夏井いつき先生の俳句生活

夏井先生のプロフィール

夏井先生のプロフィール

夏井いつき◎1957年(昭和32年)生まれ。
中学校国語教諭を経て、俳人へ転身。俳句集団「いつき組」組長。
2015年初代「俳都松山大使」に就任。『夏井いつきの超カンタン!俳句塾』(世界文化社)等著書多数。

ご応募はこちら

5月の兼題

「葉桜」

3月の審査結果発表

兼題「春雨」

お待たせしました! 3月の兼題「春雨」の結果発表でございます。今月も夏井先生からの「今月のアドバイス」は必見です。そしてたくさんのご応募ありがとうございました。風景が鮮明に思い浮かんでくるもの。自然や街の音が聴こえてくるもの。春の匂いが漂ってくるもの。みなさんの俳句に対する熱い想いを感じることができました。5月の兼題「栗の花」もふるってご応募ください。(編集部より)

「天」「地」「人」「佳作」それぞれの入選作品を発表します。

天
春雨が痛い四つ脚轢いてより

熊の谷のまさる@俳句迷子の会

夏井いつき先生より

 季語「春雨」とは、柔らかに静かに降る春の雨。なのに、その雨が「痛い」というのです。
 中七の「四つ脚」とは、脚が四本ある生き物。春雨の中を運転していて、いきなり「四つ脚」を轢いてしまったのです。猫でしょうか、犬でしょうか。山を貫く道路で遭遇した、狸か鼬かもしれません。正体は分からないけれど、「四つ脚」であったことだけは、確かな事実。飛び出してきた生き物を避けられなかったハンドルの感触。確かに轢いたと分かるタイヤの感触。それらが、ずっと降り続く「春の雨」を、違うもののように感じさせるのです。
「春雨が痛い」と書くことで、季語「春雨」の本意を逆の方向から表現する。その技量も褒めたい作品です。

地
春雨を吹き上げ大井ジャンクション

平良嘉列乙

「大井ジャンクション」は湾岸線の分岐点。近くには大井競馬場。羽田空港に向かっているのでしょうか。本来はしとしとと降る「春雨」ですが、「吹き上げ」という描写に、高速道路らしいリアリティがあります。

眠るスワンボートへ春雨の波紋

明後日めぐみ

 誰も乗っていない「スワンボート」にひたひたと「春雨の波紋」が押し寄せます。助詞「へ」を、中七のここに置いたことで、鮮やかな映像を確保。「眠る」の擬人化も、映像として機能しています。

ゴリラ舎の献花きらきら春の雨

川内佳代

「ゴリラ舎」に詰まれているのは色とりどりの「献花」。ということは、老いたゴリラの訃報を悼んでの花束なのでしょうか。「きらきら」というオノマトペは、「献花」にも「春の雨」にも及んで。

春雨や厄介な弟死んだ

ふくろう悠々

「春雨や」という詠嘆の後に投げ出される独白。さんざん迷惑を掛けられた、翻弄された、もうウンザリだと思った弟。が、その「厄介な弟」の死を悼むように降る「春雨」。しとどに濡れる我が心よ。

春雨に人を羨む眼を洗ふ

沢拓庵

 なぜ「人」を羨んでばかりいるのかという苦い自嘲。苛まれる心を抱えて見上げる「春雨」のなんと優しくて静かなことか。その春雨に「眼を洗ふ」という措辞の、素直で美しい心に、読み手の心も震えます。

