夏井いつき先生の俳句生活

夏井先生のプロフィール

夏井先生のプロフィール

夏井いつき◎1957年(昭和32年)生まれ。
中学校国語教諭を経て、俳人へ転身。俳句集団「いつき組」組長。
2015年初代「俳都松山大使」に就任。『夏井いつきの超カンタン!俳句塾』(世界文化社)等著書多数。

ご応募はこちら

2月の兼題

「霞」

12月の審査結果発表

兼題「十二月」

お待たせしました!2022年12月の兼題「十二月」の結果発表でございます。今月も夏井先生からの「今月のアドバイス」は必見です。こんなにストレートな季語があるのを初めて知りましたが、SNSでも兼題発表の頃に「そうきたか!」という反応をちらほらお見かけして、発表を楽しみにしてくださっているんだなあと嬉しくなりました。2月の兼題「椿」もふるってご応募ください。(編集部より)

「天」「地」「人」「佳作」それぞれの入選作品を発表します。

天
日めくりの豊かな虚や十二月

栗田すずさん

夏井いつき先生より

「虚」は、「うろ」と読みます。内部が空になっているところという意味の「うろ」には、「虚」「空」「洞」等の文字がありますが、「虚」という文字は句の内容に対して的確です。
 一日一日「日めくり」を破っていくと、過ぎた日数分の枚数が、破れた断面の厚みとなって残ります。それを「豊かな虚」と表現したのです。時候の季語「十二月」は、本来映像を持たないのですが、目に見える厚みとして実感させているのが、この句の眼目。しかも、その「虚」を「豊かな」と感じているのですから、作者にとってこの一年がどういうものであったかも、読み取ることができます。
 中七の「や」の詠嘆は、作者にとっての「十二月」という季語への詠嘆にも重なってきます。
「日めくり」と「十二月」は、言わばベタな取り合わせですが、中七の工夫があれば十二分に新しくなれる。そんなお手本のような作品です。

地
十二月吐き出る ガムの白鈍い

眩む凡

「吐き出る」のは、誰かの口から出る「ガム」か。あるいは「ガム」に象徴される何か?空白の一マスが、一句の意味を複雑に立体交差させます。「白鈍い」に、十二月の乾いた実感が読み取れて。

こんこんと夜を生む十二月の火よ

常幸龍BCAD

 ガスコンロの火、煙草の火、焚火の火、さらにはコンビナートの火など、「夜を生む」さまざまな火が想起されます。「こんこん」は、一年間という時間を積み重ねてきた「十二月」の感覚でもあります。

象の死の大きく書かれ十二月

有本仁政

 動物園の「象」の檻に訃報が貼られているのでしょう。「大きく書かれ」という中七の描写が、季語「十二月」に被さってくるかのような印象。「象の死」という事実が、淡々と胸を打つ十二月です。

街角に馬の残影十二月

酒井おかわり

 輸送交通手段としての「馬」でしょうか、軍馬の「残像」でしょうか。季語「十二月」に対しては少々深読みになりますが、十二月八日は太平洋戦争の開戦日であり、ジョン・レノンの忌日でもありますね。

ヴァイツェンに花の濁りや十二月

暖井むゆき

「ヴァイツェン」とはドイツビール。フルーティーな香りが特徴ですが、このビール独特の美しい濁りとあわせて、中七を「花の濁り」と映像化しました。季語「十二月」を華やかに薫らせる一句です。

人
  • 白き写譜に音立ち上がる十二月赤尾てるぐ(旧まがりしっぽ)

