夏井いつき先生の俳句生活

夏井先生のプロフィール

夏井先生のプロフィール

夏井いつき◎1957年(昭和32年)生まれ。
中学校国語教諭を経て、俳人へ転身。俳句集団「いつき組」組長。
2015年初代「俳都松山大使」に就任。『夏井いつきの超カンタン!俳句塾』(世界文化社)等著書多数。

ご応募はこちら

12月の兼題

「狩」

7月の審査結果発表

兼題「風鈴」

お待たせしました!7月の兼題「風鈴」の結果発表でございます。
「今月のアドバイス」で、夏井先生のYouTubeチャンネルより「凡人あるある脱出シリーズ」のご紹介をしております。ぜひ、作句のご参考にご覧ください(編集部より)。

「天」「地」「人」「佳作」それぞれの入選作品を発表します。

天
さぼりたる風鈴百にひとつくらい

田中木江

夏井いつき先生より

 色とりどりの風鈴が並ぶ市でしょうか、ホームに沢山の風鈴を吊している地方の小さな駅かもしれません。風鈴が一斉に鳴る様子を詠んだ句は色々ありますが、「百にひとつくらい」鳴ってない風鈴があることに気づく。それが小さな発見です。読者である私たちは、言われてみると確かにそんな場面を見たことがあると体験的に納得します。この句の巧さは「さぼりたる風船」に焦点を当てつつ、一斉に美しい音色を放つ風鈴の様子を、きちんと伝え得ている点にあります。「百にひとつ」と言い切って、鳴らない一つに焦点を当てるのではなく、「~くらい」と曖昧にすることで、鳴っている沢山の風鈴を主役にする。そこに、作者の大きな工夫があるのです。

地
捜さずにまた風鈴を買うてくる

こま

 去年吊した風鈴は家のどこかにあるんだけど、捜し出すのも手間だし、この夏らしい新しい風鈴を買ってくる方が早いし、楽しいし。「また」の一語が、この家に毎年増えていく風鈴を示唆して愉快。

風鈴の奥よりやつと店主かな

高橋寅次

 古い御菓子屋さん煙草屋さん金物屋さん等を思いました。誰も居ない店先で何度も声をかけているのだけれど、誰も出てこない。「やつと」という時間の間をずっと、風鈴だけが鳴っているのです。

風鈴の二ヘルツずれている愉快

斎乃雪

 聴覚に比重のある季語「風鈴」ですから「ヘルツ」という発想はあるでしょうが、後半「~ずれている愉快」という展開と着地が巧い。風鈴のある空間がリアルに表現されていて楽しい一句です。

風鈴やこれは十秒前のかぜ

東京堕天使

 吹いてくる風と、風鈴の動きと、実際に聞こえる音との微妙な時間差を表現。「これは」と押さえ「十秒前」に吹いた「かぜ」が音になっているのだという詩的断定が、巧いバランスとなっています。

爆風にあの朝風鈴鳴りたるや

後藤三梅

「あの朝」とは原爆が落とされた朝。「爆風に~鳴りたるや」という詠嘆のなんたる悲痛。「風鈴」は脇役の季語として映像を表現。主役の季語「原爆忌」が、一句の土台として重く其処にあります。

人
  • 風鈴は風を綺麗にする装置樫の木

  • 風鈴はかぜを朗読するうつわ綾竹あんどれ

  • 風あるか風鈴に問ふひとつ鳴る亀田荒太

  • 日の痛みを抱き風鈴みづみづしいさな歌鈴

  • 風鈴や教会といふ爆心地石井一草

  • 風鈴や猫にとつては大往生稲畑とりこ

  • 見送りは風鈴だけの実家かな大黒とむとむ

  • 風鈴の影きらきらと剥落す喜祝音

  • 風鈴の値札貼られしまま鳴れり北大路京介

  • 駅長の仕事風鈴吊るすこと古賀

  • 風鈴の喜ぶやうな窓がない玉庭マサアキ

  • 三条に風鈴がよう群れてはる夜行

  • 風鈴に吉凶を聴く歌舞伎町藍彩々

  • 風鈴を吊るし全き風の道愛燦燦

  • 風鈴や人権標語作成機あいだほ

  • 風鈴やスパイスカレー仕込むカフェ間むつみ

  • 風鈴の微か無言電話の奥葵新吾

  • かれりらと風鈴百箇樟の綺羅青井猫

  • 留守番のおやつ風鈴も鳴らない青井晴空

  • どぶ川が混ざり風鈴チと鳴りぬ青海也緒

  • じゃんけんで風鈴を取る協議離婚蒼空蒼子

  • 風鈴ちりり見られたくない泣き顔は青田奈央

  • 風鈴の右の音はソ左はラ青野遊飛@蚊帳の中

  • 風鈴や神田下町古本屋蒼鳩薫

  • 南部鉄堅く無言なる風鈴蒼來応來

  • 風鈴や祖父の拙き腹話術赤松諦現

  • 風鈴やこの風が今怪我をした赤馬福助

  • 涙腺へ抜ける風鈴のちりりん明惟久里

  • 風鈴や出世競争イチ抜けた秋沙美洋

  • 風鈴や逆転サヨナラホームラン昭谷

  • 風鈴や 今 何か 忘れたようなあきののかなた

  • どこじゃろか風鈴の音の聞ゆんの秋吉孝治

  • 風鈴や老いたる爪のラメ淡くあさいふみよ

  • あの日熔け落ちた風鈴の音今も朝雲列

  • 風鈴や土弄りから戻る父あさきまほろ

  • 風鈴は沈黙おまけのチョコケーキ朝倉カグラ

  • カルピスをどぷり風鈴はちりりり朝月沙都子

  • 風鈴の位置は風水には問はぬあさのとびら

  • (2021年)酒のない居酒屋風鈴の無音あざみ

  • 軒下の風鈴舌を棄つ明日良い天気

  • 風鈴のこそばゆげなりそよ風来あずお玲子

  • トタン下龍の風鈴あくびして麻生恵澄

  • 風鈴や山の実家の畳跡あそぼ葉

  • 風鈴の風に薬味を切り過ぎる足立智美

  • 風鈴や空から梳ける空の音あたなごっち

  • くたびれし千のタオルと風鈴と新子熊耳

  • 風鈴ちりりん風立ちて水瓶座sakuraa.