人
  • 春雨にブルーシートの寸足らず板柿せっか

  • なか卯だけ明るし春雨の東京古瀬まさあき

  • ながさるる蛭子へ春の雨しづかRUSTY=HISOKA

  • 春雨の眠りの澱にみじろげず朝月沙都子

  • やに臭き手で春雨のシャツ取り込むふるてい

  • 春雨のシャンパンシャワー誕生日ANGEL

  • 春雨や面相筆の細き眉相沢薫

  • 春雨やジャズの染み入る骨董屋藍野絣

  • 春雨や重い眠気の隙間からあいのびふう

  • 緞帳の鷺の金糸や春の雨あいむ李景

  • 春雨や癌に優しき茶をすする逢來応來

  • 生家より知らぬ速達春の雨青井えのこ

  • 春雨や墓誌の名なぞる一雫青井晴空

  • ラヂオ消し夜の春雨を聴いてをり青居舞

  • 春雨やみんなの好きな六畳間蒼空蒼子

  • 村岡花子のアン閉じ春雨青空まる

  • 春雨に行き止まりなんだと思ふ青田奈央

  • 珈琲はだめ春雨が来ている青に桃々@いつき組俳句迷子の会

  • 城跡に補修の巨石春の雨赤尾てるぐ

  • 春雨よ進路先空欄のまゝ赤尾双葉

  • 春雨に溶けて小さき嘘ひとつ赤富士マニア

  • 春雨やラジカセはまたA面へ赤馬福助

  • やっちゃ場の喧騒包む春の雨赤目作

  • 前髪に春雨の玉をんな傘acari

  • 春雨や第二ボタンの剥げ具合赤尾実果

  • はるさめやひとりのときのなきひとり明惟久里

  • 春雨と期限の切れた定期券敬子

  • 列長き支援窓口春の雨秋白ネリネ

  • 春雨や下宿から見る神田川昭谷

  • 春雨や開けたてのピアスのほてり秋野茜

  • 春雨や古い手紙を読み返す秋野萱

  • 春雨はすみれ色なるアヴェ・マリア秋野しら露

  • 顔なじみの屋台は休み春の雨秋山らいさく

  • 春雨は危険な緑孕み降る芥川春骨

  • 春雨や純喫茶まで一万歩あくび指南

  • 春雨や腕に眠る迷い猫淺井翠

  • 春雨の土のにほひや地鎮祭朝霧さら

  • 春雨やそろそろ辞める潮時か麻場育子

  • シラバスを独り読むふり春の雨芦幸

  • 飛石は女の歩幅春の雨あじさい卓

  • 春雨や猫はおおかた毛繕いあじさいパスタ

  • 春雨の薬飲む日の指なぞるアシツノカラ

  • 春雨やすきまの狭い夜きれい葦屋蛙城

  • 春雨に映るショパンの夜想曲あすなろの邦

  • 春の雨帰りたこ焼き食べようか麻生ツナ子

  • 春雨を抜け来しひとのにほひかなあたしは斜楽

  • 春雨や前夫の夢を見しよりの足立智美

  • 春雨や静脈さぐる白き指あたなごっち

  • 春雨を発ちたる夜行列車かな熱田俊月

  • 春雨かフランス映画観て行くかあなうさぎ

  • 授業中裏打つ春雨のリズムあねもねワンオ

  • ジャズバーのドアが重くて春の雨阿部八富利

  • うろ覚えの路地の中華屋春の雨天風月日

  • 春雨や鞐をはずす指細しあまぐり

  • 春雨のひかり集むる如来の手at花結い

  • 春の雨ピアノ調律ドの連打雨戸ゆらら

  • 春雨や悼む身の奥すずの凜あまぶー

  • 春雨やまだカーテンのない部屋であみま

  • 春雨の鎮む都会のアスファルト雨霧彦@木ノ芽

  • 春雨や回転木馬の軋む音雨李

  • 春雨やひかがみに透くさくら色あやせゆうま

  • 乳色にねむる化石や春の雨綾竹あんどれ

  • 頬にメス入れた日もたしか春雨綾波まこと

  • 春雨や追伸長き母の文荒一葉

  • 春雨や姉の忌ちかき昼さがり新多

  • 剣竜の背を覆うは春雨か在在空空

  • 波トタン受く春雨のブラームス肖草

  • 象嵌のつめたき蝶や春の雨アロイジオ

  • 春雨や乾通りを傘とじて淡湖千優

  • 春雨の詩よ野良着の父の背よアンサトウ

  • 春雨のテラス置き去りの花束安春

  • 春雨や足を揃へて七回忌杏っ子

  • ママとよむ「おしりたんてい」春の雨あんばいとしき

  • 春雨や硝子をつたふつひのこひ飯村祐知子

  • 貝のいろ春雨のいろ魂のいろいかちゃん

  • 春雨を歩く鴉と文明史池内ときこ

  • 春雨やカラオケで漫画読む二人池田華族

  • 押しあはぬ水輪の淵や春の雨池田桐人

  • 春雨や墓は紫黒を纏ひつつ池之端モルト

  • 春雨や寝て起きて寝て置き手紙イサク

  • 春雨へ駆け出す蹠の無重力いさな歌鈴

  • 珈琲とボストン港と春の雨石井一草

  • コロッケぱく春雨の商店街いしいるぴなす

  • 春雨や念珠ブレスのゴム緩み石岡女依

  • 春雨浸むビルの瓦礫の底の底石垣エリザ

  • しりとりのれもんれんこんはるのあめ石塚彩楓

  • 春雨か慟哭からの十二年石の上にもケロリン

  • さざ波に春雨混じる午後三時石原邦子

  • 春雨や節木増より白きもの石山日滔

  • 二日目はハトバス春の雨の中泉晶子

  • 春雨に滲む葉書の音符かな泉水あやめ

  • ジュラ紀より同じ甘みを春の雨磯野昭仁

  • 春雨やよこがほ美しき黄のアウディ石上あまね

  • 春雨や明日から無職でも生きる磯むつみ

  • 電柱に犬の張り紙春の雨いたまきし

  • 春雨や今日の糠床いかがかな市川りす

  • 春雨や人に寿命のある不思議いちご一会

  • 校舎まで送ってやるか春の雨無花果邪無

  • 春雨の玻璃しずく追ふ二杯目よ一久恵

  • 死んだふり終え春雨のヌートリア一斤染乃

  • サックスと春雨融けあうガード下一秋子

  • ゆがみなき廃業の文字春の雨五つ星

  • 手付かずの仕事かかえて春の雨伊藤節子

  • 春の雨順番待ちの駅ピアノ伊藤亜美子

  • 昇降機に湿る身体や春の雨伊藤順女

  • 春雨や家庭教師は今日限り伊藤なおじい

  • 春雨や鰐のしなりめくW坂伊藤柚良

  • 伝書鳩もどる春雨ふりつづく糸川ラッコ

  • 湯に躍るリボンのパスタ春の雨井中ひよこ号

  • 春雨を虚ろな耳が聴いてゐるいなだはまち

  • 春雨や花柄えらぶ待ち合わせ稲葉こいち

  • 春雨や駆け込む先は「A」ランチ稲葉雀子

  • きみと子の髪は墨色はるのあめ稲畑とりこ

  • 春雨やメトロノームの針戻す稲畑とりまる

  • 春雨の水かきまでは濡らさざる居並小

  • 春雨を昇りゆく讃美歌犬山裕之

  • ダムカレーの堰を崩して春の雨井上さち

  • 春雨や句会ライブの黒ベンツ井上右彩

  • 春雨や書架の谷間の本読む子井上れんげ

  • 解剖学の講義終はりて春の雨井納蒼求

  • 春雨と俺と預かるその議論ゐのかたゆきを

  • 春雨の乗り換へ駅や森深し井原昇

  • 春雨の音階ドロップスの色井原冴

  • 体温を吾子と分け合う春の雨今井モコ

  • 手の甲の春雨甘し舞妓帯イマスノリコ

  • 春雨や淡き紗をかけ大都会井松慈悦

  • 春雨や甘酢餡かけめく長屋伊予吟会宵嵐

  • 春雨は優しいと誰が言ったのか伊代ちゃんの娘2

  • 春雨や無言の選挙カー通る五郎八

  • ひとり行く土手春雨が重い岩木順

  • しいんと春雨ペッパーミルを挽くいわきりかつじ

  • 春雨やふたりの距離を測りかねいわさちかこ

  • 春雨の空つらぬいて逝かれけり磐田小

  • 春雨やこぐまの傘へ黄の傘へ植木彩由

  • 春雨や脳梗塞の予後の色植田かず子

  • 春雨のほろほろ落つる瓦かな上野徹

  • 春雨や片手あげるだけの別れ上野眞理

  • 青焼きの図面のカスレ春の雨上原淳子

  • 巴里の街絵傘にけむる春の雨上原まり

  • 春雨や東京に見る吾子のかほうからうから

  • 矢は的を射抜いて無音春の雨宇佐美好子

  • 春雨や読後にもらふ明き種うた歌妙

  • 春雨や街角ピアノの「月光」宇田の月兎

  • 春雨の朝よ溶けゆく白味噌よ内田こと

  • 病みそうで病まぬ心に春の雨空木眠兎

  • 春雨や英語の塾の蛍光灯うつぎゆこ

  • 採譜せん春雨にあかるき林靫草子

  • 春雨やジムニーの発車音弾む卯波まり

  • 春雨や埠頭の奥の常夜灯海口竿富

  • 春雨や宿の名大き蛇の目傘海野優

  • 春雨が染みこむ痛さうな切り株海野あを

  • 春雨や鍵盤重き課題曲うみのすな

  • 春雨や敬語覚ゆる留学生梅尾幸雪

  • 春雨に気付かず長電話は続く梅鶏

  • 春雨の宵や料理は大嫌い梅野めい

  • 春雨のリズムかぽかぽ割る卵浦野紗知

  • 春雨や下駄の音して店の開く麗し

  • 秘事のこぼるる夜の春の雨江川月丸

  • 春雨やけふぬれたくてたつてをり蝦夷の子

  • ドビュッシーアラベスクめく春の雨蝦夷野ごうがしゃ

  • 春雨や選挙ポスターの皆笑顔蝦夷やなぎ

  • 春の雨はじめに濡れるキリンの角越冬こあら@QLD句会

  • 春雨や絡まる蔓も解けさうな絵十

  • ヘルパーの右肩ぬらす春の雨笑姫天臼

  • はるさめやひたにとなふるなむあみだM・李子

  • 春雨止む間一小節を走る犬絵夢衷子

  • 女子大に残る武蔵野春の雨えりべり

  • 地球儀は水色多し春の雨えんかず

  • 春雨や猫は彼方の何を見む縁穐律

  • 物音を消して春雨夜を沈め遠藤千草

  • 春雨を聞きゐるテントサウナかな遠藤一治

  • 春雨の手紙ひとりでかみむすべたよ遠藤波留

  • 墓地使用承継許可を春の雨旺上林加

  • 春の雨陶磁器展に探す影近江菫花

  • 春雨や濡れて届いた汝の葉書大石聡美

  • 有休の子と春雨の日帰り湯おおい芙美子

  • 春雨や会話禁止のジャズ喫茶大江鈴

  • 春雨やなかなか伸びぬ足の爪大岡秋

  • 新歓を抜け春雨の万国旗大紀直家

  • 春雨やブルペンに十年選手大黒とむとむ

  • 遮断機の向かうは淡き春の雨大越マーガレット

  • 陽の色の蜜を紅茶へ春の雨大小田忍

  • 春雨や近づく下駄の音嬉し大阪駿馬

  • 巻き髪の揺るる喪服や春の雨大槻税悦

  • 春雨や傷つけられしランドセル大津美

  • おねえちゃんのおなまえきけたはるのあめ大史華家

  • 印度から帰国夕暮れに春雨大谷一鶴

  • 春雨や生涯一女書生大山小袖

  • 春雨のショベルカー生家を毀つ大山和水

  • でたらめに繋ぐ手春雨の双子大和田美信

  • ぶれないで生きて来たのか春の雨岡井風紋

  • 春雨や五年日記を読み返すオカエサキコ

  • 春雨や電話じりりと旧街道おかげでさんぽ

  • 春雨となるまで話し込む二人可笑式

  • 春の雨駄馬の蹄の響きけり岡田明子

  • 春雨や窓辺に母を待つ姉妹おかだ卯月

  • 春雨や鏡にひとりアラベスク緒方朋子

  • 神橋に巫女の消えゆく春の雨岡田雅喜

  • 春雨のトレモロ聞こゆ蔵の街岡山小鞠

  • 名画座のポスター変わり春の雨小川さゆみ

  • 春雨や肩に預ける子らの傘小川しめじ

  • 元寇の沈みし海に春の雨小川天鵲

  • 春雨や町のはずれに療育園小川野雪兎

  • 松脂のひしぐ切り株春の雨小川都

  • 春雨の環状線のなかにゐる小川めぐる

  • 春雨の琥珀に息をしたるものおきいふ

  • 校庭は眠れる湖面春の雨おきいふ

  • 読み耽る半日春雨の静かオキザリス

  • 春雨のたたく蕾の音ぱぷん沖原イヲ

  • どういたしましてと返す春の雨沖らくだ@QLD句会

  • 春雨の襞を列車たたんたたん荻原湧

  • 回復室を出づや窓は春雨奥田早苗

  • 白熊の黒き地肌や春の雨小倉あんこ

  • 春雨の宇治橋右を音立てずおこそとの

  • 春雨や僧走り去る東大寺小田和夫

  • 春雨や晩節一人芝居めくおだむべ

  • 郵便受ことり春雨を三歩越智空子

  • 春雨や母の手彫りのオルゴール音羽凜

  • 春雨に俯いてゆく献花かな小野寺さくや

  • やや厚くシフォンケーキや春の雨おひい

  • 一週間単位の暮らし春の雨おぼろ月

  • 採寸は母と春雨の校舎小山田之介

  • 春雨やカレーライスにある系譜おんちゃん。

  • 春の雨こつこつ白杖聞く駅舎かいぐりかいぐり

  • 春雨のモールス信号は片言快晴ノセカイ

  • 春雨や当直室のガスコンロ海峯企鵝

  • 春雨によれる半紙の「永」の文字かえるゑる

  • 傘ひとつぶん春雨を歌はしむ火炎幸彦

  • 春雨や一人カフェの軽き鬱カオス

  • 産土をおおう光や春の雨加賀くちこ

  • 春雨や蕎麦切る音の耳触り垣岡凡才

  • 3分を詫びる車掌や春の雨化骨

  • 春雨や週に二日も定休日風花まゆみ

  • 春雨や布目を潜る銀の針加座みつほ

  • 鉄階段の音おほつぶに春の雨霞山旅

  • 春雨に反る布教誌を手渡さる樫の木

  • 春雨や下の名でよぶ人待つ日かじまとしこ

  • 春雨に濡れにし花の名を知らず片岡明

  • そこそこの人生だつたとして春雨片岡六子

  • 生臭き夢のあはひや春の雨片山蒼心

  • フルートのビブラートめく春の雨花鳥風猫

  • 春雨の子ども食堂子ども待つ葛飾シトロン

  • 春雨やコマなし自転車まだ怖いかつたろー。

  • 卵殻に染め写す草春の雨桂子涼子

  • 寂しくはないという嘘春の雨花伝

  • 春雨の機内画面の飛行距離叶田屋

  • 春雨や兄より借りし整髪料仮名鶫

  • 春雨や床屋のぐるぐるは錯覚金子泰山

  • 春雨や安全島に囚はるるかねつき走流

  • 春雨と土と囁きあひてをり釜眞手打ち蕎麦

  • 物原の愚作に溢る春の雨神長誉夫

  • 春雨や缶詰め部屋の六時間神谷たくみ

  • 春雨の音へギターのアルペジオ紙谷杳子

  • 春雨の鹿せんべいの湿りかな亀田荒太

  • 春雨や誰も通らぬ道がある亀田かつおぶし

  • 子沢山の犀は独りに春の雨亀の

  • 路地奥は春雨の研ぐ石畳亀山酔田

  • 春雨や地球の裏のエアメール鴨の里

  • 生理前かも春雨の保健室花紋

  • 春の雨古墳お前は何度目や唐草もみじ

  • 春雨のなかをドリブル続けをりかりかり久助

  • 家畜車の行き着くまでを春の雨かりそめのビギン

  • 春雨を独り占めして始発待つ枯山日明萌

  • 春雨に点音にぶき古時計河上輝久

  • 春雨や軒下を沿ふさくら猫川越羽流

  • 砂利に春雨書き置きの御朱印カワムラ一重

  • 春雨のおと貝塚の土器いびつ川村ひろの

  • 人体に穴の幾つや春の雨閑々鶏

  • 春雨やジャングルジムの片想い菅野まこ

  • 水桶の荒砥の気泡春の雨閑酉

  • 春雨や折り鶴に無き目鼻立ち喜祝音

  • 春雨や若さ恃みて宿の下駄キートスばんじょうし

  • 春雨や昼サイレンの朦朧と季々諧々

  • 花街の名残の坂や春の雨岸来夢

  • 駆け抜ける馬の湯気立つ春の雨酒暮

  • 春雨や路上の滲みは轢死体季切少楽@いつき組広ブロ俳句部

  • 春の雨自己紹介はあとでいい北大路京介

  • 春雨へ走り出す制服の新しく北川茜月

  • 窓叩く春雨頬叩く母ちゃん北里有李

  • 春雨や女の爪とわかる爪北野きのこ

  • 春雨や曲がることなく付箋貼る北野都留