  • 木立みな誰かの祈り十二月ありあり

  • 突つ張り棒突つ張りなおす十二月木染湧水

  • 大阪支社慶弔5件十二月戸部紅屑

  • 波うてる手打ちガラスや十二月EarlyBird

  • 駆け込みの相続登記十二月藍田落星

  • 親爺らの十二月ロック咆哮す藍野絣

  • 日本酒の表面張力十二月あいむ李景

  • 十二月神御座しますこと近し逢來応來

  • 十二月僧侶のスクーター赤し青井えのこ

  • 道化師の鼻赫赫と十二月蒼月子

  • 出歯を研ぐ母の鼻唄十二月青井晴空

  • 洗濯機のアラート哮る十二月青居舞

  • 息吸って吸って吸い切る十二月青川紅藤子

  • 十二月少女の後の診察室蒼空蒼子

  • 方舟に乗らない鳥の十二月青田奈央

  • 六本の引き込み線や十二月青に桃々@いつき組俳句迷子の会

  • 十二月まで生きた誰か褒めてくれ赤松鴨

  • 木より木へ鳥の消えゆく十二月赤松諦現

  • 十二月内ポケットのロキソニン赤馬福助

  • 十二月深夜の授乳は明日もあるあかり

  • らしきことひとつもできずじふにぐわつ明惟久里

  • 点滴のベッドが横切る十二月阿木びふう

  • 死地は野に首輪緩めた十二月空地ヶ有

  • 静脈の綺麗に透ける十二月秋野しら露

  • 十二月味噌汁すする今日が平和アクエリアスの水

  • 引き潮に溜まる余影や十二月芥川春骨

  • 十二月鈴の音すらしない夜浅井誠章

  • 靴紐をきちんと結ぶ十二月あさいふみよ

  • 十二月ふーぷほわんと鳴る汽笛朝倉カグラ

  • 手配書の「おい!」の字太し十二月朝月沙都子

  • 雑巾の縫ひ目揃ふや十二月明後日めぐみ

  • 十二月眼圧の音漏れそうな字土街海

  • 十二月北へ行く人帰る人あさぬま雅王

  • ラジオより談志の落語十二月あさひ

  • 十二月の音量を下げてくれないか芦幸

  • 錆びつかぬ包丁を買う十二月あじさい卓

  • 十二月ポストに二つ死の報せあじさいパスタ

  • 十二月の固き地面に穿つ杭葦屋蛙城

  • 散髪屋の鏡が映す十二月阿曽遊有

  • 封蝋の鳩飛び疲れ十二月足立智美

  • 十二月サッシの隅にBB弾あたなごっち

  • 革命聞ゆ十二月の街ピアノあなうさぎ

  • おかわりのナンの膨らむ十二月阿部八富利

  • 十二月エレベーターの透けて空天風月日

  • 喪中はがきに取り残されて十二月数多未完

  • 閉店の貼り紙黄ばむ十二月雨戸ゆらら

  • 山門にピザ屋のバイク十二月あまねくみぞれ

  • 十二月の満月一周忌終えてあまぶー

  • 玄関に兄ちゃんの靴十二月網野れいこ

  • 横たはる雲の分厚き十二月あみま

  • りやうせいるいの張り付いてゐた十二月雨霧彦@木ノ芽

  • 十二月胸の高さに海ただよふあやせゆうま

  • 頭から風にめり込む十二月綾竹あんどれ

  • 十二月中三の子の内申点あやや

  • 口先のごめんねばっかり十二月あらせもんじ

  • 十二月しんと混みあふ鍼灸科新多

  • 先生と洗うパレット十二月安良辺小路

  • 割り切れぬ数字多しや十二月在在空空

  • つけでよいと陳氏が笑ふ十二月アロイジオ

  • 星生まる今宵十二月のグラスアンサトウ

  • 落ち合って光の街へ十二月安寿

  • 十二月喪中葉書のみな長寿安春

  • 縁の色褪せた便箋十二月飯田淳子

  • 窓を打つ防水シート十二月飯村祐知子

  • 十二月ポットスチルのにゆんと輝るいかちゃん

  • 十二月の歩幅の小さくなりにけりいくたドロップ

  • 味噌汁や故郷は遠く十二月郁松松ちゃん

  • 骨壷を納めず机十二月池田悦子

  • Love & Peace焦げゆく十二月池之端モルト

  • インサイダー講習十二月の時計イサク

  • 行き交へるひかりの薄さ十二月いさな歌鈴

  • 立食いのうどんに卵十二月石井茶爺

  • 久方の母と湯屋行く十二月石垣葉星

  • 十二月タグ貼りせかす棚卸し石塚碧葉

  • 夕さりの風の尖りや十二月石塚彩楓

  • 夕星の冷たき光り十二月石原花野

  • 宅配車のパンク騎虎の十二月泉晶子

  • 十二月メビウスの輪の継ぎ目遺跡納期

  • 製紙工場三すぢに烟る十二月石上あまね

  • 曇天を食らふ好天十二月いその松茸

  • 小人めくスパイス瓶や十二月板柿せっか

  • 正解のない面接や十二月いたまきし

  • フィナーレの余韻をカフェで十二月市川りす

  • 楼門や猫は爪研ぐ十二月市川隆一

  • 出てる皮膚すべて痛点十二月ゐてふ@QLD句会

  • 十二月まだ居場所なき昼休憩一秋子

  • 馴れし木の切り株光る十二月五つ星

  • 藪おくの家を訪ひをり十二月伊藤節子

  • 浴室にジャズ響かせて十二月伊藤順女

  • 強く手をつなぎアメ横十二月伊藤どらやき

  • タートルネック被り出口は十二月伊藤柚良

  • 十二月の換気流行歌かすか伊藤小熊猫

  • 十二月居間にもすこし赤と金糸川ラッコ

  • 踏切の矢印続く十二月稲垣良一

  • 慰霊碑の献花新し十二月井中ひよこ号

  • 鈴本を跳ねてアメ横十二月いなだはまち

  • まだ灯る子供食堂十二月稲葉雀子

  • 防砂林は祈りの姿勢十二月稲畑とりこ

  • 十二月在りていつ剃る無精髭居並小

  • 貴殿とはここまででした十二月犬山裕之

  • 受話器から目眩の話十二月井上れんげ

  • 干からびしてんとむし掃く十二月井納蒼求

  • 曳き屋台あかし夜秩父十二月ゐのかたゆきを

  • ケーキ屋の置き去りの傘十二月今井モコ

  • 紙で切る中指の傷十二月妹のりこ

  • 水府にて水のもてなし十二月伊予吟会宵嵐

  • 十二月の訃報あの頃のアイドルいわさちかこ

  • 十二月ペダル踏み込む腿に雨岩清水星斗

  • 十二月つくづく礼をする御国磐田小

  • 「Let it Be」のitなお見つからず十二月岩元凡空

  • 嵯峨面の鬼嗤ひをり十二月ういろ丑

  • ストローの蛇腹を伸ばす十二月植木彩由

  • あかときの雲美しや十二月上野徹

  • 湯けむりの固くなる夜十二月上野眞理

  • 手鏡に吾の居ぬ景色十二月うからうから

  • 灰汁掬ふ母のシャンソン十二月うた歌妙

  • 先生も暇そうですね十二月宇田建

  • 十二月トーストの耳の温もり宇田の月兎

  • 炊事場に七輪のある十二月内本惠美子

  • 三角の切手を舐める十二月空木眠兎

  • 硝子戸のいよいよ重し十二月うつぎゆこ

  • 雑踏に吾とすれちがふ十二月靫草子

  • パキラの葉一枚ずつ拭く十二月卯波まり

  • 十二月のゴビ鉄道はカーブ宇野翔月

  • 大道芸へ捻る諭吉や十二月海野あを

  • 義歯馴染むように街ゆく十二月うみのすな

  • 太陽の塔羽ばたかむ十二月梅里和代

  • 隠し味入れすぎました十二月梅野めい

  • 銀の匙落ちる音ひとつ十二月浦野紗知

  • 十二月褒められ慣れて照れ慣れてuryuu202

  • お多福の埃ぬぐいて十二月麗し

  • 十二月死斑のごとインク滲む吽田のう

  • 光には貫く力十二月詠頃

  • 嘘くさい愛という文字十二月蝦夷野ごうがしゃ

  • 駅前に十二月のキャンドル仄か蝦夷やなぎ

  • 十二月脚あるものは立ち尽くし越冬こあら@QLD句会

  • さびしくてあんかけうどん十二月絵十

  • 十二月畳屋バイト募集の紙榎風子

  • うとうととパーマ屋に主婦十二月笑姫天臼

  • 「第三の男」流れるホーム十二月朶美子

  • トレモロに積み上がる事務十二月絵夢衷子

  • 喧騒より遠く暮らして十二月遠藤千草

  • ビル消えて空落ちてくる十二月遠藤一治

  • 十二月公営墓地の香の幾重旺上林加

  • 病床につき抜けて空十二月オオイヌノフグリ

  • 昼休みはバンクシー展十二月おおい芙美子

  • 十二月改札鋏の音の名残り大岡秋

  • がうがうと鳴く脳検査十二月大木紅貴

  • ふくよかに腐るうみがめ十二月大紀直家

  • 渋滞を抜けて鼻歌十二月大久保加州

  • 囚人の点呼の如し十二月大黒とむとむ

  • 十二月LEDの白夜は明けぬ大越総

  • レコードの中心速し十二月大越マーガレット

  • 人は人川はゆったり十二月大阪駿馬

  • 雑踏の緋色の花よ十二月大地茜咲

  • 富士山を転がる夕日十二月大塚恵美子

  • 十二月最終模試の座席表大津美

  • 十二月石屋が石を刻む音大村真仙

  • 十二月の朝愛猫の骨壷大谷一鶴

  • 見も知らぬ着ぐるみとゐる十二月大山和水

  • 十二月背中のやうに皆の影大和田美信

  • みちのくに陸奥のこゑ十二月可笑式

  • 間違いの電話へ会釈十二月おかだ卯月

  • 風照らすセンサーライト十二月小川さゆみ

  • 泣きたくて行く場所のあり十二月小川しめじ

  • 十二月また戦争の来ゆうごたあ小川天鵲

  • 履歴書の出しては戻る十二月小川野雪兎

  • 活き活きと映る故人や十二月小川都

  • 丸眼鏡拭いて綺麗な十二月小川めぐる

  • 十二月チーズ焦げつつ膨らみつ沖原イヲ

  • 十二月入浴剤は乳の色小沢史

  • 塵載せて川面動かぬ十二月おだむべ

  • やはらかき皮膚もつ我ら十二月越智空子

  • 十二月腑分の如く本眺む乙華散

  • 十二月箪笥の隅へ絽の襦袢おでめ

  • 翻車魚の水槽磨く十二月音羽凜

  • 薄く切るハムの塊十二月小野寺さくや

  • ペコちゃんの頭をポンと十二月帯壱

  • エンジンがかからぬボート十二月海音寺ジョー

  • 棒鱈へみづひたひたと十二月かいぐりかいぐり

  • 会長を決めるあみだよ十二月快晴ノセカイ

  • 原稿に十二月色インク散る械冬弱虫

  • 軽トラの振動温き十二月海峯企鵝

  • チャルメラの幽かに十二月の雨火炎幸彦

  • 山だけがどんと構へる十二月風花まゆみ

  • 百円の刻印きれい十二月加座みつほ

  • 鋸引けば木の香鉄の香十二月樫の木

  • 姿見の我が背は丸く十二月鹿嶌純子

  • 十二月母の墓石の苔硬し花純

  • 十二月の音痴は何列目でせうか片岡六子

  • 十二月農夫の掬ふ塵芥加田紗智

  • 空ろなロッカー十二月の部室かつたろー。

  • 白髪に兆す光や十二月桂子涼子

  • 十二月卵の殻を剥くやうに花伝

  • 質草は何もあらずや十二月加藤雄三

  • 賞与後の退職ふたり十二月かなえの

  • 馬跳びのやうに進んで十二月彼方ひらく

  • 東京の空気は温い十二月金田由香

  • 十二月の恋は静電気のしわざ仮名鶫

  • 摘出せる胃の艶艶と十二月金子あや女

  • 十二月ミルキーペンのためし書きかねつき走流

  • 十二月くしゃくしゃの九九検定表カフェオレ草

  • 下されて萎える注連縄十二月神or愛

  • 巨星落つ空はすかすか十二月神谷たくみ

  • ペットボトルペボペボ潰す十二月亀田かつおぶし

  • 十二月厩舎開くと哲学書亀の

  • でこぼこの日々連なりて十二月亀山逸子

  • 十二月皆んな先へと逝きをつて亀山酔田

  • 喉にまだコロナを飼へる十二月加良太知

  • 空箱を端から潰す十二月川越羽流

  • 眉毛描くzoomレッスン十二月川村湖雪

  • 引き出しの奥の指輪や十二月カワムラ一重

  • 顎縫つた跡を十二月が触れる川村ひろの

  • 吾と向き合ひ鏡を磨く十二月川村昌子

  • カステラのザラメ十二月のネオン閑々鶏

  • 「事故あり」の立て看傾く十二月看板のピン

  • フルートを磨く指先十二月喜祝音

  • 建前の槌音高し十二月キートスばんじょうし

  • 地下鉄のぬるき風圧十二月岸来夢

  • 十二月つかのまの青が愛しい規田素乃子

  • 箱の中どれも百円十二月北岳醍醐丸

  • 十二月なにも映さぬやかんの銀北野きのこ

  • 散歩道猫に餌やる十二月北の36号

  • レーズンの糖化ざりりと十二月北藤詩旦

  • 舐らるや吾の眼球の十二月北村崇雄

  • 髭の影濃く十二月の休暇北村季凛

  • 教会の陰影濃ゆし十二月貴田雄介

  • 粉もん屋近所に増えて十二月木寺仙游

  • 朝刊の社説の長し十二月きなこもち

  • 大小のひしやげた箱や十二月城内幸江

  • 落日を入れ子のやうに十二月きのえのき

  • 無音てふ歓声眩し十二月木野桂樹

  • 饒舌な東京タワー十二月木原トモ

  • 工事音絶えし真昼の十二月木原洋子

  • 満天の星も磨かれ十二月きべし

  • 揚げたては奇跡十二月の社食木ぼこやしき

  • ショパン弾く母を送りし十二月木村かわせみ

  • 十二月天体の螺子緩めたし木村となえーる

  • トーキョーに十二月の歪みかなきゅうもん@木の芽

  • 十二月君にはブルーマウンテン紀友梨

  • 夢のやうにキルトはほつれ十二月杏乃みずな

  • 赤い花しこたま買うて十二月菫久

  • 電飾の影の韻律十二月

  • 日々透けてゆく街路樹や十二月くぅ

  • ぽっかりな空や喪中の十二月鯨之

  • 水吸はぬ新の手拭ひ十二月葛谷猫日和

  • 無意識に動く尾骨や十二月ぐずみ

  • 十二月鶏の御霊の数の星くずもち鹿之助

  • 飛行機の大きく見えて十二月工藤雨読

  • 鳳の社にそよぐ十二月國枝瞬山

  • 野良猫が家族になれば十二月国島智香子

  • 呼び込みの声掠れたり十二月國吉敦子

  • 月照らす浅間の嶺や十二月窪田睡鯨

  • ジルコンの屈折率や十二月久保田凡

  • 信号機の擬音速しよ十二月くま鶉

  • ぱっかりと踵が割れて十二月倉岡富士子

  • ふわけするやうにポストを十二月倉木はじめ

