夏井いつき先生の俳句生活

夏井先生のプロフィール

夏井先生のプロフィール

夏井いつき◎1957年(昭和32年)生まれ。
中学校国語教諭を経て、俳人へ転身。俳句集団「いつき組」組長。
2015年初代「俳都松山大使」に就任。『夏井いつきの超カンタン!俳句塾』(世界文化社)等著書多数。

ご応募はこちら

6月の兼題

「短夜」

4月の審査結果発表

兼題「蜂」

 お待たせしました!4月の兼題「蜂」の結果発表でございます。今月も夏井先生からの「今月のアドバイス」は必見です。過去にも「蝶」「蜩」など虫の兼題はありましたが、ごく小さいものにピントを合わせていくようなイメージが湧いてきて面白いですね。6月の兼題「短夜」もふるってご応募ください。(編集部より)

「天」「地」「人」「佳作」それぞれの入選作品を発表します。

天
蜂球の対流しつつ解けゆく

百瀬一兎

夏井いつき先生より

「蜂球(ほうきゅう)」とは、蜜蜂が巣分かれする時の群れの様子を表した言葉です。巣を離れた女王蜂は、半数程度の働き蜂を引き連れ、新しい巣を作ります。巣に適した場所が見つかるまで、蜂たちは球を為すように固まって、一時待機するのです。その様子はまさに「対流」しているかのよう。蜂たちは、押し合いへし合いしつつ、グルグルと流れを作るかのように犇めいています。偵察に出ていた働き蜂が良き場所を見つけてくると、蜂球は「解け」るかのように、少しずつ移動し始めます。中七から下五の描写の言葉を手に入れるまでに、作者はどのぐらいの時間「蜂球」を見つめていたのでしょう。蜂の単体を観察した「一物仕立て」の句も多かったのですが、「蜂球」という現象と真っ向勝負した姿勢も、大いに評価したい作品でした。

地
戸袋へ次々と蜂満中陰

川村湖雪

「戸袋」は、雨戸などを収納するため敷居の端に作られる部分。「満中陰」は死者の成仏を意味する忌明け。親の四十九日でしょうか。生家の戸袋に巣を作り始めている蜂たちは、生きるための営みを続けています。

脈打つや蜂より抜けし蜂の針

樫の木

 人の皮膚を刺した蜜蜂の針は、簡単には抜けません。逆に蜂の腹の一部がもぎ取られ、そこからドクンドクンと蜂の針へ向かって、毒を押し出すのです。「脈打つや」の詠嘆から立ち上がってくる、生々しい映像が見事です。

新任は知らぬ百葉箱に蜂

となりの天然石

 新しくきた先生は、この学校の「百葉箱」に「蜂」が巣を作っていることを知らないのです。理科部の生徒の呟きでしょうか。「新任」の先生への興味が、「蜂」という季語を通してきらきらしています。

発火寸前ちちちち怒る蜂の口

黒子

「蜂の口」をアップで眺めてみると、実に禍々しい形をしていると思ったことはあるのですが、「発火寸前」という比喩や「ちちちち」というオノマトペが、如何にもそれらしく、「蜂」らしいリアリティに満ちています。

蜂はいま怒りに震へたる礫

にゃん

「蜂」は今、完全に攻撃モードになっています。ぶんぶんという羽音は、「怒り」の音です。蜂の金色は、あたかも「怒り」の色であるかのよう。「怒りに震へたる礫」がこちらに向かって飛んでくる。そんな迫力の一句です。

人
  • 日の本の百花へ蜂の八百万丁鼻トゥエルブ

  • 職安の花壇働き蜂まばら堀卓

  • 蜂の針抜けない保険証が無い板柿せっか

  • 蜂の影はらひバッタータイム告ぐ新多

  • さみしさの反証として蜂を飼ふ伊藤映雪

  • 蜂刺しぬ淋しき吾に熱を足す伊藤柚良

  • 蜂帰る夕日の色の脚を垂れ川越羽流

  • 蜂まぶしイムジン河の唄とほしRUSTY=HISOKA

  • 蜂たかる閉ぢて久しき車井戸アロイジオ

  • 町内会費集めて留守と蜂ばかり犬山裕之

  • なにごともなき日やすずめ蜂のほか植木彩由

  • 鼻かかぐ鉄の象にも群れる蜂梅里和代

  • 物置の死角を蜂のぶち当たる梅野めい

  • らうたげな蜂の行き来や薬師堂うめやえのきだけ

  • 黙示録めく蜂飼の防護服加良太知

  • 蜜蜂の無音や供へ花震ふ閑酉

  • 吾は砂に蜂流木に休みたり三水低オサム

  • 養蜂箱の縁に潰れし蜂二匹ジン・ケンジ

  • 柵越ゆる蜂きて象の無頓着田村利平

  • 窓に蜂隣家の洗濯終了音鱈瑞々

  • 蜜蜂はファラオを守りきれたのか綱川羽音

  • 蜂を飼い蜂を食べますそんな村寺尾当卯

  • 八センチの換気孔より千の蜂としなり

  • 青空の反対色として蜜蜂中岡秀次

  • 目に花粉蜂の恍惚極まれり春海のたり

  • ちりとりに埃と憤怒だつた蜂ふるてい

  • チェーンソーの明るき駆動みつばち来碧西里

  • 分蜂途中やシグナルに鈴生りあ・うん

  • 岩波文庫ならぶ書肆へと熊ん蜂EarlyBird

  • 蕊ふかく深く震わせ蜂の翅愛燦燦

  • やはらかき蜂の羽音や父帰る逢來応來

  • 抑止力なき平和とは蜂がこわい青井えのこ

  • 陽光に蜂の羽音や検査の日青井晴空

  • 蜂飛べり翅捻らせて粘らせて青居舞

  • 蜂何時も母を違わず戻りけり蒼空蒼子

  • 朝の駅ひとすぢよぎる金の蜂あおのめ

  • 木星に異変が起きた雀蜂蒼鳩薫

  • 光浴びる蜂献身の生涯よ青花潜

  • メドレーの選曲の輪の方へ蜂青水桃々@いつき組俳句迷子の会

  • 熊蜂の礼儀正しく花に降る赤尾てるぐ

  • 雨が死んでいた容疑者はこの蜂赤馬福助

  • 蜜蜂や今日は掃除と決めました愛柑

  • すてばちに泣いてすっぴんすずめばち明惟久里

  • 沈黙の碑文ハミングの蜜蜂空地ヶ有

  • 蜜蜂の花粉だんごの佳き黄色秋野しら露

  • 役目終え蜂一粒の種子となる芥茶古美

  • 雀蜂群る登記できぬ廃屋朝雲列

  • 目が合へば気の良ささうなくまんばち朝月沙都子

  • 仄暗い芯をよすがとして蜂も明後日めぐみ

  • せまりくる蜂やわらはは方違へあさのとびら

  • 蜂飼うや珠玉のごとく巣箱抱く藍創千悠子

  • 蜂ならば有事の楯にされる齢あたしは斜楽

  • 詩集閉じて薄ぼんやりと蜂を聴くあなうさぎ

  • 蜂飛んで馬の蹄に眠くなる阿部八富利

  • 山野草手折らん横切る蜂遅々とあまぐり

  • 生きゆくは孤独や蜂の目の孤独あまぶー

  • 窓の蜂と不協和音の子守唄雨乙女

  • 軒下にアシナガ蜂を孕む城雨霧彦(木ノ芽)

