に座せる夕日の達磨かな比々き

  • 冬の海潜りて返事聞かぬようヒマラヤで平謝り

  • 冬の海わたくしの血も鈍色か比良田トルコ石

  • 冬の海カフカ片手に防波堤平松一

  • 冬浜やザックにさがすチャークロス平本魚水

  • 冬海や沖の光芒淡く垂れ比良山

  • 冬の海佇む人は我に似て昼寝

  • 冬の海鑢のやうな風にほひ広木登一

  • 冬の海虚数と友だちな素数広瀬康

  • 冬の海死因:ゴムボールの誤飲弘友於泥

  • 釣り宿の転がるような冬の海風泉

  • 冬の海まだ思春期を抜けきれず福井三水低

  • 冬の海夜叉の夜叉たる所以かなふくじん

  • 膏薬の古傷さする冬の海福田みやき

  • 冬の海巻き貝のごと閉じ込もる福ネコ

  • 欠航の文字だけ赤い冬の海福良ちどり

  • 荒波の蒼いひび割れ冬の海藤井眞魚

  • 女子寮に電話はひとつ冬の海藤色葉菜

  • 淡路島両手ですくう冬の海藤丘ひな子

  • 暁闇の巨鯨を咀嚼冬の海ふじこ

  • 繽紛たる瓦礫に冬の海しづか藤咲大地

  • 冬の海翼はみんなシンメトリー藤田康子

  • 冬の海みてドーナツ買うて帰る藤田ゆきまち

  • 犬見えず犬の声する冬の浜藤丸子

  • たぎりたる冬海すくみたる空母藤雪陽

  • 国境の闇迫り来る冬の海船橋こまこ

  • 冬海や二十歳の波濤砕け散る風友

  • 冬の海抗うことで生きている冬のおこじょ

  • 冬の海燗のつく間を味噌なめて古川シアン

  • 波がしら尖りて冬の海が這ふ古瀬まさあき

  • 空手部の耳を湯気立つ冬の海古田秀

  • 冬の海さびしハモニカ振れば砂ふるてい

  • 冬の海旅に飽きたる猿田彦碧西里

  • 唯一の友は忌引や冬の海ペトロア

  • 冬の海球体地球裏側も冬茫々

  • 星空を梳きて冬の海きよら干しのいも子

  • 冬の海豚汁入りの魔法瓶干しのいも子

  • 冬の海エンドロールが流れない星乃ぽっち

  • 冬の海詩への炎をはためかせほしの有紀

  • 歩けない母貝投げて冬の海細川小春

  • 冬の海へとひかりが死にたがつてゐるほろろ。

  • 冬の海流木の骸を荼毘に付す盆暮れ正ガッツ

  • トルコ艦の兵士眠るや冬の海本間美知子

  • 国うまれさうな朝日や冬の海梵庸子

  • 冬の海天とはなれず鉛色まーちゃん

  • 三ツ石の翳り黒々冬の海前田冬水

  • 冬の海蒙古の草の味がする曲がりしっぽ

  • みちのくの生けるもの皆冬の海真喜王

  • 冬の海ユーミンに泣くカーラジオまこ@いつき組広ブロ俳句部

  • 岩礁の飛沫は鈍器冬の海まこちふる

  • 冬の海琳派の青に灰を足す正岡丹ん

  • オリオンの憤怒挙げてや冬の海またあ

  • 冬海や錆びた入日と陸の船町田勢

  • 冬の海津波跡地は真っ平ら松井くろ

  • 頬削る刃吹き上げ冬の海松井酔呆

  • 冬の海竜馬と呼びたい青い色松岡幸子

  • 踏切や冬の海へと下る道松高網代

  • 頭髪は妖怪めきて冬の海松田文女

  • 母なにか寝言や暗き冬の海松山のとまと

  • 冬の海ここにも太宰治の碑まどん

  • 将校の叶わぬ懸想冬の海真冬峰

  • 冬の海女人を寄せぬ沖ノ島まりい@木ノ芽

  • 献花から彩はうばえぬ冬の海丸山志保

  • 毒運ぶタンクローリー冬の海丸山隆子

  • どの風も名前を捨てよ冬の海まんぷく

  • 冬の海波形正しき心電図みい

  • 制服の膝逞しき冬の海三浦金物店

  • 冬の海欠航せずに佐渡へ着く三浦ユリコ

  • 冬の海話し相手は流木さ澪つくし

  • シボレーの荷台の腐食冬の海帝菜

  • 隣家へと言伝のあり冬の海三上栞

  • 山頂の珈琲熱し冬の海三島瀬波

  • 左手のくすむギプスや冬の海みづちみわ

  • 冬の海脳味噌不法投棄罪光峯霏々

  • 一等星ひとつぶ沈む冬の海みつれしづく

  • 巨石墓の如くトーチカ冬の海南方日午

  • 泣きそうな我と気づくや冬の海水無月葉子

  • 冬の海ゆふづつひとつ出ずつぱりみなと

  • ペンギンの腕輪ずつしり冬の海港のパン屋

  • 冬の海近づけばもう帰りたく水面叩

  • トレモロは低いシの音ふゆのうみ宮井そら

  • 冬の海接岸こばむ流人島みやかわけい子

  • 日の本の穢れ刮げる冬の海宮坂暢介

  • 切れぎれにマイルス・デビス冬の海みやざき白水

  • 冬の海耳をばうばう叩く風宮武濱女

  • 冬の海骨になりたる亀戻る宮部里美

  • 指先の傷の拍動冬の海みやま千樹

  • わざをぎを惜しむをちかた冬の海ミラベル

  • 冬の海攫はれさうな入日かな椋本望生

  • 冬海のうねるや胎児七ヶ月村上牛蒡

  • 冬の海子はまるまると温かく紫けい

  • ひとさらひゐるらし冬の海しづか紫小寿々

  • 冬の海よくしゃべる男はきらい村瀬っち

  • 退院は日延べと二行冬の海むらのたんぽぽ

  • 逆光の江ノ島ゆらす冬の海暝想華

  • 残り陽やどぶりどぶりと冬の海目黒千代恵

  • 夜勤明けの父の匂いや冬の海目に若葉

  • 七つ目の橋で愛媛や冬の海モコ

  • 段ボール拳で砕く冬の海百瀬はな

  • 冬の海舟をどどどと波の追ふももたもも

  • 冬の海胃の中のもの上がりくる森佳月

  • プラゴミとダイバー沈む冬の海杜まお実

  • ばおばおと一夜を冬の海唄ふもりさわ

  • 冬の海ポツケに吸入薬のあり森田かな

  • よそん家でママ待つ刻や冬の海森田祥子

  • 断崖を跳ぶ勇気欲し冬の海杜乃しずか

  • 冬の海実家の田んぼは売られけり森の水車

  • シンバル鳴り響く冬の海痛し森山博士

  • 冬の海上京を決意する諸岡萌黄

  • ごぼごぼと鈍き鼓膜や冬の海山羊座の千賀子

  • 冬の海父の命は父のもの八幡風花

  • ほんたうの海聞きたくて冬の海ヤヒロ

  • 家で待つひとの有るひと冬の海山内彩月

  • 海獣のかばねやかろし冬の海山河穂香

  • 冬の海淦抜孔を濯ぎけり山河穂香

  • 部活後の着替えもせずに冬の海山川真誠

  • 戯言を聴いてくれぬか冬の海山口はなこ

  • 僕はなぜ怒ってたのか冬の海ヤマコー

  • 薄闇に吸い差し放る冬の海山崎のら

  • 貝がらは光の骸冬の海やまさきゆみ

  • 冬海の透明さとは死後の色山﨑瑠美

  • 冬の海夜行列車の飛沫かな山下ひとみ

  • 冬の海見て来し夜の歌やさし山田蹴人

  • 冬の海精神科医に嘘吐いて山田喜則

  • 防砂林割いて灰色冬の海山根永嗣

  • 足裏の砂の硬さや冬の海山野麓

  • 入院の手続き待つや冬の海山本康

  • 星影を沈めて冬の海となる山本先生

  • 廃業のコンビニ店舗冬の海山本ひろゆき

  • 冬の海岬を波の這い上がる柚木みゆき

  • 冬の海芥を砂にする時間宥光

  • 冬の海テトラに裸身打ちつけてゆうま

  • 冬の海は其処にあるはず夜の車窓雪井苑生

  • 冬の海対岸の灯は不整脈雪音

  • 冬の海まるい硝子は翡翠いろ雪音

  • 冬の海砂に刺さりしショベルカー雪華きなこ

  • 冬の海ボール紙なる手書き地図ゆすらご

  • 冬のうみ漁船のおしくらまんじゅうゆめの常盤

  • はさかり岩の微動だにせぬ冬の海夢見昼顔

  • 冬の海は落暉の熱を待ちわびる宵猫

  • 肋骨のひとつを還す冬の海八日きりん

  • 鉛色溶かす朝日や冬の海陽光樹

  • しんがりの鴎に広ぐ冬の海羊似妃

  • 冬の海富士を見たとか見えぬとか欲句歩

  • 錆色のサービスエリア冬の海横縞

  • まだ着かぬ夫の漁船や冬の海横田信一

  • 冬の海町の輪郭だけとなりよし季

  • 冬の海男は意見せず夕餉吉田郁

  • 痩せ枯れて名もなき川を冬の海吉野川

  • 冬の海いまはひとりと答えたりよしみち

  • 岩礁が大好物や冬の海余田酒梨

  • 冬海の轟き忌み小屋の眠りラーラ・K

  • 安田講堂三島の前へ冬の海楽花生

  • ほほえみの表皮剥がして冬の海梨音

  • 冬海やタバコ屋のある港街柳絮

  • 冬の海革靴の砂をかぞへけり烈ゆう子

  • まなじりににじむ利かん気冬の海蓮花麻耶

  • 原野果つ冬の海へとスコトン岬蓮花麻耶

  • 冬の海喜びの馬駆くる朝れんげ咲く

  • ふゆのうみ心臓はいつ休むのかローストビーフ

  • 返す波を押す波覆う冬の海若林鄙げし

  • 冬の海ちぎれる雲を友として若宮直美

  • 海獣の死をひた隠す冬の海渡邉一輝

  • 踏切の音や好きだった冬の海渡邉桃蓮

  • 冬海の水平線もとんがりて渡邉わかな

  • 冬の海漂着物に鹿の角笑笑うさぎ

  • 冬海や彼方に青き貨物船杏樹萌香

  • 断崖に村ギリシアの冬の海池内ときこ

  • 父の待つ離島の官舎冬の海おおい芙美子

  • 右側に冬海連れて話し合う加藤ゆめこ

  • 冬の海模試の結果は明後日澤野敏樹

  • 絶望やヤカンの湯気に冬の海土田耕平

  • 次の日もただ鎌倉や冬の海

  • 旅の湯や耳の後ろは冬の海ほんみえみねこ

  • 冬の海見てゐる母にみえるものみわ吉

  • 錆びついたジッポーひとつ冬の海夢雨似夜

  • 冬の海そら色多きシーグラス村松登音

佳作
  • Goodbyの涙温くかり冬の海蒼來応來

  • ページめくり寄せては返し冬の海アシツノカラ

  • 冬の海眼鏡の昔失せにけり犬山裕之

  • 股のぞき天が怒るや冬の海今西知巳

  • 冬の海真っ正面に仁王立ち岩切義治

  • 若き髪風に縺らせ冬の海上原淳子

  • 波は夢うつつに爆ぜて冬の海遠藤百合

  • 大空を映す鏡か冬の海大野喬

  • 仇討ちは許されぬ世や冬の海おぐら徳

  • 初七日と流れ作業や冬の海おこそとの

  • 冬の海をとこ人魚の生ぬるき加世堂魯幸

  • 翁指す果ては国後冬の海加田紗智

  • 冬の海にうかぶ山岳は白し加知吾郎

  • 忌明けの膳セイコも並ぶ冬の海岸本元世

  • 冬の海ビン玉の他光無し木村修芳

  • 冬の海結露の窓に絵描き歌清永ゆうこ

  • じょんがらを聞かまほしけり冬の海宏楽

  • 冬の海三弦のごと夕日かなさくら亜紀女

  • 癌宣告治療の是非問う冬の海櫻井弘子

  • 冬の海触れずに逝けり甲斐の人さこ

  • 天地に温もりありて冬の海錆田水遊

  • 灯台光生気を得たり冬の海さぶり

  • 島はみな山冬海に縁どられじゃすみん

  • 堕天使のはしご突立つ冬の海正司志津

  • 冬の海聞こえ来る地球の産声白井佐登志

  • 冬海に父の十八番を聴かせけり泰山

  • 冬海や黄金銃の殺傷力帝釈鴫

  • 冬の海飛沫に隠る赤灯台髙見正樹

  • 咳しても誰も答えぬ冬の海瀧龍之介

  • 闇の中境い目探す冬の海卓女

  • 鋏虫釈然と留守冬の海多事

  • 冬海に深呼吸する肺凍る田鶴子

  • カムイ彫る若き円空冬の海ときめき人

  • 冬の海立山連峰浮かび立つとんぼ

  • ポセイドンの母の胎内冬の海中島圭子

  • ポセイドンの鉾先受くる冬の海蜂鳥子

  • 冬海や頁繰る指の定まらぬ仲田蓮謙

  • 冬の浜女の足跡なきこと仲良トモ

  • 冬の海荒波見つむやん衆かな西原さらさ

  • 冬海や手の届きそな国後島アクエリアスの水

  • 冬の海げきおこぷんぷんお母さんひなた息子

  • 冬の海ガラスでできたお姫さまひなた娘

  • 冬の海共に逝くかと肩を抱く向日葵@いつき組広ブロ俳句部

  • 佐渡行きのフェリーの西語冬の海姫川ひすい

  • 訛り聞くローカル車内冬の海日吉とみ菜

  • 冬海やあゆむ駱駝の影二つ(御宿)平井千恵子

  • 冬の海ドレスコードは赤と白ひろ夢

  • 現前に嘘ひとつ無き冬の海風慈音

  • 冬の海廃墟の穴と落ち合ひて深川佳子

  • 冬の海とはふつと来る海のこと深町明

  • 冬海や双子の泪鎮めてむ深蒸し茶

  • 打つ人と打たぬ人の間冬の海豚ごりら

  • 冬海や丹田凹むあえいうえお♪星善之

  • 冬の海カレーうどんで染み付けるまこと(羽生誠)