  • 風鈴や捨て猫戻る勝手口アポロ

  • 風鈴よ予選敗退の悲鳴よあまぐり

  • 風鈴が奏でる和音コードC尼丁和江

  • 遺言を開く仏間の風鈴や雨戸ゆらら

  • 雨と陽のにほひ混じるや風鈴りんあまぶー

  • 昼下がり懐いた猫と風鈴とアマリリスと夢

  • 佳き色の風を風鈴探しをりあみま

  • 風鈴の和音を拾う枕かな

  • 指先に風鈴響く仲通り雨霧彦@木ノ芽

  • 風鈴を吊って続きを生きませう新多

  • 風鈴をはずせば風の一頻りあらら

  • 告白の遠く風鈴吊しけり有本仁政

  • 風鈴の鳴り止むまでを黙祷すアロイジオ

  • すきとほるふうりんのこゑみづのやうアンサトウ

  • うたた寝の夢恐ろしや陶風鈴安春

  • 祖父のいっぷく農小屋の風鈴飯田むつみ

  • 空き部屋に風鈴の音残りけり飯村祐知子

  • うるうると揺る風鈴の舌の根はいかちゃん

  • 裏露地に迷い午刻の風鈴よ粋庵仁空

  • 風鈴に訛音うつつてゐる客間池内ときこ

  • 風鈴やとぎれとぎれに八の段池之端モルト

  • 風鈴や不快指数を風葬すイサク

  • 風鈴やつるかめ算は解けぬまま石井茶爺

  • 風鈴の錆帯びしまま軒の下石井秀一

  • 風鈴やピクルスかじる風呂上り石岡女依

  • 供出の鉄風鈴の音如何石垣

  • コンクリに舌夕べ狂った風鈴の石垣エリザ

  • 風鈴をそろそろ胸に吊るそうか石川聡

  • 風鈴は鳴らず獅子座は十一位いしきひさき

  • 赤本の解けぬ数式鉄風鈴石塚彩楓

  • 小田原の風鈴の音を聴き分ける石橋千佳子

  • 風鈴の不機嫌な風呼び寄せり石原由女

  • 風鈴やひとの住む町すみ始め泉子

  • 遍歴の果ての風鈴吊るすなり石上あまね

  • 風鈴やたんこぶに置く保冷剤板柿せっか

  • 願い事短冊に書かれ困る風鈴伊多波良子

  • 手水舎の風鈴ひとつ何もない市川りす

  • 訃報聞く風鈴鳴らずことりともいちご一会

  • 風鈴や風無き夜のだらしなき一太郎ラン坊

  • 星座くっきり風鈴の鳴るたびに一斤染乃

  • 風鈴やまどろむ膝に旅雑誌一秋子

  • 風鈴の風にギプスのとんがって伊藤治美

  • 風鈴や貝殻の音に海の来る伊藤れいこ

  • 先代の風鈴の音軽くなり糸川ラッコ

  • 風鈴やついに短冊読まぬまま井中ひよこ号

  • 風鈴を吊るせば母の廊下たり伊奈川富真乃

  • 読み聞かせ途中であとは風鈴音稲葉こいち

  • 風鈴やまたも昭和の追悼記稲葉雀子

  • 風かはり風鈴の音のゆるぎたり井納蒼求

  • 国なまり残す風鈴鳴り渡るいまいやすのり

  • 風鈴の鳴らぬ団地となりにけり今井淑子

  • 風鈴の音読み終えし本閉じる時イマスノリコ

  • ちりるりる風鈴るれれれろろろろ今村ひとみ

  • 風鈴やタロウの舌は伸びたまま妹のりこ

  • 風鈴や餃子三十焼きあがる伊予吟会宵嵐

  • シャッター街にひとつ風鈴吊ってあるゐろは

  • 風鈴はソの音歌い出しの音五郎八

  • 風鈴の湿り法事の控室色葉二穂

  • 鳴らぬ風鈴励ましている居候岩城順

  • 風鈴を父はきれいなまま捨てた磐田小

  • 風鈴や憎みし父の七回忌ういろ丑

  • 風鈴の居場所定まり介護かな植田かず子

  • 風鈴のすきまを風のゆく日かな上原淳子

  • 風鈴や低空飛行の米軍機うさぎさん

  • ひだすきの風鈴余生ていねいにうさぎまんじゅう

  • 土砂降りが止む風鈴の音が合図宇佐美好子

  • 勘当はせぬ風鈴の乾く音詠い鳥

  • 風鈴の揺れや不発弾の撤去宇田建

  • 風鈴や乾ける風の国に鳴る内田こと

  • 風鈴や腱鞘炎の手と海と内田英樹

  • 鳴らぬ日もありし半生貝風鈴内本惠美子

  • 風鈴や本日給食最終日うつぎゆこ

  • 風鈴や人魚のほねはうすきあを靫草子

  • 肩に一滴や宝塔の風鈴宇野翔月

  • 海鳴りに貝風鈴の糸絡み海口竿富

  • 風鈴よ坊やは眠るしづかにしづかに海野碧

  • 風鈴や後任の名のある花壇梅里和代

  • 風鈴を選ぶ金魚か朝顔か浦文乃

  • 風鈴や書房にあをきインク壺浦野紗知

  • 湧き水のごと風鈴の影回る詠頃

  • 風鈴よ韃靼海峡の風よ江川月丸

  • 吊り風鈴外さず此処が好きな位置越後縮緬

  • 貝風鈴せんたくものの乾ける香絵十

  • 風鈴の鳴りて初めて知る在処江藤すをん

  • 風鈴や隔離ホテルのお弁当笑姫天臼

  • 風鈴を吊るメキシコの小児科医朶美子

  • 風鈴や帯の切れたる文庫本江見めいこ

  • 風鈴や体内時計の違う母M・李子

  • 玻璃風鈴水槽の水替へにけりえんかず

  • ラジオ体操風鈴は朝日を集む追師うさぎ

  • 鳴らぬまま溶けしヒロシマの風鈴おいらくの鯉

  • 風鈴の朝や陣痛五分おきおおい芙美子

  • 風鈴やレバニラ炒め振る店主大熊猫@四句八句

  • 風鈴を吊るす大人にわれはなり大倉千古

  • 風鈴やとうに母は透き通り大嶋メデ

  • 風鈴の調べは風の形して大槻税悦

  • 手でチリン地下食堂の風鈴は大槻正敏

  • 水色の空よ錆びたる風鈴よ大津美

  • 100均の風鈴はカラカラと鳴る大野静香

  • 風鈴やかたはらにゐる盲導犬大庭慈温

  • 江戸風鈴無口な風の通りすぐ大村真仙

  • 風鈴や薬のための水ばかり大和田美信

  • 風鈴の音の違いの余生かな岡井風紋

  • いま孤独肺に風鈴こだまして魚返みりん

  • 風鈴や人住まぬ地の暗きより可笑式

  • ふうりんや妣の声して星の夜岡田明子

  • ぎやまんの風鈴にある今日の空オカメインコ

  • 風鈴や妣のぬか床混ぜる朝 岡山小鞠

  • 風鈴の硝子のうちにある闇夜小川さゆみ

  • 風鈴が黙せば多弁な雨が来る小川天鵲

  • びいどろの風鈴に海持ち帰る小川野棕櫚

  • 病む窓の江戸風鈴に遊ぶ耳小川都

  • 風鈴や杉の木桶の醤油蔵おきいふ

  • 茶畑の風を集めて風鈴寺奥田早苗

  • 風鈴の音けたたまし試合前夜小口純子

  • 豪雨去り風鈴嗚咽を洩らしをり奥寺窈子

  • 風鈴や宅配ピザを待つ真昼小倉あんこ

  • 風鈴の撫でる音色に瞼落つおぐら徳

  • 気まずさに風鈴の舌おとなしくおこそとの

  • 日輪を痺れさすかに風鈴はオサカナクッション

  • ミント飴の風鼻を抜け風鈴へおざきさちよ

  • 風鈴幽か光太郎の御不浄筬葉

  • 風鈴の鳴るたび脳が遠くなるお寿司

  • 風鈴を外す術後の気の弱りおだむべ

  • 風鈴や菩提寺ビルに囲まれて越智空子

  • びいどろの風鈴風を待つ妊婦おでめ

  • 風鈴や海王星のか細き輪音羽凜

  • 風鈴や銜ふ小筆の友禅師おひい

  • 風鈴に鱗粉熱を持つ羽音おぼろ月

  • 風鈴や日記一行薬五錠温湿布

  • 鉄風鈴飛沫浴びせる軸の瀧かいぐりかいぐり

  • ガラス越し風鈴僅かにくぐもる快晴ノセカイ

  • 風鈴や抗がん剤の揺るる管海峯企鵝

  • 淋としか言わず風鈴とおる風火炎幸彦

  • まだ風鈴鳴るけどもう二人きり果音

  • 風鈴や揺れて補聴器固き音カオス

  • 風鈴の内に宇宙のうず巻く夜馨子

  • ゆふぐれの風鈴きみのかぜとなる加賀くちこ

  • 風鈴が鳴ったら好きと打ち明ける

  • 風鈴やカレーの美味いラーメン屋影山らてん

  • 見えねどもどうも向かいの風鈴よ風花まゆみ

  • 風鈴に鳴るための傷ありにけり霞山旅

  • 風鈴のやさしきゆらぎ日曜日鹿嶌純子

  • 風鈴や音で選る親絵で選る子葛谷猫日和

  • 風鈴や白山からの酒届く加世堂魯幸

  • 「おはよう」の手話風となり風鈴へ風ヒカル

  • 風鈴に忘れなさいと叱られて片栗子

  • もう長き入江の暮し貝風鈴加田紗智

  • 一瞬のそよぎ風鈴の力量かつたろー。

  • 硝子風鈴偏頭痛に刺さるのよコスモス

  • 風鈴の緊箍児めいて片頭痛克巳@夜のサングラス

  • 宙(そら)より何か来て風鈴を鳴らす桂子涼子

  • 敷石に風鈴の音のひとしずく花伝

  • 風鈴や蕉翁過ぎし旧街道門未知子

  • 問七を嘘にて埋めて聞く風鈴かとくみ

  • 風鈴やまだ新品の参考書かなえの

  • 風鈴の軒や煙草の男たち仮名鶫

  • 風鈴のことば奪ひて音澄めり河南朴野

  • 手を伸ばし雲へ風鈴かけにけりかぬまっこ

  • 揺れるのが楽しい恋も風鈴も兼子さとみ

  • 鋳物屋の薄利多売や風鈴市叶黄不動

  • 風鈴や肌着のばあちゃんとカレーカフェオレ草

  • 風鈴やカレーライスはどこの家江南和波

  • 風鈴や澄んだまなぐの南部駒釜眞手打ち蕎麦

  • 風鈴を機嫌良き風もてあそぶ神or愛

  • 沈黙を通り抜けてゆく風鈴紙谷杳子

  • 風鈴や山の音ひやす山の小屋神谷米子

  • 風鈴に鉄の森あり銀の雪ふる白鳥古丹

  • 締めラーメン屋台の風鈴の清らかむろ坂喜奈子

  • 風鈴を一茶の風に掛けにけり亀の

  • 風鈴や光のなかに創る菓子亀山酔田

  • 「特急しおかぜ」なりやまぬ風鈴五十花紋

  • うちのではない風鈴の音かすかかよ

  • 廃屋の風鈴の絵は赤き何か加裕子

  • さやさやと君は風鈴僕は風唐草もみじ

  • 風鈴や膝枕する姉がゐば加良太知

  • 風鈴や暮れにふくらむ六畳間果禄

  • 樹々のかぜ我が風鈴をとらへたり河原つばめ

  • 風鈴や手のマメひとつつぶれかけ川村湖雪

  • 風鈴と夜泣きといびきと青い星閑々鶏

  • 風鈴は傾ぐ夜風はつまづきぬ岩のじ

  • 風鈴屋について行きたいと駄々こねる樺久美

  • ビル壊す音風鈴の音窓閉める看板のピン

  • 十割そば銅の風鈴音が高しKII

  • 風鈴や宿題はもうあきらめたキートスばんじょうし

  • 園庭の風鈴プリンの香かすか岸本元世

  • 顔の絵の風鈴笑う吾と笑う季切少楽@いつき組広ブロ俳句部

  • 逆光や僕と風鈴だけの家北野きのこ

  • 風鈴の平らかや澱しづむ暮北藤詩旦

  • 風鈴にめざめし頬の畳あときた実実花

  • 風鈴にふりかへる背の夕べかな北村崇雄

  • 枕投げ終わり風鈴鳴りにけり北村修

  • 風鈴のうれしげにまたかなしげに北村礼子

  • 風鈴や甘き雨上がりの匂いきなこもち

  • 風鈴を泣かさぬやうに持つ子かな城内幸江

  • 風鈴のおとに添い寝の手が動く木下桃白

  • 明珍の風鈴ショパンのマズルカ木村かわせみ

  • みちのくや鉄の風鈴鳴りわたる木村修芳

  • 風鈴列車訛りを乗せて北国へ鳩礼

  • 風鈴の音睨んではまた眠る紀友梨

  • 風鈴の風耳と目が笑ふ木葉

  • 風鈴の音の余りて齢錆ぶる清島久門

  • 火をくぐる昔ありけり鉄風鈴ギル

  • 戦争が鳴つて風鈴痛い痛い

  • 風鈴の朝顔は赤空も赤くぅ

  • 風鈴の向かうの闇はやはらかく久我恒子

  • 風鈴はベルヌーイの定理知るや楠田草堂

  • 風鈴を振れば衒気に風通る楠美翠

  • 風鈴と空手チョップの力道山ぐずみ

  • 風鈴の鳴るほうへ鳴るほうへ杖ぐでたまご

  • くろがねの風鈴来るや仕送りとくま鶉

  • 風鈴のせい切りすぎた前髪は倉岡富士子

  • くびられてゐて風鈴の鳴りどほし倉木はじめ

  • 風鈴や祖母の絵はがき届く午後倉嶋志乃

  • 縁側に水拭きのあと鉄風鈴栗の坊楚材

  • 風鈴や微睡むうさぎ起こしをりくるみ今日子

  • 風鈴や一子相伝なる重さ久留里61

