夏井いつき先生の俳句生活

夏井先生のプロフィール

夏井先生のプロフィール

夏井いつき◎1957年(昭和32年)生まれ。
中学校国語教諭を経て、俳人へ転身。俳句集団「いつき組」組長。
2015年初代「俳都松山大使」に就任。『夏井いつきの超カンタン!俳句塾』(世界文化社)等著書多数。

ご応募はこちら

6月の兼題

「短夜」

4月の審査結果発表

兼題「蝶」

お待たせしました! 4月の兼題「蝶」の結果発表でございます。今回もたくさんのご応募ありがとうございました。物事のとらえ方や風景の見え方がいつもより新鮮に感じる。そんな気持ちにさせてくれる句をたくさん見つけました。夏井先生からのアドバイスも必見です。6月の兼題「ビール」もふるってご応募ください。(編集部より)

「天」「地」「人」「佳作」それぞれの入選作品を発表します。

天
摘まれて蝶は淋しき棒となる

ぞんぬ

夏井いつき先生より

 摘んだ蝶を離す、指が鱗粉に汚れる等の句はよく見ますが、摘まれた蝶そのものを描写する句は、少ないかと思います。
 中七「淋しき棒」という比喩に心を動かされました。最初、摘まんだ蝶の表現として「棒」は大きすぎるのではと思ったのですが、マッチ棒も綿棒も「棒」ですから、ここは許容してよいかと納得。
 唯一といってもよい武器である飛ぶ力を封じられた「蝶」は、一本の「淋しき棒」であるよ、という把握そのものが詩です。我が翅を、巨大な指で摘まれている蝶の無力感は、大きな寓意として読者の心に刺さります。私たちもまた、翅を摘まれて身動きのできない蝶のような「淋しき棒」ではないかと。蝶の句として、忘れ難い愛唱句となりました。

地
狂う蝶ひかりをざんと持ち上げる

常幸龍BCAD

 蝶に対して「狂う」という動詞を使うと、そちらが悪目立ちすることが多いのですが、中七下五の言葉の質量が絶妙なバランスを構成。「ざん」というオノマトペが詩的リアリティを表出しています。

傷つけぬ言いかた蝶の口るるる

川越羽流

 誰かに対する「傷つけぬ言いかた」を探しあぐねているのでしょう。蜜や水を求めて伸びる「蝶の口」の「るるる」は、形状であり、対比であり、言葉を探す自分の心のカタチのようでもあります。

蝶あそぶ風の屈折率を知り

古賀

 蝶に対する「あそぶ」という擬人化も、失敗する確率の方が高い動詞です。擬人化を成功させる秘訣の一つは映像化。中七「風の屈折率」という詩語が、「蝶あそぶ」を映像として再生させています。

学食は生協のよこ蝶もいる

木染湧水

「学食はどこですか」と問いかけた、その答えのような一句です。「生協のよこ」までは只の道案内ですが、下五「蝶もいる」で一気に俳句となる愉快。口語の軽やかさが「蝶」の明るさにも似合って。

ひりひりと蝶の震へてゐる百年

野点さわ

「百年」は、私にとって思い入れの強いキーワード。「ひりひり」というオノマトペは、種を繋いでいくための切なる生殖の繰り返しでしょうか。「蝶」にとっての百年という時間が、詩的感慨となって深化していきます。