  • 冬の海移動販売車は山へまつたいら西

  • 冬の海無限に交わる白と黒まりおR

  • 南へと帆船光る冬の海三崎扁舟

  • 異郷子と過ごす三年冬の海みずのややちゃん

  • 冬の海越えて石油もウイルスも杜若友哉@はなばた俳句会

  • 千里浜の沈黙ふたりは冬の海痩女

  • 鈍行の旅こそよけれ冬の海矢橋

  • 冬の海折鶴飛ぶよ夢の中山口雀昭

  • 冬の海スマホに並ぶ上司の名ゆづみ。

  • 冬の海君の十八番の歌い出し陽花天

  • ツィゴイネルワイゼンを弾く冬の海で夜香

  • 肛門から鼻の奥まで冬の海横浜J子

  • 冬海の奥に神威の光芒見余jii詐

  • 差す陽にも力みなぎる冬の海よしぎわへい

  • 夕やけ雲と冬の海なかよしね吉田結希

  • 冬海や署名集める顔は老い吉武茂る

  • 冬の海我も謙譲で有りたしリーガル海苔助

  • 平坦な道で躓く冬の海和光

  • 太陽の絨毯となり冬の海海神瑠珂

  • 浪裏の藍深まりて冬の海渡邉俊一

  • まだ遠く迎えの磯香冬の海わたなべいびぃ

  • 冬の海ギター担ぎて来しかども渡邉竹庵

  • 大いなる母の乳房や冬の海吾亦紅

  • 色失くし墨絵の如き冬の海ANGEL

  • 赤き橋渡りて冬の海の上A茉莉

  • 冬の海バカ野郎は聞き飽きたあいあい亭みけ子

  • 軽石に覆われ喘ぐ冬の海愛華沙羅

  • 小屋守の子猫若狭の冬の浜間むつみ

  • 冬の海一筋の朝陽照らす道青橘花

  • 朝ラーのチャーシューのゆげ冬の海葵かほる

  • 東雲やリネンのやうに冬の海葵新吾

  • 夕暮れの清盛像や冬の海葵そら

  • 雲までも侵食するか冬の海青井晴空

  • 全方位的恋するんだから冬の海青に桃々

  • 泣き声の主は天女や冬の海青野遊飛

  • 呪ひもあり祈りもあり冬の海よ青葉月

  • 水晶の欠片を蒔けり冬の海蒼鳩薫

  • 未だ見ぬ亡父の郷の冬の海赤子沢赤子

  • トンネルを抜けて月さす冬の海赤松諦現

  • 黙々と走る前方冬の海あかり

  • 江の島で寿司食べ眺む冬の海聰子

  • 冬の海ソナーの魚群競う船昭谷

  • 冬の海今宵も小さき我が釣果秋乃さくら

  • 冬の海なつの涙のとけ残りあきののかなた

  • 握る手も思わず強く冬の海秋山誠

  • 冬の海まだまだ遠き静けさよ秋代

  • 波挑むサーファー目指す冬の海天空海まりん

  • 去り際の息をする顎冬の海あさいふみよ

  • 冬の海妻の待ちたる陽は零れ朝雲列

  • エンジンに隠せぬ鼓動は冬の海麻の実薫

  • 寂聴尼言霊永遠に冬の海亜紗舞那

  • 停電す止まる車窓は冬の海あざみ

  • 冬の海途方に暮れる山爺明日良い天気

  • 鴎さへ雲下に籠めむ冬の海飛鳥井薫

  • 冬の海15は昔と目をこらすあそぼ葉

  • 親不知駄々っ子のやうに冬の海あたしは斜楽

  • 冬の海マッコウは只熟考す新子熊耳

  • 冬の海ポケットの中で手を繋ぐakkotas

  • 潮汐の乱調の美の冬の海渥美こぶこ

  • 冬の海「末の松山」波越えた跡部榮喜

  • 冬海の鈍色濃淡動きけり阿部典子

  • 冬の海佐渡から能登へお大師様sakuraa.