  • 春雨や狛犬の尾のうれしさう北藤詩旦

  • こびり付くものみな削ぎて春の雨北村崇雄

  • 春雨やカーボンコピーの三枚目貴田雄介

  • 春雨や足場作業は珈琲タイムギックリ輪投げ

  • 春雨や行方不明の犬の飯狐雨こじろう

  • 春雨や扱ひ慣れぬ女傘木寺仙游

  • 春雨の紙ストローにふやけたるきのえのき

  • 春雨や伏目の多きテンペラ画木野桂樹

  • 春雨や敬語使えぬ子の手紙木下桃白

  • 手をつなぎ春雨たのし菓子うれし木野まち

  • 春雨や開かずの門の昼灯木原洋子

  • 春雨や父の名探す位牌堂きべし

  • 春雨にバッハの何と新しい木村かわせみ

  • 春雨や去年はこの席母の席木村修芳

  • 初めての仏語の授業春の雨木村となえーる

  • 春雨や吾子の手形の花も咲き鳩礼

  • ひさかたの春雨袈裟に濡れかかる京野秋水

  • 春雨をゆく包帯のおとうとと杏乃みずな

  • 春雨や任侠映画二本立て清瀬朱磨

  • 春雨の午後縁側にて読了清鱒

  • 春雨のむら妖怪の手は綺麗ギル

  • すべり台みたいな土下座春の雨銀紙

  • 睫毛に春雨唇に春雨菫久

  • 春雨や時間つぶしに喫茶店銀将

  • 春雨や引継ぎファイル後5冊銀長だぬき

  • 湯豆腐に鬆の立ちはじむ春の雨

  • 初めての看取り二十歳の春の雨くぅ

  • 春の雨あにいもうとに薄き膜久我恒子

  • 春雨にゆるぶ京大立看板ぐずみ

  • 春雨の孤独にかじる不味きパンくずもち鹿之助

  • 隣家より拙いピアノ春の雨國吉敦子

  • 傘持たぬ君が鎖骨に春雨満ち窪田睡鯨

  • 春雨を弾く革靴面接日久保田凡

  • 耳鳴りは変ホ長調春の雨くま鶉

  • ものわすれ可笑しと泣きて春の雨熊谷温古

  • 春雨や昨日なかった土竜塚熊本芳郎

  • 春雨の締切日ガウディになりたい曇ゆら

  • 春雨を降るだけ飲んでいる大地倉岡富士子

  • くわうこつと春雨を安全太郎倉木はじめ

  • 春雨の法螺吹きこころ明朝体眩む凡

  • 春雨の夕暮れを聴く枕かな栗田すずさん

  • 春の雨ディスポーザーに残る種栗の坊楚材

  • 忘れ傘潤んで静か春の雨来ヶ谷雪

  • 春雨やホームシックと認める夜空流峰山

  • 春雨は燦燦カブを初乗りすくるみだんご

  • 春雨や龍角散の字の浮きて久留里61

  • テレビ無い暮らし春雨を聞いてる紅さやか

  • 春雨や名前呼ばれぬ診察室黒田良@しろい

  • 春雨や骨上げ待ちて眺めをり桑田栞

  • 重なりて春雨奏すオールディーズ慶唯

  • 牛すじを弱火二時間春の雨桂子

  • 草臥れた耳春雨に診てもらう恵勇

  • 春雨の遠く屠畜場の灯りけーい〇

  • 春雨や鍼しづみゆく盆の窪げばげば

  • 春雨のカフェ削除するもの尽きず謙久

  • 春の雨告解室の途切れ、途切れケンG

  • 春の雨トウシユーズの音が鳴る源氏物語

  • 春雨や土のにほひの桜川研知句詩@いつき組広ブロ俳句部

  • 春雨におろす正社員の重荷剣橋こじ

  • 春雨の上野や母の墨絵展小池令香

  • 春雨や土に戻らぬ紙の花こいぬ

  • 春雨や伊勢の空より沁み出でり郷りん

  • 沈黙にワイパー一度春の雨剛海

  • ストローの無音を含む春の雨公木正

  • 春雨や栞を挟み忘れたる柑たちばな

  • 春雨やピアスのとほりにくき朝幸田梓弓

  • 春雨にふらり名画座二本立て宏楽

  • 春雨やビニール傘は甘い膜古賀

  • 春雨の寝物語や紫煙の香小笹いのり

  • 春雨や玻璃の粉ちらす街路灯小杉泰文

  • 春雨の羽田や満席の離陸木染湧水

  • 春雨や万歩に足りぬ日となりぬ後藤周平

  • 金色の鴟尾つややかに春の雨後藤三梅

  • 春雨や轢かれた猫の顔静か粉山

  • 春雨の中を展望エレベーターこのみ杏仁

  • まだ届く子宛ての郵便春の雨虎八花乙

  • 春雨のバス待つ間の足湯かな小林昇

  • 枯れてゆく樹となりし母春の雨こひつじ@QLD句会

  • 春の雨保健室まで行けた朝小藤たみよ

  • 春雨に耳傾けし一周忌こま

  • 春雨や本屋の匂ひ嗅ぎたくて小町瑞泉

  • 春雨を閉じ込めている子守唄駒野繭

  • 春雨や座したる尼の白き足袋駒村タクト

  • 春雨は明るい空から降りてくるこむぎ

  • 右腕にきみの体温春の雨小山晃

  • 曇り硝子仄明るし春の雨小山秀行

  • 春雨や石畳から石の声GONZA

  • イソジンの楽しき苦み春の雨コンフィ

  • 岩峰を薄むらさきに春の雨埼玉の巫女

  • 春雨に噴水濡れてばかりゐる彩汀

  • 春雨や蓄音機から愛の夢齋藤桃杏

  • 北口改札春雨の開業日齋藤ちの

  • 耳鳴りのじくじく春雨の無音さおきち

  • 春雨やロットアウトの原紙積むさ乙女龍チヨ

  • 舌ふたつ寂しく出会う春の雨酒井おかわり

  • 春雨や風めくシャドーピッチングさかえ八八六

  • つのり来る春雨口をひらかしむ榊昭広

  • 春雨や花街奥の稲荷様坂口いちお

  • 春雨や駆け抜ける馬場湯気が立つ相良まさと

  • コンパスはくり抜く軌道春の雨さくさく作物

  • 春雨の無声映画をみる窓辺桜鯛みわ

  • 春の雨明日は土をいぢらうか桜月あい

  • 春雨にうたふおもちやのおるがんよさくら悠日

  • 春雨や明治生まれの「ホトトギス」迫久鯨

  • 大仏の緑青豊か春の雨雑魚寝

  • 春雨やなほやわらかき母の頬笹イボ太郎女

  • 吐きとほす嘘はほんたう春の雨佐々木慈子

  • 駅跡の工事現場に春の雨ささきなお

  • 春雨や米の香ふわと炊飯器さざなみ葉

  • 吸啜は鼓動のリズム春の雨笹野夕

  • 春雨や古びた本の蔵書印砂月みれい

  • 春雨や針飛ぶレコード名曲盤佐藤しのぶ

  • 春雨を来て練りきりの聴色佐藤儒艮

  • 春雨がペプシコーラの看板へさとうナッツ

  • 春雨や最終回の教壇へ佐藤浩章

  • 図書室の「モモ」に折り目や春の雨佐藤レアレア

  • 春雨や部屋に独りの一周忌里こごみ

  • 春雨のすうすう静かなる諏訪湖里山子

  • チリチリと異物が育つ春の雨里羽豊後

  • 春雨を優しき檻と呼ぶ君と真井とうか

  • 影淡し春雨をゆくみな余命錆田水遊

  • 薬草の薬罐しゆんしゆん春の雨さふぁい庵

  • 揉め事は疾うに結着春の雨さぶり

  • 春雨や大人一人のバス乗り場彷徨ういろは

  • 春雨に滲む別府の噴気かな紗羅ささら

  • 日経購読三日目の春の雨さるぼぼ@チーム天地夢遥

  • 恋文に見立てるヴェール春の雨澤田紫

  • 春雨に濡れて牧師の着任す澤田郁子

  • 耳鳴りのせぬはうの耳春の雨山海和紀

  • 春雨やおとがひ細きマリア像三月兎

  • 春雨や息子の家に退院す山月

  • 女子は皆しづかに清書春の雨三尺玉子

  • 春雨数ふ父のお薬カレンダー潮風の台所

  • 春の雨ひらがなばかりの文を読む塩沢桂子

  • 春雨や病室はまた広くなり塩の司厨長

  • 草履行き交ふ春雨の二寧坂四季春茶子

  • 春雨や白湯と十味敗毒湯獅子蕩児

  • 軽トラのギターとエロ本春の雨篠原雨子

  • 春雨や敗戦処理のマウンドへ柴田朱々

  • 送別のコーヒー苦し春の雨柴森爽

  • 店じまいセールの幟春の雨しぶ亭

  • きずぐちをぬふ春雨のぎんのいと渋谷晶

  • 春雨に獣のにほひ死のにほひ島田あんず

  • 春雨や踊り字畳字ノノ字点嶋田奈緒

  • 春雨や人焼く煙の匂いしてしまのなまえ

  • 春雨や犬に好かれる志村像嶋村らぴ

  • 百台のサドル春雨そぼそぼと清水祥月

  • 合掌や花束震ふ春の雨清水容子

  • 春雨や隣家に赤子越しきたり清水明美

  • 春雨や象のはだへのしわくちゃを清水縞午

  • 鉄橋は列車にやさし春の雨清水三雲

  • 春雨や縁で文読む昼餉あと志村狂愚

  • 退職の荷物二箱春の雨霜月詩扇

  • 春雨も続く反戦デモの旗下丼月光

  • 面会は禁止市バスを春の雨芍薬@独逸

  • 春雨に濡れるひたいのアンダンテじゃすみん

  • ごぼう抜きしていく背を春の雨沙那夏

  • 春雨のみっちり重き深夜勤砂楽梨

  • 春雨やあれは工藤のホルンのF十月小萩

  • 乳がんの告知梵音の春雨朱胡江

  • 春の雨貨車を引き出す汽笛聞き秋星子

  • 春雨や生き物係に立候補秋雪

  • 春雨の街は明るし髪切らん秋芳

  • 見納めのブレザーに春雨の調種種番外

  • 春雨や更地となりし純喫茶寿松

  • 春雨や音消え入りて香の立ちて獣羅

  • 花屋まで金魚のお供春の雨シュリ

  • 春雨やゆつくり選ぶ旅土産順之介@QLD句会

  • 人形の瞳は硬し春の雨常幸龍BCAD

  • 春雨や会津木綿の筬の音庄司芳彦

  • 春雨を浴びて入庁前夜かな庄野酢飯

  • お小言に身動ぐ正座春の雨白玉みぞれ

  • 真夜中の着陸成都は春雨白浜ゆい

  • 子を寝かす窓の旋律は春雨四郎高綱

  • 研修タグ艶めく春雨の警備白プロキオン

  • 春雨の似合ふ女となりにけり新開ちえ

  • ヨコハマの坂へ春雨辞令待つ神宮寺るい

  • 春雨に目覚むる浪人の朝よジン・ケンジ

  • 春雨や赤を含んで待つ言葉新城典午

  • 春雨の介護教室ににんが四新濃健

  • 東京やぬるき春雨をも惜しむ深幽

  • 春雨は春を壊さぬやうに降る水蜜桃

  • 春雨や腐せし乳を下水路に水曜日生まれ

  • 春雨や軒の下なるくくり猿すがりとおる

  • 目を凝らす浮子の上下や春の雨杉尾芭蕉

  • 春雨を聴くカーテンはそのままに杉田梅香

  • ひやさいの天水桶に春の雨杉本果ら

  • 春雨やダンボール箱たった五個鈴木暮戯

  • 釣人の帆柱めきて春の雨鈴木由紀子

  • 三の糸切れて春雨やみさうな鈴木麗門

  • 石一つの遊女の墓や春の雨鈴子

  • 子規覗きさう春雨の朝の庭鈴白菜実

  • 宿題の運針遅々と春の雨清白真冬

  • 雲梯の錆色にじむ春雨よ鈴野蒼爽

  • 春の雨さはりなきことはなす医者主藤充子

  • 春雨や珊瑚のいろの摩天楼すりいぴい

  • 読み差しの本積み上がる春の雨諏訪次郎

  • 春雨に濡れる新聞「ウクライナ」晴好雨独

  • こぼれくるショパン春雨の裏道瀬央ありさ

  • 休学せん額に一粒春の雨瀬紀

  • 春雨や鴇鼠色に山おほふseki@いつき組広ブロ俳句部

  • 春雨や慣らし保育を待つ紅茶せとみのこ

  • 春雨にETCのバー震ふ世良日守

  • 春雨や赤の予感の鉢並ぶ千@いつき組広ブロ俳句部

  • 春雨や三分遅らす腕時計全速

  • 春雨は棕櫚のほうきのやはらかさ千波佳山

  • 春雨や駐車場また増えた街早春SOSHUN

  • 野の仏憂いを満たし春の雨惣兵衛

  • 春雨や卍を辿る手書き地図そうり

  • 焼き鳥屋出れば我待つ春雨よ外鴨南菊

  • 春雨の駅のチラシのファラオの目染井つぐみ

  • 春雨や腰の歪みの治る音染野まさこ

  • 春雨や鳩の求愛ダンス疾し空豆魚

  • 香箱のやうな最中や春の雨ぞんぬ

  • 若人も待ち人来ずか春の雨

  • 春雨は長距離走の孤独かな高岡春雪

  • 春雨さらさら後朝の洗濯機高尾里甫

  • てのひらは小さき箱庭春の雨高木音弥

  • 割れた爪生えてこぬまま春の雨だがし菓子

  • 春雨傘凭れれば肩すこしかたい髙田祥聖

  • 春雨や表面張力の涙高橋寅次

  • 春雨や花色のなにか楽しく高橋なつ

  • 春雨やピペット掴む白き指高橋ままマリン

  • 歌舞伎座の春雨にほふ学生服たかみたかみ

  • 春雨やたれも通らぬ点滅灯高山佳風

  • 貸出の気配なき本春の雨高山夕灯

  • 春雨や弾くレコード盤の傷滝上珠加

  • 立読みのゐて春雨の貸本屋滝川橋

  • 春雨のごご返信はまだだろか瀧本敦子

  • 春雨や戸ごとに人の居るナポリたきるか

  • 春雨やしみる右肩夜汽車の窓卓女

  • 春雨や巨樹天空へ羽ばたきぬ武田豹悟

  • 春雨やマッチで点ける仏間の灯竹田むべ

  • 先ず君の受験番号春の雨竹八郎

  • 春雨や記憶の底のヴィヴァルデイ武部敞子

  • 春雨やルノワールめくビニル傘多数野麻仁男

  • ロキソニン効くまで窓の春雨を多々良海月

  • 春雨や全て流るる犬の糞橘陽瀬

  • 春雨や男と逃げた母の椀立石神流

  • 春雨や沓脱ぎ石に黒草履立部笑子

  • 春雨の芝犬「待て」の形して田中勲

  • 積読に手を伸ばす春雨の朝田中紺青

  • 春雨や防風林のまだ低し田中ようちゃん

  • 春雨の中現れし赴任校谷相

  • 春雨や小半日読む方丈記谷町百合乃

  • 春雨や客船けむるグラバー邸たばたなおみ

  • 露わなる崖の地層や春の雨玉井令子

  • 春雨のまづ匂ひから降りはじめ玉木たまね

  • 春雨や全て溶かしてみづの音たまのねこ

  • 刺青に羽織る作務衣や春の雨玉響雷子

  • 卒塔婆に降る春雨ながめせしまに玉響海月

  • 春雨や祖父と似ていし鬼瓦たむらせつこ

  • 春雨やまつろわぬ馬光る肩だんがらり

  • 春雨や骨董屋より電話また丹波らる

  • 春雨を三たび乗りつぎ美術館千夏乃ありあり

  • 春雨の持薬をまとめ一気飲み竹庵

  • 春雨や鰐のかそけき息づかひちくりん

  • 春雨や日にち薬の怪我撫でるちっちのきも

  • 羊水の甘みのほのか春の雨千歳みち乃

  • てぃぴてぃたっぷ土は踊るや春の雨千鳥城@広ブロ俳句部カナダ支部

  • 春雨や独り荷を積むユニック車ちゃあき

  • 春雨の昼に憩える横断旗千代之人

  • ずるすると連敗しとしと春の雨彫刻刀

  • 春雨や半音高きボンネットちょうさん

  • 蔵書から外れし絵本春の雨月石幸

  • 春雨に烟る大河の白き皺月岡方円

  • 春雨や花御朱印をたまはりて月影の桃

  • 春雨や滲んだ恋の一画目月丁もち美

  • 離婚日の春雨帰る屋根はないつきのひと

  • 春の雨ぷつぷつホットケーキ焼く月待小石

  • 春雨や脈追ひかける時の針つくも果音

  • 春雨の俯くものにやさしかり辻内美枝子

  • 春雨や大陸訛りの料理長辻野花

  • 春雨や海峡に透く釜山の灯対馬清波

  • 城跡の石垣にほふ春の雨辻美佐夫

  • 春雨や一時停止のヴィヴァルディつちのこ

  • 釣銭は募金へ春の雨しづかつちや海郷

  • 国境の東へ春の雨匂ふ津々うらら

  • 春雨は無音の手まり唄のやう綱川羽音

  • 目薬の鼻咽に甘し春の雨ツナ好

  • 指文字を交わす母子や春の雨つばさ

  • お互いの肩拭きあって春の雨津幡GEE

  • 黙祷のサイレン春雨の海へ坪山紘士

  • 春雨や二人目のこと話し合ふ丁鼻トゥエルブ

  • 春雨や生まれなかった子等の歌テツコ

  • 春雨のあがる明るさ富士の山哲山(山田哲也)

