夏井いつき先生の俳句生活

夏井先生のプロフィール

夏井先生のプロフィール

夏井いつき◎1957年(昭和32年)生まれ。
中学校国語教諭を経て、俳人へ転身。俳句集団「いつき組」組長。
2015年初代「俳都松山大使」に就任。『夏井いつきの超カンタン!俳句塾』(世界文化社)等著書多数。

ご応募はこちら

5月の兼題

「滝」

12月の審査結果発表

兼題「狩」

お待たせしました!12月の兼題「狩」の結果発表でございます。「狩」という兼題、難しかったですよね。ここ最近でいちばん少ない投句数でした。2月の兼題は明日(1日)発表ですが、ヒントは動物です。みなさまのご投句、楽しみにお待ちしております!(編集部より)

「天」「地」「人」「佳作」それぞれの入選作品を発表します。

天
神の名の沢に狩の刃雪ぎけり

澤村DAZZA

夏井いつき先生より

「雪ぎ」は「そそぎ」と読みます。この場合は、水で汚れを洗い落すことを意味します。狩りを終え、谷川まで降り、獲物にトドメを刺したナイフを洗っているのです。
「神の名」のついた沢の近くでの狩猟は、いたずらな殺戮ではなく、本来の「狩」の意味を持った行為。その肉や毛皮を売ること、獣害から作物を守ること、それらは人間が生きるための止む負えない行為ですが、命を狩ることには違いありません。「神の名」のついた沢の冷たい水で雪ぐ「刃」は、命の遣り取りへの呵責や祈りを象徴しているようでもあります。雪が降っているわけではないのですが、「雪」の一字によるサブリミナル効果が、この作品を下支えしているようにも感じます。

地
糞追うて糞追うて糞続く狩

けーい〇

 足跡と糞を追うのが狩り。「糞」を三回、「追う~追う~続く」と動詞を三つ重ねることで、季語「狩」の現場を描き出しました。「糞」しかないのにこのリアリティ! 思い切った技法を誉めたいです。

猪狩や無線ぷつぷつ告ぐ目方

岸来夢

「狩」の現場の「無線」を詠んだ句はそれなりにあるのですが、「ぷつぷつ」のオノマトペが巧い。「猪狩」と明確に獲物書くことで、下五「目方」と呼応させる判断も実に的確。確かな作品です。

曇天に血の湯気白し勢子の声

加裕子

 季語「狩」の傍題「勢子」を使った一句。「曇天」の灰色、「血」の赤、さらに獲物の血からあがる「湯気」を「白し」と敢えて強調する判断が秀逸。下五で狩猟の現場が生々しく立ち上がってきます。

狩終へて銃口水を欲しさうな

さくさく作物

 狩りが終わった銃口は、まだ熱を帯びているのです。かなりの数の弾を撃ったのかもしれません。下五「欲しさうな」は猟銃の擬人化でありつつ、狩人の心情にも及んでくるようで、巧い展開です。

傷々を獣の名で呼ぶ老猟夫

空野兎

 季語「狩」の傍題「猟夫」は「さつお」と読みます。傷々を「獣の名」で呼ぶとは? と思った瞬間、「老猟夫」が出現する語順の巧さ。獣の名の傷の一つ一つが歴史であり名誉でもあるのです。