  • この世にも彼の世にもなる冬の海天川滴翠

  • 叔母想う能登の岩のり冬の海尼丁和江

  • 冬の海宅配ならば明日着くアマリリスと夢

  • 冬の海を捜索船の照明弾雨霧彦@木ノ芽

  • 幾筋も天使のはしご冬の海雨李

  • 母が撮りし我と砂丘と冬の海あやや

  • 冬の海ガソリン代は忘れとこあゆか

  • 身を置けばふと父の声冬の海あらら

  • 浚渫のこぼす碧波冬の海蛙里

  • 鈍色の人生もあり冬の海有本俊雄

  • 冬の海ずーっと向こうにツバメいる飯田むつみ

  • ダンスの子幾人かいて冬の海飯田淳子

  • 未来地図描けぬ私冬の海生野薫

  • 「運命」の鳴り響くごと冬の海郁松松ちゃん

  • 吹き荒ぶ砂丘の果てや冬の海いくみっ句

  • 気は満ちておぼつかぬ身は冬の海池愛子

  • 冬の海いまにも雲と混ざらんや池内ねこバアバ

  • 冬の海肴は潮と焚き火味池田華族

  • 冬の海描く筆の墨の重みや池田村路

  • 海峡に残る汽笛や冬の海池之端昇雲

  • 納骨の島へ船ゆく冬の海石井茶爺

  • 探し物見つけられずに冬の海石岡女依

  • 夜行バスまだ鈍色の冬の海いしきひさき

  • 思い出のCDを割る冬の海石崎京子

  • 刻こくと風紋描く冬の海石下文子

  • 肩よせて陽射し求める冬の海石田恵翠

  • 濤声に迷い消したし冬の海石間毅史

  • 父の如威厳に満ちた冬の海石本美津

  • 答えは要らぬただ聴いてくれ冬の海伊集院十走

  • 母の床越えて明るき冬の海いずみ節子

  • 冬の海俗事なぞ呑み込んで散れ泉千尋

  • 露天から天地を想ふ冬の海板津和貴

  • まるで仁王人寄せ付けぬ冬の海市場さと枝

  • 冬海や凪て岩の藻掻き採る手樹十後

  • しづめればきえるだらうか冬の海一斤染乃

  • 親となる途ぞや尚も冬の海いっちーりっちー

  • 捨てはてて風ふき抜ける冬の海伊藤節子

  • 冬の海だんだんポケラポット影伊藤正規

  • 冬の海裾をまくってごみ拾い稲垣由貴

  • 外つ国のボトルも連れて冬の海井中ひよこ号

  • 冬の海山友ふたり登山靴稲葉こいち

  • 冬の海小言も沈め鼠色稲葉雀子

  • 冬の海の冬は波の先の泡居並小

  • 冬の海戦死の父を思い出し井上幸子

  • 冬の海さよならだけの走り書き井上橙子

  • 黒赤に青添へ描く冬の海ゐのかたゆきを

  • トンネルを抜けて怒涛の冬の海今井淑子

  • 涙枯れガム膨らませ冬の海彩人色

  • 日の出まつ車内のふたり冬の海色葉二穂

  • 怒号吐き波砕け散る冬の海ゐろをふくむや

  • 連山を押し込む波や冬の海岩田勇

  • 舞い散る白きもの呑み込む冬の海vivi

  • 石巻今は眠れる冬の海植田かず子

  • 冬の海初めて聞くペンパルの声上田次郎

  • 冬の海や拉致されしくにのしぶきうた歌妙

  • ペンキにて採貝禁止冬の海うつぎゆこ

  • 海底は大水槽な冬の海うっちーまみ

  • 荒波や親子を分かつ冬の海卯花かろん

  • 白浪や刃のやうな冬の海海口竿富

  • 煙突のけむり真横に冬の海海野碧

  • 寂しさも引いては寄せる冬の海海坊主2021

  • 冬の海カラスの帰路の乱円舞うめがさそう

  • 冬海やあの童心のピアニスト梅里和代

  • 冬の海水中眼鏡辿り着く梅ジャム

  • 軋みゆく父の喉頭冬の海梅野めい

  • 冬の海あと二駅の復路かな浦文乃

  • 冬の海命の期限知らされて麗し

  • 冬の海入る勇気もないくせに江田綾子

  • 強情は誰にも負けぬ冬の海越後縮緬

  • 海苔網が平らかにする冬の海江藤薫

  • サスペンスいま捕まるよ冬の海江藤真治

  • 冬の海夜汽車の窓に素顔映す江戸川ちゃあこ

  • 時間切れ進路相談冬の海榎本はなちゃちゃ

  • 憤怒も諦めも冬の海に投げ笑姫天臼

  • 冬の海赤煙突に集う釣り好き江本光景

  • 大丈夫を繰り返す父冬の海えりいも

  • きざはしの先は暴風雨の冬の海円美々

  • 引潮を浜に見送る冬の海遠藤玲奈

  • 冬の海あなたと手を繋いでた大石聡美

  • 冷たきは女の臀部冬の海大熊猫@四句八句

  • 寂しさや波の音増す冬の海大阪駿馬

  • 冬の海荒き波と佐渡の影大島一声

  • 冬の海一両だけの軋む音大嶋メデ

  • 東尋坊怒涛の猛る冬の海大谷如水

  • 泣きさうな子のひざ撫でし冬の浜大塚恵美子

  • 文学館の窓に広がる冬の海大津美

  • ウルトラマンまねするこども冬の海大野美波

  • 冬の海波音騒ぐ老いの胸大原妃

  • 冬の海塒忘れて飛ぶかもめ大本千恵子

  • キリキリと光突き刺す冬の海大山きょうこ

  • 汚染水制御不能や冬の海大山小袖

  • 逝く君とかなわぬ別れ冬の海岡れいこ

  • 艶増す性を消したる為に冬海へ魚返みりん

  • 冬の海心の底に妻のゐて岡﨑宙夏

  • 冬の海黒い舟かげ白い波岡田一了

  • 冬の海泡たつ向こうは異国の地岡田ぴか

  • 冬の海涙乾かす父の隣おがたみか

  • 灯台も音がかき消す冬の海岡塚敬芳

  • タイヤ跡砂に残せり冬の海岡本

  • 黒き雲光芒放ち冬の海奥田早苗

  • 街動くクルーズの旅冬の海奥ノ木蛍子

  • 冬の海波の月影蒼白き奥の昼行燈

  • のほほんの世に疫病の冬の海小倉藍朱

  • 油坂超えても見えぬ冬の海小栗福祥

  • あいつには似合わぬスーツ冬の海オサカナクッション

  • 冬の海触れるディスプレイ静電気おさむらいちゃん

  • 亡き友の笑顔まぶしき冬の海お品まり

  • 釣果よりカップ麺嬉し冬の海小田孝子

  • ラジオから異国の声よ冬の海おでめ

  • 画用紙に描く想い出冬の海お寺なでしこ

  • 慟哭も泡と攫ふや冬の海音のあ子

  • 冬の波身に住む魔物を飼い慣らすおぼろ月

  • ものかなし原発有す冬の海沢瀉あけみ

  • 別府湾朝日と競う冬の海小山田之介

  • 家出して眺む湘南冬の海おんちゃん。トリオTheヘンタイ

  • 冬の海覗くなぞりし曇り窓菓果

  • 孤島からボトルが届く冬の海海音寺ジョー

  • 我ならば海底に棲む冬の海海鮮丼

  • 老犬と酒と泪と冬の海海碧

  • 暮れてなほ寄せては返す冬の海香依蒼

  • 冬の海トロ箱上げる手は強くかえるL

  • しんかい2000ゆつくり浮上冬の海馨子