  • 賓頭盧のそこだけ静か十二月来ヶ谷雪

  • 十二月鶏舎へ真直ぐ白き道久留里61

  • 十二月の隙間へ生コンを打つ恵勇

  • 足つぼが痛い十二月の十九時けーい〇

  • 吸ひ込まれゆく十二月の巻き尺げばげば

  • 十二月ひとは定規の中にゐる健央介

  • 庖丁だこ夫に示す十二月謙久

  • 空よりもあをき瓦斯の火十二月剣橋こじ

  • 十二月星の溢るるレンガ坂小池令香

  • “WAR IS OVER”十二月の常套句こいぬ

  • ビル間より富士山朱し十二月郷りん

  • サイレンの止まぬ十二月の晴夜剛海

  • 十二月ワゴンセールの文庫抜く公木正

  • 軽やかな決済音や十二月紅紫あやめ

  • 十二月母なき母の家のこと幸田梓弓

  • 筆ペンのお試し講座十二月幸田柝の音

  • 病得て人は空見る十二月幸織奈

  • 竹ささら螺髪を磨く十二月古烏さや

  • 十二月の風呼ぶ大路二の鳥居小嶋芦舟

  • ひと駅へ座席ゆづらる十二月小杉泰文

  • 十二月ビルをまるごとラッピング小だいふく

  • 十二月ジャズのテンポを刻む脚虎堂吟雅

  • 赤紙は一銭五厘十二月後藤三梅

  • 電飾の街に星無し十二月来冬邦子

  • 両替のはしご粛々十二月このみ杏仁

  • 重力のいよよ増したる十二月こま

  • 稜線を目で追う車窓十二月駒野繭

  • 硝子ペンの書き味試す十二月駒村タクト

  • 皇帝が泣いて十二月が真つ赤GONZA

  • 金のなる木のあるお家十二月今藤明

  • 老友の訃報ポトンと十二月西條恭子

  • 十二月旅の足湯にひらく指さいたま水夢

  • 十二月夫に隠れて吸ふ煙草彩汀

  • 自転車のブレーキ固い十二月齋藤ちの

  • 片付かぬ部屋のいごこち十二月さ乙女龍チヨ

  • 大人とは憂う生き物十二月酒井春棋

  • 十二月第九帰りの遠まはりさかえ八八六

  • 十二月夕星墓の上に出づ榊昭広

  • 芝浜の妻にほろりと十二月坂口いちお

  • シの鳴らぬ実家のピアノ十二月坂まきか

  • 削ぎたれば透くる十二月のうろこさくさく作物

  • 十二月手帳は余白なし走れ咲まこ

  • 十二月期限の切れしポン酢かなさくやこのはな

  • 子つぶやく十二月が怒っちゃったね櫻井こむぎ

  • 十二月のバス傾きて右折せり櫻井紫乃

  • 十二月夜半の帰路を饐えし風桜鯛みわ

  • やめたなら楽になること十二月桜月あい

  • 急用を断わる急用十二月さくら悠日

  • 十二月私はシャネルが良く似合う桜よし榮

  • 風呂釜の塩素の臭き十二月迫久鯨

  • 折釘へ暦幾度十二月雑魚寝

  • 吾のための千羽鶴折る十二月さざなみ葉

  • 瘡蓋を剥ぐかに痛む十二月砂舟

  • 十二月アメリカ色のドーナツ屋咲花芳乃

  • 投了は桂馬の詰めで十二月佐藤恒治

  • 日矢潟へ鳥影著き十二月さとうナッツ

  • 煩いを離れ人の死十二月佐藤正温

  • 血の色の花渇きけり十二月佐藤レアレア

  • 点滴のひかり散らばる十二月里すみか

  • 風は十二月うだうだ幸せだ里山子

  • 十二月書店に踊る万の文字真井とうか

  • 十二月の街はひかりを手放さぬ錆田水遊

  • 男は男はと唄ふラジオや十二月さふぁい庵

  • 意地張らぬ入り日でありし十二月さぶり

  • カニューラを纏ひし母と十二月さむしん

  • 誤作動の火災報知器十二月紗羅ささら

  • ゆつくりと立たす電柱十二月さるぼぼ@チーム天地夢遥

  • 十二月の風よしづ子は今どこに澤田紫

  • 英文の不在通知や十二月澤田郁子

  • 福寿暦付きの新聞十二月山海和紀

  • 十二月テールランプの八重洲口三月兎

  • 炉を落とす窯の残り香十二月三休

  • 金くらい貸せる友来る十二月山月

  • ミサイルも虹も在る空十二月塩の司厨長

  • 毛の国の風神暴るる十二月塩原香子

  • 銀行で肩のぶつかる十二月四季彩

  • 元妻と子と街宣の十二月篠崎彰

  • 金の斧だいて十二月の質屋渋谷晶

  • 巫女の摺る足袋裏昏し十二月島田あんず

  • 十二月万年筆の濡羽色嶋村らぴ

  • 吉野家の十二月たる顔かほ貌清水縞午

  • 青竹の目覚める湖底十二月釋北城

  • 裏窓の星形ライト十二月芍薬@独逸

  • 血管の青く蛇めく十二月じゃすみん

  • 笑わなそうなバッハが身近十二月沙那夏

  • 分度器の水平線や十二月砂楽梨

  • 老人の海静かなり十二月秋星子

  • 五線譜のジャンクな休符十二月種種番外

  • 独り身の真っ赤な両手十二月祥雲

  • 十二月腕に眠りし子の湿度庄司しづく

  • 賑やかに別れてひとり十二月庄司芳彦

  • 十二月ずんとマンホールは重い正念亭若知古

  • 歳時記に華葩挿みけり十二月白プロキオン

  • 十二月「かごめ」の籠の鳥、空へ白よだか

  • 布を噛むばかりの鋏十二月ジン・ケンジ

  • 円錐の底面鈍く十二月新城典午

  • 口開けに弄られ寄席の十二月深幽

  • やさぐれの曳く鉄屑や十二月すがりとおる

  • 萎みたる石鹸の泡十二月杉尾芭蕉

  • 灯のすべるエナメル靴や十二月鈴木由紀子

  • 木曜は尖る十二月の言葉鈴白菜実

  • 膨張のプリズム十二月の紐育鈴野蒼爽

  • 重力を解かれ十二月のボレロすりいぴい

  • 山の湯に翳る月あり十二月青児

  • ハスキーの歩み華麗や十二月瀬央ありさ

  • 十二月一円玉が多過ぎる世良日守

  • タイムカプセルは化石の硬度十二月せり坊

  • 砂時計粒われ先に十二月千@いつき組広ブロ俳句部

  • 半音を上げる靴音十二月そうり

  • 巻き爪の角欠け飛びて十二月外鴨南菊

  • 十二月孤独に精米の余熱染井つぐみ

  • そぞろ神つきて退院十二月宙まあみん

  • 十二月の母はパラパラ漫画めく空豆魚

  • 電球のゆたかな丸み十二月ぞんぬ

  • 押し入れの文庫に父の字十二月大河そら

  • 夕刊を雑に畳めり十二月太閤検地郎

  • 小競り合う風呂の順番十二月泰山

  • ガソリンの気化する影や十二月平良嘉列乙

  • ワゴン車の排ガスぼろろ十二月高尾里甫

  • タワマンに雲のゴンドラ十二月高木音弥

  • 十二月ブックカバーの傷あまただがし菓子

  • 十二月どの火も人に看取られて高田祥聖

  • 十二月味醂詰めたり二百本高嶺遠

  • ブレーキのペダルの遊び十二月高橋寅次

  • 十二月仏壇の黒きらいです高橋なつ

  • 十二月金の入れ歯の遺失物高山佳風

  • 十二月叔母の電話の切りどころ瀧本敦子

  • 校正の手止め十二月の乾杯たきるか

  • カニほじる棒買いに行く十二月多喰身・デラックス

  • 斎場の浅葱の空や十二月竹口ゆうこ

  • 十二月湯治の宿の軋む床竹田むべ

  • 隅に積むレンタル布団十二月多事

  • 雨垂れのバケツ錆びたる十二月たすく

  • 十二月止まったままの観覧車唯飛唯游

  • 十二月演歌流るる定期市多々良海月

  • 執行のボタン十二月の暗さ立川茜

  • 土塊を喰いし埴輪や十二月ダック

  • 唇の四分休符めく十二月立石神流

  • 自販機を貫通十二月の十円立部笑子

  • 椅子増やす小さき教会十二月谷本真理子

  • 片付けの途中の読書十二月田畑整

  • 絡まりほどける十二月の轍玉庭正章

  • 足早に向かう新宿十二月たまのねこ

  • 十二月ピアノの蓋も脚も拭く玉響雷子

  • 十二月神舞う白き葛城山玉響海月

  • 寝ころべば空重くなる十二月たむらせつこ

  • 藁を綯う手のひら火照る十二月樽熊

  • ヘルパーに北の訛や十二月たろりずむ

  • 稽古場の鏡の結露十二月ダンサーU-KI

  • 十二月拳広げん何捨てん丹波らる

  • 強かに脛打ち付けて十二月知恵さん

  • 十二月檄文横目に黙食す竹庵

  • 鉛筆の消しゴムてかり十二月ちゃあき

  • 油圧式ジャッキへこへこ十二月千代之人

  • あゝわたし独り身でした十二月つきのひと

  • 十二月未知の地に鳴る鐘清し月待小石

  • 象の眼は優し過ぎるよ十二月辻野花

  • 月光に高き岩波十二月対馬清波

  • 十二月わたしは鬼になりました津々うらら

  • 俯瞰図のここのあたりが十二月綱川羽音

  • 滑走路に生ふる十二月の光芒ツナ好

  • 粉チーズふるふるふたり十二月翼つばさ

  • きりきりと奔る十二月の疏水露草うづら

  • 十二月美貌を買ひに行く天使丁鼻トゥエルブ

  • 白バイに停められてゐる十二月寺尾当卯

  • 十二月働く人の息の綺羅天陽ゆう

  • 十二月かと聞くためのナースコール土井あくび

  • 十二月肥ゆ砂時計落ちきつて常磐はぜ

  • 土くれの芯まで香なき十二月としなり

  • 人混みにぬっと着ぐるみ十二月十津川ポロ

  • 戦争をしてない国や十二月どてかぼちゃん

  • 歯の抜けた猫温めたる十二月鳥羽ししまる

  • 十二月夜更けに風呂を磨きけりとば雪華

  • 軍手並ぶ高等部棟は十二月とまや

  • 東天に月はしろがね十二月豚々舎休庵

  • 十二月のイルカの飛沫受けにゆく内藤羊皐

  • 駅ビルで着替えひかりの十二月へ

  • 十二月十三駅のパチンコ屋中岡秀次

  • シュレッダの卑しき口や十二月中島隆

  • ソプラニスタの星空へ透く十二月永田千春

  • 書写室の墨の香新た十二月中鉢矢的

  • 歯ブラシの開いた毛束十二月中村すじこ

  • 左手でうどんを食らう十二月なかむら凧人

  • ワックスの匂ふ十二月の教場なしむらなし

  • 十二月スタバの列の最後尾夏雲ブン太

  • オルガンの深き呼吸や十二月夏椿咲く

  • 廃線の駅舎に硬券十二月夏目坦

  • 十二月ドーランの下痛ましく夏目十貫

  • モケットなでて小言きく十二月夏雨ちや

  • 十二月のひかり屈折をいとはず七瀬ゆきこ

  • サイドミラーの朝日に追わる十二月七森わらび

  • 十二月クラヴィコードのヴィブラート菜々乃あや

  • 金平糖の粒から星へ十二月名計宗幸

  • メビウスの輪は戦前へ十二月奈良素数

  • 口ずさむ歌ひとつなき十二月西川由野

  • 十二月吾をはみ出さず吾の躍る西爽子

  • 十二月喪中葉書の輪護謨飛ぶ西田月旦

  • 雨脚は弱く十二月のショパン西野誓光

  • 美しき十二進法十二月西村小市

  • 十二月老舗の消ゆる神保町新田ダミアナ

  • カピバラのやうに仕舞湯十二月にゃん

  • 十二月閉じゆく門の音明かるし仁和田永

  • ✕つかぬ指名手配や十二月沼宮内かほる

  • 湿つぽい別れはご免十二月ねぎみそ

  • 赤熟の夕日刻々十二月根々雅水

  • 炭酸泉や十二月は泡沫ノアノア

  • 海老入りの餃子を包む十二月濃厚エッグタルト

  • 十二月半音上がる街の音野口雅也

  • 鞭を打つ直線短か十二月野地垂木

  • 透明になるまで煮込む十二月ノセミコ

  • 十二月困窮という字をググる乃立喰咽

  • 開けて見てまた埋める筥十二月野中苦泉

  • 段ボール纏う夜街は十二月のりこさん

  • 陽をくぐる大型船や十二月白雨

  • 終電はみなうつむいて十二月はぐれ杤餅

  • 神様のよりどりみどり十二月長谷機械児

  • 十二月こんなところにチロルチョコ八田昌代

  • 十二月次のページの透き通る八田昌代

  • 煩悩は生きる活力十二月花咲明日香

  • 小銭貯金振れば陽気な十二月花南天あん

  • ペンギンの綿毛の匂い十二月はなぶさあきら

  • 十二月臍の如くに亡母の忌英ルナ

  • 手離した恋生乾き十二月花和音

  • 受験の六年生家出の十二月浜けい

  • 鉄琴は座骨の高さ十二月葉村直

  • 凝りたる瓶の蜂蜜十二月早川令子

  • 十二月煮しめに効かすテレサテン林省造

  • 十二月銀座の夜を救急車原水仙

  • 十二月背に列車の閉まる音巴里乃嬬

  • 十二月押しぶた覆ふみづ清ら播磨陽子

  • 海越しの富士くきやかに十二月晴田そわか

  • 十二月ピース嵌め込む力技晴菜ひろ

  • 亜麻仁油の光とろとろ十二月はれまふよう

  • ノーシンの世話になります十二月万里の森

  • 十二月それでも座禅組に行く東の山

  • 汽車の影にも窓ありて十二月菱田芋天

  • ショベルカー地鳴りのやうに十二月ひすい風香

  • 電飾や夕づつ怯む十二月美竹花蘭

  • 餅のごと粘る回収十二月ひでやん

  • 十二月いそがしさうなフラミンゴ日向こるり

  • 公言の枷となりゆく十二月比々き

  • 十二月ついでのように誕生日ヒマラヤ杉

  • 十二月街は血ヘドを吐いているヒマラヤで平謝り

  • 十二月父母の墓より仰ぐ富士平井由里子

  • あんこ炊き蒟蒻を炊き十二月平林政子

  • 骨折の友は来ざりき十二月平本魚水

  • 遠き夜の森は張りぼて十二月広木登一

  • 十二月誰もが少しずつ不幸広瀬康

  • たなごころ糟ふくいくと十二月広ブロ&新蕎麦@摂田屋酵道

  • 失ったおっぱいひとつ十二月ひろ夢

  • 十二月「アニキ」こんなに早く逝く琵琶湖のおばさん

  • 腹切つていつ退院や十二月びんごおもて

  • 銀盤の確と光れり十二月風慈音

  • 人住まぬ生家が売れた十二月深蒸し茶

  • 十二月棚ぎゅうぎゅうに保存食深谷英丸

  • 拭き上げた窓越しに十二月の街ふくじん

  • 料金所跨ぐ二輪車十二月福田みやき

  • トンネルや十二月てふ出口の陽福良ちどり

  • トロフィーのくすんで光る十二月ふくろう悠々

  • 空つぽのアコギに十二月詰めて藤色葉菜