人
  • 熊笹に狩のナイフの血を拭ふ樫の木

  • 狩の銃提げて車道を皆猫背蒼空蒼子

  • 狩解禁老斑の手にガンオイル斎乃雪

  • 狩の宿松竹錠に月あかり藍野絣

  • 狩人の目に泥濘の蹴爪跡青居舞

  • 牛丼を両手に提げて狩の夜葵新吾

  • 弾だってただじゃねえしな狩は糧青井晴空

  • 此処其処に陽の骸あり狩の宿青田奈央

  • 今朝の町内放送聞いたか狩青に桃々

  • 糧食はカップヌードル熊狩へ赤間勇

  • 饒舌の猟夫にはかに押し黙る赤松諦現

  • 狩のあと奇麗事など唱えけり赤馬福助

  • 山風の吹き残したる狩場かな赤間学

  • 浮き沈む茅場のいぬや狩の笛acari

  • たたはしき山神のこゑ狩の黙明惟久里

  • 猟にチワワ連れてくる奴があるか馬鹿秋沙美洋

  • 狩たのし俺は地獄へ行くだらう秋野茜

  • 狩り日和北の巨人に会いに行く彰乃泉

  • 身体重心位置低き日を狩あきののかなた

  • 狩らんとせる視線に逃ぐる獲物かな秋吉孝治

  • 獲物の網膜に焼かるる狩人朝雲列

  • 土塊へ砂利へ河原へ狩の雨朝倉カグラ

  • 血のにほひして猟犬の名の優し朝月沙都子

  • 角笛を先頭にいざ狩ゆかむ淺野紫桜

  • 夜興引やまだ義経は生きてをるあさのとびら

  • 猟師小屋山の仕事は終わりけり麻場育子

  • 猪狩りて掻き出だしたる腑のぬるみ芦幸

  • 狩小屋のぐるり獣の皮干せりあずお玲子

  • 狩り終へて犬と分けあふメロンパン梓弓

  • 熊狩られゆるりと開く掌あたしは斜楽

  • 祖母に似し目尻の鹿よ狩の夕足立智美

  • 撃鉄に触れば罅入る朝の狩りあたなごっち

  • 狩小屋の雑魚寝二人の深い息新子熊耳

  • 臍裏の痒き一撃狩始むat花結い

  • すれ違ふ火薬の臭ひ狩の犬天晴鈍ぞ孤

  • 狩人や正ちゃん帽に火薬臭渥美こぶこ

  • 筋肉のうねり風上の猟犬天風

  • 揚げ板に鳥並ばせて猟夫来るあまぐり

  • 狩に出れば人家有りとの注意書き数多未完

  • 猟銃を十字架のごと背負い行く雨戸ゆらら

  • ぱんぱんと柏手狩に入る山へあまぶー

  • 狩のファンファーレ森は不協和音アマリリスと夢

  • 鎮魂歌めく銃声や狩の夜あみま

  • レティクルに視力を合わす狩り前夜雨霧彦@木ノ芽

  • 獲物狩る心拍数は百五十雨李

  • 鮮鮮と狩場の雪にぬぐふ鉈綾竹あんどれ

  • 走れ走れ走れ先祖は狩りの犬あやや

  • 狩の犬伐採音に首をあぐ荒井類

  • 山峡の蕎麦屋の亭主狩自慢あらかわすすむ

  • 一瞬の森のどよめき猟銃音新多

  • 銃口の昏きひずみに狩られけりありあり

  • 黒麺麭を齧りて狩の小休止アロイジオ

  • 片耳の猟犬猛る獣道安春

  • 狩に出て獲物の視線に射抜かれる飯田淳子

  • 花を手に狩人は畜魂の碑へ飯村祐知子

  • 一頭の重たく温く狩の暮るいかちゃん

  • 狩られる鹿の目クリストファー・ウォーケンの目いくみっ句

  • 早朝の狩昼呑みのアキレス腱池内ときこ

  • 狩終ふや早暁妻を掻き抱く池之端モルト

  • 臓物をうづめ狩場は地のいきれイサク

  • 枝を踏む音へ猟銃定めけりいさな歌鈴

  • 狩人のいただきますといふ弔辞石井一草

  • 山神の機嫌伺う猟師かな石岡女依

  • 狩に来る見慣れた道の赤々と石崎京子

  • 早立ちの猟夫舐りぬ神の塩石塚彩楓

  • 猟終へて空薬莢に書く日付石橋可秋

  • 森被う空破りたる狩の音石原由女

  • 狩の朝の小十郎が向う意気和泉攷

  • 狩人は地へ還りゆく血をじつと石上あまね

  • 狩の手や鉄の臭ひは血の臭ひ板柿せっか

  • ぶな林の炭焼き小屋に狩の跡いつかある日

  • 狩の道瞳の濡れし鹿を背に和泉明月子

  • 猪倒れ狩場の殺気抜けていく伊藤亜美子

  • 磔刑の熊が数匹狩の宿糸川ラッコ

  • 兎狩湯気たつ腸を雪に埋め井中ひよこ号

  • 獲物なき肩や猟銃重さうな伊奈川富真乃

  • 狩仲間仕止めの合図缶コーヒ稲葉雀子

  • 土偶みな女神猟夫の腕太し稲畑とりこ

  • 地に還るべき歳なれどなれど狩居並小

  • 血を嗅ぎて猟犬の目の裏返る犬山裕之

  • 肝臓のあたりを狙ふ狩の弓井納蒼求

  • 谷の狩一度の音の弾みかな伊吹はたき

  • 猟犬は目を三角に嗅ぎ回り井松慈悦

  • 狩の犬今日も怯えて土間の隅今西知巳

  • 羽音立つ尾骨に残る狩の記憶今村ひとみ

  • ぺつたりと山に張りつく猟銃音妹のりこ

  • 寝息さへ殺して狩の夜の更けて伊予吟会宵嵐

  • 猟犬を背負いて渡る森の沼入江幸子

  • 夜興引や息殺しても息の音五郎八

  • 猟銃は山へ恭謙なる波動磐田小

  • 鼻水をすすりて鹿を狩り逃すいわつよ8

  • 川風の荒れる気配や狩の宿 岩橋春海

  • 猟筒を握れる指のネイル赤ういろ丑

  • 狩の宿マタギ支度の湯呑み酒植木彩由

  • 獣の身が土間にごろごろ狩の家上埜嘉子

  • 狩人の旅の初めの祈りかな上原淳子

  • 狩の犬分厚きべろを辿る湯気うからうから

  • 狩の肉持て来し叔父の脂足うさぎまんじゅう

  • 夜つぴいて軋む太梁狩の宿宇佐美こころ

  • 狩人と知りて敬語となりにけるうつぎゆこ

  • 狩の檻泥白く血は黒く乾く靫草子

  • 銃身の余熱や狩の帰路近し宇野翔月

  • 狩終へて土産に捌く肢一本海野碧

  • 触る毛の思はず硬き狩の犬梅野めい

  • 狩あまた彼は妊婦の夫である浦文乃

  • ずつしりと肩に受けとむ狩の空浦野紗知

  • 一直線上に獲物や狩の犬吽田のう

  • 足跡の乱れて狩りは終わりけり江藤薫

  • 靴紐を固く短く狩の祖父江藤すをん

  • 聳え立つ柱状節理狩銃音えりいも

  • 獲物なき狩の夜明けて山飄飄えりべり

  • 狩終えて紫煙にむせぶ老爺の背遠藤百合

  • 狩の森ガチャリと罠の走る痛み櫻月風香

  • 欹てる耳老いてなほ狩の犬淡海かこ

  • 猟銃の二瓩そびらに実に重し近江菫花

  • 土間の隅古き毛布に狩の犬おおい芙美子

  • 猪狩や地蔵の守る沢の水大小田忍

  • 軽トラの獲物湯気立ち狩終る大谷如水

  • 銃声も口も鼓動も乾く狩大槻税悦

  • 禁煙せし猟夫の太き足山へ大津美

  • 巻き狩りの雪を蹴散らし昭和の子大野喬

  • 夕星や残影赤き猟夫の眼大庭慈温

  • 夕狩や一羽抱えて駆け下りる大原妃

  • 狩終えて骨身に染みる立川そば大原雪

  • 山に入り猟夫鋭き貌となる大村真仙

  • 捌きゆく肉の色なす猟夫の眼岡井風紋

  • 狩の闇退かば近づきくる何か可笑式

  • 狩終はりだらり湯気たつ犬の舌岡田雅喜

  • 狩の朝力みなぎる犬の尻オカメインコ

  • 風の中狩人の目のさびしさう岡山小鞠

  • なま甘き狩の獲物の血の匂ひ小川天鵲

  • 山風は心を銀に狩の宿小川野棕櫚

  • 裂きて血の息吹賜る狩の肉おきいふ

  • 投薬二分生き生きと狩のことオキザリス

  • 狩解禁告げる放送風に飛ぶ奥の昼行燈

  • 住み慣れた集落に狩が始まる小栗福祥

  • 駆除なれど山に一礼狩の朝おこそとの

  • 狩果てて山のたましひてふ骸オサカナクッション

  • 兎狩りカレー粉いつも赤い缶乙華散

  • 茶柱が二本の朝を狩へ行くおでめ

  • 猟銃の爆ぜて群鳥つんざきぬ音のあ子

  • 猟銃の星の爆ぜたるにほひかな音羽凜

  • 一瞬にこもれび乱る猟銃音おひい

  • 狩の音や黒き犬らの耳の向きおぼろ月

  • 猟銃の油照かりや明日は雨海音寺ジョー

  • 大伯父の手の厚かりし狩のあと海瀬安紀子

  • 心臓はどくどく狩るまでの静けさ快晴ノセカイ

  • 体温の消えゆく狩や獣道灰頭徨鴉

  • 猟銃の形の残る右手かな海峯企鵝

  • 甲高き猟銃の頑是なき暴風火炎幸彦

  • 熊胆を吊るす猟夫の次は医者果音

  • 手負いの猟犬を残して山下るカオス

  • 羆撃ち臓煮る狩人の火照り案山子@いつき組広ブロ俳句部

  • 玉子かけ山盛りごはん狩りの朝風花美絵

  • 板長の狩の腕まへ味噌仕立て葛谷猫日和

  • 猟銃をさげる老婆の微笑かな加世堂魯幸

  • 猟犬の咥えし鳥の首だらり風ヒカル

  • 愛犬の血筋自慢や狩の宿加田紗智

  • 猟犬や指示待ちの背の斑の美し花鳥風猫

  • 狩の朝父は白飯かっ込みぬかつたろー。

  • 犬の背の創の深きや狩の小屋克巳@夜のサングラス

  • 屍を並べて満つる狩の午後桂子涼子

  • 罅割れの手に猟銃の親しまず加藤ゆめこ

  • 正中を穿ちて今日は狩を終へかなえの

  • 猟銃の音の短し山清ら河南朴野

  • 狩の音と雨の匂ひは山より来かねつき走流

  • マタギとして生くる覚悟の而立かな釜眞手打ち蕎麦

  • 噴煙は悠々猟銃音の空神長誉夫

  • 囲炉裏ばた狩の名残の熱気あり紙谷杳子