人
  • 蝶の翅ひらいてとぢる一通りたけろー

  • 蝶の死に間に合わなかった青空どいつ薔芭

  • 蝶々といふひとひらの昼の壊死仁和田永

  • てふてふのこゑあをじろき妬心かなRUSTY=HISOKA

  • てふてふは迷子よ夜が来ないのよ足立智美

  • 蝶々の何も壊さぬやう留まる綾竹あんどれ

  • 万国旗そよぐや蝶のよどみなく磐田小

  • 蝶よぎる片言の英語のやうに旺上林加

  • 風に蝶溺れぬようにふよふよと櫻花龍星

  • 陽を浴びて蝶のもつるるオープンカフェあ・うん

  • 蝶に逢ふ心のどこかふるはせて愛燦燦

  • 蝶々の銀粉指に瞼へと藍野絣

  • 昇りゆく紋白蝶の腹暗しあいむ李景

  • 蝶々やセザンヌの絵を散る余白青井えのこ

  • 庭の木の形に沿ひて狂う蝶青井季節

  • 畑飛ぶ蝶に鋼の筋肉よ蒼月子

  • 蝶々やクラス写真の撮影日青居舞

  • 蝶と吾と遊べるここは休火山蒼空蒼子

  • 鱗粉を零して胡蝶目覚めたり蒼鳩薫

  • 風という虎の死にたり蝶の飛ぶ赤尾てるぐ

  • 寄り添ふと見えて別れて追ふや蝶赤富士マニア

  • ぱつとせぬ色の蝶々こつちへ来赤松諦現

  • 生まれたてのひかりあやすかに蝶は赤馬福助

  • 蝶泊まる寝た子がふっと軽くなるあかり

  • 散水の高く白蝶なほ高く明惟久里

  • ほろ酔ひのてふてふ風は叱りをり秋白ネリネ

  • 神々の交わす手紙のごと胡蝶秋野茜

  • そよ風やまだ水底へ行けぬ蝶秋野しら露

  • 指先が弾雨の中で蝶に伸び空き家ままごと

  • Fコード奏で長閑に飛ぶ蝶よアクエリアスの水

  • 蝶よ蝶わたしの翅は離職票淺井翠

  • 蝶に手伸ばし塹壕に崩れ落つ朝雲列

  • 配役は「謎の乗客」蝶ふわり朝霧さら

  • 羽ひらくときの疼きよ春の蝶朝月沙都子

  • 休館日のゲートを蝶のくぐりゆく明後日めぐみ

  • 黒鍵へショパンの蝶やひらりひら淺野紫桜

  • 暮向き魔女なる祖母の肩に蝶あさのとびら

  • ムーミンの冒険始まる金の蝶麻場育子

  • 生くといふ摩擦係数蝶の翅芦幸

  • マーキングされたる蝶の羽重しあじさいパスタ

  • 蝶々を両手でぷなっと捕まえたアシツノカラ

  • 片付かぬ遺品の山よ春の蝶麻生ツナ子

  • 蝶はまたでんぐり返って草に入るあたなごっち

  • 美しき沈黙それは蝶の音熱田俊月

  • 国境の橋の銃痕蝶の無垢at花結い

  • まっすぐに飛ぶかもしれぬ蝶ここに天晴鈍ぞ孤

  • 蝶のいる方へ方へと生き延びるあなうさぎ

  • 蝶々や大平原にバザー立つ阿部八富利

  • 蝶々やテトラポットに花束を天風月日

  • こめかみの疼きまとわりついて蝶あまぐり

  • 蝶の羽鋏で切った事がある雨戸ゆらら

  • 母の名を足した墓石に蝶が来てあまどかに

  • 二拍子に残像描き蝶去りぬあまねくみぞれ

  • 白昼に生まるる蝶は王の蝶あまぶー

  • 容赦なき指に鱗粉蝶の翅アマリリスと夢

  • 黄と青の世界を蝶と分け合へりあみま

  • 蝶群れる吾子の頭皮の甘からん雨乙女

  • うとうとと臨月近し蝶の昼雨李

  • 行く蝶はメモランダムの軽やかさ文子

  • 羽根持て余す雨の日のてふてふあやせゆうま

  • 蝶ひらひら結婚なんてしないしない綾波まこと

  • 風と来て風の連れ去る蝶々かな荒一葉

  • 闇夜かな蝶の眠りはより深くあらあらかしこ

  • 蝶はジュピターへ太陽風に乗りあらかわすすむ

  • 遠き日の蝶の脈動伝ふ指荒木響

  • ベランダは5階です蝶を待ってます新多

  • ちひさかりし指先覚ゆ蝶の息ありいかな

  • きみどりのてふはそうね、きつと母在在空空

  • ポムペイの壁に手形や蝶の昼アロイジオ

  • 蝶追ふや甘い匂ひと日の匂ひ淡湖千優

  • 隠し持つ媚薬よ蝶の翅の綺羅アンサトウ

  • 蝶とまる黄なる表紙の御朱印帳安春

  • 蝶の来て時間の束も止まるごと杏っ子

  • 蝶乱舞羽根の脆さを厭わずに飯田淳子

  • 海より来雲の境界渡る蝶飯沼深生

  • もつれつつ高み果てまで蝶の恋飯村祐知子

  • 茎すつと立ちて胡蝶を戴けりいかちゃん

  • 公園の遊具は消えて蝶飛んでいくたドロップ

  • 小田原の道案内や白き蝶郁松松ちゃん

  • 泣きぢやくりつつ蝶々を訝しむ池内ときこ

  • 雨の日は雨を見ている蝶のいて池田悦子

  • 蝶やいま篳篥の音に高く高く池之端モルト

  • 吾子の指ゆらゆら蝶の動線池ノ村路

  • 蝶や蝶や再開発のまつたひらイサク

  • もう開かぬ翅よ閉じゆく脚よ蝶いさな歌鈴

  • 一頭と数える蝶の軽やかに石井秀一

  • 春の蝶長きスロープ先導す石岡女依

  • 春蝶や弾く象牙の撥の白石垣

  • 擦り硝子に黄蝶休日の朝風呂石川巴里

  • バラストにやすみし蝶の白さかな石田ひつじ雲

  • 蝶二頭床屋の鏡過ぎにけり石塚彩楓

  • 蝶踊るお向かいさんのバイエルに石の上にもケロリン

  • 痛かろう鱗粉遺し蝶が去る石原邦子

  • 近づいて同じ呼吸の蝶と我石本美津

  • つきまとふ蝶よあのジャム捨てられた泉晶子

  • 妻二人に逝かれし我や蝶生る和泉攷

  • 空さがす蝶夕暮れのパサージュ遺跡納期

  • 己が影振り払ふごと蝶上る石上あまね

  • 引越しの荷の乗りきらぬ蝶の昼板柿せっか

  • 図書室を一回りして飽きた蝶いたまきし

  • 紋白蝶何か言ってる語ってる市場さと枝

  • 母逝くやふはりふはりと白き蝶いつかある日

  • 旅の蝶うす紫の風となり伊藤亜美子

  • 点字読む人さし指や蝶ほろほろ伊藤映雪

  • 訃報知らぬ野良着の夫よ蝶の飛ぶ伊藤小熊猫

  • 河馬の背を黄蝶ふうはり越え行きぬ糸川ラッコ

  • 小灰蝶ゆるやかに風起こしけり井中ひよこ号

  • 卒婚のゆるき時間をはこぶ蝶いなだはまち

  • 独り身のベンチでランチ蝶二頭稲葉雀子

  • なんもねえとこだべ酒と蝶以外稲畑とりこ

  • 造花から造花へと透く蝶の脚居並小

  • 蝶飛ぶやグランドゴルフの優勝旗井上れんげ

  • 蜜満ちてゆるりとひらく蝶の翅井納蒼求

  • 蝶くれば蝶と歩くや古都の旅井原昇

  • 気怠さや蝶の仕草に死の匂ふ伊予吟会宵嵐

  • 眼裏に頭痛のかけら小灰蝶伊予素数

  • ふらふらと蝶わたりゆく墓の供花色葉二穂

  • 蝶の眠り覚まさぬようにやさぐれる岩木順

  • 公園で落ち合ふ蝶のラプソディいわきりかつじ

  • 表みせ裏みせ蝶は道をいくいわさちかこ

  • この蝶は私が怖くないらしい上野眞理

  • 双蝶のたがひに拗ねて飛ぶ螺旋うからうから

  • スマホからは母の愚痴目は蝶を追い宇田の月兎

  • 蝶の来て電波途切れたる真昼内田こと

  • ここよりは暗がり蝶の黄泉の国内本惠美子

  • 紋白蝶ほのかに甘い粉薬空木眠兎

  • 蝶々や総会は今五号議案うつぎゆこ

  • 蝶々や吾に重たき臓器あり靫草子

  • 蝶々と聞く主任司祭の異動卯波まり

  • 蝶止まり翅の機械運動学宇野翔月

  • 光あゝぼくは蝶この風で飛ぶ海野あを

  • 炊き出しの行列最後尾に蝶うみのすな

  • 翅閉じる蝶読み終える啓発本梅鶏

  • 風かすか蝶の匂ひのしたやうな梅野めい

  • ラブレターアポストロフィは蝶であるうめやえのきだけ

  • てふてふは春の塊よりほぐれ浦野紗知

  • 一直線に飛んだら蝶じゃない吽田のう

  • 渡り切る蝶はボンネットの高さ詠頃

  • 仄甘く香る胡蝶の前肢かな蝦夷やなぎ

  • 蝶々やゴーシュが背負う弦楽器越冬こあら@QLD句会

  • 三叉路を風にまかせて蝶の影M・李子

  • 心電図トトンあゝ蝶がきたのねおおい芙美子

  • 折り目より写真は枯れるしじみ蝶大紀直家

  • 大陸へ太き翅脈の渡り蝶大久保加州

  • ゆびきりの指に蝶々きて切れぬ大黒とむとむ

  • 勝手だと言って黙った子に蝶々大野美波

  • やはらかき靴ぷぴぷぴと追ふてふてふ大山和水

  • 蝶が来て先輩の友達になる大和田美信

  • 蝶たどる空のきざはし見ゆる子か可笑式

  • 練習の自転車ふらり蝶ふはりおかだ卯月

  • 地響きの馬場をなだめよ蝶々よ緒方朋子

  • 睦みつつ色濃くなりぬしじみ蝶岡田雅喜

  • 焼きたてのピザトーストや蝶々来岡山小鞠

  • 迷い人探す放送夕の蝶小川さゆみ

  • 命日はいつも晴れ紋白蝶来小川しめじ

  • この蝶はいずこの誰の夢なるや小川天鵲

  • 温室の蝶の海馬に果てぬ空小川野雪兎

  • うすき翅つまめば蝶の底力小川都

  • 蝶愉快なり風に酔ひ蜜に酔ひおきいふ

  • 上書きの朝よ眠たげなる蝶よオキザリス

  • 君らしき人の三人過ぎて蝶沖原イヲ

  • どこまでが蝶の高さや空に風沖らくだ@QLD句会

  • 蝶瞬いて昼の星と交信おぎわらわき

  • 蝶あまた祈りの羽の摩文仁起つ奥田早苗

  • 白蝶や母の葬列先導す小倉あんこ

  • どしゃぶりの式には蝶も飛ぶまいか尾座鬼

  • 水落ちてここより暗渠蝶翔ちぬおだむべ

  • てふてふは女言葉で話します越智空子

  • 背の翅は飛ぶものと知る蝶生る落句言

  • 蝶に触れ四十九日をひらひらとおでめ

  • 五平餅頬張つてゐる蝶の昼音羽凜

  • 蝶の昼ふわりと口へ卵焼きおひい

  • 天動説を信じる蝶もいてもいいおぼろ月

  • 蝶二頭野の千年の生き死にをおんちゃん。

  • サックスの八分休符蝶の影海峯企鵝

  • 蝶発つや今綻びの多き国香依蒼

  • 濁点の多き暮しや蝶立てり香依蒼

  • 一頭の蝶と交わる目眩かな火炎幸彦

  • ワンノートサンバのゆるく昼の蝶カオス

  • 蝶来たり手紙を書いてみたくなり案山子@いつき組広ブロ俳句部

  • 蝶の影葬りの夢のほろ苦し加座みつほ

  • 蝶一頭庭師ひとりに驚かず霞山旅

  • 求愛の寄つては弾け蝶と蝶樫の木

  • きりもみで防風林を越える蝶風早杏

  • 近頃は私に蝶が迫り来る片桐洋

  • 電柱に海抜表示蝶の影加田紗智

  • 生まれくる蝶よ殺処分待つ犬よかつたろー。

  • ノート空白蝶々に疲れなし桂もふもふ

  • フオロロマーノ栄華の果の蝶の群桂葉子

  • 蝶よ蝶せめて解けてゆかぬやう花伝

  • 海峡を渡りし蝶の擦れた翅加藤雄三

  • 平日の部屋より眺む黒き蝶金田由香

  • 美容室は本日開店蝶々来金子あや女

  • だんだんとすることの減り蝶の昼亀田荒太

  • 蝶とまるヤクルト1000の先端へ亀田かつおぶし

  • もんしろてふ学校絵の具は不透明亀の

  • 重力を捨てて光に遊ぶ蝶亀山逸子

  • はにかみはひかりゆらゆら紋白蝶花紋

  • 迷い来し蝶に一間を貸してをりかりそめのビギン

  • ため息は揚力蝶は知ってゐる川内佳代

  • 蝶囲う集積場の網ひとつ翡翠工房

  • 柔らかき肩甲骨と蝶の翅川端芙弥

  • 神木をくすぐり蝶は空に消ゆ河村静葩

  • 夕陽の蝶レコードの神田川川村ひろの

  • ベランダのチキンラーメンてふてふ来閑々鶏

  • 蝶速し帰宅はすべて上り坂邯鄲

  • ひかりにも祝福されて蝶の恋菅野まこ

  • 紋白蝶また来や供花の手を止むる閑酉

  • 香り立つ香炉の灰や蝶が吹くKII

  • 賛美歌の息継ぎに蝶生まれけり喜祝音

  • 蝶の名を退院の子の見分けたるキートスばんじょうし

  • デモ隊の行く手横切る紋黄蝶季々諧々

  • 蝶遊ぶ雲なき空の高音域岸来夢

  • 黎明や羽ばたく蝶の赤き羽根北大路京介

  • 蝶のはばたけば今日のうらがへる北野きのこ

  • 病院の蝶面会は一人まで北の星

  • 白蝶匂ふ翅にレモン色ひとすぢ北藤詩旦

  • てふてふのしとしと跳ぬるさざれ石北村崇雄

  • 蝶去れり蝶の空間連れて去る木寺仙游

  • 春の蝶けふはきれいな肺でせう城内幸江

  • 割箸のきれいに割れず蝶の昼きのえのき

  • 重吉の詩のいろ蝶の翅のいろ木野桂樹

  • 昼休み蝶が長居のひとり畑きべし

  • 蝶の昼川はちやぽんと鳴つたきり木ぼこやしき

  • 小灰蝶ひみつの色はすみれ色木村となえーる

  • カステラの薄皮しゅるり蝶生まる木元紫瑛

  • 蝶止まるカーネルサンダースの瞼Q&A

  • てふてふの過るローカル電車かなQさん

  • 縺れ合ひつオペラ座に散る蝶の翅きゅうもん@木の芽

  • 蝶一つ幹事代表声しずか鳩礼

  • もんしろちょうつかまり立ちの口への字紀友梨

  • 夢見よと叫びたもうた蝶見えじ許足知

  • 大阿闍梨逝く庭に白い蝶京野秋水

  • 蝶の昼メンチカツ屋の猫太る杏乃みずな

  • 風そよろ蝶山折りに谷折りに清瀬朱磨

  • 窓に蝶漂う休日の二度寝清鱒