  • 冬の海艦はろばろと帰り来ぬ案山子@いつき組広ブロ俳句部

  • 荒れ狂う自身の心と冬の海柿野宮

  • 見たこともない顔みせる冬の海笠江茂子

  • 面会は5分限定冬の海梶田美保

  • 煌煌とコロナも飛ばす冬の海加島

  • 手術の日窓を震わす冬の海鹿嶌純子

  • 冬の海褐色(かちいろ)潜む高級魚花純広場

  • わが内の父ありし頃冬の海カズン

  • 子育てを丸めて捨てたい冬の海風ヒカル

  • 聞き慣れた般若心経冬の海片栗子

  • 冬の海赤きこころを濤に螫す桂葉子

  • 陽の癒し崇高に待つ冬の海加藤紗子

  • わきまえず泣き腫らしても冬の海加藤雄三

  • 脳に棲む海馬は痩せて冬の海かとの巳

  • 冬の海ざらり分子の際立ちぬかなえの

  • 写真なか褪せた二人と冬の海金子真美

  • 償いのしようもなくて冬の海かねつき走流

  • 親不知未完アートの冬の海神谷米子

  • 冬の海蝕むマイクロプラスティック白鳥古丹

  • 冬の海五足のくつの陽よろこび亀井汀風

  • 砂浜に子犬遊ぶや冬の海亀田稇

  • 時剥がるトーマス・マンの冬の海亀の

  • 垂れこめる雲と交わる冬の海亀山逸子

  • ボトル流すハワイに届け冬の海かもめ

  • 曖昧な映画の終わり冬の海かよ

  • ノスリ舞ふ騒つく水面冬の海カラハ

  • 母呼べとつぶてで叩く冬の海狩谷わぐう

  • 冬の海牙剥く波の呻き声川野カッパ

  • タマシイが雨粒に溶ける冬の海カワムラ一重

  • 冬の海落暉に染まり老いふたり川村昌子

  • 英霊の墓地の彼方に冬の海閑蛙

  • 真黒な冬のオホーツク海忘られじ樺久美

  • 冬の海老いゆく喉の夕餉かな紀杏里

  • 肌と肌近づく夜明け冬の海KII

  • 辿りつく祖母のルーツや冬の海黄桜かづ奴

  • 一人旅冬の海にて叫ぶ愚痴如月霞

  • 最果ての宿で飲む酒冬の海酒暮

  • 冬海や吾子の夜泣きの果てしなき季切少楽@いつき組広ブロ俳句部

  • 父逝きて無音で荒れる冬の海北の36号

  • 食卓に並ぶ恵みや冬の海北の貴子

  • 潮の泡をふみかためたし冬の海きた実実花

  • 浮城のはるかかすかに冬の海木寺仙游

  • 好きの文字ざぶりと消して冬の海木下美樹枝

  • 冬の海悲哀気取らず「バカヤロー!」木野まち

  • 彼の日より刻止まりたり冬の海木原洋子

  • 足早に帰るサーファー冬の海きべし

  • コロナ禍に退職間近冬の海木村梅代

  • 砕けちる波の余光や冬の海木村かおり

  • 出雲路にラフマニノフと冬の海木村かわせみ

  • 冬の海飛ぶ鳥も無く堺港木村波平

  • 冬の海北前船の荷は重く鳩礼

  • 空いっぱいの北斎ブルー冬の海京野秋水

  • 冬の海へ艦砲を向け記念艦桐野鈴子

  • クシャクシャのラップ重ねて冬の海銀長だぬき

  • 二枚目の喪中はがきや冬の海空龍

  • 冬の海偉大な指揮に魅せられる草豆

  • 出稼ぎは昭和の記憶冬の海葛谷猫日和

  • 冬の海千島海流漆黒楠美翠

  • 吾を慰める留紺色の冬の海朽木春加

  • 冬の海巌をくだく威勢かな工藤悠久

  • 灯り消すポートタワーや冬の海國吉隆仁

  • 友達になるには重い冬の海倉岡富士子

  • 轆轤ごし亡き父の背に冬の海栗子

  • 砂浜の電飾さびし冬の海くるみ今日子

  • 飲み込んだ欠片も深く冬の海くるみるく

  • 冬の海第四間氷期の憂鬱黒田良

  • 鈍色に浮く鳥三羽冬の海桑田栞

  • 冬の海仰ぐロウニンアジは孤高桑田さなえ

  • 足とらるイラチな父に冬の海桑原和博

  • 燃ゆる陽をぐっと呑み込む冬の海景清華

  • 東尋坊髪を束ねし冬の海恵風

  • 冬の海松原近し富士仰ぐ月昭

  • 冬の海腹にマグマをたぎらせて健央介

  • 白き泡瑪瑙を覆ふ冬の浜紫雲英

  • 澪引くや補陀落渡海冬の海ケンG

  • 流れゆく阿蘇の軽石冬の海源氏物語

  • 発電の羽根向き変はる冬の海剣橋こじ

  • カーブする車窓に迫る冬の海小池浩美

  • 誤れる前提にして冬の海幸久

  • 履歴書を送り返さる冬の海香田ちり

  • 冬の海一直線の鯔の群れ幸内悦夫

  • 冬の海くらげのやうに蕩ける陽珈琲

  • 文字読めぬボトルや冬の海広し神戸めぐみ

  • イヤホンを耳に押し込む冬の海こうやこう

  • 天上に光羽ばたく冬の海幸織奈

  • 抽象になりさう冬の海しづか五月闇

  • すっぽりと夕陽呑みこむ冬の海古烏さや

  • 冬の海痛み堪える歯科矯正こけぽて丸

  • 冬の海凛と漁火煌々と九重葛

  • 冬の海夜に鎮まるを吾知らず孤舟

  • 落書きをしのぶシャッター冬の海小杉泰文

  • のっぺりと息をひそめて冬の海コスモス

  • 冬の海風に押されながらもゆく鳥よ木積

  • 受験日に渡りし瀬戸の冬の海後藤三梅

  • 冬の海さだめの船の霧笛鳴る小夏すどり

  • 念仏に混ぜし母の名冬の海こにしみさこ

  • 姥島に人影見えず冬の海小林昇

  • 遠き日のマラソンの呼気冬の海小林のりこ

  • 友逝きてただ漆黒の冬の海小松甘夏

  • 亡き友はここに生きたか冬の海小山晃

  • 小魚と卓上コンロ冬の海小山祐治

  • 冬の海小さき我は此処に在り五郎島金時

  • 望み抱きフェリーの底の冬の海西條晶夫

  • クリオネが踊る故郷の冬の海西條恭子

  • 冬の海波間洗わる志西慎行治

  • 遮断機が行く先阻む冬の海埼玉の巫女

  • 伴奏は津軽三味線冬の海齋藤杏子

  • ハングルを粉々にして冬の海さいとうすすむ

  • 冬の海小樽土産はクール便齋藤ろめたさ

  • 背を丸め無言の二人冬の海宰夏海

  • 冬の海底は命のゆりかごか坂上一秀

  • 濁る空漁船待つ人冬の海さかたちえこ

  • 夫逝きて心も無彩色冬の海坂本千代子

  • 冬の海波乗る姿点々と相良まさと

  • 風紋の消えゆく果てに冬の海さくやこのはな

  • 冬の海二人に赤き糸は無し櫻井こむぎ

  • 未亡人又ふへてゐる冬の海桜姫5

  • ふるさとへ義父母と越える冬の海笹おいけ

  • 介護士の長きためいき冬の海笹かま

  • 老いる者我がこころにぞ冬の海佐々木幸江

  • 銃声と咆哮消える冬の海ささきなお

  • 島鉄で早朝補習冬の海紗々

  • 舟底を並べて浜の冬の海さとう菓子