  • 狩仕舞こんやは雪になるだろう白鳥古丹

  • 心臓を叩く銃声狩さなか亀田かつおぶし

  • 猪狩の成果表示の広報誌亀田稇

  • ぱらぱらと屋根へ散弾猟期入る亀山酔田

  • 狩猟区は防風林の三里北唐草もみじ

  • くらやみへ猟夫が弓を引く五秒加良太知

  • 猟銃音ざざめくを吸ひ空きれい果禄

  • 森をゆく猟犬の矢印めきて川越羽流

  • 祖父に吾に林をぬって狩の犬川村記陽子

  • シャツ襟の獣毛二本狩の夜川村湖雪

  • 山ひとつ揺らして狩の音消ゆる河村静葩

  • 初めての狩銃砲店の中古銃カワムラ一重

  • 猟銃音北の都の昼下がり看板のピン

  • 猟銃音腕の痺れや一発目紀杏里

  • 狩の宿表彰盾のうす埃喜祝音

  • 狩りの宿後部座席の獣臭キートスばんじょうし

  • 名人の狩に持たせる握り飯菊池洋勝

  • 猟銃の響きて森のまた眠る酒暮

  • 狩の日のバイクに繋ぐ犬5匹季切少楽@いつき組広ブロ俳句部

  • 黒鉄や狩の水面の陽は乾き北野きのこ

  • 熊狩の伯父の仏前肉5キロ北の36号

  • 止め刺し狩られし息を見据ゑをり北藤詩旦

  • 尾を切りて猪狩の果と数へけり北村崇雄

  • 王の狩下僕の鉦のけたたまし北村修

  • 一瞬に耳の立ちをり狩の犬北村礼子

  • 猟人の煙草かすかに湿りたるきなこもち

  • 日の沈む音聞こえたか狩の犬城内幸江

  • 狩語る義父の目の底のない淵木下桃白

  • 狩終へてマタギ勘定の輪にをり木ぼこやしき

  • 猪狩りや四肢縛る顔汗みどろ木村かおり

  • 後席に少女助手席には猟銃Q&A

  • 散弾を掻き出すまでの兎狩杏乃みずな

  • 縄文の狩場に星の降り注ぐ教来石

  • 熊皮の謂れを語る猟夫かな清瀬朱磨

  • 狩は明日着信音のファンファーレ清永ゆうこ

  • ゆつくりと鋏を研ぎし狩の夜ギル

  • 上京の靄を猟夫とすれちがふ銀紙

  • 糞割れば湯気ほのかなる狩の朝

  • 狩の朝「頂きます」の声静か朽木春加

  • 狩人の歌声の存外高くぐでたまご

  • 猟犬のたぎる血おさへしづかなる工藤悠久

  • 雪を噛む漬物うまき狩の宿熊谷温古

  • 星生まる深山の谷の狩場より倉岡富士子

  • いくたびも狩の死臭を拭ふ夜倉木はじめ

  • 狩の宿洗えど腸の臭ふ指眩む凡

  • 柔らかき腹を地に這ひ狩の犬栗の坊楚材

  • 猪狩や初めただただ潜むだけ空流峰山

  • 猟銃の重み冷たき枕元くんちんさま

  • 銃声の射抜く狩場のど真ん中恵勇

  • 怖れ忘るる狩りよ熊喰いの犬欅山四十八景

  • 猟犬の一声月食はじまらむ健央介

  • さしたる獲物なく青空を狩り帰る元喜@木ノ芽

  • 軽トラの脚出る荷台狩の宿紫雲英

  • 夜咄は異類婚姻狩の宿ケンG

  • 膝の子の手よ狩終へし手を重ね剣橋こじ

  • 靴底ぐぐぐ父と最後の狩の山小池令香

  • 猟犬の息生ぬるく無臭なり公木正

  • 雉を狩る瞳孔開きまだ温い紅紫あやめ

  • 猟期来る日の出日の入り一覧表幸田柝の音

  • 猟銃をかまへて人といふ獣古賀

  • 狩人のカップラーメンまだ温し五月ふみ

  • 急斜面駆け降り切れぬ狩の息古賀未樹

  • 篝火に一献手向く狩の夜古烏さや

  • 引き金を引くたび重く狩の森こけぽて丸

  • 猪の返り血べとり狩の犬小笹いのり

  • 猪狩や荷台に座る犬のクロ小嶋芦舟

  • 猪狩りの爺の訛りの生臭くコスモス

  • 追い詰めし猟師たじろぐ狐の目来冬邦子

  • 猟銃を撃つ隕石は星を撃つこなねこ

  • 前傾の眼は一点を狩の犬このみ杏仁

  • 吾の影猟銃音に撃たれけり小林昇

  • 狩の音につど首竦む山歩き小林のりこ

  • 狩人の匂ひ纏はせ夫帰るこま

  • 狩る音にキュンと臓器の縮こまる小山晃

  • 首にチップ埋められ狩のチームBGONZA

  • 山神は子を産む女神狩の宿今野淳風

  • 理科室の窓震はせて猟期来る紺乃ひつじ

  • 狩終えて山下りるマタギの無口西條晶夫

  • 御猟場にぽっかり浮ぶくじら雲さいたま水夢

  • 爺の銃長押に残る狩の小屋彩汀

  • 三度目の止め刺し怯む猟夫の手齋藤杏子

  • 狩だもの正々堂々殺します宰夏海

  • 猟犬安否不明あきらめ山くだる榊昭広

  • 役場前蛍光ベストの狩の衆坂まきか

  • 猪狩りを告ぐ愛犬を褒めしのち咲元無有

  • 潔くわかりませんと狩のいろは早乙女龍千代

  • 狩り済んで折れがまの穂に鴨の羽坂上一秀

  • もののけに出会う日もあり狩の犬さくやこのはな

  • 猟犬と呼ばれし骸山に埋めさこ

  • 狩人やあいつを撃つと宿の酒迫久鯨

  • 引きずれる跡ありありと獣狩紗千子

  • 耳当ての毛の擦れる音狩りの朝佐藤小百合

  • 狩の夜やひとつの星の生まれたるさとう菓子

  • 大鉈と血の臭ひする狩の小屋佐藤恒治

  • 此処は通学路ぞ狩の緋のベスト佐藤儒艮

  • 松葉杖の横に猟銃立て掛くるさとけん

  • ぬかるみに狩人の右足狂ふ里山子

  • 狩極むるナイフは苦しまぬやうに真井とうか

  • 猟銃の狙ふものみな生きてをり錆田水遊

  • 「獲ってきて喰わせる」貼り紙勢子の店さぶり

  • マーラーの五番は狩の道に降るさむしん

  • 狩の手にうさぎの耳の薄さかなさるぼぼ@チーム天地夢遥

  • 狩ばして男さ上げて帰ってこ澤田紫

  • 遺されし足音立たぬ狩の靴澤田郁子

  • 銃磨く狩の前夜の父の背な三休

  • 熊の肝をぺろりと舐めて狩りに出る紫瑛

  • 共鳴の音叉林立する狩場塩谷人秀

  • 狩の宿仕留めし骨は子の玩具紫檀豆蔵

  • 平日は役場福祉課土日狩じつみのかた

  • 山晴れやロードオフ車に猟犬と品川笙女

  • 猟銃の音より屋号聞き分けり柴山一鷹

  • 狼に戻りたる犬狩の尾根しぼりはf22

  • 猟銃音一斉に仰向く顔縞子勾苑

  • ぐつと寄る狩の女の眉間かな嶋田奈緒

  • 猟銃の引き金2kgてふ命嶋村らぴ

  • 兎狩り時には授業分教所嶋良二

  • 青米を恵む仏や狩の夜清水縞午

  • 剣鉈の脂と狩人の息と霜月詩扇

  • 狩りに出る空腹は今日まで続く下丼月光

  • 狩の犬遠く騒ぐやシガーの香芍薬

  • 鹿狩の仕留めて後の空の青沙那夏

  • 照準は猟夫の喉へ獣の眼砂楽梨

  • 泥まみれ息継ぎ激し狩の犬秀耕

  • 2021猟夫募集はWebから珠桜女絢未来

  • 猪の首にナイフ猟夫の荒き息じょいふるとしちゃん

  • 摩尼車回して行かむ朝の狩しゅういずみ

  • 猟犬の舌どるどると波打てり常幸龍BCAD

  • 坂網の狩やまづめに息止まる正念亭若知古

  • 壁掛かる銃冷えしまま猟期過ぐ四郎高綱

  • 狩人の書斎にひらく聖書かな白プロキオン

  • またぎ堕つ狩場へ次々と星斗白よだか

  • 狩の犬鳥運び来る足軽し新開ちえ

  • 紅の薬莢立てり狩支度新城典午

  • 狩終えて役場の人の顔となるしんぷる

  • 登拝の道隣山の猟銃音深幽

  • 死とは何か哲学も狩も腹は減る水蜜桃

  • 吸ふ息の熊胆めきて狩の森すいよう

  • 夜興引や待つ花札の猪鹿蝶すがりとおる

  • 奥の間の火薬が匂ふ狩の宿杉浦あきけん

  • インターを降りて猟夫の貌となる鈴木由紀子

  • 岩陰の狩の気配を消ちて今すずさん

  • 山彦が知らせる狩猟解禁日清白真冬

  • 狩の宿板に貼られしシカの皮鈴野蒼爽

  • 君主めく猟犬のあと続きけり主藤充子

  • ずつしりと靴を濡らして狩の暮すりいぴい

  • 銃を持つ指剥がしたる狩の後背馬

  • スコープ外し父の貌になる狩世良日守

  • 初陣の犬より狩の始まりぬそうり

  • 硬き手の祈りや狩の朝眩し染井つぐみ

  • 縮こまる猟犬診察台の端空豆魚

  • 銃に木の骸のありて狩の朝ぞんぬ

  • 預かりしセッターかへす猟期かな泰山

  • 女・酒・賽をはなれつ狩へと夜帝釈鴫

  • 猟人にぎりぎり軋む外眼筋平良嘉列乙

  • 無心に捌く狩場鹿の温もり髙上ちやこ

  • 炎炎と滴る狩の戦利品高岡春幸

  • どの肉もみづの閨なり狩の夕高尾里甫

  • 狩の犬涙焼けある眼窩かな高木音弥

  • 心臓に誰も来ぬ部屋ありて狩高田祥聖

  • 狩の宿引退犬の爪柔くたかはし薫風

  • 猟犬は影をちぢめて戻りけり高橋なつ

  • 狩をする男の首の太かりき高橋ひろみこ

  • 猟銃に真鍮の色弾二発髙見正樹

  • 狩をせしその掌で子を撫でる竹内一二

  • 祖父の血の眼光碧し狩の犬竹口ゆうこ

  • ジュラ紀までまっすぐ進む狩の犬武田歩

  • 猟銃に生かさるるかに爺の歩は竹八郎

  • 大きくも小さくもない狩の宿たけろー

  • 死は星に生は地続き狩猟刀多事

  • 雨しとど寝息円らか狩りの犬たすく