  • 空腹や発火しさうな熊ん蜂綾竹あんどれ

  • レコードの音飛び蜂のホバリング綾竹ろびん

  • 苔飛び蜂飛び屋根洗浄のしぶき飛びあややDC

  • 雀蜂高倉健の面構へ荒一葉

  • 武器捨てよ蜂はとっぷり蕊の中アンサトウ

  • 麗しく青傘に蜂落下する飯田淳子

  • 蜜蜂の脚は手であり籠であり飯村祐知子

  • 蜂の顎蜂のくびれを切断すいかちゃん

  • 旋回の蜂の森閑たる狂気いくたドロップ

  • 聖書手に神父叩けり蜂一つ郁松松ちゃん

  • 頭もぎ猫にくれてやる蜂でかし池田華族

  • 巣を盗られ落城騒ぎの雀蜂池田桐人

  • 貸し切りと思しき露天風呂に蜂池之端モルト

  • 二の腕の蜜蜂よいま八か月イサク

  • 庭造り蜂の羽音にもう慣れて石井久次

  • 蜂にじる袖の中空に雲なし石垣エリザ

  • 蜜蜂や五百羅漢を一巡り石川明

  • 迷い蜂ここはあなたの場所じゃない石川巴里

  • 熊蜂に声の身体を離れゆき石原由女

  • 巣をつくる女王蜂こわごわ叩く泉晶子

  • 蜂一匹たんぽぽ組を掻き回す和泉攷

  • 蜂払ひ内角高めにツーシーム石上あまね

  • 職人と吾子は仲良し蜂を打ついその松茸

  • 柔らかき水をさすらふ蜂の針いたまき芯

  • あの蜂はうちの子と言う養蜂家いちばほうすい

  • 行く手に熊蜂さて右か左かいつかある日

  • ワグナーの響き引連れ足長蜂一久恵

  • 果つるまで贄噛みしだく胡蜂一愼

  • 愛犬の額に残る蜂の針伊藤順女

  • 蜂来てる涙を拭いてさあ行こう糸へん製作所

  • 駅弁に蜂の一匹止まりけり伊ナイトあさか

  • 敵味方決めぬ安らぎ蜂うなる井中ひよこ号

  • 蜂生るおろおろ這へる巣脾の上伊奈川富真乃

  • 紙吹雪掃く掃く死んだ蜂も掃く居並小

  • 蜂掴む蜘蛛の頭へ蜂の針井納蒼求

  • 東京を旅して蜂に刺されけり伊予吟会宵嵐

  • シートに飯掻っ込んで蜂の飛び交う伊予素数

  • 蜂の針まだ私の温度にて磐田小

  • 蜜蜂を恋煩いとすり替えるイワンモ

  • 教室の蜂と呼ばれて死に絶えるうえともこ

  • ブゥンと来て顎弾き出す雀蜂上野徹

  • 雀蜂山の人居て地酒汲む上原まり

  • 蜜蜂を一匹城と空と撮る兎野紫

  • 部屋の隅三日動かぬあれは蜂宇佐美好子

  • 重なったサッシに雀蜂きれいうた歌妙

  • 雨の日や樹液に群るる足長蜂空木眠兎

  • あしたはどつち分蜂の蜂焼かれ靫草子

  • 蜂止まり地球の自転止まりおり宇野翔月

  • 長命寺道明寺蜂迷いけり海口竿富

  • 蜂はらうブラシ柔らかなる手もと海月のあさ

  • 蜂煌めいた今わたし恋に落ちた海野青

  • この辺にタイムカプセル女王蜂うみのすな

  • 振り払う母の手刺さぬのか蜂は梅鶏

  • 花粉かふんカフン幸福な蜂よ浦野紗知

  • 蜜蜂や我が煩悩の元氣なり粳としこ

  • 飛んでいただけの大き蜂叩かれて麗し

  • 白昼を占領の蜂二万匹吽田のう

  • 蜜蜂の羽音のリズムこそばゆし江川月丸

  • 周りより半音低き女王蜂蝦夷やなぎ

  • 一二匹三四五六七蜂来越冬こあら@QLD句会

  • 部屋に来し蜂行方不明しづかなり絵十

  • 神仏も恋に急かるる蜂の声恵猫

  • 蜜蜂の住所富士コーポ屋上笑姫天臼

  • 蜂がいるからじいちゃんち行くのいやえりいも

  • 蜂の骸ケルン大聖堂の地下えりべり

  • 花房の豊や蜂の溺れかけ遠藤千草

  • 白昼や酔ひどれの蜂墜ちにけり遠藤玲奈

  • 戦場のドローンに似て蜂唸る近江菫花

  • 蜂よ飛べ恋心いま手放そう大石聡美

  • 蜂ひとつ療養あけのランドセルおおい芙南

  • 蜂入り出て行くまでの牛丼屋大岩摩利

  • 観察の蜂は手に来て遊びをり大越マーガレット

  • 蜜蜂が校庭越えて日は西に大阪駿馬

  • だるそうに飛ぶ蜂ひとつあれは俺大澤眞

  • 吾なぞ刺し蜂は一生終へにけり大塚恵美子

  • 立ち止まる我を光として蜂は大和田美信

  • 曇天に穴空く蜂のホバリングおかげでさんぽ

  • 蜂死して廃炉の風に吹かれけり可笑式

  • 骸なる蜂は光を生き抜けり岡田ひろ子

  • 蜂の侵入うかうかと教室はおかだ卯月

  • 約束のごとくに蜂のつきまとふ岡田雅喜

  • 燈明に輝らされて蜂しづかなり男鹿中熊兎

  • 蜂打たれちぎれた頭(かしら)持ち上ぐるオカメインコ

  • 帽子の先に蜂三秒不動岡本

  • 唸り飛ぶ蜂やギャンブル依存症岡山小鞠

  • 遊歩道行き合う蜂の香ばしき小川さゆみ

  • 立ち眩む庭花蜂の羽音ぶぶ小川天鵲

  • 骨上げの火夫の整(とな)ふる箸へ蜂小川野雪兎

  • 屋上に秘密の荒れ地迷ひ蜂おきいふ

  • 半死半生の蜂じつと見てゐるオキザリス

  • 眠剤の蜂がふやけてゆく世界荻原湧

  • ワイパーに縋りつく蜂濡れそぼつ奥寺窈子

  • 甘やかな風や足長蜂ふわり小倉あんこ

  • 蜜蜂や妻且つ母である女小島やよひ

  • 蜜蜂は迷子時空の歪む星越智空子

  • 蜜蜂や「お菓子の家」の魔女は留守落句言

  • 羽音狂はせて飛び交ふ蜂の昼音羽凜

  • 力尽きぬ大雀蜂丸くなり小野ぼけろうじん

  • 露地裏の熊蜂に道ゆづりけりおひい

  • お師匠(おしょ)さんの三味線とぎれ天に蜂おぼろ月

  • 蜜蜂の須臾ためらひて受粉せし海音寺ジョー

  • 蜂の毛の一つも神が作りたり海瀬安紀子

  • ぬおっと暗い木立より蜂の群海堂一花

  • 祭壇の隅へ隅へと蜂追はれ海峯企鵝

  • ゆらゆらと蜂の値踏みの止まざるよ火炎幸彦

  • 土蜂や吾子に語れぬ道辿る柿本苧麻

  • 濡れ縁のふしあなひとつ迷ひ蜂風早杏

  • 蜂の死を掬ふスピカの白き禾加座みつほ

  • 蜂はらふ胸の高きにとまりをりかじまとしこ

  • 異次元の隙より蜂の羽の一閃華胥醒子

  • 金釘の匂い蜜蜂羽音立て梶原菫

  • 濡縁に野良着弁当熊ん蜂加田紗智

  • 花びらをふるはす蜂の重さかな桂もふもふ

  • 蜂群れて郵便受けに配達夫桂子涼子

  • 硝子戸の蜂陽に灼かれ息絶へり加藤水玉

  • 熊蜂や雲の真白を穿つ黒かときち

  • 白壁のヒビから蜂だ祖父の家叶田屋

  • 熊蜂の羽音に同期する臓器仮名鶫

  • 天職に絶えず震える蜂のはね金森マユ

  • 夕暮の廊下足長蜂しづかかぬまっこ@木ノ芽

  • 蜜蜂の帰るところは保健室金子泰山

  • 蜜蜂や働くことに迷ひなし釜眞手打ち蕎麦

  • ロートルの出番職場の蜂騒動神島六男

  • 蜂空にとどまる羽にぶら下がり神谷たくみ

  • 蜜蜂や出入りの多き特売日亀崎波

  • 来ない来る来るな来ないで蜂羽音亀田荒太

  • 土蜂や十階建ての地下の都市亀田かつおぶし

  • 茎上る蜂の飛びたる日向雨亀山酔田

  • 落とされた巣跡に二匹蜂戻る鴨の里

  • 崩落や土の呼吸の蜂の城刈屋まさを

  • 蜂つかむ手にふわりと残る息狩谷わぐう

  • 蜂の来て献花に翅音ふるへけり河上摩子

  • 蜜蜂の翅音ふたりでも寂しい河村静葩

  • 労災のまだ下りぬ腕足長蜂川村ひろの

  • ゴジラ襲来すと蜂の眼に我は邯鄲

  • あくにんをせいぎの蜂がさしころす干天の慈雨

  • ゆっくりと蜂の軌道を外れたり神無月みと

  • 熊蜂と空を分け合うベンチかな菅野まこ

  • 燦燦と出窓に壊れかけの蜂喜祝音

  • 蜂飛行青空こぼるる剥がれゆく木口まり子

  • 土蜂の忙しき羽音地震の国岸来夢

  • 蜂は億年の砂時計のかたち北藤詩旦

  • 蜂の針熱し明石焼痛し北村崇雄

  • 朝眩し配管工の首へ蜂着流きるお

  • 蜂の群れのぞりのぞりと這ひにけり城内幸江

  • 卑弥呼の国の蜂の産毛の光きのえのき

  • 蜜蜂やたまの休みの軽き朝きべし

  • 巣は固きバベルの塔や雀蜂木ぼこやしき

  • 郵便受け蜂の親子に明け渡す木村かわせみ

  • 縄電車脱線させる雀蜂木村隆夫

  • 花束に潜む蜜蜂退職日木村弘美

  • 絶命の蜂の口元つつき見る木元紫瑛

  • 蜜蜂や学童の校舎は木造Q&A

  • 働蜂の旋回す売家の看板きゅうもん@木の芽

  • 地蜂焼く縄文人の貌すこし杏乃みずな

  • 蜜蜂の翅音の黒き落暉かな清瀬朱磨

  • 花垣に蜂株式市況の午後霧澄渡

  • 足長蜂のまだこと切れぬ六肢かな霧賀内蔵

  • 逆上がりのはじめのやうに萼に蜂ギル

  • 熊蜂に奪はる庭の制空権菫久

  • 足長蜂飛ぶとき足は無重力久信田史夫

  • 熊蜂の毳艶やかな葬儀前草臥れ男

  • 蜜蜂は働く僕は歌うたうくつのしたこ

  • 仇討ちのごとく猛りて蜂来る工藤悠久

  • 蜜蜂や裏の庭にも光射す國吉敦子

  • 夜勤へと急ぐ母をり蜂の音九萬太郎

  • 熊蜂に猫は気配を消してをり紅三季

  • 床に果つ手の甲を刺したる蜂は蜘蛛野澄香

  • 蜂昇る退る花芯を向きしまま眩む凡

  • 地面すれすれを蜜蜂の臆病栗田すずさん

  • 女系図の片隅黒き雄蜂の死久留里61

  • 熊蜂の仁王が鼻に出入りせる愚老

  • くすぐったき掌ぐるると蜜蜂くんちんさま

  • 納骨や蜂の羽音は遠ざかり桂子

  • 蜜蜂やアコーディオンの風甘し恵勇

  • 蜂になりたい蜂になりたい商談中けーい〇

  • 碑の暮れて蜂きよらかに唸りけりげばげば

  • 熊蜂や寂しいときは丸くなる健央介

  • 消灯の化学室黄蜂の唸り謙久

  • 湖の風蜂は樹液を舐め続け紫雲英

  • 海峡を越えて蜂飼い美瑛までケンG