  • 芝居跳ね銀座の宵は春の雨輝由里

  • 春雨や妻に内緒の借用書テレシア

  • 春雨の匂い居場所のないクラス電柱

  • 春雨や腹つるつるの陶狸でんでん琴女

  • 春雨や図書室はしづかな砦天陽ゆう

  • 春雨や露西亜の菓子の赤きジャムトウ甘藻

  • 春雨や「儒者紀行文」脱稿す峠南門

  • 春雨や荷物寡きコンテナ車藤白月

  • 春雨や父に供ふるスポーツ紙遠峰熊野

  • 山門を出て春雨の獣臭しとかき星

  • 春雨や髪を切りしは三月前時まる

  • 賽銭を数えし指や春の雨ときめき人

  • 匂い無き裸婦像に浸む春の雨常磐はぜ

  • 春雨の街の流行りは白と黒徳庵

  • 春雨に封の莟の滲みをりDr.でぶ@いつき組広ブロ俳句部

  • 恋文の行間多し春の雨どくだみ茶

  • 柿渋の刷毛跡香る春の雨どこにでもいる田中

  • 春雨やコークス殻の点りをりとしなり

  • 春雨や土蔵の古書を縛る午後十津川ポロ

  • 春雨やぽつねんと待つすべり台戸根由紀

  • 春雨にひとりひとりと沈む街鳥羽ししまる

  • 何かある遺跡春雨上がりけり戸部紅屑

  • 春雨や仔犬は犬の臭ひしてトマト使いめりるりら

  • 春雨やろくろ僅かに歪む音とまや

  • 案内板の曇るアクリル春の雨友@雪割豆

  • 春雨の高速道路混んでくれ鳥田政宗

  • 春雨や河童ひちょひちょ路地を行き豚々舎休庵

  • 閉店のパン屋春雨の匂ひ内藤未来仁

  • 春雨に指紋喪ふくすり指内藤羊皐

  • 春雨や鎌倉五山やはらかに内藤由子

  • 割立ての薪を匂はせ春の雨中十七波

  • 春雨や錆び付く街の散文詩中岡秀次

  • モーテルの空室表示春の雨中里凜

  • 春雨の御苑歩むに雅楽の音中嶋敏子

  • 春雨や川面に揺れる加賀毛針永田千春

  • 春雨のハトバス人を吐き出しぬ仲操

  • 春雨や検査数値の丸印中村あつこ

  • 春雨や見上ぐる君の喉仏中村すじこ

  • 春雨や水面に空の底を置き中山由

  • 春雨の票を入れたい党が無い新蕎麦句会・凪太

  • 春雨や鶏舎静かな死の匂ひなしむらなし

  • 春雨や盲導犬の募金箱那須のお漬物

  • 春雨や絹の糸めく祖母の髪夏草はむ

  • 春雨の夜の街ゆく口ピアス夏雲ブン太

  • 春雨や金の成る木の肉厚く夏湖乃

  • 春雨のディズニーランド花めきぬ夏野あおのり

  • 春雨の渡り廊下テルーの唄夏雨ちや

  • 春雨や振り向く山羊の髭長しななかまど

  • 春雨を吸ふ木乃伊にもある味蕾七瀬ゆきこ

  • 春雨やゲルニカの月探す朝七森わらび

  • 乳房めく古墳の夜へ春の雨菜々乃あや

  • 春雨や綿飴のごとにほひける⑦パパ@いつき組広ブロ俳句部

  • 差し掛くる傘を待ちつつ春の雨名計宗幸

  • 糠床をかき回してや春の雨名前のあるネコ

  • 好きでしたと言はれてをりぬ春の雨奈良素数

  • 待合へ銅鑼の音七つ春の雨南歩

  • 春雨や紫ばかり咲く庭の西川由野

  • 春雨や出棺の足急きもせず西爽子

  • クスノキがずんどうで春雨でせう西田月旦

  • 春の雨ゆるゆるフォークからパスタ西野誓光

  • 仄ひかる頸の白さや春の雨螺原トモ

  • 春雨や江戸より続く饅頭屋西村小市

  • 春雨の地に触れてもう雨じゃない二重格子

  • 春雨のるるるしづかな夜をるるる新田ダミアナ

  • 春雨や切手の裏のほの甘きにゃん

  • 消しゴムの温もる匂ひ春の雨仁和田永

  • 春雨や透けてかの世の瞬きぬ庭野環石

  • ワイパーのやはらかに拭く春雨の香鵺之疾秋

  • 春雨やきのこ雲めく胸の澱暖井むゆき

  • 一日良し三日は長き春の雨沼宮内かほる

  • 春雨やシュプレヒコール近い場所猫辻みいにゃん

  • 春雨の開く漫画の匂いかな猫ふぐ

  • 春雨やラジオをつけぬ朝に居る根々雅水

  • 傘の無き旅を春雨たをやかにノアノア

  • 春雨やドラムロールは不揃いで野井みこ

  • 右肩は傘の外春雨の下校濃厚エッグタルト

  • 賛成と言へぬ会議や春の雨野地垂木

  • 春雨の檻めく母の居らぬ夜はノセミコ

  • 春雨をゆく晩酌はこの豆腐野中苦泉

  • 春雨や就活鞄の角かたし野々かおり

  • 父の忌や春雨に聴くチェロソナタ野ばら

  • 春雨や髪伸びるのを待っている野原茉莉

  • 春雨やルイボスティーの透きとほる登りびと

  • 春雨が昼まで我を眠らすなり野間薫陶

  • 祖父の島春雨を乞う畝立てて海苔和

  • 春雨の戯れ歌流す砌かな白庵

  • 春雨や蔵の解体見積書はぐれ杤餅

  • 春雨や破線でつなぐ天と地とはごろも856

  • 引越しの赤丸は明日春の雨橋爪利志美

  • ジャズ喫茶より駆く春雨の街へ橋本こはく

  • 春雨や旅立つ吾子に渡す文馬笑

  • 春雨やミシンの音とため息と蓮見玲

  • 病窓を舷窓として春の雨長谷川水素

  • 春雨の音に親しき安普請長谷機械児

  • 春雨やふたりっきりのミット打ち葉月庵郁斗

  • ケーキ入刀終えて春雨香り立つはっしー

  • 特上の雨雲からの春雨よ八田昌代

  • 春雨に濡れて行こうと思ってやめた服部たんぽぽ

  • 春雨やただ黙々と針遊びハナオカヨシコ

  • 春雨のままに暮れゆくズル休み花咲明日香

  • 光成す夜のマリーナ春の雨花南天あん

  • 龍鳴かす柏手ひとつ春の雨はなぶさあきら

  • ここですか春雨のなか救急車英ルナ

  • 春雨や八年前の貸し出し印花豆

  • アシカショーうすき歓声春の雨花和音

  • 春の雨君が代独唱の余韻はのん

  • 名山の輪郭無でし春の雨ぱぷりかまめ

  • 春雨や女房帰らぬ夕餉時浜友輔

  • 春雨や父と最後に帰る旅はむこ

  • 摺り切りの砂糖に起伏春の雨葉村直

  • 春雨に滲むはがきの文字のくせ早川令子

  • 春雨と血が通ふまで歩きたし林省造

  • 春雨や湿布のかほる薬指林眞亜紀

  • 水槽のさかな銀いろ春の雨原水仙

  • 長考の将棋会館春の雨原田民久

  • 春雨や沁みて重たき墨衣針子のネコ

  • 一人つてこんなに楽し春の雨巴里乃嬬

  • 春雨や子規堂拝観50円播磨陽子

  • ビルビルビル都心を洗う春の雨haru.k

  • 寡黙なるジグソーパズル春の雨春あおい

  • 喧嘩後の煙草の燻(くゆ)る春雨よharu_sumomo

  • 廃寺の宝珠を濯ぐ春の雨晴田そわか

  • 春雨や外湯へいそぐ石畳晴菜ひろ

  • 春雨や昭和の切手縦長に葉るみ

  • 陣取りの青よ春雨搾る雲春海のたり

  • 春雨や流れに乗れぬ教習車はれまふよう

  • 春雨や二周目入る恐竜図鑑パンドラみかん

  • 春雨や骨曲がりたる傘さしてHNKAGA

  • 青年の下手なスキップ春の雨万里の森

  • 春雨やさくりくづるる砂の山東原桜空

  • モルックの一投砕けて春の雨比企野朋詠

  • 堤防決壊はるさめのもんじや店樋口滑瓢

  • 春雨に裸婦像けむる御堂筋樋口ひろみ

  • 職員室に一人春雨の音火車キッチンカー

  • ざんばらの力士バス待つ春の雨菱田芋天

  • 春雨やマシュマロまろく溶けゆきぬひすい風香

  • 壁の絵の蠢動したり春の雨美竹花蘭

  • 春雨や運河に匂ふ舫綱ひでやん

  • 春雨や帰路のラジオのラブソング日向こるり

  • 春雨や固き枕の仮眠室ひなた和佳

  • 春雨の汚した程の窓磨くひな扶美子

  • 春雨や老いには重き革鞄比々き

  • ゆつくりと春雨ゆつたりと褥ヒマラヤで平謝り

  • 入相や二胡の余韻と春の雨姫川ひすい

  • 霊園に重機のアーム春の雨日吉とみ菜

  • 遠煙るボール蹴る子ら春の雨平井千恵子

  • 処置終へて病舍の窓に春の雨平井由里子

  • 春雨の渋谷の傘は白ばかり平岡梅

  • 春雨や武蔵の座禅組みし石平岡花泉

  • ふしだらな春雨の夜を泳ぎきる比良田トルコ石

  • 足腰を鍛える余生春の雨平林晶子

  • 春雨や僧の読経の良くとほり平林政子

  • 行きてみな消ゆ春雨の交差点平本魚水

  • 春雨の古希の眉ほの光りたる比良山

  • 映写機のしづかな吐息春の雨広木登一

  • 春雨や神は不在の懺悔室広瀬康

  • 春雨や思い思いの靴の音廣田惣太郎

  • かんだたの糸や洽き春雨は弘友於泥

  • 春雨や海藻に匂ふ首長竜弘中しかもり

  • 彫り深き魚鼓の鱗と春雨と広ブロ&新蕎麦@摂田屋酵道

  • 春雨や黄昏の街は昭和色琵琶京子

  • 春雨のレーザー光は蘇芳色びんごおもて

  • 初めての献血をして春の雨フージー

  • 夜行バス揺れしかば醒め春の雨風慈音

  • もの言わぬ埴輪に語る春の雨FUFU

  • とっぷんと鯉跳ねました春の雨ふくじん

  • 春雨や定位置に妣の猫車福田みやき

  • 百均のポンチョと春の雨の中福良ちどり

  • 新しき画布のたわみや春の雨袋小路綴乃

  • 春雨や墓地のチラシのよく入り藤井かすみそう

  • 頬に降る春雨涙と同じ味藤井眞おん

  • 春雨や巻き爪を切る納棺師藤色葉菜

  • 春雨のかくしごとかくしごとかくしごと藤岡美波

  • 春の雨ダナエの髪の黄金色ふじこ

  • 春雨をがぶがぶ川の腹太し藤咲大地

  • 信州の春雨はまだアルデンテ藤雪陽

  • ヘッドホンして春雨と打ち解けず藤原素粒子

  • 春雨に浮かぶ夜のコンビニへ風友

  • ガムランは静かに終わり春の雨冬島直(直あらため)

