夏井いつき先生の俳句生活

夏井先生のプロフィール

夏井先生のプロフィール

夏井いつき◎1957年(昭和32年)生まれ。
中学校国語教諭を経て、俳人へ転身。俳句集団「いつき組」組長。
2015年初代「俳都松山大使」に就任。『夏井いつきの超カンタン!俳句塾』(世界文化社)等著書多数。

ご応募はこちら

9月の兼題

「蟷螂」

4月の審査結果発表

兼題「落花」

お待たせしました!4月の兼題「落花」の結果発表でございます。
先月からの新ルール「一人3句まで」の影響で、投句数がガクッと落ちてしまうんじゃないか…と心配もありましたが、とんだ杞憂でした。「投稿者数」がグッと増えて、より俳句生活に活気が出てきました。
みなさま毎月、本当にありがとうございます。今月も、みなさまの渾身の一句、お待ちしております(編集部より)。

「天」「地」「人」「佳作」それぞれの入選作品を発表します。

天
竪琴の国へ落花を痛いほど

妹のりこ

夏井いつき先生より

「竪琴の国」は、竹山道雄著『ビルマの竪琴』からビルマ(ミャンマー)を示唆します。かつて、無謀な作戦により日本兵の屍の山が築かれた国です。小説の主人公水島上等兵は、竪琴の名手でもありましたが、僧侶となってビルマに残り戦死者を弔いました。
 その国で、今起こっているクーデター。国軍が、民間人を弾圧し、少数民族を空爆する。犠牲者の中には子どもたちもいます。三本の指を掲げて反意を示すデモ隊。その人々に向けられる銃砲、叫び声、火の手。ニュース映像の惨状に、私たちは心痛めるばかりです。
 日本の桜よ、とめどなき落花よ。かの竪琴の国へ、この思いを、痛いまでの祈りを届けてくれと、一句は切々と語りかけます。

地
鹿が花食ひちぎるたび落花して

いさな歌鈴

 鹿は秋の季語ですが、読み通せば落花が主役になっています。鹿からその動作へ描写が展開し、桜の枝の動きから落花の様子へ、たった十七音の鮮やかな動画。下五の後の余白の効果も見事です。

測量のをとこ落花の水際へと

RUSTY=HISOKA

 測量のポールをもった男が、桜の花の散り敷きる水際へ近寄っていきます。測量のための行動か、水際の落花の美しさに誘われたか。男の行動を目で追う作者の視線に、読者の興味が重なります。

障害者スペースへ以外へ落花

近江菫花

 白い枠で仕切られた障害者用の駐車スペースでしょう。「~へ以外へ」という措辞は、作者の視線つまり意識の動きをそのまま表現しています。下五名詞止めの効果もしっかりと発揮されています。

墓へ水かけて落花の浮きにけり

ノアノア

 眼球に映った映像を、淡々と言葉に置き換えられていることに感嘆します。特に、後半「落花の浮きにけり」という表現が秀逸。墓石に貼り付いていた花片と水の動きが、ありありと描けています。

収集車の反芻を待つ落花かな

さるぼぼ@チーム天地夢遥

 ゴミ収集車の口へゴミ袋が投げ入れられ潰されるさまを「反芻」と擬人化しましたが、ちゃんと映像になっています。「待つ」という僅かな時間を切り取ることで、落花の美しさを際立てました。

人
  • 椅子を置くここは落花を浴びる場所あずお

  • 煽られし落花をくぐり抜け海へあみま

  • 落花ほど静かになじるものはなし綾竹あんどれ

  • 落花かな日直終わり消す名前雷紋

  • 嘴広鸛の立ちて座りて落花かな飯村祐知子

  • 空つぽの滝つぼ落花へと落花いかちゃん

  • 撮り鉄のめがねへひざへ飛花落花板柿せっか

  • 落花浴ぶシーソー作用点に母伊予吟会宵嵐

  • 花吹雪紙皿追って施設長上原淳子

  • 落花浴ぶ猫の柩の段ボール樫の木

  • 蕩蕩と底無し沼に落花かな加世堂魯幸

  • 削岩機深く落花の躊躇なくかむろ坂喜奈子

  • 落花しきり鼓膜がじんとなるような桜会ふみ子

  • 現場から直帰袖口から落花戸部紅屑

  • 花びらが落ちた磁石の針揺れたトポル

  • 落花とは企画書の十五頁目はぐれ杤餅

  • 落花とは雨とよばれてゐたみづか古瀬まさあき

  • 落花湛へて潦とは孤独なみづ古田秀

  • 分娩台から見る落花九時間目宮本象三

  • 甘えん坊のみみながやぎの子に落花ゆすらご

  • 黒猫のあくび落花の研究棟ぐでたまご

  • ちかちかと落花あまやかなる頭痛倉木はじめ

  • あの路地を曲がると多分だけど落花木染湧水

  • 花吹雪未だ凶器は見つからず小殿原あきえ

  • ま ま ま 落花に溢れだす発語斉藤立夏

  • 鯨幕畳むや落花巻き込みつふるてい

  • 子の抱いたうさぎの耳に落花かな葵かほる

  • 市民ケーンざざと乱るる落花かな葵新吾

  • 愛犬の遺骨と歩く落花の夜あおいなつはやて

  • 踊ろうか柄でもないが落花の夜青井晴空

  • 弁当を落花に拡げ無心なり蒼空蒼子

  • イヤフォンの沈黙落花見上ぐれば青田奈央

  • かんばせに受くる落花をそのままに蒼鳩薫

  • じやんけんの決着つかぬ落花かな赤松諦現

  • 落花なり愛想笑ひは拒みけり赤馬福助

  • 祥月や落花のなかを歩きたる

  • 淡淡とあらな落花のアンダンテ明惟久里

  • 落花ゆつくり遅刻でいいや一限は秋沙美洋

  • 落花のなかゆるやかに道ゆずられて秋吉康

  • ラーメンを食べたい深夜落花踏む涼桂子

  • 落花浴びキッチンカーのカレー待つあくび指南

  • 落花100片掬ふ天気予報は雨あさいふみよ

  • 叩つ斬る悪役五人花吹雪朝月沙都子

  • アスファルトの凹に落花のはまりけりアジサイパスタ

  • 行く人のまなざし遠き落花かなあずき

  • 独り身に戻る落花の軽きかな足立智美

  • 飛花落花老いては猫に似て気ままあたなごっち

  • まだ咲かぬ落花をさらっていく津波姉川司

  • 飛花落花天気予報は詩のやうにsakuraa.