  • この蜂は謀殺されし王子だらう剣橋こじ

  • 睨み合う蜂と我息詰まるとき恋瀬川三緒

  • 屋根裏に蜂ぜんそくの薬プシュ公木正

  • 死にさうな蜂そのままに勝手口幸田梓弓

  • 蜜蜂の針とゴツホの左耳古賀

  • 樹皮削る無心の雀蜂の顎古烏さや

  • 蜜蜂やそこが実家のあった場所こきん

  • 蜂の群ほか汚れなき空の青越乃杏

  • 熊蜂の不意の逆襲切通し小嶋芦舟

  • 曇天にひとは景色よ蜂忙し小園夢子

  • 蜜蜂の脚のだらんと飛び交へる木染湧水

  • 耳元で唄う蜜蜂明日は雨来冬邦子

  • 終活や蜂の羽音の忙しなき後藤三梅

  • 逆光や音より来る雀蜂このみ杏仁

  • 防戦の脚無き蜂が針残す小林共捺哉読

  • 野の花の蕊の匂ひや蜂群るる小林昇

  • 干したシャツぶつかりぶつかり蜂の去る小林のりこ

  • 駆除されし蜂巣の後に惑ふ蜂小林憲子

  • 雨あがる戸袋を出る蜂二匹駒形さかつ

  • 蜜蜂は阿形の口を住処とす駒村タクト

  • 巣を追われ羽音つたなき女王蜂小湊八雲

  • 落武者の里の墓石蜂棲みぬ小山秀行

  • 兵は朽ち蜂は機械のやうに鳴るGONZA

  • 蜂与へればラマヌジャン目覚めさうコンフィ

  • アカシアの風に吹かるる蜂あまたさいたま水夢

  • 日曜のミサ終え蜂を飼ふ仕事彩汀

  • 青空に風のトレモロ蜂飛来齋藤桃杏

  • ハーレーの直進熊蜂の旋回さおきち

  • 盤面をくづさぬやうに蜂はらふさかえ八八六

  • 弱り蜂にぎれば強き打ち震へ榊昭広

  • 流刑地は哀し足長蜂逝ける坂島魁文

  • 「先生が蜂つかまえた」図工室坂野ひでこ

  • もうやれんでもやめられん蜂払う坂まきか

  • 有休の尽きて羽音の鈍き蜂さくさく作物

  • 閉店の張り紙剥がれ戻り蜂櫻井こむぎ

  • 蜜蜂よ供花のみつは苦からう桜鯛みわ

  • 蜜蜂や造花褪せゐる無縁墓雑魚寝

  • ソプラノの掠れ掠れや蜂飛べりさざなみ葉

  • 蜂入りて出たし出したし空遠しさざれいし

  • 雀蜂ちよんちよんと水飲みて去る砂月みれい

  • 瞑想の僧の頭上に蜂迫る佐藤俊

  • いつときも蜂の翅音は青空とさとう昌石

  • 蜂の好奇吾の好奇はて神は佐藤似貂

  • 蜂ぶるんぶるんサブちゃん歌い切る佐藤茂之

  • 背をこつりこつり雀蜂の吊り目佐藤儒艮

  • 蜂唸る地雷探してゐるやうに佐藤レアレア

  • 蜂がいるできれば登校したくない里山子

  • 臆病な蜂よ涙の跡黒し錆田水遊

  • 少年の視力脚力地蜂追うさぶり

  • 飛翔にて暗号しるす蜂のありさむしん

  • 日輪を背負ひて蜂は震へけり紗羅ささら

  • 蜂来れば枝ごとしなる赤き花紗藍愛

  • 蜂が蜂捕へ団子にしてしまふさるぼぼ17

  • 蜂寄り来ねむそうな脚ぶらさげて沢井如伽

  • ベーコンが爆ぜた子蜂に刺された子沢胡桃

  • 雀蜂戦地まみれの世界地図澤田紫

  • 花蜂の旅に便乗したし今さわだ佳芳

  • 翅音に蜂三匹を聴き分けり沢拓庵◎いつき組カーリング部

  • 蜂退治今日の安田はヒーローだ三月兎

  • 雀蜂獲物へ絞る単複眼三休

  • 暗がりに蜂焼く父の背中かな塩沢桂子

  • それゆへに鏡の上を飛べぬ蜂歯科衛生子

  • 蜂や堪忍の閾値まで3秒四條たんし

  • 蜜蜂ゆらゆら追視の坐禅中紫檀豆蔵

  • 蜂の来て吾も百花の一となり篠雪

  • たましひのふるへと蜂の心音と渋谷晶

  • 牛の仔の顔に蜂きて無表情島田あんず

  • 蜜蜂にか細き花茎のたわむたわむ島田ユミ子

  • 花蜂に好かれる右のふくらはぎ清水祥月

  • 蜜蜂や呂律の午後を泛かみくる清水縞午

  • 出入りの蜂おかまい無しの阿形像清水容子

  • 夜の窓ほし透き通るはちの翅しみそーやめろ

  • 花蜂の旨し旨しと震う羽霜月詩扇

  • 車内騒然吊り革を抜ける蜂芍薬

  • みつばちの振る尻ひかりまみれかなじゃすみん

  • 区役所の屋上に住む蜂は区民沙那夏

  • 薬剤に女王蜂だけ逃げ延びる写俳亭みの

  • 大楠に軌道変へられ蜂の群れ砂楽梨

  • 花芯わななく蜜蜂の周波数十月小萩

  • 蜜蜂刺すや君の手を離せない朱胡江

  • 午睡するアリスの庭に蜂謳う秋芳

  • 斎藤のグローブ蜂に噛まれけり樹海ソース

  • 蜂が来て母の壁となる父と僕種種番外

  • 蜂の朝スローに着弾する幻視シュリ

  • 解体を知らでか軒の蜂たちはじゅんこ

  • 卒塔婆の濡れてゆったり蜂の行くじょいふるとしちゃん

  • 蜂の目の輪廻半周目の怒り常幸龍BCAD

  • 蜂過ぎてまた過ぎて街並み遠く白井佐登志

  • デモの列蜂の震わす針一つ白玉みぞれ

  • 蜂の影ブンと肝まで届きけりしろくも

  • 旧邸をジュラ紀の華のやうな蜂白プロキオン

  • 蜂の音の悪寒のへばりつく鼓膜白よだか

  • 蜂唸る中山北路渡り切り新城典午

  • 蜂群れて掩体壕の朽つるまま新濃健

  • 犯罪者蜂に刺さるる日和かな親睦

  • 分封の群蜂消ゆる化粧坂すがりとおる

  • 青空や蕊粉まみれの蜂の貌杉浦あきけん

  • 二畝は蜜蜂の島なりしかな杉尾芭蕉

  • 熊蜂のホバリング学校行かぬ鈴木秋紫

  • 蒼天の犠打のきららか熊蜂鈴木由紀子

  • 蜂猛る敵はすっぽ抜けのシャトル鈴白菜実

  • 花蕊を今日の蜜蜂右回り清白真冬

  • うなりなき低空飛行の蜂の眼鈴野蒼爽

  • 掃除婦にロッカーはない蜂が飛ぶ鈴野冬遊

  • 花蜂やバターのやうに日は溶けて主藤充子

  • 蜂追うて少年北へ行くと言ふ砂山恵子

  • 石段で死を待つ蜂の目は黒し青峰桔梗丘

  • 母国てふ異国の暮らし青き蜂瀬央ありさ

  • 君の胸に蜜蜂とめて夜を聴く瀬紀

  • 雀蜂お大師堂に籠りけりseki@いつき組広ブロ俳句部

  • 蜂去りぬ荒れ手の子らは字を識りぬ摂田屋酵道

  • 恋知らず死にゆく蜂に日の当たる千広ブロ俳句部

  • 車椅子に蜂母の歩みは遅々全美

  • 新しき卒塔婆の上に蜂休む惣兵衛

  • どつくんと命伸縮蜂の針草夕感じ

  • ミサイルの続報蜂の移動距離そうり

  • 花蜂は風の揺らぎを縫ひにけり想レベル7

  • 土踏まずのまだ無き足や花蜂来外鴨南菊

  • こんなにもやさしい蜂が手の平にソフィ

  • 行く蜂の脱力めいてうしろ脚そまり

  • 鼻先に飛び来て熊蜂の凝視空豆魚

  • ぐぐと尻ひづませて逝く蜂の眼はぞんぬ

  • 等速直線運動という蜂たーとるQ

  • 腰低く足長蜂は飛びゆけりたいらんど風人

  • 蜂飛ぶやキッチンカーの列は長し高岡つくね

  • 蜜蜂の巣食ふ仁王や當麻寺高木音弥

  • 仏像の指先蜂の来て離れだがし菓子

  • 知己の庭群るる蜂すらも絶景高瀬小唄

  • 蜂も怖かろ明日の雨に濡れること髙田祥聖

  • 空き缶の蜜ごみ箱に蜂迷い髙田佳典

  • 吊るされた海星に蜂は翅休め高辺知子

  • 蜜蜂に抜かれる集団下校かな髙橋花紋

  • カメラ持つ私の影を蜜蜂へ高橋寅次

  • 大空を軋ませ来たる雀蜂高橋ままマリン

  • ガラスごし首傾げ蜂我を視る田上コウ

  • 読経起こり熊蜂鎮まりぬたかみたかみ・いつき組広ブロ俳句部

  • パリ五区へ蜜蜂の群れ墜つるなり高山佳風

  • 硝子窓にごつんと黄蜂当たりけり滝上珠加

  • 蜂球の眩し産む性重ければ滝川橋

  • 青空にぶつり穴あけ蜂二頭たきるか

  • 告解や神父の左耳へ蜂たけぐち遊子

  • 蜂としてたたかふ時の来たりけりタケザワサトシ

  • 蜂飛ぶや垂らした脚を持て余し竹田むべ

  • 蜂刺して止まりて翅の後ろ向きたけろー

  • じつとして蜂を目が追ふ耳が追ふ多数野麻仁男

  • 虎の檻静かに入り出る蜂よ糺ノ森柊

  • 熊蜂の乱舞は蜜に酔うたかに多々良海月

  • なめらかな熱のさざなみ千の蜂立川茜

  • 老蜂の花と一緒に転げけりだっく

  • 日向に熊蜂太陽の黒点立田鯊夢・いつき組広ブロ俳句部

  • 蜜蜂の死して脈打つ毒嚢よ立石神流

  • 蜂飼の指愛でるごと蜂歩む蓼科嘉

  • 子どもらを一匹の蜂攪拌す谷相

  • 蜂が来た私の花に蜂が来た谷口美奈子

  • 蜂よ蜂よ末摘花のごとき吾谷本真理子

  • 泥団子捨つ鉄球のやうな蜂玉家屋

  • 怒り貌くづさず蜂の食はれゆく玉木たまね

  • 尻振って雄蕊を分ける丸き蜂玉響雷子

  • フラスコの底にゐるごと蜂の声田村ヒロミ

  • 似我蜂の土中一途にあえかなりチームニシキゴイ太刀盗人

  • 蘂に蜂おぼれて頭よりまはる千夏乃ありあり

  • 蜂飼の旅はしばらく青森に竹庵

  • 蜂の尻はじいた爪にのこる粉ちくりん

  • 熊蜂の過ぐる魚板は午の刻千歳みち乃

  • 次々と鳥の骸へ雀蜂千鳥城・広ブロ俳句部カナダ支部

  • うたた寝や蜂の羽音のむず痒く千代之人

  • 蜂よぎるベートーヴェンの上目遣い彫刻刀

  • 北朝鮮の速報針の折れし蜂ちょうさん

  • 蜜蜂や宝の地図を空へ書く月夜田しー太

  • 蜜蜂の蜜太陽に水少しつくも果音

  • 蜂群るる睨みうすれた仁王像辻野花

  • 分蜂の一塊落ちて蠢きて津島野イリス

  • 自転車のサドルに蜂の毛繕いつちや郷里

  • 刺す価値の我にあるのか雀蜂津々うらら

  • ゴスペルのごとき翅音や蜂あまた坪田恭壱

  • ピアノの音「ラ」の音が好き蜂跳ねるデイジーキャンディー

  • 魂魄と毒を注入して蜂は天雅

  • 肩の蜂ジャングルジムで墜落す電柱