  • 満中陰朝の風鈴鳴りにけり紅さやか

  • お向かいの二軒となりの風鈴か黒沢まる

  • 風鈴の寺みずいろの風わらってるクロまま

  • 地下鉄に響く風鈴市みやげ桑田栞

  • 風鈴に猫の眼差し真ん丸くくんちんさま

  • 風鈴の鳴らない夜もたまにある元喜@木ノ芽

  • 風鈴の破片は砂利へしづみをり遣豪使

  • 風鈴や妻の家出は夕餉までケンG

  • 風鈴やキリンキリンと厄払い研知句詩@いつき組広ブロ俳句部

  • 風鈴の鳴らぬ夜父が飯炊く夜剣橋こじ

  • 風鈴や大師一千百余年小池令香

  • 風鈴のちりんは空気洗ふごとこいぬ

  • 荷造りを終へて風鈴鳴りにけり剛海

  • 風鈴の頭痛のやうな嬉しさよ公木正

  • 棟梁に貰ひし蒼き江戸風鈴幸田柝の音

  • 風鈴や初産間近の子と支度幸内悦夫

  • 「正解」とあいづちのごと鳴る風鈴河野なお

  • お土産の風鈴ぱきと割れにけり神戸めぐみ

  • 海の泡懐きて琉球の風鈴幸織奈

  • 風鈴の音よ町中華の匂い五月ふみ

  • 風鈴にあお空の青保管する五月闇

  • 風鈴やエースの白きユニホーム小久保ゆた夏

  • 風鈴の音消すツーランホームランこけぽて丸

  • 風鈴やゆるりと風の動き出す小笹いのり

  • 風鈴や出しそびれたる文のごと孤舟

  • 風鈴を吊す母の手光帯び小舟千里

  • 風鈴よ十時になれば海の風小杉泰文

  • じいちゃんの家風鈴が鳴りすぎる木染湧水

  • かつぱ風まつわる風鈴の舌よ小だいふく

  • 風鈴に前屈ひとつ深くなり小手鞠しおり

  • 風鈴や硝子の街の汐のおと小殿原あきえ

  • 風鈴やぽつりぽつりと語るごと小鳥沢やすこ

  • 失せ物を探しあて風鈴の音古都鈴

  • 風鈴の音微か実家の草むしり小林のりこ

  • 風鈴や朝のことりのように鳴るこまたれぶー

  • 風鈴の遠くなりゆく寝入り端小松甘夏

  • 山はまだ生きているかと問う風鈴駒水一生

  • アジア支局古びた窓の風鈴かな小山晃

  • 南部風鈴南部訛りの音を聴くこのはなさくやひめ

  • 風鈴の浪花言葉や繁昌亭GONZA

  • 風鈴が鳴ってメカゴジラの逆襲今藤明

  • 抱っこした孫風鈴の音つかむ西條恭子

  • 貝ふうりん島に短き滑走路さいたま水夢

  • 風鈴や存外広い古本屋齋藤俊幸

  • 風鈴や限界団地の昼下がり齋藤むつは

  • 風鈴のロックで響く商店街齋藤夜明鳥

  • 風鈴の風に揺るあり揺れぬあり斉藤立夏

  • 手捻りの梟鳴かぬ風鈴彩遊

  • 風鈴や「グリコ」の声の近づきて坂まきか

  • 風鈴や砂金めく星瞬きぬさくさく作物

  • 鰻屋の風鈴客の長き列咲弥あさ奏

  • 風鈴を持ち上げ軽き音の空さくやこのはな

  • 風鈴の調べ昭和の中に居しさくら亜紀女

  • 風鈴吊るす脚立危うきめまい桜姫5

  • 引っ越しに置いていかれし鉄風鈴さこ

  • かんからりんかかかんりりりん風鈴迫久鯨

  • 風鈴につけしソバ屋の箸袋さとう菓子

  • 風鈴や祖母の呼ぶ声まだ若し佐藤恒治

  • じっとする風鈴に虫今飛んだ佐藤しのぶ

  • 風鈴や江ノ電がいま通過する佐藤志祐

  • いとけなき風育みて風鈴は佐藤儒艮

  • 風鈴の聞こへぬほどに抱かれて佐藤綉綉

  • 風鈴や南部の風は子だくさんさとけん

  • 風鈴に盲導犬の一瞥あり里すみか

  • ウーバーイーツ風鈴ステーションまで里山子

  • 風鈴や仲直りする夕餉前里羽豊後

  • 風鈴がみんなはためく青空よさなぎ

  • 風鈴や怒つてゐると分かる足錆田水遊

  • 江戸風鈴よき相性やけふの風さぶり

  • ゆるやかな音の破線や鉄風鈴さむしん

  • 風鈴の音を江ノ電の擦れゆくさるぼぼ@チーム天地夢遥

  • 風鈴や決断できぬ男は捨つ澤田紫

  • 風鈴と仲良き蝦夷の港風澤田郁子

  • 荷解きのはじめ小箱の江戸風鈴沢拓庵

  • 折畳み室内物干しに風鈴澤野敏樹

  • 風鈴売向きを違へて吊るしをり三泊みなと

  • 風鈴の千の影踏む青き空獅子蕩児

  • 風鈴よ酒は仕込めど客はなし紫檀豆蔵

  • 風鈴の温泉宿のゼリー菓子篠崎彰

  • 風鈴の跳ね宿酔の眼に痛い篠原雨子

  • 風鈴や老婆ひとりの家移り篠雪

  • 勝負球はフォーク風鈴鳴る柴桜子

  • 宇宙ステーション光る夜空や江戸風鈴しぼりはf22

  • さゆらぎに迷いて鳴らぬか風鈴島田あんず

  • 風鈴や過去となりたる反抗期嶋田奈緒

  • 寝室の風鈴と愛猫の腐臭嶋村らぴ

  • 新築の杉の香高し風鈴よ清水祥月

  • 風鈴や脳細胞がひとつ消ゆ清水縞午

  • 兵の兜か風鈴の錆びて霜月詩扇

  • ちろりとも鳴らぬ風鈴沼匂ふ芍薬

  • 風鈴の喜べば風さらに吹きジャスピン

  • 風鈴や星屑詰めて肺の音じゃすみん

  • 風鈴や藍色ちろり傾けて沙那夏

  • 風鈴の凸面鏡に宵の空砂楽梨

  • 風鈴の一音ごとに遠退きぬ洒落神戸

  • 風鈴や病床に聞く妻の声秀道

  • 夕間暮れ川面へ葦へ風鈴へ寿松

  • 身の内に銀の水輪や鉄風鈴シュリ

  • 風鈴の舌のくずし字表裏じょいふるとしちゃん

  • 風鈴の鳴つて風鈴かと思ふ常幸龍BCAD

  • 風鈴のしゃりっと響く奥歯かな正念亭若知古

  • 風鈴の変調ありぬ嫉妬ありぬ白井佐登志

  • 風鈴が山の向かうで鳴つてゐる不知火

  • 風鈴の風の抜け道探しをり紫龍

  • 売れ残る風鈴神の聲鈍し白プロキオン

  • 被ばくした万の耳へと風鈴を白よだか

  • 風鈴をふつくらと一行詩かな新右衛門

  • 一周忌の法事のあとの風鈴よ新開ちえ

  • 風鈴の屋台傾く小路かな新花水木

  • 玻璃風鈴不発弾処理今も尚しんぷる

  • 風鈴や寝返りの背に残る熱深幽

  • えぐるやうに慈しむやうに風鈴は水蜜桃

  • 風起こす風鈴売の紫煙かなすがりとおる

  • 風鈴や仲間三人めんこ打つ杉尾芭蕉

  • 軒雫貝風鈴を鳴らしをり杉本果ら

  • 風鈴が呼んで拾つた風ひとつ杉柳才

  • 風鈴やあとは一気の祖母の筆鈴木由紀子

  • 独学は寂しあえかな風鈴よ鈴ノ樹

  • 百均の風鈴はずしグッドバイ主藤充子

  • 奏づるは二匹の金魚江戸風鈴スナップえんどう

  • 風鈴や猫はからだをぶつけあふすりいぴい

  • 風鈴の音や見えぬ風見えて来し晴好雨独

  • 風鈴や空の逸話を伝へたくせいしゅう

  • 吊るすより風鈴風を拾いけり勢田清

  • 風鈴を吊るこの釘は祖父の釘瀬尾白果

  • 風鈴や7度3分になる身体世良日守

  • 風鈴や夢で帰りし我が生家草馬

  • 風鈴のあがる半音あがる雨そうり

  • 母と子の眠りに落ちる玻璃風鈴ソフィ

  • 書道教室に「呉竹」と風鈴とそまり

  • 風鈴は潮風捕らふ舟屋かな染井つぐみ

  • 南極の絵はがき風鈴は元気空野千鶴

  • ここに風鈴遠くやまびこ走るそれいゆ

  • 風鈴や音符に旗のある理由ぞんぬ

  • 風鈴や砂浴び忙し烏骨鶏泰山

  • 銅の鉄の錫の風鈴不協和音帝釈鴫

  • 風鈴や床いっぱいに寝るドミノ橙と紫

  • 鳴らしては選ぶ風鈴ひとつづつ大門宙美

  • 風鈴を逃してやつた飛んでつた平良嘉列乙

  • 風鈴や伝播する漣のごと高岡春幸

  • 点Pの黙風鈴の青い影高尾里甫

  • よき風や受話器から風鈴の音高田祥聖

  • 百均の風鈴のせつせと音痴鷹之朋輩

  • 風鈴や赤子しきりに瞬きて高橋淳子

  • 風鈴のべたつく草の匂ふなり髙橋なつ

  • 風鈴の鳴らさぬように吊るす軒高橋ひろみこ

  • 風鈴を鳴らさぬやうに吹く風よ竹内一二

  • 風鈴や寝ころんで恐竜図鑑滝川橋

  • 風鈴や短冊風をえらびをり卓鐘

  • 風鈴が鳴ってもだらりぼくの犬たけうちおうすけ

  • 風鈴の音は星屑こぼす音竹口ゆうこ

  • 風鈴や階下に何処ぞの里訛り竹八郎

  • 風鈴の短冊くるくる、るくるくたけろー

  • 蒼すぎて火箸風鈴冷えにけり多事

  • 風鈴と昭和硝子の祖父の家鶴群

  • マスク外す小径風鈴の音微か唯飛唯游

  • 音まみれ光まみれに売る風鈴多々良海月

  • 風鈴やペットボトルの乱反射立田鯊夢@いつき組広ブロ俳句部

  • ヨーグルトのとろみ風を斫って風鈴DAZZA

  • 赤い風鈴青い風鈴聞き分けん辰野史会

  • 招かれて風鈴に陽のとどまりぬ舘野まひろ

  • 風鈴の一音額に留まりて谷相

  • 風鈴や正座も辛し帰りたし田畑整

  • 星を聴くために風鈴つるしをり玉木たまね

  • 爪を切り風鈴に合いの手入れるタマゴもたっぷりハムサンド

  • 風鈴の空をくるみて揺れにけり玉響雷子

  • 風鈴の錆の滲みし余生かなたむらせつこ

  • 風鈴や遂に始むるクーデター田村利平

  • 風鈴やクレヨン持つ子のふくらはぎ丹波らる

  • 中庭の鉄風鈴やずる休みちっちのきも

  • 風鈴のどうぞよしなに吊られをり千歳みち乃

  • 風鈴も我も動けぬ昼下がり広ブロ俳句部カナダ支部@千鳥城

  • 風鈴が鳴って隣家の近くなるちゃうりん

  • 招かれざるものの密めく夜に風鈴衷子

  • 賄ひの抹茶をすゝる風鈴市ツカビッチ

  • 舌にふれ風鈴の音をたしかめり月影の桃

  • 風鈴の合間無力の日曜日つきのひと

  • 風鈴や段取り上手い厨番辻野花

  • 風鈴に風の重さのありし雨後対馬清波

  • 詩をひとつ弔って風鈴のやむツナ好

  • 敗者なし風鈴売りの音くらべ椿こちょすけ

  • 風鈴や二年借りっ放しの本津本晶

  • 風鈴や真っ暗闇の塾帰りツユマメ@いつき組広ブロ俳句部

  • 風鈴やマンガン電池の役立たずツユマメ末っ子9歳@いつき組広ブロ俳句部

  • 賃貸の除湿へ垂らす風鈴や弦巻英理花

  • 混んだ待合南部風鈴の音デイジーキャンディー

  • 風鈴よ鳴きたからうや凪の海哲庵

  • 風鈴の途絶えし夜の重さかな鉄猫

  • 地下街の風鈴どこか音浅し電柱

  • 風鈴の割れてより高き音の出るてんてこ麻衣

  • 風鈴の揺れてたちまち風の家天陽ゆう

  • 湯葉を食う朝の店先の風鈴東京子

  • 風鈴の「なんまんだぶ」と鳴りにけり遠峰熊野

  • 風鈴や夕日を舟の下りゆくとかき星

  • 風鈴や朝には乾くユニホームとき坊

  • あまたなる風の産声風鈴売ときめき人

  • 風鈴やにわかに雨の匂いして徳庵

  • 膝小僧のすり傷の熱鉄風鈴独星

  • 壊れたる梁に風鈴くすむ空Dr.でぶ@いつき組広ブロ俳句部

  • 風鈴や肺患ふる友の通夜どくだみ茶

  • 短冊の文字消す風鈴の雫どこにでもいる田中

  • 風鈴の舌の白いは素読なりとしなり

  • 祖母歩くたびに風鈴鳴りにけり十音

  • プランク終え風鈴の音に寝そべりぬ 飛ばぬ鳥

  • 喧嘩あと風鈴以外妻の側(がは)戸部紅屑

  • 風鈴が鳴らぬ書かれた句が重いトポル

  • 風鈴や月は臓器のごと錆びてトマト使いめりるりら

  • 風鈴の音を操りせともの屋斗三木童

  • 鳴らさない指切りして買う風鈴とみことみ

  • 風鈴の自在といふには不器用富野香衣

  • ハンドバックに仕舞う風鈴家畳む友@雪割豆

  • 風鈴や夫の小言を聴き流し登盛満

  • あの人が通ったか火箸風鈴外山有菜

  • 風鈴の百「かがやき」の通過駅富山の露玉