  • 春雨や手水舍の龍活き活きと古庄萬里

  • 春雨やみんな詩人として生まれ碧西里

  • 山寺や春雨は線香消さぬペトロア

  • 春雨や象の絡める鼻と鼻へな☆けん

  • 春雨や何もしないといふ予定べびぽん

  • 春雨や櫟林のやはらかし茫々

  • 春雨や左小指に竹刀胼胝北欧小町

  • 春雨や別れの歌は白花色黒子

  • 春雨や玩具切符へパンチ穴星田羽沖

  • 大観の画集春雨の美容室星月彩也華

  • 春雨に切れ字打つたるごとき鐘星野はいかい

  • 五年目の閉店セール春の雨星乃ぽっち

  • 緑青の螺髪やはらか春の雨ほしの有紀

  • 春雨や犀を吊るした絹の糸甫舟

  • 春雨やぶっとい欅の吊るし切り星善之

  • 春雨やシングルソファは恋の檻細川鮪目

  • 秒針の音こそばゆし春の雨細野めろん

  • 春雨や教科書くくる紐足らんΦポップアップ

  • 春雨に遠き日のごと舌を出す堀隼人

  • 春雨に捨てられし地図海青し梵庸子

  • 鼻唄が君に移って春の雨前田麺

  • 春雨や明けの人工哺育室槇英里

  • 春雨や厩舎に眠る馬の息まこ@いつき組広ブロ俳句部

  • 春雨の僕のうちがわ蒼くつて正岡丹ん

  • 春雨やエコー検査の浅き息増山銀桜

  • 軽々と母は泣くふり春の雨松井くろ

  • 春雨や帽子で済ますお買い物松井酔呆

  • 明日より君は吾の部下春の雨まつたいら西

  • 野良猫の膨らみし腹春の雨松田慶一

  • 春雨の仲見世音声翻訳機松本裕子

  • ラジオからスウィート・ソウル春の雨までのこうじありこと

  • 清らかな星座が泣いて春の雨真冬峰

  • 冷たくない春雨の中冷たい手まほろば菊池

  • 春雨や高炉の眠り深くしてまめばと

  • 春の雨友のおりづる行儀よくまやみこ恭

  • 春雨やページの肩の染み淡し瑪麗

  • 春雨やお相撲さんの早歩きまりい@木ノ芽

  • 春の雨やうやく母となりにけり慢鱚

  • 春雨のどこも尖らぬひかり方まんぷく

  • 春雨や閉鎖の札の製材所みい

  • 春雨やシースルーエレベーター天へ三重野とりとり

  • 春雨や午後の机の列のズレ帝菜

  • 病院の春雨傘を繕へり水須ぽっぽ

  • ど演歌の流るる路地や春の雨三田忠彦

  • 春雨の満ちし盥に嘴来巳智みちる

  • 春雨やインジゴ匂ふ染物屋満生あをね

  • 埋まらないヨコの16春の雨みづちみわ

  • 春雨や粒餡炊けてゆく匂ひみつれしづく

  • 春雨や軒下の東北訛りミテイナリコ

  • 春雨やバンドネオンのけぶる街水上ルイボス茶

  • 春雨やクラス名簿が酒のあて港のパン屋

  • 春雨を裂くや主砲の決勝打みのり尼子

  • 春雨や子の留年の通知ありみほめろ@いつき組広ブロ俳句部

  • 春の雨隣のシーツ眩しさう宮井そら

  • まつすぐな春雨につつまれてゐる宮坂暢介

  • 春雨の道端ペプシ缶に花みやざき白水

  • 本郷は春雨追いコンの果てて宮武濱女

  • 春雨や滲む荷宛は母の筆雅乃珠晃

  • 自販機の『今だけ百円』春の雨宮部里美

  • 切株に明るきあした春の雨みやま千樹

  • 獣医より春雨ふくむ供花届くみわ吉

  • 春雨や裏鉄の音木戸を開けムーンさだこ

  • 春雨のビルはシャンパンめく光麦のパパ

  • 春雨を斜に捉ふ車夫の脚椋本望生

  • 春雨の滲みがおくすり手帳へぽ無弦奏

  • 春雨の檻に守られポストまで睦月くらげ

  • 水底のワニが見ている春の雨村瀬っち

  • 春雨や包丁止めて眺め入る村のあんず

  • 春雨のリズムって不確かなものむらのたんぽぽ

  • 彩子さんと会う春雨の街を行き目黒智子

  • 音楽の万葉仮名やはるのあめメレンゲたこ焼き

  • 春雨の眠い香り猫を包む木曜日

  • 春雨や象は相棒亡くしたばかり望月ゆう

  • 春雨や土偶の母乳とめどなき元野おぺら

  • 春雨のはらこはらこと角膜へ本村なつみ

  • 春雨や下駄と草履のおとそろふ本山喜喜

  • 春雨や煙ぶる麒麟の首長しmomo

  • たましひを薄墨色に春雨は百瀬一兎

  • 寝付くまで棚田をほぐす春の雨百瀬はな

  • 春雨や野鳥の森に丸太椅子桃園ユキチ

  • こうづるの眼険しき春の雨ももたもも

  • 春雨や三煎あとの茶葉太り森佳月

  • エコバッグ忘れた春雨はピアニシモ森日美香

  • 潦つま弾くように春の雨森毬子

  • 助手席の君の耳噛み春の雨森佳三

  • 桂馬指す如く春雨降りはじむもりさわ

  • 春雨や入院三日目の陣痛もりたきみ

  • 売家と吊るされし春雨の隣家森田祥子

  • 春雨やあと二話見たら最終話森太郎

  • 春雨や宅配便は上海から森の水車

  • 春雨やいい音探り木魚打つ八重葉

  • 生温き笛春雨の体育館山羊座の千賀子

  • 膝の水抜きに行く日の春の雨安井コスモス

  • 春雨や走らぬペンを軽く噛み安田伝助

  • 身は解かれ春雨の夜の長湯かな柳咲八

  • いい式だった春雨の缶コーヒー簗瀬玲子

  • 春雨に町の本屋の香は強む八幡風花

  • 春雨や柳川下り七曲り山内彩月

  • 春雨のおとんとこいくおれもいく山尾政弘

  • 春雨に笹はたはたと岬かな山河穂香

  • 春雨やこの裏道は行き止まり山川たゆ

  • 春雨の街に壁画のゴジラ濡れ山口一青

  • 春雨の音鳥の声君遠し山口香子

  • 春の雨存続決まる地域バス山口たまみ

  • 住職の雄黄の袈裟春の雨やまさきゆみ

  • 覚めやらぬ野辺濃く濃くと春の雨山田季聴

  • 春雨や城跡に張る保護ロープやまだ童子

  • 春雨のサイレンに道ゆづりをり山田どゞこ

  • 大王の名を持つ杉や春の雨山野麓

  • 春雨のあがるともなき色なりき山薔薇

  • 春雨や底の剥がれたスニーカー山彦一水

  • 春雨の粘度よ窓の明るさよ山本先生

  • 春雨にもう濡れてよし学生服山本たか祥

  • 水面の輪と輪に輪と輪の春雨よ山本裕之

  • 春雨の吸い込まれゆく太平洋山吉白米

  • ひびの入る瓶にいささか春の雨八笑乎

  • 春雨や野良のしつぽの重たさう唯果

  • 春雨に電柱ほどは従わず優木ごまヲ

  • 春雨を不貞寝の耳の拾ひけり柚木みゆき

  • 春雨や吉野の山をとほくして遊羽女

  • 指切りや針千本も春雨も有野安津

  • 松原のにほひ沈まる春の雨宥光

  • 道端のマスクへ春の雨さらさら雪音

  • 遠ざかる列車寡黙な春の雨柚子こしょう

  • コンサートの行列蛇行春の雨ゆすらご

  • こんぺいとう前歯にかりり春の雨宙美

  • 春雨や貝塚息吹の刺す形湯屋ゆうや

  • 春雨や羅漢の瞼欠けをるに宵猫

  • 春雨よ上から下へ綴る詩よ八日きりん

  • 春雨や四年並びし乗車位置陽花天

  • 春雨や軋むトラムの鐘の音陽光樹

  • 春雨の満ちて濃色なる逮夜横縞

  • 春雨や父の手にした鉈を研ぐ横田信一

  • 円墳と思しき丘や春の雨横山雑煮

  • 春雨を監視カメラは映せない吉川拓真

  • 春雨や陶土菊練り中の朝吉武茂る

  • 石垣のむかう山城春の雨吉田わさび

  • 絵師彫師摺師春雨憂世生く吉野川

  • 春雨やドラムの張りの強度上げ楽和音

  • 春雨や哲学書読む修行僧リーガル海苔助

  • 錆びつきし鍵穴春雨の実家梨音

  • 春雨や亡母の遺した李の木リコピン

  • 春雨や千年蔵の付喪神柳絮

  • 春雨やミラーボールのくすむカフエ烈稚詠

  • 春雨や原発村のエリアB和光

  • 面会は十分春雨を帰る渡辺香野

  • 春雨や家裁の前へベビーカー渡辺桃蓮

  • 春雨や変はる渋谷に迷ひをり渡辺陽子

  • 春雨や波風立てぬ退職日渡邉わかな

  • 無塩バター焦がし春雨に返歌亘航希

  • 春雨やエンディングノートは真白笑笑うさぎ

  • 春雨よ降れ3タコの就活へサイコロピエロ

  • 刺すごとく防潮堤に春の雨下町古娘

  • 春雨や部活の水は蛇口から広島立葵

  • 春雨やレンジでチンするだけの飯ひなたのくまさん

佳作
  • 春雨や私の中に四分音符あすか風涼子

  • 春雨やこの場は夫が先に行く天晴鈍ぞ孤

  • 春雨やおとなの塗り絵教室へ渥美こぶこ

  • 春雨や三十路過ぎても実家暮らしあまどかに

  • 春雨やなめらかにまわる秒針阿波オードリー

  • 更新の写真イマイチ春の雨飯田淳子

  • 春雨や老人ホームの味噌汁の香飯沼深生

  • 春雨や妻と肉じゃが待つ我が家粋庵仁空

  • 春雨や黙して行交ふ人工衛星いくみっ句

  • 春雨にしんみり響く演歌かな池愛子

  • 春雨や鶏は焼かれて部位の名に池田悦子

  • 春雨やライブの熱気窓白く伊縫音々

  • 春雨や原点回帰決めた朝今井みどり

  • 春雨にフラット付くる木々のこゑ伊予素数

  • 春雨や温い粒にも色のあり伊予の大督寺

  • 春雨やミシンかたかた園バッグ彩人色

  • 春の雨まつげにのせるおもさかな岩清水彩香

  • 春雨や天地の果ての径として内本惠美子

  • 春雨や二次会抜けた帰路二人梅里和代

  • 春雨や曇よりいでし富士の山円美々

  • 春雨やサッカーシューズ輝りひかる沢瀉みやこ

  • 春雨の上がれば大地膨らみて亀山逸子

  • 春雨を呑んで山々膨れけり加裕子

  • 教室のふたりの簾めく春の雨加良太知

  • 春雨や行間探す我の声刈屋まさを

  • 春の雨借りた本に落書きす狩谷わぐう

  • 春雨や富士たゆたゆと垂れ下がり城内幸江

  • 春雨や「横櫛の女」に逢いにゆく幸織奈

  • 見つからぬパズルのピース春の雨来冬邦子

  • 更に濃くつややかに春雨の庭古都鈴

  • 春雨の止まぬ静寂や光則寺小嶋芦舟

  • 春雨やとっくりの空く猪の目窓坂上一秀

  • もし生まれ変はるとしたら春の雨紗千子

  • 春雨やたまの日比谷を洒落歩きさち今宵

  • 春雨や離婚した友しない我さっち

  • 春雨のサ行の布の降りる朝さむしん

  • 人となるために指紋を消す春雨三水低オサム

  • 体内の時計狂いて春雨来る紫瑛

  • やさしさは時にはさびし春の雨塩原香子

  • どうやつてそんなやさしく春の雨たけろー

  • 春雨には綺麗な涙と詩が似合うショートケーキ

  • 春雨や電話の声にも紗がかかり森牧亭遊好

  • 京志士濡行可春雨夜酔軒

  • 春雨や流るる青はムスカリのアオ涼風亜湖

  • 春雨やペダルゆっくり二人乗り静江

  • 僕の脳に侵食してく春雨たーとるQ

  • 鐘の音に揺るる春雨山の寺太平楽太郎

  • 春雨や手をひらひらと物言わぬ子平たか子

  • 春雨や電動静か車椅子高橋基人

  • 春雨や飛車を切り捨て詰め将棋たかゆき

  • 春雨や矯正中の歯のきしみ黄昏文鎮@いつき組広ブロ俳句部

  • 春雨やタイムカプセル二十年糺ノ森柊

  • 軒垂れるリズムは緩し春の雨たていし隆松

  • 春雨やサティの調べの白昼夢谷本真理子

  • 春雨や見沼代親水公園種田山頭火マーク2

  • 春雨のやみ間に運ぶダンボール田村みまる

  • 春雨や傘の内へと目が誘う田村モトエ

  • 春雨や脇道ばかり示すナビ田村利平

  • 寄り添えば春雨傘の帳かな千早安寿(旧安寿)

  • 傘もちて春雨に濡れて行く気分辻ホナ

  • 春雨や知恵の輪解けぬ一人夜の辻本四季鳥

  • 春雨や若葉マークか入れてやろツユマメ@いつき組広ブロ俳句部

  • 春雨の枝先に触れ許しあうてつねこ

  • その噂たれに聞いたか春の雨どいつ薔芭

  • 春の雨無人の村の花盗む土井ヨドー

  • 心地よく聞きゐる読経春の雨戸口のふつこ

  • 春雨やためらいはらうえもんかけ鳥元優子

  • 春雨や猫の窺う台所内藤清瑶

  • 春雨や濡れて絹糸の遺産群中島圭子

  • 春雨のひねもすごっこ遊びかな沼沢さとみ

  • 父と子の喃語の遊び春の雨ねぎみそ

  • 針落とす刹那のノイズ春の雨乃立喰咽

  • ささくれの大地修めし春の雨ののさわ麗ら

  • 春雨にアルバムめくり母若し則本久江

  • 春雨やハチ公像は背筋伸び白山一花

  • 春雨の宵彼の分も荷解き華樹

  • 春雨に選挙ポスター泣いている花弘

  • 春雨の帰路よ異動辞令胸に原島ちび助

  • 春雨や医師から電話異状あり榛名

  • 春雨や閨窓ごしの画角かなひぐちいちおう(一応)

  • 春雨や婿と一緒に芝目読む藤永桂月

  • 春の雨二時からシャワー浴びて待つ船橋こまこ

  • 「やむまでね」座りなおす春雨の夜古川しあん

  • 春雨は地球の軸をずらしおり星影りこ

  • 春雨や猫の目光り街を出るまこと(羽生誠)

