夏井いつき先生の俳句生活

夏井先生のプロフィール

夏井先生のプロフィール

夏井いつき◎1957年(昭和32年)生まれ。
中学校国語教諭を経て、俳人へ転身。俳句集団「いつき組」組長。
2015年初代「俳都松山大使」に就任。『夏井いつきの超カンタン!俳句塾』(世界文化社)等著書多数。

ご応募はこちら

10月の兼題

「鶏頭」

2月の審査結果発表

兼題「野焼」

お待たせしました!2月の兼題「野焼」の選句結果を発表いたします。
毎月、俳句生活を盛り上げてくださるみなさまに、大事なお知らせがあります。4月1日より投稿のルールが変ります。詳しくはこちらをごらんください。
これからも俳句生活をどうぞよろしくお願いいたします(編集部より)。

「天」「地」「人」「佳作」それぞれの入選作品を発表します。

天
ヨシキリの空の巣ひとつ明日野焼

菱田芋天

夏井いつき先生より

「ヨシキリ」は夏の季語ですから、「ヨシキリの空(そら)」とは、ヨシキリが飛ぶ夏空かと思うのですが、「~の巣」と続く。そうか! 「ヨシキリの空(から)の巣ひとつ」なのだと理解し直します。
 この句が凄いのはここからです。下五「明日野焼」で、野焼前日の光景であることが分かり、「野焼」は早春の季語ですから、この巣は、去年のものなのだと気づくことができます。明日ここら辺りは野焼の火に覆い尽くされ、この巣も焼き尽くされてしまうのです。眼前にあるのは、空っぽの古い巣だけなのに、明日の野焼の炎を見せ、やがて萌えだす青草を思わせ、新しい巣を作り始めるヨシキリの様子も想像させる。この句は、季語「野焼」の本意の一つ、再生される命の賛歌を見事に表現しているのです。

地
野焼の奥より風向き変わったと怒号

さとけん

「野焼の奥より」という措辞による遠近感。風向きが変わったことを知らせる「怒号」が、リアリティをもって読み手の耳に届きます。独特の破調も内容に見合った緊迫感を表現していて秀逸です。

混線の無線野焼の急接近

高橋寅次

「無線」も、野焼の現場ならではの句材ですね。「混戦の~」という措辞が、無線の雑音やその場のやり取りなど具体的な映像を想像させます。「急接近」の名詞止めも、臨場感を表現して効果的。

野を焼いて千羽のからす渦巻けり

登りびと

「野を焼いて」とゆっくり詠いだした後に出現する「千羽のからす」の迫力。その真っ黒な動きを「渦巻けり」と描写したのも巧いです。火の赤、焼けゆく野の黒、烏の動き等、映像的な一句です。

トイレにて野焼退避のアナウンス

いさな歌鈴

 季語の現場に実際に立ってこその句材。公衆トイレに入ってる時に「退避」を呼びかける放送が始まるとは! ちょっと慌てつつ、いよいよ季語との遭遇だ! という俳人的緊張感も伝わります。

雨止みて三キロ先の野焼の香

ギル

「三キロ先」って何? と思ったとたんにでてくる「野焼の香」が巧いですね。雨によって火は消えているはずなのに、野を焼いた匂いは残っている。これも「野焼」を実体験してこそ書ける一句。

人
  • 急き立てて追ひ詰められて野火の哭く高橋寅次

  • 中腹の巨石の辺りまで野焼高橋寅次

  • 野焼果つ走る観光課の新人高橋寅次

  • 野焼見つつシケモクに火をつけてみる菱田芋天

  • 草赫し野焼の空に残る月菱田芋天

  • 奈良側に抜くれば淡き野焼の香戸部紅屑

  • 拭ひあふ家路野焼の煤の顔戸部紅屑

  • 月ひとつ野焼をさますには足りぬ斎乃雪

  • 根の国は業火野焼の爺暢気斎乃雪

  • 長兄の渾名で点呼され野焼西川由野

  • 野焼へとハンドブレーキきつく引き西川由野

  • 野火猛り出す拡声器はハウリング佐藤儒艮

  • 対岸の野火や酸い風のたゆたふ佐藤儒艮

  • 野火叩くモヒカン刈の研修生あさのとびら

  • 野焼まで愛宕の山は笑はないあさのとびら

  • 野を焼いて残る山影塩むすび足立智美

  • かさぶたのはずだが痛む野焼かな足立智美

  • 波のごと焔打ち来る野焼かな安春

  • 野焼果て空に張りつく昼の月安春

  • 太陽を休ませてゐる野焼かな大和田美信

  • 野焼して頬が何かに濡れてゐる大和田美信

  • 采配は氏子総代けふ野焼にゃん

  • 第二分団走る野焼の防火帯にゃん

  • 野焼終え石碑の文字の現れるいさな歌鈴

  • 己が火の起こす風にぞ走る野火いさな歌鈴

  • こんな大きくなるはずじゃなかった野焼さとけん

  • 己が火にたじろぐ野火を叩きけりさとけん

  • 野焼き果て鼻腔にこびりつく何か秋沙美洋

  • 野焼き果てまだ形ある何かの腑秋沙美洋

  • 煤まみれに野焼き果つ風呂だ風呂だ朝月沙都子

  • TVクルーが叱られてゐて野焼朝月沙都子

  • 野を焼けば生温き夜の被さり来あずお

  • 真つ直ぐに立つは吉兆野火の煙あずお

  • ぬたうつ野火追いてぺちぺち火消棒あまぐり

  • ヘルメット並ぶ野焼に鍔向けてあまぐり

  • 明王の剣唸りをる野焼の火飯村祐知子

  • 野を焼くや火伏の水をまきながら飯村祐知子

  • 野火果てて風なまぬるくあるばかりいかちゃん

  • 人類に禁忌のありし野焼の手いかちゃん

  • 遠まきの頬に野焼の粗熱来池内ときこ

  • 野を焼いて来し瞳孔のおとこかな池内ときこ

  • 野焼して消防団に貸し一つ池田華族

  • 溶けてゆく野焼に投げたフォトグラフ池田華族

  • 豊作となる方角へ野焼の火池之端モルト

  • 野焼せし地より腕無き地蔵尊池之端モルト

  • 我ヤマトタケル野焼の草を薙ぐイサク

  • 野焼して太陽赤く焦がしけりイサク

  • 国生みの島てふ淡路野火走る石塚彩楓

  • 山彦がお忍びで野火見物に石塚彩楓

  • そこはもう闘ひのあと野焼あと石原由女

  • 憂ひごと火の海となる焼野かな石原由女

  • 鳥声を焼かんと野火の猛るかな板柿せっか

  • 堤焼く皮膚を剥がしてゆくごとく板柿せっか

  • ふつくりと土持ちあがる野焼あといづみのあ

  • 火焔土器めらめら揺れる野焼かないづみのあ

  • 海はるか大室山の野焼かな糸川ラッコ

  • 野を焼けば山のかたちの揺らめきぬ糸川ラッコ

  • 勢子の背へ襲ひかかるや野火猛る伊奈川富真乃

  • 鼻の煤袖にてぬぐふ野焼酒伊奈川富真乃

  • 魁が殿となる野火の風うさぎまんじゅう

  • 野火点けし庭師の所作の神事めくうさぎまんじゅう

  • 火付けせんと思ひしことあり野焼宇佐美好子

  • 踏み分け道現れたるや野焼後宇佐美好子

  • 燃やしてまた初めからつて乱暴だな野焼潤目の鰯

  • 根を齧る赤き鼠のゐて野焼潤目の鰯

  • 日輪も巻き添えになる野焼の火朶美子

  • 野を焼いて漢ハーレーに跳び乗れり朶美子

  • 行き交ふはお国訛りや野火走るえんかず

  • 村中の軽トラ集う野焼かなえんかず

  • 縁側を野焼の風の濃き薄きおおい芙美子

  • 瘡蓋の痒みをたたく野焼の夜おおい芙美子

  • 野焼きの火風の形を見つけたり大紀直家

  • 喉の奥灰残したる野焼かな大紀直家

  • 野焼終へ見張りを残し酒を酌む大谷如水

  • 眠さうな一山起こす大野焼大谷如水

  • やはらかき歌にたゆたふ野焼かな魚返みりん

  • 肋骨にざらりざらりと野焼かな魚返みりん

  • あれ埋めしあたりに野火のいたりけり可笑式

  • 野を焼けばあかるき潦いくつ可笑式

  • 野焼して父に薄荷の匂ひかな岡田雅喜

  • 「おう」と来るをとこ八人野焼守岡田雅喜

  • 野焼して平原星の創世記おきいふ

  • 人の声野火を真中へ押し戻すおきいふ

  • 風向きに撤回できぬ野焼なりおこそとの

  • 野焼の火かけ上がる胃の芋焼酎おこそとの

  • 九時方向班長の声追ふ野焼オサカナクッション

  • 詰まる息の吐き処など無く野焼オサカナクッション

  • 野焼眺めて吃逆はよく止まる小野睦

  • よくもまあこんな処を野焼とは小野睦

  • 前世を犬が見てをり野火さかん海音寺ジョー

  • 野火猛る平成の漫画誌が舞ふ海音寺ジョー

  • ひとつまみ野焼きに残る風のあり火炎猿

  • 来し方を裏返しゆく野焼かな火炎猿

  • 野焼の火見てより胸のさうざうし霞山旅

  • 大空の裏側のごと野焼跡霞山旅

  • 大地には小さき痒み野焼かな花伝

  • 堤焼く穏やかな死を否定して花伝

  • 草を焼きぴたりと止める畑境亀山酔田

  • 野を焼くに明日の指示と飯の数亀山酔田

  • 半島の半分ほどの野焼かな花紋

  • 大野焼龍は片眼を開きたる花紋

  • 幾百のスマホの窓に野焼燃ゆ加裕子

  • 野焼跡我の死体のあるような加裕子

  • リアカーに子犬待たせて野焼かな川村湖雪

  • 梵字なりあの田の野火のはじまりは川村湖雪

  • 暗闇を濡らす野焼の焔かな喜祝音

  • 野焼あと一番星の煤けおり喜祝音

  • 火種曳き先づは従順なる野火よ北藤詩旦

  • 絶え間なく咀嚼の音のごと野焼北藤詩旦

  • グラサンに野焼の哮る支団長北村崇雄

  • ツーリングの列に野焼の包囲さる北村崇雄

  • ぢりぢりと焦げたる馬糞野焼跡きなこもち

  • 捨てられたエロ本爆ぜる野焼かなきなこもち

  • 野火の壁おーいと声をかけてみる祺埜箕來

  • 野焼開始消防隊員前へ祺埜箕來

  • 通訳の人に群がる野焼かな城内幸江

  • この靴を履いて野焼に来ちまった城内幸江

  • 野焼の跡に星待つことのありにけり清島久門

  • 野を焼きて残りし鬼の角二本清島久門

  • 生臭く這ふや野焼の心臓部

  • 昼の月淡し野焼に立つ煙

  • 口ずさむ戦艦ヤマト野焼なか久我恒子

  • 野を焼くや宇宙に星を増やしつつ久我恒子

  • サヘラントロプス・チャデンシスの頭蓋の色の野焼跡ぐでたまご

  • 野火走る中に銃声の混じるぐでたまご

  • 野焼の日昼からやけに肉が売れ倉木葉いわう

  • 野焼とは相性悪く水瓶座倉木葉いわう

  • 野焼してピザにタバスコたっぷりと紅さやか

  • 龍の舌空へ荒ぶる野焼かな紅さやか

  • 野焼して細胞の核焦げているけーい〇

  • あとはただ無糖コーヒー飲む野焼けーい〇

  • 野焼果て岩波文庫の匂ひかなケレン味太郎

  • 生存者のようにスコップ野焼き跡ケレン味太郎

  • 手の影の先より野焼始まりぬ公木正

  • 野焼あとしばらくなにもない人生公木正

  • 渡良瀬の起伏あらはに野焼果つ幸田柝の音

  • くろぐろと朝を濡れたる野焼跡幸田柝の音

  • 阿蘇山家野焼斎場こちらです→古賀

  • 一年の光の火葬野を焼けり古賀

  • 野焼終え酢豚に黒酢効かせたる木染湧水

  • 野焼見る少し苦手な人と見る木染湧水

  • 野焼せる農夫の黒き鼻の穴今野淳風

  • 火の色の褪せて野焼の空いびつ今野淳風

  • 咽頭に張り付く野火の塵埃斉藤立夏

  • 野を焼くやウェストポーチの薄荷飴斉藤立夏

  • 野焼きの火浴み足りし身をいま返す榊昭広

  • 野火いまや尽き果ててをり身をはがす榊昭広

  • ころげるか天は野焼ぞだんご虫坂まきか

  • ライブ配信を正座秋吉台野焼坂まきか

  • 髪を洗えばぶわっと匂う野焼かな座敷わらしなつき(9才)