  • 朱唇もて蜂の刺し毒吸う勝ち気天童光宏

  • 蜜蜂の翅やひかりの擦過音天陽ゆう

  • 花蜂や部室の裏で待ち合わせ土井あくび

  • 熊蜂の頬すれすれに通り過ぎどいつ薔芭

  • オペラ座の群舞屋上のみつばち

  • 雀蜂死すお百度の見切石トウ甘藻

  • 蜂死んだスカイツリーの天辺で遠峰熊野

  • 白日がぶら下がってる蜂の脚とかき星

  • 通勤電車の外の蜂は自由時まる

  • 花蜂や陶酔のかほまた花へ常磐はぜ

  • 土蔵の白壁すずめばち騒然どくだみ茶

  • 熊蜂のホバリング湖に曳き波戸口のふつこ

  • 窓枠に毒針折れし蜂乾くどこにでもいる田中

  • デカルトの眉間の皺や蜂の剣十津川ポロ

  • 決死隊結成通学路に蜂となりの天然水

  • 佳き祝辞控室に蜂の死骸戸部紅屑

  • 教室を黄蜂コロンブスの航路苫野とまや

  • 蜜蜂よ細胞群の見る夢よ泊かいひ

  • 足早の花束ぶんと熊蜂斗三木童

  • 蜜蜂やご飯を作りたくない日登盛満

  • 先生だからって追い出せるか蜂富山の露玉

  • 犬小屋の庇も朽ちて蜂二匹豚々舎休庵

  • 蜂留めてベートーヴェンの肖像画内藤羊皐

  • 地図帳のロシアに蜂の骸かな中島走吟

  • 花の軸傾きてなほ蜂の針仲操

  • 蜂ぶんと推古天皇陵ぶんと中村すじこ

  • 蜂の居る住処とはまだ気づかずに那須のお漬物

  • 蜜蜂はきっとキューピットのモデル夏風かをる

  • 蜂球の蠢き夢は禍々し夏草はむ

  • 熊蜂の羽音感電されさうな夏椿咲く

  • 熊蜂の羽音眠たき重さかな夏埜さゆり女

  • 失業手当認定日蜂群るる夏雨ちや

  • はつらつとピッチを上げる熊ん蜂七瀬ゆきこ

  • 蜜蜂の微動地軸を修正す七森わらび

  • 死してなほ硬き艶あり雀蜂なびい

  • 酔ひどれのよろけるがごと蜂飛び来奈良素数

  • 蜜蜂に仔犬のやうな後ろ脚西川由野

  • 蜂の声あつめ鼓膜に萬の罅西田月旦

  • ファウルボール拾いに行くといつも蜂二十八

  • 迷い蜂静かに開く天の窓二和田躬江

  • 蜂去りて年長さんの武勇伝仁和田永

  • 蜂毒をいのち植え込む如く刺す庭野環石

  • 廃屋を蜂の尖れる黄や黒や沼野大統領

  • 玄関にまで来て蜂に脅される猫ふぐ

  • 雀蜂吾は貧しき木で御座い猫またぎ早弓

  • 歯車となりて蜜蜂よく軋むノセミコ

  • 蜂こっち来てる来てると指す少年野点さわ

  • 蜜蜂や石垣高き修道院野ばら

  • ベランダの手すりを喰らうくまん蜂野原一草

  • 手の甲にその身を終へし蜂の剣白庵

  • 窓叩く蜂の頭の硬さかな白雨

  • 蜂びびと命爆ぜるまでの飛翔蓮井理久

  • 蜂去つて蕊失恋のごと紊る長谷川水素

  • 蜂飛んで同期入社はゐなくなり長谷機械児

  • 我が友よ雄蕊を強く咬む蜂よ八九テン

  • 静けさや蜂の飛交う築百年花弘

  • メロスは走った蜂は飛びに飛んだ花豆

  • 複眼に太陽いくつ蜂の王花見鳥

  • 遡る黒部源流肩に蜂浜友輔

  • 足長蜂ふらり日を抱きこぼしけり葉村直

  • 上り来て甲斐は山国熊ん蜂林省造

  • 逃げ切つた車窓噛みつく雀蜂旺上林加

  • 生け垣をぶぶぶ震はす蜂あまた原水仙

  • 一撃に脚屈めゆく蜂終わる原田民久

  • 痛い遅刻だったサドル下に蜂針子のねこ

  • 蜜蜂にひかり少女に恋の影巴里乃嬬

  • かなしみにまみれし蜂の横顔を春あおい

  • 蜜蜂ころがりぬ洗濯物は硬しharu_sumomo

  • みつ蜂や子牛一匹だけの丘晴田そわか

  • 蜂こわくないアコーディオンをぽろん春野ぷりん

  • 始発駅蜂の羽音と箒目と葉るみ

  • 発熱の塊として蜂摘まむはれまふよう

  • 蜂の羽を摘むヌメ革ぬるい指半熟瘡蓋

  • タブレットの操作音蜂の羽音パンドラみかん

  • 母に摘む供花へ蜂の紛れをり万里の森

  • 放課後の理科室に居て蜂翅音ピアニシモ

  • 愛されたいだから心に蜂を飼う柊琴乃

  • 十秒間こむらがえりの昼の蜂東田一鮎

  • 降り出した大粒の雨を縫う蜂東の山

  • 校舎裏蜜吸う蜂を見つつ煙草火車キッチンカー

  • 花の上を蜂花の中にも蜂ピコリス

  • 蜂の縞が横切る遠い避雷針菱田芋天

  • 熊蜂の気だるき午後をかき混ぜてひすい風香

  • 秒針のカチリと合ひて蜂の死すひだまりえりか

  • 蜜蜂の絶えなば水の惑星も美竹花蘭

  • 半分は領空侵犯さるる蜂ひでやん

  • 午後四時の光の匂ひ蜂の羽音日向こるり

  • 根方より蜂の出入りする母校比々き

  • 進級の昇降口に蜂ふらり日吉とみ菜

  • 銀座の蜂皇居の森の蜜運ぶ平井千恵子

  • 雀蜂出ますと流る拡声器平井由里子

  • 手に当たる蜂や落ちつつまた飛んで平岡梅

  • 守るべく阿形の口の中に蜂平林政子

  • 瞬きをコンクリートに蜂の影平本魚水

  • 熊ん蜂我を撮るかに見つめをり比良山

  • なあ蜂よ我々山の仲間だろう平山仄海

  • この庭も地球のはだへ蜂通る広木登一

  • 待合室つひに翁が蜂逃す浩子赤城おろし

  • 陽に透けし蜂のうぶ毛の甘きかな廣重

  • 蜂よけて向かうソルフェージュの追試広瀬康

  • 鼻先の波動のゆらぎ蜂浮かぶ広野光

  • 熊蜂や竹馬の友にとても似てフージー

  • したたかに音を重ねたり蜂の群れ風慈音

  • 蜂飼ひは目脂の如く蜂拭ふ深町明

  • 直角に折れ雀蜂眼前に福井桔梗

  • 蜜蜂や届かぬねんきん定期便ふくじん

  • 戦死者の笑顔の写真雀蜂福間薄緑

  • 花の香は空のルートに蜂を待つ福良ちどり

  • 蜂なのかまだ定まらぬ竿の虫ふくろう悠々

  • 蜜蜂の翅音地球の廻る音ふじこ

  • 巣づくりの蜂よ燦燦たる窓に藤咲大地

  • 乳飲み児のやうに花抱く若き蜂藤永桂月

  • ユーミンに蜂の羽音の混ざる野辺藤原涼

  • 屋根裏に蜂の出入り築百年藤原訓子

  • 蜂も来よ王と道化の水漬く旅舟端玉

  • 蜜蜂の通り道とや借り住まい古川しあん

  • 甘やかなこの泥舐めに来る蜂よ古瀬まさあき

  • 花蜂の身を沈め込む花弁かな古谷芳明

  • 蜂群れて仮住まひする駅舎かな房総とらママ

  • 煩い蜂を払いピッチャー睨む暮戯

  • 柔らかき蕊の奥へと蜂の尻星鴉乃雪

  • 父の庭軟着陸の蜂2機目ほしぞらアルデバラン

  • 飛んでいる蜂に飛んでるつもりなし星田羽沖

  • 蜜蜂や心の蜜の透きとほる星詩乃すぴか

  • 蜜蜂の死して改札口ゆがむ甫舟

  • 蜜蜂の毛の中に目がきゅるりかな細川鮪目

  • 人の子の耳の昏きを覗く蜂ポップアップ

  • 終戦へ蜂の羽音のする方へ堀川絵奈

  • 生きる蜂秒針のごと無表情舞矢愛

  • 激痛に払へば蜂の骸落つ前田冬水

  • 何かいる吾の背感触は蜂の足牧茉侖

  • 蜂BunBunインド映画は笑ってるまこと七夕

  • 助手席の下からまた足長蜂眞さ野

  • 香りなき花とおもえど蜂群れる増山銀桜

  • 蜂群るる羽音別れのあらゝかに町田勢

  • 耳に残る言葉熊蜂の翅音松浦姫りんご

  • 「行くなよ」と「だって」のあいだ過る蜂松岡拓司

  • 水切りの蜂立てこもるスニーカー松本裕子

  • 蜜蜂は優しく逃がす母であり毬雨水佳

  • また君かフレームインの熊ん蜂丸山隆子

  • 目を閉じる観音の鼻蜂留まる美衣珠

  • 蜂を吸ひ蜂を吐き出す鬼瓦三浦海栗

  • ミカエルのやうに畠を廻る蜂帝菜

  • 熊ん蜂「ドン一発」は置き薬三上栞

  • 神の手に拾われし蜂の骸かなみかん成人

  • 花粉浴ぶ蜂、頭突きが挨拶の子岬ぷるうと

  • 熊蜂の電気のごとき背をつかむ水須ぽっぽ

  • 人柱のおんな女王蜂握り三隅涙

  • 人間に悪意足長蜂に紋みづちみわ

  • 雀蜂はまだゐるさうな断乳す満る

  • 蜂去りてバス待つ列の直りけりみつれしづく

  • 教室に虚数かき混ぜてゆく蜂南方日午

  • 蜂来る僕ら意思ある名無し役港のパン屋

  • 蜜蜂の巣板ゆたかに光りけりみなみはな

  • 食卓でみてゐるもう帰れない蜂箕輪のわ

  • 熊蜂や好かぬをとこの武勇伝宮井そら

  • 全身に蜂を纏える笑顔かな宮坂暢介

  • 沸騰する地球にまぐわう熊ん蜂みやざき白水

  • 蜜蜂や言い返へさずに義母の愚痴宮武濱女

  • ふうらりと蜂来て墓の造花なり宮部里美

  • 熊蜂に道譲られて尾根晴れてみやま千樹

  • 教室へ1匹の蜂王と成る宮本モンヌ

  • 熊蜂や山陰道は山ばかりミュミャリャツァオビュビュンピピュプリャプピフンドシン

  • 蜜蜂や千の光と陰をゆく麦野光・広ブロ俳句部

  • 蜂玉や左方より敵もう一体麦のパパ

  • 庭を掃く蜂の威嚇を知らずして椋本望生

  • 石塔の辺りを蜂の羽音かな無弦奏

  • 雄蜂のまた擬似交尾せり日暮れ武者小路敬妙洒脱篤

  • 飛ぶ蜂の位置定りて羽見えず霧想衿

  • 微風や花壇に蜂を飼つてゐる睦月くらげ

  • 足長蜂秘密の基地は二昔むねあかどり

  • 蜂に追われ花の在処を知る良き日村上の百合女

  • 蜜蜂の突つけば開く喉の奥紫小寿々

  • カフェに頬杖蜂の軌道の眠気むらのたんぽぽ

  • 蜜蜂や邪馬台国の男どもメディックス千里

  • 蜜蜂の伺う蕊の機嫌かなメレンゲたこ焼き

  • 保健室の蜂の羽音を目で追ひぬ茂木りん

  • 埋立ての新しい町蜂来たる望月ゆう

  • 蜂怒り来や空間がよけてゐる元野おぺら

  • 陽は溶ける蜂の斑な夢として本村なつみ