  • 還暦の新人ここにあり落花安部の喜助どん

  • 年齢不詳夜の落花のみづみづしあまぐり

  • 六道辻の境の井戸の落花蛙里

  • 静かなるゴスペルの染む落花かなありいかな

  • 瀬を早み花筏ゆく神田川有本俊雄

  • 落花落花赤子は安らけく眠りアロイジオ

  • 落花てふ美し乙女らの手話の歌アンサトウ

  • 窯跡の椀の欠片や飛花落花安春

  • ごみ袋下げて花散る中出勤跡部榮喜

  • 花筏どげんかせんといかんかな天晴鈍ぞ孤

  • 吉野山落花に鬼が目覚めけり粋庵仁空

  • 奈良の落花を異国語のオノマトペ池内ときこ

  • ビル風に一面のたうち回る落花池田華族

  • 花魁の如し落花の高瀬川池之端モルト

  • 唇は「はい」と校舎裏の落花石井一草

  • つぎつぎと落花したるは月のせい石井茶爺

  • be動詞まだむずかしい飛花落花いしきひさき

  • ささらららショパンのやうな落花かな石崎京子

  • 落花さかん黄泉平坂すぐそこに石塚彩楓

  • まだ温い母のからだに落花する石橋千佳子

  • 落花浴び落花の中を鍬ふるう磯野昭仁

  • 人知れず落花避難地区の日なた1から0を生み出す男

  • 花吹雪坂下りゆく霊柩車いちご一会

  • 母子像に乳白色の罅落花斎乃雪

  • 重力の魔とか神とか飛花落花一斤染乃

  • 落花して山の気配のひとつ減る一本槍満

  • ひそひそと落花の後の会話あり伊藤あんこ

  • 人魂を見たかも知れぬ落花の夜伊藤亜美子

  • 散る花の川面にはなればなれかな伊藤順女

  • 落花舞う小さな暮らし始めます伊藤れい子

  • おむすびや土手に落花の空見上げ伊ナイト

  • 次々に池の光となる落花井中ひよこ号

  • ソーランの肩へひかりの落花かな伊奈川富真乃

  • 三度めの落花利用者の嚥下いなだはまち

  • 飛花落花がん病棟の美しき白稲畑とりこ

  • 手に提ぐる二斤の重み飛花落花稲畑とりまる

  • 花ふぶき自転車は今むじゅうりょく犬くん7歳

  • 孫と吾足して百歳花筏今井淑子

  • 坂道を桜吹雪の流れをり入江幸子

  • 葬列の落花の中を進みけり五郎八

  • 波打ちたる明治の玻璃へ飛花落花色葉二穂

  • 飛花落花そしてだあれも居なくなる岩木順

  • 乗りたれば黄泉の国まで花筏岩切義治

  • 校庭の落花や木管五重奏磐田小

  • 裏表裏表裏裏落花ウィヤイ未樹

  • 水盤へ目眩のごとく落花かなういろ丑

  • 駅長の合図に落花すべりこむうさぎまんじゅう

  • 落花して第二志望も悪くない宇田建

  • 花吹雪別々にタクシー拾う内本惠美子

  • 跳ね上がるダンプの下の落花たちウツボット

  • 鉄塔のガイシ真白き落花かな梅里和代

  • 花屑の龍のごとくにうなりけり浦野紗知

  • 落花激し千穐楽の絵看板麗し

  • 落花また空つぽだらう薬瓶詠頃

  • 朽ちる橋落花のひかりの鎮魂歌江川月丸

  • ペダル踏めば落花の渦のついてくる絵十

  • 落花にタイヤ痕濃い昼下がりえぬひよこ

  • 御衣黄の落花一片手のひらへ朶美子

  • 肉色の臍の尾の猫花吹雪M・李子

  • 落花また地べたに色を移しをり大紀直家

  • またねといふまたねとかえし飛花落花大熊猫@四句八句

  • 飛花落花母は優しき風に乗る大嶋メデ

  • 嘔吐するサルトル黙る落花かな大嶋和人

  • 大阪のビルの谷間に落花踏む大槻正敏

  • 水面の月に寛ぐ落花かな大山葉

  • 手をあてて渦の落花の微熱かな大和田美信

  • たわゝなり空のまろみに桜散る魚返みりん

  • 水底にシリウスのゐて飛花落花岡﨑莉子

  • 果てのなき廃炉作業や散る桜可笑式

  • ひとひらの落花奇跡の泥団子岡田さわこ

  • 群青の水に落花の記憶かな岡田雅喜

  • 朝まだき濡れた落花に箒入れオカメインコ

  • 落花の夜ベンチのカップ酒ひとつ小川さゆみ

  • 花筏吾に似し娘の行く末は小川天鵲

  • 夕暮の落花は切符風の襞小川野棕櫚

  • ころげくる自転車の子や花ふぶき小川都

  • 落花浴ぶ空の底みな一緒くたおきいふ

  • 川風に落花止まらぬ癌告知奥田早苗

  • 襟足に落花一片隠れをり奥寺窈子

  • 風の道落花を分かつ身はひとつ小倉藍朱

  • 硝子張りのオフィス落花の空近し小倉あんこ

  • 白髪に馴染む事なき散る桜おぐら徳

  • 思春期の眦しきりなる落花オサカナクッション

  • ビー玉を追いかけ落花甚だしおざきさちよ

  • 曾祖父の落花に牛を洗ふ川小田虎賢

  • くちぶえに落花一片ただよひぬ音のあ子

  • 落花頻り母から難病告ぐメール音羽凜

  • 落花に贈る口笛の葬送鬼平哀歌真改

  • 落花して乳飲み子少し歩きけり織音

  • ベーグルを焼き過ぎてゐる朝落花海音寺ジョー

  • 五百キロ先の落花に耳すまし海瀬安紀子

  • 軽トラに落花はりつけ父帰るカオス

  • 落花踏む後輩一人増えにけり案山子@いつき組広ブロ俳句部

  • 落花潸潸踏まぬやう踏まぬやう影山らてん

  • 花吹雪水をあやつる京友禅かこ

  • 親友の母逝く見事な落花なり風花あつこ

  • 彗星の尾を追いかけて落花かな和舟豆

  • 肩書きを捨てると決めた日の落花風ヒカル

  • 野猿ゐる下山の途の落花かな加田紗智

  • 落花浴び引退レース棄権せりかつたろー。

  • 今日はこのくらいにして給れ落花克巳@夜のサングラス

  • 教員となりて来し母校の落花桂木右京

  • 落花浴び今太陽と手を繋ぐ花伝

  • 夕影や落花激しき九段坂門未知子

  • 落花かなドクターヘリは旋回す仮名鶫

  • 下校時に濡れてゐるみち落花みち鐘ケ江孝幸

  • 落花の声聞こえたような夕間暮れ金子真美

  • モネよこの落花を描いてくれまいかかねつき走流

  • 別れ際まで落花の詩篇語らばや叶黄不動

  • 飛花落花射抜く車の流線形釜眞手打ち蕎麦

  • 参道の落花を避けてまた落花神or愛

  • 落花に湿る落日の秋津島白鳥古丹

  • 心臓を掴む影あり落花かな亀田かつおぶし

  • 一陣の落花は龍に消えゆるあを亀の

  • 落花頻りこの世の息を深々と亀山逸子

  • 一面の落花車道をつと移動亀山酔田

  • バス停のベンチに標語落花かな花紋子

  • 落花して枝は青空抱えたり加裕子

  • 惜し気なく落花の与へらるる地よ川越羽流

  • 列車過ぎ爆ぜる落花に君を見た川濱祐

  • 落花踏む安土城址へ石の坂川村湖雪

  • 「枝折るな」看板褪せる落花かな閑蛙

  • 天球に落花ありけり古戦場喜祝音

  • ペンギンの上に落花のしきりなりキートスばんじょうし

  • 神楽鈴落花に授ける音色かな気球乗り

  • 補聴器や落花の音を集めたる菊池洋勝

  • 摩崖仏居たり落花の凄まじき妃麻琴

  • この風を進む時間を追う落花北川そうあ

  • 前線に光ゐすわりけり落花北藤詩旦

  • 頬伝ふ涙一筋めく落花北村崇雄

  • 落花一片一人と思ふかなしさよ北村礼子

  • 新歓のチラシ片手に落花浴ぶきなこもち

  • 神楽鈴音を辿るや美し落花祺埜箕來

  • 手水舎の作法のひとつなる落花城内幸江

  • 実家売る六十年の落花かなきべしー子

  • 落花満つる土手に的屋の声高し木ぼこやしき

  • 引っ越しのトラックを追う花埃木村となえーる

  • まやちゃんとおにごっこする落花かなきむらまや(6さい)