  • 指先にバニラのにほひ十二月ふじこ

  • 華やかに砕けし十二月の皿藤白真語

  • 懇談を終えワクチンや十二月藤田明子

  • 十二月スパンコールが瞳に映る藤田咲

  • 木の顔を眺めてあるく十二月藤田康子

  • 生卵爆ぜてラーメン十二月藤田ゆきまち

  • 十二月ギフトのやうなリボンの娘藤永桂月

  • 街の風連れて客来る十二月藤原涼

  • ゐのししのやうな課長よ十二月藤雪陽

  • 月めくり据わりの悪しき十二月藤原訓子

  • 十二月辻にすつくと托鉢僧布施無門

  • 十二月の解体メデューサの鉄風友

  • 耳鳴りを過ぐ十二月のサイレン冬のおこじょ

  • 十二月ギターアンプのがほがほと碧西里

  • ピアノ裏の塵とビー玉十二月ペトロア

  • 十二月書店の棚に檸檬置く茫々

  • 十二月すこしふしぎな改札鋏北欧小町

  • 学校に住んでる噂十二月黒子

  • 早朝のラン透きとほる十二月星詩乃すぴか

  • 戦前の真珠の色や十二月星野はいかい

  • 朱殷の血少し抜きたり十二月星乃ぽっち

  • 隣のレジのクレームこはし十二月ほしの有紀

  • 十二月倍速で観る西部劇甫舟

  • 図書室には眠たげなバク十二月Φポップアップ

  • 家中の刃物研ぎ上げ十二月凡々

  • マラカスの君ら十二月は熱い梵庸子

  • 爛漫に枯死の電飾十二月まこ@いつき組広ブロ俳句部

  • 不規則な靴音十二月の湿り松井くろ

  • 夕暮れの海にサーファー十二月松尾老圃

  • 吾輩は借りてきた猫十二月松平武史

  • あんちくしょう十二月の鍋磨まどん

  • 海鳴りは星の顛末十二月真冬峰

  • 南向きの離れ無人の十二月真宮マミ

  • 誰か似るルオーのマリア十二月まめばと

  • 左目の靄に陽の刺す十二月瑪麗

  • 青空に枝の寂しき十二月真理庵

  • 眠ル為薬半錠十二月丸山隆子

  • 転がつた十二月から磨かるゝまんぷく

  • 神様の混み合つてゐる十二月みい

  • 心臓の古くなりゆく十二月三浦にゃじろう

  • またしても口内炎噛む十二月三重野とりとり

  • 前の歯のわざわざ十二月に折れて帝菜

  • 眉墨を削り過ぎたり十二月三上栞

  • 十二月メトロノームはラルゴかな美乎梛

  • 青透けて明るき森よ十二月三茶F

  • 十二月祈りを磨く窓よ灯よ岬ぷるうと

  • 連弾のワルツの駅や十二月三崎扁舟

  • 医療費の紙飛行機や十二月水須ぽっぽ

  • 十二月道頓堀にグリコ揺れ巳智みちる

  • A型はあと十四人十二月みづちみわ

  • 保護犬の腰の細さや十二月光峯霏々

  • プードルに黒蝶ネクタイ十二月満る

  • 御馳走のやうな青空十二月みつれしづく

  • 死亡診断書コピーして十二月ミテイナリコ

  • 客前で犬叱られる十二月港のパン屋

  • 乾杯はバカラのグラス十二月みなみはな

  • 青鹿毛の艶めき十二月を駆く宮武濱女

  • くるみ煮をまた焦がしけり十二月宮村土々

  • 自転車の鍵頑なや十二月宮井そら

  • 部員の名にじむ十二月の襷宮坂暢介

  • レシートのとぐろを解くや十二月宮部里美

  • 角打ちの程よい孤独十二月宮村寿摩子

  • ほふられた羊の料理十二月

  • エキストラくたびれてをり十二月みらんだぶぅ

  • 十二月今年の漢字「充」と記すみわ吉

  • 告口のやうな入口十二月椋本望生

  • 煙突の影踏む麒麟十二月無弦奏

  • 大阪のをんな粘るや十二月向原てつ

  • 十二月指紋なくなるまで掃除睦月くらげ

  • 千六本なますは甘く十二月村上の百合女

  • 十二月のがれ二階席のシンフォニ紫小寿々

  • 三叉路の地蔵を洗ひ十二月暝想華

  • ひとり居の十二月なり米を研ぐ目黒千代惠

  • 迷子に掌握られっぱなし十二月メレンゲたこ焼き

  • 探し物出て来たりして十二月モコ

  • 流木に跨る風は十二月本村なつみ

  • 歯ブラシの毛の無法なり十二月百瀬一兎

  • その傷に綺麗なパテを十二月百瀬はな

  • ビルにビル映る無限や十二月桃園ユキチ

  • テンキーを叩く強さよ十二月ももたもも

  • 盛大に編み目解くや十二月森毬子

  • 西口に怒鳴る男や十二月森海まのわ

  • おもんない十二月おもんない嘘もりさわ

  • 日に三度真面目に食みて十二月森の水車

  • 枝先は空をば射むと十二月八重葉

  • 百坪の登記せかすや十二月山羊座の千賀子

  • 十二月右の踵の減り具合安田伝助

  • 十二月星が飛び出すルーペ買ふ簗瀬玲子

  • 菓子買い揃へ父の忌は十二月八幡風花

  • 桟の隅ちびた埃よ十二月山河穂香

  • 若者の自殺願望十二月山川腎茶

  • 置き薬少し多めに十二月山川たゆ

  • 地球儀を回す夜ふかし十二月山口絢子

  • 電飾の家住む彼の十二月山口たまみ

  • 木星はトパーズ色に十二月やまさきゆみ

  • 何もせぬ一日作る十二月山田啓子

  • 落としたる鍵の眩しさ十二月山田蹴人

  • 越してまだ星も見えねえ十二月山田はち

  • 十二月音の潰れたジョン・レノン山田蚯蚓

  • 楽しきものを己に買へり十二月山田喜則

  • 早朝の白湯の甘さよ十二月やまな未

  • 十二月末もみんなと勤務がいい山彦一水

  • どう見てもな壺買わされる十二月山本先生

  • 和箪笥のあと青白し十二月山本たか祥

  • 靴磨く十二月の空はきれい唯果

  • 十二月どうせ未記帳分合算結壱隆月

  • 十二月ということさえ忘れけり優木ごまヲ

  • ジャム瓶の蓋へ十二月の朝日柚木みゆき

  • 人を焼く煙真直ぐに十二月宥光

  • 買取りは二十三円十二月雪音

  • 十二月玩具のやうなベーグル屋ゆすらご

  • 掃除するかかとへ日差し十二月宙美

  • 十二月堺より来る刃物研ぎ夢見昼顔

  • 卸金とっくと光る十二月湯屋ゆうや

  • 十二月点字パネルの平らなる陽花天

  • 十二月海に光の道はるかようこ

  • オルガンのふかふか咲ふ十二月羊似妃

  • 打刻機に積もる十二月の埃横縞

  • 厄を切る床屋バサバサ十二月横山雑煮

  • 令和の曲玉音の如十二月横山ひろこ

  • ヴァニタスの絵画にひかり十二月吉川拓真

  • 雑巾の数こなしつつ十二月よしぎわへい

  • 十二月ひとりに余る煮しめかな好子

  • 十二月マンションの肩に富士がいる吉田蝸牛子

  • カネオクルノムナヨムスコ十二月よした山月

  • 歳時記の付箋とりどり十二月吉野川

  • 酔い醒めぬ友とラーメン十二月吉藤愛里子

  • 落し蓋あかるくゆれる十二月吉行直人

  • 十二月早送りで観るのは嫌来知万郷

  • みづみづしき傷を十二月の樫はRUSTY=HISOKA

  • 鬼の耳拾ふ十二月の峠RUSTY=HISOKA

  • 駐車場テトリスめいて十二月楽花生

  • 無為なる月の無為の人十二月リーガル海苔助

  • 御朱印帳おもて毛羽立つ十二月理佳

  • 窓拭きの小さき虹色十二月ルージュ

  • 十二月ラヂオ聴きつつ洗ふ皿ルーミイ

  • 喫煙所会議解散十二月ろまねす子

  • 十二月昼は家族でカレーパンわかなけん

  • 交番の手配写真も十二月和光

  • 寂光のフラミンゴ啼く十二月渡辺桃蓮

  • 瘡蓋の昭和の傷や十二月渡邉わかな

  • 十二月みんな忘れる噂かな亘航希

  • 十二月気配消したる雨の夕落句言

  • 十二月テレビカメラの写す街鬼平哀歌真改

  • 十二月いのちに影があるやうなコンフィ

  • 角曲がるバイクの角度十二月じょいふるとしちゃん

  • 踊り場に小姐急募十二月鈴木麗門

  • 特大の投薬袋十二月でんでん琴女

  • 前髪をぱつん十二月のかたち藤白月

  • 十二月あっけらかんとした林水無月葉子

佳作
  • 皆勤で通うリハビリ十二月愛宕平九郎

  • 仮の字を書いては消して十二月at花結い

  • 二度までの間違い電話十二月荒一葉

  • 終点があるが如きの十二月あらかわすすむ

  • 異国よりテレビ電話や十二月淡湖千優

  • 十二月鞄ひとつで汽車乗りぬ安藤ツトム

  • 一人寝の常と変わらぬ十二月生田みち子

  • カレンダーの十二月故の孤独磯野昭仁

  • 帰れない旅の途中や十二月伊藤亜美子

  • 万引きの防犯カメラ十二月梅鶏

  • 三時間煮込むレシピや十二月霞山旅

  • 過去の俺呼ぶも応じず十二月川蓮根

  • ぼけたふりちょいとしようか十二月坂田雪華

  • 滑り台駆け上がる夜十二月三水低オサム

  • 美しき白湯飲み干して十二月三尺玉子

  • 夫の炊く粥をひとさじ十二月潮風の台所

  • 十二月ポケットにあった海の砂しぶ亭

  • 実をもいで庭の木静か十二月島じい子

  • 十二月新居に灯り影四つ清水明美

  • 海よりも十二月の空深く志村狂愚

  • 一ミリの豊かな幅や十二月そまり

  • Amazonのピンポン三度十二月太平楽太郎

  • すれ違ふ人皆綺麗十二月橘萌香

  • 読めぬ字のありし書展や十二月山薔薇

  • 病院でうつらうつらと十二月山本康

  • めだか住む臼に隠れ家十二月与田鍵

  • 十二月傘寿身軽のエピローグあ・うん

  • 十二月加齢のゆゑと医師の言ふ青井季節

  • 十二月一人暮らしの電気代粋庵仁空

  • 経の如干支覚える子十二月石本美津

  • 暗闇に静かな秘密十二月一本槍満滋

  • 火照る頬風撫でいく十二月和泉明月子

  • 星の数あまたと気づく十二月伊藤れいこ

  • 十二月ひとりひとりにある歩幅井原昇

  • 曇りない鏡に映る十二月今井みどり

  • 途切れずに飛行機雲や十二月イマスノリコ

  • 十二月ごき・げん・よーと汽笛三つ五郎八

  • 十二月痒い所へ届かぬ手岩木順

  • 十二月オペする妻に光さすえみばば

  • 庭暗き蕭条として十二月えんかず

  • ケアマネとデイの算段十二月近江菫花

  • 十二月ぱりんと割れる赤きもの荻原湧

  • 「かぎやで風」ばかりさらふ十二月笠谷タカコ

  • 腕まくる医師の診察十二月花星壱和

  • なんとなく忙しいふり十二月紙谷杳子

  • 挨拶は臨終の如十二月加裕子

  • 断捨離をせぬまま逝きぬ十二月河村静葩

  • 十二月窯出し終えて寝酒かな木村隆夫

  • 一剣に己れ托して十二月京野秋水

  • 歌舞伎町顔かお貌の十二月熊谷温古

  • 山あって空あってこそ十二月くんちんさま

  • タクシーの訛り懐かし十二月慶唯

  • 夜も更けて足の爪切る十二月桂子

  • 片付けぬ腹括るなり十二月このねこのこ

  • 十二月訃報の歳を見比べぬ小山秀行

  • 甥っ子が彼女と来るや十二月五葉松子

  • 思い出を掻き分けて来る十二月西條晶夫

  • そふに似て下り腹なり十二月さち今宵

  • 縁談の愛想笑いや十二月佐藤しのぶ

  • シンデレラのやうに過ごす十二月佐藤志祐

  • パソコンよ早よ立ち上がれ十二月澤野敏樹

  • なぞなぞを父に解かせる十二月しかもり

  • 包丁の音も尖りて十二月四季春茶子

  • 今日もまた富士遠見して十二月篠雪

  • 街を急ぐ不協和音で十二月島崎ちょまる

  • 掛かりたる映画にふらり十二月清水三雲

  • 十二月父母の歩幅の小さくて朱胡江

  • 十二月綺麗な心でこの街をショートケーキ

  • しあはせにまだ慣れぬ間に十二月白猫のあくび

  • 星屑を集めて妻へ十二月神宮寺るい

  • 街角のストップモーション十二月森牧亭遊好

  • 黒目を十二月の底に落としたり水曜日生まれ

  • 曇天に城引き締まる十二月杉浦真子

  • 兄弟の刈り上げ青し十二月杉田梅香

  • 革靴を一度も履かず十二月杉柳才

  • 遮断機のけたたましきや十二月涼風亜湖

  • 半欠けの飛び出し坊や十二月主藤充子

  • 十二月風が風追ふ歩道橋砂山恵子

  • 十二月街はアニメーションのよう瀬尾白果

  • 十二月提げて街には背ばかり瀬紀

  • 忘れたき事なく忘れ十二月そうま純香

  • 喧騒を人酔い走る十二月高上ちやこ

  • 信号を守る一人や十二月高橋ひろみこ

  • ラッシュ前子を産みに行く十二月たかみたかみ@いつき組広ブロ俳句部

  • 肩たたみ座る電車の十二月高山夕灯

  • 閉校の黒板アートや十二月滝上珠加

  • イルミネーション嫌ひ闇へと十二月滝川橋

  • 十二月戸袋の中に子ねこあり卓女

  • 硯干す父使えずの十二月竹内菊江香

  • 節約を競ふ遊びや十二月竹内一二

  • 原発が頭もたげる十二月谷口あきこ

  • 吹替えの映画観ている十二月谷町百合乃

  • 十二月国歌斉唱手を胸にたま走哉

  • 百歳の十二月は川の如し田村モトエ

  • 軒下の賑わい楽し十二月ダメ夫

  • 十二月噂で知つた君の嘘ちくりん

  • アポ電の吾子はやさしき十二月千歳みち乃

  • 十二月サインポールの螺旋かな彫刻刀

  • サイレンのフォルテシモなる十二月長楽健司

  • 鉄錆の黙や電飾十二月月岡方円

  • 金賞の賞状抱く十二月ツユマメ末っ子@いつき組広ブロ俳句部

  • 片恋や答え合わせの十二月寧陪禰

  • 寄付募る手紙また来る十二月遠峰熊野

  • 泥棒のやうな顔して十二月とかき星

  • フエラムネフヒフヒフヒホ十二月時小町

  • 工事中の看板ぺこり十二月時まる

  • コンサート引けて星降る十二月徳庵

  • 水墨画のごと淡き十二月Dr.でぶ@いつき組広ブロ俳句部

  • 十二月走ってこなきゃ気が逸る富田涯現(富田松夫)