  • 魚たち撥ねて知らせよ冬の海佐藤綉綉

  • 魚積む軽トラ行き交う冬の海佐藤俊

  • 冬の海遠く昔の故郷見る里海太郎

  • 亡き母と風に吹かれる冬の海佐藤佳子

  • 冬の海さんさの矛をポセイドン佐藤里枝子

  • 冬の海能登風の街藍の待ちさなぎ

  • 荒波や私を責める冬の海さんとうせい

  • 冬の海人魚に羽織る物はなく紫瑛

  • ぷらごみを拾ふ夜明けの冬の海ジェントルASANO

  • 缶コーヒー飲み干してやや冬の海塩沢桂子

  • 襷ゆく汗も煌めく冬の海しかの光爺

  • しみじみと歌う演歌や冬の海しげとし

  • 情緒安定とは何ぞ冬の海紫蝶

  • 四十四年の遠き遠き地冬の海篠原雨子

  • 深海の熱き石吹く冬の海篠雪

  • ハングルの舟朽ちゆける冬の海柴山一鷹

  • まつしろな闇のごとくに冬の浜渋谷晶

  • 無事祈る絵馬ばかりなり冬の海しぼりはf22

  • 鉛色の逆巻く波や冬の海清水容子

  • 老ゆ漁夫の船降る時や冬の海清水明美

  • 冬の海コップ一杯分のウソ十一月菜名

  • キングの塔へ巨大客船冬の海写俳亭みの

  • 赤黄のサンダル淋しい冬の海ジャスミン

  • 波に向かい叫ぶ人あり冬の海しゅういずみ

  • 冬の海今陽の射して青き潮秀耕

  • 冬の海空に染まって藍色に秀道

  • 曇天に狂波と濃藍冬の海獣羅

  • 烏帽子岩尖り際だつ冬の海湘南じじ

  • のっぺりと油彩の筆致冬の海正念亭若知古

  • 君の手も俺のポケット冬の海じょん爺

  • 冬の海深みの色は紫に白沢修

  • 四声の発音違うと冬の海白浜ゆい

  • ウォッカをぐっと一杯冬の海紫龍

  • 燻らせるゲイシャの湯気に冬の海四郎高綱

  • 冬の海二人の影は少し寄り添う白とり貝

  • 鳥となり越えたき北緯冬の海白よだか

  • 冬の海望むサーファーガラス越し新宮雪野

  • 能登線を出で巨いなる冬の海新濃健

  • 冬の海幼子の息暖かし新花水木

  • 時さえも定かならずや冬の海森牧亭遊好

  • 瀬戸凪終日輝冬之海酔軒

  • 冬の海彼方に浮かぶ母の笑みすうちゃんのおやつ

  • 巣立ち今広きリビング冬の海菅原千秋

  • よく喋る人と歩くや冬の海杉浦真子

  • 冬の海テトラポッドを壊す音杉山博代

  • 冬の海譬へる色のなき悩み 杉柳才

  • 螢雪の砕け散ったぜ冬の海鈴木パンダ

  • 冬の海未明の空は紫紺色すずさん

  • プラごみに異国の言語冬の浜清白真冬

  • 佐渡も呑みただただ吠える冬の海素敵な晃くん

  • 冬の海伊根の舟屋の静けさや晴好雨独

  • 雲低く神島の影冬の海青児

  • 四幕は鈍色たるや冬の海せいしゅう

  • 解散し冷めたコーヒー冬の海星夢光風

  • 頭垂れ革靴の滲み冬の海摂子

  • 下り坂遠く見えるは冬の海仙台駄菓子

  • 冬の海今が目覚めの刻と知るそしじみえこ

  • 沈黙の町の原子炉冬の海ソフィ

  • 冬の海ゆるぎないのは繋いだ手染野まさこ

  • 頬を寄せ合い眺む焼ける冬海髙上ちやこ

  • 松林ぬけあらはるる冬の海高岡春幸

  • 冬の海父と走りし砂丘沿い多花丘春雪

  • 軽石が日本を襲う冬の海高橋基人

  • 懐かしく船旅に見る冬の海高橋紀代子

  • 窓が聞く長き海鳴り冬の海高橋なつ

  • 冬の海蹴り上げている子供かな高橋裕樹

  • 理不尽という言葉あり冬の海高橋ひろみこ

  • アメリカは荒波の先冬の海高橋光加

  • 冬の海渚を徘徊ほっといて竹一

  • 冬の海急を告げるか長霧笛多胡蘆秋

  • 冬の海小指の糸を補強する黄昏文鎮@いつき組広ブロ俳句部

  • 冬の浜自分探しや足沈めただ地蔵

  • 誓子見し白子の冬海閑かなり糺ノ森柊

  • 鈍行のゴトリ停まりぬ冬の海唯飛唯游

  • 小六の黙食冬の海しずか立田鯊夢@いつき組広ブロ俳句部

  • 垂れ込める不安は重し冬の海立野音思

  • 冬の海もののけもいる無言の色蓼科嘉

  • 酔い止めの甲斐なし寝たきりの冬の海楯縫十四二

  • 素振りする少年の目に冬の海立部笑子

  • 冬の海フォッサマグナと押しくらべ立山はな子

  • 白線の破線になって冬の海田中勲

  • 名を呼べど怒涛ばかりや冬の海田中洋子

  • 冬の海滅びの前のシャングリラ谷川桜子

  • 冬の海今年を沈め藍ふかし谷口昭子

  • 冬の海無言の主従北上す谷口詠美

  • 冬海や輪島朝市声猛り谷町百合乃

  • クラーケンぬうと出そうな冬の海谷本

  • 鼻紙が秒で飛ばされ冬の海谷本真理子

  • 冬の浜肉まんひとつ分けあって田畑整

  • 荒波の崖這い上がる冬の海玉井令子

  • 「運命」の調べに似たり冬の海玉木雅代

  • 冬の海ハンバーガーと失恋とたまのねこ

  • 鹿の立つ鉄路に遥か冬の海玉雪兎

  • かのひとのおらぬ月日は冬の海多美

  • 夕星のひとつふたつや冬の海たむらせつこ

  • 覆い来る鈍色の波冬の海田村モトエ

  • 鈍色の暮れ行く空よ冬の海ダメ夫

  • 愛猫を引取るまでが冬の海たろりずむ

  • 冬海や自殺シーンの間のココアダンサーU-KI

  • 冬の海肺いっぱいに青を吸い淡水亭

  • 命抱く臨月の腹冬の海ちっちのきも

  • 冬の海親父深酒明日も時化千葉睦女

  • 冬の海押す波よ消せこのやみを千夜美笑夢

  • AMのラジオ途切れし冬の海長楽健司

  • 冬海にしづかに消ゆる陸の底ツカビッチ

  • 寒ぶりの切手や氷見の冬の海月影寒露

  • ずぶずぶとすべて呑み込む冬の海月影の桃

  • ミズウオの腹には深き冬の海つきのひと

  • 冬の海白き妖精待ちわびぬつきりんこ

  • 冬の海あやまち濡らす袂かな柘植雅一

  • 立ち向かふ意気込みで来た冬の海辻内美枝子

  • 竜宮の深く沈みて冬の海辻野花

  • 波しぶき呼ぶや拒むや冬の海辻陽気姫

  • 冬の海ぞわわ誰かのゐるやうなつちのこ

  • 冬の海はらりはらりとあぶく散る土屋紅蠍

  • 足踏みに近付いてくる冬の海堤善宏

  • 冬の海晴れて彼方の氷鳴く津端GEE

  • 冬の海轟く圧と灰の空弦巻英理華

  • 歩けども歩けどもまだ冬の海T-京條

  • 冬の海君のアドレス削除してデイジーキャンディー

  • 嘘つけぬ冬の海には恐ろしく哲山(山田哲也)