  • 蝶の翅見れば痒くなる首筋ギル

  • この引き出し開けてみ蝶のどっと飛ぶ銀紙

  • もう少し落ちつけってば紋白蝶菫久

  • ドアノブは手錠の温度てふの園

  • 蝶は托鉢の鉢へ吾は地下鉄へくぅ

  • ほつそりと笑ふ皇女の指に蝶久我恒子

  • 庭に来た蝶この頃は見かけない草道久幸

  • 戦争も飢餓も汚職も蝶ならば鯨之

  • 野ざらしのタイヤの匂い蝶乱舞くずもち鹿之助

  • 夕刊を受け取り蝶と読んでゐる工藤雨読

  • 付き纏う蝶に母かと問うてみる國吉敦子

  • 指に蝶翅脈の熱をほどきたる久保田凡

  • 切り花のみづたくましく蝶の昼くま鶉

  • 左側の景色がすべて蝶の影熊谷温古

  • 太陽と雲の絵の具を混ぜて蝶蜘蛛野澄香

  • 虫籠の翳りに余る蝶の白曇ゆら

  • 白蝶の捕らへて砲声の止みぬクラウド坂の上

  • まばたきのたびにまぶたを剥がれ蝶倉木はじめ

  • この蝶が留まればその花は獣眩む凡

  • 乱獲の海を百万頭の蝶栗田すずさん

  • お世話した蝶はぼくの手から空空流峰山

  • 古墳てふ字は隷書体白蝶来久留里61

  • レモンの香放つや蝶のホバリング紅さやか

  • 誕生を蝶と祝いて祖母となる桑田栞

  • 迫り来し蝶や我が身を通り抜けくんちんさま

  • 紋白蝶サイコロ振りて家を買ふ桂子

  • この小屋はペロの抜け殻蝶狂う恵勇

  • 蝶々を追つててふてふすれ違ふけーい〇

  • 蝶飛ぶやわたしの広場恐怖症げばげば

  • 春蝶や遠くに海を見る天守健央介

  • 狂ふ蝶風葬の骨かぞへたり謙久

  • 蝶の乗るここが安全犀の角紫雲英

  • おそろしや夜の野に満ちて蝶の息剣橋こじ

  • 喪の服を吊るせば白き蝶々来小池令香

  • 蝶集う炊き上げ前の卒塔婆かな恋瀬川三緒

  • どちらかも分からぬ蝶の番かな剛海

  • 蝶ひらり立体曼陀羅の死角幸田梓弓

  • ドレミファソ蝶高く翔ぶ低く翔ぶごーくん

  • 蝶飛んで離婚届の薄さかな小笹いのり

  • 日に三度紋白蝶の来しポスト小嶋芦舟

  • ラテアートミルクふるふる蝶の昼小だいふく

  • 真昼野の形代のごと蝶の翅来冬邦子

  • 石窯のパン工房蝶昇りゆく虎堂吟雅

  • ひらひらとてふてふくらくらと真昼古都鈴

  • カルピスに集る蝶らへ集る子ら粉山

  • 霊柩車走らぬ街や蝶の昼このみ杏仁

  • らしくない人選んだよ小灰蝶虎八花乙

  • 蝶の昼清掃作業トイレから小林昇

  • 野より出づ二頭の蝶の螺旋かな小林のりこ

  • いままさにてふのかわいてゆくところこま

  • 草叢は蝶の青空かもしれぬこま爺

  • 打ち覆いゆらしてくれよ万の蝶こまたれぶー

  • 隔離病棟迷い込む蝶ふわり駒野繭

  • 神さまの千切りし雲が蝶である駒村タクト

  • この蝶は夜はどうしているのだろこむぎ

  • 坑道は立入禁止蝶が飛ぶ小山晃

  • 純白の蝶の羽根から金の雨GONZA

  • 白帯と緋縅蝶の対峙せし今藤明

  • 校庭を蝶は正弦波のようにコンフィ

  • 蝶の鱗粉の撥水限界よサイコロピエロ

  • 苦労して蝶になったと告げにくる西條晶夫

  • 蝶の昼異人館まで長き坂さいたま水夢

  • 蝶の昼口紅塗つて落ち着かず彩汀

  • 軍靴に踏まれし庭を蝶の影齋藤桃杏

  • 河底を覗くや蝶の影ひとつ齋藤ちの

  • 蝶の舞うハローワークの帰りかな齋藤方南

  • わたくしのおほかたはみづ籠の蝶斉藤立夏

  • 蝶の飛ぶ半濁音の多き地へさおきち

  • 蝶ゆかい絆創膏を靴擦へさ乙女龍チヨ

  • 黄昏のたび蝶々と衰えて酒井おかわり

  • てふてふのくずし字のごと舞ひにけり酒井春棋

  • 蝶追へば蝶の結び目ほどけをりさかえ八八六

  • 立ちて行く阿闍梨の背なか蝶の影榊昭広

  • ふらふらのファウルボールの先を蝶坂まきか

  • 老犬こたろう蝶々様子見に来る咲美マキ

  • 黒板の湾曲蝶の影ひとひらさくさく作物

  • カフェラテの泡消えゆきぬ蝶去りぬ櫻井紫乃

  • 五回コールド勝ちネットに蝶櫻井光散人

  • 大使館の厚き門扉をひよいと蝶桜鯛みわ

  • 時々は蝶々の国と交信す桜月あい

  • 春蝶の翅の震えや三回忌桜望子

  • てふてふと待つリハビリの送迎車さくら悠日

  • 蝶を呼ぶ園庭の花いちもんめ雑魚寝

  • また忘れし父の命日蝶の昼砂舟

  • ミシン踏む蝶のうかるる三拍子さち今宵

  • 鱗粉の匂ひの記憶蝶空に砂月みれい

  • 草っ原今朝孵ったか蝶の群れ佐藤しのぶ

  • 蝶々ともう逆上がりできる子と佐藤志祐

  • しげしげと皺々てふとなるまでを佐藤儒艮

  • 垂直降下の蝶エアーポケット佐藤浩章

  • 蝶休む蔵王権現膝頭佐藤佳子

  • 蝶渡る道の向うは校外区里すみか

  • 狂ふ蝶士林夜市の紙の皿里山子

  • 自由つて時に寂しいものね蝶真井とうか

  • 蝶ふわりしゃべれなくても生きていい錆田水遊

  • ほんたうにそちらの道でよいな蝶さむしん

  • 道迷ひさつきもここに黄蝶ゐて紗羅ささら

  • 蝶翅を閉づぴつたりと合ふ数字澤田紫

  • タラップに蝶の影踏む駐機場澤田郁子

  • 八百屋にてサドル蝶々に乗っ取られさわだ佳芳

  • コマ落ちの8mmフィルムめくや蝶沢拓庵

  • アルタ前十時集合蝶飛び入り澤野敏樹

  • 蝶死してひかりをひとつ失へり三月兎

  • 蝶々の腹満つ蜜の虚空かな三休

  • 紋黄蝶だった今フロントガラス山月

  • 蝶動かず自分軸とはなんだろな三尺玉子

  • 蝶高く退職願受け取りぬ三水低オサム

  • まらうどの守護霊のごとてふてふ来塩の司厨長

  • 黄蝶来て開運日和寺の鐘四季彩

  • 蝶羽ばたく私にはこの処方箋志きの香凛

  • 蝶生まれ草の匂いは重たくて四季春茶子

  • オンライン会議長くて昼の蝶紫檀豆蔵

  • 孔雀舎の水場に狂う蝶の群れじつみのかた

  • 羽たたむ蝶やあかるき死のけはひ渋谷晶

  • 休憩の蝶の羽のみ張りつめる字坊人造

  • 蝶消えて夕空残る川原かなしぼりはf22

  • 約束は解けて飛んで蝶と行く島崎うらら

  • やめようよここは蝶々の通る道島田あんず

  • 蝶やすむ二十度くらい翅開き嶋田奈緒

  • 道端の屍へ長き蝶の口しまのなまえ

  • 影を得てしまえば蝶の重くなる嶋村らぴ

  • 蝶むれて塔落慶の日和かな清水容子

  • ため息はひんやり甘い蝶の口清水縞午

  • 対岸にビール工場昼の蝶清水三雲

  • 木登りの僕を追い越す蝶遥か下丼月光

  • シャンパンの気泡弾けて蝶の昼芍薬@独逸

  • 風の息月の息なり蝶生るじゃすみん

  • 何度目のおんなじ愚痴か蝶の昼沙那夏

  • 上昇の箱に無口な蝶の拉致砂楽梨

  • 蝶だけが国境越えてゆきました十月小萩

  • ザックは70リットル青蝶は飛ぶ朱胡江

  • 風なくも風を知らせり黄なる蝶秀耕

  • ゼンマイの一気に戻る蝶の二時柊ニ

  • 絡み合う蝶の昇りて空広く秋星子

  • 蝶あざやかしょっかくがとれてるけど樹海ソース

  • 靴ひもを結ぶ練習紋黄蝶寿松

  • 風の玉跳ね上げ蝶の競ふ庭シュリ

  • 月曜の動物園や蝶の昼じゅんこ

  • 土手の昼ドラムロールの小灰蝶じょいふるとしちゃん

  • 海風に逆らう蝶の力瘤白井百合子

  • 蝶不意に出鱈目を飛び去りにけり白玉みぞれ

  • 渋滞を横切つて蝶いづくへか白猫のあくび

  • 区議候補集へば蝶の諂ひて白プロキオン

  • ひかり濃き風のタクトや紋白蝶白よだか

  • 蝶生れいきなり空が深すぎる新右衛門

  • 垂木朽つる本堂に蝶ゆらゆらジン・ケンジ

  • ねむしねむし胡蝶ひらひら源氏閉づ新濃健

  • 蝶つてば体育と物理が得意らし水蜜桃

  • フランス語訛りの英語きしむ蝶水曜日生まれ

  • 昼の蝶迷ふ積木のやうな家すがりとおる

  • 律儀なる蝶の四つ角曲がりけり杉田梅香

  • 蝶鳴くや今日一斉の誕生日鈴木秋紫

  • 歩むほど蝶わき立ちぬ野辺送り鈴木由紀子

  • 蝶の羽化零るる音の微かなる鈴白菜実

  • 皆スマホ見ているベンチ蝶の昼清白真冬

  • 一頭の象の空へ一頭の蝶鈴野蒼爽

  • 白蝶やいづこの雲に笙の音主藤充子

  • 蝶を追ふ初めて眼鏡かけたる子砂山恵子

  • 抗えぬ睡魔は蝶が連れて来る巣守たまご

  • ほんたうは青息吐息てふの翅すりいぴい

  • 馬鹿野郎馬鹿野郎とて蝶さりぬ諏訪次郎

  • 墓遠し母命日の夕に蝶静江

  • エピタフをなぞる指先蝶来るせいしゅう

  • 牛の尾が丁度届かぬ場所に蝶青峰桔梗丘

  • 蝶庭にヴィンテージ品入札す瀬央ありさ

  • 蝶とまる解雇通知書届きたりseki@いつき組広ブロ俳句部

  • ずる休みの二階へ蝶の遊び来てせとみのこ

  • 蝶生る父の形見がみつからぬ世良日守

  • 置き配の角をてふてふ摘んでゐせり坊

  • 蝶生る白きページの一行目千@いつき組広ブロ俳句部

  • 日当たりを聞く内見の窓を蝶千波佳山

  • 蝶がまた羽ばたいて本気の恋に全美

  • 荒磯の怒涛をかわす胡蝶かな草夕感じ

  • 蝶々や花の置かれる交差点そうり

  • はばたきて地球瞬く紋黄蝶外鴨南菊

  • トラックへ小柄なをんな蝶の昼染井つぐみ

  • 蝶々や風を押す押す引いて押す染野まさこ

  • 君の肩かすめる蝶の白香る空野朔月

  • 蝶曰く風の綻びこことそこ空豆魚

  • 蒼き空の重さに震ふ白き蝶

  • 蝶々の四次元の空あいこでしょ大康

  • 骨納め絡まるやうに蝶二頭大ちはる

  • 渚にも蝶の来れり浮御堂太平楽太郎

  • 狂蝶よまだ月曜の朝である大丸愛実

  • 蝶ゆらゆら飲み屋に置いてきた記憶平良嘉列乙

  • 一対の蝶鱗粉撒き飛ぶ自宅跡高上ちやこ

  • 蝶の翅四枚を繰る胴強(こは)し高尾里甫

  • ため息の小さきあぶくやしじみ蝶高木音弥

  • 耕運機はお下がり紋白蝶来だがし菓子

  • うたたねの天球泳ぐ蝶高し高瀬小唄

  • 城壁を昇る蝶たち騎士に似てたか&ひろ

  • てふてふや痛みのグラフ付ける夜高橋寅次

  • 蝶生る針のやうなる脚を持ち高橋なつ

  • 野に出て蝶の咲き乱れているか高橋ひろみこ

  • もつれあふリリアンの糸蝶の昼たかみたかみ

  • 耳鳴りを砕けば蝶の弾む駅高山夕灯

  • 紋白蝶濠へ落ちゆくみどりの丘高山佳風

  • まどろみの蔭より蝶の光の尾滝川橋

  • ソプラノとアルトで別の蝶が来たたきるか

  • 退院の朝や黄の蝶白の蝶多喰身・デラックス

  • 寝ころべばまなうらに影蝶の息たけぐち遊子

  • 自死選ぶ重き空あり小灰蝶武田豹悟

  • 蝶の空裂く出棺のクラクション竹田むべ

  • 校長の話も空へ春の蝶竹八郎

  • 蝶消ゆる夕闇の波くるごとに武部敞子

  • 蝶を見た夢を見た日に蝶を見た多数野麻仁男

  • 赤土の風すこやかに死する蝶ただ地蔵

  • 重力に一瞬蝶の負けにけり多々良海月

  • 湖はまだ冷たき鏡蝶渡るダック

  • 寂しさを捉えれば手の中に蝶立田鯊夢@いつき組広ブロ俳句部

  • 「グラマンだ」我が名忘れた父へ蝶立石神流

  • 愛猫の墓より出し紋白蝶蓼科嘉

  • 仕立てあげられたわたしを解いて蝶立部笑子

  • 蝶生まる授業中断の歓声谷相

  • 紋黄蝶手向けの花に巴なす谷町百合乃

  • 蝶よ飛ぶ力はあるか戦場へ谷本真理子

  • 公民の授業をふけて蝶の昼田畑整

  • ハンドルに蝶部活終わりの駐輪場たばたなおみ

  • 風と風縫い閉じるごと蝶翔ける玉家屋

  • この先の夢は怖くて蝶は飛ぶたまのねこ

  • 悪夢去る額に蝶の降りてきて玉響雷子

  • 何植うと迷う菜園蝶の昼たむらせつこ

  • 臥す人の手鏡に蝶ひらひらと田村モトエ

  • にじり口閉めるや蝶の翅音つと丹波らる

  • 水嵩やひかりに煽らるる蝶は千夏乃ありあり

  • 土偶から飛び出す蝶はアルタイへ竹庵

  • 銃口で遊ぶ蝶照準器は静か智同美月

  • 捕まえた言葉へ付箋眠る蝶千歳みち乃

  • 贖罪の光縫入る蝶の翅千鳥城@いつき組広ブロ俳句部カナダ支部

  • 寝転べば風葬めいててふてふ来千早安寿

  • 宿酔や紋白蝶の眼のまだら千代之人

  • 眠る蝶幽かに救急車のサイレン彫刻刀

  • 蝶渡るバシャンバシャンと連結器辻内美枝子

  • 蝶追うて蝶忘れたる白さかな月石幸

  • 蝶の生むゆらぎを得たる家出かな月岡方円

  • 蝶は舞い大人はすぐに愛と言うつきのひと

  • 西へ蝶わたしはどこへむかうのか月待小石

  • シュウベルト歌ってあげよう蝶のため辻瑛炎