  • 一〇〇年時代を継続雇用また落花清島久門

  • 飛花落花ここから先は禁猟地ギル

  • やはらかによぢれて風を追ふ落花

  • うすももは豚のかなしさいざ落花久我恒子

  • 地下鉄のシートにひとひらの落花葛谷猫日和

  • まつさおな空や落花のあつかんべぐずみ

  • 五限目の漢詩まどろみみる落花朽木春加

  • 母の骨ほろりと崩れ落花かな國吉敦子

  • 川沿いのカーブミラーに見る落花倉嶋志乃

  • 落花の枝見上げたすきまの青さ久瑠圃

  • オーボエのA音響き落花かな久留里61

  • うらおもて夜を落花のとめどなくけーい〇

  • 落花する一村隠れ切支丹健央介

  • さはされど落花するてふ生殖器ケンG

  • 一片の落花や名前なんてない研知句詩@いつき組広ブロ俳句部

  • 筆措けばかなのつらなり落花の夜剣橋こじ

  • 酔いどれて街に落花の行き止まり小池令香

  • 落花浴び肺の片方だけ汚る公木正

  • 吾の知らぬ姉の横顔落花霏々幸田柝の音

  • 斎場へ戻る車窓や花吹雪河野なお

  • 喉に水つたう感覚落花する高野豆腐

  • 落花浴び凱旋ごとき退院す宏楽

  • 樹木医の墓に今年も落花せり古賀

  • 星ひとつつかまえたよと手に落花穀雨

  • 欲望止められぬ落花止められぬ小笹いのり

  • 母の掌を離さぬやうに落花浴ぶコスモス

  • 銀河めく落花のうづに囚はるる小林妙

  • ペースメーカーの母は穏やか落花過ぎ小林のりこ

  • 落花踏みし指より異化の始まりぬこま

  • 長谷寺の母の遅さや花吹雪駒津陽

  • この癇癪いつまでつづくやら落花駒水一生

  • 落花しきり明日は要らぬと君の言ふ 小鞠

  • 古民家のカフェへ落花のつづら折り小山晃

  • 落花ごと積む引越しの荷物かな今野淳風

  • 砂の城崩れゆく夜の落花かな齋藤杏子

  • 花埃青春を焚いた灰の如し斉藤榛名

  • 休日の予定は入れぬ落花かな早乙女龍千代

  • 光輪のうつろひ落花従へる榊昭広

  • 子鬼らも紛れ落花を戯るや坂まきか

  • 手に落花つかみし夢の続きかな相良まさと

  • 遠まわり落花うち寄せ月の影さくら亜紀女

  • 救急車落花吹き上げ走り去る櫻井弘子

  • はな子居し象舎にしまく落花かな迫久鯨

  • つかまへし落花に水のありありと雑魚寝

  • 笑い上戸を落花のひとしきりさだとみゆみこ

  • 落花なり江戸は古へ塩の道さち

  • 高跳のマット落花へ引き出せり紗千子

  • 飛花落花出向先は町工場佐藤志祐

  • 落花ひとひらひらかなの連綿体佐藤儒艮

  • 咆哮の如き落花のあるを知る佐藤千枝

  • 産声の記憶に積もる落花かなさとけん

  • 落花盛ん最終便はもう発った里山子

  • 目に落花さっきの漢方まだ苦い鯖水煮

  • ハモニカを往き来する息落花にミ錆田水遊

  • 円陣に勝利の予感落花浴ぶさぶり

  • 夕暮や落花のツィゴイネルワイゼンさむしん

  • 素にもどるための重力さくら散る澤田紫

  • 出棺に一礼落花地に満てり澤田郁子

  • 空映るみづに集まりをる落花沢拓庵

  • 落花廻るまはる遊具のあったとこ澤村DAZZA

  • 頭端式ホーム誰も居ぬ落花なほ三泊みなと

  • 敵玉が詰まず投了落花かなしげとし

  • 横なぐりの落花ケーブルの窓を茂る

  • 落花幸せだつたかと問ふ君へ篠原雨子

  • 異郷への避難十年目の落花篠雪

  • 風の手をやがて離るる落花かな渋谷晶

  • 校庭の真ん中落花吐く古木しぼりはf22

  • ざんざんと吾へ吾へと落花せり島田あんず

  • 落花渦巻くや笑窪は髭の中嶋田奈緒

  • 空き缶の山に触れたる落花かな島村福太郎

  • 平成の三四郎令和の落花清水祥月

  • 重馬場の逃げ馬逃げよ今落花清水三雲

  • 堀埋む落花城の結界たれ霜月詩扇

  • あの世でもこの世でもなき落花の夜芍薬

  • 落花やまず牧場に牛の生まれた日じゃすみん

  • 落花落花脾臓の石が鳴つてゐる常幸龍BCAD

  • 弁当食む生徒落花にひとり湘南じじ

  • ブレーキ痕残る落花の東門翔龍

  • 眼裏に落花の雫か若い人白井佐登志

  • 落花を踏むな踏むなと落花せり白よだか

  • 病院へ落花の中を運転す新開ちえ

  • 落花押す紙のほのかに香りけり新花水木

  • 一瞬の雪片の冷え落花受くしんぷる

  • 花吹雪点綴モンテカルロ法水花

  • 桜島噴煙彼方落花海酔軒

  • 花筏朽木を廻り崩れゆく酔進

  • 谷戸谷戸の落花に倣ふ山の雨すがりとおる

  • 落花いつぷく光増すあおぞら鈴木由紀子

  • 落花かなスリーポイントシュート打つ鈴木麗門

  • いつだつて落花は猫を連れてくるすりいぴい

  • ほろほろと時のやはらぐ落花かな諏訪薫

  • 見えがての湾の窪みや飛花落花霽月J

  • 落下落下落下落花アスファルト星夢光風

  • 黒柴は去年死んだと落花浴ぶ世良日守

  • 窓には落花机一つ分の異動せり坊

  • 鉄棒のくぼみ落花に靴の跡蒼奏

  • 一片の落花を追いて喜寿となり惣兵衛

  • 罪人を送りし橋の落花かなそうま純香

  • 一日を始める銀座落花片そうり

  • 落花落花ここにはいない人と見た曽我真理子

  • ひとひらは角曲がりたる落花かなソフィ

  • 掌を美しきもの過ぐ落花かなそまり

  • 段ボールの棺に触れる落花の日空野千鶴

  • 三叉路はきれいな形花吹雪宙のふう

  • 公園は落花警報発令中大介

  • 落花流る流るまんぼうの胃まで平良嘉列乙

  • 自転車でワープしそうだ飛花抜ける高石たく

  • 霊柩車洗う落花の日の朝に高尾里甫

  • 落花落花わたしは待ちくたびれました高田祥聖

  • 若き日や散る花摘まむおまじない高嶺遠

  • 靴紐むすぶ吾子のつむじの落花かな鷹之朋輩

  • 見上ぐれば落花の底に居りにけり高橋裕樹

  • ランチパックの角の乾いてゆく落花高橋無垢

  • 選択肢ひとつ永遠に消え落花田川彩

  • 収骨の白き手袋花の塵滝川橋

  • 軒先を都電過ぎゆく落花かな多喰身・デラックス

  • 一斉に尻尾振りたる落花かな竹内一二

  • 落花より見つくる鍵の秘密めく黄昏文鎮@いつき組広ブロ俳句部

  • 花散るは一筆書きのやうである多々良海月

  • 吹く風に連綿の字の落花かな立葵

  • 警備員浴びる落花や競馬場橘まゆこ

  • 酒滴舌で受けたら花が散るダック

  • 飛花落花花嫁の筥迫は白立田鯊夢@いつき組広ブロ俳句部

  • 雀等の声凝りたる落花かな辰野史会

  • 遠き二片落花となりてふれあはず田中木江

  • 落花かなゆるり上るは九段坂玉井瑞月

  • 落花群とぎれ水面の深呼吸玉木たまね

  • 吉野駅発の落花だけが匂ふ玉庭マサアキ

  • B4の紙いっぱいの花吹雪たまのねこ

  • まどろみの中まで白き落花かな田宮悦人

  • 自由なる落花不自由なる着地田村利平

  • 700形市電ボデーを落花せり丹波らる

  • うす色を残し落花の重ならずちっちのきも

  • 落花一片まだ出てゆけない家ちゃうりん

  • 落花しても落花しても落花せり衷子

  • 落花止まず耕耘を待つ大地へと中トロ

  • 形見の聴診器落花の当直珍風伊潤

  • 捨て猫の黒目落花の幾たびをツカビッチ

  • つもるほどやさしい色に落花かな月影の桃

  • 落花さえ今の僕には重過ぎてつきのひと

  • にはたづみおほふらつかのやすらけし辻内美枝子

  • 胸を突く落花の中の男坂辻野花

  • 一山の落花うねりて鴟尾を超ゆ対馬清波

  • 祖母の奇行記すメールを閉じ落花ツナ好

  • 頬を打つけふの落花のかたさかな露草うづら

  • 落花ひとひら門扉の錆に懸かりおりツユマメ@いつき組広ブロ俳句部

  • 落花降る降る降る呪い解くかに降る鶴つる小なみ

  • とめどなく落花に崩れゆく地球テツコ

  • 落花つけ新大阪で乗り換える寺津豪佐

  • 車椅子馴染んで五年なる落花輝久

  • 空眩し落花貼り付くボンネット電柱

  • 真夜中の落花自由に風選ぶでんでん琴女

  • 骨壺は軽し落花の降りやまず天陽ゆう

  • 風強し落花の中に領収書ドイツばば

  • 失明の父は落花の中に立つ

  • 煌らかに落花凄惨およそ二九〇〇ガル東戎

  • 鳥居より神も落花を踏みしめる遠峰熊野

  • 古代魚のたゆたつてゐる落花かなとかき星

  • 奥琵琶の水は冷たし落花舞ふとき坊

  • べこべこと母の靴履く子に落花Dr.でぶ@いつき組広ブロ俳句部

  • 落花喰む鹿の瞳ぞ潤みをり毒林檎

  • ベランダの吾へ湧きあがりをり落花としなり

  • 花散りて湖面に月の熟す音トマト使いめりるりら

  • 今昔や長者屋敷の花埃斗三木童

  • 花散るや軽率にして策略家富野香衣

  • 二拍子で流れて落花淡き空友雪割豆

  • 落花浴び来れば少しだけ善い人富山の露玉

  • ボイトレの受講一年花埃鳥田政宗

  • 契約書投函落花も投函すとんぶりっこ

  • 落花踏み父は情夫の貌となる内藤羊皐

  • 戦あり千鳥ヶ淵に落花積む中嶋敏子

  • 曲げわっぱの落花ひとひら持ち帰る中瀬すみっこ

  • 落花すくふ父の小さき背中哉仲田蓮謙

  • 朗々と詠い落花の冷ややかさなかむら凧人

  • 追う落花逃げる落花のありにけり新蕎麦句会・凪太

  • 落花激し所在の知れぬネックレス夏湖乃

  • 側溝に明るく満ちている落花夏野あゆね

  • 落花ほろほろ瀕死の天使のやう夏雨ちや

  • 第二章落花からがおもしろい七瀬ゆきこ

  • 穿たれた傷の容へ落花満つ七森わらび

  • 一片の戯るる落花やアルペジオ⑦パパ@いつき組広ブロ俳句部

  • この家に二度と戻らぬ花吹雪名計宗幸

  • コンサート終え火照る身体に落花名前のあるネコ

  • 四拍子そちらこちらの落花浴びなみ夢めも

  • 介護生活続くシアワセ飛花落花奈良素数

  • 浮かれ人うかれ犬落花を苛めり薫子(におこ)