  • 野焼きが来るぞ天道虫を逃がしたよ座敷わらしなつき(9才)

  • 湾内へ降りる野焼の熱き風紗智

  • マンモスの這うた足跡大野焼紗智

  • 灌木の骨累々と野焼跡真井とうか

  • 毛穴の底まで燻されて野焼かな真井とうか

  • 道祖神一時御鎮座野焼本部沢拓庵

  • 鬼岳の鬼へ願いの野焼かな沢拓庵

  • 走る火を火で迎へ撃つ野焼かなしぼりはf22

  • 熊撃ちの勢子も火を追ふ野焼かなしぼりはf22

  • 少年と聴くは野焼の風の音島田あんず

  • 犬ひくく唸り野焼きの風おこる島田あんず

  • ラジオより迂回促す野焼かな嶋田奈緒

  • 明日野焼だから電話するなと母嶋田奈緒

  • 山も野もバスも呑気に野焼かな清水三雲

  • ペライチの回覧で知る野焼かな清水三雲

  • 消防員の急な募集や野焼後芍薬

  • 野焼の夜じっちゃがやけによくしゃべる芍薬

  • 野を焼けば子を呼ぶ山羊の細き声じゃすみん

  • 野火のあと巨神のごとき杉の洞じゃすみん

  • 飛火野の雨を待たせて野焼かな沙那夏

  • 九相図や遠くに野焼始まりぬ沙那夏

  • 風読みの狼煙めくかな野火の空シュリ

  • 加具土命の舌が伸びゆく野焼かなシュリ

  • 野を焼いて剥がしても剥がしても野常幸龍BCAD

  • 名前なき野でも焼かねばなりません常幸龍BCAD

  • 猛る火を手懐け了る一日かなジョビジョバ

  • 太陽の黒点の香野焼跡ジョビジョバ

  • 地の神の目玉は四つ大野焼白プロキオン

  • 草喚く野焼や風神など居らぬ白プロキオン

  • 先づ水を捧げ今年の野焼せり白よだか

  • 飯を炊くように野焼が始まれり白よだか

  • 廃校の土俵に迫る野焼かな新濃健

  • 村の名の袢纏焦がす大野焼新濃健

  • 夜の雨に匂ひ鎮まる野焼かなしんぷる

  • 青年に還る還暦野を焼きぬしんぷる

  • ボタの野火霞むや三池闘争史すがりとおる

  • 手鏡に唇映す野火の窓すがりとおる

  • 風強し野焼延期の無線あり晴好雨独

  • 家路へと野焼の匂ひ嗅ぎながら晴好雨独

  • 野火消えて海峡の色深まれり清波

  • 猛る野火見し夜に長子生まれけり清波

  • 目深なるフード野焼に小雨きてせり坊

  • 野焼して黒き鼻汁袖に拭くせり坊

  • 野焼きの火富士を敬ふごとく燃ゆそうま純香

  • 外輪山野焼きの後の傷多きそうま純香

  • 僧の来て野焼の色の変はりけりそうり

  • 走り行く野焼きに町は歪み出すそうり

  • 祖父の影水にゆらぎし野焼かな染井つぐみ

  • 白髭にすす混じりたる野焼かな染井つぐみ

  • 野焼の火喫んでふくよかな青天高尾里甫

  • 影という影のゆれ野焼は盛り高尾里甫

  • 野焼果つ耳に弔ふやうなぱちぱち高田祥聖

  • 野焼見る あれは怖くないほうの火高田祥聖

  • 草魂のぱりこりばりごり野火となる多事

  • 男らは国盗りのごと野火を曳く多事

  • 危ない火はさつさと潰す野焼かな多々良海月

  • 行儀良き炎を残し野を焼けり多々良海月

  • 猿と人のあはひへ還る野焼かな田中木江

  • 野焼てふ殺風景を後ずさる田中木江

  • 一村の野焼にけぶる豊肥線谷町百合乃

  • 野を焼いて祖母山渡る新風かな谷町百合乃

  • 火も草も反抗期めく野焼かな玉木たまね

  • 津波めく野火を夜空に送りけり玉木たまね

  • ガードレールにぶつかり野焼き朦朧と玉庭マサアキ

  • 打ち寄せる野焼へぶつけたる野焼玉庭マサアキ

  • 見物の眼の熱をもつ野焼かな玉響雷子

  • 長靴の底のゴム臭野焼跡玉響雷子

  • 猛りくる野焼き川辺にきて止まる田村利平

  • 鶴翼の型にくろぐろ阿蘇野焼田村利平

  • 野焼き終ふ灼けぬところはまたこんど丹波らる

  • 野焼き終ゆ物欲しそうに来る烏丹波らる

  • 野焼果てうす汚れたる陽がひとつちゃうりん

  • 野を焼く火そいつは制御できる火かちゃうりん

  • 野火守の卵殻ひょいと放りけりツカビッチ

  • 焼け果てて野焼のぽつと収まりぬツカビッチ

  • 灯台を孤島のごとく野焼の火露草うづら

  • 野焼果て海の気配の濃くなりぬ露草うづら

  • 野焼き後の火の番がてら畑めしツユマメ@いつき組広ブロ俳句部

  • 野焼き後の夜回り月を見るついでツユマメ@いつき組広ブロ俳句部

  • 火葬場の行きも帰りも野焼跡てまり

  • 野焼見る天然水を飲みながらてまり

  • 野焼して大地ぐらりと歪みけり天陽ゆう

  • 地の底のみづ累々と野を焼けり天陽ゆう

  • 遠野火や逃げ来し蝶のやうに灰とかき星

  • 野焼して火星の暗く匂ふかなとかき星

  • 救いたる小さき卵や野を焼きてどくだみ茶

  • 地の力試されており野焼跡どくだみ茶

  • 蒼空明るくて野焼地味だつたトマト使いめりるりら

  • 野を焼きて風の糖度を触診すトマト使いめりるりら

  • 野を焼きてうつくしきもの土の奥とりこ

  • 野を焼きて次鋒の家へ集いけりとりこ

  • 鳥葬の跡を蔵せし野焼かな内藤羊皐

  • 祝祭の如く禽啼く野焼かな内藤羊皐

  • 野火走る岬の果ての海の色中岡秀次

  • 東歌聞こゆる毛野の野焼かな中岡秀次

  • 野を焼きて蛇口の水を口いつぱい中原久遠

  • 明神に清酒ふるまひ野焼へと中原久遠

  • 吠えているばかりや野焼番の犬新蕎麦句会・凪太

  • 太陽の痛がっている大野焼新蕎麦句会・凪太

  • 野焼してもしても鳥の国に戻らぬ七瀬ゆきこ

  • 野辺焼ける点火したのは赤い月七瀬ゆきこ

  • 野焼見て踵(きびす)は軸になりにけり尼島里志

  • 目も口も閉して風と野焼かな尼島里志

  • 野焼見る妻の瞳の潤みおり西村小市

  • 口開けて呆けおりたる野焼かな西村小市

  • 金の粉を撒いて野焼は空を焚く仁和田永

  • 野を焼けり地神の息吹賜りて仁和田永

  • 見張りつつ競馬中継きく野焼馬祥

  • 臨月の妻とみてゐる野焼かな馬祥

  • 白富士を攻めるが如き野焼きかな馬笑

  • ティーショット野焼きに向けて放つなり馬笑

  • 神獣の都を出づる野焼の夜長谷川小春

  • 野焼果て朝をひとりの湯浴みかな長谷川小春

  • 紺碧の海すさみゐる野焼かな早田駒斗

  • 風は火を研ぎて野焼の宵の底早田駒斗

  • 上空を自衛隊機や野焼果つ巴里乃嬬

  • 野火の底青き水満つ鍾乳洞巴里乃嬬

  • 升池の水面へ烈し野焼かなひでやん

  • 野火付けて回る一家の笑ひ声ひでやん

  • 引きしぼる即ち野火となる火矢を比々き

  • どろどろと太鼓囃せば野火走る比々き

  • 錆びついた心ぎぢぎぢ野は焼かれ平本魚水

  • 野焼はげしくて悲しみはみづうみ平本魚水

  • 野焼く火の清しく尽きし夕間暮れ風慈音

  • 野火の這ふ風を率ゐて野の目覚む風慈音

  • ぷすぷすと煙ふて腐れて野焼藤田ゆきまち

  • もうもうと野焼の意志のありにけり藤田ゆきまち

  • 野焼して涙のやうな雨降りぬ藤雪陽

  • 野焼の火激しや痒くなるもゝた藤雪陽

  • 撤収の聲ひび割れてゐる野焼古瀬まさあき

  • 野焼の香させて野焼のこと言はず古瀬まさあき

  • 胃に水のつめたく揺るる野焼かな古田秀

  • 野を焼くや山向ふより軍用機古田秀

  • ハッカ飴苦くなりゆく野焼かな碧西里

  • 野を焼くや阿蘇の乾きを寿ぐや碧西里

  • 十秒を軽々切って野火走る堀卓

  • 火に遊び色に溺れる野焼かな堀卓

  • 心臓にしまふ野焼の火の一片ほろろ。

  • 血はとうに乾ききつたる野焼の手ほろろ。

  • 貧血に臥せる日遠く野焼あり真冬峰

  • 野焼き果て躯の芯にひかり埋め真冬峰

  • 大野焼脇百姓に世継ぎなしまんぷく

  • 野焼きしてみづの御霊の鎮まるるまんぷく

  • 火の鳥の生まれしはこんな野焼だろう三浦にゃじろう

  • 野焼かな火はいつも同じ色して三浦にゃじろう

  • ぐんぐんと野焼の焔立ちあがるみなと

  • 追い風にカメラの走る野焼かなみなと

  • 巻貝の化石のかけら野焼果つ南風の記憶

  • 野焼跡運航は明日より再開南風の記憶

  • 野焼して眼の奥くらき農夫かな水面叩

  • 野焼してバレエ教室まで煙る水面叩

  • 野焼放つ乱れ始むる風の息宮坂暢介

  • 遅参せし野焼の風を一気飲み宮坂暢介

  • 野火猛て空との間(あはひ)みづみづし宮武濱女

  • 野を焼くや千年前は船着き場宮武濱女

  • 火と走るちから衰え野焼かな美山つぐみ

  • 農家父子急所教える野焼かな美山つぐみ

  • すでにおとなの目もて見つめる野焼かなむうさく

  • 奇声なく火のはなたれし野焼かなむうさく

  • 野火の風おこして雲を動かせり紫小寿々

  • 野焼きする酒呑み達は共犯者紫小寿々

  • 野焼終へ昼餉に集ふ歯の白し暝想華

  • 夕野焼風にもののふ見たやうな暝想華

  • 野を焼けり神の牧地のおほどかに山内彩月

  • 土地神に牧を乞ひたる野焼かな山内彩月

  • 車窓から野焼の農夫七人目山﨑瑠美

  • 婆ちゃんも野焼も同じ匂いする山﨑瑠美

  • 低予算映画のやうな夕野焼山田蹴人

  • 独り言くすぶるやうに野焼かな山田蹴人

  • 爺ちゃんの空も野焼の色となる結壱隆月

  • 野を焼きてひとりぼつちのごとく見ゆ結壱隆月