  • 風鈴の音や死にたがる我がゐる鳥田政宗

  • 風鈴や脱原発を謳うビラとんぶりっこ

  • 自販機の水買ふ夜の風鈴よ 内藤羊皐

  • 色鉛筆きいちぬりゑと風鈴中十七波

  • 風鈴の音のやみしかば白日夢中岡秀次

  • 風鈴やみなひらがなのねがいごと中島走吟

  • 片膝を持て余す午後江戸風鈴なかむら凧人

  • 光芒を得て風鈴の寝静まる新蕎麦句会・凪太

  • 風鈴の止んで不貞を白状す夏草はむ

  • 風鈴や岩盤穿つ観音堂夏湖乃

  • 風鈴よ河童はまだやって来ないか夏野あゆね

  • 日影選る風鈴売の真昼かな夏雨ちや

  • 風鈴の音も指輪も箱の中七朝まるよ

  • 奪はれし聲風鈴にありました七瀬ゆきこ

  • ぽこぽこっと竹風鈴の変拍子七森わらび

  • 風鈴の同じ音色を見つけたき名計宗幸

  • 猫の寝る場所を目印に風鈴名前のあるネコ

  • 風鈴や舌下にちりり買い言葉なみ夢めも

  • 帰還できぬ町に風鈴響く日はなんじゃもんじゃ

  • 飛翔待つ千の水母か風鈴市西川由野

  • 吊るしては風にあずけておく風鈴西原みどり

  • 風鈴のこと忘れてた君の部屋西村小市

  • 風鈴が割れてニュースは土石流西村のぞむ

  • 風鈴をならす風ならさない風二重格子

  • 風鈴や土間ひんやりと祖母の家にゃん

  • 風鈴や我が身へ空の入り交じる仁和田永

  • 風鈴や無音の居間のバタ溶ける鵺駿明

  • 風鈴や家族大勢住みし頃野地垂木

  • 日に熟るる海の匂ひの風鈴よ登りびと

  • 風鈴や音源は風神の息白庵

  • 短冊くるくるくる風鈴は鳴らぬはぐれ杤餅

  • 風鈴やどこか遠くでラジオ鳴るはごろも856

  • 風鈴の音を拾へば風の詩(うた)長谷川小春

  • 風鈴やお粥のやうな風に覚む長谷川水素

  • 裏山に吊るさるやうな風鈴畑詩音

  • 風鈴やアカハナグマの子は伊豆にはっしー

  • 風鈴やあのこのあかるさがいたいはなあかり

  • 風鈴や耳の奥まで老いてゆく花咲明日香

  • 業火へて風鈴軽しされこうべ花屋英利

  • 泣き言に律儀に応ふ風鈴よ花結い

  • ないなんて不思議風鈴の中に種羽沖

  • 短調で鳴る風鈴と修司句集はのん

  • 蒼き星風鈴のあり地雷ありぱぷりかまめ

  • 風鈴や悲しみ凝りて薄き玻璃浜けい

  • 手水舎の風鈴順に鳴りにけり濱田かりん

  • 風鈴の警鐘めきて熱の星林里美

  • 風鈴や三半規管に凝りをり林たまさか

  • 風湛へきつて風鈴鳴るかすか早田駒斗

  • 風鈴やなゐに夕空堕ちてゆく巴里乃嬬

  • 風鈴や自由を呉れる判を捺す播磨陽子

  • 風鈴や言い訳する子の夕暮れハルノ花柊

  • 風鈴の尾を美しく遊びおり葉るみ

  • 風鈴や雲流れ行く今朝の音はるる

  • 江戸風鈴音を色どる玻璃の創はれまふよう

  • 風神の機嫌聴きをり風鈴にHNKAGA

  • 風鈴や不採用通知を破るはんばぁぐ

  • 風鈴に苛つく大人大嫌い光源爺

  • 風鈴の鳴らぬ日もあり剣をふる樋口秋水

  • 遮断機の向こう風鈴売り立てり樋口滑瓢

  • 百の風聴き比べたりふうりん展樋口ひろみ

  • 風鈴の音に重なりて三塁打菱田芋天

  • 風鈴の鳴りそうにない待ち時間ひでやん

  • 風鈴や皮肉の多き伯母の家日向こるり

  • 風鈴や嘗て栄えしドライブインひなた和佳

  • 茅ヶ崎の風を見下ろして風鈴霏々

  • 無遠慮な風鈴を聞く帰郷かな比々き

  • 風鈴は空き缶青い花描くひよこねいさん

  • 夕空の風鈴祖母はえごま擂る日吉とみ菜

  • 風鈴や都に古き本通り平坂謙次

  • 風鈴はしづかに鳴れり陣痛の夜比良田トルコ石

  • むせび鳴る風鈴関羽死ぬページ平本魚水

  • 締切の窓の風鈴仕置めく比良山

  • 風鈴の音色くぐりて退院す広木登一

  • 喫煙所の軒に吊るしてある風鈴廣重

  • 風鈴や一行のみのエアメール広瀬康

  • 閑さや風鈴の音の定まらず風慈音

  • 風鈴やソトノセカイは騒がしきふくじん

  • バイク音去りて風鈴南部鉄福ネコ

  • 江戸風鈴透かして空の青さ知る福山文子

  • 風鈴へ風が通ふよ京瓦福良ちどり

  • 風鈴や海辺の猫はよく笑うふくろう悠々

  • 風鈴やけふもだあれもこなかつた藤色葉菜

  • 風鈴の騒きの消えて神隠しふじこ

  • 独り身に風鈴と猫善き友人藤咲かおる

  • 中華屋の油まみれの風鈴よ藤里玲咲

  • 下町のアジ定食と鉄風鈴藤田ゆきまち

  • 風鈴やひとりの午後の塩むすび藤原涼

  • 風鈴や九官鳥がひとりごつ藤丸子

  • ふうりんやりんちやんにだけみえるぽち藤雪陽

  • 風鈴や雑巾掛けはキビキビと豚ごりら

  • 風鈴のすねたる舌や夜半の雨船橋こまこ

  • 風鈴や赤子の口に添える乳文月さな女

  • 舌猛る今日は風鈴すっぱくて冬のおこじょ

  • 軒先に吊るされ風鈴へそまげりぶるーふぉっくす

  • 風鈴や病者は水を吸ひきれず古田秀

  • たまに窓開けて風鈴起こしたるふるてい

  • 風鈴に先づ爪先の目覚めたり碧西里

  • 風鈴や二週目に入る地図旅行ペトロア

  • ふうりんやばばばだだだといふ喃語紅ズワイガニ海老美

  • 風鈴の風を聞きゐる厠かな茫々

  • 電気屋の風鈴せがむ園児かな星月さやか

  • 風鈴の鳴るより耳石透きとほる干しのいも子

  • 風鈴や昔語りをぽつり父星詩乃すぴか

  • 風鈴が百たび鳴ると二度下がる星乃ぽっち

  • 風鈴の余命のような北の恋堀卓

  • 風鈴にきらきら濡れゐたる仏間ほろろ。

  • 風鈴の聞こえる範囲かくれんぼ香港ひこぞう

  • 風鈴や南部の杜氏の節回し梵多

  • 風鈴をよけて洗濯物吊るす梵庸子

  • 嫁ぐ子の部屋で風鈴聞いている凡狸子

  • 幽かなる昼の風鈴耳遊ぶ曲がりしっぽ

  • 夫婦茶碗風鈴の舌はお喋り牧野敏信

  • 風鈴の八分音符で鳴りにけり槙由梨子

  • 風鈴の草書に風のさらさらとまこ@いつき組広ブロ俳句部

  • 風鈴や富士山御胎内の音まこちふる

  • 風鈴の舌にざわめき残りをりまこも

  • 風鈴にベビーパウダーの甘き香眞さ野

  • ふうりんのひかりのびゆくいきづかひ松井くろ

  • 風鈴の鳴つて私へ訪ね人まつとしきかわ

  • 風鈴や雨柱たつ副都心松本裕子

  • 風鈴の欠伸のやうに鳴りにけりまどん

  • 風鈴より静かな色の恋だった真冬峰

  • 重機止む風鈴だけの十五分真宮マミ

  • 風鈴のほとりめがけて風の沸く眞理子

  • 風鈴や漢和辞典の甘き香よ丸山隆子

  • 風鈴のあとより風鈴語りだすまんぷく

  • 風鈴を吊して介護始めけりみい

  • 風鈴よ煙草をふかし生き仕舞い三浦金物店

  • 交番の風鈴鳴ってがらんどう三浦にゃじろう

  • 風鈴や思い出せない夢を見し澪つくし

  • 風鈴や隠れ煙草の火の眩し帝菜

  • 風鈴の窓辺よ恋のわづらはし三茶F

  • 風鈴や母屋の縁のきしむ場所みちむらまりな

  • 雑魚寝する寺に風鈴響きけり美月舞桜

  • 風鈴に風の所在を聞き申す光子

  • 風鈴はこの風可視化するひかりみづちみわ

  • 指揮者めく子やとりどりの風鈴に満る

  • 風鈴の割り込むリモートの議論みつれしづく

  • 舌絡みあふまま朝の風鈴よ南方日午

  • 風鈴や褌だけで横たわる皆見元喜

  • 風鈴や会釈で去つてゆく業者水面叩

  • 風鈴や鋳物の街に火の点るみやかわけい子

  • 風鈴や祖母に習ひし紙の鶴みやこわすれ

  • 風鈴のかぜとらへてははなしをり宮坂暢介

  • 風鈴の揺れて異界のすきま風みやざき白水

  • 風鈴や彼岸の風はにほひなく宮武濱女

  • 幾十の風鈴調子っぱずれもあり宮原みかん

  • 風鈴よそこにゐるのは分かつてる宮部里美

  • 煮卵をつくる夜更けよ風鈴よミラベル

  • 風鈴の父より戻り鳴りにけりむうさく

  • 風鈴を吊るし夜風をいつくしむ夢雨似夜

  • 風鈴の幽か衣擦れの幽か小夜無何有

  • 風鈴の路次は昭和の風の中椋本望生

  • 風鈴や踵はみ出る六畳間向原かは

  • 風鈴や一菜多き考の膳無恙庵空斎

  • 風鈴ちるるん擽った子の声むらのたんぽぽ

  • 風鈴へ眠り子の息届きさう村松登音

  • 小夜風に外す風鈴手にからみ暝想華

  • 雨告ぐる風の一撃鉄風鈴望月ゆう

  • 風鈴や熱き炎は透きとおる望月朔

  • 風鈴と並べて吊るす紙風鈴百瀬はな

  • 夜半の風鈴テレビではインパールももたもも

  • いつ掛けし風鈴の舌取れてをり森佳月

  • 風鈴はうなじ辺りで共鳴す森毬子

  • 「触れぬこと」達筆ありて江戸風鈴百理有

  • 円心へきりもむ気流はも風鈴もりさわ

  • 風鈴の短冊るるるピルエット森田祥子

  • 風なき日の風鈴退職の夕森中ことり

  • バブル期のゆうちょの風鈴軒に揺れ森の水車

  • 風鈴のとぎれて星の無人駅森山博士

  • 風鈴の止みて仏間に童子出づ杜若友哉@はなばた俳句会

  • からからと風鈴の舌嘘つく吾山羊座の千賀子

  • 悪しき音納めし風鈴四年居り

  • 呼びあひて重なりあふ夜軒風鈴矢的

  • 正義感ばかり強くて鳴る風鈴矢橋

  • 墓よりの風緑青吹く風鈴八幡風花

  • 風鈴や不在の母の匂ふ部屋山内彩月

  • 風鈴は鳴らぬ産業奨励館ヤマコー

  • 風鈴や嵐告げたる乱打なり山﨑勝久

  • 風鈴を残してをとこ消えにけり山﨑のら

  • 汚れたる脳を洗うか京ふうりん山﨑瑠美

  • 風鈴の淋しき風をほどくやう山田蹴人

  • 風鈴や鞍馬天狗は何処行ったやまだ童子

  • 風鈴や候補者連呼遠くなり山野大樹

  • 風鈴の音を背負ひて家を出づ山薔薇

  • 風鈴や瓶牛乳を一気飲み山村楓

  • そよ風の不在通知として風鈴山本先生

  • 風鈴やアインシュタインのほうれい線山本山

  • 風鈴や厠の窓にある昔宥光

  • ラヂオより野球中継ときどき風鈴雪井苑生

  • 風鈴や銭湯の椅子軋みけり雪音

  • 風鈴やまた出身を聞かれたわゆすらご

  • 風鈴の仕舞はれてより空音かな羊似妃

  • 風鈴やあんなにきらいだつた家横縞

  • ワクチンの発熱の夜や江戸風鈴横田信一

  • すこしだけひかり風鈴のデシベル横浜J子

  • 風鈴や法話の長き一周忌よしざね弓

  • ふうりんはまどの外からいえを守る吉田結希

  • 風鈴や揺れて世界は透きとほるよしのはるか

  • もう三日鳴らぬ風鈴指で押すよしみち

  • 子育てが一段落しないよふうりん吉行直人

  • 風喰うて風鈴の舌切られけり余田酒梨

  • 風鈴や閨の二人は海を見るラーラ

  • ならしてもおこられぬふうりんずるい雷紋

  • あかがねの風鈴あかがねの街にRUSTY=HISOKA

  • 風鈴や飯場に誰か下げており楽花生

  • しわしわの風鈴の舌風を呼びりつりつ

  • 江戸風鈴くらふ小言のまろき味柳絮

  • 風鈴と不要不急の詩をつくる涼水庵

  • 風鈴も描かむ星の観察日記るんやみ

  • 風鈴や二度ほど低き玻璃の内蓮花麻耶

  • 風鈴や向かいの猫の通り道紫雲英田

  • ギャーテイギャーテイ響き合う風鈴の音わかなけん

  • 風鈴寺無愛想な僧が売る若宮直美

  • 風鈴の硝子に熱を飼ひ慣らし渡邉一輝