  • 狩人の御守り揺れる山険し黄昏文鎮@いつき組広ブロ俳句部

  • 猟犬の吐く息まだら朝に満つ唯飛唯游

  • 反撃を食らひ猟犬崖下へ多々良海月

  • 雲閉じて猟期の山を鳴らしをり田面類

  • 小流れに血色の毛あり狩場谷たていし隆松

  • けふからは父を頭と呼ぶ狩場立部笑子

  • 耳打ちの尽きぬ我らへ猟夫の眼田中木江

  • 犬連れて今日は猟夫か駐在所谷町百合乃

  • 譲られた古銃を磨く明日は狩谷本真理子

  • 狩を知る粗く縫われた犬の貌田端欲句歩

  • ストーブが調へている狩の飯玉木たまね

  • 狩場への道の墓皆草臥れるタマゴもたっぷりハムサンド

  • 散弾の葉に降る音や狩近し玉響雷子

  • 硝煙の匂ふ脱衣所狩の後田村利平

  • 引退の猟犬は火の匂ひしてたろりずむ

  • 銃声や狩の獲物の胃に指輪ダンサーU-KI

  • 夜興引や無線の拾う朝鮮語丹波らる

  • 狩終えてまだ温かき腹を裂くちくりん

  • 闇中に猟銃音の群青色千歳みち乃

  • 猟銃に一瞬凹む大胸筋千鳥城@広ブロ俳句部カナダ支部

  • 初狩や山神の贄湯気たてて千葉睦女

  • 猪狩のケージ錆び行く田圃脇千代之人

  • 今日の狩あとはオリオンに任せた月岡方円

  • 狩果てて赤い星座が地に残る月硝子

  • 狩をする山の重なる伊賀甲賀辻野花

  • 狩をする背骨を奔る炎かな対馬清波

  • 心音を奪ひ猟銃しづもれり綱川羽音

  • 身に泥を擦りつけ狩の息となすツナ好

  • 回し飲む狼酒や狩の宿露草うづら

  • 狩や今泥の長靴引き抜きて露口全速

  • 狩支度赤錆臭い虎鋏ツユマメ末っ子9歳@いつき組広ブロ俳句部

  • 狩終えてアイヌコタンに細き月鉄猫

  • 落日を拝みて狩の終りかなてまり

  • 猟犬の位置情報に異な動き寺尾当卯

  • 猟銃の照星ぶれる脈と息電柱

  • 城跡へ猟銃の音厚き雲でんでん琴女

  • 山姥の秘策出し抜く狩の犬天童光宏

  • 一瞬を待つ猟銃にへこむ頬天陽ゆう

  • 狩人も獣も孤独樫の森どいつ薔芭

  • 止血パウダー猟犬の肉球へdoいつもcoいつも

  • 崖の鹿狩るべし吠える犬五匹トウ甘藻

  • 猟犬の吠えて檻ごと揺らしをり遠峰熊野

  • 狩下手な犬弁えて遠く座す遠山有馬

  • 吐く息に残れる狩の火照かなとかき星

  • 猟犬や獲物を囲む円の渦ときめき人

  • 古傷の多き老爺や狩の宿独星

  • 撃鉄のこつりと響く朝の狩Dr.でぶ@いつき組広ブロ俳句部

  • 狩の宿空薬莢の赤あざあざどくだみ茶

  • 狩終へし男の左小指の血毒林檎

  • わな猟の骨の砕けし森白しとしなり

  • 狩の犬夕暮れの道けつまずき十津川ポロ

  • 解体痕らしき黒ずみ踏み狩場戸部紅屑

  • 鹿狩や枝は痛みを覚へをりトマト使いめりるりら

  • 狩の朝靴ひもぎゅっとアキレス腱斗三木童

  • 断崖の狩肉塊を背負ひけりTomo

  • 狩の眼に白内障のかすみかな登盛満

  • 心得て飛び乗る荷台狩の犬とよ

  • 狩人の行く立入禁止の山とんぼ

  • 枕辺の蜘蛛の凝れる狩の宿内藤羊皐

  • おおいぬ座うさぎ座よぎる狩の山中岡秀次

  • 酒断と衣正して狩の宿中島葉月

  • 左側歩く猟犬名は虎徹中鉢矢的

  • コップ酒握る猟夫の犬静なかむら凧人

  • 凄まじき狩の朝の勃起かな新蕎麦句会・凪太

  • 山神へ捧げる清酒狩始めなしむらなし

  • 種と雌雄瞬時に見分け猟銃音夏風かをる

  • はやる犬荷台へ上げて狩の朝夏草はむ

  • コール三百メートル狩る時来たり夏雲ブン太

  • 獲物曳く重さや狩の山に星夏湖乃

  • 右から上から下から左から猟犬の声夏野あゆね

  • けふの真中駆けゆく猟犬の斑夏雨ちや

  • ライフルを背負う狩人の饒舌七朝まるよ

  • 若鹿の筋膜剥がす猟夫の手七森わらび

  • 猟犬の大腿二頭筋、きれい⑦パパ@いつき組広ブロ俳句部

  • 銜へたる狩の獲物の生温く名計宗幸

  • 狩人は生く狼の眼の中に奈良素数

  • 引金の指を庇いて狩の雨西川由野

  • やばいよと口笛合図狩の犬西原さらさ

  • 血の滲みる新聞紙や狩の帰路西村小市

  • 百キロの足跡猪狩の朝西村棗

  • 狩の夜の山はしづかに啼いてゐるにゃん

  • バッテンに四肢を結はひて狩を終ふ仁和田永

  • 猟犬の子と骨肉と明の星鵺之疾秋

  • 夕星を背負ひて狩の夕餉かな暖井むゆき

  • 大物を狩つてせいのと軽トラに沼沢さとみ

  • 教頭がくわえタバコで狩りへ行く涅槃girl

  • 「狩へ行く」メモに鉛筆舐めた跡野井みこ

  • 日暮るるや糞嗅ぎ分けて山の狩野地垂木

  • ざくざくと深き足跡狩の道ののr

  • 解体の手の静かなる猟夫かな野ばら

  • 手負い犬抱きて猟師の戻りけり野原蛍草

  • 血の声を消すに転がる狩の犬登りびと

  • 猟銃を捧げ柩のみづみづしはぐれ杤餅

  • 無線機のざらりと告ぐる狩の首尾長谷川水素

  • 猟銃の弾込めの間の祈りかな長谷機械児

  • 狩の川ずずんずずんとにじり脚畑詩音

  • 猟犬の息も兎の血もぬるし畠山悊央

  • 初陣の傷の顛末狩の宿パッキンマン

  • わな猟の匠片眼で狩をする八田昌代

  • 狩座を清めるごとき明けの雨はなあかり

  • 朝酒や風を肴に狩の宿華樹

  • 鹿狩や風は縄文より痛しはなぶさあきら

  • 狩の夜の五右衛門風呂に当てる尻はのん

  • 大物に村を総出の猪の狩早川令子

  • 狩の宿2B尖らす肥後守巴里乃嬬

  • マスターの葬儀の話狩の昼播磨陽子

  • 軽トラのブルーシートに狩の跡はれまふよう

  • 猟犬の悲鳴の遠く遠く消ゆはんばぁぐ

  • 狩人や胸に吸い付く銀の鍵万里の森

  • 熊笹に沈みて待つや狩の朝ひーたん@いつき組広ブロ俳句部

  • 薮震え小さく唸る狩の犬東の山

  • 狩人の家はもぬけの殻となり光源爺

  • 山二つ狩をたづきの隠れ里ひでやん

  • 狩の朝これは止めを刺すナイフ日向こるり

  • おさがりの携帯ラジオ狩の道ひなた和佳

  • 猟犬の濡るるまつ毛や朝の森緋乃捨楽

  • 下りてくる手負ひの狩の犬を抱き比々き

  • 柱には流弾の跡狩の宿向日葵@いつき組広ブロ俳句部

  • 狩終えて宿の兎を買いにけり姫川ひすい

  • 銃口や狩人の息づかひ聴く日吉とみ菜

  • 狩人が毛皮売りに来職員室平岡花泉

  • 狩のあさ弾はまつしぐらに急所比良田トルコ石

  • 主より目つき険しき狩の犬平林晶子

  • 狩せよ狩せよここは立方体の森平本魚水

  • 狩女子の内臓抜きの喘ぎかな比良山

  • 一発の渇いた猟銃音だった広木登一

  • 付き纏う猪狩の血の臭みかな広島立葵

  • けふの狩きつと神話になるだらう広瀬康

  • 鹿狩りて沢に冷ませる間の座談弘友於泥

  • かうべ無き地蔵の立つや狩の途風慈音

  • 狩人の供へたる肝震へをり深町明

  • 父に似し狩声山を渡りたり福井三水低

  • 雉下げて藪からぬつと狩の人福川敏機

  • 薪はぜる巻狩りの大鍋たぎる福ネコ

  • 熊狩や父の晴れ晴れなる帰還福山文子

  • 粛々と熊狩る山河びょうびょうと福弓

  • 蒼き狩人夜の隙間より狙ふ福良ちどり

  • 遠吠えの風に交じれる狩の宿ふくろう悠々

  • 止め刺しのナイフに狩の青史かな藤色葉菜

  • 猟師らが猪かつぎ行く登山道藤丘ひな子

  • 止め刺して土砂吐く狩の猪の口藤咲大地

  • 猟銃音山はかうして豊かなり藤田康子

  • 猟銃の音に出くわせるドライブ藤田ゆきまち

  • 狩あとに飲む熊胆のほろ苦し藤原涼

  • 狩の耳静寂の芯を捉へけり藤丸子

  • ふがふがとマズルを赫め狩の犬藤雪陽

  • 狩り終えて玄関汚す泥の靴豚ごりら

  • 山岳の風嗅ぎ分けて狩仕度船橋こまこ

  • 狩そこね突進し来る距離に熊冬のおこじょ

  • 走り根の浪へ闇へと狩の径古瀬まさあき

  • 白湯ぐいと胃をほどきたる狩の朝古田秀

  • 酒呑みの町長狩場では無口ふるてい

  • 夜の色せり銃磨く狩の眼は碧西里

  • 乾く血の匂ひや狩りの帰途四里ペトロア

  • 狩り中にメッカはどっちって聞くなよへなけん

  • 狩人の黒眼鏡微動だにせずベニヤサン

  • 猟銃は重たき鉄ぞ猪の屍茫々

  • 生臭き狩の獲物に星の降る星月さやか

  • 柏手のことに大きや狩の朝干しのいも子

  • 夜興引や獲物は鬼ばばに渡す星乃ぽっち

  • 狩猟音キャラメル喉に引っ掛かり細川小春

  • 吐く息の強さよ狩のアイヌ犬堀卓

  • 狩の手を洗へばみづの香の濁るほろろ。

  • 狩初日体勢低く犬走る凡々

  • 甘すぎるあんぱん狩のひと休み梵庸子

  • 狩人の足跡だけが道しるべma_tant.