  • 野焼あと身体震はせ出す尿葦たかし

  • ほどけゆく野焼の匂ひ妻を抱く葦たかし

  • 僧の血を滾らすほどの野焼かなラーラ

  • 野火果てて常と変わらぬ夜となるラーラ

  • 宇宙では野焼十円禿のごと雷紋

  • ぷすぷすと大地文句を言う野焼雷紋

  • 煙這う明るき野火の上を這う蓮花麻耶

  • 高々と野火を越えくる父の声蓮花麻耶

  • まほろばや野焼く焔に酔ふごとしRUSTY=HISOKA

  • 遠野火や土神さまの恋かなしRUSTY=HISOKA

  • 死火山の火口へ野火の走りけり樫の木

  • 野焼の火急に膨らむこと三度ギル

  • 満月に墨絵のごとき野焼きあと葵かほる

  • 明星の肥えて野焼を仕舞う声葵新吾

  • 野を焼くる火の粉の行方昼の月蒼空蒼子

  • 野焼き終へ缶コーヒーのプルトップ仮名鶫

  • 大野焼昨日焦眉の香ぞ黒し叶黄不動

  • 八ミリのフィルムに映る野焼かな今藤明

  • 心臓の形して終ふ野焼き跡紫瑛

  • 拍動は小暗き野火に沈みつつ滝川橋

  • 崖を研ぐ波音高し野火の果て谷川下沖

  • 泣けるのは野焼の煙のせいかしらつきのひと

  • 午後五時のメロディーは鳴り野焼終ふDr.でぶ@いつき組広ブロ俳句部

  • 日曜の野焼担当観光課原田民久

  • 支流から大河となりぬ大野焼連雀

  • 野焼きへの合掌震災の跡地佐藤美追

  • 道祖神土手駈け上がる野火の中あ・うん

  • 風起こし風を従え野焼かな愛燦燦

  • 町内放送野焼の灰と知らせをりあいだほ

  • 野を焼きて咆哮没むしじまかな藍野絣

  • 火の神が怒らぬやうに野焼する青い月

  • 申請の通って無事に野焼きせりあおいなつはやて

  • 横一線川まで攻め込む野焼きかな青井晴空

  • 乾坤まで焔走りて夕野焼青田奈央

  • ボアボアと野焼の炎貌を出す蒼鳩薫

  • 消防と警察仰ぐ野焼かな蒼來応來

  • 遠野火や死に後れたる者つどふ赤松諦現

  • 野を焼くや旧友らしき消防士赤馬福助

  • 阿蘇の馬のつこり戻る野焼して明惟久里

  • 火を御する者となったか野を焼いてあさいふみよ

  • 風吹いて鳴り止むジャズと野焼かなあ須藤かをる

  • 不死鳥は野焼の原に生まれけり畦のすみれ

  • 野焼する男衆の手に水ぶくれ雨戸ゆらら

  • 尿してさてと始まる野焼かなあまぶー

  • カルストの野焼き〆日の生配信あみま

  • 阿蘇野焼ゆたかに闇の生まれけり有本仁政

  • サンドラは刺子法被を撮る野焼アロイジオ

  • 火の神が烙印を押す野焼あとアン

  • 息止めて突つきれど野焼の煙石井一草

  • 陽石のごろんと黒き野焼かな石井茶爺

  • 放たれし炎のドミノ野焼かな石岡女依

  • 野焼に木々は我慢するかに動かない石崎京子

  • ダンゴムシ野焼きの前夜の寄合磯野昭仁

  • 天と地を分くる野焼に怯えけりいたまきし

  • 風鐸の静かなる夜野焼かないつかある日

  • 大仏の半眼朱く大野焼伊藤亜美子

  • 半纏の緻密な織目野焼く朝井中ひよこ号

  • 野焼日やスクランブル機発動すいまにしともき

  • 満々と草焼く傍のバケツかな入江幸子

  • 荷台から振り返り見る野焼かな彩人色

  • 清めの祈りまなうらに赤野焼の夜いろどり五島

  • 野焼の火猛りを迎えの火が鎮め色葉二穂

  • 野を焼いた男と思ふ背も腹もウィヤイ未樹

  • ぼんやりと地球に立っている野焼上野眞理

  • 大阿蘇の地を捲りたる野焼かな上原淳子

  • 野焼き見る昔馴染みとわれの影ウスキシュウジ性

  • おにぎりに野焼の灰の降りかかる内田英樹

  • ここまでと野焼の線を地図に引き海口竿富

  • 買ひ食ひの道や野焼きの匂ひけり海野碧

  • ひのもとの臍も灸治のごと野焼うめがさそう

  • 野焼したとこだけ空に穴が空く浦文乃

  • 風たちて手負いの獣めく野焼浦野紗知

  • 野焼跡きのう焔であつた土江藤すをん

  • 湯呑みには煤逆巻きの野焼かな江戸川舟

  • 天つ日の男言葉の大野焼M・李子

  • 風のなき野焼の風を呼び寄せぬ

  • 殿は宿直明けの野焼隊大黒とむとむ

  • 大野焼棚田一千三百枚大小田忍

  • 野焼するふとじっちゃんのにほひする大嶋メデ

  • 一礼の実習生や野焼跡大槻税悦

  • 王冠のような炎は野焼です大津美

  • 益荒男の叩く野焼の炎かな大庭慈温

  • 菓子袋高く巻き上げ野焼きかな岡崎まさよ

  • いづこにて遊びしや野焼きのにほひ小川天鵲

  • 太郎冠者も煙に咽ぶ野焼きかな奥寺窈子

  • 断食の挫折舐め尽くす野焼おくにち木実

  • 野焼防火帯の草刈る消防団小倉あんこ

  • 富士隠す濃煙高き野焼かなおぐら徳

  • 大野焼立ち木一本鳶巣ありおさむ

  • 父母の墓前に迫る野焼かな小田和子

  • 野を焼きて地球新たや背伸びせり乙華散

  • ドイツ語で耳打ちされて野を焼いておぼろ月

  • 都井岬野焼き一粒万倍日かいぐりかいぐり

  • 阿蘇野焼牛馬の声も遠からじ甲斐紫雲

  • 野焼き跡生臭き吾歩いてるカオス

  • 野を焼くや親父朝から燻さるる案山子@いつき組広ブロ俳句部

  • パタゴニアの烈風突っ走る野火影山らてん

  • 野を焼けば鼻腔にのこる血の匂いかさいともこ

  • 山の神静かに野焼受け入れぬ風花まゆみ

  • 人棲まぬ里に野焼きの煙たつ柏原淑子

  • 「野焼ありあな恐ろしき」煤け猫加世堂魯幸

  • 死ね。とLINE野焼きの火はたえだえに風ヒカル

  • 野焼の香イヤホン外し風を聴くかたちゃん@いつき組広ブロ俳句部

  • 巡回の車内に異臭野焼ありかたな

  • 「禿山の一夜」奏でるがごと野焼かな花鳥風猫

  • 野を焼くや観光客の服に穴かつたろー。

  • 父祖の野を焼けば棚田の姿かな克巳@夜のサングラス

  • 野火果てて露天の風呂に星を嗅ぐ門未知子

  • 鼻奥へ理不尽の風野焼かなかとの巳

  • 青年団のきびきび動く野焼かなかぬまっこ

  • 野焼撮り終えて野焼の香る車中かねつき走流

  • 葬列は野焼きの中を粛々と金本節子

  • 白妙の富士を炙りて野焼かな釜眞手打ち蕎麦

  • 山裾をくすぐりてゆく野焼かな神or愛

  • ここまでと決めて野焼の火を放つ亀田荒太

  • 眠りたる神起き上がる野焼かな亀田かつおぶし

  • 野焼終へまだ皆の瞳に炎川村昌子

  • マイルスのラッパ野焼きのリズムかな閑々鶏

  • 野を焼かん土も清めの火を欲すキートスばんじょうし

  • 注連縄に迫る野焼や向い風北川そうあ

  • 一村を挙げて野焼の有線や喜多吃音

  • かけあがる炎のにじむ野焼かなきた実実花

  • 野焼きの夜親子の靴を洗ひけり木下桃白

  • 車窓から淀の鵜殿の野焼かな木村修芳

  • 青空と野焼きの後の死の匂いぎょぎょうざ

  • もう会社なんて辞めたる野焼の火桐野しおり

  • 地に描く野焼太陰太極図銀長だぬき

  • 「決行」と有線響く野焼かな葛谷猫日和

  • 野焼に煙る夕陽の中に異界あり楠田草堂

  • 野焼の火台地に縄文土器出土ぐずみ

  • 鍬を持つ農夫一人の野焼きかな國吉敦子

  • 野を焼くや遥かに兆す土の色窪田睡鯨子

  • 野を焼きて一番星をうたひけりくま鶉

  • 風吹けば風に噛み付く野焼の火倉岡富士子

  • 野焼して干からびてゆく昼の月倉木はじめ

  • 仙石原野焼きに消えし迷い道月昭

  • 野焼前種火掲げて血走る目紫雲英

  • 遥けくは伊吹山麓走る野火ケンG

  • 千年の野焼千里をゆく焔研知句詩@いつき組広ブロ俳句部

  • 太陽と競ひて野火の焔たつ兼珍

  • 野焼の夜むかしのをとこ夢にまた小池令香

  • ごうごうと空蝕んでゆく野焼小笹いのり

  • 野焼果て勢子の眼玉に火の匂ひコスモス

  • 野火赤く走れ黒煙龍を呼べ来冬邦子

  • 伊邪那美(いざなみ)の体の焦げて野焼あと古都鈴

  • 野焼あと不思議な空が山吹色木の実

  • トンネルを過ぐる野焼の余韻かな小山祐治

  • 作況を野焼の隅に占ひぬGONZA

  • からっぽの空の落書き野焼かな齋藤杏子

  • 太平洋プレート動く野焼きかなさくら悠日

  • 死神の消し忘れたる野火一つ紗千子

  • 三脚が橋に陣取る野焼かな佐藤弘

  • 地図になき大地も焦がす野焼かな佐藤志祐

  • 吉相の山は平穏野焼きかなさぶり

  • 甘やかなけむり西より野焼かなさむしん

  • 野焼果て牛らの乳房張ってゐる澤村DAZZA

  • 野を焼きて我は大地に発情す山太狼

  • 野焼あとのぼりし月の色淡く塩原香子

  • 遠野火や記憶底からでんぐりと茂る

  • 野焼にて揮毫す天つ空の神篠雪

  • 火の粉舞う野焼の昼や握り飯芝野麦茶

  • 猛り来て地蔵につまづく野焼かな清水容子

  • 野焼果つ猫の尾つぽの柔らかき霜月詩扇

  • 県境野焼きは橋の手前まで砂楽梨

  • 野焼終へ滾る眼の鎮まらず綉綉

  • 野焼して田圃は覚悟決めにけり寿松

  • 野焼して遠くの村の現れぬじょいふるとしちゃん

  • 現代詩読む野焼の匂い日曜日白沢修

  • 光淡し影も焼き尽くすか野焼しんび

  • 野焼きして明るく漂う憂いかな森牧亭遊好

  • タチスミレ救ふ野焼の菅生沼水夢

  • この国は一旦野焼するとよい鈴木(や)