  • 文庫本あとは竹富の風鈴渡邉桃蓮

  • 紫煙触れ軒の風鈴軽く咳侘介

  • 風鈴の鳴らぬ時空にある痛み笑笑うさぎ

  • 風鈴がなるので今日はおしまいです紀友梨

  • 店番は風鈴村の直売所真井とうか

  • 夫のゐぬ夜の風鈴あかあかとすずさん

  • 忙しげに風鈴真夜を泡立てる清白真冬

  • 風鈴や二階の部屋の息づかひ鈴木麗門

  • 風鈴や高層階に聞く音色髙見正樹

  • 風鈴や海の色なる江戸切子多喰身・デラックス

  • 空室に風鈴の音の残りたるたろりずむ

  • 風鈴や讃岐うどんを啜りつつ埜水

  • 南国の海風が欲し貝風鈴野ばら

  • 風鈴や千年伝へし風の声ひすい風香

  • おとなしき風鈴の下の犬ころ本山喜喜

  • 風鈴を連ねて夜の無人駅杜まお実

  • 風鈴や離婚届に押印す吉田郷分

  • 会話とぎれ風鈴だけが受話器より若井柳児

  • 風鈴やじじと猫寝る島の家渡辺香野

  • ありやなしやの風に風鈴静かなり渡辺陽子

  • 黙の父風鈴もまた静かなり渡邉わかな

  • 貝風鈴江ノ電ハシル潮の風雨李

  • 風鈴の止んで一人が深くなる戎居多佳子

佳作
  • ギヤマンの風鈴引売るキャウをとこacari

  • 風鈴よ動き出してよ瀬戸の凪あかり

  • 風鈴や吾子のへこ帯少し見え渥美こぶこ

  • 風鈴よ風のない日は退屈か生野薫

  • 風鈴や夕飯早き老夫婦伊藤亜美子

  • ウクレレにひとしづく染む風鈴やうた歌妙

  • 風鈴や風を拾ひし軒の下円美々

  • 風鈴は割れるニホンザルは無邪気オマオマ

  • 海風のエアポケットに風鈴舞う諧真無子

  • 風鈴の花火に飛沫夕小庭金子真美

  • 風鈴の中に小さな花火かな國吉敦子

  • 風鈴の玻璃やはらかに舌を受く木ぼこやしき

  • 風鈴の舌(ぜつ)の外見(そとみ)に絡みたるけーい〇

  • 風鈴や姪に泣かるる初抱つこ早乙女龍千代

  • 働かぬ風鈴我も午睡せり雑魚寝

  • 江戸風鈴透かして見るは未来かな佐々木和代

  • 風鈴や八十円の「俳句館」砂舟

  • 風鈴の舌の磨きし硝子口紫瑛

  • 風鈴や夜話尽きぬ三姉妹茂る

  • 風鈴の屋台露地へやつとこさ渋谷晶

  • 風鈴鳴る児の皃がなく逢魔時すいよう

  • 風鈴や吾子のせっちん丑三つ時卓女

  • 風鈴や川の字で寝る四畳半高木音弥

  • 風鈴や生賜りし四畳半深町明

  • びしょぬれの風鈴の下たね飛ばしたじま

  • 風鈴や出番よろしく錆びた釘たすく

  • 風鈴の家の夫妻は米寿らしノアノア

  • 風鈴を煽ぐ米寿の暇つぶし藤井眞魚

  • ふうりんがいっぱいなるねきょねんよりひなた息子

  • 風鈴のチリン一つが好きな音ひなた娘

  • 玉石垣冷え風鈴凜と今平井麦春

  • 風鈴の音に誘われ鬼手を指すべびぽん

  • 風鈴が姿勢を正して待ちぼうけまりおR

  • 風鈴や彼は東に余は西にもも先生

  • 風鈴や祖父のサボテンが欄干もろ智行

  • 風鈴の短冊ちぎれ孤りかな連雀

  • 「ただいま」と「おかわり」を守る風鈴和光

  • 泥残る南部風鈴災害忌房代ちゃん@いつき組広ブロ俳句部

  • 鉄の星南部風鈴地球の音松村貞夫

  • 「風鈴は南部に限る」の父の声柳川耀一郎

  • ハネムーンの南部風鈴半世紀をあ・うん

  • 境内の千の風鈴千の顔齋藤杏子

  • 風鈴の千に千の音千の風さくら悠日

  • 旅先で絵付けし風鈴届きたりANGEL

  • そよ風は風鈴探す旅に出るあいあい亭みけ子

  • 火箸風鈴おかえりなさいと亡母の声愛歌弥生

  • あの音色風に吹かれて風鈴や会田美嗣

  • 埋み木で彫る狼や風鈴鳴る藍野絣

  • 手をつなぎ風鈴の道70歩葵かほる

  • 幾年も見ない風鈴あの頃よ大竹八重子

  • 百の風鈴枝にかけ魔を払うあおのめ

  • 湯上りに聞く風鈴の幽かな音赤子沢赤子

  • 魔を祓う風鈴の音や酉の刻紅紫李依

  • チリンチリン風鈴の音やかましか了朗

  • 風鈴の短冊のやや捻れおりあきみ

  • 縁側に風鈴吊るし風をまつ秋代

  • 軒先にかける風鈴風を呼び天空海まりん

  • 摘み残り風鈴のごとからからとあけみ

  • 風鈴のもつるる音や日暮れ時淺野紫桜

  • セピア色父と見上し江戸風鈴亜紗舞那

  • 風鈴の奏でる路地にひとりかなあずき

  • しゃらりカーテンレールも風鈴東樹

  • 祖父の庭そこここに競う風鈴akkotas

  • 風鈴の舌に猫じゃら擬き下げ跡部榮喜

  • 風鈴に風を探して窓見やる数多未完

  • 貝風鈴瞼閉ずれば三線音天海天笑

  • 風鈴や水筒を背に下り坂網野れいこ

  • 気兼ねなく響くや風鈴一軒家 あやや

  • 錆浮きし風鈴の音を独り占めあゆち汐美

  • 風鈴の音は天明の鋳物なりあらかわすすむ

  • みちのくの風鈴呉れし友は今蛙里

  • 風鈴鳴る絶え間なき風弄ぶありいかな

  • 手作りの風鈴の音や子守唄有本俊雄

  • 風鈴のガラスに歪む孫と吾杏樹萌香

  • 雑穀米炊けて風鈴の音微か飯田淳子

  • ねだられた風鈴いまも置きみやげ飯村ヤーキン

  • 風鈴も遠慮がちなりWeb会議イカロス

  • 風鈴や和服のひとを目で追いぬ郁松松ちゃん

  • 凪の風鈴や数へる雲も無くいくみっ句

  • 風鈴に苛たつ我に愕然す池愛子

  • らしからぬ火ばし風鈴清き音を池内ねこバアバ

  • 風鈴黙れ寝苦しゅうてかなわん池田華族

  • 縁側や遠き家族の風鈴かないけだひさえ

  • 風鈴の音に猫の耳忙しなく池之端昇雲

  • 風鈴よ熱波のコンクリートジャングルでは無力かなイケメン太郎

  • 風鈴の止みて正午のバス遅し石川巴里

  • 色も絵も無しの風鈴我は好き石崎京子

  • 夕風の風鈴の音に亡き子恋ふ石下ふみ

  • カーテンの奥で風鈴りんと鳴る石田恵翠

  • 風鈴よ千の一部でも知らせよ石の上にもケロリン

  • うたた寝に風鈴売りの音遠し石橋薪

  • 暴風雨風鈴バッハを伴奏し石原直子

  • コロナ禍の風鈴の音にまどろみぬ石本美津

  • 風鈴唄う大気の運動エネルギー伊集院十走

  • 風鈴や町を清らに彩りて和泉明月子

  • 風鈴の舌掴む我閻魔なり泉千尋

  • 嫋嫋と火箸風鈴の余韻遺跡納期

  • 駅中の風鈴揺らし夜汽車過ぐ磯野昭仁

  • 古ぼけし軒の風鈴母の里いつかある日

  • 風鈴や古き良き余韻今も癒ゆ樹十後

  • 風鈴や煙立つ窓筑波峰一本槍満滋

  • 祖母の背と仏壇の鈴に添う風鈴井出奈津美

  • うたた寝や風鈴の音にあやされて伊藤順女

  • 参道に風鈴の音や法隆寺伊藤節子

  • 奈良町の古風鈴の寂びた音伊藤ひろし

  • 風鈴や鳴るたびしばし微睡て伊藤柚良

  • 風鈴は津軽びいどろ祖母の家稲垣由貴

  • 風鈴も揺れぬ昼中雲ひとつ伊縫音々

  • 風鈴や孫に伝授の衣紋抜きゐのかたゆきを

  • お隣の風鈴聞こゆ夕間暮れ井松慈悦

  • 風鈴や萩多くあり生家跡今西知巳

  • 吹き竿を断つ風鈴の初音かな今藤陽菜

  • 吹きすさむ部屋風鈴と高鼾鯆谷

  • 風鈴静かかき鳴らす猫パンチ彩人色

  • 誰がために鳴るや夜中の風鈴よいろをふくむや

  • 風鈴の鉄の響きやソロライブ岩六九

  • 風鈴も影ひそめ鳴る陶の町岩田絹代

  • 風鈴の音にふるさとの父母想ういわつよ8

  • 風鈴や彼岸の風に吹かれをり岩橋春海

  • リンリンと短冊の風鈴を打つvivi

  • 風鈴や猫好きのママ起きる午後ウィヤイ未樹

  • 子の寝顔風鈴の音にゆるむ口上垣雅人

  • 冷房のない地下鉄の風鈴よ上田健五

  • 五十回忌あの日のままに風鈴や上野眞理

  • 風鈴はかすかな風をチリと受け上原まり

  • 体験可ガラスにストロー風鈴へ内田誠美

  • かしましき終い忘れの風鈴や卯月かりん

  • 風鈴や風の歌声聴こえるよ空木眠兎

  • かやぶきに紅き風鈴いきいきとうめがさそう

  • 風鈴や乳児のほおに寝間のあと梅野めい

  • 風鈴や亡母の合図チンと鳴り梅村沙阿弥

  • 風鈴も黙りたくなる寝苦しさうららつむぐ

  • 命日は近し風鈴軒に出す麗し

  • 風鈴が吹けよ吹けよと待ち侘びて叡雲

  • 風鈴の寂しかるらん鳴りやまずs葉子

  • 独り住む平屋の軒の風鈴や江田綾子

  • 風鈴や四畳一間を結界す江藤薫

  • 夕暮れの風鈴の音は柔らかきえぬひよこ

  • 神社の音階段並ぶ風鈴や榎本はなちゃちゃ

  • 風鈴や吾子の寝息の甘きこと海老名吟

  • 息子らの鉄風鈴の出番きたえみばば

  • スマホ越し変わらぬ母よ風鈴よえりいも

  • 罅入りて風鈴の音の面白し遠藤百合

  • 風鈴の罅倍音を奏したり遠藤玲奈

  • 山里に貝風鈴の潮を聴く近江菫花

  • おしりフリフリ猫遊ぶは風鈴大石風花

  • ドとミとソ風鈴吊るし「猫」唄う大泉まる丸

  • 犬うだり地蔵のごとき風鈴よ大江風

  • 土曜間風鈴チリンご褒美音大江戸小紋

  • 風鈴や子ら飛び跳ねる廃タイヤ大紀直家

  • 風鈴かすか帯状疱疹の夜大小田忍

  • インコ風鈴真似て夕暮れの縁大阪駿馬

  • 風鈴の無邪気さ時に小煩く大鯖葉

  • 蒼空に風鈴鳴るなりカラフルに大島一声

  • 風鈴や緑青の疵眺めたる大嶋和人

  • 軒先の風鈴チリン亡き母よ大島

  • 花の絵の江戸風鈴や祖母の家大谷如水

  • 黄泉の母風鈴鳴らし吾を呼ぶ大野喬

  • ふうりんに描かれた金魚息をして大野美波

  • 風鈴をかけて今年の風を待つ大原妃

  • 風鈴や毎夜いざなう仮想旅大原雪

  • 風鈴もモビールのよう吾子あやす大神阿修羅

  • 風鈴や虫の命にレクイエムを大本千恵子

  • 風鈴の音憂患の我癒す夜大森大

  • 風鈴の祈りぎっしり宮の空大山きょうこ

  • 空き家なる風鈴の音の軒寂し大山小袖

  • 風鈴鳴らぬ木々も動かぬ昼下がり岡れいこ

  • 風鈴に蔵王の峰の風渡る岡崎俊子

  • 貝風鈴四畳半の至福かな岡﨑宙夏

  • 風鈴の合奏みちのく土産店緒方朋子

  • 風鈴のかすかな音に風求む岡田ぴか

  • 風鈴や燐家のカレー香り立ち岡田雅喜

  • 初めてのお土産家族に風鈴をおがたみか

  • 隣宅の風鈴ゆれてゆめうつつおくにち木実

  • 風鈴や越した隣家の庭に鳴る奥の昼行燈

  • 風鈴を吊るす彼女に染まる部屋小栗福祥

  • 風鈴に誘われ袋地迷い込むお品まり

  • 神社にて風鈴の波オーケストラ小田孝子

  • スマホ越しタイムスリップ風鈴とオチャメな茶女

  • 風鈴に願う命のメッセージお寺なでしこ

  • 風鈴にぴくと目覚ます赤子かな音のあ子

  • 名調子風鈴売りは無言かな沢瀉みやこ

  • 鉄風鈴優しき余韻残しけり甲斐紫雲

  • 遺言に風鈴さえも黙し居り海瀬安紀子

  • 風鈴の音に重なりて勝ったの声かえる

  • 風鈴や縁側の猫長く伏せ案山子@いつき組広ブロ俳句部

  • 風鈴や幽かに過る母の声かこ

  • チリリンと主亡き家の軒に鳴る笠江茂子

  • 夢殿の風鈴長き夢の音風花美絵

  • 風鈴や水琴窟に音色似て梶浦多見子

  • 風鈴やコロナをなくし五輪の和加島

  • 朝帰り猫鎮座せり風鈴下柏原淑子

  • 風鈴や母娘並びて風を待つ春日乃ハム

  • 風鈴や戀の心音風の音に花純広場(旧花純)