  • 阿と吽の互い見遣らず春の雨町田勢

  • 春雨や潤う喉で読む答辞澪那本気子

  • 春雨が戸板を奏づマレットに三日月なな子

  • いつか見た製造過程の春雨や三粂ニ乙

  • 春雨の駅に母娘でうどんかな岬ぷるうと

  • 春雨や池に水輪のはしやぎをり三崎扁舟

  • 春雨や微か混じる人魚の声三隅涙

  • 春雨や枕押し当て虫歯痛美月舞桜

  • 春の雨まさりけるあを引き寄せぬ紫小寿々

  • 春雨や将軍様の忘れ物村先ときの介

  • 春雨やきみの寝息を聞く夜明け村野はちこ

  • 春雨や懐かしき友訪ねゆく室依子

  • 春雨や学生服の後始末毛利尚人

  • 春雨や三線響く水牛車桃衣ゆらら

  • 口髭に白いもの増え春の雨モリコリゴリ

  • 春雨や母の甘さの炒り卵森中ことり

  • 春雨や昭和歌謡の口を出づ山川腎茶

  • 春雨は鋏で梳いて落ちてくるやまな未

  • 春雨よウクライナは豊穣の地陽子

  • 母亡くて義母を看てゐる春の雨羊似妃

  • 春雨にニーグリップ解く峠かなヨーダ鍵

  • 処女にして受胎告知や春の雨横浜J子

  • プリキュアの録画忘れて春の雨吉行直人

  • 春雨や解けぬ数独やり直すルージュ

  • 春雨や角々の棘融かし行くわかなけん

  • 剪定枝焼く煙に春雨の碧しわたなべすずしろ

  • 太秦に「カット」の響き春の雨渡邉竹庵

  • 春雨に御端折りからの緋の襦袢あ・うん

  • 聞く人のおらぬため息春の雨あぁ三輪白米

  • 靴紐の右ばかり解け春の雨Early Bird

  • 春雨や猫は窓辺で何見てるあいあい亭みけ子

  • 春雨をパフュームにして身にまとい間岳夫

  • しどけなき寝顔に触れぬ春の雨青井季節

  • 春雨の地球の涙降り止まず蒼月子

  • 春雨やいかで過ごすか病の友は大竹八重子

  • 春雨をものともせずに園庭へあおのめ

  • 春雨や銀座青山六本木蒼鳩薫

  • 春雨や銀灰の静寂なりて茜咲

  • 春雨は鳩よけネットすり抜けてあかり

  • 春雨や隣家の夫の怒声にも空地ヶ有

  • 春雨は体に毒と抱きすくめ空き家ままごと

  • 春雨や手袋探しポケットに天空海まりん

  • 春雨や甘くぬるき母乳に似てアクエリアスの水

  • 駅ナカに響くピアノや春の雨あさいふみよ

  • さようならのつぶやき春雨に溶け朝雲列

  • 春雨や南座前の橋の上淺野紫桜

  • 手のひらの春雨眼をつむり涙す朝の竹の子

  • 春雨に打たるるままに負け投手あさのとびら

  • マスク取る花粉流せし春雨に朝日雫

  • 春雨隠すきみの別れのしずく亜紗舞那

  • 墓石を伝う春雨笑う親明日良い天気

  • 春雨や父の眼うるむつの隠しあすなろの幸

  • 春雨にちょっと手を触れ濡れて行く阿曽遊有

  • 春雨や咥え煙草の火は消えぬ愛宕平九郎

  • 春雨やノイズ溶けゆくジャズの店新子熊耳

  • 春雨の聲に包まれ微睡みてアツシ

  • お泊りの朝は春雨ひとつ傘渥美謝蕗牛

  • 春雨や狭庭の草木色気増し跡部榮喜

  • 春雨に低く連める雀かな姉あね猫

  • 母急ぐ春雨の中式開始天川滴翠

  • 春雨に出発の人送りおり数多未完

  • 春雨に少し溜め息紅差してあまねくみぞれ

  • 春雨やうす桃色の並木道アマリリスと夢

  • 春雨や泥を蹴り上げ穴馬が網野れいこ

  • 軒先の母子のしりとり春の雨雨乙女

  • 春雨にストーブを炊く母九十雨降りお月さん

  • 冬越えの難き吾を溶せぬるき春雨文子

  • 地下より見上ぐ躍ねやわらかに春雨よあややaya

  • 春雨や胸の鼓動を内に聴きあらあらかしこ

  • 春雨じゃないか銃弾じゃないでしょあらかわすすむ

  • 春雨や花の代わりのボーリングあらたひなた

  • 春雨や今日はいつもと違ふ道荒星笑石

  • 春雨や湧き立つ緑の界開きあらら

  • 窓に寄り春の雨見るリハビリ期蛙里

  • 前髪を上げて拾はむ春の雨ありいかな

  • 春雨や花屋の奥の黄花たち有本としを

  • 春雨は見えず聞こえず通り過ぎ飯田むつみ

  • 春雨が見えぬ二人も肩濡らし粋田化石

  • 春雨や優しい君の眼が怖いいくたドロップ

  • 春雨や駆け来る君の長き髪郁松松ちゃん

  • 春雨やウォーキングの影ふたつ池田炭

  • 園帰りぎゅっとつなぐ手の春の雨いけだひさえ

  • 春雨や森は静かに養生す池田ゆきの

  • 春雨や餞別の傘打つバス停池ノ村路

  • 春雨やさすが四番だ度肝抜く池谷勝利

  • 春雨やしばしを病の妻の許石井卓次郎

  • 鉢植えの追肥を溶かす春の雨石垣

  • 生き物はうごめく春雨の仕業石垣葉星

  • 春雨の音を探しに窓際へ石川明

  • 春雨の降りくる匂い手のひらに石川初子

  • 春雨や犬の鼻に花びら一枚石崎京子

  • 春雨や小町のやうな憂へあり石塚碧葉

  • 傘貸して生む親しさや春の雨石原花野

  • 春雨に行方の見えぬ道標石間毅史

  • たおやかに娘は春雨の髪ぬぐう石本美津

  • 春雨と涙ひとすじウエディングベール石山知子

  • 春雨や舞台演芸水の泡泉恵風

  • 春雨や鳥の餌場の溜水和泉攷

  • 春雨や優しき人の声のごといずみ節子

  • 春雨や紅茶の香り煙る窓伊泉不洋

  • シャンシャンの待ち受け滲む春の雨遺跡納期

  • 軒下の鉢に届かぬ春雨よ市川卯月

  • 春雨に濡れてもあほ毛なほ立ちぬゐてふ@QLD句会

  • 春雨や君の肩にも雨の粒市川卯月

  • バスの背に手を振る母に春の雨いつかある日

  • 春の雨セイロンティーの水の色石川巴里

  • 水色の淡き紅茶に春の雨樹魔瑠

  • 春雨や東北の地に祈りあり一歩千金

  • 春雨やショパン流るる昼下がり伊藤薫

  • 春の雨やさしくたたくリトマス紙伊藤映雪

  • 春雨やひみつうちあけ明ける夜伊藤れいこ

  • 春雨や地面スレスレ子の画板伊藤小熊猫

  • 春雨や紅のペディキュア下駄は黒伊ナイトあさか

  • 春雨や頑張つたねと母の声稲垣良一

  • 嫁入りか今日の春雨七色で伊那寛太

  • 春雨や目にしみいる京の苔井上幸子

  • 朝まだき静かに写経春の雨今井淑子

  • 春雨や矢切の渡し傘忘るいまいやすのり

  • 春雨が優しく古木撫で下ろす居間喜多瑠

  • つれづれに妻と演奏春の雨今西知巳

  • 春雨やシティポップの歌詞聞こゆ今乃武椪

  • 春雨や骨折れ傘も粋のうち今林快波

  • ほたほたと跡を残して春雨は今村ひとみ

  • 琵琶湖より京へ春雨水路閣妹のりこ

  • 春雨のなか納骨の始まりぬ色葉二穂

  • 春雨や耳を澄ませば選挙カー岩清水星斗

  • 春雨や行き交う傘の有りと無し岩本稔

  • 春雨も濡れればやはり熱が出たvivi

  • 洗濯機は六回鳴る春雨の都会ウィステリア

  • 春雨やゆっくり歩く秋田犬うさぎと

  • 春雨や移動初日の路線バスうちだまみ

  • 毛の表面や春雨を舐める猫宇野翔月

  • 春雨や指サックほろりキー叩く梅原もずく

  • 春雨や君の別れを聞く間うめやえのきだけ

  • いきのね死す獣に春の雨吽田のう

  • 春雨の当たらぬやうに子を抱きぬ詠頃

  • 春雨のなまめく頬にかかりたる江口朔太郎

  • 春雨や去年の草ぐさ其処此処にS・葉子

  • 春雨に角の本屋で待ち合わせ越後縮緬

  • 春雨にきらきら光る君の髪榎本奈

  • 春雨やハートの出ない七並べ海老海老

  • 春雨や路面電車の加速音朶美子

  • 春雨や母を思いて琴を弾くえみばば

  • 筆談で交わす近況春雨やえりいも

  • 春雨のミュート画面に降るがごと遠藤玲奈

  • 春雨を吸ひてあしたの開花かな大久保加州

  • 春雨に色なくす街小走りに大越総

  • 春雨も号泣の如しウクライナ大島一声

  • 通学の友の傘追ふ春の雨大嶋宏治

  • 春雨に流してもらう花粉症大島薄

  • 春雨や裾をからげて謝恩会大谷如水

  • 天井の染みはヘビ型春の雨大塚恵美子

  • ランデブー濡れて行こうよ春の雨大野喬

  • 春雨や誰のせいにもしないから大野美波

  • 春雨や退職する人させる人大原妃

  • 背中越し春雨煙る飛行場大原雪

  • 春雨の夜濡れ歩き警官危惧岡由紀阿希

  • 春雨や窓にターナー描き出す岡崎蹊

  • 春雨や針目揃える細き指岡田瑛琳

  • 春雨や主待ちわぶ遊具かな岡田恵美子

  • 春雨にけむるビル群コピーの音岡田ぴか

  • あたらしい朝の春雨背をのばすおがたみか

  • 散歩道つなぐ手に染む春雨の岡塚敬芳

  • 春雨やまったり眠る父と猫岡部つよっち

  • 春雨やお二階の子の駆ける音オカメインコ

  • 春雨や傘に音なし浅野川岡本

  • 春雨や濡れて笑顔の待ち合わせ丘るみこ

  • 春雨の波紋よ失せし我が恋よ小川葉月

  • 小鼓の音も潤ふ春の雨奥寺窈子

  • 春雨に濡れた髪結い解く嫁小栗福祥

  • 春雨に目顔で珈琲をねだる人おさだ澄恵

  • 春雨や茶葉ゆるゆるとひらきをり小沢史

  • 春雨や石庭の朝寂としてお品まり

  • 春雨やしづしづ上る煉瓦坂小島やよひ

  • 春雨や未来へ育つ未知の種尾田みのる子

  • 春雨や告別式の翌日の落句言

  • 春雨や待ち受け画面を龍へ変えおでめ

  • 春雨に想う小さな恋心お寺なでしこ

  • 春雨に手振る別れの曖昧さ音のあ子

  • 春雨や鳩の歩みはモノレールおなかぺこぺこ丸

  • 春雨の人混み歩く心濡れて小野ぼけろうじん

  • ピアノの音子犬のワルツと春の雨尾華ちえ蔵

  • 母看取る春雨の窓音の無く小山田智

  • 秒針に降る春雨やまた訃報海瀬安紀子

  • 抱擁に無音の呟き春雨よ械冬弱虫

  • 胎内に居るごとし春雨の優海堂一花

  • 春雨のY字路暮れのたちばなし灰頭徨鴉

  • 寂しさを言い訳にせず春の雨案山子@いつき組広ブロ俳句部

  • 春雨が火照りを冷ます彼の肩笠江茂子

  • 春雨や君の部屋には傘がない風花美絵

  • 病窓に滋養の如き春の雨梶浦和子

  • 一面を淡き画とせん春の雨梶浦正子

  • 春雨のベールは淡く遊園地鹿嶌純子

  • 春雨や猫じやれあきぬちり紙玉華胥醒子

  • 春雨やワインの木の根地に深く柏原淑子

  • 春の雨弾くトタンの子守唄花純

  • 春雨や親のおもいに焼かれる子風早杏

  • 春雨を見ながら飲むや薄にごり片岡龍一

  • 思ひ出は肩のあたりに春の雨片桐洋

  • 春雨の匂ひも包みフランスパン加田紗智

  • 春雨や二日休んで畑に出で勝瀬啓衛門

  • 春雨や甘き吐息の橋の上桂葉子

  • 鳥の声にわかに止みぬ春雨や加藤暖

  • 春雨に濡れし蕾の秘めた香を加藤雄三

  • 春雨や濡れ髪香る夜の橋かなえの

  • 春雨やさっきの愚痴は聞き流し金田由香

  • 春雨や赤茶けてゐるトタン屋根かぬまっこ

  • 春雨や傘差す人のいない街金子あや女

  • 春雨や天を見上げて立てる襟金子敏明

  • 窓際はほのかに明るい春の雨兼宗遥

  • 春雨やジョギングコース靴のあとカバ先生

  • 春雨や退職の日の師の笑顔花星壱和

  • 春雨は頬を伝いて地に還る神谷朋代

  • 春雨浸むよ砂丘さして流れず神谷米子

  • 春雨ややをら流るる琴の音亀井汀風

  • 春雨や傘さす人の極まばら亀田?