  • ピアノ搬入蝶も一頭入ります津々うらら

  • 亡き父のギターぶら下げ蝶の土手つちや海郷

  • 蝶ふはり黒鍵だけで弾ける曲綱川羽音

  • はばたきにてふてふ傷みつつ咲きぬツナ好

  • 蝶のゆく軌道や心電図の所見つばさ

  • 高いレの運指は不確か紋黄蝶翼つばさ

  • 鱗粉のなき蝶の影薄れゆく津幡GEE

  • クレープの生地の広がる蝶の昼露草うづら

  • 開業の届け出す朝蝶高しツユマメ@いつき組広ブロ俳句部

  • 世渡りの上手そうな蝶遠近に鶴富士

  • 葬送のちーんどんじゃん昼の蝶寧陪禰

  • ヒアブ車の掴む丸太を掴む蝶丁鼻トゥエルブ

  • 蝶一頭生態系に現れる寺尾当卯

  • さよならを言うまで離れざる蝶よ天童光宏

  • 漣へ二グラム分の蝶の風天陽ゆう

  • 添加物なき青空へただ蝶は土井あくび

  • 一両の路面電車で蝶を抜く土井ヨドー

  • てふてふや翅めく桁の流れ橋トウ甘藻

  • 強風へ蝶のずしりと抗へり藤白月

  • 蝶の翅千切れタクツァン僧院へ遠峰熊野

  • 蝶の昼バレエダンスのような雨とかき星

  • 春の蝶新婦の肩に停まりけりときめき人

  • 蛍光灯ちりちり耳鳴りを蝶常磐はぜ

  • 蝶二頭過ぎて気流の生まれけりDr.でぶ@いつき組広ブロ俳句部

  • バイエルをやっと一曲春の蝶どくだみ茶

  • 双蝶の光りの奥へ果てにけり戸口のふっこ

  • 蝶の泣く声のわかる子不登校どこにでもいる田中

  • 赤ちゃんのとても軽くて蝶の昼としなり

  • この蝶に去年も会いしこの水辺どてかぼちゃん

  • 好きっていわなきゃだめかな蝶々どゞこ

  • 双蝶や姉が切り出す仲直り戸部紅屑

  • ともだちがほしいこそっと蝶の耳とまや

  • もうだれも弾かぬピアノや蝶の昼富山の露玉

  • 山頂に蝶の舞ひたる姥捨山豊岡重翁

  • 磔刑となりて蝶々の昏き夢豚々舎休庵

  • 中指の蝶の匂ひを残し置く内藤羊皐

  • おびただし谷より光蝶生る内藤由子

  • 椰子落暉ニライカナイへ蝶渡る直美YC

  • 言いがかりのような話を躱す蝶なかかよ

  • 読みかけて閉じて開いて蝶の昼中十七波

  • 双蝶の高みつつ円描きけり中里凜

  • フルートのハ調のしらべ春の蝶長嶋佐渡

  • へろへろと岸に不時着したる蝶永田千春

  • スケルツオ流るるやうに蝶生る中原柊ニ

  • 馬上花嫁二頭の蝶を供として仲操

  • 蝶ひらり僅かにきしむ車椅子中村あつこ

  • 雨の日の蝶や聖母の祈りの手中村すじこ

  • てふてふや寅次郎の恋終わるなしむらなし

  • 本におくしおりは紋白蝶の影夏草はむ

  • 象の糞ひらと風揺れ蝶二頭夏雲ブン太

  • 蝶からのお誘ひきたる小道かな夏空なみ

  • そよ風が翅を持ちたる紋白蝶夏椿咲く

  • 微発泡ロゼの速度で蝶上る七瀬ゆきこ

  • 白き蝶芝生の上は低く飛ぶ七星麦穂

  • 蝶の揺らぎ野をゆく風の五線譜に七森わらび

  • カピバラの眠そうな顔蝶の昼名前のあるネコ

  • 石棺の縁のまるみに眠る蝶西川由野

  • わが袖のなにを好むや蝶の舌西爽子

  • 乳輪のむず痒き朝蝶生まる西田月旦

  • 置き去りのバラック街や蝶生る螺原トモ

  • 迷いなく吾を導く蝶白し西村小市

  • 蝶いつか戻れぬ高さまで行かん西村棗

  • 蝶湧くや山を母体として無数二重格子

  • 接戦のスコアボードに蝶が来て二十八

  • ちょうちょ見たころんだことはもういいや新田ダミアナ

  • 一頭は蝶形骨を出でし蝶にゃん

  • 教室に青空つれて紋黄蝶庭野環石

  • 千の夜の部屋持つ蝶の眼の呂色野地垂木

  • 銀色を蝶から剥いだ指の先乃立喰烟

  • アリバイはあります蝶が見てました野ばら

  • 紋白蝶サファリパークの犀の背に野原蛍草

  • 罵声めく風に蝶々耐へてをり登りびと

  • 何匹も蝶を壊して育ちたり海苔和

  • あら楽し蝶々なんにも持ってないのりのりの

  • 水脈は地図となり蝶遊びだす白庵

  • 岐阜蝶や雲の切れ間に経ヶ岳白山一花

  • 蝶よ飛べ被弾のビルの発破式はぐれ杤餅

  • 蝶々や礼節のごと翅たたむはごろも856

  • 父逝きてふわり時々紋黄蝶橋爪利志美

  • 幸せが来るぞ蝶々が病室へ波止浜てる

  • もつれあう蝶は音楽ミシン踏む橋本こはく

  • 宿酔の蝶は痛点かも知れずはせがわ水素

  • ふいにした洗濯日和蝶の昼長谷機械児

  • 蝶ひとつ痛む心へ着地する花咲明日香

  • 丁字路は蝶の居さうな右へ往く花咲めだ香

  • 甘過ぎる朝日を蝶の羽化の翅はなぶさあきら

  • 狂ふ蝶追ひかけ太陽は真上花見鳥

  • ハシビロコウひらふら蝶のひつこくて花和音

  • 青空は今日で見納め紋白蝶ぱぷりかまめ

  • 蝶に問う韃靼の水甘いかとはむこ

  • 蝶に骨あらば此岸へ渡るまじ葉村直

  • 山里は子に似て蝶もはきはきと林省造

  • じやんけんと無縁の暮し小灰蝶原水仙

  • 軽やかな立ち漕ぎの背を蝶の追ふぱらん

  • レマン湖に城をゆらして蝶の昼巴里乃嬬

  • 新しい教室蝶の迷い込む播磨陽子

  • 単語帳Aから順に蝶となれ春あおい

  • 明日俺は死ぬのか蝶がひかめいて晴田そわか

  • ひと筆の蝶たたしめよ蝶の野へ春海のたり

  • バーゲンの試着疲れた蝶はきれい春村実季果

  • 少女らの手話にさそはれ歌ふ蝶春山菊

  • てふてふを目で追うて追うてもう空万里の森

  • 昼過ぎの川は穏やか石に蝶ひーたん@いつき組広ブロ俳句部

  • 水たまり逆さの街に蝶一つ樋口ひろみ

  • 片頭痛蝶の羽音はハニホヘト菱田芋天

  • 風ふつとスクランブルの蝶高しひでやん

  • 亡き犬と同じ色して蝶ひらりひと粒の種

  • しんがりの子らを揶揄ふやうに蝶日向こるり

  • 春の蝶明日には抜ける乳歯ありひなた和佳

  • 蝶もつれ飛ぶ脛に疵もつ国を比々き

  • 虚無孕む腹を摩りて眠る蝶向日葵姐@いつき組広ブロ俳句部

  • てふてふや大きな落とし穴の上日向守順子

  • 春の蝶「あ」はえんぴつのにおいかな日吉とみ菜

  • ふうわりと蝶うたふのはさんびょうし平岡梅

  • ほぎごとの席に迷い来蝶の昼平林晶子

  • 耳小骨疼く蝶の口するする平本魚水

  • てふてふやネットてくてくさまよふ老比良山

  • 歩むごと蝶湧き上がる島の道昼寝

  • 蝶々蝶々働くだけの考でした広島立葵

  • 火山灰のいたみに蝶もよく耐へて弘中しかもり

  • 蝶はひらひら五年後生存率ひろ夢

  • 朝の蝶やはりポストにこの手紙琵琶京子

  • 放心や蝶々出たり入ったり深町明

  • 立ちこぎの校歌のサビに蝶来たる福田みやき

  • 唇に蝶々はちみつのグロス袋小路綴乃

  • てふてふやもう酔うてゐる父の客藤色葉菜

  • ト音記号ほどけて蝶の吻となるふじこ

  • 蝶生るドレミファソラシドの高さ藤咲大地

  • 火口まで二百歩蝶は火の匂ひ藤白真語

  • コンビニや蝶を見ただけの休憩藤田ゆきまち

  • 植物園群れなす蝶は痩せてゆき藤永桂月

  • ビル群てふ遺跡を蝶や緑満ち藤雪陽

  • とんかつのさくさくてふてふひかりけり藤原素粒子

  • シーツから飛び立つ蝶の影黒し船橋こまこ

  • ソプラノで歌いだすのはどの蝶か冬のおこじょ

  • 明け渡す午後の公園蝶の空冬野とも

  • その脆さこそ蝶の武器となる古川しあん

  • ちょうの羽うらうらおもてうらおもてふる雲

  • 四度目の遺品整理や蝶の昼碧西里

  • 六本採血され蝶の中庭にペトロア

  • 戒名に空の文字あり蝶々来べびぽん

  • 蝶生まる畑に残渣の堆し北欧小町

  • うつとりと蜜漕ぎあぐる蝶の翅黒子

  • ぶら下がる蝶の視線の強さかな星田羽沖

  • 心臓が痛い蝶々見失ふ星月彩也華

  • 雲梯に虹のかけらのような蝶星野はいかい

  • 朝礼の倒れるてまへ紋白蝶ほしの有紀

  • 勝手ながらホテルに蝶を放し飼い細川鮪目

  • 陽光や蝶は-1gΦポップアップ

  • アーケード老人ばかり蝶の昼堀卓

  • 笑わないのだろう泣かないから蝶は梵庸子

  • 翅はさむ指知る蝶の鼓動かな凡狸子

  • 未だ名を呟く恋や小灰蝶前田冬水

  • 蝶々の息継ぐたびに光る翅真喜王

  • 蝶々や電気に支配される星まこ@いつき組広ブロ俳句部

  • 蝶のちがい山の北がわ南がわ正岡丹ん

  • 春の蝶小さくなりゆくペンだこや眞さ野

  • 樹木葬のチラシのゆらり蝶ゆらり増山銀桜

  • 眼前の蝶の不意なる自由律町田勢

  • 埴輪女の眼窩透き来る白き蝶茫々

  • セロファンの層を嗅ぎ分く紋黄蝶ほこ

  • 昼の雨蝶は寝床に帰りけり星善之

  • 春に逝った人みんな蝶になった?町屋の日々輝

  • 蝶生まる母と別れて得る自由松井くろ

  • 何千の蝶墜ちて初恋終わる松田慶一

  • 蝶よぎる指鉄砲の射程距離松本裕子

  • 綾取りが苦手で蝶も掴めない真冬峰

  • どれくらい捨てれば蝶の軽さなるまめばと

  • 蝶集う火の見櫓の代赭色まるにの子

  • うずくまり石になる子よ蝶とまれ丸山隆子

  • 蝶生まれ己が重さを捨てにけりまんぷく

  • 蝶出づる懺悔の指の解ければ三浦にゃじろう

  • 蝶々や迎えの船はまだ来ない澪那本気子

  • 蝶ひらり午後の古文も目を覚ます澪那本気子

  • 黒鍵に白き蝶乗りファのシャープ三日月なな子

  • 蝶ひらひらモーツァルトの音符かな三茶F

  • つままれて動けぬ蝶の二つ折り岬ぷるうと

  • 荒地の黄蝶ささやき声のディラン三島瀬波

  • 紋白蝶空の丁字路急左折水越千里

  • 8の字に風を結びて紋白蝶水須ぽっぽ

  • 蝶離るや問十七の答はア満生あおね

  • 落選す掴み損ねた蝶高く美月舞桜

  • イスタンブールを紋黄蝶の朝日みづちみわ

  • 蝶の昼ヤギの右耳よく動く光峯霏々

  • 通らせてもらふ木陰の蝶の道みつれしづく

  • ガラムスーリヤ染みる蝶の右眼にミテイナリコ

  • 羽衣は蝶一頭の軽さだらう南方日午

  • 蝶々や検査結果は縦に裂く宮井そら

  • 早朝の正拳かぜをつくろふ蝶宮坂暢介

  • 蝶とびたつや打ち上げの種子島みやざき白水

  • てふてふや転入生の目の碧し宮武濱女

  • 蝶あれば風のたまごの生まれけり宮部里美

  • 風聞の半分はうそ蝶計るみやま千樹

  • 犬の忌や堂裏の蝶眺めをりみわ吉

  • 頬に蝶ぶつかり来れば君の影夢雨似夜

  • ネモフィラに蝶るいるいと甘き風麦のパパ

  • 銃の世は人の世のこと蝶生まる椋本望生

  • もつれあひながら水面へてふてふは無弦奏

  • 翅ひろげとじて水面の蝶しずか霧想衿

  • 砂時計反す窓辺を春の蝶村瀬っち

  • 黒板に数式蝶は三角比むらのたんぽぽ

  • 余生とは蝶の行方を追ふこころ茂木尚美

  • 子らと蝶はらはら児童相談所茂木りん

  • 蝶のまなざしで灯されてるカルテ本村なつみ

  • 柩から飛び立つ蝶の白さかなmomo

  • 車庫入れのミラーを白き蝶ふつと百瀬一兎

  • 山頂は風の停車場蝶の群桃園ユキチ

  • 鬼瓦まず下ろされて蝶来るももたもも

  • 海砂のごとき胎盤蝶の昼森日美香

  • 蝶の翅互ひ違ひに重なりぬ森海まのわ

  • 海風や棚田を登る蝶の影森佳三

  • 騙されてゐるしはわせ蝶よくるなくるなもりさわ

  • 此岸の蝶は黄彼岸の蝶は白もりたきみ

  • 触れたくもN極同士蝶二頭森の水車

  • 蝶不意に枯山水へ咲くごとし森毬子

  • 雲流れ蝶ネガとなるポジとなるもろ智行

  • 昼休憩車内に蝶の湿り満つ山羊座の千賀子

  • 異動内示蝶は風に流さるる安田伝助

  • 来年も蝶は来るのか母あるか痩女

  • 電動キックボード島の蝶抜いて柳川耀一郎

  • 蝶今はあえかなる休止符となり山内彩月

  • ひかり帯ぶる蝶三頭のポリフォニー山河穂香

  • もんしろ蝶ひかりの芯をほどくごとやまさきゆみ

  • ワイパーに蝶々仕事探すふり山田蚯蚓

  • 蝶々やダムに沈んだ村の痕山村楓

  • 人間の中身は赫し蝶の昼山本先生

  • エントランスの造花へ淑女と蝶山本たか祥

  • チェーンソー唸る方から蝶ひらり山吉白米

  • 紋白蝶ちくちく空を縫ふやうに唯果

  • 木の間から蝶吐きだされ吸ひこまれ雪音

  • 明るきや菜畑の蝶をただ追うて柚子こしょう

  • 蝶々の口に探られ尽くす腕ゆすらご

  • 蝶はきらいですこはれさうだから横縞

  • 頭蓋骨ぐしゃりと千の蝶放つ横浜J子

  • たくさんの蝶とぶ森に埋めました横山雑煮

  • 清潔な日本が好きか紋白蝶吉川拓真