  • 軒のない家ばかり風鈴見えず粕谷聰子

  • 風鈴の余韻は吾子の寝息なりカズン

  • 風鈴や南部の民謡めく余韻花鳥風猫

  • 温暖化焦がす風鈴豪雨打つ加藤水月

  • 風鈴や語る風なき大都会かとの巳

  • 物干しで祖母と風鈴かぜ誘うかなた小秋

  • ガレージに響く風鈴いざ洗車かねつき走流

  • 風鈴の音に散らばりし夜風かな神長誉夫

  • 風鈴も黙りこくった昼下がり紙谷

  • ひたぶるに千の音奏で風鈴市亀田かつおぶし

  • 風鈴の音にはっと我取り戻す亀田稇

  • 風鈴のちりりと震えそれっきり亀山逸子

  • 風鈴や静かな部屋で鑑賞すかめよかめ

  • 二人の仲高まる風鈴の音亀レオン

  • 手作りの風鈴友の便りかなかもめ

  • 風鈴の音も何時しか騒めきにカラハ

  • ヘルプマークの赤々し鉄風鈴狩谷わぐう

  • 風鈴の香やはらかにうたた寝か川口さん

  • 本堂をぐるり風鈴の輪唱川越羽流

  • 風鈴とりんの音沁みいる独居かな川野カッパ

  • 風鈴や妻大好きの音させて川村記陽子

  • 主なき生家風鈴ひとつ揺れ河村静葩

  • 縁側の南部風鈴たそがれるカワムラ一重

  • 風鈴の静けさ一つ奥座敷川村昌子

  • 風鈴よ隣家の受験気付かざり閑蛙

  • 風鈴や天丼旨し浅草寺紀杏里

  • 風鈴の下の短冊風とばし菊川寝ん猫

  • 人里や熊除けの風鈴を下ぐ菊池洋勝

  • 微睡の中風鈴や下駄の音木子結雲

  • 隣家から聞こゆ欅越しの風鈴黄桜かづ奴

  • 微動だにせぬ風鈴や閑居なり酒暮

  • 風鈴は鳴らねばただの飾りなり北川颯

  • 風鈴か老夫の声をまた聞いて北川そうあ

  • そよ風に風鈴鳴いて夕餉かな喜多吃音

  • 待ち焦がれ風になりたや江戸風鈴北の小鹿

  • 身動きもせぬ風鈴や眩し朝北の貴子

  • 風鈴の黙して久し父母の家木原洋子

  • 風鈴に揺れる短冊アンパンマンきべし

  • 風鈴の音色も聞ゆインスタ映え木村かおり

  • 風鈴の短冊新た風を待つ木村となえーる

  • 風鈴の音に誘われ睡に落ち木村波平

  • エトランゼ買う風鈴の二つ三つQ&A

  • マンションで風鈴たちまち猿轡教来石

  • 風鈴の揺れあふ先の法隆寺木代成愁水

  • 風揺らぎ風鈴の音で夢の中きよんせ

  • 風鈴の乱打す豪雨午前二時銀長だぬき

  • 風鈴やサインポールのかたわらで草野あかね丸

  • 境内の万華鏡のごと風鈴朽木春加

  • 宿題や風鈴の音にうたた寝す國吉隆仁

  • 風鈴や風なき日には風になれ窪田睡鯨

  • 風鈴や時は経てども音錆びぬ空流峰山

  • 風鈴を仕舞い忘れて夜半の風くろべぇ

  • 嗚咽消す軒風鈴の音や優し桑原和博

  • 風鈴を吊す針金そのままにケイコサン

  • 風鈴や夕暮れ時の縁の猫景清華

  • 風鈴の響きて黒き南部鉄家古谷硯翠

  • 嵐の夜南部風鈴荒れ狂うケセラ幸子

  • 風鈴と風とが遊ぶ軒の下 月昭

  • 風鈴や尼僧の声の透きとほる健央介

  • 引っ越しやわわし風鈴吊るしまま紫雲英

  • ひといきれ改札口の風鈴の音ゲンさ~ん・は~い

  • 舌を出し目にもおかしき風鈴よ源氏物語

  • 風鈴やいつも通りの生返事兼珍

  • 風鈴が祖父の寝言に返事する鍵盤ポロネーズ

  • 風鈴や髪なびかせて漂って己斐はじめ

  • 銅鐸にいにしえ舞ひぬ鉄風鈴ごうがしゃ

  • 軒先につるす風鈴趣が高坂和子

  • 風鈴を飽ず眺める暇かな柑たちばな

  • 風鈴のハタリと止まり落暉燃ゆ幸水

  • 白日の硝子風鈴土産とす紅茶一杯

  • 風鈴や鳥の鳴き声ハーモニー紅梅薫夜

  • 風鈴や生きづらき世を受け流す宏楽

  • 風鈴に泳ぐみづ草花火色コケコッコケコ

  • 風鈴のそよに目覚めし昼下がりココムカイ

  • 吾子泣きて風鈴揺らす風の吹く茣蓙雉右衛門

  • 風鈴の間をおく朝の始発駅小嶋芦舟

  • 下駄の音市の風鈴にあっ止まる木積

  • 昼下がり風鈴さそう通い風こでまり亀井

  • 子が呉し卓上風鈴ひとり居にこむぎ

  • じじばばへ産声つたふ風鈴や小山祐治

  • 風鈴のふたいろそぞろ絡まり来榊昭広

  • 負の心理初心の日の風鈴偲ぶ坂島魁文@回文俳句

  • 夕暮れにやっと一リン風鈴やさかたちえこ

  • 風鈴や老婆ひとりの5DK魚のくるぶし

  • 風鈴のシャワーはふたりへの応援歌坂本千代子

  • あるかなし風鈴の音に歩の軽し坂本美智代

  • 風鈴や破れ短冊鳴り潜む相良まさと

  • 閉店の軒の風鈴ちりぃんと櫻井弘子

  • 風鈴やニョゴニョゴ動く猫の髭笹かま

  • 灼熱のガラスを吹いて江戸風鈴佐々木邦綱

  • 風鈴やご苦労様と午後の風佐々木幸江

  • 船旅終え異国の風待つ風鈴ささきなお

  • 風鈴の下を厠へ向かう夕紗々

  • 風鈴の音に母との片時霞み幸子

  • 風鈴の第一声は空へ跳ね紗千子

  • 風鈴や義母に絶縁宣言すさっち

  • 風来る南部鉄器の風鈴へ佐藤花伎

  • 君が去り空しく響く風鈴よ佐藤俊

  • 亡き人を思う真昼の風鈴の音里海太郎

  • 風もなき夜に風鈴のドレミレド佐藤美追

  • 縁結び風鈴踊る猪目窓佐藤佳子

  • 新風に揺れる時世の風鈴よ佐藤里枝子

  • 風鈴の音色めでる大和びとよさぬきのにゃんこ

  • 風鈴を辿り曲がった知らぬ路地鯖水煮

  • ずっとある風鈴の音今聞こえ錆びた猫

  • 誰が買いし南部風鈴パリの軒皿檸檬

  • 錆びついた風鈴の音や風当てる塩沢桂子

  • 定位置に吊るす風鈴鳴らしめる塩原香子

  • 風鈴も吾子はてるてる坊主かなしげとし

  • 風鈴は駅メロに応ふるやうに品川笙女

  • 遠方の風鈴むなし無観客渋谷武士

  • 風鈴の見せる音色に陰と陽島じい子

  • 寂しさのつのる風鈴形見分け清水容子

  • 風鈴吊す誕生日はこのくらい清水三雲

  • 風鈴が最後に鳴くは稚児の手十一月菜名

  • 風鈴と子の呼応するタンバリン下丼月光

  • 風吹けば法話止まりし風鈴寺しゅういずみ

  • 人気なき家の風鈴人を恋い秀耕

  • 風鈴や大工仕事の父休むじゅこ@トーキング

  • 「涼」脳に疾走る風鈴の余韻獣羅

  • ビル街に造花の蔦につかまる風鈴湘南じじ

  • 試験日の軒の風鈴よく響く白井百合子

  • 風鈴の音色嫌いてジミヘン弾く白沢修

  • 騒音主の風鈴すらうるさい白浜ゆい

  • 風鈴や狭き窓より雨告げる四郎高綱

  • 持ち主がいない風鈴まだ息吐くよう白とり貝

  • 風鈴のここよここよとガラス館殿

  • 耳治癒し一途風鈴聴きをりぬ新濃健

  • 赤き魚よ風鈴に遊びおり森牧亭遊好

  • 風鈴やお仏供頬張り逃げる甥水牛庵乱紛

  • 塔軒端風鈴静法隆寺酔軒

  • もののふの南部風鈴いくさあと杉浦あきけん

  • 風鈴のトンネル眩し寺の朝杉浦真子

  • うたた寝へちりり風鈴声かけし鈴野蒼爽

  • 嫁ぐ日に寡黙な父の釣る風鈴素敵な晃くん

  • 美濃焼の風鈴400風待ち中静江

  • 風鈴や音に誘われて路地裏へ青児

  • 風鈴と共に土煙る歓声星夢光風

  • 空き多き団地にわたる玻璃風鈴瀬央ありさ

  • 通るたび風鈴の鳴る中廊下関とし江

  • 風鈴の二音オクターブの共鳴瀬戸ティーダ

  • 風鈴にしか気づけない風のあり千波佳山

  • 妻逝きて風鈴の音繁く鳴り惣兵衛

  • 土産店棚風鈴の閑古鳥そうま純香

  • 風鈴や下弦の月の往くところ曽我真理子

  • 風りんりん誰が発明したのやらそしじみえこ

  • 風鈴の音のシャワーに身を浸す蘇州

  • 風待ちて風鈴高く掲げたり杣人

  • 一瞬の無音もたのし風鈴よ染野まさこ

  • 風鈴の音に誘われ珈琲店

  • アパートの空き部屋の風鈴幽か空豆魚

  • 縁側でそよぐ風鈴子守唄空豆門奈

  • 文机にかの日の風の風鈴よ駄詩

  • 風情とはコーラポテチに風鈴ぞたいやきは腹から食べるにゃんこかな

  • 風鈴の音も届かぬ君の耳平愛

  • (2021年)子の絵付けし風鈴を母に送る高石たく

  • 手を合わし煙が染みる風鈴の音髙上ちやこ

  • 風鈴の音が聞えぬ昼下がり高橋基

  • 風鈴に乗せてお空へ吾子の声高橋紀代子

  • 風鈴の刹那に響く音ぞする高橋聖花

  • 風鈴やうたた寝ややにエピローグ高橋裕樹

  • 風鈴の中で金魚が泣いている高橋光加

  • 売り子に負けじと声張る風鈴や高林学

  • 飛行機雲や風鈴を鳴らさんと竹一

  • 朝吠える花を背にし啼く風鈴

  • 風鈴や外とお家をつなぐもの竹田亮

  • 「ゲームセット」リンと風鈴眼鏡拭く多胡蘆秋

  • 風鈴や初当選のコンサート黄昏文鎮@いつき組広ブロ俳句部

  • 潮騒に珈琲の香と貝風鈴ただ地蔵

  • 民宿のラジオ体操風鈴鳴る立葵

  • 風鈴はancientへツナグ高音橘乎夏

  • 風鈴や寝息優しい力士かなダック

  • 学ランの吊るす風鈴金魚浮く立田鯊夢

  • 風鈴の軽き響きや街眠る立野音思

  • くろがねの火箸風鈴風まわる蓼科嘉

  • 風鈴の音で少し眠るぜいたくよ立山はな子

  • 懐かしく雨戸繰るやに風鈴音田中明美

  • 風鈴の音吾を諭すかに母の声田中勝之

  • 風鈴の鈴の音に今日も癒される田中花音

  • 風鈴や母の口元絶え絶えに田中洋子

  • 満月に硬き音で添う風鈴かな谷口昭子

  • 路地しづかあの家この家も風鈴かな谷町百合乃

  • 風鈴や足の爪切る父の背に谷本真理子

  • 手作りの風鈴の音の沁みにけり玉井令子

  • 良い縁がありますように鳴る風鈴たまのねこ

  • 威勢よく響く風鈴漁師町田宮勘八

  • 廃材のガラスの風鈴くれし人田村モトエ

  • 風鈴や風にこぼれる澄みし音ダメ男

  • 風鈴は風のささやき笑い声田本雅子

  • 無辜の声行幸通りの風鈴祭淡水亭

  • やみ夜窓あけし風鈴ともし火よ智慧の環

  • 風鈴や紅殻格子緩り行く千葉睦女

  • 風鈴や懐かしき友訪ねけり千風もふ

  • 1日の終わりにそっと風鈴よ千夜美笑夢

  • 風鈴の鳴りてしづかな夕べかな中トロ

  • 縁側のうなじくすぐる風鈴ひとつ澄心静慮

  • 阿波の夜二拍子刻む風鈴よ長楽健司

  • 風鈴よ音がするまで待ってゐる千代呂

  • 風鈴やコーヒータイムの受験生珍風伊潤

  • 電気店電子風鈴今どきの辻宝樹

  • 風鈴やいづこへ誘ふ旨寝の子辻内美枝子

  • 風鈴の音心で聴く母と友と辻巣雀

  • 風鈴に風吹いてきて読書かな辻ひさ子

  • 風鈴と交信するや星ひとつ辻陽気姫

  • 幾年月老舗食堂の風鈴や津田涼子

  • 風鈴や時に激しきフラダンス土田耕平

  • 風鈴やちりりん猫の目の動く綱川羽音

  • 境内の風鈴チリン風の道つなすず

  • ペアガラス閉めて風鈴揺れるだけ津幡GEE

  • 抜け裏の風鈴の音におどろきぬ露草うづら

  • 風鈴やてるてる坊主の並びおる露口全速

  • 風鈴や妻の膝の上なる灸鶴小なみ

  • 風鈴激し掛け布団取り込みぬT-京條

  • シエスタに南部風鈴やわらかに哲山(山田哲也)