  • 亡き犬の毛皮あり狩人の背に真壁和子

  • 無線機に訛早口獣狩まがりしっぽ

  • 残響や動きを止むる狩の罠まこ@いつき組広ブロ俳句部

  • 毒をまく池のほとりへ黙の狩まこちふる

  • 沢を踏みそれぞれ別れ狩四人正岡丹ん

  • 狩の宿相棒悼む紫煙かな眞さ野

  • 猟犬や半矢の猪に喰らい付き松尾祇敲

  • ランコムの匂ひの女狩の宿まつたいら西

  • 土と火と獣を纏ふ狩の夜抹茶子

  • 狩の犬見送る窓のブルドッグ松本裕子

  • 太陽を味方につけて狩の湖まどん

  • 猛る火の神まなうらに狩の夜真冬峰

  • 日に数度山を見る犬猟期来るままマリン

  • 狩のあと並ぶ紋章入りの皿真宮マミ

  • 冷凍庫二台の肉や狩の宿丸山隆子

  • 三日経つ狩の掌震えをりまんぷく

  • 荒々し猟期の森の息づかい三浦にゃじろう

  • ともしびの寂しさ色の狩の宿三上栞

  • 猟犬は土間にくつろぐ銃手入れみちむらまりな

  • 銃身はグリスの匂い狩の宿みづちみわ

  • 狩の日の頓服苦し水苦し光峯霏々

  • 猟銃と蹄と突き上る荷台南方日午

  • 猟夫の雪漕ぎながら戻り来るみなと

  • 猟銃の十字の中にある心臓港のパン屋

  • ぬかるみの足跡浅き狩場かな南風の記憶

  • たはむれに兄を狙へる猟夫の子水面叩

  • 臆病な猟夫のじまん五度聞きて宮井そら

  • 吾がポチへ一瞥もせぬ狩の犬宮坂暢介

  • 受け止める銃も獲物も狩の肩宮田悦自

  • 猟犬のずざざと藪をまつしぐら宮武濱女

  • 猟銃の引き金の遊び恐ろし宮部里美

  • 猟期来てけざやかなりや登山服みやま千樹

  • おほかみとおほきみ仰ぐ狩の宿ミラベル

  • 狩の犬異名ジャックの傷を撫づみわ吉

  • 撃鉄を起せば熱し狩の父椋本望生

  • 笹音の四時の方角狩の銃無弦奏

  • みそ汁に喉を焼きたる狩の朝向原かは

  • 狩や陽を臓腑の湯気の透きゆきて武者小路敬妙洒脱篤

  • 鹿狩や伸びる夕日の獣道むねあかどり

  • 猪の止め刺して猟夫の肩しづか無恙庵閑酉

  • 耳尖り初期微動めく狩の犬紫小寿々

  • 猟銃の一声山神の無言村瀬っち

  • 夜明け押し広げる狩の犬の声むらのたんぽぽ

  • 狩の宿酒酌む肩の湿布の香暝想華

  • 狩りすなり叔父の炊ぎし肉硬し目黒千代恵

  • お守りの石ポケットに狩の朝望月ゆう

  • ゆふつづや網はおごめき狩をはる本山喜喜

  • 猪狩の獲物転がる店のすみ桃香

  • 腹這いの猟夫も山の視野にいて百瀬一兎

  • 石となる一羽に狩の暮れにけり百瀬はな

  • 退いて子を狩へと送り出す朝ももたもも

  • 狩くらや犬吠ゆ吠ゆ吠ゆ獲物の目森日美香

  • 煙る川狩りの獲物の血を浄め森佳三

  • 箱罠より毛ごと引き抜く狩の槍もりさわ

  • 息荒き腹の泥跳ね狩の犬もりたきみ

  • 死火山の空に猟銃音一つ森山博士

  • 狩の朝浄めの水に濁り無し諸岡萌黄

  • 狩のあと田に薬莢をひらう子らもろ智行

  • 町道の血だまり狩の後始末山羊座の千賀子

  • 狩終えて一番星を帰りたり矢橋

  • ベテランの猟夫の後を息切らしヤヒロ

  • 獣臭に足は動かず狩の山山内彩月

  • 狩の日の始末に会いし下山道山口香子

  • 狩の宿犬の寝床は納屋の隅山口はなこ

  • 従兄弟死して狩りし鹿肉残りおり山崎のら

  • 猟銃の重さに耐ふる膝の骨山田蹴人

  • うさぎ二羽鼓動を止めて狩り終わる山野青灯下

  • 真っ直ぐな目で狩行こと言われても山本先生

  • 両肩を上下に三度狩の始まり柚木みゆき

  • ワグナーを聴いて身支度狩の父宥光

  • 狩の宿鍵束鳴らす大男ゆうま

  • 雌の声真似れば雄の来る狩場ゆすらご

  • 猪狩りや山積みに腸晒されて宙美

  • 猟期来るガンロッカーのドア重しゆめの常盤

  • 狩られたる獣の眼空映さず宵猫

  • 猟銃や古くともよく鳴るラヂオ陽花天

  • 看板はホーロー狩の宿昏し羊似妃

  • 神殿の如く猟場の杉しづか横縞

  • 深き日のなめとこ山の狩のあと余jii詐

  • 赤尾羽成果に数ふ狩の夜吉田郁

  • 子に乳を飲ませ猟犬立ち上がる葦たかし

  • 狩る側か狩らるる側かドサと音吉武茂る

  • 狩の手や引金をひく紅をさす吉野川

  • 猟銃の遺影を向きて置かれあり吉行直人

  • 狩場には龍の鱗のごとき雪夜紫遠

  • 晩鐘に頭を垂るる猟夫かなラーラ・K

  • くれなゐに腿ほふりけり狩の宵RUSTY=HISOKA

  • 猟犬の口に鼓動のどくどくと楽花生

  • 猟銃音五百羅漢に響けりリーガル海苔助

  • 猟銃のスコープ越しに合ふ目線梨音

  • 荒男には過ぎたる女房狩の宿柳絮

  • 狩られたるその僥倖に獣死す良俗倭人

  • 罠どこもかしこも空の狩の朝るんやみ

  • 流し猟積荷の首を畳みけり烈稚詠

  • 銃身は腿に重たし狩前夜蓮花麻耶

  • 狩の山手負いの鹿は川を跳びれんげ咲く

  • 狩おえて兎煮る夜の更けてゆく紫雲英田

  • どの狩人も何かを載せてゐるカレーローストビーフ

  • 猪狩罠にも雪の降り積もりわかなけん

  • 狩好きの敏く見つけし野鳥かな若林千影

  • 狩日和らし国語教師の退勤す渡邉一輝

  • 猟銃や動かぬ影に風も失せ渡邉わかな

  • 猟犬の目脂のごふや湯の川原清水三雲

佳作
  • 生き死にの職人として狩りをせりあさいふみよ

  • 狩りへ山へ死体を埋める人と会うアシツノカラ

  • 狩もせず皮剥ぎもせず食らふ我飛鳥井薫

  • 祖母一撃狩で捕らえし鳥殺す生野薫

  • いにしへの狩場に聞ゆ相聞歌岡田明子

  • 片耳の折れし統領狩の犬M・李子

  • バンクシーのリトグラフある狩の宿きゅうもん@木ノ芽

  • 獣追ふ狩は愛貪るがごとこいぬ

  • 狩られたる獣に魂の湯気たてりじゃすみん

  • 狩人や湯に身を隠す旅の宿杉山博代

  • 宍道湖の鴨の狩場に朝日刺す蜂鳥子

  • 猟犬と言われるほどの元気なし風来坊

  • 老犬の牙を拭う懐旧の狩よ宮村寿摩子

  • 内気なる猟犬居留守使いけり杜まお実

  • はじめての狩悲しけれ手を繋ぐありいかな

  • 狩の人帽子は妻の贈り物伊藤れいこ

  • 罠にかかりし母の眼の狩りの無情彩人色

  • 愛犬を猟犬にされそうになり上野眞理

  • 狩や伝説の記しは破られしうた歌妙

  • 手毬唄狩の宴と児ら知らず笑姫天臼

  • 鉄砲と罠に勝れる猟夫かな朶美子

  • 録画の囮につられ猟銃音円美々

  • 美しき本能駆くる狩の犬えんかず

  • ネクタイを解きていざ狩へ狩へ遠藤玲奈

  • おかあさん狩つてどんなげえむなの旺上林加

  • こどおじは仕事ばかりで狩はせず大江戸小紋

  • ギヂギヂのスケジユウル孫、みづ江、狩大黒とむとむ

  • 猟銃は勇まし上座の祖父や灰落とす大谷一鶴

  • 階段のない村狩の手が続く大和田美信

  • 山の湯に狩人二人ザブザブと岡﨑宙夏

  • 石となる九尾の狐や狩の果て奥寺窈子

  • 獲物より高価な武器や夫の狩小倉あんこ

  • 腸に響く猟銃音刹那かいぐりかいぐり

  • 眼の澄みし獣追はねばならぬ狩花伝

  • 老いたるや農夫と犬は狩に出で加藤雄三

  • 狩の犬米寿ばっちゃの膝の上仮名鶫

  • ものとして斜面擦らるる顔や狩かむろ坂喜奈子

  • 「熊出た」と猟銃担ぐ祭めき亀田荒太

  • 狩に給ふ人の子孫と鹿の子孫亀の

  • 狩の鼓動高鳴るボレロの三連符閑々鶏

  • 背中にも目のあるごとし狩の人岸野草太朗

  • べにがらの字も軽やかに狩の朝木野まち

  • 車座の赤ら顔達狩終えるきべし

  • 猟銃を撃ちし男に抱かれる夜くぅ

  • 闇に火や屠る命や狩場の血ぐずみ

  • 注文の多い家人ら狩の夜黒田良

  • 仄昏き告解室へ狩の犬げばげば

  • 珈琲の香に包まるる猟夫かな香田ちり

  • 狩り犬を車で待ちて日暮れたり宏楽

  • 狩をして販路拡大考えて木染湧水

  • 狩の宿祖父そつくりの熊の皮小だいふく

  • 寝る前の珈琲がまん明日は狩古都鈴

  • 猟銃の弾百円で死ぬ命粉山

  • 音一つ命も一つ消ゆる狩西條恭子

  • 空抜けて大樹きわだつ狩日よりさくら亜紀女

  • 息潜め祖父の背を追う兎狩櫻井こむぎ

  • 猟期来れば玩具となりぬ獣たち佐藤綉綉

  • 猟銃のトリガーの重さただ一羽沢拓庵

  • 狩の昼五目御飯の握りめし澤野敏樹

  • まつすぐな目で狩人はカモを撃つ渋谷晶

  • 魘されし猟犬ざわり森醒む島田あんず

  • リード張る二頭の先を夫の狩柊ニ

  • あすの狩鳥獣戯画の夢をみる杉柳才

  • 新人の狩の背守る手練れ九人瀬央ありさ

  • 寂しくてうさぎ狩ります夢さめて瀬紀

  • 独身の課長が狩に行く支度曽我真理子

  • いる物といらない物と猟銃と素空

  • 熊狩りや捨てる血の熱白穿つ外鴨南菊

  • 生く者の痛みなるべし猟銃音ソフィ

  • 手鞠つき狩りに出かけた父を待つ染野まさこ

  • 狩の道「ゴミ持チ帰レ」と其処かしこ橙と紫

  • 狩解禁あまくなましいかほりは死橘乎夏

  • 南無阿弥陀仏猟夫は引き金引くダック

  • 狩人の尿ごと喰われ笹低し立田鯊夢@いつき組広ブロ俳句部

  • 狩りの残骸か三和土に薄羽散る辰野史会

  • 狩ガール糞嗅いだ後に恋バナ衷子

  • 狩人の残した薬莢たからものてんてこ麻衣

  • 狩の犬でした寝顔の耳ピクリ内藤由子

  • 狩人老いて休業のレストランなみ夢めも

  • 狩の犬降り立つ場所で生き生きと成瀬悠

  • 血を抜かれ臓器も抜かれそれも狩ノアノア

  • 車座に子らも食らうや狩の後則本久江

  • うたかたの恋の眠れる狩の宿白庵

  • 樹に彫りし齡八十狩終えて白雨

  • 狩の犬初陣飾る遠吠えか馬笑

  • 猪狩の眼孔燐光にし吠ゆ長谷川遊山

  • あばら家の気配消す犬狩の息長谷島弘安

  • 体内時計あるかに騒ぐ猟犬ら畑中真土

  • 箱罠を角で突く音響く狩場花岡浩美

  • 猟銃の弾丸の出でたるバーベキュー花岡淑子

  • 銃構へ目は眼に変はる狩の刻花咲明日香

  • せんば山昔の狩の謡たのし花咲みさき

  • マニキュアの先まで深呼吸狩場花南天

  • 狩の獲物か鴨われ睨み朽ちる菱田芋天

  • 狩の朝穴持たずの風下へいざヒマラヤで平謝り

  • 狩へ行く父へ「懇談会来てね」ひろ夢

  • みずおちで禁書の発火狩始む深川佳子

  • 狩の昼サラミを齧る口獣深夜のり子

  • しんしんと狩りの跡を消してゆく福田真由美

  • あのオンナ猟師はジビエ料理長藤倉密子

  • 有明の猟銃一射宇宙焦ぐ甫舟

  • 狩暮れて獣崩るる神の山星善之

  • 百年を生き抜き夫の狩を待つ牧野敏信

  • 狩の空仕留め損ねて安堵あり槙由梨子

  • 老若男女皆しゃがみ込む狩場かな松井酔呆

  • 異国語の美しき響きよ狩の宿松田文女

  • 狩に行く友なる犬を道連れに松本修

  • 靴裏に命のにほひ狩の森帝菜

  • もののふのけはいまとひし狩の朝巳智みちる

  • 猟銃にのけぞる身体綿毛飛ぶ美月舞桜

  • 仕留めたる獣の目に葉狩を終ふみやかわけい子

  • 猟銃を向けてぶくぶくの原発村上牛蒡

  • 猟銃へ顔拭くごとき白き布メレンゲたこ焼き

  • 狩の道迷ひて森のレストラン森佳月

  • 食卓の合掌長く狩の肉森田祥子

  • 床に伏し狩のちからにあこがれる痩女

  • まっさらの褌きりり狩の朝柳川耀一郎

  • 狩人をなりはひにして里居かな山河穂香

  • 引き金はギロチンの紐狩の指山﨑瑠美

  • 猟人は三十路継ぐ日の朝日かな祐宇

  • 猟夫ゆくオレンジ色は人の色雪音

  • 狩人の纏う蛍光ピンクかな八日きりん

  • 背くべく戦慄きたるや狩の犬横浜J子

  • 鉄砲をしよるとなだめ狩の留守よし季

  • めいろでかりをしたらなかまに打たれた吉田結希

  • 風下へ蝋人形と化す猟夫余田酒梨

  • 終業後の唇赤く狩に出るY・りこ

  • 丹田を練る猟待つ間の静けさ若宮直美

  • 狩たけなわ手負いの猪や受く砲火海神瑠珂

  • 片翼の傷水しぶき疚し狩わたなべいびぃ

  • 押し殺す気配読み合う狩の山ANGEL

  • 狩人の肩に担いで来し土産あああのこひつじ

  • 饒舌にまた無口にも狩の宿愛燦燦

  • 兎狩りしかの山消えてゴルフ場間岳夫

  • 猪狩や神をおろがみ山に入るあ・うん

  • 狩の犬生死のふちを越え行けりあおいなつはやて

  • 狩の犬追う固まりは散り散りに青橘花

  • 狩の犬ふだんの散歩はゆうゆうと大竹八重子

  • 狩られしは牡鹿か我か景色揺れあおのめ

  • 獲を咥へ猟犬どうと躍り出づ蒼鳩薫

  • 追われたる動物憐れむ狩の時赤子沢赤子

  • 獣道息を殺して狩最中紅紫李依

  • 狩りで哀一日分の運捧げ赤松鴨

  • 義父の昔語り生きるための狩りあかり

  • 狩の字や守る獣と書く矛盾秋田白熊

  • 狩人や吾は暴れん坊将軍昭谷

  • 狩を終え満足顔の脇の犬秋山誠

  • 狩猟禁解けて山々銃響き秋代

  • 猪狩や臭いたる血の鮮やかさ秋吉和紀

  • 猟犬の声近付きつ遠退きつアクエリアスの水

  • 狩怖し誤認の末にチビは死す亜紗舞那

  • 猟犬やずらす散歩の道と時あそぼ葉

  • 狩猟犬今は座敷を駆けまわる跡部榮喜

  • 狩猟期や義兄ジビエ塊持って来たるsakuraa.