  • 旅の蝶よ千キロ先のここで待つ吉田蝸牛

  • 王眠る古墳の木棺蝶産まる吉田わさび

  • はーやんはアル中酒屋まで蝶々吉野川

  • 蝶曰くひとはまっすぐ歩けない吉行直人

  • 蝶探す君のリュックの蓋にいる楽和音

  • 水の輪の生まるるごとに蝶産まれ楽花生

  • 紋白蝶この国のひとみな病んで梨音

  • 遅延また列車遅延や蝶の昼理佳おさらぎ

  • 痛点を軽やかに蝶通過せり流流

  • 幽けさや蝶とまりたるボンネット良俗倭人

  • 蜆蝶の羽裏見てをり病窓に朗子

  • てふてふやボレロのソロの指づかひろまねす子

  • 蝶止まる後部バンパーの傷跡和光

  • ビル風や地に食らいつく街の蝶わたなべいびぃ

  • なあ蝶よ下肢の装具も十五年渡邉竹庵

  • 黒きてふも白きてふもてふてふ渡辺桃蓮

  • もつれ来て西と東に帰る蝶渡邉わかな

  • つぎつぎに特急通過蝶の昼亘航希

  • 蝶生まるここはひかりの震源地笑笑うさぎ

佳作
  • 路地の奥トロ箱の小花にも蝶相沢薫

  • 波間のペットボトルにとまろうとする蝶あいのびふう

  • ひなた道蝶が蝶追う重ならず大竹八重子

  • 家族写真蝶もいつしよにおさまりぬ青田奈央

  • 無認可の人形遣ひ去りて蝶青に桃々@いつき組俳句迷子の会

  • 踊る蝶ちかちか光る頭病みあおのめ

  • おひさまとてふはともだち子へ諭す赤尾双葉

  • 蝶々てふ頁めくれば青弾け赤尾実果

  • 麦畠の弾痕に黄蝶の蛹敬子

  • 蝶の羽明滅犬も片思い空地ヶ有

  • 春の蝶寝たきりの父「靴がない」と秋野萱

  • 嫌われて後姿の蝶を追う明日良い天気

  • 掌に母の手重ね蝶生る葦名雪子

  • 蝶々や光を吸うて腸へ葦屋蛙城

  • てふてふを追う吾の脚のおぼつかな阿曽遊有

  • ベンチにて五分やや動く蝶の翅愛宕平九郎

  • 運命の指揮棒めくや狂う蝶あたしは斜楽

  • 蝶誘うありとあらゆる狭間へと新子熊耳

  • さなぎより今朝孵りたる蝶一頭跡部榮喜

  • 君待つ傍ら何か待つ蝶をりあねもねワンオ

  • 蝶が行く押しつ戻され急降下網野れいこ

  • 山椒をとげのみにして蝶になり雨降りお月さん

  • ちょっかい出すトウキョウトガリネズミをしばく蝶池田華族

  • 舞う蝶や宙に笑いの漂へり池田昇雲

  • 蝶ことばあらば光ぞ紋白蝶池田桐人

  • 今日我は迷いし蝶と空へいしいるぴなす

  • 天使めく蝶は魔物を産み落とす石垣葉星

  • 夕刊の薄き日経や蝶の翅石川明

  • ステンドグラス羽織つたやうな蝶石崎京子

  • 蝶二頭前座のごとく野舞台へ石塚碧葉

  • 蝶舞うや新しき靴履いてみる石原花野

  • 蝶は舞う視えぬ亀裂を縫うがごと石馬勢至

  • 蝶追いて明日をさぐるや我が眼いずみ節子

  • 蝶生きて三稜鏡の輝けりいその松茸

  • 蝶よ白銀の糸に潜む罠板橋山容

  • そこの蝶このかげよそへ連れてゆけ市川卯月

  • 肉球をふわぁり蝶はブランコへ市川りす

  • 蝶もつれ憂きこと捨てて見守れりいちご一会

  • 舞う蝶や空気の波紋かき鳴らし一久恵

  • 汗握るロープの岩場飛ぶ蝶よ一歩千金

  • シネマ出て幻のごと白き蝶伊藤順女

  • 戯れる蝶の仲良きかは知らず伊藤なおじい

  • この蝶は吾の歳知らず遊びをり伊藤れいこ

  • 病む母へ低く舞ひたる黄蝶かな伊奈川富真乃

  • 剪定の先へ先へと幼蝶稲葉こいち

  • 蝶追ひて先見えずとも陽の方へ伊縫音々

  • 「ご愛顧に感謝」の下にてふをりぬ犬山裕之

  • 複眼に映る一羽へ絡む蝶ゐのかたゆきを

  • ふりこぼす碧き鱗粉夢の蝶今井淑子

  • ビルの上墓石にも似て飛ぶ蝶や今井みどり

  • 花びらの離れる蝶の羽の音今西知巳

  • 連れてゆけ窓外の蝶のかろきよ伊代ちゃんの娘2

  • てふてふと家路てくてくカレーの香岩清水星斗

  • 蝶蝶や地球はさぞや重かろう植木彩由

  • 指先に残る羽毛や蝶の息植田かず子

  • ヴィヴァルディの四季は善き哉蝶の舞ふ上野徹

  • 白蝶来赤子はめしを食べこぼす上原淳子

  • ここに木があったはずだが蝶々来宇佐美好子

  • 向かい風に立ち向かう下校路の蝶丑十八夜書ク

  • バウンドを過る卍巴の蝶うた歌妙

  • 散歩道次の角にて蝶誘う海口竿富

  • 黄昏て訪う蝶や利休井戸梅里和代

  • 翅のあを空とも海とも渡り蝶梅朶こいぬ

  • 青空は蝶々のためにありしかと麗し

  • 風を読み優しい奇跡起こす蝶江川月丸

  • 真昼時てふの吸いたる光の黄絵十

  • 紋黄蝶二人で持てば持てる岩海老海老

  • 蜜もたぬ母の手に蝶とまりをり笑姫天臼

  • だんだら蝶名前飛び交う選挙カー絵夢衷子

  • 街宣車交錯ひらり舞ふ蝶やえりいも

  • 花よりもひかりのなかへ双蝶はえりべり

  • 太陽の花弁にいのち尽きし蝶円路

  • 蝶追うて少女一人の失せにけり遠藤千草

  • 日曜やもう酔ひてをり蝶の昼遠藤一治

  • 初恋の人に似た背に飛ぶ蝶遠藤倫

  • 国境や素知らぬ顔をして蝶は大岡秋

  • ハンドルの蝶静かにそっとペダルこぐ大越総

  • いく千と万華鏡より蝶は生う大越マーガレット

  • 遮断機をまたたく蝶よ初戦突破大小田忍

  • 蝶出でて背の温みの濃くなりぬ大塚恵美子

  • 蝶々や意識に闇のまじり初む大津美

  • 蝶眠る花の鼓動の子守唄大野喬

  • ひらひらに代わる言の葉なきや蝶岡井風紋

  • 寄り添ひて魂のこす風の蝶おかえさきこ

  • 陽のおもさ風のおもさを蝶降下おかげでさんぽ

  • どこで会う約束もなく飛んだ蝶おがたみか

  • 飛蚊症振り払ふ手に惑ふ蝶おざきさちよ

  • 黄と白の蝶が争ふ籠の中小島やよひ

  • 若き蝶活活と蜜喰らうかな沢瀉みやこ

  • 網纏い平面なる蝶のしづか快晴ノセカイ

  • 黎明のシーツに縫われた蝶怠く械冬弱虫

  • 時の間から蝶一匹出づる海堂一花

  • 野ノ花カ互ひを探る蝶二頭灰頭徨鴉

  • 蝶だけが彩るひっつめ髪の君かえるゑる

  • あをぞらにくんずほぐれつ番蝶垣岡凡才

  • 二拍子の拍とる羽や二胡の蝶華胥醒子

  • 「狂ってなんぞいません」と蝶が言う柏原淑子

  • てふてふも死装束や山の路片山蒼心

  • 舞う蝶や仰ぐくちびるに唱歌花鳥風猫

  • あたし悪くないもんと蝶去りぬ葛飾シトロン

  • 弧を描き何か報せに蝶来たる桂子涼子

  • 「ちり紙」を知らぬ世代へ紋白蝶仮名鶫

  • 従兄弟にはとまるな蝶々投票日金子泰山

  • 松ヶ枝を越えたあたりで蝶消えし釜眞手打ち蕎麦

  • 青き蝶導くように騙すよに神長誉夫

  • ただよひててふてふ刃かはしけり神谷たくみ

  • 蝶は怖い誰もわかってくれぬけど紙谷杳子

  • 君じゃなくちゃ一直線にだんだら蝶亀山酔田

  • 紋白蝶来たりて風景完成す加裕子

  • 前脚で失恋弄ぶ黄蝶唐草もみじ

  • 認知症の母を連れ去つたのは蝶加良太知

  • そよ風に蘂の手招き蝶眠る刈屋まさを

  • イヤホンの右耳の痛み蝶も来て狩谷わぐう

  • 押さえ付け閉じ込めた蝶叩き出す枯山日明萌

  • けふもあひてちやうに○をあをいてふ川村湖雪

  • あの友は元気だろうか蝶ひらりカワムラ一重

  • 蝶ゆらり黄泉比良坂漂いぬ木口まり子

  • 六歳の友の墓石にとまれ蝶季切少楽@いつき組広ブロ俳句部

  • 泣くために此処に来たのに蝶2匹狐雨こじろう

  • 蝶の羽根透けて垣間見た未来木下桃白

  • 水煙に透きもつれ合ふ蝶の昼木原洋子

  • 飛ぶ蝶も影を纏って人が好き君村類

  • 野辺送り蝶も乱れてあと追うか木村修芳

  • だんだらてふ水の星へと舞ひ下りる木村隆夫

  • 秘め事やひらりひらりと蝶が堕つクウシンサイ

  • 歴史的瞬間蝶をつかまえた倉岡富士子

  • ぺらぺらの蝶のおしゃべり聞こえそうコウ

  • 蝶ならば君の睫毛に触れせしを郷りん

  • 剃刀で顔剃られ蝶の空想公木正

  • 笑い声聞こえるような二羽の蝶柑たちばな

  • 白昼の心変わりや迷い蝶幸織奈

  • 黄蝶舞ふ空に旋律描きつつ小鳥乃鈴音

  • メロディーをたどる飛び方紋白蝶小藤たみよ

  • 百段駆け合宿勢蝶を捲き斉実篤

  • 和を願う合掌に似て蝶の羽西條恭子

  • 蝶々の鬼ごっこと我一人さいとうすすむ

  • ふわふわと富士山越ゆる胡蝶かな坂崎守寿

  • 影ふわり背に蝶の重みかな咲まこ

  • 狂ふ蝶堕ちる時間を知る如し迫久鯨

  • 蝶々の空の平和という孤独佐々木ヨウジ

  • てふてふの遥かなところ飛びたがる紗千子

  • 蝶二つ八幡さまに遊びけり佐藤レアレア

  • 小灰蝶地球かろやかにまはるサトサナ

  • 保護区より蒸発するかに春の蝶さふぁい庵

  • 迷路なき坪庭巡る蝶二頭さぶり

  • 蝶堕ちる宙へのきざはしは気ままさるぼぼ@チーム天地夢遥

  • 魂の清き試練よ白き蝶じきばのミヨシ

  • 蝶ふわり独居老母の「生きてます」篠雪

  • 木曜の真昼無風に浮かぶ蝶庄司しづく

  • 原の蝶たましいの教科書開きしか白井佐登志

  • 獣糞に湧く紅や青やの蝶々四郎高綱

  • 皇居門検査すり抜け入る蝶神宮寺るい

  • 鱗粉のきずあと香る迷い蝶新城典午

  • ベッドごと散歩す黄蝶先導す新花水木

  • 蝶ひとつまとふ浮力や丘の道深幽

  • 蝶々や草間彌生の森の中鈴木麗門

  • この蝶の聞いたことなき音のする全速

  • 石仏や両界曼荼羅蝶一羽惣兵衛

  • 乳母車蝶の映りし児の瞳そうま純香

  • 沸沸と片片と蝶てふ真理帝釈鴫

  • 断捨離や主なき部屋に蝶の舞い平たか子

  • 蝶の羽休め退職決めた友滝上珠加

  • 晴れマーク並ぶ紋白蝶乱舞瀧本敦子

  • 墜つる悦エアポケットを紋白蝶多事

  • 蝶ぽつと葉裏で会えた転校生たすく

  • 名も知らぬ野に名も知らぬ蝶の飛ぶ糺ノ森柊

  • 蝶々の「てふ」と空気の水面蹴る立川茜

  • 慣れぬ地でいつもの蝶が待っている田中祐子

  • 夜勤明けドアを開けると蝶笑う谷卓生

  • 飛び立ちし蝶が残した寂しさや谷口美奈子

  • 蝶の羽ばたき嵐となる日を待つ玉響海月

  • 過ぐる風を蝶の味方とまづはせよ田村利平

  • 蝶となりゆららひらひら時間軸段丘崖

  • 母の背のごつごつきっと蝶の翅智泉由紀子

  • 蝶に言う御霊は何処導けと千葉睦女

  • 蝶来る自由に風を従へてちゃあき

  • なかんずく蝶の進化は恋成就ちくりん

  • 蝶宿りぽつつりみづの螺鈿かなつくも果音

  • 蝶一頭知り尽くすかに小庭へと辻内美枝子

  • 蝶生まる心経の文字描くやうに辻野花

  • 木漏れ日の赤も黄色も蝶の息対馬清波

  • 里山やひとりしずかに紋白蝶辻本四季鳥

  • 蝶が来たバリトン止まる四重奏輝久

  • 掻き集む蝶の欠片や錬金師東京堕天使

  • 刺青師彫るごとうねる蝶の翅時小町

  • 蝶は朧に歌舞伎町の午後二時時まる

  • ひこうき雲よ陽に射され沖縄の蝶徳庵

  • 魔法陣描くがごとし狂う蝶独星

  • 鉢植えの蜜柑羽化せし蝶九頭鳥羽ししまる

  • 蝶は舞う明日は戦地と化す野にも冨川友香理

  • 落つる蝶震へ幽かな片羽かな斗三木童

  • 力抜きて抜きて挟めり蝶の羽友@雪割豆

  • あの蝶々おばあちゃんになんか似てる登盛満

  • 肩に寄る蝶の瞳に伯母の声中村雪之丞

  • 折畳傘のごとくに蝶生まる⑦パパ@いつき組広ブロ俳句部

  • 引力に斑あるごとし狂う蝶奈良素数

  • 蝶渡る通学団を導いてにいやのる

  • 暗闇で蝶になる日を待っているにえ茉莉花

  • 鍬の音やわらげくれし蝶の昼沼宮内かほる

  • 今日からは蝶としてゆく軌道かな沼沢さとみ

  • つくばいの蝶や口先に音消ゆ沼野大統領

  • 羽立てて震える蝶の魂よ根々雅水

  • 童舞の翅は塗りたて蝶の昼ノセミコ

  • 翅うごく蝶の呼吸や石仏野中苦泉

  • 庭に蝶白寿の母の喉渇く野々かおり

  • アルテミスの炎は揺れ春の蝶白雨

  • 水槽は空と蝶とを捕らへをり蜂鳥子

  • 蝶交じる平和に色のありにけり葉月庵郁斗

  • 盲点を操りながら蝶そぞろ八田昌代

  • 蝶の翅朝日刺すかに破れおり花弘

  • 蝶は舞ふ浴びたひかりをまきながら林眞亜紀

  • 蜜を吸い酔いどれ蝶が乱舞する原厚子

  • 紋白蝶ひらりとかわす恋心ひーちゃんw

  • 何処へでも行けるというのに庭の蝶東の山

  • 樹々の名をよく知る人は逝きて蝶東原桜空

  • はなひとつつきめいにちの蝶をおい匹田ひとみ

  • まどふてふふきつのにほふ蜜の味ひぐちいちおう(一応)