  • クレーの絵響きけり十二月の駅富山の露玉

  • 十二月サドルを替えて遠くまで豊冨瑞歩

  • 十二月好きよ純情反抗期鳥田政宗

  • いくたびもりぼんむすびや十二月中里凜

  • 遠方に山際立つや十二月中嶋京子

  • 彼方此方の修繕の音十二月中島圭子

  • 鬼怒川の橋を渡れば十二月長洲雪華

  • 十二月東京弁の口喧嘩中原柊ニ

  • 水の綾一人見るとき十二月凪ゆみこ

  • 新しい名字に慣れて十二月夏草はむ

  • 十二月見舞いの来ない一人部屋⑦パパ@いつき組広ブロ俳句部

  • 麻痺の箸持ち上がりけり十二月沼沢さとみ

  • 十二月帯状疱疹の背中野々かおり

  • ご機嫌なグランドピアノ十二月野ばら

  • 呼吸深く身体の掃除十二月野間薫陶

  • 十二月傘寿の我に詐欺話波止浜てる

  • 電線を纏める電線十二月橋本こはく

  • 思ひ出を拾ひ老いゆく十二月蜂鳥子

  • 交番の点す電灯十二月葉月庵郁斗

  • 馬の後ろ足の役になりました十二月ぱぷりかまめ

  • 診察日酒のこと問ふ十二月ひーたん@いつき組広ブロ俳句部

  • 通知票所見欄書く十二月東原桜空

  • 南座の演目何ぞ十二月東山たかこ

  • 十二月民芸焼きの飛び鉋比企野朋詠

  • 不協和音のサイレン十二月の交差点樋口滑瓢

  • 十二月の陽は沈みゆくビルの森平井千恵子

  • お湯加減いかがでしたか十二月弘友於泥

  • 暗いねと孫がつぶやく十二月福田公明

  • 十二月今宵は写楽と酌み交わす船橋こまこ

  • 黙々と夜の筋トレを十二月冬野とも

  • 十二月眠りて独り女王蜂ふる雲

  • 帆待ち金こっそり移す十二月古庄萬里

  • 十二月は嫌いお留守番ばかりべびぽん

  • 算段の丸き背中や十二月前田冬水

  • 十二月肌に馴染んだ寝巻きかな茉叶

  • 十二月砂の光は萌えているまこちふる

  • 黒石をすべて白にす十二月まさを

  • 小気味よき庭師の鋏十二月増山銀桜

  • 記憶の街は青臭き十二月町田勢

  • 我招く羽根休めおり十二月松尾美郷

  • ララバイは夫の寝息十二月抹茶子

  • 友の荷が今年も届く十二月松野蘭

  • 十二月弟に内緒の秘密でき道端ハコベ

  • 手渡しの弁当ずしり十二月みほめろ@いつき組広ブロ俳句部

  • 十二月酒に日本の天地人美村羽奏

  • 「らっしゃい」の掠れがすれや十二月みやざき白水

  • 尋ぬるは下りのおほし十二月麦のパパ

  • 十二月逆走できぬすべり台村瀬っち

  • 十二月靴下履けぬ母になり森日美香

  • 十二月あえて録画のスペイン戦森太郎

  • 先代のレシピの染みや十二月杜まお実

  • 十二月押し絵となりし浮世かなもろ智行

  • 稜線の誇らしげかな十二月柳荷無花果

  • 厨房に妣の背をみる十二月吉田わさび

  • 十二月背筋伸びたる祖母の指示楽和音

  • 子の襟に白髪一本十二月梨音

  • 眼鏡越し縫い針進む十二月リコピン

  • 十二月風刺漫画の独裁者柳絮

  • 此の国は首の皮一枚十二月連雀

  • 練乳へあふれおつヘタ十二月煉獄佐保子

  • 十二月の青空へっぴり腰のウォーキングわたなべすずしろ

  • 身を捩り湯を待つシャワー十二月わたなべいびぃ

  • ねばねばの換気扇もう十二月321ちいに

  • 十二月ToDoリストも渋滞中ANGEL

  • 高校生都駆け抜く十二月安威網代

  • 古びたる母の帽子や十二月愛燦燦

  • 古道越へ江ノ島を見ゆ十二月間岳夫

  • 十二月ガンの知らせをまっすぐに大竹八重子

  • シャッター街「粉雪」響く十二月青砥転典

  • 十二月タンゴ耳鳴り忘れものあおのめ

  • 夕星や鴉ふはりと十二月蒼鳩薫

  • 十二月外から鈍い衝突音赤尾ふたば

  • 給湯器天寿迎えた十二月赤目作

  • 引き揚げの話の途中十二月秋白ネリネ

  • 教会で指輪をはめて十二月昭谷

  • パトカーのまた走り過ぐ十二月秋野茜

  • 買い込んで夜へと急ぐ十二月秋野萱

  • 指眺め朱肉目立つや十二月空き家ままごと

  • 小包の海の匂いや十二月秋山らいさく

  • 買い物のメモを片手に十二月秋代

  • 僧侶にも団欒のある十二月かな秋吉和紀

  • 悔いの無い一年だった十二月芥茶古美

  • 十二月祖母と選びし箸いずこ淺井翠

  • 十二月今日も今年もすぐに過去朝雲列

  • 3度目の寝坊をしたり十二月朝片なつり

  • レイトショーひとり涙の十二月淺野紫桜

  • 大吉をまだ引き摺つて十二月あさのとびら

  • 天井の蝿を目で追う十二月麻場育子

  • 鎮魂のガレリア灯る十二月朝日雫

  • 煌めきもみたしみれずの十二月亜紗舞那

  • 十二月ツルツル坊主丸めゆきアシツノカラ

  • 十二月ひめくりごよみ薄くなりあすなろの邦

  • 東京の灯り艶めく十二月あたしは斜楽

  • フル稼働綿工場の十二月新子熊耳

  • 十二月失恋編み物ほどきだしアツシ

  • 電飾の色たつぷりと十二月熱田俊月

  • メール着知るは母の訃十二月天晴鈍ぞ孤

  • モヒカンのツンツン曲る十二月渥美こぶこ

  • エフエムの聞こゆる曲や十二月渥美謝蕗牛

  • 十二月蕪村・漱石・横・寅忌跡部榮喜

  • 一葉のこよみ重くて十二月姉あね猫

  • 育毛剤持つ手熱し十二月あねもねワンオ

  • 今年から書かぬ決心十二月天川滴翠

  • メモ見つつ万年青を生けて十二月あまぐり

  • 十二月最後の電話は君がいいあまどかに

  • 十二月乗り継ぎごとの別世界アマリリスと夢

  • 塾帰り街はキラキラ十二月雨李

  • 挨拶は「あっと言う間」の十二月荒木豊

  • 事毎にあいさつ変わる十二月蛙里

  • 父と吾と蕎麦すする寂十二月ありいかな

  • 妻指示す天井モップ十二月有本としを

  • 十二月先延ばしする検診日阿波オードリー

  • 朝五時の三日月須臾の十二月杏っ子

  • 掛け時計家のまんなか十二月飯田孝子

  • 小さな手指さす十二月の鮭飯村ヤーキン

  • 配給の列に幸あれ十二月生野薫

  • 十二月日差しよろよろ病床にいくみっ句

  • 十二月孫の元気に感謝を池愛子

  • 振り返る日々の早さや十二月池内ねこバアバ

  • レシートの発掘始めにゃ十二月池田華族

  • 家中の出入り増えたり十二月池田桐人

  • 一年は矢のごとしなり十二月池田の炭

  • 十二月荷台の上野菜パズル池ノ村路

  • 倍速で浮世ながむる十二月石井秀一

  • 墓じまいするかしないか十二月石岡女依

  • トマホークめぐりかへるやあの十二月石垣エリザ

  • 十二月なぜか町中慌しい石川明世

  • 楽ばかり選んできたな十二月石川初子

  • あと三日足りないような十二月石崎京子

  • 知恵袋集めて挑む十二月石の上にもケロリン

  • 母逝きて四季めぐりけり十二月石間毅史

  • 十二月なおも世人は下品なり石山日滔

  • 十二月賑わう家族あられ切る泉恵風

  • 十二月付録分厚き月刊誌和泉攷

  • 吹き上がる湯気有り難き十二月いずみ節子

  • 石ひとつ影伸縮す十二月伊泉不洋

  • 背を丸め診察順待つ十二月いちご一会

  • これをあっちあれをこっちの十二月無花果邪無

  • 朝の息気管支閉じる十二月樹魔瑠

  • 十二月煌めきの陰風の渦一久恵

  • 街中にかけ声跳ねる十二月伊藤薫

  • 十二月枝を切られた並木道伊藤節子

  • 第九よりボレロの気分十二月伊藤なおじい

  • 十二月十三月のありとせば伊藤正規

  • 十二月ビジネス席のパリ赴任伊ナイトあさか

  • グリコランナーやうやう橋を十二月伊奈川富真乃

  • 十二月小包空ければ潮の香す伊那寛太

  • 七七忌終えて今年の十二月稲葉こいち

  • 孫来る日指折り数える十二月伊波智恵美

  • 雑踏になぜかイマジン十二月いまいやすのり

  • 銀行員腰低くなる十二月今井淑子

  • 湯上りのニベアの香り十二月井松慈悦

  • 独り身の終わりを告げる十二月今西知巳

  • 十二月めくる二人の恋暦今乃武椪

  • 「三十日まで」客に案内す十二月今村ひとみ

  • 黒い服纏う人多し十二月いものおのこ

  • 赤き色ここぞと選ぶ十二月伊予素数

  • 鴉鳴くやそれぞれの十二月伊代ちゃんの娘2

  • 踏み台の出番多けり十二月彩人色

  • 「積み重ね」尊く思う十二月岩六九

  • 吾子逝きし幾年揺れる十二月磐城海

  • 第九を聞かねば十二月終はらずいわきりかつじ

  • 108回ヨガで礼拝十二月岩清水彩香

  • 髪切るは止めてそのまま十二月岩田勇

  • ネジ1つ見つからぬまま十二月植田かず子

  • 散らかりし星を吸い込み十二月上原淳子

  • いなせ振り松竹頭十二月上原まり

  • 十二月しわ伸ばし出す整理券うさぎさん

  • 十二月買物メモを渡されてうさぎと

  • 十二月推理ドラマを聞き流す宇佐美好子

  • 味噌汁はまた根菜や十二月内田こと

  • 十二月まだ急募のTEL鳴らずうちだまみ

  • 朝刊は厚くなりけり十二月海口竿富

  • 子規庵に電飾似合ふ十二月梅尾幸雪

  • 学友の身の上話十二月越後ちりめん

  • 十二月コスモス咲いてテスト前江戸川ちゃあこ

  • 十二月マネキンさえも騒ぐ街江見めいこ

  • ゆく十二月イヤホンをもる第九M・李子

  • ありったけの湯呑み座布団十二月えりいも

  • 書き置きににこちやん添へて十二月えりべり

  • 本棚に陽の差す居間や十二月縁穐律

  • 立つたまま食べるランチの十二月円美々

  • 待ち人が箱を持ってる十二月大小田忍

  • 反省と夢が行き交う十二月大島一声

  • 十二月波瀾万丈振返り大嶋宏治

  • 十二月灯りに託す願ひかな大谷如水

  • 十二月望郷列車に乗る男大野喬

  • 十二月笑ってあなたを送り出す大野美波

  • 大聖堂から山寺へ十二月大橋れいみ

  • さしあたり予定作りし十二月大原妃

  • 改札で祖父に手を振る十二月大原雪

  • 十二月拭い清めし仏さま岡由紀阿希

  • 防護服着たり脱いだり十二月岡井風紋

  • 十二月猫のベッドへ手を沈めおかげでさんぽ

  • 星空をじっと見つめて十二月岡田明子

  • 筆ペンのはね止めはらい十二月岡田瑛琳

  • 十二月そば打つ音もリズミカル岡田恵美子

  • 郵便受けに玩具のチラシ十二月緒方朋子

  • 病床でカレンダーはや十二月岡田ぴか

  • なんとまあ骨折の夫十二月岡田雅喜

  • わくわくとさみしさ押し寄せ十二月おがたみか

  • 托鉢の大根つるす十二月オカメインコ

  • 十二月お薄一服墨を磨る岡本

  • ささくれし指いつの間や十二月岡山小鞠

  • 十二月ワンピース着て浮かれ行く丘るみこ

  • 十二月手にした手帳のインクの香小川葉月

  • 完売のPOPを外す十二月おきいふ

  • 鳴り止まぬ無料検査や十二月オキザリス

  • 求人は保留となりし十二月沖らくだ@QLD句会

  • 木の透いて晴天の見ゆる十二月奥田早苗

  • 空のあを透けて宇宙へ十二月奥寺窈子

  • 十二月の空よ「ピース」と鳴く鳥よ小倉あんこ

  • きらめくや有楽街の十二月小栗福祥

  • 背の順に本整列す十二月おこそとの

  • 出し仕舞いまた出し捨つる十二月おざきさちよ

  • 赤松の先の碧天十二月おさだ澄恵

  • 十二月縄を掛けても過ぎ去りぬお散歩じいじ

  • 十二月馴染みの店の閉店メールお品まり

  • 一年の終わりに笑う十二月お寺なでしこ

  • 子が寝たら片付けるから十二月音羽実朱夏

  • 十二月厨の窓に第九かなおひい

  • タワマンのごみ集積所十二月おぼろ月

  • 何年もそのままにして十二月沢瀉

  • カレンダー初顔合わせの十二月小山田之介

  • 帳尻の合わぬ家電や十二月おんちゃん。

  • 饒舌に語る人増え十二月海瀬安紀子

  • 十二月ねこ抱き上ぐる腕の伸び灰頭徨鴉

  • 十二月“stay with me”燻る街かえるL

  • 髪染めのキャンセル待ちや十二月加賀くちこ

  • 雲走る十二月児等の声して案山子@いつき組広ブロ俳句部

  • 日記帳ふえる文字数十二月風花美絵

  • カード決済こわごわの十二月鹿嶌純子

  • わが手足動き緩慢十二月かじまとしこ

  • 寝静まり硯研ぐ音や十二月華胥醒子

  • 断捨離に明け暮れて早十二月柏原淑子

  • 母帰る十二月の大病院風早杏

  • 冷え入りて十二月の空色薄し片岡明

  • 十二月奇跡を起こす三百円片岡龍一

  • 今年また中途リセット十二月片桐洋

  • 歓声が尻突き上げて十二月片山蒼心

  • 十二月またねと言ひて二十年葛飾シトロン

  • 還暦の過ぎし夫婦や十二月勝瀬啓衛門

  • 縁を断つ削がれた肉や十二月桂葉子