  • 猟銃を向けるや猿の合掌す荒木俊充

  • 猟犬の弾む足音黙やぶりあらら

  • 分け入りて命いただく山の狩蛙里

  • 獣駆除へ背筋伸びたる老狩人有本俊雄

  • 狩の夜のこのニンゲンといふ命有本仁政

  • 一撃は苦痛与へぬ狩の道アンサトウ

  • ザクザクと足跡深きシシの狩飯村錦也

  • 阿仁マタギ命に感謝狩り日和粋庵仁空

  • 狩の夜や渋谷のゴミを喰うカラスいくたドロップ

  • 猟銃一発すべてが息を殺す山郁松松ちゃん

  • 狩人の思い込めたる指動き池内ねこバアバ

  • 貧民の温もりを狩るはけの道池田華族

  • 親の背を追いつ狩り出しけものの子池ノ村路

  • 雪山の狩の中にぞ宿る生唯沢遥

  • みづうみの鳥一斉に狩の犬石井茶爺

  • 「狩る」と言うか河川敷に人を狩る石垣エリザ

  • 湖畔翔ぶ大鹿を撃て狩る人よ石間毅史

  • 狩おえし犬の目優し父の横石本美津

  • 狩り人の孤独の音か谷渡るいずみ節子

  • 湯気のぼる車座の狩のレヴュー泉千尋

  • 息澄ます天狼またたく狩の闇石動胡盧巴

  • 狩終えていただく命囲む鍋遺跡納期

  • 断末魔今熊の瞳に猟師をり磯野昭仁

  • 狩忘れ草食系と言われけりいその松茸

  • 狩ったぞとほくそ笑んだ日狩られてたいたばよしこ

  • 狩の青空の深みの優しさよ伊丹八兵衛

  • 猪狩や泥まとう死屍やれ重い市川りす

  • 狩終えて宴始まる秘密基地樹十後

  • 狩り重ね自給自足の里の秋いづる葉

  • 銃声や落ちくる鳥へ狩の犬伊藤順女

  • 生きている稲穂も狩ると表記したい伊藤テル

  • 少年のつぶらな瞳猟銃口伊藤治美

  • ルバングに日は昇りまた狩りを解くいなだはまち

  • 急下降無音のとどめ狩終う稲葉こいち

  • 碧空の雲隠れ為す狩の音の禱上颯晶

  • 玄関の熊の剥製狩の宿井上幸子

  • 吾子の前口唇あげし狩の犬井上しじみ

  • 獣母子救ひし自慢狩話ゐのかたゆきを

  • 放たれて駆くる駆くるや狩の犬いまいやすのり

  • 狩終えし命の寝床温かしイマスノリコ

  • 狩をする漢優しき目を持てり岩木順

  • 生臭き獣の匂う狩りの宿岩田勇

  • 街歩く迷いぐま狩る悲しさよvivi

  • 生き残る軌跡を描く狩りの目よ植田かず子

  • 獲物解体狩女子の細き腕宇佐美好子

  • 狩ならばせめて二発で仕留めてよ宇田建

  • 東京の東の涯や狩の山内田こと

  • 狩の朝リードと銃と凛と犬うちだまみ

  • わらべ歌狩とは無縁の狩の宿内本惠美子

  • 猟犬や悪魔の森を出てきたる空木眠兎

  • 狩罠や仕掛け三晩は待ちぼうけ海口竿富

  • 狩の目や水平線のその先に海葡萄

  • ポインター駆ける狩場の空青し梅里和代

  • 銃声のこだま狩場に降りしきる梅鶏

  • 山を這うマタギや狩りの掟あり麗し

  • 跫のかぞくかぞくと沁むる狩詠頃

  • 跪く狩りとは祈り祖父の背な江川月丸

  • 狩の塚視界を塞ぐビル疎みs葉子

  • 撃てば彼撃たねば我が死今ぞ狩る蝦夷野ごうがしゃ

  • 刃の月杣道走る狩眼光越前岬

  • ぶら下がる狩の獲物の無表情絵十

  • ノーメイク狩猟免許と犬連れて江藤真治

  • 夕暮れて狩も終いと歌う鳥江戸川ちゃあこ

  • 今を生き狩られたものよ森うたう戎居多佳子

  • 猟期来ぬ飾り物から実践へ江見めいこ

  • 狩の音の鳴き声かすか悲しきや江本光景

  • 恋をした少女のような狩の父縁穐律

  • 狩の声見慣れぬ犬にあとずさり遠藤愁霞

  • 猟銃を持ってるあなたの生き方は大石聡美

  • 縁側に満つガンオイル猟期かな大紀直家

  • 棲み分けの意味がわからず狩に死す大阪駿馬

  • 猟犬とあたたか眠る狩の宿大島一声

  • 唾ごくり狩の静寂の只中に大塚恵美子

  • 狩人の心配をする家族かな大野美波

  • 狩りで着る毛皮のポンチョ勝利品大本千恵子

  • ホルン鳴り狩りガールズの登場す大山小袖

  • ラスコーやせめぎ合う狩泳ぐ鹿岡崎俊子

  • 耳澄まし背中すっくと狩の犬岡田瑛琳

  • 倒れたる獲物の息や狩りの犬緒方朋子

  • 駆けあがる獲物狩る犬本能や岡田ぴか

  • 一斉に水面蹴ちらす狩の音おがたみか

  • 殺処分街中の熊涙狩岡塚敬芳

  • 狩人が狙いの先に宇宙かな岡本

  • 太き腕イノシシ捌く狩の夜小川さゆみ

  • 朝もやをパンと切り裂く狩の音小川葉月

  • 狩の宿剥製の目に猛者めく吾小川都

  • 狩り小屋で猟果の自慢犬自慢奥ノ木蛍子

  • 狩の山いのち三つ分の音の降る小椋チル

  • 狩の血の匂ひは知らずジビエ喰ふおざきさちよ

  • 楽しいか半径3mの狩りおさむらいちゃん

  • 磨かれし猟銃のごと爪を染む小沢史

  • 猟犬の鳴く声高く足震えお品まり

  • 古人の足音聞ゆ狩の道尾関みちこ

  • 狩に出る夫を笑顔でお見送りお寺なでしこ

  • 狩りの民やすきにあらず病める君沢瀉あけみ

  • 追えぬ我狩り終え鹿は悠々と小山田之介

  • 狩人やこだま行き交いさやぐ山菓果

  • 猟犬鼻の関所や朝帰り諧真無子

  • 息吐いてワルツを踊る狩の野にカヴァティーナ

  • 老犬よ主人は何処狩の場かかえるL

  • 狩りするも狩られるほうも命なり笠江茂子

  • 狩人の去るを待ちぬるうさぎかな風花まゆみ

  • 夕星の光ひとすじ狩り終える鹿嶌純子

  • 覇権さえ正当化せむ狩の性柏原淑子

  • 猟銃の重みの比命の重み花純広場

  • 土間に吊るオレンジベスト狩の明け片岡六子

  • 老いてなお足どり軽し狩の山かづさや十織部衛

  • 遺伝子の狩りの記憶の握る槍桂葉子

  • 曇天や猟銃音の谺せりかぬまっこ

  • 知らぬ間に狩往き続け空焼ける金子真美

  • はかなき命狩場のけむりと化す神谷米子

  • 高空に狩音ひとつ遠こだま亀井汀風

  • 映像の狩では見えぬ血と臭い亀山逸子

  • 狩人の背中哀れや樹海入るかもめ

  • 狩りに出て自然破壊も自己負担加茂亘

  • 狩をする呼吸獣の息づかいかよ

  • 狩の音響く山里鎮まれりカラハ

  • 人と犬獲物追い込む狩りの声川村昌子

  • 殿様の狩場の跡の託老所閑蛙

  • 女でも狩猟免許や肝っ玉菊川寝ん猫

  • 糧求む子熊狩らるるは車庫の屋根岸本元世

  • 狩終えて笑う貴族の絵の不気味奇想あげまき

  • 死ぬるまで狩られまいとぞ洞の中木寺仙游

  • 祖父は狩したるか雉鍋の記憶木村かわせみ

  • 狩終えたじじと囲むや雉料理木村修芳

  • 掛かったと猟夫同士の弾む声木村となえーる

  • 狩場消え手綱の先端小犬かな木村波平

  • 狩に出て獲物無き夜のとぼとぼと鳩礼

  • 狩逃れさなぎになるか葉の裏で稀世生

  • 縄文の猪狩は悠なり京野秋水

  • 瞬きも息もしないで狩の犬桐野鈴子

  • 狩の夢見てかワウワウマルチーズ銀長だぬき

  • 足跡の大き小さき獣狩り國吉敦子

  • 狩られてか池に晒さる猪や悲し窪田睡鯨

  • 厳として猟犬の眼の澄みわたるくま鶉

  • 時を積む小屋の扉や猟期来る久留里61

  • 生温き血ドロ、狩の生と生クロまま

  • 捌く手に温もり伝う狩の宿桑田栞

  • お狩り場や鳥立ちあとは荒涼と桑原和博

  • 山踏に異臭殺気の狩衣鯨子

  • ずっしりと胸にこだます猟銃音景清華

  • 猟銃音震える手足耳を裂く恵風

  • 山路に抜き去り殺気狩猟犬鯨野

  • 狩の犬在りし日を思い床につく研さん

  • 狩人の相棒俺はドーベルマン源氏物語

  • スコープの中で目の合う獣狩研知句詩@いつき組広ブロ俳句部

  • 雪の森血だまり残る狩の跡小池浩美

  • 狩終えて兎の足跡ただ辿る郷りん

  • 解禁日猟銃音の生き生きと剛海

  • 六十四歳祝いの膳の狩のさち幸内悦夫

  • 静けさに銃声一つ朝の狩神戸めぐみ

  • 手弱女の狩人鹿を愛しぬく幸織奈

  • 狩響き飛び立つ鳥に絶える生古賀ちん

  • 枯れ山に獣狩跡の静けさよココヨシ

  • 全校で兎狩せし戦後の子後藤三梅

  • 狩支度仕上げは胸のゴム鉄砲小松甘夏

  • ジビエ喰む狩りの命と我が命こむぎ

  • 鼓動をも響き渡らせ狩りの昼ゴリの園

  • 狩暮れて山向こうに星ひとつ五郎島金時

  • 白き夜影を待ち伏せ獣狩るさいとうすすむ

  • イエティを追っているのか狩の音齋藤夜明鳥

  • 手止めしは道理か狩人初めとて坂島魁文

  • 宴あり生命受け止め狩の夜さかたちえこ

  • 映像は名優の雄姿狩場にて坂本千代子

  • 狙い決め狩の態勢草の陰相良まさと

  • 狩命頂き命繋いで行く櫻井弘子

  • 犬いたわるタータンチェック狩疲れ桜姫5

  • 獣道に入る狩人の孤独さくら悠日

  • 狩りし猪の肝臓浸す乳の丹桜よし榮

  • 父子相伝伝説の狩ジビエ肉佐々木邦綱

  • 狩人よ白夜の宴に恵みあり佐々木幸江

  • 手の皺を合わす神棚狩の朝紗々

  • 狩の跡シャベルもつ手で弓を射る幸子.S

  • 山降りて犬とたわむる狩のひとさっち

  • 狩行きて去年の地蔵と再会す佐藤志祐

  • 狩の日に柏手響く隠れ里佐俊俊

  • 朝霧のどこかで権兵衛鴨を狩る佐藤しらべ

  • 照準は鴨鍋の湯気里の狩り佐藤佳子

  • 森深き狩りの足跡凝視せん里之照日日

  • 狩人は木の下にいて狙い撃ちさなぎ

  • 丸い背の猟師と黒い犬の山サバナ光風

  • 狩準備犬も木を噛み牙を研ぐ三光

  • けさ狩に仕掛けた餌がムダになりジェントルASANO

  • 狩人の父の眉間や天に向く塩沢桂子

  • 狩終へてまずは一献マタギ衆塩原香子

  • 狩り了へし老爺の指にShort HOPE重松徹子

  • 狩行きし銃声音がしじま絶つ実本礼

  • 狩の躯地は殺生の血を吸ひぬ篠原雨子

  • 鉄砲の音で逃げ出す狩りの犬篠雪

  • 大空に銃声響く狩の哀れ柴桜子

  • 紅き狐ほころぶ狩人とける雪澁谷結唯

  • 狩をする犬はただただ楽しそう島じい子

  • 山中に乾いた狩の音二発清水祥月

  • 獲物なき猟夫に世辞の古女房清水容子

  • 狩の銃声聞いて大会選者来る写俳亭みの

  • 下着換え妻の洗濯朝の狩り秀道

  • 山道の入口で拝狩の朝寿松

  • 数里跳ぶ。ターン、ピギーと狩の音や。獣羅

  • 猟犬の末裔なのよボールどこシュリ

  • 目覚め鳴く狩の犬ウサギはうたかた湘南じじ

  • 狩の後狼浮かぶ夜の闇ショートケーキ

  • 狩不発脚には蛭のキスマークじょん爺

  • 狩のあと踏み込んだらしけものみち白井佐登志

  • 狩り終えておとなになりて戻りけり白石健治

  • 眼が光る仔犬なれども狩の犬白井百合子

  • 狩の銃響き荒涼県境白沢修

  • 猟銃の音色は空へ吸われて消えた白とり貝

  • チョコ香る夜半のキッチン狩の宿白星みどり

  • 倒れる熊こだまする猟銃音新濃健

  • カイツブリ消えて波紋や狩の跡新花水木

  • 澄み渡る空を引き裂く猟銃音森牧亭遊好

  • 狩人の手にはハンマー目には畏怖水牛庵乱紛

  • 獣害の宍鹿狩るやIターン酔軒

  • まなぐばりで狩るよあんだを逃さねよ菅原千秋

  • 火を囲み食らう野の肉狩りの夜杉浦真子

  • 猟銃音湖に弾みて一村に杉尾芭蕉

  • 山に入る目に愛嬌の猟犬と杉本果ら

  • 狩をする人のいのちも刹那かな鈴木勝也

  • 狩やモノクロ写真に考と甲斐犬鈴ノ樹

  • 狩の音振り子の如し古希の朝素敵な晃くん

  • 犬先に姿も見えぬ狩の道晴好雨独

  • 猟犬と聞くより撫づる手の震へ醒子

  • ジグザグと猟犬二頭吼えて追う青児

  • 命狩る漕ぐカヤッカか音消してせいしゅう

  • 樺太で熊狩りしたと叔父の銃勢田清

  • 湯船から湯気の形に惜しむ狩星夢光風

  • 長身の狩人踊るように野を瀬尾白果

  • ランニング後ろに熊や狩り頼むセンターテール

  • 熊狩りや時空を超えて縄文人惣兵衛

  • 分け入りて狩りをためらふ斑の親子そうま純香

  • 猟夫と獣眼光一閃森光る即刻時捉

  • 猟犬の名は「リリィ」父と山駆けるそまり

  • 瞳の奥狩りの火消えず元刑事駄詩

  • 荒れ山や狩りという名の自己破産太閤検地郎

  • 夕暮れに静かに響く狩の声高木うべ

  • 玉砂利に眠る猟犬耳ぴくり高嶺遠

  • 狩の朝かたわらをポチという武器鷹之朋輩

  • 訴える眼を却下して狩は高橋寅次

  • レトルトの狩の匂ひのカレーかな高橋裕樹

  • 狩の犬市井のマタギ鍋知らず高山佳己

  • 沼尻はけもののにほひ狩前夜滝川橋

  • 猟銃音2発吾子の箸止まる卓女

  • 笛の合図響き並走す狩の犬竹一

  • 狩に発つ瞳太古に遡り多胡蘆秋

  • 狩みやげ哀しさの居て握りし毛ただ地蔵

  • 雪中の狩人観たしウィーンへ糺ノ森柊

  • しなやかに走り出したる狩の犬立野音思

  • 学びたる猪の狩り住民は立山枯楓

  • 巻き狩りや犬の息まで真っ赤っか田中勲

  • 森の中静寂つんざく狩の音田中洋子

  • 狩の犬賢治の童話森深し谷相

  • 経験のない狩何故か身ぶるいす谷口昭子

  • 鮮血の止め刺しナイフ持つ猟夫田畑整

  • 猟犬の目は赫々と光おりたまのねこ

  • たまり場はジビエ料理や狩の宿たむらせつこ

  • 鴨撃つや剥製にして狩談議田村モトエ

  • 狩人の銃と犬とを相棒にダメ夫

  • 十津川や空の狭まる狩の道茶秋

  • 狩の音を木々は澄まして聴き居りぬ澄心静慮

  • 狩人の作る三つの塩むすび長楽健司

  • 人に向かふ狩の本能ロザーリオちょぼ鶉

  • 呻吟の途絶える狩のしじまかなツカビッチ

  • 和のけはひスーツに託し狩に出る辻内美枝子

  • 鳥狙う眼は狩人やカメラマン辻陽気姫

  • 勢子の声吾の心音とクレッシェンド椿こちょすけ

  • 狩人の風切る肩や獣道津幡GEE

  • 奥山は哮りのこだま狩日和ツユマメ@いつき組広ブロ俳句部

  • お揃いの黄色で下校猟期の夕T-京條

  • 鋭い目紀州から来た狩の犬デイジーキャンディー

  • しんとした狩場漂う獣の香哲庵

  • 猟銃のトリガーの艶女手に哲山(山田哲也)