  • 垂る翅の耀きはじむ羽化の蝶樋口滑瓢

  • 空の青追はれし蝶を抱き上げり美竹花蘭

  • こしょばいの黄蝶がいます帰化の印141番

  • 蝶の名を教えてくれし人ぞ今廣重

  • 羽搏けば風押す蝶のかろさかな風慈音

  • 伴奏は砲声胡蝶のホパーク深蒸し茶

  • 柔き葉に蝶たまご置く尻曲げて福井桔梗

  • 葬送の母骨壺に止まる蝶福川敏機

  • さみどりのシャンツェ下り来る黄蝶かなふくじん

  • 蝶の翅ひきさきそうな誘惑に藤井かすみそう

  • しじみ蝶抜きつ抜かれつ登山道藤丘ひな子

  • 肩へ蝶命の宿る報せかな三浦海栗

  • 来世での生まるる場所を探す蝶帝菜

  • 夢か現かひとつに紡ぐは齢ひか胡蝶よ光月野うさぎ

  • 蝶生まる身体無き吾は何を生む満る

  • 蝶一羽たわやかなれば悲しかりみやかわけい子

  • 病室の窓や無音の蝶飛ぶ宮本モンヌ

  • 吾の胸に蠢く蝶を解き放つみらんだぶぅ

  • きらきらと陽光こぼし雨後の蝶暝想華

  • 鉄路とは五線譜のよう蝶の舞う目黒智子

  • てふてふや嫋嫋と翻りつつしたたかに目黒千代惠

  • 蝶ふたつ空気のなかをからまりてめでかや

  • 蝶の来てラジオに流る昭和歌謡望月ゆう

  • つきあかりまだ眠れぬか影の蝶望月朔

  • ポケットの穴それは胡蝶の為に百瀬はな

  • 蝶の腹つまめば指に命あり森佳月

  • 筆跡や蝶の飛跡を準えて森英一

  • 紋白蝶ごっこ遊びのナースかな杜まお実

  • ウクライナ砲の口から蝶を吐け八木実

  • 蝶一頭翅きしませて海渡る安井コスモス

  • 水切りの美しき波紋を狂う蝶簗瀬玲子

  • 白と黄の蝶で占ふ明日かな八幡風花

  • 蝶の羽根扇子にしたる風の神山口雀昭

  • 蝶ならばひらりふわりと往くものを山口愛

  • 黄色いほてり蝶去りてのちの空山田啓子

  • 白蝶の踏ん張る力風そよぐ山野麓

  • 蝶々の描く螺旋の宇宙音山本蓮子

  • 前世を知られまいとて蝶や蝶唯果

  • 「青」待ちのフロントガラス蝶ひらり柚木みゆき

  • をちこちで蝶の燦めき漫ろはし有野安津

  • 暮れてより記憶の沈む紋白蝶宥光

  • 夕日より黄色の蝶の生まれ出づ湯屋ゆうや

  • 山頂はしづか風のそよぎと二羽の蝶陽光樹

  • あくがるる魂に傷あり眠る蝶羊似妃

  • 三日月と背中合せに蝶とまるリーガル海苔助

  • やはらかな風の結晶紋白蝶柳絮

  • 迷妄のやうなる蝶の一筆書ルーミイ

  • 右に過去左に未来宿し蝶渡辺香野

  • 海渡る蝶の矜持は我になし古烏さや

  • 指先に光る鱗粉蝶放つ岡田瑛琳

  • 蝶追ひて初めての道草ランドセルANGEL

  • 逃げよ蝶猫の目一点定まれりあぁ三輪白米

  • 寸足らぬカーテンくぐり迷ひ蝶EarlyBird

  • 蝶が舞花咲き乱れ宴かなあいあい亭みけ子

  • 孫の右手握る舗道のチョウはしろ葵かほる

  • 教室に迷いし蝶や五時間目青井晴空

  • 赤信号蝶だけ渡る家路かな青蛙

  • 墓参りいつもの道を蝶と行く青空舞華

  • ピントあう寸時も待たず蝶の舞う青砥転典

  • 一頭と数える蝶や頼りなき茜咲

  • ふらふわと戦地の蝶は重怠し赤目作

  • 紋黄蝶しづかに離れどこへやら聰子

  • 野草の間花の振りした蝶二頭昭谷

  • 雲端に蝶舞い絶えて過ぐる風芥川春骨

  • 蝶の羽花のごとくに並びけり浅井誠章

  • 粛々と蝶の産卵続き居りあさいふみよ

  • 昼下がり蝶と並びて見上ぐ空麻丘澪

  • 蝶の昼一年過ぎし新天地朝日雫

  • 祖母の輝く記憶蝶舞う故郷亜紗舞那

  • 羽傷めながら千里を渡る蝶あすなろの邦

  • 蜜からのうまい蜜へと旅の蝶あすなろの幸

  • 引越しや荷造り紐に蝶とまりアツシ

  • ジュラ紀から和み担当だんだら蝶渥美こぶこ

  • 蝶々や若やぐ母の眠る墓渥美謝蕗牛

  • 窓際に蝶止まりし滴飲み阿部京子

  • 紋白蝶風に震えて何処まで数多未完

  • 何故か燃ゆる日の元ゆきし蝶天宮渡

  • 指先になじむ鱗粉紋黄蝶雨霧彦@木ノ芽

  • 指先の鱗粉飛べたかかの蝶はあややaya

  • 廃園や日差しへ出づる蝶の群亜来真留美

  • 岐阜蝶で映え目指してる金華山新井遊休

  • 信濃川渡る自転車蝶ひらんあらせもんじ

  • 立ち漕ぎや先導役の紋白蝶蛙里

  • 蝶々を目で追い掛けて青き空有本としを

  • 風静か空高く舞う蝶見ゆ飯田むつみ

  • 祝い日の朝庭には蝶ニ頭粋庵仁空

  • 連れは黒き影黄蝶も白蝶もいくみっ句

  • 蝶来た花壇輝き美しや池愛子

  • 年々に蝶少なしや狭き庭池内ねこばあば

  • 風にのる蝶は真昼の夢のごと池田炭

  • 蜆蝶バタフライエフェクトいつか石垣エリザ

  • 遠く飛ぶには蜜より水か蝶よ石川あ世楽

  • 蝶が舞うキャベツ畑のラプソディー泉恵風

  • 花の間の蝶舞い上がり逃げ上手伊泉不洋

  • 蝶ひらら花から風へ流さるる樹魔瑠

  • 君でしょと蝶に問うては耳澄ます一秋子

  • ほどほどの距離むずかしく舞う双蝶五つ星

  • 舞う蝶やひらり逃るる網のさき伊藤薫

  • 蝶々が後ついてくる霧ヶ峰伊藤節子

  • あの蝶め干してた服に鱗粉が伊藤テト

  • 蝶を追ふトロンプルイユのワンピース伊藤正規

  • 蝶ひくく御魂をたどる合戦場伊藤柚良

  • 大食漢蝶の残せし成長記伊ナイトあさか

  • 蝶ひらり我の好みし花に舞う伊那寛太

  • 帰宅すれば蝶が迎へて退院日井上幸子

  • 黒き蝶闇夜ひらりと仏壇に井上右彩

  • 蝶生れて光の中へ溶け込みぬいまいやすのり

  • レンズの中で蝶はビルより高く今乃武椪

  • 晴天なりランチ広げて蝶を待つ今村ひとみ

  • プリンカップ取り合う砂場蝶々来妹のりこ

  • 風だとか光の中とか生まる蝶伊予の大督寺

  • 次々と蕾に魔法かける蝶岩清水彩香

  • 陽光を受け透け光る蝶の羽上田めぐみ

  • 御寺まで蝶の案内や月見坂上原まり

  • ミステリー読みふけベンチに光る蝶原句ママうちだまみ

  • 終電の白線越ゆる蝶の名よ梅原もずく

  • 光差す花の波間に蝶踊る江口朔太郎

  • ブッドレア香に誘はれて蝶舞い来S・葉子

  • 蝶々の後を追いたや影法師越後縮緬

  • 散歩道キャベツ畑の蝶の舞い榎本奈

  • ひらひらと蝶が運ぶよ移り香をえみばば

  • 目には見えぬ糸で繋がれつがいの蝶縁穐律

  • 白蝶の鬼ごっこするかのやうに原句ママ円美々

  • 蝶達慌て選択産卵葉大江戸小紋

  • 蝶が舞うカップ片手にビバルディー大阪駿馬

  • 佐渡ヶ島見えるいただき蝶が舞大島一声

  • 蝶の翅白き陽光翻し大嶋宏治

  • 目の前に止まれば捕れぬ蝶々かな大谷如水

  • 畑との対話か蝶の翅震へ大槻税悦

  • 颯颯と蝶羽ばたき青空に大野純子

  • 孫と蝶追っかけ追っかけ滑り台大原妃

  • 庭掃除蝶を見つけて一服かな大原雪

  • どこまでも蝶おいかけ役立たず大道真波

  • あの歌詞のサビだけ届け蝶になれ大本千恵子

  • 早朝に振るプロテイン眠る蝶大谷一鶴

  • 蝶々や上下左右にグッドジョブ大山小袖

  • 夥しく乱舞す蝶や昔日岡由紀阿希

  • 白い蝶海の深さや羽は濡れ岡崎未知

  • 蝶の来て今朝は子孫を残しをり岡田明子

  • 撮り鉄に横槍入れる春の蝶岡田恵美子

  • ケンパする子にとまらんと蝶ひらり岡田ぴか

  • 蝶追いて堤を下る子を追いて岡塚敬芳

  • 蝶ふわりリトルリーグのヘルメットオカメインコ

  • 碧き蝶遥か江津に涙なし岡本

  • どこからか舞う蝶の羽根空に消え丘るみこ

  • 宿題の標本作り蝶殺す岡れいこ

  • 海を渡る蝶よわが魂連れていけ奥寺窈子

  • 海渡る蝶よわが魂もろともに奥寺窈子

  • てふてふのふわふわ踊る雨上がり小栗福祥

  • 新しく刻む墓石の縁に蝶おこそとの

  • 後れ毛と蝶となかよくそよぎをり小沢史

  • 泣き止まぬおんぶの赤子に蝶や飛ぶ小田毬藻

  • おゆうぎの手本となりし蝶々かな尾田みのる子

  • 蝶になり時に可憐な花になりお寺なでしこ

  • 何者の急かすやキャベツ畑の蝶音のあ子

  • 花の野の蝶に道ありふわふわり小野とらのは

  • 墓前花のかたづけ蝶舞いて来る小野ぼけろうじん

  • オフィス街蝶に驚き時流れ小山田之介

  • アイヌ刺繍窓辺へふはと蝶の舞かいぐりかいぐり

  • 蝶を追ふ子を追ふ吾の一と日かな加賀くちこ

  • うらうらら蝶を追ふ妻陽がくれる香川雅子

  • 蝶舞う野に青空映えそよ風が影夢者

  • 蝶さんよ人の心も吸ってくれ可子

  • てふてふや脱原発の国ありと化骨

  • わが吾子はモンシロチョウになったのね笠江茂子

  • 蝶の息結界の赤く染まりし笠谷タカコ

  • 仄かなる蝶の息する飼育籠風花まゆみ

  • 舞い込みし蝶はきみか姿変え梶浦正子

  • 昇進の祝いふわりふわりの蝶鹿嶌純子

  • 蝶ひらりシャッターチャンス逃しけりかじまとしこ

  • 紋黄蝶今日のラッキーカラーは黄花純

  • 昼寝する牛の背中に蝶やすむ片岡明

  • 先づ蝶のゐる中庭へ県人寮片岡六子

  • 蝶飛んで水面に写る笑顔かな片岡龍一

  • 鱗粉を袖に散らすや逃げる蝶勝瀬啓衛門

  • 蝶の来て「ほらばあちゃん」と祖父の言う加藤暖

  • 停戦地ふわりと越ゆ蝶健やかに叶田屋

  • てふてふの野のランデブー白黄色かぬまっこ

  • 項垂れる影へ一縷のごと蝶はかねつき走流

  • 黒革の手帳の上を蝶が舞いカバ先生

  • 蝶々や猫を追うたり追はれたりカフェオレ草

  • 舞う蝶や失敗しても朝は来る花星壱和

  • チャペルの音好みへ黄蝶まっしぐら神谷米子

  • 庭先で暫し休むや蝶来たる亀田稇

  • 蝶待つや花の名前は知らねどもかもめ

  • 老桜に寄り添い励ます紋白蝶カラハ

  • ひとかけのバタを溶かせり春の蝶かりかり久助

  • 老犬の白い瞳に春の蝶川口水明

  • アセスルファムカリウムに寄りて立つ蝶々川代つ傘

  • 花飾り蝶もふわりと模様替え川辺世界遺産の居候

  • 乱れ飛ぶ蝶の歌の高く低く川村昌子

  • 蝶の舞う蜜のお礼の美しく樺久美

  • ワンオペのバギー疾走紋白蝶看板のピン

  • 高原のあれよあれよと青蝶よ紀杏里

  • 水遣りの飛沫避けろよ庭の蝶聞亭圭輔

  • 寿命など考えもせず蝶は舞う岸本五月

  • てふてふと祖母の筆見て蝶と知る岸本元世

  • うたた寝の夢より醒めし昼の蝶酒暮

  • 菜園に実りの予感蝶来る北川茜月

  • 帰り道夜空の向こうに光る蝶帰宅部めんそ

  • 蝶の髭気になる昼の帰り道北野都留

  • 密を吸う群れから離る蝶ぽつねんギックリ輪投げ

  • 昨日きた蝶がひらひら庭仕事木野まち

  • 故郷の家手放す日蝶の舞う木村かわせみ

  • 春の蝶バランス歩行越えていく木村波平

  • 初おんも同じ色の蝶に越され銀髪作務衣

  • 木立より高速飛翔や紋黄蝶楠田草堂

  • 見つめられ蝶に連れられ舞にけり国後択捉

  • 畑舞はむ言失わば蝶と成り窪田睡鯨

  • 蝶なんて虫よ虫よと君は言ふ倉木葉いわう

  • インクラインに蝶インスタ女子もまたぐりぐら京子

  • 命とはただよふ蝶の無重力栗の坊楚材

  • 吾は蝶ぞその日その日を愛せバカ来ヶ谷雪

  • 葉裏の蝶雨垂れ弾き羽煌くくるみるく

  • 蝶追って下校に見つけたひみつ道黒瀬三保緑

  • 汗だくのテニスコートや蝶揺らぐ黒田@白井

  • おだやかな風や光に蝶の舞ふ桑原和博

  • 誰を待つ数えはじめた蝶の昼慶唯

  • 秀逸句吾が驕心に蝶の舞ふ家古谷硯翠

  • 庭先で手で追い回す蝶の群れ元喜@木ノ芽

  • 鱗粉の半ば剥げたりはぐれ蝶ケンG

  • 目で蝶を追いかける吾は松葉杖源氏物語

  • 草原に白と黄塗りて胡蝶かな恒産恒心

  • 虫眼鏡持つ上空を通る蝶紅紫あやめ

  • 紋白蝶超満員のオフピーク幸内悦夫

  • 森の径先行く蝶に続きをり宏楽