  • 夜歩きに順路落花を惜しみつつ西川由野

  • 花吹雪夕霧墓へ散華かな西原さらさ

  • 手術着といふ丸腰へ落花かな西原みどり

  • 落花を踏み迷彩服の隊列西村小市

  • ふれあはぬ落花かさなりあふ落花にゃん

  • 落花の間見つけつま先差し入れて庭熊彩和音

  • 壊さぬやう夜を落花の送りけり仁和田永

  • 花屑や烏のいろのアスファルト鵺駿明

  • パチンコに列をなす背に落花かな涅槃girl

  • 落花受く聖母マリアのように受く野地垂木

  • 一陣の落花にカメラ持ち直す埜水

  • だくだくと消滅集落を落花ののr

  • 落花掃く心正しくあれと掃く野ばら

  • 洗ひ終へたるものより落花となりぬ登りびと

  • 朝風や落花待つ間の握り飯白雨

  • 手を伸ばす分だけ落花遠くなる長谷川京水

  • ひとひらの落花マリア様の恋歌長谷川小春

  • 赤鬼呑みつ青鬼掃きつ飛花落花長谷川水素

  • 決算の手を止め落花窓越しにバトラーM

  • 吹き溜まる落花の温み足裏に花岡淑子

  • ひとひらを招き寄せたり花筏花子

  • 落花誘う風は叔父にや野辺送り華樹

  • りょうりょうと落花の音知る吉野山はなぶさあきら

  • 落花しづか真空管の明滅花結い

  • 空がない街に色置く落花落花はのん

  • 落花ひらりヘッドラインはまた訃報浜けい

  • しんしんと落花冷めゆく無縁墓地はむ

  • 地下鉄の階段下る落花かな林めぐみ

  • 駆け抜ける白馬美し花吹雪原善枝

  • 母がいたベンチに落花七回忌はらいそ

  • きぬかけの路を落花に抜かれけり巴里乃嬬

  • 大脳の示準化石として落花播磨陽子

  • 立ち漕ぎの胸の落花を払いけり葉るみ

  • 百万の落花に烟る千の墓はれまふよう

  • 学生は無言女坂に落花東原桜空

  • 職辞す日落花は激つ瀬をなせり樋口滑瓢

  • 花吹雪おさまり母の見当たらず土方雪駄

  • 花屑に箒で書いた「あ」次は「い」菱田芋天

  • 不機嫌な落花日暮に一抜けたひでやん

  • 憂国をがなる街宣車へ落花日向こるり

  • 月光を集めて光る落花かな日向の熊

  • 落花舞ふけふ親知らずを抜きますひなた和佳

  • まにあはず落花に苦情混じるなりひな芙美子

  • 落花踏むサイクロプスの涙かな緋乃捨楽

  • 致死量の落花浴びをり九十九髪比々き

  • 走り寄る落花の中の君見つけ向日葵@いつき組広ブロ俳句部

  • 黒板にはなむけ書き終えて落花日吉とみ菜

  • オセロ盤黒翻る落花かな飛来英

  • ボート漕ぐ少女を遮る花吹雪平井千恵子

  • 落花して黄泉の国まで風任せ平坂謙次

  • 落花いま風は鱗の形して平本魚水

  • 何事もなき日落花は祝福す昼寝

  • 手のひらを過ぎし落花の熱ははや広木登一

  • 傷のごと痣の如くに落花する風紋

  • 逆転負けベンチ裏に落花うず巻く風来

  • 落花の間五十四帖香り聞く深川佳子

  • 包まれて落花の中の心かな深町明

  • 花散るや空き家のぬしの猫あくぶ深夜のり子

  • 獲物曳く道に落花の続きけり福井三水低

  • まだ誰も踏まぬ落花や湿り帯びふくじん

  • 曲げわっぱ開け有休の落花かな福田みやき

  • 飛花落花ホルスタインの乳房張る福ネコ

  • 花筏は楕円眠剤効く予感福良ちどり

  • 始祖鳥の滅びし空よ花ふぶきふじこ

  • いつになく無言の落花またか訃報藤里玲咲

  • 落花受く職安の駐車場はも藤田ゆきまち

  • 落花踏み住職今日は見合いかな藤原涼

  • 鰐亀のつるむ御堀へ落花せり藤雪陽

  • 落花てふ名を与へられさやうなら藤原訓子

  • 昼酒の真中落花の真最中文女

  • 鈴鳴れば伴に奏づる落花かな風友

  • 飛花落花まあるくなってゆくわたし冬のおこじょ

  • 一片の落花よ青に許されて碧西里

  • 夕風に落花仄かに縮みゆくペトロア

  • 橋脚のラクロス部ラケットに落花紅ズワイガニ海老美

  • 花散るや牛乳たんと犬の皿星野秋雪

  • 落花とて咲いているはず夜の果星乃ぽっち

  • 飛花落花ヒトの命の軽きこと堀卓

  • 遠き日の詩なりをみなごに落花堀ノ内和夫

  • 取り出せる落花白衣のポケットよりほろろ。

  • 目黒川落花吹き込む四畳半香港ひこぞう

  • 吊り橋へ一歩奈落へと落花梵多

  • スキップ五、六歩落花七、八片凡々

  • ケーキ屋閉づ三十六年目の落花梵庸子

  • 乳母車ふっと泣き止む落花かな前田冬水

  • 亡き妻の声届けたる落花かな茉叶

  • 奪われぬように吾子抱く落花かな曲がりしっぽ

  • 旋盤のバイトの刃先にも落花牧野敏信

  • ドビッシー夜の落花のしめりをりまこちふる

  • 暫くは落花メガネに透けておりまこも

  • 屠畜場や落花の土手がなまぐさい松井くろ

  • 淡墨の落花晴れ着の背中に触る松尾義弘

  • 落花見て大口あける河馬が居て松高法彦

  • 一陣の落花牛舎の猫車松本裕子

  • エリーゼのためにたどたどしく落花まどん

  • 包丁を研ぐ目に惚れて花吹雪真冬峰

  • 飛花落花河馬の鼻づら水面割るままマリン

  • 深呼吸落花の坂をぐんぐんとまやみこ恭

  • きのうの雨それはそれで落花の川まりゆみか

  • 花吹雪谷にわたるは木挽き歌丸山隆子

  • 落花して空の青さを抱へけりみい

  • 坂道は落花突き抜ける自転車澪つくし

  • 一面の落花本屋は店仕舞い帝菜

  • 落花踏むガラシャの辞世口ずさみ三茶F

  • 落花かな貨物列車のカードめく満る

  • 五分咲を落花のふたつ三つかなみつれしづく

  • 桜散る友は東へ旅立ちぬ緑風音女

  • 落花踏むブルーシートの敷く方丈南方日午

  • 落花もうしづまりかけてゐる酒場水面叩

  • 腐れ縁手放し見ゆる花筏宮井そら

  • 通り風手櫛に落花ふたひら目見屋桜花

  • 落花浴ぶああいましねたらしあわせ都乃あざみ

  • 落花受くるやはらかき五厘の頭皮宮坂暢介

  • 糸でんわ耳を澄ませば落花かなみやざき白水

  • らくくわらくくわここの世界はどこですか宮武濱女

  • 月一の通院今年は落花の日宮原みかん

  • ふうはりと白杖かはす落花かな宮部里美

  • 一片の落花や口に入り賜ふ宮村土々

  • ランタン着火天幕に落花妙音ほうえん

  • 初恋や落花うす桃色のままみわ吉

  • 深呼吸よりゆつくりと落花せりむうさく

  • 削岩機打つや落花の空模様椋本望生

  • 落花かな翳る刹那の空へ風無弦奏

  • イヤホンを取って落花の光る中向原かは

  • 理科室は四角窓には舞ふ落花武者小路敬妙洒脱篤

  • 落花凄まじ惻惻と孤身むべ

  • 飛花落花ビル屋上もフクシマも村上牛蒡

  • 図書館の新刊入荷の字に落花むらのたんぽぽ

  • 落花やみ上枝の鳥の送り唄暝想華

  • 飛花落花ひとひらづつの言の葉よ目に若葉

  • いくつかの埴輪みつめる落花かな本山喜喜

  • 落花浴びアシカのショーの最終日momo

  • バス停のベンチ落花のふきだまり桃香

  • 殴られし頬に落花といふ未来百瀬はな

  • 禰宜の声途切れることのなく落花ももたもも

  • 落花浴び主演のごとく妻を抱く森佳月

  • 墓守や落花に輪廻語る夜杜まお実

  • 花筏涅色(くりいろ)の龍潜行す森毬子

  • 曳く舟も曳かるる舟も落花浴ぶ百理有

  • アスファルト舗装に湯気や落花舞ふもりさわ

  • 捨てられぬ犬小屋雨の日の落花森中ことり

  • 真夜中に魔法の解けてまた落花森の水車

  • 花筏はこぶ月夜の隅田川森山博士

  • 大学は城址にありき落花の門もろ智行

  • 消防署朝の点呼を散る桜聞松庵尋竹齋

  • 注文の多い料理店いり込む落花の八ページモンチッチ山本

  • 細く開くホスピスの窓落花かな山羊座の千賀子

  • 観音の肌の白きに落花かな矢口知

  • 飛花落花一年生は一人だけ八島裕月

  • 飛花落花芝に二人の名残かな幸水

  • 雨たたく蛤坂をゆく落花痩女

  • 海外赴任終へ落花の成田へ八幡風花

  • 西行の旅の路へと落花かな山内彩月

  • なわとびの子の黒髪に落花触る山口一青

  • 朝練の楽器持つ君落花舞う山口香子

  • 落花しきり会社辞めるか別れるか山崎のら

  • 生まれたての落花犇めく手水鉢山﨑瑠美

  • 亡き犬も鼻の落花を払ひけり山科美穂

  • 話さうとすれば落花のいつせいに山田蹴人

  • 落花して一皮剥けし東京都山月恍

  • 落花喰い黒猫甘い声で鳴くやまな未

  • 落花踏む見上げし天に雲在りき山野花子

  • 母薫る落花いのち受くる丹田山野二葉

  • 落花後見事にさらうつむじ風山本康

  • 監視されたる地球の自転 落花山本先生

  • 愛犬の耳くるくると落花の音山本ひろゆき

  • 今日だけは落花を浴びてから行きます結壱隆月

  • 地の静か落花の渦の解かれて

  • 白衣行き交う落花の遺伝子研究所柚木みゆき

  • 隠れ鬼はだめ桜吹雪がこわいから雪井苑生

  • 靴裏に柔し落花の朝の道雪音

  • 落花かな三河の湾の午後は風ゆこ

  • 明るき雨よ傘に散る花無限宵猫

  • 吊り橋の谷底吹きのぼる落花羊似妃

  • 落花しきり語部の声あきらかなり酔酔

  • 自販機の灯が照らす落花美し夜香

  • 嬰児へ注ぐ光として落花横縞

  • お悩みの方へ痛散湯落花横浜J子

  • パンダには眠たき午後の落花かな吉川拓真

  • 落花落花吾はまつすぐに落ちてゆくよしざね弓

  • ちるさくら石ころにポツンとくっついた吉田結希

  • 落花よ疾く疾く隠せよ我が鬱病吉野川新

  • またひとつ落花見送り待ちぼうけ吉藤愛里子

  • ハミングでごまかす歌詞やひからっか吉行直人

  • 漆黒のピアノへ落花ひとしきり余田酒梨

  • 我に落花立ち入り禁止より風Y・りこ

  • 重なりて地に心臓ありと落花楽花生

  • 車線変更落花の三号線梨音

  • 信濃路はかみよりしもへ花筏柳絮

  • 火曜日の堤私と落花だけ蓮花麻耶

  • 行きずりの人と見上げる落花かな籠居子

  • 飛花落花妊娠告知受けぬまま若宮直美

  • 子と競う幾つ落花を手に受くか海神瑠珂

  • 風のおと吾の息のおと落花のおとわたなべすずしろ

  • 仰臥して落花の影の通り道渡邉一輝

  • 嫁ぎゆく娘の掌に落花瑞々し渡辺陽子

  • 石仏ひねもす落花身にまとい渡邉わかな

  • 古カフェのもれ来るジャズに落花かな和田康雄

  • 落花降るバイソンは横顔しか見せぬ鰐の祈り

佳作
  • 町内会落花の中で宴するにいやのる

  • 天国の落花の褥やすらかかべびぽん

  • 薪能観るように落花の舞をみる星雅綺羅璃

  • 下り坂ブレーキの背に追う落花宮地弓恵

  • 白毛馬落花背にして足をため焼津昌彦庵

  • 信長や炎の中に花は散る八木実

  • 地に引いた五線に落花の音符跳ねANGEL

  • とまらんとす落花をつかみ子等はずみあ・うん

  • さぁ出発合図は落花スタートだあいあい亭みけ子

  • 吾はへらへら落花ひらひらと空へ愛燦燦

  • 保育園初日乳房の腫れ落花藍淑伶

  • 降り積もる落花は土にまた花に間むつみ

  • 今現るる空をまぜつつ散る桜藍野絣

  • 落花の夜酒に氷を入れて呑む愛野優