  • たぢろぎてまた進みをり野焼の火鈴木由紀子

  • 野焼あと足裏つつく息づかい素敵な晃くん

  • 野焼の日父神棚に深々とスマイリー正子

  • 野火走る島津奔りし阿蘇の路青児

  • 地下足袋の底こそばゆし野焼かなせいしゅう

  • 野を焼きて帰路の互いの肩近し瀬尾ありさ

  • カルデラの野を焼くをんなロキソニン世良日守

  • 野火走るガードレールを捕らへしか蒼求

  • 風集め野火は最後の仁王立ち蒼奏

  • 雲追いて風に追われて野焼かなそまり

  • 流木を焚けば遥かに野焼の火宙のふう

  • 野焼き後の中華屋満席火消し団それいゆ

  • 何処かの野焼きを纏う洗濯物第一句けいぜろばん

  • 廃線の線路に迫る野焼きかな平良嘉列乙

  • 野火走り里つゝみゆくホルンの音 高木音弥

  • 結界をはるやうに立つ野焼守高橋無垢

  • 故郷とは違う匂ひの野焼かな竹内応琳

  • 野焼した祖父は此の地に還りたり竹内寧子

  • 野焼の香降車ボタンに手が届く竹一

  • バケツ持ち野焼真っ平に熱し立田鯊夢@いつき組広ブロ俳句部

  • 駅弁置く窓に野焼の白煙谷本真理子

  • 分家の婿消防団で初野焼千葉睦女

  • 野焼き後のリキュール微かけぶる喉衷子

  • カーエアコン外気にほのか野焼の香丁鬢敏太郎

  • 痙攣の始まるまぶた野焼の火月館まりも

  • 半音符上げて弧を描く野焼かな辻が花

  • 饒舌な地の声を聞く野焼きかな辻陽気姫

  • 狼煙上げ火馬の駆ける野焼かな椿りん

  • 長靴の底冷めやらず野焼跡津幡GEE

  • 野焼き火や足でグリグリ空仰ぐツユマメ末っ子9歳@いつき組広ブロ俳句部

  • 見届けて野焼の果は阿蘇五岳鉄猫

  • 野焼する爺の犬は今朝死んだてんてこ麻衣

  • 野焼きの火音呼び起こせ土のみづ東京堕天使

  • 野を焼くや熊野古道の千枚田ときめき人

  • たそがれて野火のみ揺るる盆地かな独星

  • ゆふやみを野焼のけぶり月乾ぶとしなり

  • 野焼立つ筑紫の空のまったいら富山の露玉

  • 野を焼けばジンタの笛の音がする中島圭子

  • 篳篥と笙の雅楽の野焼きかななかむら凧人

  • 土手の野焼きポケットに吸入薬永谷部流

  • 団長の指示淡々と野焼せりなごやいろり

  • 野焼の火消えつつ疼く微風あり夏湖乃

  • 青空へもつれてゆきぬ野焼の火夏野あゆね

  • 火の巫女の眸幼き野焼かな夏雨ちや

  • 甲斐駒や日と火戯むる野焼きかな七森わらび

  • 野を焼いてほむらの戦車行進す七歩

  • 野を焼くや火の鳥幾度生まれしか名計宗幸

  • その人の妻の訃報や野火高し奈良素数

  • 徐に神酒を交はして野焼かな楢山孝明

  • 堤焼く炎が炎巻きこめり西尾桃太郎

  • 野焼く日に希望退職者の通知西田月旦

  • 野焼あとかつてのホームランボール西原みどり

  • 野を焼けば独り言増えて二重格子

  • 野うさぎに星降る夜よ野焼きの日ねがみともみ

  • 野焼の夜地球の鼓動吾と一つ根々雅水

  • 野焼きだろう舌の右端痛苦い野井みこ

  • 淀川を浪速へ煙る野焼かな埜水

  • 内示あり野焼の灰の降り積もる野々香織

  • 御神火を貰ひ始まる野焼かな野ばら

  • 火矢放ち野焼始まる潮岬野原蛍草

  • 市職員交じる野焼きの漢らにはぐれ杤餅

  • 月賦払えぬ遠くに野焼きが見える橋田ろろ

  • 炎まだまなかひにあり野焼の夜長谷川ろんろん

  • 二階より土手の野焼を見ていたり畑詩音

  • なにもない野焼きの村の夕陽かな畑田ほずみ

  • いま阿蘇の野焼見てると妻の声パッキンマン

  • 揺さぶられたくて見ている野焼きなり八田昌代

  • 弔ひや殊に野焼の後の雨はなあかり

  • 出動の先は野焼きの飛び火場所花岡浩美

  • 野火上がるほむらのゆらぎ地のゆらぎ花岡淑子

  • 妙なもの焦げて転がる野焼あと花咲明日香

  • 風神の眼の下の野焼かな 羽沖

  • 野焼して声なきものの焼かれけり東原桜空

  • 野焼果て盛りあがりたる土竜塚樋口滑瓢

  • 千年の火柱御して野焼きかなひすい

  • ラジオから演歌流るる野焼かなひなた和佳

  • 野焼のにおいたてぶえでアマリリスひろ夢

  • 逸れし野火鎮めて立つや灰神楽尾流雅

  • 野焼より生まれてきたり篳篥は昼寝

  • 鎌首を擡げ地を這ふ野焼の火広木登一

  • 思春期や野焼の爆ぜる音しずか廣重

  • 野を焼くや甲斐に武田の赤備へ深町明

  • 野を焼くや飛べるもの皆飛び立てりふくじん

  • 籾殻の張りつく軍手野焼かな福田みやき

  • 土神の手跡烈しき土手野焼き福ネコ

  • 野焼する炎立つたり座つたり福良ちどり

  • 野を焼けばたのかんさあの降りてくる藤色葉菜

  • 前線の見る見る捲れゆく野焼ふじこ

  • 曖昧な哀愁燻る野焼後双葉@あさ葉会

  • 鳥の住む野であるまいか野焼進む文月さな女

  • 野焼へ野焼へと恍惚の躯冬のおこじょ

  • 助っ人も高齢と見ゆ夕野焼古川シアン

  • 姉嫁ぐ遠く野焼の香の辛し弁女

  • 野焼さびし外輪山の広々し茫々

  • 風読みの指示確かなり野焼の火干しのいも子

  • 疾く尽きて今年の野火は意気地なし凡々

  • ひたすらに火が火を呑みて野焼かな梵庸子

  • 和紙に墨広がるがごと野焼かなまこ@いつき組広ブロ俳句部

  • 夕暮れに寂しさ匂う野焼き跡まこと(羽生誠)

  • 野焼の火生まるる明日と死ぬる今松本裕子

  • 赤龍の神木へ野火走りけりまどん

  • 野焼する俺は監督口達者まりい@

  • 野を焼くや梵字のやうな炎上げ三茶

  • 地下足袋は特注なのか野焼の師水間澱凡

  • 相続の小さき畑野焼かなみちむらまりな

  • 土手焼きの左右同じに進みける光子

  • 野焼です休暇届の備考欄みつれしづく

  • 野焼の火たましひ抜かれゆくけむり南方日午

  • 野火果つる浜風しんと己巳の役港のパン屋

  • 火を統べて漢の礼する野焼かなみやかわけい子

  • 在りし日の父の野焼きの一斗缶宮重祐子

  • 野火走る齢に見合ふ炎上げ椋本望生

  • 皆ちよいと男前なる野焼かな向原かは

  • カルデラを太極図とし野焼後武者小路敬妙洒脱篤

  • 打ち払う野焼の埃したたかなむべ

  • 五時間目「どこかで野焼はじめたね」本山喜喜

  • 野焼果て墨の匂いのような朝森山博士

  • 抱き通すぎゃぎゃ泣きの吾子野焼の夜山羊座の千賀子

  • 笛三度鳴つて始まる野焼かな八幡風花

  • 渡良瀬の風喰らはんと野火猛る山口一青

  • 野焼して山ふところの気の潤び山科美穂

  • 警官の腕組み解けて野焼果つ山名凌霄

  • 管轄の野焼に竦む署長かな山本先生

  • 口癖は段取り八分野焼果つ柚木みゆき

  • 牛の背に野焼の匂ひ残りけり羊似妃

  • どうせもうとっくに終ってる野焼横浜J子

  • 野焼の間真空のまま落つる肺佳子

  • 野焼して山ひたひたと裏返るよしのはるか

  • 野火追ひて野火に追はれる農夫かな余田酒梨

  • 野を焼きて地表の捲れる音がする楽花生

  • 野焼あと煤吐き棄てて新香食む柳絮

  • 眼裏に鼻腔に野焼また輾転瑠璃茉莉

  • 野火走るそこは天狗の通り道るんやみ

佳作
  • あるけないびりびりのやきやけどするさくら(4才)

  • のやき?なんだかこわいこわいよー吉田結希

  • サイコロで音階決めたかの野焼タマゴもたっぷりハムサンド

  • スマッシュ決まった後ろの野焼かなデイジーキャンディー

  • 軽トラへ座して眺むる野焼かな山川腎茶

  • 軽トラの荷台から見る野焼かな一番ぶろ

  • 縄文の火やもしれぬ野焼かな淺野紫桜

  • 縄文の火は逞しき野焼かな河村静葩

  • 野焼守縄文からの火断ち棒まこも

  • 野焼跡孤独が胸をかきたてり立野音思

  • 爪先に哀しみコツン野焼かな月々

  • 美しき誤算生まるる野焼かな富野香衣

  • 丸めたる背中野焼に伸ばさるる高橋ひろみこ

  • 真っ直ぐに背筋の伸びる野焼きかな千風もふ

  • 野焼き消ゆ天狗の夜尿漏りぬらむあたなごっち

  • 台地は野焼きして黒い神纏ふsakuraa.