  • 狂う蝶一万円が落ちている珈琲喫茶

  • ふわり来て花掴みけり蝶の足こきん

  • 山門を潜りて蝶の翅たたみココヨシ

  • 高野へと蝶出迎える無人駅越乃杏

  • 手を引かるる夫の記憶は畦の蝶小杉泰文

  • 五線譜の柵に音符のような蝶後藤周平

  • 花びらの如しとみればあれは蝶後藤方丈

  • 夕野原組んづほぐれつ蝶の飛ぶ後藤三梅

  • めでたしや蝶は耳寄るさくら猫このねこのこ

  • 指標なき挨拶回り黄蝶かな木花薫

  • ふわりふわ蝶は敗れた恋知らず小林共捺哉読

  • 蝶々や標本作りしJK時代小林弥生

  • 行き先の同じ蝶に出会いけりこひのむ

  • 水平を目指すバランス海の蝶小山秀行

  • 蝶の舞オーケストラの指揮者かな五葉松子

  • 蝶見れば私も飛ぶよ大空へコロンのママ

  • ふわり蝶はんなりふり先はなの道権田童よしこ

  • 日溜まりへぱつと飛立つ蝶々かな埼玉の巫女

  • ファインダー横切る蝶にレンズ向け齋藤鉄模写

  • 蝶はまねく墳墓の主の使者のよう坂上一秀

  • 近道を遠回りして蝶に会ふ坂崎守寿

  • 筆伝ふ墨とんと見ず双つ蝶坂島回文

  • 舞ひもつれ吹きもつれつゝ蝶二つ坂田貞雄

  • 通夜帰り袖にまとわる黒き蝶坂田雪華

  • 蝶々や赤いリュックが小さくなるさかたちえこ

  • 蝶とらえ鱗粉撫でし小さき手坂本千代子

  • 蝶止まる一時休み羽広げ相良まさと

  • 鱗粉少か残せし蝶の舞さくら亜紀女

  • 蝶ひらり内緒話の三姉妹櫻井こむぎ

  • 花畑つるみし蝶の移り気や桜華姫

  • 黄の蝶は亡きつまと決め話しかけ桜姫5

  • 蝶々よ其方も宴に入るがよし桜よし榮

  • 吾と読みて強く頷く蝶になれ笹イボ太郎女

  • 指先の鱗粉さらり蝶ひらりさざなみ葉

  • 紋白蝶ダンスしてるかひらひらとさざんか

  • 網迫り蝶舞いかわす鬼ごっこ薩摩じったくい

  • 過疎の村小川は清し蝶の飛ぶ佐藤恒治

  • 渡り初め列の先には胡蝶かな佐藤俊

  • 命継ぐキャベツ畑の蝶忙し里こごみ

  • 新しき職場に行く日蝶ひらり澤真澄

  • 洗濯の白のキャミソールへ蝶々山海和紀

  • 君なのか献花台へと蝶の来る三角山子

  • 蝶の群ジャズを愛せし君逝けり塩沢桂子

  • 望遠鏡ブスリと蜜吸う蝶の口下町古娘

  • 明日さへもわからぬ蝶といる過疎地実本礼

  • 銀傘の下蝶は舞う九回裏柴桜子

  • 葉の裏にお休み処蝶ゆるむ島じい子

  • おくるみのキルト縫う夫蝶生まる縞子勾苑

  • 進水式の拍手にひらり春の蝶清水祥月

  • まどろみの母の白髪に紋白蝶清水明美

  • 白蝶や主人のいないレンガ庭シモクレン

  • 追いかけて逆さ登りの園の蝶釋北城

  • 立入禁止だって蝶々が寝てるもの秋雪

  • パーキンソン病歩く足元蝶の舞う秀道

  • 水鏡見惚れて飛ばぬ白き蝶秋芳

  • 夕暮れの空橙の小灰蝶朱康君

  • 宇宙から猫来る説蝶来る珠桜女絢未来

  • 戯れる蝶や双蝶は撓むる種種番外

  • 蝶々や出鱈目な句の走り書き順之介@QLD句会

  • おっとりをまといそぞろに春の蝶正念亭若知古

  • 蝶が舞う不思議な異界に誘われショートケーキ

  • もっと先へ蝶に誘われ一歩ずつ白石梓

  • のらくらと子らの追撃かわす蝶深仲夏

  • やはらかな風にうたた寝紋白蝶森牧亭遊好

  • 選挙戦は過熱蝶は音もなく新米いろは

  • ひらひらの計算式を蝶や知る酔軒

  • 白熱のラリーを蝶の横切りて瑞陽庵

  • 蝶や蝶迷ふ心にわかれ道杉浦あきけん

  • 崖を蝶追いつ追われつ消えにけり杉浦真子

  • 湖風の通り道くる紋白蝶杉尾芭蕉

  • 春の蝶子に読むはらぺこあおむし杉沢藍

  • 蝶越えむ十三憶の星の河杉本果ら

  • 蝶々の華麗なる舞の影知らず杉山書斎庵

  • 鱗粉を空にちりばめ描く蝶杉柳才

  • 兵眠る山に双蝶案内され涼風亜湖

  • 軽やかに子の網かはす春の蝶鈴木静子

  • 眠る蝶母のミキサー歌忘る鈴花茶

  • あっぱれや芋虫青虫蝶になる鈴木パンダ

  • 網振りて蝶の泣き声聞こえたり鈴木暮戯

  • 蝶逃げる補助輪取りし子の蛇行鈴木リク

  • 手をはなし駆け出す男の子紋白蝶鈴子

  • 二人三脚古希の朝蝶踊る素敵な晃くん

  • 嫉妬心蝶は気ままに空を舞ひ晴好雨独

  • 戯れし胡蝶の夢に朝の酔ひ青児

  • 白い蝶高速道路越えて行く勢田清

  • あぜ道に咲き誇る蝶忍び足星夢光風

  • 蝶さらば解く家の魂ふわり舞え瀬紀

  • 遊ぶかのやうな飛び方紋白蝶関戸うふふ

  • 死んだ蝶三十年も引き摺って早春SOSHUN

  • 苗に来る蝶を払えぬ虫好きの手そしじみえこ

  • 移り気な蝶はふわりと甘い香りへ園蜩

  • 坂行くや蝶は軽々魔界へとそまり

  • 蝶ふわりあの子の家にお願いよそれいゆ

  • バリスタのせわしさ眺む白き蝶孫太

  • 正午だけ日が差す小庭蝶来たる駄詩

  • またパター外して蝶はけらけらとたーとるQ

  • ハルカスの花壇に蝶の来てゐたり高岡春幸

  • おひたしや穴あき葉っぱは蝶のわざたかこ姫

  • 蝶が飛ぶ優しい風のその上を高橋紀代子

  • 肘枕とろりとろりと蝶の昼高橋ままマリン

  • 白蝶の我追うような仕草かな高橋光加

  • 大海を越えし蝶舞う道の先田上コウ

  • もつれ飛ぶ白蝶二頭駅花壇髙見正樹

  • 晴天のブランコに蝶また空へたかゆき

  • 24時間停戦青空まぶし蝶舞うや卓女

  • 戦車のハッチ憩む蝶ウクライナ竹内菊香

  • はらはらと蝶たゆとうや連れ一羽多胡蘆秋

  • 命つなぐとて翔ぶ田畑の蝶ら立花かおる

  • 蜜求め舞う蝶の群れ人のよう橘春容

  • 髪なびき季節移ろい蝶愁う橘路地

  • カシャカシャと音の先には椅子と蝶龍𠮷

  • 虫籠に空を閉ざされ蝶の羽田鶴子

  • 兵視たり眼鏡先に周る蝶たていし隆松

  • あっ、チョウチョが飛んでるぅと空(くう)眺めたり田中美蟲角

  • 冥府への誘いかひらひらと蝶田中紺青

  • 蝶舞うや父の化身かいつまでも田中ようちゃん

  • ひらひらと舞う花びらは春の蝶田中善美

  • しゃがみ居り黄色の服に蝶来たるたなばたともこ

  • 草の上離れぬ蝶の明日の夢たなべ早梅

  • 正客は紋白蝶や緋毛氈玉井令子

  • 追ってきた蝶は金網擦り抜けてタマゴもたっぷりハムサンド

  • ひらひらとからみて踊る蝶ふたわダメ夫

  • 整列の体育館に蝶がゆく樽熊だん

  • キスマイにガチ恋蝶の羽をもぐダンサーU-KI

  • 白蝶よ近づき離る姪嫁ぐ千夜美笑夢

  • クラクション鳴らす霊柩車追ふ蝶ちょうさん

  • ラジコンで操作したいと春の蝶塚本隆二

  • 原っぱを蝶のガイドで花巡り槻島雫

  • 蝶とまる社殿の千木に翅立てて月城龍二

  • 自撮りした背後に二頭の蝶が舞う月見里ふく

  • 葉陰よりふわりと出ししじみ蝶辻ホナ

  • 稚児の手をひらりと交わす蝶々かな辻美佐夫

  • うは風の田面行き過ぐ蝶の昼辻栄春

  • 気配だけ残し不穏の夜の蝶つちのこ

  • 蝶や舞う人間アーチの退職日椿律

  • 満腹を知らぬは罰か春の蝶坪山紘士

  • 蝶の昼話しかけても返事なくデイジーキャンディー

  • 蝶が舞い池の水面がざわめきて手嶋錦流

  • 舞う蝶や愛づる心を透過して哲庵

  • 蝶の昼写真の父母よ若き声哲山(山田哲也)

  • 山門を出て迷ひおり白き蝶てつねこ

  • 蝶放つミス・ディオールよ我愛す手毬まりこ

  • 伴走は蝶花束かごにペダル踏む輝由里

  • 白蝶や戦メリの音と天高く天雅

  • 紋黄蝶朝の光の奥より来でんでん琴女

  • 小灰蝶口の堅さを君に問ふ

  • 曾孫来てわちゃわちゃの日々庭に蝶峠南門

  • 蝶の昼床屋のおやじの声遠くとき坊

  • ニュータウンに祠残りて蝶ふたつとなりの天然水

  • 蝶々舞うブルードレスに鱗粉をとなりの天然石

  • 不規則にジャズめきて飛ぶ夜の蝶戸根由紀

  • 紋黄蝶道を横切る老女ありとはち李音

  • 手籠にパン届ける子らに蝶お供冨川きよこ

  • 赤ん坊の握りる光や蝶の朝富野香衣

  • 強引にキスされ春の蝶悲し鳥田政宗

  • 夕影やあまき葉裏に蝶の夢とんぼ

  • パンプスもバッグも黄色蝶ひらり内藤未来仁

  • 月曜日紋黄蝶跳ね目が冴えるなか鹿の子

  • 父の庭蝶が飛来し庭行脚中澤孝雄

  • 蝶速し子の網かわし大空へ中嶋和久

  • 知らぬ街スマホ片手に蝶がくる中島葉月

  • 揚揚とトラクターの男蝶のとぶ中嶋京子

  • 蝶の来て母かもしれぬ法事かな中島圭子

  • モハメッドアリの墓石を蝶舞へり中島走吟

  • 誇らかや自力で飛んで蝶は皆中嶋敏子

  • てふてふのあと追いかける子猫かな中嶋緑庵

  • 美しく狂い舞う君朱の蝶長洲雪華

  • 小枝散り蝶の飛べない風の今日中村こゆき

  • 出てこいよ蝶が飛んでる良い天気なかむら凧人

  • 回覧を手に立ち話蝶よぎり中山由

  • 瞬きは蝶のエフェクト我を射る永山玲子

  • 波紋なき水面に映り込む蝶蝶凪ゆみこ

  • 大切な水と空気や蝶生る那須のお漬物

  • てふてふの戦時最中も番いかな夏目坦

  • 翼針や空も見えない窓を蝶夏雨ちや

  • 国蝶と言われし君の癒し顔ななかまど

  • 夕暮れの酔いどれ指で追う蝶蝶菜々乃あや

  • 来客は爪ほどの蝶緑青色菜々の花畑

  • 吉野家の半額祭り蝶来る浪速の蟹造

  • 新築の次々建ちて紋白蝶名計宗幸

  • 蝶は青い空ゆらゆらゆらと飛ぶ成瀬ぽんぽこ

  • 蝶々やひらりひらりと手のひらに成瀬桃うさぎ

  • 蝶が撒く粉が白粉ならいいのに南全星びぼ

  • 躊躇なく花がら摘みの手に蝶来新美妙子

  • 双蝶や絶えぬ美麗さ死してなお二階堂

  • 裏庭を抜けし風追ふ白き蝶西尾至雲

  • 瞬間に空間移る蝶の技西尾照常

  • ゆらゆらと子どもの頭上蝶が舞う西谷寿春

  • 陸橋の高みに白き蝶休む西野美之

  • 近づけばまたも距離とる紋白蝶二和田躬江

  • 追いつかず刻の狭間に蝶遊ぶねがみともみ

  • 蝶儚しただしダンスは大胆に猫柳鈴音

  • 低空をさまよふ蝶の重き羽ノアノア

  • 朝方の蝶清音で羽ばたきぬ野井みこ

  • サラヴォーンの流るる喫茶窓を蝶濃厚エッグタルト

  • 小さな手ふうわり包む蝶の翅軒下の紅紫檀

  • オクターブ記号の譜面狂う蝶野口雅也

  • 蝶や見て微笑み交わす吾と妻野中泰風

  • 虫かごの動かぬ蝶のりんぷんが野の枯草

  • 廃屋に羽音震わせ蝶会議のの倶楽部

  • 蝶々は船頭となる舳先かなののさわ麗ら

  • 父の煙と共に蝶のぼり逝く野原一草

  • 蝶の軌道追いて8の字ふたり旅野原茉莉

  • 「またきて」と蝶に手紙を書く子かな野間薫陶

  • 蝶飛ぶや令和の廃村墓多し橋本有太津

  • 散歩道蝶が誘うベビーカー馬笑

  • 参道にひらと舞ふ蝶神使かな蓮見玲

  • 草に寝て添い寝の蝶も呆れ果て長谷島弘安

  • 低空飛行風をよけたる蝶の知恵葉月けゐ

  • 蝶になりさなぎの頃を懐かしむ服部たんぽぽ

  • 蝶逃がす指の鱗粉きらめいて初野文子

  • 側に来た蝶はきっとあの仔だね花岡浩美

  • 日の入りて生まれし蝶にしばし雨花岡淑子

  • 蝶群るる星の平和を順守せよ花南天あん

  • 重力に逆らふごとし蝶翔る英凡水

  • 旅ぐせは遺伝の一つ蝶ふらり英ルナ

  • 窓外の蝶目で追ってベッドの子花豆

  • 朝の水吸わせて蝶を飼う狭庭はのん

  • 登校日我と連れ立つ蝶二頭浜けい

  • 我が名無き発表板に蝶の舞浜友輔

  • 手をのばす吾子すりぬける蜆蝶早川令子

  • 黄蝶舞ふひらひら揺れてハ長調林田リコ

  • 蝶ゆらゆらと大欠伸でる昼下がり原善枝

  • 朝日きらり蝶々驚いてひらり原島ちび助

  • 蝶はのいて点字ラインの上だから原田民久

  • 魚とる網出し孫は蝶をとる湯湯婆(ゆたんぽ)