  • 熊蜂やアクセル緩めまた強め百瀬はな

  • ひとしずく垂るるごとくに蜂発てり桃園ユキチ

  • 蜂猛し口を開けたる仁王像森佳蓮

  • ガラス越し礫の如き蜂二匹森毬子

  • 蜂や吾の見えぬか生きてをらぬのかもりさわ

  • 黒煙の断層無風地帯の蜂森太郎

  • サキソフォンに蜂もうすぐソロパート森中ことり

  • 朝には蜂と生るる風もあり森葉豆

  • 大方の恋は愚かよ蜂の針もりやま博士

  • 蜜蜂の鬨七匹と一つの死杜若友哉@はなばた俳句会

  • うたたねに蜂のはねおと揺籃歌もろ智行

  • 鈍器めく椅子よ図工室の蜂よ山羊座の千賀子

  • カーテンの内に燻る蜂の影弥栄弐庫

  • まどろみの桃色さます蜂羽音安井清純

  • 夕暮れや蜂の翅音の乾き行く安田伝助

  • 雨の玉背負いはたはたと蜂よ何処へ簗瀬美嘉

  • 蜜蜂の和毛朝日をまとひたり山内彩月

  • 白昼を揺するや蜂の渇き声山河穂香

  • 蜂払ふ君のうなじの残り香よ山口笑骨

  • 蜂死すや物置小屋の日向臭山口絢子

  • お日様の露払いかも蜂来る山崎力

  • 蜜蜂や空へひかりの芯としてやまさきゆみ

  • 如雨露より溺れる蜂を助けやる山田啓子

  • 鈴の音の過ぐごとし蜂飛び立ちぬ山田翔子

  • 雀蜂今際を手鎌砥ぐ震へ山田蚯蚓

  • 許せない人はいるかと蜂が問うやまな未

  • 蜜蜂の溺れる蕊や雲光る山野麓

  • 小花蜂音に続きて脚が浮き山本先生

  • 立ち止まる蜂の空路に入る吾よ山本八

  • 庭の夕吾の輪郭をなぞる蜂やまもと葉美

  • 蜜蜂のことなら庭師よく喋る柚木みゆき

  • ビルといふ木に帰りたる蜂の群れ雪音

  • ワタクシも蜂も見惚れる紫よ夢一成

  • 熊蜂の金のうぶ毛の美しく羊似妃

  • 花蜂のやさしき無関心に逢ふ横縞

  • 巣分かれの蜂よわたしは父と生く横山雑煮

  • 墓の中から蜂が飛ぶあれは誰よしぎわへい

  • 色集め青空へ蜂飛び立ちぬ吉田ルイ

  • 蜂が飛ぶ事故の訴訟はまだ続く吉田蝸牛

  • 緩やかな波形引きつつ足長蜂吉武茂る

  • 戦場を生き抜き蜂に刺され死ぬ吉野川

  • 蜜蜂の嬉しそうなる羽音かな余田酒梨

  • 蜂死しておまえも昭和生まれかな楽花生

  • 蜂乗せてバス傾ぎゆく右左らん丸

  • ぐだぐだと実家仕舞いや蜜蜂来理佳おさらぎ

  • 根っからの仕事の虫よ蜂うねるリコピン

  • 丸花蜂花弁の影へ富良野岳ルーミイ

  • 逸居未だ叶わず蜂の羽音かな朗子

  • 蜜蜂に水やる陸として砥石ろまねす子

  • 二拍手を終えて隣の蜂の羽わいあーる島

  • ギリシャの蜂蜜ギリシャの蜂による若林くくな

  • 蜂の羽ゼンマイの巻き直す音和光

  • 蜂帰る琥珀へ永遠の夕日影渡辺香野

  • 手のひらを熊蜂はなれ海風に渡辺桃蓮

  • その蜂を絵踏の如く避けにけり亘航希

  • あまやかな翅音の蜂だ歯が痛い笑笑うさぎ

  • カステラはやわらか銀座のみつばちいわさちかこ

  • 山蜂を素手もて打てり養蜂部さとうゆうき

  • 虎の舎の蛇口に休む雀蜂じつみのかた

  • 蜜蜂の庭隆々のギリシャ像田中勲

  • 電話鳴る市民課の窓雀蜂森ともよ

佳作
  • 蜂が飛ぶ真紅の華に明日がある會田理奈

  • このこ女の子だから私にしよう蜜蜂アニマルヘム猫

  • 蜂が来ぬ間に実の収穫を急ぐあまどかに

  • 蜂飛ぶや乳房失う女(ひと)のをりあらあらかしこ

  • 次の世の入口門番の蜂があらかわすすむ

  • 果てし蜂エイリアンだった可能性市川りす

  • 蜂逝きぬ1寸の羽轟轟と榎美紗

  • 美しき熊蜂の飛ぶ時止めて大嶋宏治

  • 黒々と殺した蜂の児童の手械冬弱虫

  • 8の字に蜂はめぐりてわらべ唄京野秋水

  • 蜂の目に我は何人見えたるか黒田良@しろい

  • 吾子の目のおもちゃになりし蜂の飛ぶ郷りん

  • 蜂玉の躯を無駄と嗤いをり粉山

  • 水飲みて針先洗う蜂の背駒野繭

  • きれいねを嗅ごうとすれば蜂粘るさ乙女龍チヨ

  • 巣を守る命を毒に蜂の針珊瑚霧

  • 熊の手や旨し右手に蜂の在り塩の司厨長

  • 鍵穴に挿したる音へ蜂の針杉本果ら

  • 初めての蜂を嘗めて弾く笑顔瀬野広純

  • 遺伝子は太陽軸に踊る蜂千葉睦女

  • 蜂っちやローヤルゼリー運ぶ兵隊平平平平

  • 蜜蜂や私はママの所有物深町宏

  • いあんばいいあんばい蜂飛び回るほうちゃん

  • 山間を地蜂の脚のこより追ふ美村羽奏

  • 寓居にて拐かされし女王蜂夢雨似夜

  • 蜂と吾まだ使わない針抱え山口一青

  • 城の先へヒッチハイクは蜂の羽根山里うしを

  • 唇を腫らして言ふは熊ん蜂湯屋ゆうや

  • 物件を探す蜂飛ぶゆらゆらとあいあい亭みけこ

  • 赤と黄を縫ふ黒マチスの蜂飛ぶ相生三楽

  • 蜂や出社拒否も引きこもりもなく相沢薫

  • 草の蜜群れをなしては蜂が吸い会田美嗣

  • 蜜蜂や羽音の唸り声明に藍野絣

  • 巣を落とす蜂の反撃眼の痛みあいのびふう

  • カーテンの蜂逃そうと指さされ逢花菜子

  • 物干を気に入らないで足長蜂あいむ李景

  • 蜜蜂や養蜂人の手に遊ぶ青井季節

  • 火渡りの列に働蜂うなり葵そら

  • 蜂の数かぞえて水面の顔笑う青空豆千代

  • 花蜂とDIYの親子かな青空まる

  • またしても足長蜂に居つかれし大竹八重子

  • 蜂に逢ふ子の冒険は通過儀礼青田奈央

  • つきまとう蜂にも怖じずヘッドフォン青砥転典

  • 身重妻庇う踊り場あしなが蜂赤尾双葉

  • 怖いのは君のほうだね逃げる蜂赤富士マニア

  • 蜂が為神が定めし六の型赤目作

  • 蜂の偵察気が済めば大空へあかり

  • キャンバスや我が物顔に雀蜂acari

  • 働蜂撫いいこいいこは出来なくて赤尾実果

  • 蜂刺され瞼の腫れを思い出し聰子

  • レンズ越し花に夢中の花蜂よ昭谷

  • 与願印働蜂の一休み 秋星子

  • 右歩くエントランスの蜂の音秋星みかん

  • 空母より危険度高しスズメ蜂空き家ままごと

  • 足長蜂探査中窓全開秋山らいさく

  • カシュカシュと巣材集めるスズメバチアクエリアスの水

  • 上昇すエレベーターに蜂と吾とあくび指南

  • 陽だまりのとろりとろりの蜂と父淺井翠

  • ぶるんぶるんぶるん蜂るが飛ぶるんあさぬま雅王

  • 仏壇のお菓子いろいろ女王蜂麻場育子

  • 蜜蜂や蕊に潜りて休みおり朝日雫

  • 蜜蜂の働きなきに人生きぬ(ひといきぬ)亜紗舞那

  • 女王蜂青空飛びたき日もあらむあじさい卓

  • 200Hz蜂だけ何故にオソロシイ飛鳥井薫

  • 蜜ひと匙働蜂の一生分あすなろの邦

  • 蜂が来て庭師そろそろ動き出す阿曽遊有

  • ジャム光る迷へる蜂はいらつしやい足立智美

  • 蜂高し東京タワーと瓦屋根足立ひこぞう

  • 軒先で蜂の屍人知れず足立浩

  • 巣に蜂ののの字しの字の草書体あたなごっち

  • ぶんぶんとスクラム組みて蜂が群れアツシ

  • 蜂は刺す虫歯のできた頬っぺたへアッシー

  • ご機嫌なエイトビート蜂とダンスat花結い

  • 夕間暮れぶうん頸へ蜂の針渥美こぶこ

  • 落選の理由の一つ唸る蜂渥美謝蕗牛

  • 蜂巣箱こさえ設置も住みつかず跡部榮喜

  • 熊蜂をしばし散歩の供としてあねもねワンオ

  • 廃校の瓦礫手つかず蜂の郷我孫子もふもふ

  • サッシのレール足長蜂の骸雨戸ゆらら

  • 休息を取りしベンチでぶぶぶ蜂天鳥そら

  • ブンブンと季節の時報蜂の声天海楓

  • この蜂は敢えてこの場所巣を作りアマリリスと夢

  • 教室の視線を独り占めの蜂あみま

  • 忙しなや蜂も私も庭仕事雨降りお月さん

  • 銀座ミツバチ木箱から吐き出され雨李

  • 雀蜂もひとつ言いたかった「はい」あらい

  • 地蜂獲る名人感謝ヘボの飯あらいゆう

  • ホバリング真摯な恋の熊ん蜂荒木ゆうな

  • 青空や蜜蜂帰るビルの上蛙里

  • 雀蜂ふと目の合ひて噴霧せず有本としを

  • 巣より出づ蜂に自由はなかりけり在在空空

  • 紫の甘い香りと熊蜂と淡湖千優

  • 通勤の山手線や働蜂安春

  • 蜂の来てひと息殺し譲る道杏っ子

  • 「あっちいけ!」公園の空でかいハチあんばいとしき

  • ドローンの曲線追いてすずめ蜂池田悦子

  • 昼下がり開かぬ窓に蜂惑う池田炭

  • 蜜蜂や屋上へ翔ぶ花求め池谷勝利

  • すぐ傍に偵察の蜂高き雲伊澤遥佳

  • 黒ジャージ若き教頭の背に蜂石岡女依

  • 王台より目覚めし新女王蜂石垣ようせい

  • 花蜂や恐れ知らずの手のくぼに石塚碧葉

  • 身支度は宇宙服めき蜂退治石塚彩楓

  • ひとのために生きるゆかしさ蜂光る石堂多聞

  • エピペンの音に驚け雀蜂石の上にもケロリン

  • 花揺らし飛び立つ蜂をただ眺む石原花野

  • 瞬く間黒眼へ蜂の一直線石村香代子

  • 神殿に蜂来て太鼓みだれつつ石本美津

  • 煙幕や働き蜂は命がけ泉恵風

  • 街路樹に蜂のかたまりいざ空へ遺跡納期

  • 貸切りの湯の先客に熊ん蜂一井かおり

  • 異界への案内は蜂のホバリング市川卯月

  • 見上げれば精出す唸りくまんばちいちご一会

  • 壊されし巣の跡みつめる足長蜂一秋子

  • 怒れる蜂の住処を知るわたし一杯狸

  • 迷ひ蜂速やかに去れ授乳中伊都

  • 蜜蜂や迷ひ込みたりガラス突く伊藤薫