  • 飛花落花如雨露の水の放物線あいむ李景

  • 落花して薄桃色の歩道かな青い月

  • 墓地に立つ父へ落花の降りしきる青海也緒

  • 落花せし龍王の山君の山蒼來応來

  • 橋に立つ落花眩し吾の道紅紫李依

  • パッセンジャー手荷物落花つめて征きacari

  • ぼんやりと庭の落花をぼんやりとあかり

  • 早朝のベンチに我と落花あり昭谷

  • 雨の如レンズにかすみゆく落花あきののかなた

  • 落花する手をさしのべて唄うたう秋代

  • ほら見てんの花の屑ち言うとばい秋吉孝治

  • くるくるとめまいして飛ぶ落花かな芥川春耕

  • 落花や片道切符使用済み朝雲列

  • たまゆらの落花薄日のただなかにあさ奏

  • 川彩る落花に垣間見る城朝倉カグラ

  • 落花にて地面染まりし植木鉢浅野俊也性

  • どしゃぶりに独り落花の中山道あさのとびら

  • マンションの壁に貼りつく落花かな麻場育子

  • 濃く薄くつながる未来落花かなあさぼらけ

  • 涙乗せ希望の海へ花筏亜紗舞那

  • 全力チャリの朝落花をも乗せずあざみ

  • 急ぎ足落花追いかけ這う小道あじょあ

  • 落花花花花空染めて花花麻生恵澄

  • サイフォンの窓にやんわり落花かなあそぼ葉

  • 落花浴び忍者の印を結ぶ吾子雨戸ゆらら

  • ご浄土は海か川面へ落花落花あまぶー

  • たばこ吸う祖母の横顔落花なり網野れいこ

  • 落花愛で佇む人の目が優し雨紫陽花

  • ウッドデッキに水玉落花並びおりあやや

  • 落花へとひと押し夫の車椅子新多

  • 瞬風に闇へと消える落花かなあらら

  • はしゃぐ子に昔を思う落花かな有馬裕子

  • 定冠詞つけたきほどの落花かな有本仁政

  • 落花なりゆるりとすわる奈良の鹿杏樹萌香

  • ウェブ紀行落花で水面が映ゆる富士安樂安策電

  • 呼び続け落花を胸に抱く水面飯田淳子

  • 音もなく秒速5センチの落花イカロス

  • 落花浴ぶ暖簾仕舞や宵の風郁松松ちゃん

  • 雨に打たれ車輪と廻る落花何処へいくみっ句

  • いずこにか定る知らず落花かな池内ねこバアバ

  • 母逝って晴天にうるむ落花かな池上敬子

  • 飛花を追ふ髪へいとやはらかき落花イサク

  • 一週間前倒しして早や落花石井秀一

  • うたた寝の老犬鼻先に落花いしいるぴなす

  • 追憶の落花に勝る落花なし石岡女依

  • 被曝して愛でられもせず十度目の落花石垣エリザ

  • 一夜明け水面を染める花筏石田恵翠

  • 幼子の歌にはりきる落花かな石原直子

  • 橋多き大川に風落花浴ぶ石原由女

  • 嘴に弾かれて飛ぶ落花和泉明月子

  • 疫病に閉じた教会落花舞う泉子

  • ポケットに入れた落花を見舞とし遺跡納期

  • たらればの想い止まらず落花路伊多波良子

  • 売出しの幟はためき落花かないたまきし

  • 白鳥のボートゆらゆら落花せり一井蝸牛

  • ランドセル落花弾んで帰る道市川りす

  • ひとときの裏と表と裏落花一小鳥

  • 『おはよう』を言えぬアパート花筏一の矢はんぺいた

  • 落下する花弁いちまいキャンバスに市場里江

  • 道果てて落花の中に巨木ありいつかある日

  • 渋面の髪に宿りし落花かな一秋子

  • 音もなく落花を踏んで時は経る井出奈津美

  • 落花しきり教え子の死の報せ伊藤節子

  • 託児所へ急ぐペダルの落花浴ぶ伊藤治美

  • かにかくの歌碑にはげしや落花舞う伊藤ひろし

  • 落花浮かぶ杯をかわして宴かな伊藤正子

  • 飛花の下キックスケーター競う吾子伊藤正規

  • 校門の落花よ新しき友よ伊藤小熊猫

  • 流れゆく落花過ぎゆく落花かな糸川ラッコ

  • 永遠につかない既読落花かな稲垣由貴

  • 小さき木の落花も小さき新居朝稲葉こいち

  • 落花なか杖は静止の午後三時稲葉雀子

  • 幼きも落花を踏みて逞しく稲葉伸二

  • 仲見世の灯り宿らむ落花かな井納蒼求

  • 落花掃く老婦黙して山の駅ゐのかたゆきを

  • 散り止まぬ落花の中の三ノ輪線いまいやすのり

  • ままごとの茶椀あふるる落花かなイマスノリコ

  • 気忙しく咲いて落花の今年かな井松慈悦

  • コロナ禍の最終章の落花かな今西知巳

  • 落花落花ゆけゆけ吾もまたひとり今村ひとみ

  • 赤信号落花のすき間に時間旅行彩人色

  • 水たまりに映った空に浮く落花いろどり五島

  • 月にまで届きそに飛ぶ落花かないろをふくむや

  • 絶え間なき落花の中や堀めぐり岩田勇

  • 山道や落花の先に摂津白滝いわつよ8

  • 破棄すべきせざるべきかと散る桜 岩橋春海

  • 始まりの落花と信じ退院す植田かず子

  • 武者返し落花も災禍も吹き上げて植田虎豆

  • 思うまま生き思うまま落花上野眞理

  • 庵主さん落花の縁に匂い立ち上原まり

  • 落花して今朝のイビキも妻の声上村三段

  • きっかけはほんの些細なこと落花宇佐美好子

  • 午後のレモンティー合唱譜に落花内田英樹

  • 河川敷「ゲームセット」に泣く落花内田誠美

  • 「花は咲く」口ずさむ君の背に落花卯月かりん

  • 落花一片吾知らぬ高みより靫草子

  • 地上には三秒半の落花かな海口竿富

  • 花屑に糸あねさまへ首かざり海野碧

  • 献眼の石碑に落花手を合わせ海葡萄

  • 堤防の落花は軽き最上川梅木若葉

  • 公園の落花や象の滑り台浦文乃

  • 弁当の中ではらりと散る桜叡雲

  • さわさわと落花の音に泣くこころ江田綾子

  • あと幾度か落花のなか跛行す江藤薫

  • 五秒ほど着地否むる落花かな江藤すをん

  • 命日や墓石の落花そのままに榎本はなちゃちゃ

  • まご帰る楽しい思い落花頃えみばば

  • 音もなく落花一転風にのり江見めいこ

  • 風なりに落花の先を見届けり円美々

  • 一瞬の風が号砲飛花落花えんかず

  • 雨模様ひと足早く落花する遠藤愁霞

  • 想い出の道に落花の嵐かなえんどうしん

  • 落花一片窓辺に干しし寿司の桶遠藤百合

  • 積もりたる落花今なほ息のあり遠藤玲奈

  • 裏山の西行墳に落花かな追師うさぎ

  • ひとひらの落花のやうなキスを受くおいらくの鯉

  • 風よ待てみずから落花となるを待ておおい芙美子

  • どうせなら表でありたい落花かな大黒とむとむ

  • ベビーカー押して落花の坂上がる大小田忍

  • 落花して枯山水に消えて行き大阪駿馬

  • 惜別は地ヘ着くまでの落花かな大谷如水

  • 常夜灯生ぬるい風舞う落花大津安珠

  • 渋滞の荷台の落花風運ぶ

  • 緊張のようやくほどけゆく落花大槻税悦

  • 花散るや君と私の夜半の影大津美

  • 舞い上がる落花やスズメ着地せり大野静香

  • 雪のよう月の下なる落花かな大野喬

  • 泣かないぞ歪む落花のバカヤロウ大野美波

  • やっと大学に通える落花かな大橋愛香

  • あの人の逝ってしまひし夜の落花大庭慈温

  • 落花浴び亡き母愛し車椅子大原妃

  • 落花たち洗い流すよ心の澱み大原雪

  • ハンドルにうつ伏して泣く落花かな大道真波

  • 娘の方に房の舞い来る落花かな大村真仙

  • 落花浴びここが独身最後の地大本千恵子

  • 志す落花を浴びた渋沢栄一像大森大

  • はや落花荷ほどきさえも済まぬまま大森裕美

  • テラス席落花ひとひらハーブティ大山きょうこ

  • 落花といふ言葉ふさわしあれよあれよ大山こすみ

  • 追悼集編みてボンヤリ落花かな大山小袖

  • 隅田川落花の上のスカイツリー岡れいこ

  • 花屑を集め降らす子二階から岡崎まさよ

  • 釣り人の浮の動くや花筏岡崎政代

  • 落花海揺らぎ漂ふ捨てマスク岡崎佐紅

  • 鯉の池落花の池となりてをり岡﨑宙夏

  • 君の髪ついた落花に手を伸ばすおがたみか

  • リュックしよふ吾子下宿へと落花かなお銀

  • 終電を逃し落花を独り占めおくにち木実

  • 放たれし矢音が切り裂く落花かな奥の昼行燈

  • 精霊や千鳥ヶ淵の花筏小倉

  • 贅沢や落花絨毯駐車場小栗福祥

  • 淡墨の落花一片なほ淡くおこそとの

  • 上着脱ぎ落花纏いて空仰ぐ小澤ほのか

  • 別れ瞬く桜吹雪Ojisan398

  • 花屑の咲けり墨田の電波塔王子田ぶらまん

  • 美しきまま落花混じらぬ吹き溜まりお品まり

  • 提灯も宴も無しの落花に涙尾関みちこ

  • 散り急ぐ落花に経を読む地蔵小田和子

  • 無人駅落花見送る車窓かな小田龍聖

  • 眠れぬ夜ひとひらひとひら落花数える小田孝子

  • コロナ禍や落花を生くるパパゲーノ小田慶喜

  • 成長痛愛でられずともよき落花乙華散

  • ため息でざわめく落花うらみますおでめ

  • ゆるやかな優しい風に舞う落花お寺なでしこ

  • 山頂の落花や天へ地へ渡れ音人妙歌

  • ホスピスの帰り落花をよけ歩くおどぷら

  • 落花して上を向く人いなくなりお半

  • 読む太宰窓に落花のしきりなりおひい

  • 香りほのフードを落花ほらヒララおぼろ月

  • 猫の墓落花の煙登り行く諧真無子

  • 花散りてまたも無口な夫となり甲斐紫雲

  • 落花迫るワープの準備始めたり快晴ノセカイ

  • 丸刈りの息子と眺む落花かな海碧

  • サイレンの音揺らぎゆく落花かな海峯企鵝

  • 企画書に落花の様や上長印かえる

  • 風踏める落花の足の早さかな火炎幸彦

  • 流れ待つ花いかだ待ち毛づくろいkao

  • 先づ泣かむ落花舞ふ夜の公園に馨子

  • 群れて咲きひとりも善きと落花かな

  • 若き母ふと見上げた空優しい落花柿野宮

  • 人生の節目に見ゆる落花かな笠井実穂

  • 「閉めようか」落花眺めて腹決まる笠江茂子

  • 散る花の影散る花を待ち得たりかさね老

  • ベビーカーを覗き込みたる落花かな風花まゆみ

  • 吾もまた落花をまとひ狂いたや風花美絵

  • 友の逝きし世へ届け桜吹雪梶浦多見子

  • 温暖化コロナなくとも落花あり加島

  • 落花浴び手のひら丸め差しだす子鹿嶌純子

  • イヤフォンを外せど聞こえぬ落花音柏原淑子

  • 花散るや潔さ真似恋も散る花純

  • 花吹雪入れ撮る夫の顔粕谷聰子

  • 落花するそれは始まりかもしれぬ片栗子

  • 川面に小石シュッビットプッふわり落花花鳥風猫

  • また逢おう二年目の落花故郷(さと)遠く加藤水月

  • 喧しき宴あらねど落花せり加藤雄三

  • 落花追いシクと踏みたる苔青しかとくみ

  • 落花舞う父と最後の歌舞伎座よかとの巳

  • 野仏の赤き頭巾へ落花かなかぬまっこ

  • 池の面の花紋様の落花かなかねこ

  • 誰も持つ帰れぬところ落花かな兼子さとみ

  • ニュートンの風の悪戯飛花落花金本節子

  • 渦を巻き踊り悶える落花かな甲山

  • 落花して川へ海へと風にのり

  • 手中より地にて輝く落花かな紙谷杳子

  • 狂い跳ぶ小さき靴跡落花路神谷米子

  • 刑務所の塀の手前の落花かな亀田荒太

  • 落花あびヒロイン気どってスーパーへ亀田幸子

  • 健気にも持ちこたえるや散る桜亀田みのる

  • そっくりかえりスマホにおさむ落花かな亀ノ万智子

  • 病める鳥落花一片にも祈りかもねぎ親子(娘)