  • 十二月の香りただよう湯にしずむ加藤暖

  • 十二月何だか祈りたくなるの金井登子

  • 囲む鍋日差しふわふわ十二月叶田屋

  • ユーミンの歌口遊む十二月かぬまっこ

  • パソコンのよごれ拭き取る十二月カバ先生

  • 街路樹の纏ふ光や十二月釜眞手打ち蕎麦

  • 十二月の予定は毎度いそぎ顔神谷米子

  • 十二月雨は夜更けと歌ふ街亀田荒太

  • 瀬戸の海波しずかなり十二月亀田稇

  • ポチ袋買い帰路急ぐ十二月小野寺直美

  • 介護夜の夜景まぶしき十二月茅三歩

  • 何もかも新たなあした十二月カラハ

  • 血は廃品の紙滲む十二月狩谷わぐう

  • 薬剤師走って忙し十二月翡翠

  • いつまでも黒き舗道や十二月川端芙弥

  • 十二月退院の朝讃岐富士川原うさぎ

  • 赤羽のガストでリモート十二月川村記陽子

  • 吉良公の徳も偲んで十二月邯鄲

  • 待望の娘の生まれた十二月樺久美

  • 不揃ひの本借り出すや十二月勘八

  • 覚えなき膝の青あざ十二月閑酉

  • 商店街しゃぼん玉舞う十二月紀杏里

  • 害虫は産まれてくるな十二月Qey

  • 十二月喪中欠礼三枚目季々諧々

  • 年内の多忙も嬉し十二月聞亭圭輔

  • 十二月してやったりとほくそ笑む聞く丸

  • (2022年)再びのジャイキリに泣く十二月岸本元世

  • 十二月怒号飛び交う競馬場酒暮

  • 老い二人リズム変わらぬ十二月北川茜月

  • 祖母見舞う途中に三毛猫十二月狐雨こじろう

  • アマゾンの嵩張る箱や十二月木村かおり

  • 十二月父がせしこと我がする木村修芳

  • 十二月黒門呼び込み白マスク木村波平

  • 1Kの床の傷消す十二月Q&A

  • 夫婦して小回りの利く十二月Qさん

  • 振り返りまた振り返る十二月教来石

  • 十二月八階建の玩具店清瀬朱磨

  • 恋ヶ窪という名の駅よ十二月霧島ちかこ

  • 助手席に指図す母の十二月銀髪作務衣

  • 賑やかな皿よフォークよ十二月久我恒子

  • 物価高火の車だぞ十二月草道久幸

  • 先起きぬ夫の水音十二月鯨尺

  • 命の瀬戸際くぐり来て十二月楠田草堂

  • 墨を磨り毛筆を執る十二月工藤遊子

  • 乱雑な机も垢抜け十二月久保陽平

  • 十二月「運・根・鈍」は吾の信条ぐりぐら京子

  • 帰り道コロッケはふほ十二月栗子

  • 換気扇見て見ぬふりの十二月クリスマスローズ

  • どうということなくすぎて十二月栗の坊楚材

  • 清書した願書に決意十二月空流峰山

  • かまびすしきアニメの声や十二月紅さやか

  • 家捨てし子の顔うかぶ十二月愚老

  • 病院のロビーで母待つ十二月黒瀬三保緑

  • 順延の墓参りに雨十二月黒田良@しろい

  • 面会の帰りに蕎麦屋十二月桑田栞

  • 正札を眺めて戻す十二月桑田さなえ

  • 十二月媼翁の並ぶ窓家古谷硯翠

  • 年老いて年の早さの十二月月昭

  • 放水と隊列練習十二月紫雲英

  • 一歩づつなお坂上る十二月ケンG

  • 筆不精これにてごめん十二月源氏物語

  • 抽斗の聖徳太子十二月恋瀬川三緒

  • 十二月曳山の声空に舞う

  • 十二月紛れて一つ歳をとる柑たちばな

  • あーまたか悲しき知らせ十二月康寿

  • 「美味しいね」交わす食卓十二月幸水

  • 待ちゐたるからくり時計十二月香田ちり

  • 亡き友の口癖まねる十二月幸内悦夫

  • 彼方此方に威勢よき声十二月宏楽

  • 人生のあれやこれやの十二月古賀粋漢

  • 洗い場に湯入り洗面器十二月こけぽて丸

  • 夕映えや街並みつつむ十二月ココヨシ

  • カラオケはマラカス係十二月小笹いのり

  • 歌稽古の灯や教会の十二月後藤周平

  • 孫の丈伸びて今年も十二月後藤方丈

  • 十二月粉々ファンデ捨てぬまま古都鈴

  • 十二月壁掛け六曜水着付き粉山

  • 十二月チラシ持ち寄る媼の輪小林昇

  • 十二月娘十五分里帰り小林のりこ

  • ドアノブに掛けて回覧十二月こひつじ@QLD句会

  • 目薬も温まってる十二月こひのむ

  • 特級酒夫は抱えて十二月小藤たみよ

  • 十二月子の好物を揃え待つこむぎ

  • 家計簿にレシートはみ出十二月小山晃

  • 十二月輝く綿毛ねむる猫近藤椿

  • 一段と夜空煌々十二月埼玉の巫女

  • 暗き空心に映す十二月さいとうすすむ

  • 洗車機は『凍結中』と十二月齋藤鉄模写

  • ぎこちない拍子木の音十二月宰夏海

  • 十二月歯医者に予約入れましたさおきち

  • 大麻撚りしめ縄綯いて十二月坂上一秀

  • 十二月知れづ崩れし塚に牛坂島魁文

  • 広告を拾い読みする一二月坂田貞雄

  • 十二月猫まで共にみぎひだりさかたちえこ

  • 十二月設計図なく冷気飲む坂本千代子

  • 引越の住所わからぬ十二月相良まさと

  • 喪中出し喪中来りて十二月櫻井弘子

  • 十二月老女の眠りの揺るぎなく櫻井りこ

  • 十二月お国なまりで集いしや桜華姫

  • 十二月心ばかりが矢ぐるって桜姫5

  • 校庭にたつ砂ぼこり十二月紗千子

  • ラジオから耳慣れし曲十二月砂月みれい

  • 十二月大正生まれの父元気さっち

  • あちゃちゃちゃちゃ巻き戻したい十二月薩摩じったくい

  • 十二月厚手靴下の大穴さとう菓子

  • 婦人誌の大きく重く十二月佐藤儒艮

  • 運試しまたまたティッシュ十二月佐藤俊

  • スーパーの長靴真つ赤十二月佐藤浩章

  • 週二泊残業に泣く十二月里海太郎

  • 十二月着付けおさらい帯結び佐藤佳子

  • またチャイム宅配多き十二月佐渡の爺

  • もう友に戻れぬ今宵十二月さとマル

  • 十二月振返るより前を向くさわだ佳芳

  • 注文はよかったでしょうか十二月沢拓庵

  • 「くるみ割人形」観たし十二月三角山子

  • 十二月汚れた窓に光射す紫雲

  • 二鉢を下げて帰郷の十二月紫瑛

  • サイレンが向かひで止まる十二月潮見悠

  • やるとした風呂敷たたむ十二月しかの光爺

  • 十二月背なのカバンのわろうとるじきばのミヨシ

  • 十二月気忙しいのよ犬猫も詩寿湖

  • 数百の灯る街路樹十二月紫檀豆蔵

  • 殿のままも完走十二月じつみのかた

  • 貯金箱たてたてよこに十二月実本礼

  • ガラガラの白玉ぽとり十二月柴桜子

  • 詐欺被害母と向き合う十二月柴森爽

  • 十二月名もなき鍋を作りたる渋谷背馬

  • ため息をいくつか殺す十二月字坊人造

  • 立食いそば外まで溢れ十二月しぼりはf22

  • もう一度東京へ行く十二月縞子勾苑

  • 癖っ毛の英世にアイロン十二月嶋田奈緒

  • ぬかずきて墓前に回顧十二月清水容子

  • 漫才の声嗄れ敗れ十二月下丼月光

  • 饒舌なサックスを無視十二月写俳亭みの

  • 病床の祖父逝きてなお十二月秋月てまり

  • 新聞のチラシや重し十二月秀耕

  • 十二月漁る「保留」の段ボール柊ニ

  • 波間立つ良くも悪くも十二月秀道

  • 十二月薄墨色の夜明け前朱康君

  • 十二月深夜既読の誕生日珠桜女絢未来

  • やり残しを雑にホイ、ポイ、十二月獣羅

  • 時空から離脱出来ない十二月シュリ

  • 目覚ましはドーハの歓喜十二月じゅん

  • 歯科すませつぎは整形十二月じゅんこ

  • 足つぼを圧され悶絶十二月順之介@QLD句会

  • 十二月一枚の葉書今も迷走白井佐登志

  • 手紙手に遠回りして十二月白井百合子

  • 声大き人は去りけり十二月白玉みぞれ

  • 掘りし穴また埋め戻す十二月白戸りみ

  • 子ははしゃぎ親は慌てく十二月しん

  • 子へ伝ふトラトラトラの十二月新濃健

  • 十二月身の丈に沿うもの残す新花水木

  • 衰えて小銭の貯まる十二月新米いろは

  • 酒多しリサイクルごみ十二月酔軒

  • 抱負って何だったっけ十二月水蜜桃

  • 積ん読の山のみ高き十二月瑞陽庵

  • 席待つや床屋の椅子の十二月杉浦あきけん

  • 十二月の電飾左手の記憶杉浦みちよ

  • 臥す朝も空青きなり十二月杉本果ら

  • のら猫の通る上眼や十二月鈴木静子

  • 十二月苔玉愛でる母の掌鈴木隆史

  • 十二月皮算用に浮かれおり鈴木リク

  • まっすぐにスタンプを押し十二月鈴子

  • この空の続きに戦火十二月清白真冬

  • 蜘蛛の巣に『お疲れ様ね』一二月素敵な晃くん

  • 「戦」躍るテレビ新聞十二月静江

  • 十二月牛薄切りに逡巡す晴好雨独

  • 読みかけに残る栞や十二月せいしゅう

  • 日没の山際黄色十二月勢田清

  • アスファルト貼り付く葉っぱ十二月星夢光風

  • 浜風に晒すでべらや十二月seki@いつき組広ブロ俳句部

  • 照れながら指切り呉れる十二月うふふ

  • 十二月飛行場にもはしゃぎ声関根洋子

  • 十二月ハグの温もり五秒かな全速

  • 「速く速く」銅鑼の音急かす十二月早春(SOSHUN)

  • 十二月眼鏡曇りて故郷なり惣兵衛

  • 写真展夫の手伝い十二月そしじみえこ

  • 道一つ違へて遅刻十二月ソフィ

  • 仏花は華やかに十二月の墓地染野まさこ

  • 十二月の銀行はモーツァルトそれいゆ

  • 十二月昼寝最中の吾子を背に孫太

  • 十二月締めは祖母の見上げる灯火駄詩

  • 粗大ごみシールを幾つ十二月たーとるQ

  • 十二月瞬く星も忙しなき

  • 夜祭りのシリウス照るや十二月大康(馬笑夫改め…似た俳句発生の為)

  • 校章の糸うすれけり十二月帝釈鴫

  • この恋を祝ふ人無く十二月大ちはる

  • 触れる手に頬あからめて十二月大督寺

  • 十二月鴨居にドレス役目終えたかこ姫

  • 年毎に気分が乗らぬ十二月高橋基人

  • 初めてのネット注文十二月高橋光加

  • デパートに垂幕ずらり十二月高見正樹

  • カレンダーちぎりて鶴折る十二月田上コウ

  • 集団の声の塊十二月武田豹悟

  • 犬と住む寡婦の義母の十二月武田ラーラ

  • 一年の右下にある十二月たけろー

  • 十二月ナビは直進高速道多胡蘆秋

  • 十二月スターアニスのリース買う鶴群

  • 十二月つま先ぐれるタイツかな黄昏文鎮@いつき組広ブロ俳句部

  • 子らの瞳に赤白緑十二月ただ地蔵

  • 玉砂利も庭木も光る十二月糺ノ森柊

  • フレイルと勘違いする十二月

  • 足す引くの全てがチャラに十二月立花かおる

  • 愛着の服を仕分ける十二月橘春容

  • たくさんの昨日を抱く十二月立田鯊夢@いつき組広ブロ俳句部

  • レシートと干支の人形十二月蓼科嘉

  • 紙袋を三つ持つ人十二月田中勲

  • 空き缶も坂をころがる十二月田中洋子

  • さあ見てろ十二月から本気出すたなばたともこ

  • 灰色の空増やしつつ十二月田辺早梅

  • 十二月忘れし地図と旧姓とたなべまるこ

  • 街路樹の記憶消された十二月谷卓生

  • 十二月サプリひとつぶ瓶の底谷相

  • アメ横の売り声大き十二月玉井令子

  • 十二月ノギスに掛ける指はマメタマゴもたっぷりハムサンド

  • 過つてヤカン凹ます十二月田村利平

  • 定時まで死に物狂い十二月だんがらり

  • 穿つとて穿ち過ぎとて十二月チームニシキゴイ太刀盗人

  • 十二月今日から闘病鍵を抜くちっちのきも

  • 風を切り吾が背が帰る十二月智同美月

  • 大鍋のこども食堂十二月千鳥城@いつき組広ブロ俳句部カナダ支部

  • 新聞に逝きし人々十二月千葉睦女

  • 鬱明けの再出発や十二月千風もふ

  • ウォーキング小走りになる十二月千夜美笑夢

  • スラップベースの激しく十二月超絶スーパーウルトラ俳人・種田山頭火マーク2

  • 年寄りが右往左往の十二月千代田小唄

  • 十二月ぎっくり腰のその一秒つかだまい

  • サッカーの俄かが増えた十二月塚本隆二

  • 吹き出しを偉人に付けて十二月月石幸

  • はたき追う愛猫ひと撫で十二月月見里ふく

  • 十二月売場陣取る大魚かなつくも果音

  • 日めくりの痩せたる金具十二月辻瑛美

  • 芋の皮大量に剥く十二月辻ホナ

  • 繋ぐ手のぎゆつと引かれて十二月辻内美枝子

  • 十二月薬缶の音も気忙しく辻本四季鳥「四季鳥より統一」

  • 十二月吊るしたままのカレンダー土田耕平

  • もういくつ迎えてみたい十二月椿律

  • 亡き方を思い起こすや十二月津幡GEE

  • ワイン瓶ニ本絡げて十二月ツユマメ@いつき組広ブロ俳句部

  • 終活はエンドレス十二月の性鶴富士

  • 劣化した輪ゴムしかない十二月デイジーキャンディー

  • 十二月悲しき雲に見送られ手嶋錦流

  • 十二月初めて並ぶセルフレジ哲庵

  • 飛び切り燗いつもの店の十二月哲山(山田哲也)