  • ひらひらとあえかなる蝶苦手なり原野乃衣

  • 小麦粉をつまむ指おぼゆる蝶の羽針子のネコ

  • 寝不足の仮眠とりたる蝶の昼haru_sumomo

  • 蝶二匹溶けゆき空の輝けりはれまふよう

  • 子は飽きて親は形相蝶を追うパンドラみかん

  • 出棺の時クラクション蝶翔ぶやHNKAGA

  • そとそよと蝶に誘われ一休み榛名ピグモン

  • 眠るごと母旅立ちぬ蝶の昼ピアノおじさん

  • 白き蝶頻りに舞うや妹逝く東山たかこ

  • てふてふや生食パンを待つ列に比企野朋詠

  • 炊事場の干した砥石に蝶二頭火車キッチンカー

  • 指先のこぼる鱗粉蝶恐しひすい風香

  • 昼下がりまどろみのなか胡蝶舞うビッグなかい子

  • 蝶々の飛び交ふ無人販売所

  • 狂う蝶ガードレールに供花二本ヒマラヤで平謝り

  • 四世代集うデッキや蝶の昼姫川ひすい

  • 強風に抗ひゆくか一つ蝶平井千恵子

  • 木々の間の日射しをつたひ蝶の来る平井由里子

  • 空青し交尾しつつも舞う胡蝶平岡花泉

  • 蝶になりエフ分の一揺らぎ舞う平野純平

  • そっと来て耳すれすれに白い蝶平林政子

  • 烏森昼の屋台に迷い蝶平松一

  • 彼方此方や蝶に誘われ男の児洋江

  • 静もれる句碑てふてふのさつきまで広木登一

  • 幸せを貪るやうに蝶飛べり広瀬康

  • 水たまりに降りし蝶の二頭(にとう)かな廣田惣太郎

  • ルパン現る瞬きの間に蝶消えて弘友於泥

  • 清水出でしベルナデッタの指に蝶広ブロ&新蕎麦摂田屋酵道

  • 満開の花は蝶々に二つ三つ琵琶湖のおばさん

  • 一頭と呼ばるる蝶の軽やかさ布杏多

  • ビル風の葉裏に羽根を閉じる蝶風泉

  • 探し物見つかりますか春の蝶FUFU

  • 双蝶や夫婦喧嘩を反省す深谷英丸

  • 草の名を思い出せずに蝶の昼福ネコ

  • 指先に鱗粉残しそよぐ蝶福弓

  • 今朝もまたのたうち回り蝶元気福良ちどり

  • ストゼロとサプリとパスタ黒い蝶ふくろう悠々

  • 蝶とまる眠い日用のワンピース藤岡美波

  • あてどなくゆかばふらふら蝶さわぐ藤川雅子

  • がん告知だれが何癌?蝶の夢藤倉密子

  • 蝶あまた八十路となりし父の畑藤原涼

  • 蔓橋我を置き行く対の蝶伏見レッサーレッサー

  • 紋白蝶呼び鈴そっと押している藤本だいふく

  • 蝶とまる運動ぐつの蝶結び藤原訓子

  • 蝶二頭舞ふや五重の塔の上布施無門

  • 蝶のとぶ建築計画50階風友

  • 蝶の昼もう赤ん坊じゃなくなった子と冬島直

  • 新たなるカメラに蝶の舞い託す古澤久良

  • 発つ蝶余香のごと鱗粉残し古庄萬里

  • エンドウのつるの間迷う紋白蝶古谷芳明

  • 蝶とまる天秤の針右に振れふわり子

  • 蝶の道空に描きしゆらゆらとヘッドホン

  • 運転席から助手席へ蝶の過ぐへな☆けん

  • 墓石に蝶白檀の香と空へ鳳凰美蓮

  • 山畑や蝶はひらひら道しるべ望月

  • 羽化まじか試練乗り越え蝶となり北斗八星

  • オアシスの記憶の渦や紋黄蝶甫舟

  • 孫二人風船飛ばす蝶の舞い細井博文

  • 橋の上舟の行き来を蝶も行く細川小春

  • 切花に蛹いたのか部屋に蝶牡丹ゆり

  • 花びらか蝶か綿毛か幻か歩楽坂

  • 君は蝶僕は蜘蛛でも食べれない堀籠美雪

  • 指先に鱗粉きらり蝶空へ堀邦翔

  • 碧空にぐんぐと昇る今日の蝶ほんぽこぽんこ

  • 読みさしのギリシャ案内蝶止まる凡々

  • 蝶遊ぶ糸をめぐらすものの影本間美知子

  • キミが好きのらりくらりの胡てふかな雅蔵

  • てふてふさんシーソーのさきでひとやすみ魔星蟲ダークネスライザーI世

  • 初孫や歩き始めて蝶を追い松井酔呆

  • 一瞬に主役を奪う蝶の舞松井貴代

  • 冥府より迷い来たるか銀の蝶松岡玲子

  • 選挙戦パイプ爆弾狂ふ蝶松尾祇敲

  • 陽の光上に下にと蝶二頭松尾老圃

  • 蝶の舞ふ街や碑文の謂れ読む松平武史

  • スイミーの絵本に余白眠る蝶まつたいら西

  • 水面を泳ぐがごとく蝶は飛ぶ松高法彦

  • お喋りは大概にせえ狂う蝶抹茶子

  • 花ごとに違ふ夢見て蝶の飛ぶまつとしきかわ

  • 迷い込む蝶はいとこの墓石に松野蘭

  • 蝶の舞黒黒してる犬の鼻松原隆雄

  • ウォーキング道はのらくら蝶まかせ松本俊彦

  • ファインダー舞う蝶はどこへやら松本牧子

  • 図書館で捜し物せり春の蝶まどけい

  • 薄羽の蝶とて遥か先へ飛ぶ眞猫

  • マジシャンの手から旅立ち舞う蝶やまほろば菊池

  • 舞い上がれ蝶よ深き森の隅よりまやみこ恭

  • 目覚めれば蝶鮮やかに像残し瑪麗

  • 草野球ボール転がり蝶ひらり真理庵

  • 突然の蝶に驚く比売神社まりい@木ノ芽

  • 眠さうな赤子の手のひら蝶の昼みい

  • 白き蝶ことしも来たりこの庭にみうらゆりこ

  • なにげなく庭に来る蝶三回忌三重野とりとり

  • 舞ふ蝶や優雅ね粉が散りさうで三上栞

  • 図鑑より翔び立ちさうな蝶日和神酒猫

  • 棚田俯瞰す目の前を蝶二つ美乎梛

  • 藁筵の小さきおでこに紋白蝶三崎扁舟

  • 蝶放つ手を振る兄の白き指MR.KIKYO

  • 白蝶や慰めるやう初七日忌水谷未佳

  • 蝶なめらかに爪先から旋毛へ三隅涙

  • 蝶飛ぶや視力脚力追ひつけず三田忠彦

  • うざいほど蝶はチョウチョで吾は一人巳智みちる

  • 縁側の犬の鼻に蝶停まるミツダ

  • 天空に吸い込まれゆく二羽の蝶ミツの会

  • あの頃の面影は無し今朝の蝶看做しみず

  • 蝶来るひとまず休憩眺めけり湊かずゆき

  • 戦場に花はないのか泣く蝶よ南風草々

  • 蝶々や早世の禎子詩となるみなみはな

  • 美容院向かう小道や蝶の昼源早苗

  • ゆびさきのあかくほころぶ蝶ひろげ味乃陽湖

  • 初めての蝶指で追う赤子かなみのり甘子

  • 抓む手の鱗粉怖し蝶の魂美村羽奏

  • 土手歩き見知らぬ蝶にスマホ向け見屋桜花

  • 若き蝶ぐんぐん吸いて飛びにけりみやこあけみ

  • あぜ道の猫飛び跳ねて食む蝶都忘れの音

  • キャンバスの大きさ決まる春の蝶宮武桜子

  • 産卵の葉を吟味して蝶が舞う宮原みかん

  • 花畑クローバ摘む手しじみ蝶美山つぐみ

  • 激流の巌のしぶき蝶ひらと宮村土々

  • 指と手でハートのかたち眠る蝶ミラベル

  • 君のひざ花蜜ありかな蝶とまるミルクマン

  • ふわふわと蝶や糸操りの如みわ吉

  • 見舞いまた見え隠れ蝶ベッドからムーンさだこ

  • プロレスラー蝶のハウスで後ずさる睦月くらげ

  • 雨上がり蝶の伴走通学路村上の百合女

  • 農園で一緒にラヂオ紋白蝶紫小寿々

  • 今いずこ家の緑と蝶の群れ村先ときの介

  • 蝶が舞う夫の病理検査の日村のあんず

  • 蝶舞ふや一輪車乗る子のやうに村松登音

  • 台所出口探して蝶二匹恵のママ

  • 頭の中を白ひ蝶が横切りぬメレンゲたこ焼き

  • 蝶の手招き公園に子らの声毛利尚人

  • 会いに来ん蝶か風かあの雲か木曜日

  • 影落とし蝶はゆらりと躱し飛ぶモコ

  • 雨をライトバン禁地の蝶を二羽籠に元野おぺら

  • おしゃべりな鼻先止まる迷い蝶樅山楓

  • 中年の額に止まる昼の蝶桃衣ゆらら

  • 朝の陽に身をふるはせて蝶生まる桃香

  • 何処行くか思う向くまま吾子と蝶もり葵

  • 収穫の邪魔をしてをり眠る蝶モリコリゴリ

  • 蘭園の南国の蝶群れて飛び森下薫

  • 炎上かバズるかの世に蝶ひらひら森太郎

  • 波の間に憩いし蝶の長き旅杜乃しずか

  • 花沢の里訪へば蝶の昼焼津昌彦庵

  • ナオコの木祝福忘れぬ紋白蝶八重葉

  • 人混みを縫うて青信号の蝶野州てんまり

  • 気配は蝶羽の音足の音しなくとも安元進太郎

  • 蝶が舞うハローワークの帰り道柳井るい

  • 水たまりおめかししてる蝶一羽柳荷無花果

  • 蝶遊ぶ花壇眺めて亡母思う山内泉

  • 蛹から蝶へ田舎から街へ山尾政弘

  • 緩和ケア病棟の母蝶来たる山川腎茶

  • そちこちと蜜吸う蝶の重たかろ山川たゆ

  • 網かまへ蝶より他はミュートにす山口絢子

  • 竿先に蝶もねぶりて夜釣り舟山口笑骨

  • 晴れた朝鉢植えに蝶帰り来る山口香子

  • 野良着褪せ蝶来る庭となりにけり山口たまみ

  • 胡蝶来てシャッターチャンスよ宮参り山崎かよ

  • 籠る部屋出ておいでよと蝶々かな山育ち

  • 急坂を喘ぐ空打ち蝶戯け山田季聴

  • 構えると飛び立つ蝶や二三頭やまだ童子

  • 花畑追いつ追われつ吾子と蝶山田はつみ

  • 蝶走る羽根ゆったりと海越えて山田文妙

  • 弁当に蝶止まりけりヤニ一服大和杜

  • 園庭の蝶必死に舞うカルメンやまな未

  • 窓辺には黄蝶とまりて又飛べり山薔薇

  • 双蝶や高く高く日に溶ける山辺酔羊

  • 深呼吸の蝶のステンドガラスよ山本裕之

  • 木下にて気ままに踊る蝶と吾子ヤン子

  • てふてふや休らふ先は赤子の手佑灯地蔵

  • 蝶来ればみな揺れ動く庭の花宙美

  • 一休み汗拭く横を紋黄蝶夢見月

  • 柔らかな鎧操り蝶ひらり緩木あんず

  • 蝶生まる一年越しの合格票ゆるランナー

  • 砂浜へ続く抜け道黄蝶かな陽花天

  • 飛ぶ蝶は羽忙しく風を追う陽子

  • 当確を打ちよがる蝶掲示板ヨーダ鍵

  • 窓ごしのてふ消える刹那の強風夜香

  • 保津川や献花の台に蝶とまる横田信一

  • 蝶に問うどの花の種撒けばよい吉岡幸一

  • 蝶とんで蹲の水流れ落ちよしぎわへい

  • 蝶々よこの花の名を知ってるかい好子

  • 本名はステファニーよと春の蝶吉田郁

  • 多宝塔案内するかの蝶消える吉武茂る

  • 気のもつれほどきゆるりと蝶が舞うよしだばあば

  • だんだら蝶小学生の秘密基地吉田春代

  • 華奢な蝶屋上越えの底力吉藤愛里子

  • 蝶々を摘まみ喰らうやチリの猿Yoshimin空

  • 風をよむ気球レースも蝶々も四葉の苦労婆

  • けふは雨きのふの蝶のありどころ余田酒梨

  • 公園の二人の会話きく蝶よぶこどり

  • 元気かと聞こヘたやうな背に蝶よみ、ちとせ

  • 野にあれば幼子蝶を追うばかりららら句らら

  • 天空の尾瀬に隠るる青き蝶らりっく

  • 蝶呟くあの日あそこに出向かねばらん丸

  • 生まれくる蝶々の翅の乾くまでリコピン

  • 蝶舞うそっと放すは母の手か龍泉灯

  • 忌明けの経庭先へ蝶二頭ルージュ

  • 逆上がり空蹴っ飛ばし回る蝶麗詩

  • 電柱の花の謂れの胡蝶かな烈稚詠

  • 突と出で白く滲めり昼の蝶蓮花麻耶

  • おだちんの足うらふむぞ蝶くるぞ煉獄佐保子

  • 人形師操るごとく蝶の舞う連雀

  • 蝶さがし網振りかざし幼子や蓮風

  • 彷徨って川を渡るや小灰蝶わかなけん

  • 窓側はただ乗りの蝶うたた寝中若和志歩

  • 蝶々の黄花に群るる昼下がり若林鄙げし

  • まっさらのス─ツの子達春の蝶わきのっぽ

  • 昼の陽に閃く蝶の翅模様鷲尾真美

  • 気の済むまで蝶よわが肩にて休め海神瑠珂

  • 果樹園の自動散水蝶群れてわたなべすずしろ

  • 震わせて止まるか否や蝶の足渡邉花

  • ぽつぽつきて蝶は葉隠れ雨宿り渡辺陽子

  • 父の死後蝶が導く安河原和の光子

今月のアドバイス
夏井いつき先生からの一言アドバイス

●俳号のお願い二つ

①似たような俳号を使う人が増えています。
 俳号は、自分の作品をマーキングするための印でもあります。ありがちな名、似たような名での投句が増え、混乱が生じています。せめて、俳号に姓をつけて下さい。皆で気持ちよく、この広場にて共に学び楽しめますよう、俳号の付け方にご留意ください。

②同一人物が複数の俳号を使って投句するのは、堅くご遠慮下さい。
「いろんな俳号でいっぱい出せば、どれか紹介されるだろう」という考え方は、俳句には馴染みません。丁寧にコツコツと学んでまいりましょう

※同一アドレスからの投句は、同一人物と見なしております。


●俳句の正しい表記とは?

  • 風香り 心が弾む 紋黄蝶の舞吉田直子
  • 静寂の 春風吹くとき 珠玉蝶あーりー

「五七五の間を空けないで、一行に書く」のが、俳句の正しい表記です。まずは、ここから学んでいきましょう♪


●兼題とは

  • 色変化雨に慣れて鮮やかにのんのん
  • 羽渡り止まり行くは極楽の国船出の時
  • 夏祭り距離が縮まる君と僕りく
  • 挨拶もできず退部の春の雨高嶺遠
  • 春雨や花びら模様のアスファルト百瀬晶子
  • 春雨や姉はミルフィーユを突き刺すユ綺

 本俳句サイトでは兼題が出題されています。「春の雨」は前回の兼題でした。今回は、季語「蝶」での募集。次回の兼題を確認して、再度挑戦して下さい。


●季重なり

  • シャボン玉消えて孫の手蝶を追う岸壁の龍崎爺
  • 花弁と蝶が舞い散る春の宵漢方十七錠
  • 春疾風見上げた空には蝶ひらり透夜珀玖
  • 菜の花やちょうちょとまりて春うらら松尾美郷
  • 蝶淡し黄砂のさなか化けていく
  • 山道にちょうちょひらりと墓参り中嶋貢

 一句に複数の季語が入ることを「季重なり」といいます。季重なりはタブーではなく、高度なテクニック。季重なりの秀句名句も存在しますが、手練れのウルトラ技だと思って下さい。まずは「一句一季語」からコツコツ練習していきましょう。「蝶」以外のどれが季語なのか、歳時記を開いて調べてみるのも勉強です。


●季語の蝶ではない

  • 蝶結び縦はだめよと孫娘が舞う岡眞弓
  • 厨立つ父の前掛け蝶結び横山ひろこ

「蝶結び」は、確かに「蝶」の一字が入ってはおりますが、季語の「蝶」ではありませんね。


●標本の蝶

  • 蝶展示蒼に惹かれつ目を背け上川郁子
  • しんちゃんの蝶は花色シーラ箱杼けいこ
  • コレクション輝き放つ世界の蝶星影りこ

 標本となっている「蝶」に季節感があるのか。やはりちょっと厳しいのではないでしょうか。


●蝶が比喩に

  • 風に乗る我焦らずとも蝶の如し蘇我牛子
  • 蝶のごと白楽天の詩を臨す月丁もち美
  • 朝には蝶のやうに動く筆平本文
  • 休日にパソコンを打つ蝶のごと山吹縁

 季語を比喩として使うと、季語としての鮮度が落ちます。


●季語深耕 「蝶」

兼題 蝶:三春 動物
【傍題】 黄蝶 紋白蝶 紋黄蝶 だんだら蝶 岐阜蝶 小灰(しじみ)蝶 蛺(たては)蝶 緋縅(ひおどし)蝶 胡蝶 蝶々 双蝶 春の蝶 眠る蝶 舞う蝶 狂う蝶

 さまざまな傍題のある季語です。同じ「蝶」なのに、違う季節のものとなっているケースもあります。

  • あっ!アレ何っ!?ゆびのむこうに黒揚羽案子
  • 雨雲の去らば帰れよ揚羽蝶可藤虚
  • 秋の蝶湖面をすれすれ吹かれゆき河上輝久
  • 葉をハムハム黄揚羽乱舞木はボウズ尚月
  • あげはちょう二枚の羽根の声しずかはるる
  • 枯草に黒羽ひかるアゲハ蝶なわむすび

「揚羽蝶」「黒揚羽」は、夏の季語。同じ蝶だからと油断せず、実際に歳時記を確認する習慣をつけましょう。

  • はばたいて初蝶空の深さ知る間岳夫
  • 初蝶やまぎれ舞うなり軒の下明かり**
  • 初蝶に飛べぬ高さのありにけりあじさい卓
  • 初蝶は地より湧きたる自由なり蝦夷野ごうがしゃ
  • 初蝶や羽ばたきを知り跳びかえり亀井汀風
  • まばたきに合わすよに飛ぶ初蝶が希望来
  • 初蝶や休み時間に草むしり銀将
  • 初蝶の白し風くる光くる鯨尺
  • 初蝶のあはき光をはなちけり愚老
  • 初蝶の妖しき雲に姿消し榮秋代
  • 初蝶や口髭うすき研修医坂口いちお
  • 初蝶や夢道の句碑に纏わりてさやじゅん
  • 初蝶や仏前を舞い窓へ去り芝G
  • 初蝶や蒟醤茶箱に止まりをりしぶ亭
  • 初蝶来石屋は石のこゑを聞く庄司芳彦
  • 初蝶の出迎え嬉し参観日信州のあっくん
  • 朝の来るふしぎ初蝶来る不思議髙田祥聖
  • 初蝶来みたしききたしあるきたし徹光宗光
  • 初蝶の鳥居くぐるや重軽石徹光よし季
  • 寄り添いて外見る猫や初蝶来てんとかめ
  • 初蝶の羽ばたき何を引き起こすとよ
  • 初蝶や故郷(さと)の便りは小包で則本久江
  • 書斎より口笛かすか初蝶来葉るみ
  • 初蝶の燐粉光に撒き撒きてひな扶美子
  • 初蝶や靴紐結ぶやうになりフージー
  • 初蝶や妻はエプロン外したり藤川 裕明
  • 初蝶やいいねボタンを押す軽さ星鴉乃雪
  • 初蝶来うとまれし過去脱ぎ捨てて堀隼人
  • 初蝶やあおぞらヨガの開講日みちむらまりな
  • 初蝶や向かい風強し宙に浮く皆川徳翁
  • ベンチにて開く詩集や初蝶来森中ことり
  • 初蝶の黄は曇天に穴をあけ遊羽女
  • 初蝶や酔拳のごとしなやかに柚木 啓
  • 初蝶は星の最期のあかるさで八日きりん
  •  頁数の少ない歳時記や季寄せの中には、「蝶」の傍題として、「初蝶」を載せているものもあります。また、歳時記編者の考え方として、「蝶」の傍題としている場合もありますが、「雪」と「初雪」、「時雨」と「初時雨」の違いは大切にされるべきだと、私は考えています。逆の言い方をすれば、「初」の一字を冠する季語の、こまやかなニュアンスを味わってこその季語だと思うからです。

ご応募はこちら

6月の兼題

「短夜」

過去の審査結果

俳句生活TOPへ戻る