  • いざさらば君の背中に落花ありかもめ

  • 落ちて尚彩れ彩れ落花色kolor

  • イヤホンのコードをほどき落花かな加良太知

  • 表札の消えた家並み桜散るカラハ

  • 聖火リレー落花に落花に進む狩谷和寓

  • 水に影うつして落花雪のごと河上輝久

  • 涙よりどこか寂しい落花かな川島妙

  • 靖国の落花で祖父を思ふ父翡翠

  • 吾子触るデコルテの落花かわのせつら

  • 対岸には鳥撮る人ら落花かな川村紀陽子

  • 罪人となりて落花を踏みしだく河村静葩

  • 落花ふわり骨董市の皿の上川村昌子

  • 落花降る麒麟の舌の青きかな閑々鶏

  • 投了も名人ぶりや花吹雪邯鄲

  • 公園に落花さざめくやうしづか岩のじ

  • 落花無惨小さな鬼が駆け抜けて看板のピン

  • 姿無き落花啼鳥神の舞菊川寝ん猫

  • 風よ吹け落花まみれし握り飯木久仁

  • 素顔見ることなく転勤落花かな黄桜かづ奴

  • 吾子の掌に乗りし落花や輝きて岸本元世

  • ひとひらの落花が誘ふ縄のれん酒暮

  • ポテチたべてるあいだもずっと落花季切少楽@いつき組広ブロ俳句部

  • 人生を歌で語るや落花浴ぶ北大路京介

  • 落花ふみ別れを惜しむ袂かな喜多吃音

  • 落花見て膝さすりける五十路かな北の貴子

  • てのひらに伏せし落花のあたたかききた実実花

  • 風にのり落花とどけよ枯山水北村修

  • 真夜中の落花狼藉山嵐基太郎

  • 花吹雪頬にはりつく涙跡木下裕美子

  • 盲導犬眼切なき落花かな木原洋子

  • 笑い皺一本増えて落花かなきみえは公栄

  • ベビーカー降りて押す子へ花吹雪木村恵美子

  • 光さす山路の落花未踏なり木村香津枝

  • かくれんぼの子に降りそそぐ落花かな木村かわせみ

  • 落花浴び奥宮までを独歩行木村修芳

  • 淀川や落花流水淀屋橋木村波平

  • 千鳥足の吾は花屑踏みてゆくQ&A

  • 落花流れ木の葉の小舟漕ぎ出よ鳩礼

  • 武の道の落花は風に逆らはず京野秋水

  • 土香る畝の谷間に花筏教来石

  • 会いに来た「早いね」と落花見た友にぎょぎょうざ

  • 落花してなお青天に枝伸ばし記楽寝子

  • 読書する窓は落花の激しかり季凛

  • あぜ道の落花また舞うまた降りる銀長だぬき

  • 花屑や今年は逢いにいけなくてクウシンサイ

  • 静穏や落花の波紋ただひとつ空地春水

  • ディスタンス守るベンチに落花かな空龍

  • ひざこぞう擦りむきにじむ落花かな草野あかね丸

  • ころころと風に落花の群れ駆ける楠田草堂

  • 風無くも何故と思わず落花かな窪田睡鯨

  • 大地より生まれ初むるやうに落花くま鶉

  • 亡き母が落花に映りて泣き笑い熊野みーぼう

  • 風を呼び再び飛花となる落花熊本芳郎

  • 沈んではまた浮いてくる落花かな倉岡富士子

  • 流るる涙へそつとふれて落花倉木葉いわう

  • 落花浴ぶ修復中の熊本城くるみ今日子

  • 落花しきりふくれっ面の黄色帽紅さやか

  • 図書館の窓に落花やお静かに黒沢まる

  • ちらちらと花散る夕暮れ連れ立って黒田知景

  • すべり台跳ねる落花のうらおもてクロまま

  • 旅立ちのトラック落花に送られて桑田栞

  • 道すがら故郷とまがふ落花舞ふ桑原和博

  • レジャーシートの陰膳粧ふ落花かな薫夏

  • 木洩れ日の楽譜ノートに音落花くんちんさま

  • 落花愛でて夫の髪切る短めに恵享怜

  • 青空に落花あふるる散歩道景清華

  • 花屑をそっとあつめて吾子が吹くケセラ幸子

  • 落花してみなもを飾り流れ行く月昭

  • 開門や落花絨毯見せぬ寺紫雲英

  • 逝くときは吾も願うなリ落花のごとく源氏物語

  • 噛み砕く飴のざらつき桜散る兼珍

  • 教職を辞して落花に見送られ鍵盤ポロネーズ

  • 見上げれば雲の合間の落花の匂い

  • 散るさくら見上げる空は曇ひとつ高坂和子

  • ひらひらり落花に遊ぶ子どもたち柑たちばな

  • 糠雨に酔ふや落花の赤み冴ゆ紅茶一杯

  • 記念樹の飛花閉ざされし校舎かな上月ひろし

  • 人だかり太鼓のふちに落花かな幸内悦夫

  • 落花する途端踏まれる地に還る神戸めぐみ

  • 花のみち去りゆく袴に落花かな恋織奈

  • 温度よし風向きもよしいざ落花五月ふみ

  • 落花や勝敗つかぬ紙相撲こけぽて丸

  • 朝まだきクルスの丘の落花かな小嶋芦舟

  • 結界の内に伏したる落花かな小杉泰文

  • あひる追ふ洟たれ追うてゆく落花小だいふく

  • 風吹いて次につなげる落花かな木積

  • 急ぐ吾に落花ケラケラ邪魔をして小手鞠しおり

  • 空に降る落花追う子の喉白し来冬邦子

  • 落花踏む押すもむつかし車椅子古都鈴

  • 川は筏土手は絨毯花吹雪こぶこ

  • ふりそそぐ落花は幾度ひるがえる小薪まりちゃ。

  • 車椅子の微睡む母に落花ふわりこむぎ

  • 落花付く墓石に添えるワンカップ小山祐治

  • 振り返る武人の埴輪飛花落花GONZA

  • リヤカーを後ろ手に引く花筏今藤明

  • ニュートンに抗いゆるり落ちる花西條晶夫

  • 青空に別れを告げて落花かなさいとうすすむ

  • 刹那の落花ざわめきを煽りゆく齋藤むつは

  • 花吹雪キリンもトラも踊りけり齋藤夜明鳥

  • 互い名は知らぬ身濡らし花筏坂島魁文@回文俳句

  • ドアの外風と旅した落花が来さかたちえこ

  • 嬰児に落花が着地笑み交わす坂本千代子

  • 高空を落花カラ馬躍り出るさくさく作物

  • 持ち帰り雨の匂ひの落花かなさくやこのはな

  • ひとひらも愛しや肩に落花かなさくら

  • 寝違えて首のまわらぬ落花かな桜姫5

  • 園服のふくらむポケット落花かなさくら悠日

  • 狂風の八重の落花のありったけさこ

  • ふたたびの足あとのない落花道佐々木邦綱

  • わっ綺麗満開も落花も息を呑む佐々木幸江

  • 廃線の駅舎に落花積もりけりささきなお

  • 休業とはためく路地へ飛花落花砂舟

  • とどまりを知らぬ我に母に落花さとう菓子

  • 並木道かぜに落花の花筏佐藤邦夫

  • 木曽の宿馬子唄聞こゆ落花かな佐藤恒治

  • 颯爽と落花巻き上げバイク音佐藤しのぶ

  • 散る花のうなじをはけばこそばゆし佐藤綉綉

  • 一片の落花遥々わが部屋へ佐俊俊

  • 新品の朱の定期入れにも落花佐藤美追

  • 新入生空に口開け落花はむ佐藤佳子

  • 蜜と密重たかろうと落花の園佐藤里枝子

  • 落花する度に明けゆく我が視界真井とうか

  • 落花して野良猫の餌花飾りさなぎ

  • ひとひらの落花よ君に触れさせてさなゆ

  • 掃除機で吸い込む本堂落花かな皿檸檬

  • 落花三片(みひら)無人コンビニレジ足下澤野敏樹

  • 縄跳びの縄回すたび落花咲く紫瑛

  • 母の忌や落花の中に姉妹塩沢桂子

  • 落花踏みただ歩く吾の旅暮るる塩原香子

  • 蕾から咲いた途端に落花せし重芳

  • 雨後の真夜路面を足を落花の香獅子蕩児

  • ぶんぶんと小さきラケット追ふ落花紫檀豆蔵

  • 手水舎の柄杓の先の落花かな品川笙女

  • 幾世経し遺跡の庭や落花敷く志乃

  • 落花や「またね」と言えるしあわせ柴桜子

  • 国語だけ八十二点落花かな芝野麦茶

  • 吾子の手が落花の空に舞い躍る渋谷武士

  • 旅立ちを風と相談する落花島じい子

  • 落花うず花の鱗を纏う吾島田金魚子

  • 青き空寄せては返す花筏清水容子

  • 坂道を落花と回る車輪かな清水縞午

  • 落花呼ぶ路上ライブのハーモニカ下丼月光

  • 枯れ桜落花する木を羨望す下関豊成

  • 飛花落花課外授業に歓声がジャスピン

  • 吉野山三万本の落花嗚呼沙那夏

  • 崩落に天守残りて落花かな砂楽梨

  • 「デゴイチ」を狙ふレンズに落花舞ふしゅういずみ

  • 重篤も落花の景色つぎ見たし秀耕

  • 硝煙のごと黒門口や落花浴ぶ柊二

  • 赤ワインひとひら浮かぶ落花かな秀道

  • 視線上げ胸開きつつなほ落花秋結

  • 水郷めぐり船頭に落花舞ふじゅこ@トーキング

  • 指定席前列ゲット落花の日珠桜女絢未来

  • 定年の延長決める夕落花寿松

  • ごぉと落花ふたひらたちのついの宴獣羅

  • 落花しきり上手に嘘をつく記憶シュリ

  • バッカスの呑み干すごとに落花せり春雪

  • 閉鎖中守衛一人へ散る桜じょいふるとしちゃん

  • 音無しに構えて落花の水鏡湘南太郎

  • いたずらに落花捉へる双手かなジョビジョバ

  • 蹴飛ばしたピンクの歩道落花舞うジョン爺

  • 城跡に神の息吹きや落花舞う白井百合子

  • 名刹の落花の下を志士駆ける白沢修

  • 昏れきらぬ落花のもとで猫偲ぶ白土景子

  • 靖國の落花繚乱今日は晴れ知り合いレベル

  • 北門の落花をしゃがむ茶道部員白プロキオン

  • 古墳群隙なく覆ふ落花かな新濃健

  • きっぱりと禍斬じて落花かな森牧亭遊好

  • 落花浴ぶ記憶の底に吉野山水夢

  • 髪みだれ我ここにあり落花の渦周防婆

  • 長袖を漸くただ着る落花の陽菅原千秋

  • 逆らいて空に焦がれて舞う落花菅原敏子

  • 舞ひ降りて水面をかざる落花かな杉浦あきけん

  • 引っ越しの窓にひとひら落花なり杉浦真子

  • ヴィヴァルディ流るる外は落花かな杉本果ら

  • 地に届くまでの落花に光あり杉柳才

  • 飛び来て落花飛び去りてまた落花すずきしほ

  • 募金箱持つ子の呼びかけに一落花鈴吉

  • 稽古終え落花の道で反芻す鈴木典子

  • 人として生まれ初めての落花浴び鈴木(や)

  • 雨のよにざんざと落花止みもせず清白真冬

  • 天地一色(いっしょく)舞う落花踏むなごり素敵な晃くん

  • 手のひらで花屑の雨繰り返し主藤充子

  • 分校はダム湖の底に飛花落花スナップ

  • 深深とソロキャンプ張る夜の落花すぴか

  • 祈祷受く白髪(しらが)に落花ふうわりと静江

  • 登校の少女落花の髪飾り晴好雨独

  • 落花踏み慌てて傍へぴょんと跳び清香優

  • 水槽に落花ひとひら雨後の今朝青児

  • 想ひ出を乗せて落花や海へ飛ぶせいしゅう

  • 風も無い午後に落花の零れ来る勢田清

  • 正門の落花くるくる吾子くるる瀬尾ありさ

  • 地下足袋の舞うて落花をパス回し瀬尾白果

  • 飲み干してひとひら落花見届けて瀬戸ティーダ

  • 書き込める予定は未定あゝ落花千波佳山

  • 石段へ音符のやうに落花かな走吟

  • 散るさくら夢はひとひらずつ消えて早春SOSHUN

  • 廃村を囲繞したる落花あり杣人

  • 名射手の息遣ひてふ落花かな染井つぐみ

  • 若者に未来を渡す落花かな染野まさこ

  • 我が胸に落花付け足し送る式それいゆ

  • 正平さんと行違いし落花の疏水駄詩

  • あと五円小銭の足らぬ手に落花橙と紫

  • 落花浴び母の腰痛治りけり大門宙美

  • 逆上がり地を蹴る脚に落花かなたいやきは腹から食べるにゃんこかな

  • 泣く吾子のマーブルチョコに彩ふ落花高垣りんどう

  • 半世紀通ひたる道今落花高木音弥

  • ひこ生えの枝も加わる花吹雪高辻康治

  • 修行僧のごと落花に打たれけり高橋寅次

  • 母の忌の風は落花をこぞりけり髙橋なつ

  • 肩凝りて肩凝りて見し落花かな高橋ひろみこ

  • 落花のリズムは森山直太朗高林学

  • 坐す母と落花を追ふ子草に席髙見正樹

  • キャンバスに落花一片見上げる空卓女

  • 教科書を忘れて代わり落花いるたけうちおうすけ

  • いっときの落花燃ゆ一片、二片竹一

  • 落花ひとひら舞ひてワインのスパークす竹口ゆうこ

  • 仰ぎ見る大勢の顔落花舞う竹下京子

  • 昨日得た落花もさりとポッケから竹八郎

  • ためらいを振り切り今日の落花かな多胡蘆秋

  • 落花浴ぶ我深海の鯨なり多事

  • 友と二人声なく歩く落花かなたじま

  • 曇天と樺色つなぐ落花かなたすく

  • 空中に止まらん桜落花なり多田ふみ

  • 「春死なん」我も背割の飛花の下唯飛唯游

  • 黒服の集いし夕べ飛花落花立野音思

  • ありふれた山の木になる落花かな蓼科嘉

  • 静かなる落花しずかに歩み行く立山枯楓

  • 迎え来て落花のもとに退院す立山はな子

  • 雨降りの側溝流る落花の舟田中明美

  • 父逝って落花重なる陽の陰り田中勲

  • ふりしきる落花背にして旅立ちぬ田中洋子

  • 笙の音に落花一片天に舞う谷相

  • 一面の落花かき分け貸しボート谷口あきこ

  • シスターの近づく歩み落花浴び谷町百合乃

  • 落花覆う根元に小さき埋めた跡谷本真理子

  • 山道の右の谷へと花吹雪田畑整

  • 入所する母と落花の散歩道田畑尚美

  • 落花浴ぶ今この時よとこしへに玉井令子

  • 逆上がり天の拍手かこの落花タマゴもたっぷりハムサンド

  • デパートの解体始む日の落花玉響雷子

  • とめどなき落花雨後の細濁り川田村モトエ

  • 歩むごと落花さざめく散歩道田村佳数

  • 気に宿る神々集う落花の夜田村さとこ

  • ペタル踏む口の中にも花吹雪たむらせつこ

  • 迷い人誘う万華鏡落花田本雅子

  • 明け初むる城を隠すや飛花落花千鳥城@広ブロ俳句部カナダ支部

  • 産土の落花見納め墓じまい千葉睦女

  • 口げんか間を取り歩く落花かな千風もふ

  • 落花の一片払い見送る朝ちやこ

  • 落花?フッ 色気なくした女もいいちゃり

  • 謳歌した生も孤独の落花かな忠孝

  • イヤフォンのボリュウム下げて落花路澄心静慮

  • 落花かなスタンプだけが笑う日々月々

  • 落花浮く露天の湯船上の山辻宝樹

  • 黄昏をひとり落花のエンドロール辻陽気姫

  • 五歳児の虫取り網の落花かな津田涼子

  • クラスメイト集う笑顔の飛花落花堤善宏

  • 落花して青空の中梢ゆれ津幡GEE

  • ブーバーのダムにぱらぱら浮く落花ツユマメ末っ子9才@いつき組広ブロ俳句部

  • 落花の夜踏んでくれるな願う僕弦巻英理花

  • 洗濯物にひとひら落花の朝デイジーキャンディー

  • 君よ蛾のごと美しく落花かな哲山(山田哲也)