  • 野焼時の誹謗中傷多き日よ浅野俊也

  • 野焼とは静かなるものと知るなり杏樹萌香

  • 野焼きの匂いに煽られ菜刻むいけだひさえ

  • メニュー無き料理店より見し野焼伊予吟会宵嵐

  • 無精ひげ祖父と一緒の野焼かな麗し

  • 終わつたらステーキ食べる大野焼お天気娘

  • 野を焼くや柔術は殺さず仕留むかむろ坂喜奈子

  • 坂ひとつ降りて婿入り野焼かな邯鄲

  • 水の星野焼の黒はチャーミングクロまま

  • 農区長の耳にたばこ野焼きかな新開ちえ

  • 空もえて雲けむたそう野焼かなすみれ(9才)

  • 地下足袋を求む御仁は野焼の香淑伶

  • ポケツトの手紙投げ入る野焼かな雪駄

  • 野焼しに歩みの鈍き牛を押す髙橋なつ

  • 野を焼いて若者白きスニーカー立葵

  • 赤黒の早稲田のジャージ野焼かな⑦パパ@いつき組広ブロ俳句部

  • 野焼野焼小さき命へひた迫る野地垂木

  • 野火匂ふ風振り抜いて一番ティーパクパクポンタ

  • 野焼の熱アポロはここに落下した紅ズワイガニ海老美

  • 瓦屋根に大工突っ立つ野焼かな真宮マミ

  • マクドナルドの向かふの野焼かな宮部里美

  • 輪唱の五番始まる野の焼くる遊飛@蚊帳のなか

  • おーい宇宙から見えるかこの野焼き夜明鳥

  • 青空に挑むが如き野焼きの火ANGEL

  • 野焼降る懐かし故郷はもう無くて相田遥斗

  • 野焼後の薄煙野山の湯治間むつみ

  • 野焼きしてチリポリ残る藁の束acari

  • 熱下がり溜まった下着野焼きの香あかり

  • 野焼見る原風景に足生やし秋さやか

  • 坊主頭堤防に座し野焼跡昭谷

  • けとばした石けとばして野焼過ぐあきののかなた

  • 野焼きする新聞もちて我走る秋代

  • 神事終えスマホの布令待つ野焼あくび指南

  • 野焼の香アークトゥルスは纏い居る朝雲列

  • 回覧の欄は余ってもう野焼あさきまほろ

  • 遠巻きに無口になりて野焼かなあさぎいろ

  • 我も又野焼きの跡に住みにけり麻場育子

  • 目をほそめ野焼きのけむりかくれんぼ亜紗舞那

  • 大室のマグマ駆け上がるごと野焼芦幸

  • 生きもののごと炎ゆく野焼かなあじさい子

  • 野を焼いて生きた証の煙立ち明日良い天気

  • 仏壇も写真も野焼したとふ嗚呼あしたはあした

  • 世界中空晴れ渡る野焼きするアシツノカラ

  • 燃えさかる野焼へ雉飛び込みて網代

  • 堤から色うまれゆく野焼かなたすく

  • 消防団法被の祭りのごと野焼麻生恵澄

  • 「あっち行き」棒振り父ら野焼かなあそぼ葉

  • 幻風景むかしむかしの野焼きかな跡部榮喜

  • 里ごとの野焼郵便赤バイクあべ積雲

  • 暗闇の瞼に赤き野焼かなあやや

  • 前髪の邪魔になる日の野焼かなあらせもんじ

  • 「野焼き通報せよ」我が住む街の掲示板新多

  • 野焼告ぐ「下記日程」の字が踊るあらら

  • 無骨な手かざして見張る野焼きの火蛙里

  • 汽車迫る小さき野焼きの気にかかるありいかな

  • 野焼の火地に残るものを爆ぜさせて飯田淳子

  • 不意つかれ野焼きの煙に巻かれ泣き飯村錦也

  • 眼の底に焼き付くほのほ大野焼郁松松ちゃん

  • 野焼して灰糧とする民がいていくみっ句

  • こわからん野焼なれども火と煙池愛子

  • けむと舞う野焼きのにおい広々と池内ねこバアバ

  • 野焼の風この時期かよと逃げる虫池上敬子

  • 青い空野焼きへ焚べる千歯扱ぎ石垣

  • 積年の思いも昇る野焼きかな石田恵翠

  • 火の番の益荒男凛々し野焼きかな和泉明月子

  • 野を焼くや変わる風向き火が迫る遺跡納期

  • 友逝きぬ野焼の煙しみる暮一井蝸牛

  • 父ちゃんが野焼きを終えた風呂沸かせ市川りす

  • 野を焼くやアウシュヴィッツ収容所一の矢はんぺいた

  • 煙立つ鳥の旋回野焼きあと一佳

  • 目の奥に原始の記憶野焼きの火一秋子

  • 清も濁も総てを呑んで野焼きかな井出奈津美

  • 野焼して黒き匂ひの残りけり伊藤順女

  • 風うねり全山白煙野火走る伊藤節子

  • 太鼓鳴る若草山の野焼かな伊藤ひろし

  • 野焼とやらすっかり姿の消えてゆき伊藤正子

  • 野焼の香車内に入れば我が故郷伊藤ゆうり

  • 山裾に白き龍駆ける野焼あり伊藤れいこ

  • 野焼なか木々はどれほど熱からういなだはまち

  • 消防団揃いの法被野焼の日稲葉こいち

  • 音を連れ野焼ぐるぐる道祖神稲葉雀子

  • 老犬の咳する朝の野焼きかな戌亥

  • 瞑想合宿夜の山の野焼いぬふぐり

  • 三世代野焼きパワーに燃えしのぶ井上専治

  • 限りなくふたりを点す野焼かなゐのかたゆきを

  • 野焼終へ三兄弟の法被の香いまいやすのり

  • 野焼きして芽ばえぬ原の風の歌今井淑子

  • 畦焼や気になる大気回り見る今宿

  • まん丸の姿露に野焼かな井松慈悦

  • あれは野焼きか吾は瓦斯火で肉を焼く今村ひとみ

  • 野焼き匂ふ分団長の夜明けかな妹のりこ

  • 野焼きの香母のおもかげ連れて来るいろをふくむや

  • ガラス越し野焼の焔(ほむら)に頬重ね祝氷な子

  • 胸中を風抜けて行く野焼以後岩木順

  • 雨兆呼ぶ竜が如くに野焼駆け伊和佐喜世

  • 風情より人の目気にし野焼きせりいわつよ8

  • もくもくと長閑な里の野焼かなvivi

  • 家を出る決意のメール野焼の夜ういろ丑

  • 生まれ変わりあると信じる野焼かな植田かず子

  • 焼き場に立つ少年野焼の息吹上田健五

  • 新しき芽生え待つ野や野焼あと上原まり

  • 野焼き消ゆ灰は終わりか始まりか右近

  • 野焼きあとラピュタ峠に飛行雲うさぎさん

  • 荒馬の丘駆け抜ける如野焼宇田建

  • 牛も待つ野焼きのあとの新天地内田秋麗

  • 帰宅路に匂う目に染む野焼かな内田誠美

  • 遠野火や大地の神の怒りとも内本惠美子

  • 消防車待ちてはじまる野焼かな梅里和代

  • 夕暮れの野焼のあとに動く影江田綾子

  • ざわめける人と害虫野焼時枝豆の花

  • 野焼きするあねさ被りの母見えて越後縮緬

  • 野焼き来る鼠やこちへおいでんか江藤薫

  • 野焼き見てみなぎる力子らの顔えみばば

  • あかときに野焼きのあとの黒ぐろと江見めいこ

  • 野焼かなあつといふ間にお爺さんえりいも

  • 野焼きの香帰れぬ里の夕日の香えんどうしん

  • 懐かしき野焼きのにおい今はなく遠藤愁霞

  • 地から背へ熱上がるよな野焼あと遠藤百合

  • 鼻と尾は示す野焼の方角を遠藤玲奈

  • 阿蘇野焼焔自在に山の神近江菫花

  • 人間よ熱いじゃないか野焼など大阪駿馬

  • 野焼して大地の恵み生きかえり大島勤

  • 鼻もたげ風嗅ぐ老犬野焼か串か太田ウエンディ

  • 野焼あと咥え煙草で眺めたり大西加賀

  • 息子君野焼のごとくさっぱりと大西加佐見

  • 火事にしか見えぬニュースの野焼き也大野静香

  • おまえには苦労をかけた野焼かな大野美波

  • 野焼きして戻る父待つ宵となる大橋敏子

  • 入院の朝の野焼を淡々と大橋勇司

  • ぼうぼうと空気を焦がす野焼かな大原妃

  • 偶さかに出会いし野焼これぞ旅大原雪

  • 秋吉の龍の舌先野焼かな大村真仙

  • 若草山知らずに登る野焼き跡大本千恵子

  • 初めての阿蘇は黒々野焼き跡大山きょうこ

  • 全身で浴びる野焼きの懐かしみ大山こすみ

  • 韋駄天のひた走るかの野焼きかな大山小袖

  • 「火事だ」と子等はしりだす土手野焼かな岡れいこ

  • 野焼き立つ蒼天に華紫根色岡崎俊子

  • 鹿の糞ころがりてをり野焼跡岡﨑宙夏

  • 息を止めスピード上げる野焼きの道おがたみか

  • 野焼き火の走り始めや声上がるオカメインコ

  • 駅弁の蓋の飯つぶ野焼かな小川さゆみ

  • 野焼の火解き放たれた犬のよう小川都

  • 野火放つ昨日の我を焼き殺す荻原湧

  • 回鍋肉煽る匠野焼かなお銀

  • 野焼き後虫も子供も草も萌え奥ノ木蛍子

  • 車窓から野焼の煙眺めけり小栗福祥

  • 枯れし肌潤す火とぞこの野焼おざきさちよ

  • 野焼きのけむり回転遊具はなくなりましたおさむらいちゃん

  • 見ていればなぜか切ない野焼きの火小澤ほのか

  • 着火待つ高鳴る鼓動野焼かなお品まり

  • 母思う野焼に我も早や六十尾関みちこ

  • 法螺貝の吹き鳴らさるる野焼かな小田龍聖