  • 冬の海海なし県の男にはてまり

  • 磯笛もゆるりと伊勢は冬の海寺尾当卯

  • 川尻は既にまっくろ冬の海電柱

  • 冬の海あの日溢れた冬の海てんてこ麻衣

  • じょっぱりを仕込む怒濤や冬の海天童光宏

  • ヒロインは吉永小百合冬の海doいつもcoいつも

  • 冬の海リマン流乗り祖人は来トウ甘藻

  • 大魚手に涙の吾子や冬の海東京子

  • 巻雲や海なし県の冬の海徳庵

  • 運命を刻む指揮棒冬の海独星

  • 冬の海小さき悩みは波に消ぬDr.でぶ@いつき組広ブロ俳句部

  • 冬の海ウェダーの紐なおきつくどくだみ茶

  • 潮流は西へ五ノット冬の海としなり

  • 軍港や埋め立て冬の海□どこにでもいる田中

  • 冬の海右側に冷たい風が吹くどすえ

  • 冬の海竜飛岬に日が沈む戸田なお

  • 冬海に誓う前を向いて生きよ杼けいこ

  • 冬の海神の怒りかぬるむ潮刀根山光風

  • 冬の海幼子しゃがみ耳澄ます戸根由紀

  • 冬海はとはに悲しき空の影トマト使いめりるりら

  • 冬の海唸る演歌の十八番かな冨川友香理

  • 生けるもの瞳活きてるか冬の海冨川精子

  • さぶちゃんの小節を生みし冬の海富野香衣

  • 漁火の静かに灯る冬の海Tomo@雪ん子

  • 父の忌に一羽の鳶や冬の海登盛満

  • 冬の浜セピアのなかの砂あそびとよ

  • 冬の海飛び込む鯔10点満点豊田雄二郎

  • 冬の海彼女の頬をツンと突く鳥田政宗

  • ゆるる舟全てをまかせ冬の海トレンデイこずえ

  • つぶやきに傷つくなんて冬の海とんぶりっこ

  • 会えぬ子に横たはる海冬の海内藤由子

  • サスペンスドラマの山場冬の海中里凜

  • 灯なき宿のララバイ冬の海中島葉月

  • 冬の海波乗る男カフェテラス中嶋京子

  • 海神の怒り浮かべて冬の海中島走吟

  • アンネへの旅は重たし冬の海中嶋敏子

  • コンテナ船入港不可の冬の海中瀬すみっこ

  • 頂より見おろす白冬の海ながのりりー

  • 郵便受けの蓋はバタバタ冬の海中鉢矢的

  • 富士仰ぎ今日はごきげん冬の海中村こゆき

  • 故郷を訪ぬるけふや冬の海中村あつこ

  • 冬の海家出の母と50km夏風かをる

  • 欠航の連絡船や冬の海夏目坦

  • 赤い影セッター躍る冬の浜七国独楽男

  • もう二度と翔べぬこの羽根冬の海名前のあるネコ

  • 冬の海船酔いの先名物鍋なみ夢めも

  • 我を呼ぶ声二度三度冬の海奈良素数

  • 冬の海巨大観音像の無言南行

  • 震災の岸に白波冬の海なんじゃもんじゃ

  • 母眠る冬の海へ花一輪新潟中川思案

  • 寂しさの集大成か冬の海にいやのる

  • 冬の海女優気取って涙する二階堂恵

  • 冬の海カンダタの糸揺れてをり西尾至雲

  • 「もの好きね」こんなはずでは冬の海尼島里志

  • 冬の海汗も滴る地引網二上松風

  • まろい石ふと拾い上ぐ冬の海日滔

  • 愛犬の老々介護冬の海二和田美枝子

  • 冬の海朝から石を拾う人鵺之疾秋

  • 炭酸のごとく押し寄せ冬の海沼沢さとみ

  • 私はね貴方のことね冬の海ねがみともみ

  • 朝ぼらけ湯気立ち昇る冬の海猫野ふく

  • 冬の海ただ叫んでも叫んでも猫詠たま

  • 岩礁を削り千年冬の海埜水

  • 恐恐恐や波荒れる冬の海野中泰風

  • 闘病の果ては冬の海へさらばののr

  • 冬の海飲み干すまでにさびしくてのの埜

  • 利休鼠色の心よ冬の浜野ばら

  • 浜に赤き滑り台や冬の海則本久江

  • 衆生の骸白けて冬の浜広し羽織茶屋

  • 苦しみを呑めど冬の海は厳か白水

  • 要介護の母のしゃみせん冬の海パクパクポンタ

  • 生きてゆく是非を答えよ冬の海橋爪利志美

  • 湯けむりの立ち昇るごと冬の海波止浜てる

  • 冬の海黄昏女の涙飲み込め一まどか

  • 冬の海弓なり走る五能線馬笑

  • 星座さえ飲み干してなお冬の海長谷島弘安

  • 波のまに灯りひとつぶ冬の海畑中真土

  • 冬の海しろき石みな骨に見え畠山悊央

  • 黒みたる冬の海あり老いの来る葉月けゐ

  • おとり魚の動かぬ穂先冬の海パッキンマン

  • つなぐ手の温もり頼る冬の海初野文子

  • 青天の山の向こうは冬の海花岡紘一

  • 冬の浜拾う楽しみシーグラス花岡浩美

  • 冬の浜十指ポケット老いにけり花岡淑子

  • ウェットスーツ冬の海から野湯へ華樹

  • 冬の海吾が好きかと問いかける花弘

  • 冬の海彼方より子らの声聞こえし花咲みさき

  • ただ暗く車窓にうつる冬の海花野

  • 冬の海闇を灯台の一秒はなぶさあきら

  • ゴム落下テスト突き刺しテスト冬の海羽沖

  • 冬の海心模様を語りけり羽馬愚朗

  • 冬の海ぬくぬく湯船ああ恋し馬場裕子

  • 冬の海僕も周りも釣り吉さ馬場勇至

  • 冬の海汚れ引き受け今日も青浜けい

  • 冬の海町越え聞こゆ波の音浜屋浜風

  • 遠ざかるうしろ姿や冬の海早川令子

  • 嘘と知り知りつつ黙す冬の海原善枝

  • 冬の海ひかり一条佇んで原島夏翠

  • シーソーのごと冬の海越え佐渡へ原島ちび助

  • 冬の海雪と見紛う軽石や原たすく

  • 冬の海深藍の沖波白し原野乃衣

  • 冬の海噴火し軽石おしよせる原宣子

  • 冬の海ぴんと張り詰め空を射る針子のネコ

  • 砂が飛び大波砕ける冬の海haru.k

  • 冬の海拗ねているのか波高し春爺

  • 冬の海不気味に舞い散る潮の花晴海南風

  • 冬の海きすいの水を丸めこみはるる

  • 魚釣り凄さが混じる冬の海ばんしょう

  • 冬の海つかる湯船のやわらかさ榛名ぴぐもん

  • 冬の海荒れた波だけ映されて万里の森

  • お茶揺るるサンダーバード冬の海光源爺

  • 冬の海氷見の姉から退院報ひぐちいちおう(一応)