  • 春雨や待ってみようかあと5分かもめ

  • 春雨やビニールハウスに傘の無く加山シンゴ

  • 春の雨繋ぐその手にビニール傘カラハ

  • 春雨に濡れても平気上着着て川口聡美

  • 春雨や恋の走りのセーラー服川口水明

  • 春雨や晩はベトナム料理店川端芙弥

  • 春雨に焼き鮭と海苔卵飯川辺世界遺産の居候

  • 好きなだけチーズ削られ春の雨川村湖雪

  • 春雨やシネマの女優真似て立つ河村静葩

  • 春雨の音なき音や恋の闇川村昌子

  • 春雨じゃ濡れて行こうとその粋よ樺久美

  • 春雨のやわきヴェールへ包まれに勘八

  • 春雨や模試の結果はC判定看板のピン

  • 春雨が倍速にする旬の色漢方十七錠

  • 春雨やそぞろ歩きの京の町紀杏里

  • 春雨や癇癪でぶち猫起くQey

  • 春雨や眼鏡にしぶき五里霧中聞亭圭輔

  • 春雨の薄墨に溶ける古井戸菊川智春

  • 碌山の「女」も伸びやか春雨に木口まり子

  • 春雨や婆も若返る美容室きさらぎ

  • こんなはずではなかったと春の雨岸本五月

  • 抱きつきし黄色い帽子春雨の香岸本元世

  • 春雨やテレビアンテナを撫でゆく北川颯

  • 春雨や傘をささずに散歩道北の星

  • 春雨や快晴連れて街の端綺野たえ

  • 春雨や内示に曇る顔のあり木ぼこやしき

  • 春雨よ卵は1人1パック木村かおり

  • 塀越しの回覧板や春の雨木村隆夫

  • 春雨やバイク騒音巻き上げる木村波平

  • 落書きを消すや春雨の高架下Q&A

  • 春雨のハチ公前に君待てりQさん

  • 春雨に吾が身の穢土を洗ふかなきゅうもん@木の芽

  • 春雨やつぎでぶーぶーはちだいめ紀友梨

  • 老母には見えぬ風情の春雨よ銀髪作務衣

  • 春雨に流したかった今や過去クウシンサイ

  • 春雨やゆっくり行こう傘ささず草道久幸

  • 春雨や生徒名簿の綴り解き鯨之

  • 春雨に拾ひ来し猫今やボス葛谷猫日和

  • 春雨や簾の向こう山けぶる楠田草堂

  • 夜に見る星占い春雨彼方工藤雨読

  • 春雨や大きにあける鯉の口工藤遊子

  • 春雨やドリップせずにサイフォンでぐりぐら京子

  • 春雨や悲し嬉しき心かなぐれちゃん

  • 春雨やパーカーでゴミ捨てに行く黒瀬三保緑

  • 春雨や夫婦喧嘩も和みけり桑原和博

  • 常世へと思えし方に春の雨くんちんさま

  • 春雨のひとひの嬉しランドセル家古谷硯翠

  • 心地よしじょうろいらずの春の雨月昭

  • 竹林の膨らんでいる春の雨健央介

  • 春雨や再配達の引出物紫雲英

  • 春雨を集めて醸す惚れ薬恋瀬川三緒

  • 自転車のペダルの早し春の雨コウ

  • 名物の甘酒飲むや春の雨恒産恒心

  • 春雨を優しく退かすワイパーよ紅紫あやめ

  • 春雨や城の石垣色変えり康寿

  • 春雨やお昼寝あとの読み聞かせ幸内悦夫

  • 定年の友春雨に背を伸ばし古烏さや

  • カタカタとミシン踏む音春雨やこきん

  • 春雨や欄干目指し鯉の群れコケコッコー

  • 外灯のスポットライト春の雨ココヨシ

  • 春雨や流し尽くして前を向き越乃杏

  • 春雨やふつくら空の色添えて小園夢子

  • 春の雨三角耳の猫ちぐら小だいふく

  • 上京の列車の窓に春の雨コウ

  • 春雨や木々の枝先やはらかし虎堂吟雅

  • 春雨にはるさめ思い空見上げ後藤田郁子

  • 春雨や野辺咲く花の嬉しげに後藤方丈

  • 春雨にカタコト揺れるランドセル小鳥乃鈴音

  • 置きっぱの知育玩具や春の雨木花薫

  • 春雨やランドセル用雨合羽小林共捺哉読

  • 春雨や本読み進む終わりまで小林のりこ

  • 春雨じゃ隠し切れない泪かな小林弥生

  • 火葬場で春雨の中涙する小判淳

  • 春雨や思ったよりも大粒でこひのむ

  • 春雨や星占いに励まされ五葉松子

  • 春雨や心寂しく熱き茶をコロンのママ

  • 「春雨ぢゃ」セブンイレブンまで一里今藤明

  • ごご三時春雨と居る東口西條晶夫

  • 旅立つ子振る手おぼろに春雨や西條恭子

  • 春雨や京の町屋の犬矢来さいたま水夢

  • 胸を張り春雨と歩く帰り道さいとうすすむ

  • 二才の子カッパ楽しい春雨や齋藤鉄模写

  • 春雨や今日はロビーで待ち合わせ齋藤方南

  • 春雨や濡れた片袖初名刺宰夏海

  • 春雨やヤムウンセンウマイウマイ酒井春棋

  • 春雨や小犬ふところ雨宿り榮秋代

  • 春雨や目閉づや勤め辞め去るは坂島回文

  • 寄り添うて行く道けわし春の雨坂田雪華

  • 春雨や耳をすまして庭の夜さかたちえこ

  • 春雨や母の丸帯解きあぐね坂まきか

  • 春雨や稽古の舞の幼き日坂本千代子

  • 春雨や孫と散歩傘飛ばす咲美マキ

  • 春雨や「閉店」の紙剥がれかけ咲まこ

  • 春雨や明治を語る傘二本さくら亜紀女

  • 春雨や祖父の残した煙草盆櫻井こむぎ

  • 春雨の中そっと持つエコバッグ櫻井紫乃

  • 春雨や今日入籍とライン来る櫻井弘子

  • 春雨や六年前の逝去とは櫻井りこ

  • 春雨に濡れた吾子を愛しめり桜華姫

  • 春雨や田舎の子らは傘持たず桜姫5

  • 春雨や門に入る子の手に一枚桜よし榮

  • 春雨に引っ越し荷物しょぼくれるさざんか

  • 春雨や起こせし土の黒々と砂舟

  • 春雨の間に間に濡れて前を向く薩摩じったくい

  • 軒先の雫のふとる春の雨佐藤恒治

  • 大学をやめる言い訳春の雨佐藤志祐

  • 飾窓うつ春雨とのぞく我佐藤綉綉

  • 春雨に憂いが包む小町堂佐藤俊

  • 庭濡らす春雨気づかず二重窓里海太郎

  • 城見上げ泌みる春雨堀巡り佐藤佳子

  • 春雨や紅薄く引きくちづけるサトサナ

  • 春雨や期限の切れしパスポートさやじゅん

  • 春雨や華やか切手選び貼るさわだ佳芳

  • 春雨や庭仕事の手止めぬ父三角山子

  • 春雨や両手に荷物小さな手斬九郎

  • 春雨や病んだ心に染み渡り紫音

  • 春雨のか細き糸が君に似てしかの光爺

  • 野の花の白さ身にしむ春雨や四季彩

  • 春雨や田舎そば屋の詫びの所作志きの香凛

  • 春雨のつぼみ艶やかはれがましじきばのミヨシ

  • 春雨に頃合い座りし外郎やじじちゃん

  • 春雨や蕾が五つ付きました紫檀豆蔵

  • 春雨や最後の授業老教師じつみのかた

  • 春雨や二ポポ刑務所出づる日よ実本礼

  • 保護犬の白髪まつ毛に春の雨篠雪

  • 春雨に葬り去りたい過去もある柴桜子

  • 春雨を浴びて路傍の草笑う芝G

  • 春雨のささやきを避け店に居る字坊人造

  • 日曜の遅き目覚めや春の雨しぼりはf22

  • すりガラス春雨の描く点と線島じい子

  • キミ待つ夜春雨に告ぐ不満かな縞子勾苑

  • 春雨の水玉となる蜘蛛の巣よ嶋良二

  • 春雨や包帯取れてショッピング井上哲志

  • 春雨の痛み堪えて夜明けかな釋北城

  • 掌の涙をぼかす春雨やジャスミン

  • 傘持たず春雨降られ散歩するじゃむぱん泉

  • 春雨や稜線の木々はやぼかし秀耕

  • びゐどろに待つ春雨や坂の窓柊ニ

  • 春の雨ユーザーの家族連絡珠桜女絢未来

  • 気怠きジャズ流る春雨の午後よじゅんこ

  • 春雨や如雨露蹴落とす軒の猫じょいふるとしちゃん

  • 春雨に唄う黄色の傘深く庄司しづく

  • 泣いてるの春雨がかくしてくれた正念亭若知古

  • 春雨や貨物列車に薄化粧白井佐登志

  • 春雨やコロコロ踊る葉のしずく白石梓

  • 春雨と一緒に来たと迷い猫白井百合子

  • 春雨や喃語に返す母の笑み白猫のあくび

  • 春雨の今日は引きこもりにかぎる信州のあっくん

  • 一人啜る屋台ラーメン春の雨しんぷる

  • 春雨に濡るる仔犬の痩せっぽち瑞陽庵

  • 春雨の釜めし食らふ小田原よ杉浦あきけん

  • 春雨や家まで濡れていく夕べ杉浦真子

  • 春雨や乳飲む吾子の息遣い杉沢藍

  • 春雨に軋むワイパー子はぐずる杉柳才

  • ジミヘンのギター途切れて春雨かな鈴木秋紫

  • サイン会渋谷迷いし春雨や鈴木もま

  • 春雨や転勤までは後十日鈴野冬遊

  • 春雨や靴に吸い寄るさくら色素敵な晃くん

  • 春の雨生成り色せる街通り砂山恵子

  • 春雨やしとど濡れゆく竹の径青児

  • 羊水の温もりデジャブ春の雨せいしゅう

  • 春雨の町柔らかくけむりけり勢田清

  • 春雨や干した硯に黒き滴青峰桔梗丘

  • 懐かしむ下校のメロディ春雨や星夢光風

  • 雨樋を沁めやかに唾たう春雨よせきどうふふ

  • 春雨を纏いて歩く散歩道関根洋子

  • 犬の背に満遍なく浸む春の雨瀬戸ティーダ

  • 春雨の健やかな母八十路の眼せのひろずみ

  • 春雨や語らふ紳士戦中派そうま純香

  • 春雨の文の開け方恋の数草夕感じ

  • 春雨と鼻歌で部屋模様替えそしじみえこ

  • 君思う滲む景色は春雨の園蜩

  • 咲く花に化粧ほどこし春の雨蕎麦わさび

  • 春雨の匂える傘を受け取りぬそまり

  • 手水舎に小鳥が来たよ春の雨

  • 春雨やタワークレーンは伸びたまま孫太

  • 春雨や母と小走り手のぬくみ駄詩

  • 子の帰省待つ春雨の無人駅太閤検地郎

  • 春雨や大地に眠る種起こし大ちはる

  • 春雨にそぼつ赤錆のポストや高上ちやこ

  • 春雨や畑の緑の栄養素たかこ姫

  • 春雨の音に沈みし我が恋慕高瀬小唄

  • 春雨が大地の色を七変化高橋紀代子

  • 春雨や止んでも傘は差したまま高橋ひろみこ

  • 春雨の明石海峡霞む橋高見正樹

  • 春雨に写真の夫笑みており田上コウ

  • 春雨や糠こねる母腕まくり竹内菊香

  • 老犬の蓑毛しつとり春の雨たけぐち遊子

  • 往く児らの声に窓開け春雨に多胡蘆秋

  • 春雨のなかでスパークする門出たすく

  • 春雨や「浪漫飛行」で送り出しただ地蔵

  • 春雨の満ちる焦げ目を待つあいだ立川茜

  • 春雨に濡るる緑葉陽が恋し橘春容

  • 膝に猫春雨眺む窓越しの街立花かおる

  • 思い出と流る春雨流せない橘路地

  • タッグ解消春雨で濡れた服龍??