  • 気配あり無言のあさの狩じたく蚕丸

  • 静寂を突き抜く狩の手のふるえ

  • 狩了えし犬の沸りのおさまらぬ東京堕天使

  • 夕暮れし狩無き森に鹿の鳴く徳庵

  • 百匹の熊狩り煙る銃を置くどこにでもいる田中

  • 犬の耳動き猟銃音かすか杼けいこ

  • 鹿狩や角何本もみかん畑戸根由紀

  • 狩の獲を食らう子ら見る母の顔冨川友香理

  • いただきます地でも海でも狩る命冨川精子

  • 銃口の熱冷めやらぬ狩の宿富野香衣

  • 猪狩の血抜き終え解剖初め鳥田政宗

  • 猟銃や父の遺影の鋭い目とんぶりっこ

  • のど自慢狩自慢出づ男風呂中十七波

  • そのかみの王の狂気や狩の城中里凜

  • 母と子を別つ狩人うらがなし中島圭子

  • 狩終へし猟犬の食ふささ身かな中島走吟

  • 兎狩鶏飯炊いてねぎらわれ中嶋敏子

  • 猪狩の音の先の足跡哉仲田蓮謙

  • 初狩で礼を尽くせず落つ涙長月晴日

  • 夕日浴び猟銃構え岩と化す中中

  • 鼠手に狩場へ黒い金曜日中西歌子

  • 狩の日の白きもの降る夜の青し中原柊ニ

  • 狩ガール命見つめる村おこし仲操

  • 命かけ狩の標的逃げ惑ふ中村こゆき

  • 狩人の居らぬ山里立ち話中村あつこ

  • 雪沓を鳴らし翁の狩り独り永谷部流

  • 友と鍋仕留めた狩の獲物かな凪ゆみこ

  • 猟友会五人揃いて狩の道那須のお漬物

  • 縄文の狩人鬼退治に遭ひ夏藤涼太

  • 猟犬や夫の自慢の写真集夏目坦

  • セッターや知らずに老いる狩の味七国独楽男

  • 狩のまだ営みだつた火の匂い七瀬ゆきこ

  • 狩の音途絶ゑて久し比婆の山浪速の蟹造

  • 狩果てて獲物にも子があったかも名前のあるネコ

  • 立ち入れぬ街で猪狩けふもまたなんじゃもんじゃ

  • 狩の山デビューの犬の息白くにいやのる

  • 狩のあと笑顔で写る父と友二階堂恵

  • 猟人の後ろ姿に吾は虜西田月旦

  • 謀略に死覚悟の皇子狩の宿西谷寿

  • 牛乳といふ牛の乳狩の宿西原みどり

  • 狩に出た父がなぜなにいまいずこ尼島里志

  • 狩のナイフ茂みへ肺を刺せば鳴く二重格子

  • 卓囲み米寿のじいの狩自慢二上松風

  • 狩られをり一目散に子は逃げる日滔

  • 森深く鳥獣狩の明けの空二和田美枝子

  • 白い息殺意と感謝獣狩るねがみともみ

  • 吾に秘むや強く生く狩の本能根々雅水

  • 水を込め放つ添水と猟銃と野口雅也

  • 狩終え古老や供えす山の神野中泰風

  • 狩り終えて闇鍋薫る宵の刻稗島塗小太郎

  • 静けさや発砲前の狩の空白水

  • 獣道狩りの目光る西東はごろも856

  • 狩人の差し入れは初熊鍋橋爪利志美

  • 熊狩りの銃口の先親子落つ波止浜てる

  • ビーグルの遺伝子さわぐ狩の爪橋本恵久子

  • 狩人が狙う獣の目は澄みて初野文子

  • 摂理とも逃げろと思う狩映像花岡幸嗣

  • 狩に行く軽トラ隊の勇ましさはなおかひろかず

  • 縄文の狩りして遊ぶ泥の顔花弘

  • 自在鍵狩のあとなる猪子の肉花野

  • 研ぎ澄ませ狩猟の武器は五感なり花和音

  • 血沸き肉踊れないよ狩は地響かせるもの羽沖

  • 狩の音森が無いよと嘆く声馬場勇至

  • 俗人の無常を背負ふ猟人かなぱぷりかまめ

  • 人も犬も獲物も命かけて狩浜けい

  • 狩せんと分け入る背中魔の笑い浜友輔

  • 狩の山いづこで命奪はるる林山千港

  • 猪も狐も消えて狩場台原善枝

  • 「熊出没」の無線合図にいざ狩へ原島ちびすけ

  • 喉乾き脈早打ちの狩始む原田民久

  • 遠き山タァーンとひとつ狩の音原野乃衣

  • 狩人の優しい顔がこわばる一瞬時haru.k

  • 鉄砲は供養ジビエの鹿を狩る春爺

  • 狩人の眼の音か鹿耳ぞ立つ晴菜ひろ

  • 狩の為歯でかみ砕く苦い皮ばんしょう

  • パパパンは狩の獣の弔辞かなHNKAGA

  • 大叔父の形見の銃や狩デビュー東原桜空

  • 狩猟犬殺気立ちたる狩りの時期東山たかこ

  • 狩犬のまなこの奥に狸をりひぐちいちおう(一応)

  • 犬老いてなほ牙を剥く狩の夢樋口滑瓢

  • 命懸けバーチャルでない狩の道久鍋得利子

  • 先見えぬ狩の季節の星々やひしぬままき

  • 人と言ふ獣が遊ぶ狩場かなひすい風香

  • 目の白い鳴き声さえる狩の鳥美泉

  • 狩猟期の森や霊気の匂い立ち美竹花蘭

  • 狩の目や失敗挫折で磨きます日向の球磨

  • 森の中銃声響く狩の後ひめりんご

  • 車座の一升瓶や狩りの宿雛子なな

  • 狩の朝誤射に息絶ゆポニーの仔平井由里子

  • 内臓の湯気にいのちを知る狩や比良夏翠

  • 剥製の問わず語りの狩の宿平野孤舟

  • 猪狩の記事短冊やジビエ店平松一

  • しとめたり狩場に一瞬の静寂廣重

  • 狩られるを悟りし狩りや小十郎風泉

  • 水鞠で猟銃は背に身を清む深蒸し茶

  • 確信に満ち猟犬の上げた顔ふくじん

  • 狩の鹿笛だるまさんがころんだ福田みやき

  • 初めてのジビエ一割は狩の味藤井聖月

  • 空の色しんと静かに猟の前ふじこ

  • 狩人は生きてゆくため殺生す藤原訓子

  • 猟犬のごと君ジビエ食らひけり風友

  • 分け入って静寂破る狩りの音ぶるーふぉっくす

  • 狩人に心得ききて山撮影古澤久良

  • 猟銃に我と獲物の板挟みヘッドホン

  • 猟銃を口に含みし慚愧の夜べびぽん

  • 狩られし熊の傍に子熊の悲哀星雅綺羅璃

  • 狩の末縄文人の生まれけり堀隼人

  • 狩の宿具の物足りぬジビエ鍋堀邦翔

  • 猟犬の息づかいふと郷里秋田本間美知子

  • 狩するや獲物の肉の赤黒きほんみえみねこ

  • 川越えて神域超えて猟人へ茉叶

  • 風の音に耳そばだてて狩の犬正岡恵似子

  • 初陣の狩に震えし君を抱き雅蔵

  • 狩人と雁の息飲む心理戦またあ

  • 猟銃やずしりと命の積み重ね町田勢

  • 一閃に虚空捉へて狩進む松平武史

  • 狩くらや深く分け入るけもの道松高網代

  • 犬が駆け馬が走ればそれは狩まつとしきかわ

  • 猟銃に実弾こめる手の震え松野蘭

  • 狩の道命戴くことを知る松村貞夫

  • 狩人よぬくやおにぎりふところに松本牧子

  • 風を読み犬と山入る狩人や真理庵

  • 狩に来て過去世の記憶蘇るまりい@木ノ芽

  • 我が猟犬軽トラの上で仁王立ち○エツねも

  • みづみづし土鍋の昆布や狩日和三浦金物店

  • 日の出でて狩の銃声こだまする澪つくし

  • 猟銃音イノシシは交通事故死みことのりこ

  • さあ狩ぞ逃げろ隠れろ獣たち三茶F

  • 追い込みて笑みで輪を解く狩もどき水乃江辰

  • 吾子抱く手銃に持ち替え狩に入る水野ややちゃん

  • 若き日の狩の話にホラをふく光子

  • 徴兵を拒みてマタギ狩に死す満る

  • 照準の先との間合い図る狩湊かずゆき

  • 一服し男ら狩の目となりしみなみはな

  • 収穫を終えた里では狩談義見屋桜花

  • 窟深くクロマニヨンの狩の記憶みやざき白水

  • 猪逃す勢子声むなし銃重し美山つぐみ

  • 皮纏ひ獣となりて狩場かな宮村土々

  • 始まりはサビニの狩のローマなり

  • 猟銃に観つめられ鹿身じろがず夢雨似夜

  • 元猟犬ソファー狩場にへそ向ける村岡佑太

  • 狩る者は獣となりて仏となりて村上一杯

  • 野を駆ける万葉の狩の息づかい紫けい

  • 狩の犬我にも我の役目あり村松登音

  • 縄文の体力有りし石の狩モコ

  • 猟犬の嗅覚頼り晩の飯本村なつみ

  • 猟銃音冷たき空を切り裂きてmomo

  • 銃磨く狩の前夜の山静か桃花@いつき組俳句迷子の会

  • 朝靄にマズル鋭く狩の犬森毬子

  • 目で追う狩列なし泳ぐ潜る頭もり葵

  • ビーグルは猟犬気質たまに出し森下薫

  • 猟銃の乾いた音や露天風呂森中ことり

  • 獣らに狩られる夢で変えた夢杜乃しずか

  • きな臭き毛皮燃す香や狩りの後森の水車

  • 生き延びるべきはジビエか狩人か森翠

  • 狩人の冴ゆる君の目プロポーズ

  • 市中では駆除処分という名の狩柳井るい

  • 青い鳥まで殺すのか狩の馬鹿柳瀬レーコ

  • 猟銃の生きるか死ぬか一大事やのかよこ

  • 命ひとつ天へ帰すや狩の山八幡風花

  • 耳も尾も立て飛びかかる狩の犬山川腎茶

  • エゾヒグマ飛沫キラキラ競い狩山口

  • 子は親を外で待ちをり狩人の家山口絢子

  • またぎ追う熊狩りのなか犬も吠え山口雀昭

  • 猟銃音メイドら城にパンの香と山口たまみ

  • 猪狩や毛皮並べて老翁の店やまさきゆみ

  • 標野張り意気揚々と狩りをする山下ひとみ

  • 限界の村に狩せしジビエかな山育ち

  • へたり込むほどに疲れし狩の果て山田啓子

  • 狩りの場はあまりに遠く思いなく山田文妙

  • 巻き戻す猟銃を折るその場面山田喜則

  • 慶喜の昔の狩や富士裾野山薔薇

  • 荒涼と狩場に潜む殺気かな山本康

  • 毛の付いた肉ぐつぐつ煮えて狩り自慢山吉白米

  • キツネ狩り遠い世界の物語陽光樹

  • 狩に行く祖父の背中に漢あり夜香

  • 小坂チアキひとりで挑む蝦夷の狩横田信一

  • 狩の供煩き隣家解禁日吉哉郎

  • 夕狩の細く確かな獣道吉川拓真

  • 夕の狩瞬くと消えじっと見るよしぎわへい

  • 昔日の弓矢震える兎狩吉田びふう

  • 瓜坊に狩の手とまる人の親吉藤愛里子

  • うさぎ狩命いただくまたぎの子四葉の苦労婆

  • 猟銃や互いに揺れる命の火雷紋

  • 市街地の猟期伸びたるヒグマかな流流

  • 狩人の目には猪すんでおり鈴音

  • 狩の帰途ねぎらいそっと首輪引く麗詩

  • 山神に供物捧げし狩の者連雀

  • 高原や伏して群れ待つ狩の悲喜蓮風

  • 父の自慢狩成果よりポインター若林雅美

  • 愛犬の狩猟の父を先導す若林鄙げし

  • 狩りの音おさなき喉の好奇心和光

  • 足音のきしむ山道狩の朝わたなべすずしろ

  • 苦渋かなリンゴ農家に狩の音渡辺陽子

  • 鍋囲み狩りの成果は銚子の数和の光

  • 子へ帰る足跡途絶え狩哀れ笑笑うさぎ

  • 狩成功ジビエパーティー心待ちaama

今月のアドバイス
夏井いつき先生からの一言アドバイス

●俳号には苗字を!