  • はためけるウェットスーツ冬の浜樋口滑瓢

  • ひとり来て風連れ帰る冬の海樋口ひろみ

  • 病室の母みた景色かな冬の海久鍋得利子

  • 若き僧我を探して冬の浜ひすい風香

  • 身の動き寂しさつのる冬の海美泉

  • 心病む子の歌い出す冬の海美竹花蘭

  • 靴底の砂払えない冬の海日向の球磨

  • 豊穣を秘して刻待つ冬の海ひな芙美子

  • 陽光の煌めきしかと冬の海氷室茉胡

  • 貝殻を探し忘れる冬の海ひめりんご

  • 冬の浜地球のゴミの最終章雛子なな

  • 冬の海背にし西施はたおやかにひよこねいさん

  • 番小屋に湯気立ちのぼる冬の海平井由里子

  • 手術終え天使の梯子冬の海平岡花泉

  • 蔵王からシュプール描く冬の海裕子

  • ふるさとに南の魚冬の海廣重

  • 誰も彼も無口になりし冬の海広島立葵

  • 冬の海二艘は旅へ西と北琵琶京子

  • 冬の海鈍色一点陽のひかり深見節子

  • 弦叩く三味線の音や冬の海深夜のり子

  • 冬の海とき舞ひたらむ佐渡の空福川敏機

  • 冬の海父の残せし大くさめ福山文子

  • 巨魚跳ねる釣り縄唸る冬の海福弓

  • 冬の海孤独と在りて冬を抱くふくろう悠々

  • 悲しみをかき消す波音冬の海藤井聖月

  • ハングルのプラゴミあまた冬の浜藤倉密子

  • 何もかも捨ててしまえよ冬の海藤里玲咲

  • まだ他に胸中にある冬の海藤の湯

  • アイドルデビュー終え冬の海歩く藤乃雪

  • 風紋のただひろがりて冬の海藤原涼

  • 悲しみは全部捨てろと冬の海藤原訓子

  • 冬の海胎児育む母のごとく布野悠乃

  • 流木を我が身とおぼゆ冬の海文月さな女

  • 冬の海天使の梯子にカメラ向け古澤久良

  • 燃え移りテント飛び込む冬の海ヘッドホン

  • 冬の海風乗りのパラ空ひとつベニヤサン

  • そんなもの愛とは言はぬ冬の海べびぽん

  • 色なくて怒濤渦巻く冬の海ほうすい

  • 荒天やグレー群青の冬の海房総たまちゃん

  • 冬の海船酔い耐へて四国かなぼくのはね

  • 星たよりに行くさきは冬の海か星雅綺羅璃

  • じんじんと痛む頭や冬の海星月さやか

  • 冬の海一目散に夜汽車ゆく甫舟

  • 冬のうみ車輪止め踏み超えて今ポップアップ

  • 太陽は死せり真冬の日本海堀卓

  • 血も凍る父の一言冬の海堀江弘子

  • 冬の海暮らす魚の代はりけり堀隼人

  • まず一献踊る肴と冬の海堀邦翔

  • 難民の子のつぶらな瞳冬の海梵多

  • 声の限り罵詈雑言を冬の海凡々

  • 漁解禁老父漕ぎ出す冬の海凡狸子

  • 冬の海しぶき舞い散る東尋坊ma_tant.