  • ふうわりと落花ベンチに眠る猫鉄猫

  • しきりなる落花や畦は白線にてまり

  • ピンクから緑への階調落花天川聖子

  • 余命知る母と落花の目黒川てんてこ麻衣

  • 里庭の朽木にしんと落花ふる蚕丸

  • 落花舞ふ土木遺産の取水堰doいつもcoいつも

  • 落花やごつごつの幹さすりたりトウ甘藻

  • カビゴンの腹に一ひら落花せり東京子

  • 鎮魂碑の除幕おしみなく落花東京堕天使

  • アイドルの不倫報道落花かな桃和

  • 廃線の鉄橋仰ぐ落花かなときめき人

  • 雨の朝傘閉じて落花見送る徳庵

  • サイレンの止まぬ病院散る桜独星

  • 新幹線落花ひとひら乗り込みてどくだみ茶

  • 潔く物欲捨てて落花踏まず徳田ヨーコ

  • 落花二片窓辺にそっと訪ひきたる戸根由紀

  • ともは犬 花見の杯のひとひらや冨永典子

  • ドローンの眼になる刹那ああ落花戸村友美

  • 落花に呑むと俺いつもでしょと妻豊川顕

  • 落花ひらと水琴窟にまよひこむ内藤由子

  • レグルスや落花はじまる夜となりぬ 中岡秀次

  • 飛花落花ペダル休めて空蒼し中川貴恵

  • 小さき手に落花一片にぎりしめ中島葉月

  • よみがえる落花路上でまいおどる中嶋京子

  • 落花浴ぶ茶屋のベンチの緋毛氈中島圭子

  • 飛花落花口にはいればペッと吐く中中

  • 花吹雪ひとひら残すガラス窓中西澄子

  • 飛花落花施設の隅の畜魂碑中鉢矢的

  • 過ぎし日の寺に落花の便りあり中平恵美子

  • ふわぺたり落花とあそぶ大地どん中村こゆき

  • 落花雨がごと落涙雨がごと永谷部流

  • 吹く風が囃せば自縛解け落花なごやいろり

  • 遠い日に落花ふり敷く通学路nothing

  • 車中泊頭に落花載せた儘夏風かをる

  • 頭頂部萼つけし客もう落花夏雲ブン太

  • 一点を絞りシャッター落花舞ふ夏目坦

  • 「いつか、また」振り向く刹那落花舞う浪速の蟹造

  • 落花にはアクエリアス手にどこまでも菜の花

  • 花散らす雨それども見上ぐ吾子の顔波と向日葵

  • 十年経ぬ進入禁止の先の落花なんじゃもんじゃ

  • 後円墳真上の平地落花あり新美妙子

  • シュレッダーのかけらとなりて飛花落花西尾至史至雲

  • おかへりと落花連れたる靴の底西田月旦

  • 泣き止んだほっぺの落花めくるママ尼島里志

  • 早送りで落花す狭き商店街二重格子

  • まだ香るまだ柔らかき落花かな沼沢さとみ

  • コマ送り真紅の落花は手に重しねがみともみ

  • 五十年もの落花流水終に終うねこ福

  • 憧がるる女流書家逝く落花なり根々雅水

  • 見送る柩へ落花落花落花眠睡花

  • 光り合ふ落花の中をただ一人のど飴

  • 寅彦の眼や落花にて見る宇宙野中泰風

  • 休業のバス整列し落花浴ぶ野原蛍草

  • 落花舞うや小さきリュックには替えおむつ則本久江

  • シャンシャンと落花せし枝にひよどり羽織茶屋

  • 襖絵に封じ込めたきほどの落花白庵

  • 落花す木よ一枚一枚衣ぬぐ 橋本恵久子

  • 来ぬ電車落花見ながら待つもよし馬笑

  • 深呼吸こもれ陽のもと落花かな長谷川凛子

  • 地下鉄の下落花舞う神田川長谷島弘安

  • 雨粒の落花からめて音しずか畑詩音

  • 独り占め落花も込の露天風呂畑田ほずみ

  • ワイパーに纏わりつくは散る桜葉月けゐ

  • 花が散り補聴器なしで地鳴知るパッキンマン

  • 鑑識のシャーレ落花の境内へはっしー

  • 化石になり寄り添う永遠の落花八田昌代

  • 落花くぐり緊張の顔上り来る服部たんぽぽ

  • 掌をふわりと撫でる落花かな初野文子

  • ひとしきり地へ点描の花、落花はなあかり

  • ワルツ舞ふ落花早瀬の連れ去りぬ花おうち

  • 愛犬のふりむく鼻先落花咲く花岡幸嗣

  • 老いてなほ落花集めてハート描く花岡紘一

  • 落花見て思わず声あげ授業止め花岡浩美

  • 学ランのチャリ過ぎ落花舞い上がる花咲みさき

  • 泣かないで泣かないでねと落花せり花咲明日香

  • 飛花喰らい急に腹へる仁王かな花屋英利

  • 人それを落花と見るも天平仏羽沖

  • 落花避けそろりと進む遊歩道羽馬愚朗

  • 提灯の光蹴りたる飛花落花ぱぷりかまめ

  • あぁ落花きらめく吾子の長き髪早川苺大福

  • 命仕舞う為に舞舞う落花かな林里美

  • 落花して際立ちたるは山の青原田民久

  • 二年目の宴知らずの飛花落下原乃野衣

  • 落花なりざわめく心癒すよにharu.k

  • トコトコと落花を背負いフレームイン春姉妹

  • 亡骸を埋めた土にも落花なりハルノ花柊

  • 落花する樹木の下の総決算はるる

  • 物言はず落花やマスゲームのごとHNKAGA

  • 落花さえ遊びにかえてはしゃぐ子らひーたん@いつき組広ブロ俳句部

  • ひとひらの落花の便りまた来るよひーちゃんw

  • 落花浴び赤毛のアンの夢走る東山たかこ

  • 咲き香る人を見もせず落花追う光源爺

  • 朝まだき箒とどめて花吹雪微喜

  • 愛でしとき束の間に過ぐ落花かなひぐちいちおう(一応)