  • 暗転し紅白の街十二月徹光よし季

  • カフェラテをガラスの外は十二月てつねこ

  • ポケットの妙な膨らみ十二月てまり

  • 本束ねまた解いて読む十二月寺内光江

  • 地球の夜景十二月の明暗輝由里

  • ハンドベル鳴らす園児の十二月電柱

  • 十日ほど足りないのです十二月どいつ薔芭

  • 廃屋の人思い出す十二月

  • 白黒の手本はパンダ十二月トウ甘藻

  • 十二月侵攻十月イブ悲し峠南門

  • ひっつめのとりやめはじめじゅうにがつ東野律

  • 病室へパズルとグミと十二月道見りつこ

  • 煎餅もよく売れてをり十二月とき坊

  • 十二月歩幅広がる交差点ときめき人

  • ふくらんだエコバッグ急く十二月独星

  • 重き荷を背負い下ろしつ十二月どくだみ茶

  • ひとりゐや始終さんぽの十二月戸口のふっこ

  • 有田焼戸棚より出す十二月どこにでもいる田中

  • 部屋の中整理整頓十二月戸田静雄

  • 亡父より届きたる本よ十二月杼けいこ

  • 十二月祝福が流れたら嬉しい殿村則子

  • 窓口は新札待ちの十二月冨川友香理

  • 真っ白の秋田平野よ十二月斗三木童

  • 十二月島のチャペルに影ふたつ富野香衣

  • 請求書疑う詐欺や十二月戸村友美

  • 我ひとり病窓を打つ十二月登盛満

  • 十二月書棚の本の模様替えとよ

  • 十二月豪雨のごとく大イチョウ鳥元優子

  • もう会えぬ人またひとり十二月とわずがたり

  • 十二月ATMへ募金するとんぶりっこ

  • 十二月若き歯科医の丁寧語とんぼ

  • 退院を止められし夫十二月内藤清瑶

  • コンポタ缶最後一気の十二月内藤未来仁

  • 包丁の研ぎすまされて十二月内藤由子

  • 十二月寿命伸ばした七曜表naoki

  • 河口から上流望む十二月なかかよ

  • ほどほどのアラカン猫抱く十二月中十七波

  • 廊下行く蜘蛛も迎える十二月中川千ぽん太

  • 十二月靴下さがる木は光り中澤孝雄

  • 十二月暮れの夕日に礼を言い中嶋和久

  • 街路樹の身を軽くする十二月中島走吟

  • ボール追ふ子らの叫びや十二月中嶋敏子

  • 十二月食事の支度夜明け前中嶋緑庵

  • 十二月郵便受けの不在票中瀬すみっこ

  • 十二月風呂のカビが我を急かす中西歌子

  • 訳もなく憤りしは十二月中平保志

  • ジンジャーのクッキー焼いた十二月中村こゆき

  • 十二月暦の余白すでになく中村あつこ

  • 十二月雲間の光母探す中村公充子

  • 夕暮れに鎚音止まぬ十二月中山由

  • 靴底に減りたる厚さ十二月那須のお漬物

  • 公園に弾むゴスペル十二月夏湖乃

  • 十二月知ろうとしない新住所夏空なみ

  • コロナ渦のわれ独りなり十二月夏野あおのり

  • 十二月点灯式のカルテットなつふじ

  • 読み終えし本を売り行く十二月七国独楽男

  • 十二月孫は8kg腕痺れ浪速の蟹造

  • タクシーのナンバー遠き十二月なばかりそうこう

  • 探してたものが出てくる十二月名前のあるネコ

  • 喧騒の一人がしみる十二月成瀬桃うさぎ

  • 十二月カレンダー下かべの穴なわむすびみき

  • 十二月海も静かに振り返る南全星びぼ

  • 浴室の鏡磨きて十二月新美妙子

  • 指乾きスマホ動かぬ十二月にいやのる

  • 就活ややっと内定十二月西尾照常

  • 延べ竿を振れどしゃくれど十二月西陣太郎

  • ぎつしりのメモや十二月の受診西村棗

  • 実験の箱に仰向け十二月二重格子

  • 相棒は掃除ロボット十二月二和田躬江

  • 切り漬けの塩振る手先十二月庭野環石

  • 十二月箒で色を混ぜ合わせねがみともみ

  • 京ぶらり道に迷いて十二月猫辻みいにゃん

  • 父八十路教え乞うなり十二月猫野ふく

  • 片仮名の独逸語歌ふ十二月野井みこ

  • 十二月レコードで聞くボレロかな埜水

  • 君の手の日に日に蒼き十二月野点さわ

  • イルミネーションや眩しき十二月野中泰風

  • 哲医師の遺志忘れるな十二月ののr

  • 十二月暖炉の前の赤ワインののさわうらら

  • 十二月「せねばならぬ」は「せぬ」とする野原蛍草

  • 十二月手帳に息のつまりたる登りびと

  • 買い納は塗り箸二膳十二月則本久江

  • お弥彦に二礼四拍手十二月灰谷素数

  • 使徒の名を一人二人と十二月白庵

  • アニメーターふところ事情も十二月白銀の月

  • 喫煙の彼待つベンチ十二月白咒と蒸しエビ

  • コンビニのリップは新色十二月はくたい

  • 十二月雲も何処へ急ぎゆくはごろも856

  • 数え歳唱える老母や十二月橋爪利志美

  • 十二月生の第九も二年ぶり馬笑

  • 十二月旅の終わりの夕陽かな蓮見玲

  • ガス管を示す筆跡十二月長谷川水素

  • 電飾のふと寂しきや十二月長谷島弘安

  • 話す声も忙しげなりぬ十二月畑中真土

  • 五通目の喪中見舞いや十二月八九テン

  • あれやこれ計画倒れの十二月葉月けゐ

  • 欠礼のはがき三枚十二月パッキンマン

  • 十二月の風に歯向かう若人よはっしー

  • 十二月星集いける双子座に服部たんぽぽ

  • 雑巾も吾もくたくた十二月初野文子

  • 芋大根りんごも干そうか十二月花岡浩美

  • 版木彫る下手の横好き十二月花岡淑子

  • 十二月検査キットと時刻む花咲みさき

  • 帰れない職にも馴れて十二月花咲めだ香

  • ビバルディ聞こゆ掃除の十二月英凡水

  • 末等の飴に笑う子十二月花豆

  • いたはずがいない十二月の影は羽沖

  • 十二月の気づまり逃れ寄席一席はのん

  • 物価高悶絶をする十二月羽馬愚朗

  • 友の死が嫌というほど十二月浜友輔

  • 逝った友の葉書を撫でる十二月はむこ

  • 亡き父母に話かけてる十二月原善枝

  • 物価高ケーキ自炊の十二月原島ちび助

  • 十二月未達リストの長々とぱらん

  • 十二月華やぐ街を一人行くharu.k

  • 昨日拭きし窓青き十二月の空haru_sumomo

  • 十二月次の暦の厚さかな葉るみ

  • パラフィン紙にリボンシュトレンの十二月春海のたり

  • 二十四時間戦えません十二月春幸

  • 低まくらベッドの中の十二月はるる

  • 「ブラボー」と叫ぶ長友十二月HNKAGA

  • 十二月穴ふさぐ花紙障子榛名ピグモン

  • 十二月今年も詠めてありがとうひーちゃんw

  • 風増すやふところも増す十二月ひいらぎ

  • カレンダーにメモだけ残す十二月ビオラ

  • ケセラセラ終わりの始まり十二月東津村流坊

  • 警察が主役のテレビ十二月光源爺

  • 十二月うす紫の師の訃報ひぐちいちおう(一応)

  • ミナミまでイルミ並木の十二月樋口ひろみ

  • 十二月コロナ砲弾身に迫る雛げし

  • 十二月気合のカフェを濃く淹れて

  • 効能に肩こり探す十二月ひなた和佳

  • 寝心地の良き枕買ふ十二月緋乃捨楽

  • 現し世のゆとろぎ遠い十二月向日葵姐@いつき組広ブロ俳句部

  • おだやかやそれがしあわせ十二月姫川ひすい

  • 十二月会おうと言ったままの人日向守順子

  • 子と妻に来年語る十二月日向大海

  • 雨どいの泥をほじくる十二月日吉とみない

  • 部屋隅の蜘蛛は見ぬふり十二月平岡梅

  • 月一の服薬終い十二月平岡花泉

  • イルミネーションてふ瞞し十二月平野孤舟

  • 手に馴染み手帳黒々十二月平松一

  • 母の声胸に聞こゆる十二月平松ようこ

  • ぐりぐりと無念を埋めて十二月ひるね

  • ジッパーを上まであげて十二月昼寝

  • ワンカップぶつくさごちてまた十二月弘兼怜美

  • 人生の二章目終わる十二月廣重

  • 大型の重機行き交う十二月広島立葵

  • 催促に躰丸める十二月廣田惣太郎

  • 古書街の枯葉カレー屋十二月琵琶京子

  • 十二月伊達直人からランドセルフージー

  • 「戦」の字と「核」の字重き十二月風泉

  • 十二月店をにぎわすのど自慢FUFU

  • 問はれたら鍋と応ふる十二月深町明

  • ただじつと路傍の石や十二月福川敏機

  • 十二月イルミネーション見ひとり酒福田もふもふたん

  • 駅地下の花屋の前に十二月福ネコ

  • 寝て起きて寝て起きてああ十二月福弓

  • 空白の多き日記や十二月袋小路綴乃

  • 何もかも丸めて投げて十二月藤井かすみそう

  • いただきさんリヤカーの大漁十二月藤井弘子

  • 年経るも十二月には母恋し藤井眞おん

  • 十二月今年届かぬカレンダー藤丘ひな子

  • 人知れず噂はな咲く十二月藤川鴎叫

  • ベランダや日暮れの空の十二月藤川カモメ

  • 十二月くるぞくるぞと踊るまじ藤川哲生

  • 淋しさは言はず隠居の十二月藤川雅子

  • あたふたとすれ違う人十二月藤川好美

  • 酒飲みてやがてリアルの十二月藤倉密子

  • 只管に筆走らせる十二月藤咲大地

  • 在宅はもう無理かもと十二月藤れんぎょう

  • 神妙に受ける診察十二月布野一学

  • カーポート直し今日より十二月古川しあん

  • たわわなる赤き実啄む十二月古澤久良

  • 前説のツッコミは叔父十二月ふるてい

  • 妻洗う手のシワ目立つ十二月古谷芳明

  • 十二月終わり始まる旅支度ヘッドホン

  • 席ひとりコロナ禍の暮れ十二月ベニヤサン

  • しゅんしゅんと茶釜鳴るなり十二月鳳凰美蓮

  • 十二月ギタートレモロ上達すほこ

  • 十二月ごうごう唸る食洗機星月さやか

  • カーナビの矢印真っ赤十二月星善之

  • 掃除中家人ごろ寝の十二月細江隆一

  • 十二月盛りだくさんのスライドショー細野めろん

  • 十二月雑踏の中独りごつ歩楽坂

  • 何をするにも掛け声の十二月堀卓

  • ガラス越し彼と会う日は十二月堀籠美雪

  • サイレンに急ブレーキの十二月堀隼人

  • 欄外に廻礼よてい十二月堀邦翔

  • 手を合はす一日の重ね十二月本間美知子

  • 電飾の競へる団地十二月前田麺

  • 十二月フォークナイフにフランス語まこと(羽生誠)