  • 冬の海それでもひとり走りだす茉叶

  • ひび割れの手見つつ冬海はあおし真壁和子

  • 浜太鼓まなぶ子の背に冬の海真壁寛

  • 行楽や今は懐かし冬の海真壁史明

  • 冬の海収めて冷えしスマホかな槙由梨子

  • 冬海や磯を掻き分け波の華眞熊

  • 冬の海白き帆船に向かい風雅王

  • 冬の海泣いて叫んで好きやから雅蔵

  • 冬海やSiriへ質問無視さるる眞さ野

  • 釣果ゼロ野良猫ひもじ冬の海マジカニャンチョロー

  • いずこから悲しき口笛冬の海松井研治

  • 怒濤寄せ岩が潮吹く冬の海松尾祇敲

  • 東尋坊ビロードのごと冬の海松島美絵

  • ジブジブと白き泡満つ冬の海松平武史

  • 人工樹仕舞ふ頃合い冬の海抹茶子

  • 波しぶき列車の窓に冬の海まつとしきかわ

  • 薬飲み君と飛び込む冬の海松野蘭

  • 松原を抜けて向かえり冬の海松村貞夫

  • 蒼藍をなす太平洋側の冬の海松本修

  • 帰る背に遠鳴る波や冬の海松本裕子

  • 冬の海かけそばすする友の顔松本牧子

  • 冬海や舫ひ船無き十三湊ままマリン

  • 合宿の朝のダッシュや冬の海真宮マミ

  • 手をかざす客船眩し冬の海豆福樹々子

  • ただそこに日々の暮らしや冬の海まやみこ恭

  • どよめきと大漁旗の冬の海真理庵

  • 立ち止まり振りかえること冬の海眞理子

  • 真似てみる黒の革ジャン冬の海まりっこ

  • 冬の海きしむテグスにズームイン○エツねも

  • 冬の海目凝らせば遠く闇畝る真路巴笛

  • 冬海やテトラの鳥は誰を待つ万事丸

  • 冬の海癒しか炬燵か龍馬像mia

  • 時刻む潮吹岩や冬の海みいにゃん

  • 船も鳥も鈍色に染め冬の海三浦ローズ

  • 安寧を願い眺る冬の海みかん氷

  • 冬海を見る三十分の逃避三茶F

  • 暖かい恋人繋ぎの冬の海水樹由希

  • 轟も胸虚ろなり冬の海三須多敏

  • 渟名河の翡翠の色に冬の海みずな

  • 重い口開けとばかり冬の海水野綾子

  • 冬の海火照りて弾く残照水乃江辰

  • 耳閉じて夕陽描きし冬の海巳智みちる

  • 冬の海海無し県に嫁ぎけりみちむらまりな

  • 暗闇で煙草燻らす冬の海美月舞桜

  • 僧崇英の経や鎮まれ冬の海瑞季ゆうな

  • 天国の夫を詠み妻冬の海光子

  • 冬の海波待つ彼の背に富士や三橋ひかり

  • 天を突く鳥取砂丘冬の海みつまめ京子

  • 冬の海釣り糸垂れてカップ麺湊かずゆき

  • 能面の怒りの如く冬の海南風紫蘭@木ノ芽

  • 冬の海岩に噛みつく波しぶきみなみはな

  • 湊への古道を歩く冬の海三保鶴

  • 冬海や駱駝の列の遥か先みほめろ@いつき組広ブロ俳句部

  • 冬の海伝う涙と波飛沫宮内潔

  • 冬の海空き缶ひとつ握りしめ見屋桜花

  • ひと晩に足跡消して冬の海宮田羊

  • 冬の海観測条件調いけり宮原みかん

  • もう一部願書取り寄せ冬の海雅乃珠晃

  • 網かつぐ次男や眩し冬の海美山つぐみ

  • 鳥寄せず魚(うお)を沈めて冬の海宮村寿摩子

  • 光さえ風に吹かれし冬の海宮村土々

  • 軽石に荒ぶ魚や冬の海

  • 空っぽの庭に寂しさつのる冬の海夢民庵世々

  • 遠望に釣り舟かすむ冬の海朝顔みどり

  • 冬の海筆あと残す船二艘無形八治

  • 故郷の駅や車窓へ冬の海無弦奏

  • てれくさいキラキラ照らす冬の海向原かは

  • 冬の海ならば行きたき影法師睦月くらげ

  • 冬の海見つめる母なき修司かな六浦筆の介

  • 船上に留まる鴎冬の海むねあかどり

  • 冬の浜しづか拝む人の影無恙庵閑酉

  • 手を合す小さき老婆冬の海望月ゆう

  • くだらんと呟き読書冬の海望月朔

  • 父と行こう釣友の待つ冬の海へもちづきゆきの

  • 冬の海しづかやひとむれの鳥は本山喜喜

  • 冬の海神の嘆きを映しけりmomo

  • 子犬抱く夕闇迫る冬の海桃花

  • 冬の海夕日雲間に重く照り桃香

  • 駅前の紫煙の隅に冬の海森毬子

  • 子の寝息アクセル加速冬の海もり葵

  • 冬の海ブランドロゴの服の犬森中ことり

  • 冬の海白い景色に貝ひとつ森ひのき

  • 冬の海悶々知らぬとカラス鳴き森翠

  • 船人の想い飲み込む冬の海森谷拓之

  • 身のうちに冬の海から来た魔物森山遊鳥

  • 冬の海生命スープの揺籃歌もろ智行

  • 竿さきの道糸張りて冬の海焼津昌彦庵

  • 冬の海母と汐汲み忌明ける八重葉

  • 吾ひとり藍鼠色の冬の海八島裕月

  • 鈍色の涛の轟く冬の海安田蝸牛

  • 漆黒の多感の語らい冬の海

  • 浮き見つめ今か未だかと冬の海柳井るい

  • 波音が波の音立て冬の海柳川耀一郎

  • 冬の海ネオンのごとしイカ船へやのかよこ

  • 穴持たず嵐を起す冬の海山井直

  • 荒行を超えて幸あり冬の海山内景子

  • 冬の海酒で暖とる下戸の父やまかぜ

  • 冬の海胎児の踊る小宇宙山川腎茶

  • 遠き日の父母の諍ひ冬の海山口一青

  • 冬の海水色ボトル漂いて山口香子

  • 満ち満ちて誕生を知る冬の海山口たまみ

  • 切りすてて切りすててなお冬の海山育ち

  • 持てるもの捨てて清し冬の海山田啓子

  • 冬の海みかんみたいなゆうやけきれい山田樂

  • ヴィーナスの誕生のごと冬の海ヤマコー

  • 冬の海黒きコンニャク襲い来るやまだ童子

  • 冬の海怒涛逆巻くどどどどど山田文妙

  • 夜の居間ゲーム機スマホ冬の海山野花子

  • 富士山や大き夕日の冬の海山薔薇

  • 急坂の駅舎にせまる冬の海山辺道児

  • 灰青の空裂く怒濤冬の海山本蓮子

  • 冬の海父の汽笛を母待てり山吉白米

  • 列島成りて離れ離れの冬海よ優入文

  • 水しぶき目も開けられぬ冬の海夕凪丸

  • 初めての交際三日冬の海雪白椿

  • 髪を切り心機一転冬の海雪ノ下青観

  • 満員の船弄ぶ冬の海弓原トーヤ

  • 餌木が舞うイカよ掛かれと冬の海吉哉郎

  • 塩まみれなるごみのやま冬の海吉川拓真

  • 国境の空は鈍色冬の海葦たかし

  • 冬の海砕ける波の温かき吉田びふう

  • 冬の海見た日遙かな山暮らし吉田まゆみ

  • 波を待つサーファー熱く冬の海吉藤愛里子

  • 礁打つ波白々と冬の海与志朗

  • 未解決拉致問題や冬の海四葉の苦労婆

  • カニ食べるために合宿冬の海Y・りこ

  • 冬の海なくした手紙もあの中に夜紫遠

  • 幻の白鯨眠る冬の海流流

  • 冬の海ダダダダダダン叩きけり鈴音

  • もう二度と船には乗らぬ冬の海凛々

  • 乱世の若君の呱々冬の海るんやみ

  • 冬の海おっぺしの浜に我が身置き麗詩

  • 冬の海洞に潜みてひかりごけ 蓮香(山端直子)

  • 軽石漂着太古の冬の海紫雲英田

  • 鈍色の落暉雲間に冬の海連雀

  • 嵐来るステーホームや冬の海蓮風

  • 黒雲の裂け目が光る冬の海わかなけん

  • 呼べど呼べど声届かず冬の海若林千影

  • 冬の海たまの晴れ間の波の音わたなべすずしろ

  • 冬の海魔物の如く波を打つ渡辺香野

  • 冬の海F点滅の港かな渡辺陽子

  • 冬の海浪穏やかな余生かな侘介

  • サイレンの残響重たく冬の海吉田里香

  • 冬の海岩噛む濤のうねりかな大村真仙

今月のアドバイス
夏井いつき先生からの一言アドバイス

●俳号には苗字を!

○俳号とは、その句が自分のものであることをマーキングする働きもあります。ありがちな名、似たような名での投句が増えています。せめて、姓をつけていただけると、混乱を多少回避することができます。よろしくご協力ください。


●俳句の正しい表記とは?

  • 軽石よ いずこに去れし 冬の海小杉紀久代
  • 冬の海 波打ち静かに 雪は降るたたら

○「五七五の間を空けないで、一行に書く」のが、俳句の正しい表記です。まずは、ここから学んでいきましょう♪


●一句一季語から練習

  • 冬の海釣れない釣りで底冷えし伊藤テル
  • 冬の海寒さ薄める月の影大原雪
  • 一人きり今年は寒い冬の海尾関みちこ
  • 冥海に白鳥一羽冬の海かめよかめ
  • ビスケーの冬海船や虎落笛河上輝久
  • 凍る朝ジュエリーアイス冬の海齋藤メガネ衛門
  • びゅうびゅうとマフラーなびく冬の海高倉夢羽
  • 冬の海人喰い鮫と格闘や田中善美
  • 冬の海寒いけれども芯は厚いねこねこ
  • 息を呑むスケートリンク冬の海みことのりこ
  • かにちりの向こうに見える冬の海服部たんぽぽ
  • 寒禽や一羽たゆたう冬の海麦畠案山子
  • 冬海の夕焼けハロゲンヒーター元仲良
  • 匂うごと凍みる大根冬の海山崎鈴子

○一句に複数の季語が入ることを「季重なり」といいます。季重なりはタブーではなく、高度なテクニック。季重なりの秀句名句も存在しますが、手練れのウルトラ技だと思って下さい。まずは「一句一季語」からコツコツ練習していきましょう。

  • 冬の海子らとかき焼く鳥羽のうみえみばば

○この「かき」は、牡蠣であろうが、柿であろうが、季重なりになるなあ。まさか「かき焼く」という複合動詞ではなかろうが……。


●兼題とは

  • 百万のたましひねむる北の海朶美子
  • 砂浜で 拾いし貝は 母の骨
  • しんしんと降りゆく雪は青の中加藤史佳
  • 冬支度梅のすっぱさ頬緩む黒田亜紀
  • 静寂と無音のはざま散る紅葉幸良礼恩
  • ザバーンバン波の強さに目を見張る白水秀美
  • 碗のひび指に親しき小春かなににこ
  • フクを呼ぶ底無しの黒シナ海で藤井弘子
  • 薄曇り寄せては消える波の花湊弘
  • 堀炬燵辞書傍らに規格なす山本弘
  • かさかさかさ砂上翔ける落ち葉湯谷梓
  • 檸檬しぼりほおばる生牡蠣汽笛の音よしくにみょうぶ

○今回の兼題は「冬の海」です。兼題を詠み込むのが、本サイトのたった一つのルールです。


●入力漏れか?

  • そこに行ったら現実逃避真壁花波

○上五か下五に「冬の海」と入れるつもりだったか……。


●文字化け

  • 冬の海錆びし?の船眠る山口 絢子

○文字化けってのは、ネット俳壇の宿命。諦めるしかないか……。


●先月の兼題だ!

  • 鶏頭はマーズアタックに似たやつ大神 阿修羅
  • 河岸の戦い武器は枯鶏頭丘の上太郎
  • 鶏頭や首領めく赤く寄植えに花鳥風猫
  • 鶏頭の根はマントルへ伸びてゐる玉庭マサアキ
  • 鶏頭やむかし親父の屠る庭武者小路敬妙洒脱篤
  • 鶏頭を叩いて揺れる反抗期雷紋

○これらは、前回の兼題です。〆切に間に合わなかったか! ちなみに、全部で十七句あった……とほほ。


●類句いろいろ

  • 冬の浜ペットボトルにハングル語雨李
  • ハングルのペットボトルや冬の海伊藤亜美子
  • ハングルの掠るるボトル冬の海多事
  • ハングルの文字色褪せし冬の海杜まお実
  • 冬海へ夏の思い出捨てにゆく入江幸子
  • 冬の海にかなしい思い出を捨てにゆく大石聡美
  • 冬の海心を捨てに人は来る蒼來応來
  • 冬の海「砂の器」の父子消ゆ紫瑛
  • 冬の海「砂の器」の父と子と後藤三梅
  • 冬の海腹にマグマをたぎらせて健央介
  • 冬海や胸にマグマを眠らせて島田あんず
  • ラニーニャはお天気娘冬の海じつみのかた
  • ラニーニャは何処の女か冬の海主藤充子
  • 底抜けの柄杓沈めて冬の海さくさく作物
  • 底無しの柄杓放りし冬の海楯縫十四二
  • 冬の海しばらく来ない人魚姫三茶F
  • 冬の海ここにはいない人魚姫渥美こぶこ
  • 冬の海眺むる人のみな手ぶら平良嘉列乙
  • 冬海に来る人は大体手ぶらはんばぁぐ
  • 冬の海空の固さに軋みをりうさぎまんじゅう
  • 冬の海空へ継ぎ目の軋みかなかいぐりかいぐり
  • 焼香はニ番目冬の海軋む石川巴里
  • 定時離陸機窓に軋む冬の海石川巴里
  • 軋む音見に網走の冬の海石橋千佳子

○短詩系文学において、類想類句は宿命です。どうやって、類想を回避するのか。それを工夫していくのが、俳句という言葉のパズルの面白さなのです。俳筋力をつけつつ、一緒に学んでいきましょう。

ご応募はこちら

7月の兼題

「炎天」

過去の審査結果

俳句生活TOPへ戻る