  • 大火にて野焼見物追い出され小田孝子

  • 地球への灸か野焼の煙沁みる小田慶喜

  • さよならのあとに野焼きの煙滲む音のあ子

  • 野焼とはゼロから耕し創る人音人妙歌

  • 日の暮れて熾火息する野焼かな鬼平哀歌真改

  • 祈ること幾度かさね野焼かなおひい

  • 足軽のごとひたひたと野焼の火霞山旅

  • 止めたとて行く人の肩野焼の日海瀬安紀子

  • 野焼きの香じわり登りて月纏ふ快晴ノセカイ

  • 特養の窓外にぽつんと野焼かな海碧

  • 野を焼きて耕す人も今やなしかえる

  • 火の穂佇つ揺らぐ景色の野焼きかなkao

  • 野焼きさえ傷にもならぬ無限の大地かおり

  • 堤焼く消防団の法被着て馨子

  • 野焼きして蠢くものの目覚めかな

  • カルストの野焼と日々の出来事よ柿野宮

  • 野焼見た夫の居ぬ夜や胸こがすかこ

  • 白き糸野焼きの煙荼毘に似て笠江茂子

  • やがて来る次の季節や野焼きかな風花あつこ

  • 右左野焼の煙追つて来る風花美絵

  • 広々と阿蘇の裾野や野焼の火梶浦多見子

  • 秋吉台灰を求めて野焼かな加島

  • 映像に消防団と野焼きあり鹿嶌純子

  • はるばるとベランダに告ぐ野焼灰かたおかピンポンパン

  • 遠き火を震えて見てる野焼きかな片栗子

  • 団欒の車内に匂う野焼きかな桂木右京

  • バチバチと野焼き微かに響きけり鐘ヶ江孝幸

  • 野焼きして肥後の赤牛草千里かねこ

  • 遠き日の手紙をくべる野焼きかな金村伸男

  • 我残し海へ高みへ野焼煙神長誉夫

  • 野焼きの煙トンネル抜けて山越えて紙谷杳子

  • 野火走る電動自転車一目散神谷米子

  • 草千里野焼の炎舐めつくす亀山逸子

  • ふたつみつ夢物語野焼き跡かもめ

  • 記憶する奈良の野焼きの恋おぼろ加茂亘

  • 野焼き原捨て猫寝場所消え去りぬカラハ

  • 鼓なりてドローン翔び今朝焼野狩谷和寓

  • 熱帯雨林破壊密かに野焼かわいいわんわん

  • 外輪山慌てる車を追う野焼き河村あさみ

  • 老いの顔炎に揺れる野焼きかな閑蛙

  • 清盛の死に際のごと野焼かな看板のピン

  • 野焼してほんのり里の空香るKII

  • 風は西流れる野焼くにおいふと菊池風峰

  • マスクごし仄かに香る野焼かな木久仁

  • 野焼かな昨日の自分明日の自分黄桜かづ奴

  • 野を焼かん焦げ臭き畦を飛ぶ岸本元世

  • 阿蘇山を赤く染め抜く野焼きかな酒暮

  • 父の顔少し厳しく明日野焼き季切少楽@いつき組広ブロ俳句部

  • 野焼き観て気づけば1人立っており北大路京介

  • 戦場ののろしのごとく野火立てり北村礼子

  • 唯一田の世話する野焼我ひとりきつね火

  • 卵抱く鳥いずくにか野焼き跡木原洋子

  • 野焼する吾子の合格通知待つきみえは公栄

  • 野焼きだよ市報の顔はゆずるくん木村香津枝

  • 淀の原に住みて野焼のあるを知り木村かわせみ

  • 自ずから風起こしたる野焼きかな木村となえーる

  • そよ風に押される土手の野焼かな木村波平

  • 野焼きして新しき地図広げゆくQさん

  • 野焼して祭典待てば清しかろ鳩礼

  • 阿蘇野焼九重踏破の若き顔木葉子

  • 道行に匂ふ野焼の奈良暮色京野秋水

  • さあ野焼き回覧板の招集状教来石

  • ヘビメタのシャウト煌めく野焼の火季凛

  • 帰宅した猫の背の草野焼の日空龍

  • 武蔵野の稲荷見守る野焼かな久慈流水

  • 「目は離せん」祖母の代わりに見る野焼朽木春加

  • 大地より「元気」の便り野焼の香熊野みーぼう

  • ちろちろと野焼く火徐々に近づきし久瑠圃

  • 誇らかに列なす野焼ボランティアくるみ今日子

  • 野焼き走る色見定める一瞬に久留里61

  • 野焼き終え温い黒土犬走る桑田栞

  • 湯は別府旅情くゆらす野焼かな桑原和博

  • 道草を延ばした先の野焼かなくんちんさま

  • 野焼き跡阿蘇はおだやか風が舞う源氏物語

  • くちさうな草に追い打ち野焼きかな江雲

  • 野焼きとは意味も知らずに生きていた高坂和子

  • 山頂はゴールにあらず野火走る紅茶一杯

  • 野焼のごと裏の畑の土けむり幸内悦夫

  • 野を焼くや見守り人の肩の灰河野なお

  • 散歩道くゆる野焼やいずこより児嶋修梧

  • 水害の爪痕深し阿蘇野焼小嶋芦舟

  • 団長の法被誇らし野焼かな小杉泰文

  • 火や走る稜線えがき山野焼こずむす

  • 野を焼きて鳶三羽の旋回す小だいふく

  • 煙たつ小さな旅の野焼かな木積

  • 鍬を待つ野焼の土の香ばしき小林のりこ

  • 監視役消火馬穴の野火近しこぶこ

  • 火気厳禁野焼の準備整ひぬこま

  • 賑わえば野焼きもおもひでのひとつ小薪まりちゃ。

  • 野焼き跡青の歯ブラシまたひろうこまたれぶー

  • 龍うねりたるかに野火の広ごりて 小鞠

  • 背負われて祖母の髪から野焼の香小山晃

  • 野焼きせど苦き軌跡や土のなか西條晶夫

  • 炮烙の非情老土に野焼きの音西條恭子

  • 我が胸に広がる野焼き黒々とさいとうすすむ

  • あかき点下天に野焼はじまりぬさいとうとみよ

  • 虫草菌土を荼毘す野焼かな齋藤むつは

  • 野焼にも立ち寄る鳥はありにけり早乙女龍千代

  • 野焼して蒼天見遣る未亡人榊原蒼嶺

  • 長き屋の留守居拝する野焼きかな坂島魁文@回文俳句

  • 野焼昇りて山色を直すさかたちえこ

  • 太古とまごう原野の野焼にヘリが飛び坂本千代子

  • 野焼き中貰いタバコに火をつける相良まさと

  • 先見えぬ不安を溶かす野焼きかなさきまき

  • 丸裸野焼大地は寂しき日さくやこのはな

  • 野焼きはるかなる宇宙の灯をともしさくら亜紀女

  • 再生の祈りを込めて野焼する櫻井弘子

  • 野焼きありと通報されし風さむし桜会

  • 野焼から逃げて都会の虫になるさこ

  • 野焼ある孤島の水牛とカレーの木迫久鯨

  • 大野焼息吹く大地に雲流る佐々木宏

  • 何残す野焼きの如きコロナ後にささきなお

  • 野焼きして声若やげる自治会長砂舟

  • 母の家まで煙巻く野焼きの火幸子

  • 野焼の薫りユーチューブは香らず佐藤花伎

  • 漫漫と龍絡むごと野焼なりさとう菓子

  • ホスピスの遠くに煙る野焼かな佐藤恒治

  • 阿蘇野焼き赤き天竜這いまわり佐藤佳子

  • 野焼の煙消え阿蘇山現る佐藤里枝子

  • 阿蘇山へ野焼のあとの黒模様白庵

  • アルプスへ白き筋立つ野焼かな里山子

  • 野焼には切ない香り叱られてさなぎ

  • 野を焼きていのち吹き込む焔かな澤田郁子

  • エコシステム加速スイッチ入れて野火澤野敏樹

  • 火の神地の神風の神野焼かなしー子

  • 父在りし比企の里山野焼かな塩沢桂子

  • 隠れんぼ野焼の煙来ても尚ジキシキ

  • 昼食はピザかおやきか野焼かなしげとし

  • 野焼果つ俺は似合わぬ一人称獅子蕩児

  • 窓に跳ねる虫野焼きで絶える虫篠崎彰

  • 野焼見て生かされていることを知る柴桜子

  • 茜ぞら野焼たなびき駄菓子はむ渋谷武士

  • 小さな世界焼き尽くす野焼あぁ島じい子

  • 野焼の翁正体は蛇遣い縞午

  • 野焼き来るリセットしたき疫禍の世島田金魚子

  • 野焼かな異動希望は通らない島村福太郎

  • 野焼きする煙一筋竜のごと嶋良二

  • 漆黒は希望のにほひ野焼かな清水祥月

  • 合格の帰り野焼きは夕日色下丼月光

  • 村総出「火付け」「火消し」の野焼きかなしゆういずみ

  • 秋吉台野焼火影を映したり秀耕

  • 土から採られ土に還る野焼き秀道

  • 見晴るかす阿蘇の野焼の粛々と春雪

  • 堰の水嵩まだ低し野焼かな笙女

  • 病室の窓に野焼きの煙り立つジョンジさん

  • 畦道の今年も同じ日の野焼白井百合子

  • 大野原演習場の野焼かな白土景子

  • 父母ありし日の灰に立つ野焼かな

  • 野焼して原子の凱歌に曝されり真繍

  • 野を焼きて真っ黒けなり草千里新町会輔堂

  • 杖一つ翁果つ喝野焼立つ真優航千の母

  • イカロスの羽根も溶かさむ野焼かな酔進

  • あれもこれも野焼に押し付け次へ次へ菅原千秋

  • 安房のうみ極楽浄土や野焼かぜ杉浦あきけん

  • 病魔祓え滾る血潮の野焼かな杉浦真子

  • 野焼きあと煤け顔して村の衆杉尾芭蕉

  • 野焼跡リード持つ吾をいざなひぬ杉本果?