  • ありがたや落花の科白「またくるよ」ヒゲラ

  • 「希望」では落花忘れて朽ちていく久生

  • 泣いてるよ君は落花に貼りつかれひっそり静か

  • 逆光に落花車椅子の親子一重

  • 落花飛ばす号泣新ひよこ組日向あさね

  • 風ふいて落花も文字もおどりだすひなた娘

  • 張り裂ける胸に落花お前が欲しいびふう

  • 落花舞い風の姿を形にしヒメクグ

  • 自転車で走る側道落花なりひめりんご

  • 落花さかん新聞の文字無情なりひよこねいさん

  • 去る人の肩に落花をつけたまま日和見

  • 唐突なスローモーションのごと落花平井麦春

  • 夫の手術(オペ)終えて落花の空仰ぐ平井由里子

  • 還暦を待たず旅立つ兄落花平岡花泉

  • 音も無し落花肴の一人宴平松一

  • 光舞うガラスのような花吹雪平本

  • 落花踏みまたふり返る寡黙な子平本さち

  • 耳鳴りの止みて静寂の落花かな比良山

  • 落花して水たまりいま青い空蛭本喜久枝

  • わが母は落花を待たずこの世去り廣重

  • 窓越しの落花淡々と眺めるひろ夢

  • カフェオレを頼む十歳落花の日琵琶京子

  • 麻酔醒む妻よ落花の降りやまず風慈音

  • 落花舞う山路に子犬を庇う群風泉

  • 堰堤に落花とどまり庭となる風来坊

  • 墨染の袂舞い入る落花ひとひら深蒸し茶

  • 寝姿をベンチに残す落花かな福川敏機

  • 一片の落花貼り付く犬の鼻ふくじろう

  • かに族や落花踏み歩む馬篭宿福田律子

  • 横丁の強く吹きたる落花かな福山文子

  • 今宵かぎり桜吹雪の晴れ舞台福弓

  • 落花や3000gの子の遺骸ふくろう悠々

  • おーい風、落花の音色聞こえたかい?藤井聖月

  • 数多舞う落花が見降ろす我ひとり藤井弘子

  • 来ても見よこぼれ桜の長堤藤井眞魚

  • 亀の貌出づる落花の水面かな藤色葉菜

  • 落花追う虫取り網を犬が追う藤丘ひな子

  • 落花に気付きし人や空青く藤川鴎叫

  • 飛花落花K字回復の無慈悲藤倉密子

  • 時差表示盤に密やかなる落花藤咲大地

  • 鳥の眼に奇妙なまでの落花劇藤田かおり

  • 近くへと遠くへと空へと落花藤田康子

  • 落花舞い母に戻りし記憶片藤千鶴

  • さらう風桜吹雪とは恋仲ふじのん

  • 泡のないジンジャエール追う落花豚ごりら

  • 奴等からすれば落花もくそもなし富土まき志

  • アスファルト濡れし落花の所在なさ船橋こまこ

  • サクラチル立ち上がる肩に落花かなぶるーふぉっくす

  • 大詰めか一片の落花奈落まで古川シアン

  • 花筏風とともに渦巻くか古澤久良

  • 川流れ落花集まり鳥集う古下翠照

  • 皆同じ落花も人もこの星もヘッドホン

  • 廃線の落花の先に夫婦道ベニヤサン

  • 瞑りてもなほ花吹雪く脳闇茫々

  • 父の背に落花一片天理教会星月さやか

  • モザイク画生まる落花のボンネット干しのいも子

  • 進まない計画とまらない落花ほしの有紀

  • 温暖化落花彩るランドセル星ぽっちゃん

  • サーカスの夢醒めやらぬ花吹雪星善之

  • 夕闇のモノクロームの落花かな細川小春

  • 落花落花落花口裂け女に追われてるポップアップ

  • 落花盛んどれにしようか竹箒堀江弘子

  • 君見かけ僕の気持ち落花するよう堀将大

  • 湯けむりや落花流るる露天風呂盆暮れ正ガッツ

  • 西行の妻娘の墓へ落花径本間美知子

  • 切通し斜めに落花風強しほんみえみねこ

  • 一片の落花たちまち池に満つ凡狸子

  • 神田川落花の集い静かなり真亜一佳

  • 風吹けばまた上がり舞う落花かな槙由梨子

  • 落花せよ風の仕業と見せかけてまこ@いつき組広ブロ俳句部

  • 落花跳ね蜜を吸われた吉野草眞熊

  • 落花集め子ども集めて紙芝居まことの子

  • 散る桜いち舞いに舞い好きキライ雅蔵

  • 無重力空間へ誘う落花眞さ野

  • 幾万の落花の道を古城まで魔女のひすい

  • 落花を見人々の声懐かしむ松井研治

  • 竿仕舞い落花土産や多布施川松尾直幸

  • お日様の香り蹴散らし落花舞う抹茶子

  • 遊んでと座敷童へ落花せり松野蘭

  • お別れ会しと降る雨の落花かな松村貞夫

  • それぞれが主役となりぬ花吹雪まつむらりつこ

  • ラッパ吹く小鳥たち下は一面落花松本牧子

  • 視界一面薄墨色に塗る落花松本和加恵

  • ひらゝとてふ舞ふ如く落花なり松山純子

  • 車椅子通所の帰路のはや落花松山のとまと

  • ひらりひらしをりとなれり落花かな眞鍋千穂

  • チュールスカート落花を浴びる初デート真宮マミ

  • 退職日花束になお落花かな豆福樹々子

  • 今昔も千鳥ヶ淵の花筏真理庵

  • 百万の落花のひらりひらりかなまりい@

  • 落花舞ふエンドロールは終まで眞理子

  • トリアージ菩提寺霞む落花かな丸山しん

  • 生かされて身の丈分の落花受くまんぷく

  • 落花して謝罪を受け入れる準備三浦にゃじろう

  • 無き乳房触れて泣き濡れる落花よ三浦真奈美

  • 新品の花筒落花の墓参三浦美也子

  • 一陣の風が落花を促せり三浦ユリコ

  • 筆止まる玻璃戸に激し花吹雪三島瀬波

  • 落花音さらさら風音はなし美翠

  • 制服の君を見送る落花かな水口りょうゆう

  • 落花にも光る雨粒ダイヤかな水野綾子

  • 落花手にし植えし人はと電話見る水乃江辰

  • 落花する谷川深き奥吉野みたせつよ

  • 通勤も今日のかぎりや花吹雪みちむらまりな

  • 大阪城見下ろす落花風の吹くまま美月舞桜

  • 舗装路の落花の山や松島よミッキーオ

  • 鳥が来て枝から枝へ止まぬ落花みっちー@TG

  • 関ケ原まさに今こそ落花どき湊かずゆき

  • 不揃いのお皿に落花おままごとみはね

  • 落花のアーチ走り去る君の香よみほめろ@いつき組広ブロ俳句部

  • 朝日うけ一山見事はや落花に宮階愛子

  • 落花追う少年の目の静かなりみやがわけい子

  • 人気なき象舎に落花粛々とみやこわすれ

  • 求めれば去り待てば来る落花かな宮崎紘陽

  • 疫病禍落花渺渺吼え浄めん宮澤ごんたろう

  • 0才児保育の部屋に落花風宮澤さっち

  • 校門前慣れた足取り落花踏む雅乃珠晃

  • 車椅子落花に和む母の顔美山つぐみ

  • 落花来る山菜友も全て来る深山涼水

  • 落花しきり滂沱のなみだ隠してよ宮村寿摩子

  • 落花せぬぞ密戻るまで仁王立ち

  • 通学路ひらひら落花子らはしゃぐみわぽん7

  • 落花とむ尼の素足をじっと見る眠兎

  • 我もゆく落花のこゑの聴こゆとき夢雨似夜

  • ゆらゆらと幽にいませよ落花の宴儚仁

  • 盲目の老犬の踏む落花かな睦月くらげ

  • 木漏れ日にたゆたう一片花の塵むねあかどり

  • 鎧なるブラ装着す落花してむゆき

  • 落花たちお地蔵様の顔すべる村上雄次

  • 落花舞ふ引越し終へし板の間を紫小寿々

  • 散る桜レジャーシートの柄は雲村松登音

  • せせらぎの中洲に光る落花かな室より子

  • バス乗りて落花舞い込む座席下目黒千代恵

  • 脱サラと移住でかろし子の落花モコ

  • 花筏鴨を引き連れ旋回す森彩輝

  • 土彩るさんぽ楽しみ落花もようもり葵

  • 孫送る夕日に落花愛おしき森井國興

  • 落花する中に身を置き目を閉じて森澤佳乃

  • 落花踏む猫車轍交差すもりたきみ

  • 無観客カーテンコールに落花の無音森田祥子

  • 道なりに濡れた模様の落花かな森ひのき

  • ティーショット落花の流れで風見切る杜若友哉

  • 渋滞のハンドル握る手に落花諸岡萌黄

  • 落花の一片舞い立ちて空八重葉

  • 境内に落花陽だまりにさくらねこ柳井るい

  • 母待てず落花陣取る助手席よ柳川心一

  • 落花にも人の盛りを教えられやなや

  • 納品は建築材と落花ですヤヒロ

  • 癌告知六つ指折り落花みる山川恵美子

  • 落花浴ぶヴァージンロードめく舗道山川腎茶

  • しきりなる落花に雪が朝の舞山川芳明

  • 大飛球左翼手(レフト)も攻守花も散る山口要人

  • 散りばめる落花数えてバスを待つ山口雀昭

  • 落花舞う老樹の呼吸聞こえをり山口たまみ

  • 合わせた手落花ひとひら母の笑み山口智子

  • 石畳継ぎ目染めゆく落花かな山﨑菫久

  • 病む夫をむかえる先に飛花ありて山崎鈴子

  • つながれて牛の鼻先落花かな山育ち

  • レンズ越しはしゃぐ我が子に溢る落花山田アキ菜

  • 身じろがぬ装甲車を構ふ落花山田啓子

  • 上り坂チャリ押す顏に落花かな山田文妙

  • 幼子の笑い遠くに落花かな大和屋としより

  • 風ありて落花が肩に落花踏む山薔薇

  • 口論の友の髪にも落花かなやまはる

  • ほろほろと旧友の白髪に落花山辺道児

  • 改札へ見送る背中落花かな山村楓

  • 人ふたり永きふたりの落花かな山本ひらりこ

  • 廃校の庭に桜の散るばかり山吉白米

  • 砂利道の音鎮まりて落花かな遊飛@蚊帳のなか

  • 落花浴び死に逝く君の目に涙雪だるま担

  • 飼ひ猫はあくびをしたり飛花落花湯本康二

  • 落花して水面浮世絵水月火妖精さん

  • 九十の母や落花を眺め居り横田信一

  • 落花下弁当の花どこかしこ吉哉郎

  • 謙虚たれ落花とまりて母の声よし季

  • 飛花落花白馬先頭新記録葦たかし

  • 色残し積もる落花に雨染みる吉田まゆみ

  • 垣根越へそつと訪る落花あり吉野天笑

  • 落花して思ひだしたる母の所作よしのはるか

  • 風止みてコマ送る如落花せりよしみち

  • 魔を避けて落花を纏う仔犬かな芳尾櫻貝

  • おめかしとランドセルの日落花みゆりつりつ

  • 落花落花側溝のピンク

  • 朝かげの川辺色づく落花かなルーミイ

  • 落花は夢二の絵封筒の中にるんやみ

  • 変わらぬもの何ひとつなし花筏紫雲英田

  • 花筏下る此岸の薄明り連雀

  • 見上げれば面影映す落花かな六谷宏雄山

  • テニスコート覆ひ尽くして落花かな六手

  • 落花のシャワー君西方に旅立てりわかなけん

  • お砂場のトンネル抜ける手に落花若葉一家

  • 落花片何故ここにという所に若林千影

  • 風落ちて山路の落花舞ひ上がり鷲野の菊

  • コンサルの女子は去ぬめり落花愛し渡邉桃蓮

  • ストリートダンスに落花終焉す笑笑うさぎ

  • つちくれをすっぽり裹む花の屑ふみ

  • なごりおし つややかな日々落花かなふみ

今月のアドバイス
夏井いつき先生からの一言アドバイス

●俳号には苗字を!

  • つちくれをすっぽり裹む花の屑ふみ
  • なごりおし つややかな日々落花かなふみ

○毎回お願いをしていることではありますが、今回佳作に選んだ中にも、全く同じ俳号がおられました。
 選句の際には、少しでも佳い句を選びたいと思っていますが、このような場合、同一人物かどうか確かめるという一手間がかかります。投句の際に「年齢や性別を書く必要があるのか」と思う人もいるようですが、作者を確認するための貴重な情報です。確認してみると、「つちくれ」が八十代の女性、「なごりおし」が六十代の女性だと分かりました。
 俳号とは、その句が自分のものであることをマーキングする働きもあります。ありがちな名(幸、幸子、弘子、ひろし等)、似たような名の投句が増えています。せめて、俳号に姓をつけていただけると、選句の際の一手間を減らすことができます。投句数も増加しております。お一人お一人のご協力よろしくお願い致します。


●俳句の正しい表記とは?

  • 花散って 見上げた枝の 葉は緑介田佳子
  • 残雪の 峰の麓も 落花なり白つつじ
  • ああ落花 埋めし水の さらに咲き小野あけみ
  • 蒼の空 舞いて落ちるか さくら花
  • 教科書と 手のシミは友 落花ゆくかもねぎ親子(母)
  • 落花激しく 魚群の如く 睦まじく小山紀子
  • 無人の湯 落花一輪 緑漣む淡水亭

○「五七五の間を空けないで、一行に書く」のが、俳句の正しい表記です。まずは、ここから学んでいきましょう♪


●季重なり

  • 落花早くつつじ祭り見る今年幸子
  • 春風に去年と重なる落花かな明日良い天気
  • 暖かい陽射しのなかに落花観る新盛隆
  • 路地裏にツバメ飛び交い落花舞う戎居多佳子
  • 落花美々ご存じないと萌ゆ新芽香川和美
  • 緑濃き落花のあとの風さやか加茂亘
  • 新入生自転車のあと落花跳ね直原由美
  • 花びらに春の往来見聞きするでえくのぼお
  • 込み上げる涙も落花入社式あいあい亭みけ子

○一句に複数の季語が入ることを「季重なり」といいます。季重なりはタブーではなく、高度なテクニック。季重なりの秀句名句も存在しますが、手練れのウルトラ技だと思って下さい。まずは「一句一季語」からコツコツ練習していきましょう。落花」以外のどれが季語なのか、歳時記を開いて調べてみるのも勉強です。


●兼題を詠み込むのがルール

  • 落胤や母は殺めん池の前淋代飛行機
  • 子がはしゃぐふと足元のにわたずみ吉本まき

○今回の兼題は「落花」です。兼題を詠み込むのが、たった一つのルールです。

  • 目に青葉落下に抗う古希女稲嶺逸子
  • 青空に人絵を描く落下傘北野剛
  • 気がつけば落下しており別の顔木葉子
  • 贅沢と落下じゅうたん踏む刹那さかい彩花
  • 風に乗り宙を舞いつつ落下かな紫龍
  • 祖母の背や落下の先に西の空なついぼやき

○兼題は「落下」ではなく、「落花」です。春の季語です。勘違いもあり、変換ミスもあり。

  • 道ばたの うるわしきなり ツズミグサ紘昇
  • 石楠花の落花苔筵の雲海橋爪利志美
  • かけたてのパーマ白髪も花筵内藤未来仁

○「落花」とは、桜の花びらが散ることを意味する季語です。

  • 寒い陽に落花と見まごうあられ舞いvivi
  • 観世音花か蝶かと舞い落ちる石丸大祐

○季語としての力が感じ取れないタイプの比喩になっています。

  • 山桜ここで生きると散る覚悟博岩人

○「山桜」は、独立した別の季語です。

  • 泣くまいと張った目の前落ちる花真野千瓜
  • 桜舞う燦々刹那吐息映ゆ田上智佳士

○現象としては同じかもしれませんが、「落花」という季語をきちんと使う練習をしていきましょう。
 今回の投句の中には、「落花降る」「散る落花」なども多数ありましたが、「落」に「降る」「散る」は含まれていると考えるべきでしょう。「落花舞う」も個人的には、微妙に違和感があります。
 ご自分の投句にそのような表現があった人は、推敲してみましょう。


●入力ミス?

  • 遠い日の離婚れの映る夕落花まみるふぃーゆ

○?離婚れの映る? この辺りがよく分かりません。入力ミスではないかと思われますが……。


●文字化け

  • 落花の叔母さくら色の?残すakkotas
  • 落花路踏みて仰ぐは?茂の嶺土屋紅蠍

○ネット俳壇では、時折起こる現象。うーむ、致し方ないか……。


●前回の兼題

  • 珈琲のドリップのごと遅日かな石川聡
  • 遅日撥ねアンスロポシーンの夜の闇春骨

○遅かりし由良之助~(めっちゃ古い~笑)。〆切を確かめて投句してね。次回の投句お待ちしてます。

ご応募はこちら

9月の兼題

「蟷螂」

過去の審査結果

俳句生活TOPへ戻る