  • 春雨も小道具の内先斗町ダック

  • 春雨を吸い込む土の匂いかな田鶴子

  • 春の雨入院中の彼を待つ田中善美

  • 制服に春雨かかりそっと拭くたなばたともこ

  • 春の雨芭蕉の句碑に届きたりたなべ早梅

  • 春雨を厭わず濡れてバスを待つ谷口あきこ

  • 春雨に誘われつぼみふっくらと谷口美奈子

  • 春雨や潮の余薫息吹き衝く田上智佳士

  • キヨスクの傘売り切れて春の雨田畑整

  • 春の雨あり甲子園順延す鳥田政宗

  • 春雨や慣れない部屋と段ボール玉木茉有

  • 母の言う春雨の香を初感知タマゴもたっぷりハムサンド

  • 子の温み時を止めたい春の雨ダメ夫

  • 微睡みの土の香教ふ春雨よ樽熊だん

  • 春雨や吾よりも若き推しの逝去ダンサーU-KI

  • 春雨や花を潤す命みず単武

  • 車椅子出足屈する春の雨知恵さん

  • 春雨や不合格でも母の傘ちえちえ蔵

  • 絶対音感狂わせるの春雨が智同美月

  • 春雨やふつふつ煮える苺ジャム千葉睦女

  • 春雨に酔ひ覚ましつつバスを待つ千葉羅点

  • 春雨に傘取りもどる子汗だく司太郎

  • 春雨や母を見送る二人傘塚本隆二

  • 春雨の努力芽吹いてサクラサク月影未来

  • 春雨や光あふるる国となる月城龍二

  • 新品の傘さし遊山春の雨月見里ふく

  • ごめんねのメール出そうか春の雨辻瑛炎

  • 春雨や雲の切れ間に畝作り辻栄春

  • 雨なのにうきうきするの春の雨椿律

  • 春雨や義父の旧車の小綺麗さ翼つばさ

  • 春雨や家出の犬の帰り来る露草うづら

  • 春の雨スマホ戯る長きこと鶴富士

  • 春雨の湯上がり友と語り合うデイジーキャンディー

  • 春雨やつかず離れず淡きこひ哲庵

  • 葉に緑山に白刷く春の雨徹光よし季

  • 沈黙のサッカーボール春雨の下手毬まりこ

  • 後輩の結婚報告春の雨天雅

  • 春雨の誘う大盛りざる中華天童光宏

  • すり減りし心に染みる春の雨てんとかめ

  • 春雨や九回裏のツーアウト土井あくび

  • 閉館の薄暮をふたり春の雨

  • 春雨にジャズのレコードうとうとと東野律

  • 春雨やホームの母はリハビリ中道見りつこ

  • 春雨に干されしままの服ふわり藤留衣

  • 春雨や離婚調停成立すとき坊

  • 静かさは贅沢と知る春の雨独星

  • 春雨や父眠る地へ歩きつつ杼けいこ

  • 公園を無声映画化す春雨どてかぼちゃん

  • 春雨や規則正しき猫の腹とば雪華

  • 被災地へ十二年目の春の雨冨川友香理

  • 春雨は何色母を押す朝の冨川きよこ

  • 春雨や大伯母逝きて三回忌斗三木童

  • 抜根す蕾膨らむ春の雨富田涯現

  • 春雨や尽きることなきエピローグ登盛満

  • 春雨や金鯉引き返す背鰭富山の露玉

  • 春雨や服は次第に重くなりとよ

  • 豪族の小さき墳墓に春の雨とんぼ

  • 春雨の粒ひそやかに肩に背になかかよ

  • 春雨は一日同じ見て勤むなか鹿の子

  • 慣れぬ靴春雨の道に弾む音中川佐千子

  • やさしさの春雨降りて傘濡らし中澤孝雄

  • 春雨に佇む小鳥何思う中嶋和久

  • 教室の裸婦の眼に春の雨中島葉月

  • 公園の寂しき遊具春の雨長嶋佐渡

  • 春雨や相合傘は外の手で中島走吟

  • 春雨の傘なき乙女の影を追う中島隆

  • 春雨や傘もささずに墓参り中嶋緑庵

  • ひとしずく頬にふれるは春雨か長洲雪華

  • 傘一つ閉ぢむ逢瀬の春の雨中原柊ニ

  • ハンコ押すのも飽きてこし春の雨中平保志

  • 春雨の後は密なる庭となる中村こゆき

  • 眼に溜めて一緒にながす春の雨なかむら凧人

  • 春雨や歩行器の母の嬉し顔

  • 春雨や耳元母のぐりとぐら凪ゆみこ

  • 春雨の後押しスターバックスへ夏風かをる

  • 春雨よ「安心しな」と姉の云い尚月

  • 春雨やぽっと開くライターの灯夏空なみ

  • 春雨や借りし和傘に旅館の名夏目坦

  • 春雨に濡れて腐葉土湯気の立つ七国独楽男

  • 春雨やてるてる坊主五人組菜々の花畑

  • 春雨の野球の聖地ナイスラン成瀬ぽんぽこ

  • 縁側の猫が寄り添う春雨よ成瀬桃うさぎ

  • 春雨の奥に愛しき君の笑みなわむすびみき

  • 春雨のしなやかな線風も止む南全星びぼ

  • 春雨に木々の先っぽしゃんとして新美妙子

  • 春雨や一日一個の断捨離をにいやのる

  • 春雨や球児の運を左右してにえ茉莉花

  • 春雨に錆びてゆくアスファルトみち西尾至雲

  • 春雨や祖父の遺品の捨てがたさ西尾照常

  • 春の雨ボロアパートのドアへ鍵西村棗

  • 春雨に渇いた街の匂い立つ二和田躬江

  • 春雨や埃絡まる靴揃えねがみともみ

  • 春雨の水輪いくつも円舞めく野口雅也

  • 春の雨ですね会釈の停留所野点さわ

  • 春雨の日に子や育つ妻の内野中泰風

  • 春雨や土の匂いの帰り道のの?楽部

  • 二胡の声匂いものせて春雨の野原一草

  • 春雨や涙の足りぬドライアイ野原蛍草

  • 春雨や甘き匂いに別れ癒ゆ白雨

  • 春雨の線路就職列車行く波止浜てる

  • 階段へ漏る滴春雨の駅橋本有太津

  • 春雨や二の腕重し子の寝息長谷島弘安

  • 春雨や洗い流せよ泣き黒子畑美穂

  • 春の雨こぼるる涙似合ひさう蜂鳥子

  • 春雨やポット苗まだ軒の下葉月けゐ

  • これでまた畑の甕にも春の雨パッキンマン

  • 春雨や伝えそびれた「ありがとう」初野文子

  • 立ちどまり傘ひろげるや春の雨花咲めだ香

  • 春雨の街の灯あはく風柔(にこ)し英凡水

  • 戦争にNO突き付ける春の雨羽馬愚朗

  • 春雨やどれケーキでも焼こうか浜けい

  • 濡れそぼつ畝に滲み入る春の雨林田リコ

  • 傘の花咲いて潤す春の雨原厚子

  • 幼な子は走り回るよ春の雨原善枝

  • 春雨や職業欄の「無職」かな原野乃衣

  • 春雨やものみなにじむ水彩画ぱらん

  • 春雨やセピア色した恋に逢ふ春爺

  • 春雨やじわりじわりと模様替え春日藤花

  • 春雨や絹糸あんでる軒の下はるる

  • 春雨や石畳濡る神楽坂ピアノおじさん

  • 春雨の泥濘避けて列をなすひーたん@いつき組広ブロ俳句部

  • 春雨や滲むネオンの7丁目ひーちゃんw

  • 春雨や待受の弥陀鎮座して東乃政之助

  • 春雨の民家に歓声三塁打東の山

  • 春雨や里静まりて風柔ら東山たかこ

  • 洗車する我れと大地に春雨よ光散人

  • 選挙戦短所攻め抜き春の雨光源爺

  • 春雨を乗せて緩歩の老犬の背よ匹田ひとみ

  • 春雨に濡れて風邪ひいても独りひと粒の種

  • 窓の外春雨つたい筆を置くひめりんご

  • やわらかき猫の寝息や春の雨日向守順子

  • 春雨や傘の雫の生温く平松一

  • 春の雨まるでガラスのやうであり平本文

  • 春雨やクマムシひとりのびをする昼寝

  • 春雨の音に合わせて調律す廣重

  • 春雨や公園で飲む缶ビールひろ夢

  • 春雨の夕闇に映えアスファルト風泉

  • 週末の旅は春雨次第なり深町明

  • 春の雨佇むバンクシーの少女深蒸し茶

  • 春雨に取り残されて肌襦袢福川敏機

  • 春雨にあなたの横顔濡れ愛し福田もふもふたん

  • 春雨や誕生餅をつい支え福ネコ

  • 春雨やゆらりゆらりと弥次郎兵衛福原あさひ

  • 紅滲むちびた下駄あり春の雨河豚ふく子

  • 枝渡る蜘蛛の糸切る春雨や福弓

  • 春雨や提灯燈りて吾ひとり藤丘ひな子

  • 春雨にものぐるほしく傘で泣く藤川雅子

  • 春雨や時が薬となる離婚藤田ゆきまち

  • 春雨や花の名ひとつ知る窓辺藤原涼

  • 春雨で客来ず香るグアテマラ伏見レッサーレッサー

  • 春雨やわざわざカフェで本を読む藤原訓子

  • 春雨や産寧坂に下駄の音布施無門

  • 春雨にテイッシュを配る娘かな布野一学

  • 春雨にブルージーンズ色めきぬ冬のおこじょ

  • 春雨や憂き事ひとつ思ひ出す冬野とも

  • 春雨も降り方選ぶあの地にはぶるーふぉっくす

  • 校庭に春雨が染む日曜日古川雄一

  • フィルターに撥水スプレー春の雨古澤久良

  • 春雨や子らの声満つキッザニア古谷芳明

  • 春雨や小枝咥えし鳩が二羽ふわり子

  • 空を見て春雨涙混ぜ合わすヘッドホン

  • 終活と捨てし荷物に春雨や鳳凰美蓮

  • 畑仕事音なく春雨背中ぬらし望月

  • 手のひらにソッと載せたい春の雨ほうすい

  • 春雨や象の脇腹ハートの絵ほこ

  • 喜怒哀楽を包みて春の雨は星雅綺羅璃

  • 春雨や0・1を切る視力星詩乃すぴか

  • 春雨やゲーム三昧子と孫と細江隆一

  • 交差点犬に傘さす春の雨細川小春

  • 小走りの新しい靴春の雨ほたる純子

  • 春雨や傘も差さずに朝帰り歩楽坂

  • 逢引の日はいつも雨、春の雨堀卓

  • 絶望の隣りに希望春の雨堀籠美雪

  • 春雨のせいと終電見送れり堀邦翔

  • 春雨や大輪の夢なぜ咲かぬ本郷一平

  • 春雨や古屋の漏りを教えます本郷てい

  • 春雨や浅蘇芳浮かぶ並木道ぽんぽこぽんこ

  • 春雨やよしなしごとを書き散らし凡々

  • 雨上がる春雨傘でひと遊び本間美知子

  • 春雨を手繰りて姫の織る天地凡狸子

  • 春雨や門出の子らの高き声前田冬水

  • 春雨や図書館からの帰り道茉叶

  • 春の雨海鮮丼を大盛りで雅蔵

  • 春雨に打たれ笑顔の壮行会眞さ野

  • 脳回路ふやけ春雨似ていない?町屋の日々輝

  • 小田川の歌碑を濡らして春の雨松岡重子

  • 軒を打つ音も優しき春の雨松岡玲子

  • 春雨や産声響き雀躍し松尾祇敲

  • 春雨やほのぼのかおり八十踏かな松尾美郷

  • 春雨に静謐の時明日は晴れ松尾老圃

  • 誰も来ぬ家に聴きおり春の雨松下弘子

  • 春雨や強く肩抱き帰さぬと松平武史

  • 春雨やただたんたんと坂のぼる松高網代

  • 春雨は地上の星の余韻かな抹茶子

  • 郵便の今日も届かず春の雨まつとしきかわ

  • 春雨や庭の雑草いきいきと松野蘭

  • 春雨のあがれば犬の遊歩道松原隆雄

  • 傘もらい春雨待つや孫二歳松本俊彦

  • 春雨やサンダル履きでコンビニへ松本牧子

  • 春雨や猫に恋する引きこもりまどけい

  • 連弾に相手の呼吸春の雨真宮マミ

  • 春雨や笠をかぶりて露天風呂真理庵

  • 春雨の背中にぴたり二人乗りまるにの子

  • 風呂掃除伸びた前髪外は春雨丸山

  • 春雨や産声を待つ控室丸山隆子

  • 春雨やゆっくり買い物アーケード三浦ゆりこ

  • 春雨や窓辺に我を見ゆる猫澪つくし

  • 参道の玉砂利清む春の雨三上栞

  • 春雨やドリップコーヒー薫る午後美乎梛

  • 読み返す「アンの青春」春の雨三茶F

  • ハンカチに落ちる春雨軒はそこ三島瀬波

  • 春雨をくしゃみ一つで吹き飛ばす水川曜

  • 春雨や非幾何模様の石畳水越千里

  • 春雨やワイパーの音合いの手にMR.KIKYO

  • 春雨や庭石染めし薄黒く水谷未佳

  • 春雨で庭の緑ちから増し水乃江辰

  • 爪先のちょこちょこ歩む春雨よ道端ハコベ

  • 春雨やビニールハウス全開すみちむらまりな

  • 春雨に心織りなす明日の夢光月野うさぎ

  • 静かなる春雨大地呼び起こしミツの会

  • 春雨や犬吃逆をしつつ寝る光峯霏々

  • 春雨や衣擦れの音もどかしい満る

  • 春雨や渋谷を人の渉りあふ南方日午

  • 古希半ば止む気配なく春の雨皆川徳翁

  • 春雨や一葉一葉に滲みわたる湊かずゆき

  • 春雨やご当地アイドル染めてゆく南風草々

  • 春雨や朝刊届くバイク音みなみはな

  • 春雨の迷子の靴にGPS美村羽奏

  • 息吹呼ぶ天の水遣り春の雨見屋桜花

  • 春雨や三味の幽き花柳街みやかわけい子

  • アルカイックスマイル浮かべ春の雨宮武桜子

  • 春雨や野良の親子の行く先よ宮原みかん

  • 新幹線探せぬ富士に春の雨美山つぐみ

  • 春雨や乗り換えホーム静まりて宮村寿摩子

  • PTAの会長になれ春の雨宮本モンヌ

  • 春雨の蕾ぽつぽつ放たれる

  • 春雨やSwanLakeのBlu-rayミラベル

  • 吾は静止春雨はスローモーションみらんだぶぅ

  • 春雨や坪庭の緑濃ゆくして三輪白米

  • 制服の袖振り合ひて春の雨夢雨似夜

  • 春雨にほほをあずけてあゆむ道霧想衿

  • 春雨やゲームセットを告げる笛むねあかどり

  • 「濡れてくよ」春雨肩に息子発つ村上の百合女

  • 春雨や時計の音を聴いてゐる村松登音

  • 見返りの舞妓の裾や春の雨暝想華

  • 春雨に逢瀬重ねる傘二つ恵のママ

  • 春雨やコートと帽子で濡れてみる目黒千代惠

  • ひもすがらポテチとコーラ春の雨めでかや

  • 春の雨心の種子も芽吹きたりめらり順子

  • すぐ乾くこれは春雨泣いてない茂木りん

  • 週末の春雨受くる深夜バスモコ

  • メール文字化けて春雨止まなくて望月朔

  • 春雨にぼんやり君は誰を恋う樅山楓

  • くせつ毛の波うつままに春の雨桃香

  • 春雨の音心地よい旅支度もり葵

  • こだまからひかりへ春雨の車窓森海まのわ

  • 強がりを君の背で知る春の雨杜乃しずか

  • 春雨の上にはスペースデブリかな杜まお実

  • 春雨よそれは恋だと言ってくれもりやま博士

  • 春雨やキジバト夫婦軒下に諸岡萌黄

  • Yシャツの袖春雨の逡巡もろ智行

  • 春雨や駿河の国の焼津辺の焼津昌彦庵

  • 春雨やさしこむ朝日もやわらかき八木実

  • 敗戦の垂れるこうべに春の雨薬膳容子

  • 青墨の滲みどこまで春の雨野州てんまり

  • 春雨の街をスマホで撮りにゆく痩女

  • 春雨や引越し先は晴マーク柳井るい

  • 春雨やフードで凌ぐ旅の夜柳川耀一郎

  • 春雨やいざスタートへ競馬場やのかよこ

  • 春雨の一滴が呑む小虫かな山口絢子

  • 春雨の中は空洞なにゆゑに山口雀昭

  • 春雨や一人娘の嫁ぐ朝山崎かよ

  • 春雨や花も人もちりちり寂し山崎鈴子

  • 春雨や細き手傘を太き手に山育ち

  • ヒーターの設定温度弱春雨よ山田一予

  • 本殿を裹む瑞垣春の雨山田啓子

  • 春雨や杖を預けて繋いだ手山田はち

  • 春雨や用無き通話できる友山田蚯蚓

  • 街灯やにわか春雨濡れて行く山田文妙

  • 春雨や屋上庭園むせぶ蒼大和杜

  • 春雨や妊む野良犬佇ずみぬ山村楓

  • 春雨に色めきたつは庭の木々山本康

  • 春雨やカヌレが焼けるまでの時ユ綺

  • 春雨やボンボヤージュと君送り雪ノ下青観

  • 春雨の合間に本の返却へ湯湯婆

  • 春雨やドルチェで弾いて散らさずに夢見月

  • 万物の命はかなし春の雨緩木あんず

  • 春雨の部屋で来期の予定立てゆるランナー

  • 春雨に夜遊び猫が「ドア開けて」夜香

  • 春雨や隣の男はよく喋る横山ひろこ

  • 春雨や猫の鳴く声いずこから吉岡幸一

  • 春雨や平和の願い託す人よしぎわへい

  • 春雨や猫の寝息のリズム良き好子

  • 春雨やハミングで行く通学路吉田蝸牛

  • 畑土が黒く香りて春雨やよしだばあば

  • 青春や春雨の道はしゃぐ声吉藤愛里子

  • 春雨や城址の池の波紋満つ四葉の苦労婆

  • 春雨や軒から軒へ二寧坂余田酒梨

  • をんな湯の暖簾くぐりて春の雨よみ、ちとせ

  • 窓の外春雨煙るおやつ時楽笑

  • 深呼吸吸って春雨捕まえる楽花生

  • 宴果てし春雨の街老夫婦ららら句らら

  • 春雨や見送る人の遠ざかるらりっく

  • 春雨じゃ益荒男ゆるりスクランブルらん丸

  • はるさめや這ひ子の尻の大き揺れ理佳おさらぎ

  • また来るよ春雨の朝待ってるね龍崎秀治

  • 春雨の小鳥のワルツ羽の音龍泉灯

  • 春雨や高野の木々の微炭酸流流

  • 胸元に吾の涙を春の雨良俗倭人

  • 春雨に喃語の交じるオルゴールルーミイ

  • デイケアの花柄杖に春の雨礼子

  • 友の愚痴包みてかすむ春の雨麗詩

  • 春雨や旅立ちゆく背に涙黎明

  • 春雨が告げる恋の答え出すレオ

  • 吾のゐぬチャットよ窓の春雨よ蓮花麻耶

  • 春雨やころころと咲きたい蕾煉獄佐保子

  • 春雨や空から破線の落つるかな連雀

  • 春雨や濡れて終えない立ち話蓮風

  • 偏屈に年とらせてよ春の雨朗子

  • 春雨や花束抱へ終列車ろまねす子

  • 春雨や静かに濡るる汀かな若林雛げし

  • いちにちの癒しに春の雨を聴くわきのっぽ

  • 春雨に突如身震い野良犬は海神瑠珂

  • 色硝子のカフェ労いの春雨やわたなべいびぃ

  • 春雨や漕ぐ脚重く空明かし和の光子

  • 春の雨電車に傘のひとり旅童地蔵

今月のアドバイス
夏井いつき先生からの一言アドバイス

●俳号のお願い二つ

①似たような俳号を使う人が増えています。
 俳号は、自分の作品をマーキングするための印でもあります。せめて、俳号に名字をつけていただけると有り難く。共に気持ちよく学ぶための小さな心遣いです。

②同一人物が複数の俳号を使って投句するのは、堅くご遠慮下さい。
「いろんな俳号でいっぱい出せば、どれか紹介されるだろう」という考え方は、俳句には馴染みません。丁寧にコツコツと学んでまいりましょう

※同一アドレスからの投句は、同一人物と見なしております。


●俳句の正しい表記とは?

  • 嬉しいな 優しい春の 雨だからギザギザ仮面
  • 春雨が サイクリングの じゃまをする柳崇月

「五七五の間を空けないで、一行に書く」のが、俳句の正しい表記です。まずは、ここから学んでいきましょう♪


●兼題とは

  • 学生の通学帰宅傘もなし浅井清治
  • カブトムシやっぱり虫の王様だ運子漏蔵
  • 雨打たれ散るを耐えぬく桜かなくちさん
  • つばくらめ山里の川低く飛ぶそはらの太郎
  • 五月雨よ次の駅まで歩こうか中嶋京子
  • 春霙サッカー場の汗の湯気松浦宣子
  • こもり酒むつのこみつめはるを待つらむじい
  • 富士山が花粉と黄砂で薄化粧おくだ

 本俳句サイトでは兼題が出題されています。今回は、季語「春雨」での募集でした。次回の兼題を確認して、再度挑戦して下さい。


●前回の兼題

  • 今日もまた新たな戦前落つばき坐花酔月
  • 片肺の吹くハモニカや散り椿新花水木
  • 対向の救急車垣根に椿山川真誠
  • 椿から遊びはじまるお城跡山辺道児
  • 裏木戸に光満ちたる椿かな渡邉花

 投句〆切に間に合わなかったのか。「椿」は前回の兼題でした。


●入力ミス・文字化け

  • ?々と降る春雨に里匂い影夢者

 入力ミス、誤字脱字はよくあります。送信ボタンを押す前の、最後の確認を習慣にしましょう。文字化けは不可抗力に近いけど、文字化けしそうな字を予測できるかも。


●季重なり

  • 春雨に濡れる青葉と新しい靴青橘花
  • 春の雨葬式終えてまだ寒し青空舞華
  • 強い春雨千鳥ヶ淵花筏揺れ聰子
  • 春雨や洗われし庭の白梅の香佐藤ひみつ
  • 春雨や花びら渡り流れ去り大康
  • 春雨じゃ濡れて行こふ村芝居よぶこどり
  • 水つぼみ桜きらきら春の雨予邦
  • 春雨や濡れた小径に蛙の声渡邊謙太

 一句に複数の季語が入るのが「季重なり」。季重なりの秀句名句も存在しますが、手練れのウルトラ技だと思って下さい。まずは「一句一季語」からコツコツ練習していきましょう。「春雨」以外のどれが季語なのか、歳時記を開いて調べてみるのも勉強です。


●ちょっと微妙?

  • 予備校へ入学手続き春の雨深谷英丸
  • 春雨や窓から眺る桜色ぼくのはね
  • 春の雨温かい日の花粉症りなりな

 予備校とはいえ「入学」だよなあ。「桜色」とはいえ、窓から眺めているのは桜なのかなあ……。気候ではなく雨が「温かい」という意味なのかなあ?


●春雨が比喩に

  • 春雨がしみゆくような父の愛桐野灯子

 こちらは、「父の愛」の比喩として、「春雨がしみゆく」というフレーズが使われていますね。季語を比喩に使うと、季語の鮮度が落ちるのです。


●これはむしろ若葉の句

  • 春雨のごとき水浴び若葉勃つ豐田雄二郎

「春雨のごとき」となっていますので、むしろ「若葉」の句と考えるべきでしょう。


●読みに迷った句

  • 春雨の円柱あまた外あはひ帝釈鴫

「外あはひ」の解釈迷いました。もしや「淡ひ」の誤記?

  • 春雨やうさぎ街の死角に立つ鈴木パンダ

「うさぎ街」なのか?「うさぎ(が)街の」と読ませたいのか?

  • 降り止まず春雨すするダイニング椿姫

 降りやまない春雨と、食べる方の春雨をかけた!?

  • 狛兔春雨に濡れ夫婦傘三木崇弘

 上五、なんと読むのだろう。もしや「こまうさぎ」?

ご応募はこちら

5月の兼題

「葉桜」

過去の審査結果

俳句生活TOPへ戻る