  • 手の中の黄色い蜂と花の香と伊藤節子

  • 巣別れの時来たるらし蜂の舞う伊藤亜美子

  • 熊ん蜂吾の頭上をホバリング伊藤恵美

  • 花の写真撮る時だけは蜂が欲しい伊藤テト

  • 吸込みし蜂掃除機を揺さぶれり伊藤なおじい

  • ひと匙の蜜いただいて蜂の吾になる伊藤小熊猫

  • ヘリコプターの音は遠くへ熊ん蜂糸川ラッコ

  • 新女王働蜂群れる羽の音伊那寛太

  • 受粉中花粉まみれの蜂の足稲所恵

  • 草むしり手元邪魔する誰の蜂稲葉こいち

  • 迷い蜂寡黙な群れのビルの街稲葉雀子

  • できるだけ蜂の少なき藪選ぶ稲畑とりこ

  • 蜜蜂や鐘を一撞き道成寺いなほせどり

  • バスの窓コツンと音にスズメバチ井上幸子

  • 「あにゃあー」としゃがめば蜂はもういない井上鈴野

  • 廃村となって長きや雀蜂井原昇

  • 黄金の蜜したためて蜂追われいまいみどり

  • 乱入す工作室へすずめ蜂いまいやすのり

  • 巣に帰る蜂の進路に逆上がり井松慈悦

  • 蜜蜂や仲間いざなふ八の字ダンス今乃武椪

  • 穴蜂に不意を突かれし鍬の先今林快波

  • 受粉せよ蜂よここにも花の待つ今村ひとみ

  • 手も足も拭う間もなし花の蜂妹のりこ

  • 紫の花に埋もれた熊蜂の尻伊代ちゃんの娘2

  • 吾も蜂も幾度も刺して死にそうに伊予の師子草

  • ひたむきに働く蜂を見て疲る岩木順

  • 蜂の群れ地震相次ぐ列島や岩佐りこ

  • 物干の蜂に退りし四半刻岩清水彩香

  • 蜜蜂よ来いと日向に巣箱置くういろ丑

  • 唸られて天下を譲る庭の蜂植田かず子

  • 刺された痛み蜂の命の重さかな上野眞理

  • 一生をはたらき蜂といふ誉上原淳子

  • 蜂忙しお構いなしに駆ける子よ宇田の月兎

  • 一匹の蜂のアジトは軒の下内本惠美子

  • 生まれ持つ使命いろいろ蜂の剣卯之町空

  • 分蜂を阻止する父の逞しき梅尾幸雪

  • 開園の先頭客は熊ん蜂梅田三五

  • 立たされた廊下嘲るやうに蜂江口朔太郎

  • 雀蜂と羽音で決し部屋干しに江戸きりこ

  • 願かけるハウス豊穣ミツバチにえのき絵巻

  • 休みなく働くはちに我おもうえのき筆丸

  • 父入所実家の留守番雀蜂榎本奈

  • 蜂たちよ黒と黄縞忙しいえみくれ

  • 後楽園の蜂の集めし蜜甘し朶美子

  • 足先の蜂目を瞑り開くと膝絵夢衷子

  • 古民家の軒巣作りし熊蜂来遠藤倫

  • 群るるてふ働き蜂にすれ違ふ円美々

  • 蜂去るや薪棚に巣の隙間なし大久保一水

  • 悪さすなそこまで蜂とひとつ傘大越総

  • 花々に愛を届けし蜂の舞い大島一声

  • 屋上に帰る蜂です天神の太田怒忘

  • 限りなき思案の蜂のホバリング大谷如水

  • 校庭の木を描く手へ蜂徐々に大津美

  • 8の字や蜂には蜂の約束ごと大友さち

  • 馨しい耳を澄ませば蜂の声大野純子

  • 蜜蜂はモンローウォークで花園へ大野喬

  • あたしたち推し活仲間花蜂よ大野美波

  • 軒先の家を失い唸る蜂大原妃

  • 蜂避けて道迷いし子初遅刻大原雪

  • すり硝子塵ばみし蜂震へをり大矢香津

  • 影濃し仁王門巣食う雀蜂大谷一鶴

  • 蜂見つけ悲鳴歓声まちたんけん大家港一

  • こともなく蜂退治する男あり岡井風紋

  • 箒手に偵察の蜂偵察す岡井稀音

  • なぜそこか布団のなかに迷ひ蜂おかえさき

  • 花粉飛ぶ蜜蜂も飛ぶ昼日中岡崎未知

  • をめきては無碍にもできぬ顔の蜂岡崎佐紅

  • 殺虫剤手に唸る蜂に挑む岡田瑛琳

  • 放浪の旅に出るのか蜂二匹岡田恵美子

  • 草むしりくわ捨て逃げた蜂の音おがたみか

  • 蜂が来る羽根を唸らせ目の前に岡塚敬芳

  • クラブなら内緒で買えよ働き蜂岡村恵子

  • 一気に季節来る蜂の季節来る丘るみこ

  • 高層のベランダガーデン蜂みつけ岡れいこ

  • 登校の列散り散りに熊ん蜂小川しめじ

  • 段畑にさざめく翅音蜂を飼ふ小川都

  • ご近所に好きじゃないやつ庭の蜂沖庭乃剛也

  • 有毒の昆虫標本蜂に針おきゆきお

  • 飛び入りの蜂一匹に大騒ぎ沖らくだ@QLD句会

  • かくれんぼ茂み追い出す熊ん蜂おこそとの

  • 銀座蜂都会の甘露を我がもとにお品まり

  • 死を賭ける針持つ蜂の高く翔ぶ遅狐

  • トンネルのオレンジ灯に蜂眠り小田毬藻

  • またひとつハラスメントや蜂は刺す尾田みのる子

  • 蜂一日執す指先ほどの巣をおだむべ

  • 声枯れを蜜で治せる蜂は医者十八番屋さつき

  • うたた寝に欄間彷徨う蜜蜂や小山田之介

  • 武器は殺虫剤敵は足長蜂甲斐ももか

  • 缶蹴りの上空蜂の旋回す香依蒼

  • 三階の花一輪にも蜂はおりかえるゑる

  • 何処から蜂の来訪プランター影夢者

  • 飛び乗ったエレベーターに蜂の居て笠谷タカコ

  • 等距離を保ちまとはる熊ん蜂風花まゆみ

  • 淡々と生きるも難し蜂の針梶浦和子

  • 天命を知るや知らずや蜂の群れ梶浦正子

  • 主なき庭にぎやかに蜂が舞うかしくらゆう

  • 生放送食レポを追いかける蜂鹿嶌純子

  • 重低音蜂の殺気や歩幅伸ぶ風かおる

  • 花粉てふ愛まとひ発つ花蜂よ風薫子

  • 教室の窓より蜂を追ひ出しぬ片岡明

  • 水遣りや丸花蜂を友として帷子砂舟

  • 蜜蜂や小鬼めく虎柄パンツ花鳥風猫

  • DIY好きの保育士くまん蜂かつたろー。

  • 太き弦余韻生きてる蜂の音桂葉子

  • 花から花へ蜂は小さき指揮のごとかねつき走流

  • 街道に常夜燈あり蜂の群れカバ先生

  • 授業中蜂に騒ぐ子見守る子花星壱和

  • 誘き寄せ熱殺ていふ蜂の性花蜜伊ゆ

  • 後五分白き答案蜂唸る神長誉夫

  • 蕾へのノックは2回蜂の癖紙谷杳子

  • 蜂あさるルーズソックス膨らませ神谷米子

  • 巣の上や尻振りダンス蜜蜂か亀井汀風

  • 蜂入りし電車知らずに眠る人亀子てん

  • 途切れなく蜂巣箱から飛び立てり亀田稇

  • 持て余す足長蜂の足ぶらり亀山逸子

  • あとずさり立ちはだかるや悪夢バチかもね

  • あれはいい刺さぬ蜂だと父は言いかもめ

  • 居眠りの狭間や蜂の音遠く加裕子

  • 蜂それは植物界のコウノトリ唐草もみじ

  • 蜜蜂や地下鉄口に人の群れ川崎ルル

  • 蜂唸る勝軍地蔵の脇の下翡翠工房

  • 色失せし蜂戻らぬや山の村川辺世界遺産の居候

  • 蜂ふわり後れ毛ぞわり山の道カワムラ一重

  • 雀蜂気配を消して立ち尽くす川村昌子

  • 甘い香の首のにゃんに止まる蜂看板のピン

  • 一周忌墓石に止まる蜂二匹岸壁の龍崎爺

  • 蜜蜂のカースト厳し頑張れやkey

  • 女王蜂唯一無二といふ孤独季々諧々

  • ミラーを蜂助手席には寝息の妻如月ゆう

  • 蜂飼いし少女は帰る夢の道岸野孝彦

  • どや顔の我が猫蜂を追い払い酒暮

  • 十部屋の巣にもう蜂の生まれたり季切少楽・いつき組広ブロ俳句部

  • 十代の夫婦喧嘩に集ふ蜂喜多柚月

  • 蜂たちの自然を包む羽音かな北大路京介

  • 大筒の弾丸となれ雀蜂喜多丘一路

  • 羽音たて迫りくる蜂庭の隅北川茜月

  • そこにいる確かに蜂のビブラート木下桃白

  • 憤る蜂をかわせる窓ガラス北乃大地

  • 逃げる我追い来る蜂の怒りかな北の星

  • 出し抜けに蜂尺八の裏返り貴田雄介

  • 許せとは言わぬ踵の下の蜂ギックリ輪投げ

  • 草傾けて熊蜂のホバリングきつネつき

  • 蜂国の近衛軍団決死隊木寺仙游

  • 饒舌な庭師ら蜂に刺されけり木原洋子

  • 蜂接近パワーウインドウ間に合うか木村修芳

  • 熊蜂忙し花房はゆっさゆさ木村となえーる

  • 教室を揺るがす朝の蜂一匹木村弩凡

  • 足長や蜜蜂小蜂水飲み消ゆ木村波平

  • 独り居の壁打つ蜂を捕獲せり久えむ茜咲

  • 選ばれし熊蜂父のエントリーQさん

  • 花房の香りかき混ぜ熊ん蜂鳩礼

  • 空気感ブラインドから蜂の影清鱒

  • まだ咲かぬつぼみの周り蜂が飛ぶ喜楽胤

  • 蜂ひとつ葉陰に残す羽ひとつ銀長だぬき

  • 蜂の世のヒエラルキーや生き急ぐ近未来

  • 小花蜂手に載せる子も逃げる子もくぅ

  • ホースに蜂来たり爛漫の我の庭草野紫陽花

  • 教室にざわめき起こる蜂入り草道久幸

  • ざまを見よ無敵な蜂の防護服鯨之

  • 母の庭花咲いて蜂の羽音楠田草堂

  • 蜂多し郵便屋さんに教えられ楠ミア

  • 立て籠る蜂の要求推しはかるくずもち鹿之助

  • 街灯をぎっしり蜂やバス待ちぬ久保田凡

  • 一滴の蜜しがらみの箱の蜂熊谷温古

  • よく蜂が訪ねて来るのあたしンち倉岡富士子

  • 物干しで裏返せば足長蜂ぐりぐら京子

  • きゃーきゃーと逃げる子のあとぶんと蜂空流峰山

  • 庭みどり蜂の戻らぬ巣箱あり黒瀬三保緑

  • 手折りたい蜂の気配に目を配り黒猫さとみ

  • 衆人の目追う先に蜂下車何処黒ばあや

  • 不意打たれ洗ひしシャツに潜む蜂桑田栞

  • 蜂飛ぶとネコがのそりと動き出すグンパツ

  • 蜂の音に屈んだ先に花揺れる慶唯

  • 幸せと聞きサングラス越しに見る青蜂けこどの

  • 帰れない花から花へ蜂二匹家古谷硯翠

  • 重そうに蜜蜂は巣へ風も越え月下檸檬

  • 軒の下蜂のひと刺しああ恐ろし月昭

  • 蜂飛べど畑の祖母目もくれずげんきいっぱい

  • 蜂唸る私はわたしといふやうに小池令香

  • 蜂たちの攻めの一手は尻にあり輝雲彩