○俳号とは、その句が自分のものであることをマーキングする働きもあります。ありがちな名、似たような名での投句が増え、混乱が生じています。せめて、俳号に姓をつけて下さい。
 皆で気持ちよく、この広場にて共に学び楽しめますよう、俳号の付け方にご留意ください。


●俳句の正しい表記とは?

  • 狩犬も 家の中では 炬燵の間男花
  • 地のすずめ かげの猫の目 狩人め梅原宏茂
  • 狩り行けば 何も穫れず カラス鳴くかめれおん
  • dna 何処かに狩人 山椒魚ギザギザ仮面

○「五七五の間を空けないで、一行に書く」のが、俳句の正しい表記です。まずは、ここから学んでいきましょう♪


●兼題とは

  • 母の声朝のスウプは冬を射る天科灘
  • 聖夜の日付入院書類小野原龍
  • 寒空を苦にもならずに芝生刈りみきのり
  • 一冊の本で冒険行ってきます豊田はなみ
  • 巨大空彼岸に伸びる草の原山鉄
  • 香川来てあんもち雑煮おどろいた太田しろ

○本俳句サイトでは兼題が出題されています。今回は冬の季語「狩」での募集でした。次回の兼題を確認して、再度挑戦して下さい。

 

●「狩」あるいは「狩の獲物」を詠んだ句ではありますが

  • てつほうの凍てつく眼の先の牝鹿よ米原梓美
  • 息をのむ閃光の先断末魔チェリーボーヤ
  • 守り鈴命尽きても悔いは無し致清
  • 友人の家で出された猪肉忘れない*nonbiri*hokkori*
  • 氷張る池の片隅つどう鴨よこたこうじ

○兼題は、テーマではないので、「狩」という季語を詠み込む必要があるのです。


●猫や鳥の狩

  • 狩猫が鼠咥えて雪に置き白水秀美
  • 狩の目となりて家猫紐を追ふ神or愛
  • 冬の朝鼠狩取り自慢顔紫龍
  • 我が猫どもは猫飯食わず狩をする楠田草堂
  • おもちゃでも狩る本能よ猫哀しあいあい亭みけ子
  • ねずみ狩り腹ぽてちんの猫しゃなり石橋千佳子
  • 雀狩り我も獣とタマが云い石の上にもケロリン
  • 昼寝すみモグラカナヘビ狩る猫ら泉梅子
  • 日の斑追い狩りの目となる猫二匹今井淑子
  • 尻振りて狩の眼となる仔猫かな斎藤数
  • 爪研ぎて今日もまた狩行くや猫砂舟
  • 草むらに狩するねこ野生みせさぬきのにゃんこ
  • 得意げに狩の成果を見せる猫瀬戸ティーダ
  • 狩りの目や天井一点猫定む琵琶京子
  • これも狩か!ジェリーがトムを追いかける松島美絵
  • 背を低く鳥狩る猫や玻璃戸内三島瀬波
  • 狩りの目の猫の跳躍ねこじゃらし水無月葉子
  • 狩をするノネコは生きるためにする宮原みかん
  • 里帰り午後の出来事猫の狩山野花子
  • 愛猫の自慢げな顔ねずみ狩りロジャーラビット
  • 山鳥は見て狩は赤き果実よそれいゆ
  • 冬を狩り氷突き割る寒鴉那和几
  • 恐竜の狩りをする目の化石にて西尾至雲
  • 虫が跳ね急降下の目狩りの空豆福樹々子
  • 舞う鳥をはすからねらう鳶の狩三保鶴

○兼題となっている冬の季語「狩」は、鳥獣を罠、網、銃などで狩猟することを指します。ですから、猫や鳥が獲物をとる行為は、季語としての「狩」とはいえないのです。
 兼題の季語について、まずは意味を調べてから、句作に入ることが肝要です。


●紅葉狩、苺狩、茸狩など

  • 紅葉狩り今年は近場で済ましけり聰子
  • 紅葉狩りライトに浮かぶ紅葉橋樺久美
  • 紅葉狩り 夢見て起きた 侘び住まい桐山榮壽
  • 君となら握手できるよ紅葉狩堤善宏
  • オレンジのトンネル抜けて紅葉狩り湊弘
  • 溜め息の 行方辿りし 紅葉狩り大村朱希花
  • 何するの孫はきょとんともみじ狩り谷口美奈子
  • イチゴ狩り味より数の使命感明日良い天気
  • AIの仮想空間いちご狩りakkotas
  • 吾子必死にこりともせず苺狩天川滴翠
  • 狩れちゃったうふふ松茸うれしいな鈴木葉子
  • ソロで行くキノコ狩には危険付き高橋紀代子
  • きのこ狩夕げ楽しみうどん打ち榛名ぴぐもん
  • 逆光に目を細めたりミカン狩杉本誠山

○「狩」という漢字は入っていますが、「紅葉狩」「苺狩」「茸狩」などは全く違う季節の季語です。


●買い物も狩……?

  • 狩りの日や半額セールで鴨狙い淡水亭
  • 人間の買ひ物それは狩りなのか平本文
  • 列並び福袋狩刻々と日向大海
  • スーパーの値下げ目当てや狩のようしげとし
  • 給料日前狩ってきた肉まんどこにもない滝川1019
  • 息白し心は狩人ジャンボ買ふ猫辻みいにゃん
  • 今週の値下げ商品狩楽しひーちゃんw

○日々の買い物を「狩」に喩えたい気持ちは分かりますが、それは季語とは言わないよ。


●季語とはちょっと違う狩

  • 人類は身を護るためコロナ狩加島
  • 狩人や札際狙うクイーン戦大江鈴
  • イベの狩獲物は着ぐるみのウサギ空龍
  • オンラインの狩にいそしむ大晦日里海太郎
  • 経済の発展の為人狩りてさんとうせい
  • 哀れかな狩に遭遇酔いオヤジしかの光爺
  • あさひより先に空狩る息白い篠原亜希子
  • 割り下を纏っただけの肉を狩るスタンダードまろん
  • 父亡くし痴いる母抱き明日を狩るすみ子ろろ
  • なにを狩る鬼滅コスプレ街を行く静江
  • ひたすらに夢を狩りつつ古希近しそしじみえこ
  • 床屋さん狩り入れ時の師走かなちゃんこダイエット
  • 射的屋の菓子狩る仕草ネコの如弦巻英理華
  • 待ちぼうけ四ツ葉狩る子のランドセル徳田和良
  • 映画見たディアハンターの逃がす止むパンダ
  • ブラジャーで母なる星を狩り尽くす藤乃雪
  • 安全のかたち被ばくを測る狩松井くろ
  • 袖を振り魂狩りぬ五月の野瑞季ゆうな
  • 年賀状届いて虎が狩りをする六浦筆の介
  • ボール狩り沸くスタジアム遠き声望月朔
  • 半押しで狙ふ獲物や撮るは狩雪井苑生
  • 命がけ中島みゆきの狐狩り上田次郎

○これらの句は、「狩」を比喩に使っているうえに、実際に鳥獣を狩猟しているわけではないので、兼題のルールからは外れます。


●気持ちは分かるのですが

  • 喘息の子と仰ぐ狩人オリオンを平井千恵子

○冬の人事の季語「狩」ではなく、星座オリオンを描いている句と読むべきではないかと。


●入力ミス・文字化け

  • 初刈やパトカーも来し峡の朝葵そら
  • ?狩の祖父愛用の村田銃羽馬愚朗

○入力ミス、誤字脱字はよくあります。送信ボタンを押す前の、最後の確認を習慣にしましょう。文字化けは不可抗力に近いけど、文字化けしそうな字を予測できるかも。


●季重なり

  • 狩り場から強く冷たく北颪板津和貴
  • 身構えて白き息吐く狩の朝盆暮れ正ガッツ
  • 白き息狩の恵みに歓喜の輪まやみこ恭
  • 仕留めれば雑煮は兎父の狩り吉田まゆみ
  • 冬到来狩して囲炉裏で暖をとる井上未鼓

○一句に複数の季語が入ることを「季重なり」といいます。季重なりはタブーではなく、高度なテクニック。季重なりの秀句名句も存在しますが、手練れのウルトラ技だと思って下さい。まずは「一句一季語」からコツコツ練習していきましょう。「狩」以外のどれが季語なのか、歳時記を開いて調べてみるのも勉強です。


●鷹狩は微妙

  • 真っ赤なる鷹狩の目と嘴と爪虎八花乙
  • 狩を待つ鷹三羽鳥カフェに居り凡狸子
  • 天泣や狩り待つ子鷹森に鳴く山井直
  • 家康の鷹狩りの道渋滞す高橋光加
  • 家康の狩場の歴史住まう町裕子
  • 家康の狩場群れゐる発掘隊いたまきし
  • 家康の狩場を散歩今民家えみばば

○まさに、家康の頃の狩といえば、鷹狩りではあったのですが、現代の歳時記では、冬の季語「狩」は猟銃や罠での狩猟を指します。「鷹狩」は別の季語として、独り立ちしてます。


●悪くはないけれど……な類句例

  • 狩りするも狩られるほうも命なり笠江茂子
  • 狩るほうも狩られるほうも命がけ亀田かつおぶし
  • 狩するものと狩られるものはいのち鈴木勝也
  • 狩る方も狩られる方も孤独か死リーガル海苔助
  • 狩るものと狩られるものの世界は無愛燦燦
  • 狩るものも狩らるるものも運のもの木寺仙游
  • 狩る者も狩られる物も山一つ椿こちょすけ
  • 狩るものへ狩られるものへ森の声野地垂木
  • 狩るものと狩られる間のいみじさよぶるーふぉっくす
  • 銃声とともに飛び出す狩猟犬二和田美枝子
  • 銃声の音に飛び出す狩猟犬円美々
  • 狩くらで縄文の血沸騰す惣兵衛
  • 縄文の血のたぎりかな狩の道吉田びふう
  • 猟銃を構へ獣の目となりぬ宮坂暢介
  • 狩に出る男獣の目を持ちて野ばら
  • 剥製の熊の迎える狩の宿森山博士
  • 剥製の熊の牙むく狩の宿工藤悠久
  • 剥製の熊睨みゐる狩の宿しぼりはf22
  • 猟犬も主も互いに年老いて美月舞桜
  • 猟犬も男も老いて山に消ゆ葦たかし
  • 猟銃音外してるきっとあの音はカオス
  • 猟銃音遠し今のは外したなぐでたまご

○このような類句例を、データとして自分の中に蓄積していくことも、凡人の沼を回避する具体的なトレーニングになります。

ご応募はこちら

5月の兼題

「滝」

過去の審査結果

俳句生活TOPへ戻る