  • 風鈴の音に妥協は許されずてまり

  • いまの子も時の音を汲む風鈴の寺林凌

  • 風鈴を選ぶ福耳海の風でんでん琴女

  • 大部屋に入院の子へ小風鈴天童光宏

  • 風鈴のゆらぎに添うて船をこぎ蚕丸

  • 清風を屋台に引きて風鈴売りどいつ薔芭

  • 風鈴や黙想会の沈黙へdoいつもcoいつも

  • むずかる子に風鈴見せて触らせて

  • 風鈴や座敷わらしの通り道トウ甘藻

  • 風鈴やこの世はすべて動と静桃和

  • 物言わぬ老夫婦の風鈴なる徳田ヨーコ

  • 風鈴の微動だにせずニコク沿い毒林檎

  • 風鈴は合図祖父との絵の時間杼けいこ

  • 風の道探して吊す風鈴や戸根由紀

  • 尼寺の粋なお下がり風鈴ぞ冨川友香理

  • 巻き上がり連打で急の風鈴よ冨川精子

  • 風鈴のだらりと眠る昼下がり

  • 風鈴が螺髪のようだリーンリン豊川顕

  • 風鈴の透明の音の届けたき内藤由子

  • 風鈴を作る手聴く耳ゆらす風長崎夏海

  • 風鈴の音で微風に気付きをり中里蛙星

  • 軒下に泳ぐや金魚江戸風鈴中嶋京子

  • コンクリの街の風鈴インテリア中島圭子

  • 風鈴に尋ぬる家を教えられ中嶋敏子

  • 夫の好きだった風鈴吊らぬ訳中瀬すみっこ

  • 駅地下の風鈴たのし歩みゆく中中

  • 風鈴や胃ろうの父が見ていた空中西歌子

  • 風止むも風鈴騒ぐや猫ジャンプながのりりー

  • 熊除けに風鈴下げる祖父がいる中まり子

  • くろがねの風鈴共に転勤す仲操

  • 風鈴をゆらして母は帰りおり中村こゆき

  • せせらぎに風鈴の音歩をゆるめ凪ゆみこ

  • 風鈴に一期一会の通り人那須のお漬物

  • 猫見上ぐ風鈴短冊ちりちりと夏雲ブン太

  • 風鈴で毎年思う祖母の顔夏の夜はでめちん

  • 風鈴の鳴る回廊に恋生る夏目坦

  • 雨の日の江戸風鈴のソファミレド⑦パパ@いつき組広ブロ俳句部

  • 音消せる思惟の風鈴so cool浪速の蟹造

  • 媼のみ見ゆ風鈴を揺らす人奈良素数

  • 旅先の珊瑚巻貝風鈴に新美妙子

  • 風鈴が鳴らぬ裸で寝転びぬにいやのる

  • 風鈴もだるき無風の昼下がり薫子

  • よく来たね軒の風鈴母の声二階堂恵

  • 風鈴の気配隠してテレワーク西尾至雲

  • 長野から甲府へおくる風鈴よ西澤ひより

  • 風鈴の動かぬ家に救急車西田月旦

  • ふと誰か風鈴の音に振り返る西原さらさ

  • 真昼の隣家の風鈴不要不急尼島里志

  • 風鈴や夜空轟く合間の音二上松風

  • 風鈴や母に抱きしめられる夢庭熊彩和音

  • 風鈴の狂おしく揺れ雨の来る沼沢さとみ

  • 風鈴に絡まるツルをほぐす夕ねがみともみ

  • 朝戸風風鈴息を吹き返すねぎみそ

  • 気流に踊る風鈴のきかん坊猫詠たま

  • 潮風に溶けゆく音色貝風鈴根々雅水

  • 風鈴と進軍ラッパ鳴る夜明け涅槃girl

  • 生首めくキャラクター風鈴の玻璃野井みこ

  • ひびき合ふ玄関の風鈴と声のど飴

  • 貝殻の風鈴伝う海の声野中泰風

  • 風鈴やしなしなポテトと吾子の黙ののr

  • 風鈴に合う風合わぬ風のあり野原蛍草

  • 風鈴やあの日の父に問い返す野原理佳

  • 風鈴の音に巡らすみちのく路延杜

  • 風鈴は南部鉄なり夢の後則本久江

  • 寝苦しき宵越し風鈴舌抜かれ羽織茶屋

  • 風鈴やロベの畑は眠り着く白雨

  • 風鈴や心を風の通りゆくパクパクポンタ

  • 出勤前ベッドメイクに風鈴りん橋爪利志美

  • 風鈴のf分の一ゆらぎかな橋本恵久子

  • 江戸風鈴買って川越縁結び馬笑

  • 風鈴の古寺にあまたのギヤマン長谷川遊山

  • 風鈴に合いの手入れる高いびき畑中真土

  • 病む妻の笑顔見たさに風鈴を畑田ほずみ

  • 風鈴を異国で吊るし目をとじるはちえいと

  • 風鈴の鳴らぬ夜ひつじ百を超え葉月けゐ

  • 風鈴を風ごと買うてひとり酒パッキンマン

  • 風鈴のイルカは海を風に聴く八田昌代

  • ベランダで風鈴の音懐かしむ服部たんぽぽ

  • 風鈴やページをめくる風ぬるし初野文子

  • おみやげの竹の風鈴今は夢花岡紘一

  • 風鈴を音より柄で選ぶ我花岡浩美

  • 景品の風鈴一棟共鳴す花岡淑子

  • 雨に鳴くガレキの山の風鈴や華樹

  • 戸の隙間風鈴鳴りし空き家なり花弘

  • 音が風呼ぶ南部鉄のふうりん花子.Y

  • 風鈴や初産待たるるばばになる花咲みさき

  • 風鈴も昼寝中にはちと騒がし花咲

  • 風鈴を吊れば南部の音(ネ)を放つ花野

  • 卓上の風鈴へ息夕ひとりはなぶさあきら

  • ザックには南部風鈴けもの道濱野菜摘子

  • 風鈴や母の気配の香り来る浜友輔

  • 風鈴よその音も色も燻し銀林田りこ

  • 風鈴の音も賑やかに陶器市原善枝

  • 風鈴の音に苦情きて祖母涙原島ちび助

  • 訪問の客に返事は風鈴が原田民久

  • シャラシャラと貝風鈴の独り言原乃野衣

  • 老二人朝餉にキッチンの風鈴原宣子

  • 我が夫の風鈴吊る背に手を添えて針子のネコ

  • 風鈴市音色それぞれ個性ありharu.k

  • 音の響き心清める風鈴だばんしょう

  • 風鈴の僅かな響き風探すひーたん@いつき組広ブロ俳句部

  • 風鈴や不意の音に我鎮まりぬひーちゃんw

  • 風鈴や君と会う日の音高し東の山

  • 隣家の子今年は背のびせず風鈴東原桜空

  • 厄除けの風鈴火箸母も逝き東山たかこ

  • ベッド脇揺れる風鈴母眠る微喜

  • 風鈴の余韻に深き息の吐きひぐちいちおう(一応)

  • 耳で観る風鈴揺れて我を聞きヒゲラ

  • 縁側で美風にあうよ風鈴だ美泉

  • 江戸風鈴散歩の犬の佇めり美竹花蘭

  • 風鈴も俯して泣く星降る夜ヴィッカリー趣乃

  • つなぐ手でさがす風鈴鳴るところひっそり静か

  • 風鈴の音色しみいる夜風かな日向の熊

  • 風鈴を吊るし変化の風を待ちひな芙美子

  • 風鈴の音ごと届くLINEかな緋乃捨楽

  • 鎮守から風鈴の彩LINEにて日々生紡

  • 風鈴に「たかし」と名付けつつく夜ヒマラヤで平謝り

  • 凛々凛風鈴振って走る吾子向日葵@いつき組広ブロ俳句部

  • 風鈴の呼び込む風は母の風氷室茉胡

  • 風鈴や母の形見のワンピース妃可

  • ビードロのやうな風鈴すくいけり姫川ひすい

  • 風鈴に想いを込めて友に贈りしひめりんご

  • 捨てられず引っ越し重ねて風鈴や飛来英

  • 人住まぬ実家南部風鈴のかすか平井由里子

  • 南部鉄の音の身に染むる宵風鈴平井千恵子

  • 風鈴のコーラスクールソロも良し平岡花泉

  • 風鈴や空に金魚を解き放ち平松一

  • 配られし風鈴同じ音を立て昼寝

  • あるなしの風思い出よ風鈴よ蛭本喜久枝

  • 風鈴やかきこむカレー3杯目ひろ夢

  • 風鈴や洗濯2回まわしけり琵琶京子

  • 船を漕ぐ竹風鈴のケチャダンスフィカス久見子

  • 重力を断ち切る風や風鈴の鳴る風泉

  • 風鈴や波やむまじきテロワール深川佳子

  • 雨戸閉て風鈴騒ぐ半鐘のごと深蒸し茶

  • 風鈴の魔除になると知らざりき深夜のり子

  • 舌まわるだけの風鈴重き犬福井三水低

  • 風鈴を残して愚息自立する福川敏機

  • 風鈴のゴングしじまに平行線福田みやき

  • 風鈴や茶の間に待機して通夜へ福月スミレ

  • 大食の罪消ゆるごと風鈴や福弓

  • 風鈴や短冊つかむ赤子の手藤井京子

  • 風鈴の音聞こえて本閉じる藤井聖月

  • 風鈴や吊りし歳月手のひらに藤丘ひな子

  • 風鈴やはげしく鳴りて口汚す藤川鴎叫

  • 耳遠き父に風鈴贈りたり藤倉密子

  • 風鈴は鳴る戦争は要らぬとな藤咲大地

  • 風鈴を甚く好みし校長宅藤田康子

  • 開店休業風吹かぬ風鈴藤原訓子

  • 髪乱れ光る額に風鈴チリン双葉@あさ葉会

  • 誰が掛けし湖畔に小さき鉄風鈴風友

  • 風送り風鈴鳴らして笑う子ら古沢和

  • 風鈴に昼見世の花魁思う古澤久良

  • 幼き日母の吊るしし風鈴か古下翠照

  • 風鈴を持つ手に赤く刺されあとヘッドホン

  • 風鈴や中華そばをも冷やしけりベニヤサン

  • 廃屋や風鈴音色なお響く房総たまちゃん

  • はじめての風鈴の音に笑みあふれぼくのはね

  • 今日の風鈴はヒップホップ奏で星雅綺羅璃

  • 風鈴や虚無僧来たる夜の怪星善之

  • 風鈴や記憶の音がよみがえる細川小春

  • 先生の歩幅追う子らの風鈴ポップアップ

  • 手作り風鈴キョロキョロ猫じゃらし堀江弘子

  • 先代の風鈴出して吊しけり堀隼人

  • 風鈴や月の砂漠は無風なり盆暮れ正ガッツ

  • 手作りのガラスふうりん風まだか凡々

  • 亡父吊りし南部風鈴音無しげ本間美知子

  • 風に乗るシャリリリリンは風鈴屋ほんみえみねこ

  • 風鈴売てかる小麦の腕細しma_tan.