  • 野焼する農夫熱さを忘れけりすぎやん

  • 大幣のごとき火煙や野焼き空鈴木直人

  • 野焼あと虫と話をする少年鈴木麗門

  • 煤臭き髪洗う夜野焼後清白真冬

  • 野焼待つ群衆の目になにか憑き主藤充子

  • 愛宕札頒布の村やけふ野焼すぴか

  • 日が暮れて野焼のにおい生々し静江

  • 野焼され遊び場の土手黒焦げに勢田清

  • 尾長鳥野焼越えるやあせあせ星夢光風

  • にゃーと鳴き野焼きの香り纏い寄る瀬戸ティーダ

  • 土湿る朝なほ温し野焼跡千川

  • それぞれに批評ぶつけて野焼かな早春SOSHUN

  • 祝詞あり野焼の雄たけびリーゼント惣兵衛

  • アリバイの服に纏った野焼き臭そうに

  • 感情を消す野焼見る音を聞く曽我真理子

  • 日曜日親子で見張る野焼かな染野まさこ

  • 多摩の朝野焼きの煙大空に

  • 野焼き見てかの日の藁の香のきたる駄詩

  • 野焼脇かかる煙とカーラジオたいやきは腹から食べるにゃんこかな

  • 大地のフランベ野焼のメラメラとたいやきやいた

  • 野焼からグーの手を出す土偶かな平たか子

  • 野焼き見て吾子祖父の足しがみつく高石たく

  • 子集う野焼日のコインランドリー高垣りんどう

  • 車窓から野焼の煙山へ消ゆ高々笏太

  • 野焼に燻されし森の人どこへ高嶺遠

  • 真っすぐと野焼きの煙碧空へ鷹野みどり

  • 過去までも消し去る如き野焼きかな高橋光加

  • 喧嘩して涙こぼれる野焼き後卓女

  • 千年の草原走る野焼かな竹口ゆうこ

  • 野焼見て祖父より継ぎしわらべ唄竹八郎

  • 暮れてなほ熱き野焼舐めし跡多胡蘆秋

  • 最後の手段我が心野焼きせりたじま

  • めらめらとちりちりふわり野焼なりたすく

  • 白銀に野焼まだかと北海道鶴群

  • 野焼して夕まぐれになり雨の音多田ふみ

  • 煙より動くものなき野焼かな唯飛唯游

  • 草臥れを干葉湯で流す野焼かな辰野史会

  • 唸るごと野焼の山へヘリコプター蓼科嘉

  • 初野焼き笑顔の集う阿蘇の原立山枯楓

  • 駆け上がる丘の向こうの野焼きかな立山はな子

  • 野を焼くや右腕にする腕時計田中勲

  • 足音のリズムはマーチ野焼きあとあいあい亭みけ子

  • 野焼の日村の長老指揮とりぬ田中洋子

  • 招かれし不動明王野焼かな谷相

  • 昂ぶった声の往き交う野焼かな谷口あきこ

  • 渋滞の車列の先に野焼きかな田畑整

  • 炎立つ野焼に鳥の飛び立ちぬ玉井令子

  • 山里に風の生まれし野焼かなたむらせつこ

  • 野焼終えまき場へ出る日牛と待つ田村モトエ

  • 待ち遠し奈良の都は野焼きかな千恵

  • ウイルスの絶滅願う野焼きかな筑前もとい

  • 野焼かな転職告げる声朗らちっちのきも

  • 日の出前集落総出の野焼かな千鳥城@広ブロ俳句部カナダ支部

  • 宇宙からたなびく煙野焼見ゆチャーリー・吉田

  • カルストの野焼よ我の苦も燃やせちやこ

  • バーナーの加減覚えし初野焼きちょこはは

  • ダイオキシン行く先思う野焼かな珍風伊潤

  • 合戦のごとし野焼に京おもふ月影キョロ

  • 翁の袖つかむ媼の野焼かな辻内美枝子

  • ため池や一輪だけの野焼まえ辻巣雀

  • 白煙の野焼そよ風空模様辻本麻衣

  • 野焼とは資料の中の出来事か弦巻英理花

  • 野焼の灯流れゆく紅蝋を追うつわぶきはじめ

  • 野焼き無く嫌がる君も今はなく寺林凌

  • 軽トラの座席に残る野焼の香電柱

  • 野焼きの火予期せぬ風を孕みをりでんでん琴女

  • 野焼の匂いしみた躰で夕餉かなドイツばば

  • ギリギリの風に野焼の始まれりdoいつもcoいつも

  • 祖父の手の大き節くれ野焼の香

  • 野焼く月が茎洞照らさぬやうにトウ甘藻

  • 不揃いな拍空昇る野焼かな遠間貴月

  • 消防の法被揃ひて野焼かなとき坊

  • 野を焼くや幼なじみの笑い声徳庵

  • 野焼きして見つかりし幼子の靴徳田ヨーコ

  • 寧日やライブカメラの野焼見る毒林檎

  • 命から命伝つて野火走る飛ばぬ鳥

  • 野焼く声大きく小さく延びゆきぬ斗三木童

  • 無きことにしたき事有る野焼きする友雪割豆

  • 通勤路野焼跡見て偲ぶ祖父ともしょう

  • 青空に吸いこまれし野焼かなともたん

  • 共に生き共に老い妻よ野焼よ豊川顕

  • 野火走る猛る舐るや秘密基地直木葉子

  • 戦に勝も負けるも野火果てて中島葉月

  • 日も隠す野焼き熱風迫りくる中嶋京子

  • 風向きを幾度も見て野焼かな中島走吟

  • 阿蘇の香が鼻孔くすぐり野焼かな中嶋敏子

  • 右見ても左を見ても野焼哉仲田蓮謙

  • 荒田の草焼けけぶる駐車場中中

  • 野焼きの香窓から入る山のバス中西澄子

  • 野焼きから生まるる命の満つ力中村こゆき

  • 野焼かな時の全篇好転し中山清充

  • 足利や神の野焼きよ永過ぎか那須享珠

  • 野焼の火竜神天へ駆け上る那須のお漬物

  • 組内の男衆野焼のチェーンソー夏雲ブン太

  • 村の長消防指図野焼かな夏目坦

  • 晩年の野焼きや衛星のごとし名無しのさん

  • 野焼あとポトフのほっこり今宵かな浪速の蟹造

  • 火は走り立ち上がり這い野焼かな名前のあるネコ

  • ためらわず野焼日和に火を放つなんじゃもんじゃ

  • 後楽園人まばらなり芝を焼く新美妙子

  • 生活を立て直したい野焼きかなにいやのる

  • 野焼きせり地球に灸を据えるごと西尾至史至雲

  • 川を越え街覆ひたる野焼臭西原さらさ

  • 野焼きして脱衣の籠の燻臭き沼沢さとみ

  • 迸り抗ふ野火を男あやつりて猫詠たま

  • 見物の車を払う手は野焼根津C太

  • タロットで死神を引く野焼かな涅槃girl

  • 男衆の生き生き跳ねる野焼かな根本葉音

  • 水供え祠へと野焼きの準備寝ん猫

  • 木漏れ日へ煙草燻らす野焼後ノアノア

  • カルストの風神起こし野火猛る野尻敏子

  • ちりちりと地球を走る野焼かなのど飴

  • 四万十で大地に活の野焼かな野中泰風

  • 野焼して五秒のキスへ馴染む香ののr

  • 遠野火や龍の模様の太鼓打つのりのみや

  • 先人の野焼守りて鵜殿かな則本久江

  • 秘密基地のお団子や仄かな野焼俳人の山本

  • 野を焼けば魑魅魍魎は灰と化すはいびす

  • 黄帽にあれは野焼きとランドセル羽織茶屋

  • 野焼くべてやれ元カレとの指輪萩まめ香

  • 祖母死して原生花園野焼終ふ白庵

  • 涸れ葦の伴に粉と成る野焼きの火白雨

  • 急ブレーキ野焼の煙道渡る橋本恵久子

  • 鳥高く合戦の地は野焼きかな長谷島弘安

  • 野焼きのごと焼夷弾の昼飾り蜂巣

  • ドローンで野火見守りて水を飲む葉月けゐ

  • 山肌の色変わりゆく野焼きかな初野文子

  • 人沈むすすきが原の野焼かな花おうち

  • 想定外消防車くる野焼きかな花岡紘一

  • 魑魅魍魎も吾も清める野焼きかな華樹

  • 黒き芝境界線拡げ野焼せし花咲みさき

  • 野焼きせし灰のなかから芽ぶく声花野

  • 傷心の血を沸かしたる野火の赤はなぶさあきら

  • 野焼あと溶けた携帯朽ちており花結い

  • 荷をほどき深夜にひそり野焼き芋馬場勇至

  • 野焼後手習の紙散るごとく浜けい

  • 野焼果て清けき夜となりにけりはむ

  • 野焼けぶる平等という偽りの空林里美

  • 野焼する煙も絶えて恋終わる原善枝

  • 野焼きするボランティアは七十代原乃野衣

  • 牛退避完了の報いざ野焼 播磨陽子

  • 野焼後今宵の月へ薄煙haru.k

  • 野を焼けば真っ赤な嘘の迫り来るハルノ花柊

  • 近道は野焼の臭い踏むホース葉るみ

  • 丸い原野焼きがかこむ男衆はるる

  • 野焼あと豊満なる丘や露わHNKAGA

  • 火災報知器電池外して野焼パンナコッタ井上

  • 琵琶湖野焼釣り人残し雲に入るひーたん@いつき組広ブロ俳句

  • 風上へ逃げる野焼きの鬼ごっこひーちゃんw

  • 遠く立つしばしの煙野焼きらし東山たか子

  • 炎見て空をみあげて野焼泣く光源爺

  • 逃げ惑う虫のあらんや野焼の火ひぐちいちおう(一応)