  • 口まめも床屋政談十二月正岡丹ん

  • 喧騒に僕だけポツン十二月眞さ野

  • 十二月イマジン聞きて夜の更けて松井酔呆

  • 十二月カレンダーの軽さ知る松井研

  • 賑やかに老々介護十二月松岡重子

  • 高枝の赤き実突っ突く十二月松尾祇敲

  • 千円を賽銭箱へ十二月松川梅子

  • 土のみのプランターや十二月松田慶一

  • 十二月外湯巡りの下駄の音松原隆雄

  • どの店もあの曲流る十二月松本千春

  • 一年を父に寄り添うて十二月松本葉ッ双

  • 十二月の電話孫は三センチ松本裕子

  • 罹らぬ身階段を上って下りて十二月まほろば菊池

  • 見たこともない歌手を観る十二月豆福樹々子

  • いひわけが溢れ出てをり十二月まやみこ恭

  • クーポンを使い残して十二月まりい@木ノ芽

  • 忙しい十二月とは決別すみうらゆりこ

  • 手帳には赤字の予定十二月澪つくし

  • ネイルまでイタリア色の十二月澪那本気子

  • 踏み台にルンバ攻め寄る十二月三日月なな子

  • 窓曇り踊る黒豆十二月三島瀬波

  • 鉄筆のガリガリ音や十二月水鏡新

  • 客は愚痴板さん黙十二月水越千里

  • 倍速の主題歌唄ふ十二月MR.KIKYO

  • 十二月眼鏡曇れど脚速めMrふじやん。

  • 子離れの旅立ちの時十二月水谷未佳

  • 灯り消えならば空で詠む十二月水之江辰

  • 予約せし予約に追はれ十二月三田忠彦

  • 十二月書き込み増えしカレンダーみちむらまりな

  • 十二月覆面パトカー急加速美月舞桜

  • 保護猫もすっかり我が子十二月水上ルイボス茶

  • アメ横の裏道もまた十二月皆川徳翁

  • 十二月蕎麦喰う異人神田やぶ和徳

  • 十二月激甚気候温暖化湊かずゆき

  • 尻尾まであん詰まりたる十二月みのり甘味

  • 店頭で土日応販十二月見屋桜花

  • 彩あふる銀座のふたり十二月みやかわけい子

  • 一分の暖機運転十二月梅の木千恵美

  • 猫どもは重なり合って十二月宮原みかん

  • 十二月辞表の日付書き直し雅乃珠晃

  • マンションてあったかいのね十二月みやま千樹

  • 十二月娘の晴れ着丈直す美山つぐみ

  • 親知らず直さないまま十二月ミュミャリャツァオビュビュンピピュプリャプピフンドシン

  • 手繰れない糸半分の十二月三輪白米

  • 十二月毎年かかる同じ曲夢雨似夜

  • 髪結いの予約に思案十二月ムーンさだこ

  • 十二月喪中はがきを深く読む霧想衿

  • 賛美歌の御神拝する十二月むねあかどり

  • 十二月今年に点数つけはじめ村先ときの介

  • 十二月ベンチで分かつ陽の縁むらのたんぽぽ

  • 街の夜は光の坩堝十二月室依子

  • 十二月連休明けを片隅に毛利尚人

  • 本棚の本を戻して十二月茂木りん

  • 友嫁ぎ一人カラオケ十二月もぐぬぬ

  • 十二月明日夜中鐘を聴く木曜日

  • 幾つ寝れば日本へ戻る十二月望月朔

  • トナカイの蹄の下の十二月元野おぺら

  • 立ち位置がわからないまま十二月momo

  • 十二月定期検査後エビカレー桃井ゆらら

  • 電飾明し節電の十二月桃香

  • 何者かに追はるるごとし十二月百瀬つきか

  • 季語までもせわしくみえる十二月森佳月

  • 家事の手の休めとハーブティー十二月もり葵

  • 定期預金の解約凍む十二月森居独人

  • 十二月西の窓辺に舞うほこり森佳三

  • 心技体知も得た老いの十二月森沢英治

  • 洗熊の庭に現はる十二月もりたきみ

  • 亡き犬の茶碗そのまま十二月森山博士

  • 何事も忘れのなき様十二月諸岡萌黄

  • 窓口はシニアサロンの十二月焼津昌彦庵

  • 十二月白熱灯やっとつく薬膳容子

  • 十二月の人差し指に絆創膏安井コスモス

  • 喧噪も白に閉ざさる十二月痩女

  • 十二月「今年は帰る」子のLINE柳井るい

  • 何かせねば何かせねばと十二月柳川耀一郎

  • まず通院済ませ十二月夕辺山内彩月

  • 食材と玩具探しの十二月山口笑骨

  • 重箱の曇り拭き取る十二月山口一青

  • リハビリに歯を食いしばる十二月山口雀昭

  • 子供の手しつかり握る十二月山崎かよ

  • 十二月睡魔はいずこワールド杯山下COO

  • 耳と目にはじける街や十二月山育ち

  • 食べ頃に干物盗られる十二月山田季聴

  • 孫のハグ三年振りの十二月やまだ童子

  • 十二月走ることなど今むかし山田文妙

  • あてもなし喧騒見送る十二月大和杜

  • 後悔と希望を計る十二月山野花子

  • 速達の印くつきりと十二月山野麓

  • 葉の落ちて雲に静脈十二月山本裕之

  • 色の無き空よ海よ十二月山本蓮子

  • 金の葉の魔法も解けた十二月ヤン子

  • 立つて弾くジャズの響や十二月遊羽女

  • 十二月の風新しく懐かしく有野安津

  • 玄関にスリッパ並ぶ十二月ゆうみりん

  • 断捨離の指先割れて十二月ユ綺

  • 横浜駅に四歳の我十二月雪井苑生

  • 暮れ行くやサクリ初期化へ十二月柚子こしょう

  • 息を掛け玻璃戸を拭くや十二月柚木啓

  • 恋も歴も最後は十二月に弓原トーヤ

  • 十二月プレゼントまでのお手伝いゆめの常盤

  • 断捨離と言いつつあらまあ十二月ゆるランナー

  • あきらめのあれやこれやと十二月陽光樹

  • 出征の凛凛しきセピア十二月陽のばぁば

  • 甲高き鳥の声沁む十二月夜香

  • 日記帳七十並んで十二月横田信一

  • 溜息の溜めで乗りきる十二月横浜J子

  • 無職でも暮らし忙しく十二月吉哉郎

  • 噴火した夜に目覚めた十二月吉岡幸一

  • 家々の窓の明るや十二月吉武茂る

  • 十二月吾子の妊娠陽性に四葉の苦労婆

  • タクト追ふ二万個の目や十二月余田酒梨

  • 街なみの眩しかりけり十二月よみ、ちとせ

  • さよならが一番似合う十二月楽笑

  • 年一度馬券購入十二月らりっく

  • 苔色の僧衣に欅十二月らん丸

  • もどかしきセンサーライト十二月流流

  • 十二月ひと息つくや猫丸く麗詩

  • 十二月郵便局へ奔るらむ烈稚詠

  • 高速に「広島」の文字十二月蓮花麻耶

  • 十二月芳友幸あれ数え唄蓮風

  • 十二月デイサービスへ行かぬ母六地蔵と狛犬

  • 十二月里帰りする青い鳥若宮直美

  • 吐く紫煙剥げたネイルよ十二月わたしわたし

  • ベンチには人影在らず十二月海神瑠珂

  • 膝に猫いる日の増えて十二月渡辺香野

  • 留守電のライトちかちか十二月渡邉竹庵

  • 十二月いつか怖い月になり哉渡辺ヤスコ

  • お湯割りで煮やつこつつく十二月渡辺陽子

  • 久々の顔見て安堵や十二月和の光子

  • 人の世は…ふと呟やける十二月侘介

  • 空席の夫の手帳や十二月笑笑うさぎ

  • 池埋まる白鳥啼かぬ十二月小野ぼけろうじん

  • 雪と闘う覚悟する十二月芝G

  • 十二月澄んだ空気に流星群園蜩

  • 業火めく十二月の夕焼け時高橋ままマリン

今月のアドバイス
夏井いつき先生からの一言アドバイス

●俳号のお願い二つ

①似たような俳号を使う人が増えています。
俳号は、自分の作品をマーキングするための印でもあります。ありがちな名、似たような名での投句が増え、混乱が生じています。せめて、俳号に苗字をつけていただけると有り難く。皆で気持ちよく、この広場にて共に学び楽しめますよう、俳号の付け方にご留意ください。

②同一人物が複数の俳号を使って投句するのは、堅くご遠慮下さい。
「いろんな俳号でいっぱい出せば、どれか紹介されるだろう」という考え方は、俳句には馴染みません。丁寧にコツコツと学んでまいりましょう。


●俳句の正しい表記とは?

  • 火焚鳥 庭で暖とる 十二月山田律子
  • サッカー観戦、勇気と眠いな、12月東海の北一グラス

「五七五の間を空けないで、一行に書く」のが、俳句の正しい表記です。まずは、ここから学んでいきましょう♪


●兼題とは

  • 五日ほど納屋から出でし聖樹かな池谷勝利
  • 初雪のみぎりに心モヘア色イチゴまんじゅう
  • 指折りて病落ち着き古暦市場さと枝
  • セール中ネット通販大わらわ大島すみ子
  • 冬ざれや人影失せしシャッター街垣岡凡才
  • 冬ざれや阿蘇の連山銀世界亀井汀風
  • 孫に送る母の手仕事雪聖夜けっぺ
  • 冬冬至にて吹き返すかぜ強くなり清水春風
  • ピザ窯の透けゆくがごと秋夕焼け杉浦昌志
  • スマホ操作息吹きかけ悴む手瀬野広純
  • 光る袖水洟拭うガキ大将西川秀和
  • 賀状書く消しゴムハンコ自慢しぴりけん
  • 眠る街私は白息通勤に山口麻利

 本俳句サイトでは兼題が出題されています。今回は冬の季語「十二月」での募集でした。次回の兼題を確認して、再度挑戦して下さい。


●前回の兼題

  • 末期癌のをとこ冬凪のぶらんこ尾頭朔江ヱゐチ
  • 冬凪やクレッシェンドの風立ちぬ唐草もみじ
  • 冬凪を漉いて翅なき鶴を折り銀紙
  • 冬凪や子の行きつけのつけ麺屋まつたいら西
  • 冬凪は臍を見たことないだろう杢いう子

 〆切に遅れました!残念……


●十二月と似た季語ではあるが

  • 年の瀬のなんだかうれし忙しさ荒星笑石
  • 去年今年歴史変はらず変へられず肝付雲水
  • 山銀杏たおやかなる師走かな小林ゆき
  • 冬急ぎ足年末の街ざわついてさんぴん茶
  • メール便ウイズコロナの師走かな高井雅行

 本サイトで出題している兼題は季語です。テーマではないので、「十二月」という季語を詠み込む必要があるのです。


●確かに「十二月」なのですが……

  • 十二月八日のイマジン鎮魂歌西尾至雲
  • ありありと十二月八日おもい今山辺道児

 確かに「十二月」とありますが、「十二月八日」は人事の季語になります。太平洋戦争の開戦日です。詳しくは歳時記を参照して下さい。


●もしや十二月(仲冬/時候)とあるのを勘違いした?

  • 仲冬や戦火報道見る夕餉奥の昼行燈
  • 仲冬や前ゆく君の影薄し梶浦和子
  • 仲冬や窓に薄き朝日入り梶浦正子

 兼題「十二月」の下に、(仲冬/時候)と書かれているのは、この季語が「仲冬」=冬を三等分にした真ん中の時期、「時候」という分類、であることを示しています。


●文字化け

  • 矜羯羅も制?迦もいる十二月幸久
  • けん玉の?げや丸みや十二月塩沢桂子
  • 十二月東京ドームで会う???てんてこ麻衣
  • ?啄のかすかな兆し十二月まるにの子

文字化けは不可抗力に近いけど、文字化けしそうな字を予測できるかも。


●数詞の表記

  • 12月我がアバターも襟を立て相沢薫
  • もっきりは曲がって奥へ12月acari
  • 全惑星集合の空を観る12月聰子
  • 下戸の吾も「芝浜」に酔う12月あくび指南
  • ウキウキと昔はしたな12月飛鳥井薫
  • 12月ポケットの中の彼女の手あすなろの幸
  • 渡蟹孕んだ頃か12月雨降りお月さん
  • 雑踏の吐息あふれん12月あらら
  • 返礼のチョコペン凝る12月石垣
  • 12月うなじの青き托鉢僧井上幸子
  • 急き立てる風の匂いよ12月江川月丸
  • 人急かすごと鳴く鴉12月S・葉子
  • 買い物忘れリストメモする12月大本千恵子
  • 華やぎは知らず終いの12月大山小袖
  • 12月イルミの花も灯り落ち岡塚敬芳
  • 人混みと空っぽの空12月海堂一花
  • 市議選のポスターまんま12月カオス
  • ゲネプロのホールの熱き12月花鳥風猫
  • 12月山の向こうの鬼笑ふかもめ
  • 味噌樽もあと一さじの12月木口まり子
  • 12月少し厚めのハムを盛る鳩礼
  • 畑休め根菜寝かす12月桑原和博
  • 1本の白髪を切って12月こうやこう
  • 何度でも鍋が食べたい12月の夜こふゆ
  • 将軍の南下いくたび12月齋藤杏子
  • 神仏を納めてすがし12月さくら亜紀女
  • 中七が空白のまま12月ささきなお
  • 12月やっと終わった厄年やさざんか
  • 神木の虚暗やみて12月平たか子
  • 12月新カレンダーは背に待たせ高井利峰
  • 思いきり剥がす暦は12月田鶴子
  • 想い出す母の命日12月谷口美奈子
  • 12月海を眺めつ物思ひ柘植雅一
  • 12月7福神も笑顔なり冨川きよこ
  • 諸々の支度そこそこ12月友@雪割豆
  • 12月火の用心の赤い旗中島知恵子
  • 人混みに異邦人なる12月仲操
  • 12月あっという間にお正月#りなりな
  • 12月働き者の顔になり花弘
  • 来年の景色めくって12月原田民久
  • 12月コーヒー味わう受験の子ビッグリバー母さん
  • 手をつけず置くも一手の12月ひな扶美子
  • 12月カレンダー選びに時間かけひめりんご
  • 12月なんにもしない過ぎてゆく平本文
  • 旅先で子は逞しい12月ぶるーふぉっくす
  • 12月返せぬままの車椅子細川小春
  • 鶏もももおめかししてる12月凡狸子
  • 散り花の紅きをよけて12月松本牧子
  • なぜだろう12月だけ早い気がするまゆこ
  • 12月ローマの空は青優し満生
  • 爺婆は喫茶に続続12月宮本モンヌ
  • コロナ禍の接種5回目12月恵のママ
  • 12月一気に急ぐやり残しもか
  • 手で足りぬ多難かぞえる12月杜乃しずか
  • 稼ぎ時定価でも買う12月やのかよこ
  • 12月もうすぐ終わる日は昇る山崎鈴子
  • 独り身に慣れて何する12月山吉白米
  • 歩行リハ猫が付き添い12月よしだばあば
  • 帰宅後も片付け続き12月わきのっぽ

 俳句では、基本的には漢数字を使います。季語の場合は尚更です。
 意図的に、漢数字でない表記をすることもありますが、その場合は内容に似合っているか否か、吟味する必要があります。


●季重なり

  • 母の足しもやけ破裂十二月あいあい亭みけ子
  • 渋滞の顔に夕やけ十二月赤波江春奈
  • 十二月みかんをせがむひよどりの声飯田むつみ
  • 白菜と大根干して十二月いつかある日
  • 先考のツバキ開花の12月小林仁美
  • 十二月寒さ身にしむ風の声椎羅漢須
  • 十二月は山に降る雪すぐ消えて高橋紀代子
  • 十二月辻風巻いて空也忌や旅女
  • 十二月寒さをこえる十二月なかにしはやと
  • 十二月夜の身を焦がす吹雪かな成瀬ぽんぽこ
  • 十二月六甲うっすら雪化粧にえ茉莉花
  • 冬眠がバッチリ決まる十二月へなけん
  • 煩悩の数着ぶくれて十二月星雅綺羅璃
  • 靴底のカイロも凍る十二月まじかにゃんちょろう
  • お飾りの小さくなりぬ十二月松岡玲子
  • 12月笑いなはれと白い息樅山楓
  • 十二月ゆく波蒼し冬の海森りえこ
  • 丸くなる温々ふとん十二月豐田雄二郎

 一句に複数の季語が入ることを「季重なり」といいます。季重なりはタブーではなく、高度なテクニック。季重なりの秀句名句も存在しますが、手練れのウルトラ技だと思って下さい。まずは「一句一季語」からコツコツ練習していきましょう。「十二月」以外のどれが季語なのか、歳時記を開いて調べてみるのも勉強です。

  • 十二月もマスクいっぱいポケットかな四郎高綱

 元々は冬の季語「マスク」ですが、コロナ禍で季節感を失ってしまっている感じです。「マスク」が再び、冬の季語として認識されることを祈るばかりです。
 掲出句の場合、下五「かな」は利いてないし、音数もかなり溢れてしまってますね。

  • 【添削例】十二月のマスクいっぱいポケットに

 上五字余りですが、「十二月のマスク」と季語を合体させる技です。


●読みに困った句

  • もおと来てもおと過ぎ去る十二月vivi

 副詞の「もう」?声?音?そのあたり判断しにくい一句でした。

  • 十二月深新積もる枕かなポト

「深新」?深々?意図的なのか変換ミスなのか……。

  • 書初の準備オタリアの十二月古賀

 オタリアという動物が書初めをするニュースを詠んだ句?今回、オタリアという生き物を初めて知りました。選をすることで、雑学の知識もたまっていくのが、俳句だなあと。

ご応募はこちら

2月の兼題

「霞」

過去の審査結果

俳句生活TOPへ戻る