  • 褐色の怒り震わす雀蜂剛海

  • ドライブの風を蜂からガラスへと紅紫あやめ

  • 小さき蜂如雨露の水に驚きぬ柑たちばな

  • 蜜蜂やレゴのタワーと背くらべ幸内悦夫

  • 熊ん蜂ホバリングしてメスを待つ宏楽

  • 蜂飛べり翅震わせて静止せりごーくん

  • 蜂群し草原の匂ひをあそぶココヨシ

  • 葉の揺れて蜂動き出す朝の庭小笹いのり

  • 畑に身を染めたる蜂やあわただし小杉泰文

  • 指先に憩ふ蜜蜂顔拭ふ虎堂吟雅

  • 蜂湧くや世界終末2分前後藤周平

  • せっかちの母かわす妻蜂ぶんぶん古都鈴

  • 蜜蜂や我が庭園の所有権小林脱太郎

  • 蜂よ蜂針が無ければかわいいよ小林弥生

  • 蜜蜂は内緒話の羽音して小藤たみよ

  • 人間を厄介者と蜂の舞うこま爺

  • 蜜蜂や四枚羽の風触る小南子

  • 陽だまりに訪花活動蜂群れるこむぎ

  • やっとこさ着いた山頂ハチ群るる小山晃

  • 蜂が寄るアナフィラキシーいと怖し碁練者

  • 蜜蜂を可愛く思う猫のとらコロンのママ

  • なんだ坂こんな坂アッ、スズメバチ今藤明

  • 蜂に誤射されて泣き泣き帰りけりこんのゆうき

  • 限りある働き蜂の命かな西條晶夫

  • ホッペに触れたい蜂ママの手ピシャ西條恭子

  • セロファンの骸の蜂が護るもの西城町子

  • くまんばち存在感も熊ん蜂さいとうすすむ

  • セクシーな女王蜂とすれ違ふ酒井春棋

  • 花摘む手蜂戯れてそつと引きさかい癒香

  • 蜜蜂や働き過ぎぬ武者もゐて坂口いちお

  • 蜂飼いや今日は何処の花の里坂田雪華

  • 羽目の穴出入りする蜂ブーンブンさかたちえこ

  • 顔埋めむさぼる蜂や花紅緋色坂本千代子

  • 安定期間近暴食の雀蜂坂本雪桃

  • 羽音きき蜜蜂の群働きて相良まさと

  • 夕方の縁側白物に蜂咲美まき

  • 蜂忙しなく一匙の蜜重し咲まこ

  • スプレープッシュ恐ろしや蜂さくら亜紀女

  • ぶんぶんと花こじ開ける熊ん蜂櫻井弘子

  • 雀蜂悪魔のように襲いくる桜華姫

  • 理不尽な人を一刺し蜂死ぬる桜姫5

  • ふわふわと洗濯物を遊ぶ蜂さくら悠日

  • 軒下に帰る重き腹の蜂よ笹靖子

  • ちぎれ雲螺旋描きつ蜂が舞う佐々木佳芳

  • スコップの土乾かすや軒の蜂ささき小鉄

  • 雀蜂巣の大きさは祖父自慢さざんか

  • それぞれに転職のわけ蜂仕ふさち今宵

  • 鉢合わせ恐怖マックス雀蜂薩摩じったくい

  • 蜂どこへ花粉団子の飛行隊佐藤公

  • 蜜蜂や黒衣を攻むる翅の音佐藤恒治

  • 取り込んだ洗濯物から蜂飛来佐藤しのぶ

  • 蜂飛び回る渋滞中の車内佐藤志祐

  • ふるふると蜜吸ふらしき蜂の尻さとうナッツ

  • 熊蜂の群れ飛び去りてまぶしめり佐藤浩章

  • 念願の新築に蜂も巣を作り佐藤佳子

  • 蜜蜂の分封吾子の自立待つ里こごみ

  • 蜜蜂よ住み成す家に吾も帰る彷徨ういろは

  • 藤棚の下に園児ら上に蜂さやじゅん

  • 熊蜂の羽音黒塀震えけり沢野鬼ぐるみ

  • 蜂二匹かすかに上下ホバリング沢山葵

  • 父だけを何処までも追う庭の蜂三角山子

  • 蜂が出た裏のばあちゃん呼んでくる山月

  • 母ちゃんも蜂も恐いかガキ大将四王司

  • つぎつぎと花粉まみれの蜜蜂かな塩原香子

  • 草に臥し青のキャンパス蜂が舞うしかの光爺

  • 木漏れ日の葉に蜜蜂の羽音かな四季彩

  • 小さき花雄しべたらんと黒き蜂じきばのミヨシ

  • 蜂の針刺された子より痛む腕紫月

  • ジェンダーという言葉なき世の蜂よ信濃のあっくん

  • 重低音今もおそろし生垣の蜂信濃春菜

  • 洗濯物に紛れし蜂の痛み柴桜子

  • 蜂の目は生き抜く術(すべ)を知っている芝歩愛美

  • 飛ぶ虎と呼ぶべき模様うなる蜂しぼりはf22

  • 一刺しに帯びる使命や蜂の剣縞子勾苑

  • 蜜蜂の危機は世界の危機と云ふしみず楽翠

  • 蜂飛んで名もなき花を見つけたり霜月ふう

  • PKのシュート前蜂かき乱す下丼月光

  • 玉売りに誘はれ蜂の昼下がり釋北城

  • 兜町見えぬ花粉も蜂の声柊二

  • 物陰に潜みし蜂の慌てぶり柊瞳子

  • 巣にもどりたくない蜂の覚悟かな綉綉

  • 刺されたり洗濯物の蜜蜂め寿松

  • 空っぽのへやから見える蜂のむれ昭和かぐや

  • 蜂にきく怖いものなどあるのかと白井百合子

  • 泣き面にただ寄り添へる蜂のあり不知飛鳥

  • トンボロを待つ間の伴は蜂一匹四郎高綱

  • 大顎を鳴らしつ蜂のホバリング白猫のあくび

  • 固まって蜂の羽音を耐え忍ぶしんなが新月

  • ホバリング蜜の朝餉や小さき蜂酔軒

  • 蜜蜂の命はスプン一杯分水蜜桃

  • 丸っこいちっこい蜂を手で包む末広野暢一

  • 玄関に戦いの後蜂一羽杉浦真子

  • 残照の土壁蜂の城は軒高く杉岡ライカ

  • 熊蜂の羽音にそっと首すくめ杉本誠

  • 乱入の蜂に教頭大騒ぎ杉柳才

  • 熊蜂とベストショットを争えり涼風亜湖

  • 熊蜂よ平和のために一針を鈴子

  • 名所にて飛び交う蜂と陣地取りすずしず

  • 雨音(あまね)止む空(くう)震わせて黒き蜂素敵な晃くん

  • 羽音たて花壇のまわり蜂二匹数哩

  • 昼下がり200ヘルツの蜂の唄静江

  • 蜂の尻ぴくぴくぴくと針を出し晴好雨独

  • 壇ノ浦赤間の宮に雀蜂青児

  • 蜂ちょんと小さき波紋手水鉢せいしゅう

  • 庭に蜂真直ぐ真直ぐに飛びにけり清仁

  • 蜂いると幼児に手を引っ張られ勢田清

  • 潔く飛び込む道に迎え蜂星夢光風

  • 蜂掴まんと幼子の右手かなせとみのこ

  • 雄蜂やどうせオスなら蟷螂に海星葛

  • 見学や蜂に刺されし学芸会そうま純香

  • パソコン打つ蜂の羽音のビージーエムそしじみえこ

  • 庭掃けば頭上に蜂のクラクションそぼろ

  • 香を愛でる蜂一匹の日和かな宙まあみん

  • はや来たかひとり物干し蜂ふらり駄詩

  • 鉢合わせ怒りで赤き雀蜂

  • ランドセル揺らして散らす蜂の舞大康

  • 蜜蜂の羽音や砂利の逞しき太閤検地郎

  • 刺すからは命がけなり蜂の群れ大ちはる

  • 庭仕事蜂の羽音に逃げまどい平たか子

  • こんどこそ蜂だよががんぼじゃなくて平良嘉列乙

  • 全身がスピーカーです熊ン蜂高井大督

  • この女のために死ねるか蜂の針高岡春幸

  • まだやれるまだまだいける蜂は友たか&ひろ

  • 蜜蜂が日本の苺守りゆく高橋基人

  • 蜂が飛ぶ羽を震わせ威嚇して高橋紀代子

  • 転がりし蜂の骸の薄毛かなたかはし千百

  • 晴天の物干竿に蜂とまる高橋ひろみこ

  • 白壁に進む巣作り雀蜂高見正樹

  • 空気裂く蜂の羽音の唸りかな滝澤和恵

  • 蜂の針抜く皮膚科医の鬼面かな武田豹悟

  • 我が脈に命差し出す蜂の針たすく

  • 蜜蜂のぶんぶん回る花畑祐紀杏里

  • 大事件3時間目の迷ひ蜂多田知代子

  • 騒音失礼刺さぬ熊蜂ですただ地蔵

  • 不意の激痛寅顔の蜂が去るただの山登家

  • 透明のガラスに迷う蜂一つ立花かおる

  • 熟れた実や蜂と我との奪い合い田鶴子

  • 蜂来たり羽音の律に殺気ありたていし隆松

  • 不穏なる羽音蜂らは怒りをり田中紺青

  • 脚立作業迫り来る蜂の羽音たなかちょういち

  • 大都会ビルの屋上蜂の園田中ようちゃん

  • 蜂の夢花の香りと飲み放題たなばたともこ

  • 蜂の縞なきがらこそやじっとみる谷口あき子

  • 足長蜂庭を巡るはピエロめき谷町百合乃

  • 窓開けぬ方のガラスを叩く蜂田畑整

  • 八のつく父の名前の墓碑に蜂玉井令子

  • 蜜蜂や隣の人は退職すたまのねこ

  • 蜂の群れ迦楼羅とともに顕れよ玉響海月

  • 水鉢や足長蜂に見初められたむらせつこ

  • 蜂が刺す命込めたる突撃隊ダメ夫

  • 蜜蜂のはにかむ我が家ヘキサゴン樽谷幸龍

  • マンションの前でイチャイチャ蜂よ来いダンサーU-KI

  • 精巧な神のおもちゃや熊ん蜂丹波らる

  • ブンブングルグル蜂は催眠術師智同美月

  • まなかいに首塚の声スズメバチ千葉信子

  • 弾丸となつて一撃蜂の針ちゃあき

  • 古民家の軒下蜂巣威嚇する司蓮風

  • おたおたと蜂と教育実習生塚田まいも

  • 紛れ込む下着が蜂の棲家なり塚本隆二

  • 身の丈のおれんち増築したね、蜂月岡方円

  • 蜂うなる生きているかと吾に問う槻島雫

  • お互いに無言で蜂と駅目指すツキミサキ

  • ベランダで風に転がる蜂一匹月見里ふく

  • 蜜運ぶ蜂の小羽が躊躇する月夜案山子

  • 紛糾の役員会へ迷い蜂月待小石

  • 寝室は蜂一匹に乗っ取られ辻瑛炎

  • 軒下のオブジェの主は足長蜂辻ホナ

  • 蜜蜂やしばし旋回染まる畑辻美佐夫

  • 朝日影手水の鉢に蜂光る辻栄春

  • 親方の腕組みほどく小さき蜂辻内美枝子

  • 蜂恐し刺さぬ蜂も居るんだよ辻本四季鳥

  • 前髪に絡まる蜂の無駄に刺しつちのこ

  • 花弁かな宝見つけて出でる蜂つついぐれちゃん

  • 今年もまた戸袋の蜂羽振るう津幡GEE

  • 雀蜂どれもニヒルな顔でゐる坪山紘士

  • 熊蜂や窓に負けては横移動ツユマメ/いつき組広ブロ俳句部

  • どいてくれ無器用な俺熊ん蜂鶴富士

  • 蜂が生き蜜や受粉で我が生き手嶋錦流

  • 雀蜂けふは闘う気持ち失せ哲庵

  • 京都のホテル屋上で蜂を飼い哲山(山田哲也)