  • 野焼果て夜風煙をさらい行く樋口ひろみ

  • 野焼する祖父の背やアルプスの峰陽皐光

  • 一茎に一陣の風野焼あとビタミンワイ

  • 野焼きあと身に沁む母の捨て台詞ヴィッカリー趣乃

  • 炎食い山野は走る野焼きかなひっそり静か

  • 山の神姿現す野焼かな一重

  • 風を食い龍と化したる野焼の火日向あさね

  • なゐ無き世野焼へ祈る地へ祈るひなたか小春

  • 父の影火柱見つめ土手野焼きひなたのくま

  • 眠り深き大地覚めよと野焼せむひな芙美子

  • バス降りる間をも惜しみて見る野焼き向日葵@いつき組広ブロ俳句部

  • 野焼きした熱い風が頬を刺すひめりんご

  • 父と見た秋吉台の野焼かな日向菊江

  • 俺の過去宇宙に返す野焼きかな日向鳴山

  • 野焼きのごとコロナの年をチャラにして飛来英

  • 身の廻り野焼きのごとき終活平井千恵子

  • 野焼して炎の先に仏ゆ平松一

  • 曇天や野焼の軍手忘れらる平本さち

  • 野焼見物村の火消しに駆り出され比良山

  • 野焼して鉄塔高く夕暮れる蛭本喜久枝

  • 里めぐるバスに野焼の香のほのかひろき

  • きのふから一人暮らしの野焼きかな琵琶京子

  • 捻る野火ヤマタノオロチや阿蘇の峰々風泉

  • ちろちろと残り火も良し野焼あと風紋

  • 芋喰らふ野焼きのかほの煤ぬぐひ深蒸し茶

  • 川風が運ぶ野焼の臭いかな福井三水低

  • 落人や野焼逃れし蟻の群れ福川敏機

  • 野焼きの日でめんさんらの高笑い消すふくだえつこ

  • ビスケットは優しい甘さ野焼の香福月スミレ

  • 風雲急戦場と化す野焼かな福弓

  • 糞香る野焼の土手のバックシャンふくろう悠々

  • 電車中かすかに匂う野焼きかな藤丘ひな子

  • 野を焼いて隠れる月や雨到藤川鴎叫

  • 石佛の顔して野火を渓に守る藤咲大地

  • 古顔が迎え火放つ野焼かな藤原訓子

  • 野を焼きて一目千里や海近しふみ

  • ぽっかりと野焼の空に浮く心ぶるーふぉっくす

  • いぶされて乾く涙や野焼きかなfullさとみ

  • 野焼き待つカメラ自慢に盛り上がる古澤久良

  • 雨上がり野焼の跡の地図のごと古下翠照

  • 野を焼くや十年ぶりの里の駅平和鳩三郎

  • リスタート野焼の香り引き締めるヘッドホン

  • 展望台緋線躙るる野焼かなペトロア

  • 野を焼きて無かった事にしませうねべびぽん

  • バスで行く野焼きの原野次を待つほうすい

  • 野焼あり外干しの物早しまう房総たまちゃん

  • 野焼ごとこのままでいられぬ我が身星雅綺羅璃

  • 野を焼くや初挑戦のパラグライダー星月さやか

  • 地の力頃をしらせる野焼かな星ぽっちゃん

  • 指舐めて火を放ちたる野焼かな星善之

  • 野焼き後の洗濯物の臭さかな細江隆一

  • ブッツブッツと仙石原の野焼かな細川小春

  • 紀寿の祖母「ぱちぱち言うてるで」野焼堀江弘子

  • 明日の夕祖父の楽しみ相撲と野焼堀将大

  • 雨ざあざ焼き芋食えぬ野焼かな盆暮れ正ガッツ

  • 野焼きあと煙の薫り握り飯香港ひこぞう

  • 野を焼きて煤けし夕陽沈みゆく梵多

  • 室までも野焼きの匂ひ峡暮し本間美知子

  • 新芽待つ岬の馬在り野焼きかなほんみえみねこ

  • 我が里は小さな野焼残りけりまあぶる

  • 生きものとなりて立ちしく野焼の火前田冬水

  • 野焼より上ぐる煙に兵見ゆ曲がりしっぽ

  • 野火に逃れ焼けぬ記憶の遺る日記牧野敏信

  • 野焼きして焦げめのつきし大地かな槙由梨子

  • 野焼きして帰れば夫のいと優し正岡恵似子

  • 草焼いてベッドタウンは違う街眞さ野

  • 豊かなる土や野焼のうずたかし松井くろ

  • 白球が消える彼方の野焼きかな松尾直幸

  • 火の大蛇野山のたうつ野焼かな松尾義弘

  • 青空や野焼のにおい深呼吸松島美絵

  • 離農する兄の帽子に焼野の香抹茶子

  • 野焼後黒きボールの一つ有り松村貞夫

  • 帰り道野焼きのにおいを感じたり叡雲

  • 野焼きしてたなびくけむり天界に松本和加恵

  • 阿蘇の旅野焼囲まれ冷や汗や松山章子

  • まつくろの野焼登校遠回り松山のとまと

  • 勢子衆や真言唱へ野焼きせり真奈

  • 一瞬の風に膨らむ野焼かなままマリン

  • 野焼きした祖父は遠かり栗駒山麻由

  • 草千里バイク駆け行く野焼かな真理庵

  • 燻される髪の芯まで土手野焼眞理子

  • 野焼の夜うき出る文字と歓声とまりゆみか

  • 野焼あとオオクニヌシは不死身なり丸山隆子

  • 野焼きして生命の残骸空へ空へみい

  • あれはいつ幼き頃に野焼あり三浦ユリコ

  • 始まりは野焼や阿蘇の模様替え澪つくし

  • 母親と縁切り野焼清々す帝菜

  • 泡沫の心すり抜け野焼舞うPARTY坊主

  • 野火煙る鶴折る子の手なめらかや三島瀬波

  • 若草山緋色になりぬ野焼かな美翠

  • あぜ道に芽を引き出す野焼の火水乃江辰

  • ハンガリー舞曲第5番火爆ぜ火踊る野焼きかな美月舞桜

  • 若旦那消火器持ちて野焼の日満る

  • 野焼撮る人々の顔火照りけり湊かずゆき

  • 護るのも壊すのもこれ野焼なりみほめろ@いつき組広ブロ俳句部

  • 土手行かば野焼の匂う向かい風見屋桜花

  • 野焼きする小さな命許してね宮階愛子

  • オペ室に窓あり野焼見ゆる日も三宅雅子

  • 野焼くや猛火に押され逃げ帰るみやこ

  • しづかなり臭ひばかりの野焼あとみやこわすれ

  • 人だれも塵に還らむ野焼見るみやざき白水

  • 「はやぶさ」も「こまち」も烟る野焼きかな宮澤さっち

  • 野焼跡胸に刻みて故郷発つ宮地弓恵

  • 復興の祈りの如し野焼なり宮原みかん

  • 高速で鼻をくすぐる野焼かな雅乃珠晃

  • 茅山の後を夢見る野焼かな深山涼水

  • 火の神はじゃじゃ馬のごと野焼かな宮本象三

  • 野焼あと灰になるものならぬものみわ吉

  • 阿蘇野焼く見えた廃線竹筋峡眠兎

  • 青き地球きっと忘れぬ野焼けても夢雨似夜

  • 野焼かなけむり香と成り止めし歩を無弦奏

  • コロナ禍の閑散野焼から悲鳴睦月くらげ

  • 野焼きにて飛び立つ鳥はうしろ見ぬむねあかどり

  • 阿蘇の原野焼きのあとああ黒かったむらのたんぽぽ

  • 野を焼くや再生ビデオ押すごとく村松登音

  • 野焼終へ野良着に小さく火片跡室よりこ

  • 薄闇を野焼き嚔ひとつは犬萌葱木綿

  • 野焼け後梅干しだけの握り飯モコ

  • 緩坂に野焼き待機の消防団もつこ

  • 忍び寄る蛇のごとくの野火の舌momo

  • 野火走る風の匂へる堤かな桃香

  • ぢつと見て犬の動かぬ野焼跡ももたもも

  • 仕舞い込んでいた手紙からまず野焼き桃葉琴乃

  • 袖を振る君に野焼のくすぶりて森佳月

  • カラメルの匂い野焼の夕暮れに杜まお実

  • 赤黒く野焼授ける命かな森毬子

  • 日の暮れを神降りさうな野焼かなもりさわ

  • 野を焼いて明日の風に色つけて森中ことり

  • 野焼きする煙の恋を追い落とす森野千生

  • おっとっと野焼で地球が弾けそう森の水車

  • 草原に黒き火傷の野焼かな諸岡萌黄

  • にぎり飯笑う黒き手野焼かなもろ智行

  • 朱を映す点滴バッグ野焼かな八重葉

  • 合戦の声が聞こゆる野焼かな八木実

  • 本能寺炎は同じ野焼かな八木実

  • 野焼は火葬輪廻する細胞痩女

  • はぐれ雲野焼の風も忘れしか柳川心一

  • 農協の帽子に残る野焼の香ヤヒロ

  • 野焼の地宅地となりて祖父は逝く山川恵美子

  • 神々に願いを込めし野焼かな山川芳明

  • ぶすぶすと火種のありし野焼あと山口要人

  • 野焼の火オロチクサナギ厄払い山口香子

  • 野焼き見る少年の目に火が映る山口雀昭

  • 爺さんの長い一日野焼かな山口たまみ

  • 豊饒の北上河原野焼きかな山崎鈴子

  • 遠近に野焼きの香する能勢路行く山育ち

  • 清らかないのちはぐくむ野焼あと山田啓子

  • 灰の色腹帯に染む野焼き後やまな未

  • 焼き尽くせ野焼後に生れくる山本康

  • 阿蘇谷へ煙りたなびく野焼きかな山吉白米

  • 脱衣所に煤の香仄か野焼きの夜熊耳

  • 阿蘇野焼三分のニはボランティア雪だるま担

  • 野焼の火萱草色の大蛇なり雪音

  • 野は焼けて朝陽の白の痛きほど雪乃

  • アマゾンの火災野焼の詐欺疑惑雪見白庵

  • 田畑飲み込む津波のやうに野焼ゆすらご

  • 死と生のあはひ暮れゆく野焼跡宵猫

  • 山影にくすぶる野焼白月火妖精さん

  • 火の端を打つ少年の野焼かな杳然庵眇眇斎

  • 村なべて炎色のなき野焼かな酔々

  • きな臭いゴルフ場にて野焼きかな夜香

  • 放たれて野火青雲へうねり立つ横縞

  • 墳丘にメット並びて野焼かな横田信一

  • 野焼傍緊張の顔揺れ動き吉哉郎

  • いろいろをリセットしたく野焼きかなよし季

  • 吸殻を残らず拾い野焼かなよしざね弓

  • 野焼き美よかすむ伝統時の風ななゆきこゆき

  • 野火放て眠るる息吹目覚めけり吉田江月子

  • 眉ひいて生まれ変わるぞ野焼きかな吉野茶々

  • 風のない夕方野焼ただ眺む吉藤愛里子

  • あふれ出る太古の記憶野焼きかなよにし陽子

  • 幼き日朱色連なる野焼かなY・りこ

  • 地をたたく阿蘇の野焼の火消し棒梨音

  • 辿り着き鼻に刺さるる野焼の香龍季

  • オレンジの炎追いかけ野焼かな隆美

  • 野焼きの火逃げるバルサを覆い隠す

  • 陽に傘を被せ野焼の煙立つ瑠珂

  • 落日や野焼の煙渦巻きぬ六手

  • 野は焼けて今はただの駐車場若葉一家

  • 野を焼きて肺に嵐の丑三つ時若林千影

  • いぶされて眠りから覚める野焼きかな若緑

  • 野焼きの火風切り音と走り出す若宮直美

  • 何となく煙たき一日野焼かな鷲野の菊

  • 野焼して昔とんとん爺の膝わたなべすずしろ

  • ブラウンのVinoのお尻まで野焼渡邉一輝

  • 雑念をくべて煙たし野焼かなわたなべいびぃ

  • 風上に三世代立つ野焼きかな黎成

  • 中3の娘の膝の野焼跡ろんろん

  • 足元に果ててしまひぬ野焼の火渡邉久晃

  • 一歳の重みを肩に野焼かな渡邉わかな

  • きらはれるならば畏れられよ野焼渡邉桃蓮

  • 圧巻の野火の踊るや草千里渡辺陽子

  • 時折に怒声飛び交う野焼かな侘介

  • 野焼の地生まれ変わりを嫌われて笑笑うさぎ

今月のアドバイス
夏井いつき先生からの一言アドバイス

俳号には苗字を!

〇俳号とは、その句が自分のものであることをマーキングする働きもあります。ありがちな名、似たような名での投句が増えています。せめて姓をつけていただけると、混乱を多少回避することができます。よろしくご協力ください。


●先月の兼題!

  • 空も吾も風も泣きたし風花す岩のじ
  • 巡礼の鈴へ風花埋もれりまこちふる
  • 動物園かざはな光る命名日珠桜女絢未来

○タッチの差で〆切に送れたのかも……。


●文字化け?

  • 息を?むハイスピードや野焼の火亀田?

○「息をのむ」かな? さらに俳号も文字化け。これこそ、まさに無念……。


●俳句の正しい表記とは?

  • 還暦や あと何回の 野焼かな加藤雄三
  • 無焼観て この山の先 期待する服部コナン

○「五七五の間を空けないで、一行に書く」のが、俳句の正しい表記です。まずは、ここから学んでいきましょう♪


●季重なりとは

  • 野焼きした香に誘われしつくしの子あいあい亭みけ子
  • 寒いよねふたりで見たね奈良野焼石橋千佳子
  • 動物と春を彩る野焼きかなお寺なでしこ
  • 肌寒い煙いかほり野焼かなかわら俳句人
  • 漆黒の白き息吐き野焼果つ斜楽
  • 春雨の畑に野焼きの灰黒く大河快晴
  • 山動く野焼きの風が春まねく玉置むつみ
  • 登校の吐く息白く野焼きの香ばぅ
  • 湯布院の野焼きの春や空まだら福次朗
  • 青い空野焼きのあとにつくしさく佐々木邦綱
  • 西日眩しいサイドミラーの野焼かな田本莞奈

○一句に複数の季語が入ることを「季重なり」といいます。季重なりはタブーではなく、高度なテクニック。季重なりの秀句名句も存在しますが、手練れのウルトラ技だと思って下さい。まずは「一句一季語」からコツコツ練習していきましょう。「野焼」以外のどれが季語なのか、歳時記を開いて調べてみるのも勉強です。


●兼題とは

  • 手前屋根まぶし後方は春がすみ北田政文
  • 小山ゆく寒さなめとる橙の帯樹緑
  • 手作りの凧の上行くオスプレイ国芳みさと
  • 邦人や移民の一人初詣二コラ・ブレンダン

○今回の兼題は「野焼」です。兼題を詠み込むのが、たった一つのルールです。

  • 野焼の如くサバクトビバッタ、嗚呼鍵盤ポロネーズ

○確かに「野焼」という言葉が入っていますが、比喩として使われています。むしろこれは、「サバクトビバッタ」が主役ですね。


●季語深耕

  • 故郷の土の残り香野分中三宅剛

○「野焼」は春の季語、「野分」は秋の季語です。

○今回、「末黒野」という季語を使ったものも三十句ほどありました。ページ数の少ない季寄せやネット歳時記等で、「野焼」「末黒野」を一括りで解説しているものもあるようですが、基本的には別の季語です。
 季語は、時候・天文・地理・人事(生活、行事)・動物・植物の六ジャンルに分けられます。「野焼」は人事の季語、「末黒野」は地理の季語です。
 お手元に確かな歳時記を一冊、置かれることをオススメします。

ご応募はこちら

10月の兼題

「鶏頭」

過去の審査結果

俳句生活TOPへ戻る