  • 上階の止まぬ風鈴赤き舌前田冬水

  • 宵の響は風鈴を打つ風任せ眞熊

  • 風鈴屋タバコ一服風を待つまこと(羽生誠)

  • 吊りてすぐ風鈴の音何とさわやか正岡恵似子

  • 風鈴の音色寂しき主なき雅蔵

  • 静かなる風鈴揺れるサッシ越しまさなか明村

  • 壊れそなガラス風鈴君の宿またあ

  • 風鈴に背伸びし妻の愛しさ町田勢

  • 駅ラッシュどこからともなく風鈴の音松井研治

  • 軒先の風鈴の音三重奏松井研治

  • 居眠りの猫を風鈴からかえり松井酔呆

  • この広場風鈴たちのコンサート松岡幸子

  • 連ねたる千の風鈴歌い出し松尾義弘

  • 風鈴や風は居間から寝室へ松平武史

  • 風鈴や三行半の粋な文松高網代

  • チャリチャリとあれ風鈴や黒いすじまっち姉

  • 一斉に風鈴の泣く三瀬川抹茶子

  • 風鈴の音がイマイチと母の声松野蘭

  • 風鈴の優しさに気づく月参り松村達也

  • 風鈴きらりサンキャッチャーのごとく松本寿泉

  • 風鈴や祖母に抱かれし吾子なる我松本牧子

  • 風鈴やひとり風待つ母の留守松山のとまと

  • 風鈴の音にピースの匂いあり豆福樹々子

  • 新しき風鈴と待つ賑わう日まやみこ恭

  • 風鈴や絵付け金魚が空泳ぐ真理庵

  • 一人旅風鈴の鳴る駅に着くまりい@

  • 風鈴を持つ吾子の手にそよぐ風○エツねも

  • 竹風鈴父の手づくり七回忌三浦ローズ

  • 風鈴の音に風を知る夕まぐれ三浦ユリコ

  • 風鈴や無言の二人陽は西に三島瀬波

  • 鉄硝子風鈴選びどれよどれ水乃江辰

  • 風鈴のあらしの夜に引き裂かれみっちー@TG

  • 「おかえり」と風鈴の音出汁の匂い緑風音女

  • チリと鳴る風鈴闇の吐息かな水無月葉子

  • かすかなる風鈴の音や耳に浸む湊かずゆき

  • 風鈴や風待ちわびて音ゆたかみなみはな

  • 旅を終え鉄風鈴がまたひとつ三保鶴

  • 風鈴やセットリストは風任せみほめろ@いつき組広ブロ俳句部

  • 磁器婚式の調べ風鈴も笑む宮井そら

  • 風鈴や茶の間の昼に呼ぶ睡魔見屋桜花

  • 純白の風鈴ゆれる路地裏で宮階愛子

  • 山田さんチの風鈴か夜半の夢三宅雅子

  • 風鈴やイケメン揃いの韓ドラ都乃あざみ

  • 風鈴も外して守る子の寝顔雅乃珠晃

  • 添い寝する風鈴の音や風静か美山つぐみ

  • 夕げ支度の音風鈴の音そよと宮村寿摩子

  • 丑の刻南部風鈴ざわめきぬ宮村土々

  • 風鈴や瞬きほどの時沈む

  • 鬼瓦風鈴の音のやはらかしみわ吉

  • 通知表こごとの母と風鈴と無弦奏

  • 見栄えはガラス音色は鉄が良き風鈴睦月くらげ

  • 風鈴や風の在りかを思い染むむねあかどり

  • 風鈴の見つからぬまま暮れにけりむゆき

  • 風鈴が聴いてほしいと呼び止める紫けい

  • 父がをり風鈴の音も逆らはず紫小寿々

  • 自転車の風鈴ビブラート高し村瀬っち

  • 日暮れても今日は風鈴所在なげ目黒千代恵

  • 風鈴の風を起こして囁きぬ目に若葉

  • 風鈴や夕刊来たと教えたりモコ

  • 風鈴や風に吹かれて歌う歌momo

  • 風鈴の鳴りて風の形見ゆ桃香

  • 風鈴作り自慢げの吾子の手にもり葵

  • 風鈴や名も無き家事に倦みし昼もりたきみ

  • 風鈴を下げて窓辺の風踊る森山遊鳥

  • 風鈴の音色比べし夜見世かな諸岡萌黄

  • 風鈴の音色にこもる昭和の香焼津昌彦庵

  • 失恋が蘇えってくる風鈴の音ヤキニクまん

  • 風鈴よ負けるな空の轟音に八木実

  • 風鈴の音の散りゆく瀬戸の海矢口知

  • 風鈴やガラス越しにて音もせず八坂ふくろう

  • おりんのごと風鈴ならす千の風痩女

  • 物干しに風鈴引っ掛けひとり呑む柳井るい

  • 御主人は風鈴の鳴るほうに居てヤヒロ

  • 故郷へ馳せ清がしや風鈴の音山内直美

  • 風鈴や舌の短冊に子規の句山川腎茶

  • 黒雲のわきて激しき風鈴や山川芳明

  • 風鈴や眠気をさそう辞書の文字山口一青

  • 風鈴を求めし遠き日の父よ 山口香子

  • 風鈴の音色優しき午睡かな山口雀昭

  • 鳴り騒ぐ風鈴の音や友帰る山口たまみ

  • 手作りの風鈴棹にわずか揺れ山崎鈴子

  • 風鈴やミシンの音にかよふ小夜山科美穂

  • 風鈴やカラリ乾きし洗濯物山育ち

  • 遺されし風鈴の音が頑張れと山田啓子

  • 風鈴の音にもまさる絵付けかな山田文妙

  • 不眠の兄に母よ風鈴までも外す山田喜則

  • 廃屋の風鈴の音懐かしや大和屋としより

  • 風鈴や侃侃諤諤ケセラセラやまな未

  • いつ頃か記憶から消えた風鈴の音山根あらぐさ

  • お土産の風鈴掛ける物干し竿山野花子

  • 風鈴の音色でわかる風のみち山本康

  • 風鈴や音無き風の姿なり山本蓮子

  • 去年とは違う風鈴若夫婦山吉白米

  • 風鈴の音には幼児も寝息たて行成陵真

  • 風泣きて風鈴きみはいずこかな雪ノ下青観

  • 風鈴のどれも馴染んで里の家欲句歩

  • 強風に風鈴ちりちり鳴きける夜香

  • 風舞いて風鈴の舌踊りし日吉哉郎

  • 風鈴と独りぼっちの家居なり吉川拓真

  • 幼子の取っ組み合いに風鈴の音よしぎわへい

  • 廃屋の風鈴の音に足止めるよしだびふう

  • 風鈴とりん棒揺らし父を拝み朝吉野川あらた

  • 寝入りばな軒の風鈴タタミの香吉藤愛里子

  • 鍵もせず風鈴チリリ返事だけ来知万郷

  • 怪談を終えて静寂の風鈴ラジオ体操の鬼

  • 風鈴にアルゴリズムの閃いてラリック伊藤

  • 生まれ落つ風鈴の鳴りやまぬ夜に梨音

  • 工作の風鈴物干し竿の端龍華

  • 風優し風鈴の音ひとり酒麗詩

  • 風鈴や仲見世覗く親子連れ蓮風

  • 風鈴の揺れに蕩けて夢ちりん六鬼威

  • ようやっと風鈴鳴りてウォーキング若林千影

  • 自転車に風鈴さげて走る父俳優人

  • 風鈴の歌は何処や今の世は鷲野の菊

  • 風鈴の先にマスクの民の群れ海神瑠珂

  • 風鈴や音一つして闇静かわたなべすずしろ

  • 室外機に煽られ不貞る風鈴やわたなべいびぃ

今月のアドバイス
夏井いつき先生からの一言アドバイス

●投句者の皆さんへ

○俳号とは、その句が自分のものであることをマーキングする働きもあります。ありがちな名前、似たような俳号での投句が増え、投句者双方の混乱も起こっています。
 共に学び楽しむための俳句欄を維持していくため、〈俳号に姓をつける〉あるいは〈差別化できる俳号を工夫する〉ことを、ささやかな約束事としてご協力願います。


●俳句の正しい表記とは?

  • 生きている 風鈴吊るす 老いの朝
  • 荒天に 風鈴の音 忙しく紫詢
  • 風鈴と ?が仲良く 大合唱彗未
  • 皮肉だね 熱の風鈴 涼を告ぐ森谷海
  • 風鈴の 音色が響き えんむすび ゆめのあい金子恵子

○「五七五の間を空けないで、一行に書く」のが、俳句の正しい表記です。まずは、ここから学んでいきましょう♪


●兼題が入ってない!

  • 七夕の色とりどりの願いかな太田輝彦
  • ベランダにくまモンTシャツ大と小しんび
  • 網戸蝉叫べよ私は桐の箱道明春香

○今回の兼題は「風鈴」です。兼題を詠み込むのが、たった一つのルールです。

  • 夕涼み鈴の音に兄想うko_sayomi
  • 孤独の身貫く風は明日の音よ奈月陽
  • かぜにのりふわりと音はあさがおにふれ林誠子
  • 鈴の音は涼風来たりの合図かなヒサコサンシャイン

○兼題「風鈴」をテーマとして考えた一句かもしれませんが、あまくでも「風鈴」という季語を詠み込む必要があります。

  • 風の鈴摩文仁の丘の刻銘碑石倉啓子

○「摩文仁の丘の刻銘碑」は、沖縄の平和記念公園の碑であることは分かるのですが、上五「風の鈴」を、季語「風鈴」と解してよいものかどうか、悩ましいとこころです。


●文字化け?

  • ?器の音伊部風鈴に遺さるる柊二
  • 風鈴を吊るせぬ?きビルの群れ中島葉月

○ネット俳壇の宿命でもあります「文字化け」。こればっかりは、致し方ない……残念。


●季重なり

  • 風鈴を仕舞へど残る暑さかな麻場育子
  • 涼やかに添い寝くれるか風鈴よ唯沢遥
  • 病にて酒飲めぬ夏風鈴を聴く海野洋
  • 風鈴が鳴る暑くなるのが我が家遠藤愁霞
  • 風鈴の音の着信音で涼をとる海碧
  • 遠き日の風鈴涼し父母がいて一枝
  • 風鈴と競う鈴虫擦れ聲加藤雄三
  • エアコンの風に風鈴焦らされる空龍
  • クーラーに負けじと歌う風鈴の声熊野みーぼう
  • 風鈴に涼風もらう垣根越し来冬邦子
  • 風鈴の祭りの夜に偲ぶ人西條晶夫
  • 涼風の風鈴残し友旅立つ佐藤しらべ
  • 風鈴の聞こえる縁側夏休み重芳
  • 歩止まる暑の真昼風鈴の仄か東雲
  • 風鈴の音に誘われ昼寝落ちじょん爺
  • 風鈴はリンリンせわし台風来立山枯楓
  • 風鈴越しの浴衣薄浅葱の夏ちぇるしー
  • 風鈴の音で知る夏の風茶坊
  • 風鈴の動かぬ先に入道雲根本すみ子
  • 風鈴やエアコンの下ドア開く藤川鴎叫
  • 懐かしい蝉の鳴き声風鈴とともにまさごっと
  • 夕暮れの稲穂や奏でる風鈴ムーミン
  • 風鈴を鳴らして久し日焼け顔森ひのき
  • 風鈴や暑さ和らぐ生き心地やのかよこ
  • 扇風機売場の風鈴買いますよ結壱隆月

○一句に複数の季語が入ることを「季重なり」といいます。季重なりはタブーではなく、高度なテクニック。季重なりの秀句名句も存在しますが、手練れのウルトラ技だと思って下さい。まずは「一句一季語」からコツコツ練習していきましょう。「蝉」以外のどれが季語なのか、歳時記を開いて調べてみるのも勉強です。

  • 風鈴鳴っても木枯らし自由律太郎
  • 終戦日ただ風鈴が泣いている日向大海
  • 風鈴の音に朝顔や凜と咲き三須多 敏
  • たなびく風鈴四万六千日Y・りこ

○これらの句も、季重なりではありますが、「風鈴」が脇役になっているといえます。特に、「風鈴鳴っても木枯らし」「たなびく風鈴四万六千日」は、あとひと工夫で季重なりの作品として成立しそうなところまできてはいます。
 ただ、本サイトの目標の一つは、皆で同じ季語に挑みつつ、季語の本意を学ぼうというものです。まずは兼題として出題される季語に真正面から挑戦していただければと思います。


◆類句から学ぶ

  • 引越やまず風鈴を吊りにけり山口一青
  • 荷解きて先ずは風鈴吊りにけり淺野紫桜
  • 荷を解きてまずは風鈴吊るしけり飯村祐知子
  • 風鈴の軸は地球の核通る富野香衣
  • 風鈴や地球の真中指して鳴るみつれしづく
  • 風鈴や錫はときどきラの♯海葡萄
  • ラの音で始まる今朝の風鈴は西原みどり
  • ラの♯終着駅の鋳物風鈴比良田トルコ石
  • 溜め息ひとつ風鈴にラ行の音雑魚寝
  • 風鈴や揺るるソとラは心地良くみほめろ@いつき組広ブロ俳句部
  • 風鈴のファの音にシャープつく一瞬望月ゆう

○それぞれ悪くない句なのですが、こうやって並べてみると、確かに類想だなあと思えてしまいますね。

  • 風鈴のファの音響く雷門草野あかね丸
  • 風鈴はレ♯ハムのヒモ切ってDAZZA

○同じく「風鈴」+「音階」の句ですが、それぞれ「雷門」という場所、「ハムのヒモ切って」と意外な展開などを取り合わせると、小さなオリジナリティが手に入る、ともいえます。
 類想類句の沼から抜け出すためのヒントを、YouTube『夏井いつき俳句チャンネル』のシリーズ「夏休み凡人あるある脱出作戦」にて解説しています。類想に悩んでいる皆さんは、是非参考にして下さい。
※シリーズ「凡人あるある脱出作戦」のプレイリストはこちら

ご応募はこちら

12月の兼題

「狩」

過去の審査結果

俳句生活TOPへ戻る