  • 失業も贅沢ならん蜂忙し徹光よし季

  • 雨止みて行き交う蜂や忠魂碑てつねこ

  • サンダルの小指を蜂にさされけりテレシア

  • 辞書の上蜂が尻ふる足をするでんでん琴女

  • 音もなく蜜蜂ひとつすれ違ひ天王谷一

  • 蜜蜂や忍びの如く花移る東森あけば

  • ふたつ差の姉妹駆けるや小花蜂ときめき人

  • 山の蜂席譲りつつバーベキュー徳庵

  • 東屋のざわつく蜂の羽音かなDr.でぶ

  • 未だあらそふ人よ蜂唸り果つどすこい早川

  • 蜂のいる洗濯物と気付かずに杼けいこ

  • 花の蜜集める一生蜂うなる土手かぼちゃん

  • 分蜂す女王蜂の魅力なり戸根由紀

  • 好まるる「八」に敬遠さるる「蜂」冨川友香理

  • カーストの頂点は母蜂群るる富野香衣

  • 物干しのズボンに潜む蜂の剣友@雪割豆

  • 教室に小さきパニック雀蜂とよ

  • 退職し働き蜂に馳す思ひ豊岡重翁

  • 刺したのは蜂やないかいもうええわ鳥田政宗

  • みつばちの羽音や楽の音となりぬとんぼ

  • 敵の敵味方なのかも姫小蜂内藤未来仁

  • アパートに回す電球蜂つまみ内藤由子

  • 庭仕事蜜蜂運ぶ時の針naoki

  • 眠られぬ瀕死の蜂の一刺しに中十七波

  • 果樹園の開花や鈴のやうに蜂なか鹿の子

  • 静止する私と上下する蜂となかかよ

  • 蜂の音耳かすれ行き園帰り中澤孝雄

  • 塗りたての白壁あたり蜂が死ぬ中島葉月

  • 保険屋の靨の深や蜂の針永嶋夜久

  • 宴会の席に飛び入るスズメバチ中嶋緑庵

  • 蜂群れる故地の空き家のカーポート永田千春

  • 蜜蜂や今日もまた生かされてゐる中原柊ニ

  • 屋上の巣箱に蜂の五万匹仲間英与

  • 刑務所のレンガ塀超え蜂の行く中村こゆき

  • 老いの日々蜂も友よと見送りし中村あつこ

  • 熊蜂やなんて小さい羽根だことなかむら凧人

  • 蜜蜂や毛皮とレースの羽纏い中村雪之丞

  • 隧道の口ホバリング中の蜂中山由

  • 三人とスプレー挟み蜂の群れ凪ゆみこ

  • 蜂ぶるりまわって我を見定める梨木美伽

  • 雨の上がるまで下駄箱に蜂とおり梨山碧

  • 嗚呼蜂よ這う力尽き震え止む夏雲ブン太

  • 蜂大群園児の列に襲ひけり夏目坦

  • 熊ん蜂優柔不断の君のゐてななかまど

  • 熊蜂や鈴鹿耐久レースめく⑦パパ・いつき組広ブロ俳句部

  • 蜜蜂はせっせと運んで搾取され浪速の蟹造

  • 蜜蜂や鉛筆かじる時もあり名計宗幸

  • カステラや働き蜂はみんな雌名前のあるネコ

  • うたた寝の祖母誘わるる蜜蜂と菜類ゆいな

  • 走行中飛び込む蜂や服の中南全星びぼ

  • この痛み蜂自身にはわかるまいにいやのる

  • 地蜂刺す旅の思ひ出まだかゆしにえ茉莉花

  • 幼子の見た黒き影花蜂か二階堂零下

  • 蜂唸る地震速報空中篇西尾至雲

  • 蜂掴み痛き一刺し手の平に西尾照常

  • 恍惚の時を真昼に過ごす蜂西村小市

  • 見分けたき花弁のかたち蜂の群西村棗

  • 玻璃光る異次元体に飛び込む蜂西村隆裕

  • 老蜂の剣をなくした丸き骸二城ひかる

  • 一本の梅好みけり蜂の群れ新田ダミアナ

  • 一匙の生きた証に想う蜜蜂日本の波

  • そらの蜂巣へ垂らしゆく長き足布村柚子

  • 蜂を飼ふ隣りは友のパン工房沼宮内かほる

  • むせかえる香へダイブ蜂の音ねがみともみ

  • 過去の傷蜂を見つめしガラス越し猫辻みいにゃん

  • 夜の蜂洗濯物を飛んで出づ根々雅水

  • 蜜蜂もハイカラに舞ふGINZAブランド農鳥岳夫

  • 蜜蜂の脚を錨に停まりけり野口雅也

  • スズメ蜂前足擦り首かしげ野崎文明

  • 三回忌本堂へ蜂迷い入る野地垂木

  • 蜂が舞ひ人に疎まる昼下がり埜水

  • 出会いたり蜂の一刺し倒る友野瀬博興

  • 怒の蜂や家族の為に命張る野中泰風

  • 定年を祝って旋回蜂に泣くのの俱楽部

  • 聞こえくる蜂の羽音に総毛立つ野の小花

  • 川の辺の蜂の翅音の低さかな野の菫

  • 前籠のメットの底に蜂死せりのはらいちこ

  • 熊蜂のホバリング真昼の睡魔野原蛍草

  • 雀蜂や二尺超へたる土蔵の巣則本久江

  • はぐれ蜂蜜を求めし我もまた徘徊狂人

  • のきに蜂立向かふ背中パパに似て萩尾きな子

  • 女王蜂貴方の秘蜜この僕に白銀の月

  • 蜂ひとつふたつみっつとホバリング白山一花

  • たなびける雲か分蜂群山へはぐれ杤餅

  • 何処からか蜂すいと来て仰け反る身はごろも856

  • 日溜まりの午後の散歩蜂ブンブン橋爪利志美

  • 女王に花蜜捧げる蜂の群れ橋野虎空

  • もういいよ共に休もう落ちた蜂波止浜てる

  • 蜂は目に切先に正義しか無い橋本有太津

  • ボランティア蜂が邪魔する泥運び馬笑

  • ほのぼのとまあるい姿態くまん蜂蓮見玲

  • 本陣の前線に守る蜂軒の長谷川幸子

  • 青き空タワマンの峰蜂挑む長谷島弘安

  • 八の字の尻振りダンス蜂の朝畑中幸利

  • 蜜蜂や国境線の昼を超え畑美穂

  • 熊蜂の羽音の過りおののけり蜂鳥子

  • 女王蜂月の裏まで飛びたくて葉月庵郁斗

  • 黒髪に黄色く見えし蜂の尻葉月けゐ

  • 羽音して蜂のぐるぐる巻きになる八田昌代

  • 偵察の蜂止まり吾石となる初野文子

  • なぜ嫌う踊る蜂に同情す花岡幸嗣

  • 戸袋に蜂のしかばね涙雨花岡淑子

  • 養蜂を齧り気分は名探偵 花咲めだ香

  • 働いた証の花粉蜂光る花南天あん

  • 朝靄や松明つけて蜂散らす華花開く

  • 八の字の先に吾の道示せ蜂花彼岸

  • 花粉貌のをかしき蜂の尻ダンス英凡水

  • 蜜蜂の足に重たき花粉かなはなぶさあきら

  • 蜂の針抜き蜂逃す祖母怖い英ルナ

  • 藤棚の静けさ破れ熊ん蜂花水木

  • くま蜂も日がな呆けてホバリング花和音

  • 蛾の幼虫食べて足長蜂ぞ飛ぶ羽馬愚朗

  • バスに蜂ベテランガイドの早技浜けい

  • 赤も紅も識らずに蜂は働けりはむこ

  • 蜂達の激減おこす人の業葉森木霊

  • 蜂怖いしゃがみこむ子と騒ぐ子と早川令子

  • 熊蜂の唸り轟く虚あたり林田リコ

  • すずめ蜂蜜蜂襲い返り討ち原善枝

  • 客襲うツリーハウスの雀蜂原島ちび助

  • 熊蜂の飛び来る羽音身構えるharu.k

  • 庭先で草を刈るとき蜂の音春風

  • リフォームの新居さまよう戻り蜂晴菜ひろ

  • 職蜂や不意の長雨無頼の徒春乃暁

  • 蜂の腹毒針蜜を合わせ持ちはるる

  • ゆらゆらと終の棲家を求む蜂はるるん1号

  • 花蜂の集めたひかりバレンシア半ズボンおじいさん

  • 劇痛や洗濯物の中の蜂伴田聡

  • 卑弥呼めく女王蜂を戴きてHNKAGA

  • 蜜吸いを蜂と競った下校道ひーちゃんw

  • 放置田や二匹の蜂の羽音のみ東原桜空

  • 騒がれて店長捕獲窓の蜂東山たかこ

  • 蜂漫ろひとり彷徨ふ母のごと匹田小春花

  • いつの間に軒に巣ありて蜂来たる比企野朋詠

  • 蜂襲来狙ひさだめし惑ひなくひぐちいちおう(一応)

  • 育ちゆく軒の巣蜂の顎せはし樋口滑瓢

  • 蜜蜂や夫に内緒のイタリアン一石劣

  • 御局の無視に挑むや蜂の剣

  • 七匹の蜂の死骸と眠る朝ひなたか小春

  • 蜂一匹ベンチ哨戒したるかな樋ノ口一翁

  • 吾の庭の吾を追い立てる蜂せわしヒマラヤ杉

  • 首都高のトラックの助手席に蜂ヒマラヤで平謝り

  • 引きこもり憂鬱産む女王蜂向日葵姐@いつき組広ブロ俳句部

  • 蜜蜂と見つめ合ったらホバリングひまわりと碧い月

  • 触角に受くるフェロモン蜂群るる姫川ひすい

  • 蜜蜂を避けてブレたる一枚よひめのつばき

  • ベランダの花壇を周る蜂の音ひめりんご

  • 蜜蜂の花に群れるや親心檜山省吾

  • 水やりをせんとす我を待たす蜂平岡花泉

  • 蜜蜂や集めし蜜の行方問い平松一

  • 外出をしたら挨拶がわりに蜂が飛ぶ平本文

  • 飛び石を伝うヒールや蜂注意広島立葵

  • 腕とめて蜂のうごきを目で追ひつ廣田惣太郎

  • 蜂がくる逃げたいけれど母も来るひろ夢

  • 蜂ふわり今年は老猫居ぬ家に琵琶京子

  • 万の兵率いて分家の女王蜂風泉

  • フェロモンで全てを仕切る女王蜂FUFU

  • 蜂の群れそよ風吹いて暖簾分け深澤健

  • 蜂刺すは防御なりとう吾もまた深蒸し茶

  • 蜂転がる守りし月日忘れをり福田みやき

  • 反り返る笹蜂の巣に蜂あふれ福ネコ

  • 陰干しのおねしょ布団に熊ん蜂福弓

  • 背を丸め吾の指先に青き蜂藤井かすみそう

  • 絵を見れば点でなく蜂の羽ばたき藤井京子

  • 蜜蜂の小さき威嚇や花の園藤井眞おん

  • くまんばち花の下飛ぶ葛井寺藤丘ひな子

  • 庭先の蜂ゆるぎなきエアロビクス藤川雅子

  • 山蜂たかる吾子は泰然と笑む藤倉三希子

  • 甘き風名残り蜂来る休耕地藤里玲咲

  • 惑ふやうな蜂のゆくへに惑はされ藤白真語

  • 蜂払う手白し舞妓置屋帰る伏見レッサーレッサー

  • ママチャリに蜂が伴走角曲がる藤本だいふく

  • 蜂来たぞ!吾子の変身ダンゴムシフタバ凛

  • 花蜂のあとを追いかけ古民家へ二見歌蓮

  • 土手に置く弁当包みに蜂が寄る船橋こまこ

  • スーパーのレジに飛びくる雀蜂赴美榮

  • 一本勝負ぞ戸袋の雀蜂風友

  • 女王蜂亡きあと洞の蜂うつろ冬島直

  • クマンバチ来るを待つや撮影会古澤久良

  • 種を蒔く銀座蜜蜂育まん古庄萬里

  • 唸る蜂洗濯物にかくれんぼヘッドホン

  • 武装して雀蜂を煙に巻く勉聖

  • 蜂がくる癒しの庭に足るを知る鳳凰美蓮

  • 突然の蜂に庭師も驚いて望月

  • 「ハチ注意」看板前の蜂上下峰晶

  • 花弁にもぐり吸いつき蜂えがお宝松苑

  • すずめ蜂迷いこみけり目の嵐ほこ

  • 給油所の金庫に止まる熊ん蜂星月彩也華

  • みつばちや企業戦士をいち抜けたほしの有紀

  • この先は通らせまじと蜂の飛ぶ細葉海蘭

  • 時止まるダッシュボードに休む蜂ほたる純子

  • 花写る駅のポスター前に蜂牡丹ゆり

  • 刺したあとひと粒涙流す蜂堀籠美雪

  • 蜜蜂飛来きな粉団子になりて堀隼人

  • 蜂退治上司も部下もなかりけり堀邦翔

  • 並木路晴るる日に見ゆるあ々蜂よ本気のめんそ

  • 窓を開け蜂を追い出しホッとする本多みさみさ

  • 越して来た蜂の住まいは大団地ポンタロウ

  • 辛くとも女手一つ蜂の母本間滋之

  • 盛大に花粉散らしてくまん蜂凡狸子

  • 蜂の織りなす六角形の不思議牧場の朝

  • 蜜蜂が特攻花を飛び回る正岡田治

  • 蜜蜂やけふはどちらのカフェにしよ雅蔵

  • バイオリン奏でる宇宙(そら)に蜂が舞う町屋の日々輝

  • 働き蜂の皆雌なりとガン見する松井酔呆

  • 落しもの探す道の辺蜂の群れ松井貴代

  • ベランダの鉢植えの上蜂が舞う松井英雄

  • 光さす嫌われ者の蜂だって松浦宣子

  • 軒下にほとりと蜂の転がりぬ松岡玲子

  • 熊ん蜂いまホバリング妻待たむ松尾祇敲

  • 甲冑の兵士の如しスズメバチ松尾老圃

  • 蜂刺すも声無き母の白き足松風花純

  • 分室はハニカムもよう蜂の城松坂コウ

  • 記念樹の根元に蜂の戯れて松沢ふじ

  • 蜜蜂来る何故だか妙に慌ただし松平武史

  • 警察署からの着信蜂翅音松田寛生

  • 蜂とんで地球を救うアースデイまっちゃこ良々

  • 平静を装ふばかり蜂が来てまつとしきかわ

  • 生きるには刺さねばならぬ蜂の性松永好子

  • 蜂が来て自分の服の色を見る松野蘭

  • 古の国宝よりも今の蜂松本俊彦

  • 花粉玉かかえし蜂も黄に染まり松本牧子

  • 蜂ふわり納屋の小窓の闇より来真宮マミ

  • 花蜂やみづやりの手を払いをりまやみこ恭

  • あんぱんをちぎる手の先に蜂の眼瑪麗

  • 蜜蜂の8の字ダンス餌はここ真理庵

  • 熊蜂や唱えていたるおまじないまりい@木ノ芽

  • 逃げ込んだスカートの中蜂の針まるにの子

  • 蜂が刺し幼子の足腫れあがる三浦ゆりこ

  • 守れない約束ばかり蜂の針澪那本気子

  • 蜜蜂や働き終えて樹木葬三日月なな子

  • 花がらをつんで不穏な蜂の音みかりん65号

  • 蠢くは花弁の部屋の蜂の影神酒猫

  • 蜜蜂は良くすずめ蜂悪の括り三茶F

  • 中腰の巨人の帽子スズメバチMR.KIKYO

  • 蜂二匹静止のままの睨み合い水谷未佳

  • やまびこに蜂の羽音のかさなりてみづたま

  • 蜜のない木々にも蜂の音響き巳智みちる

  • 熊蜂に占拠されたり空生家みちむらまりな

  • 窓つぶて家なき蜂の体当たり美津うつわ

  • とらはれて蕊となりゆく蜂の群満生あをね

  • 怒る蜂並ぶナナハンロックフェス美月舞桜

  • 花に居る蜂みて水遣り手を止めぬ光月野うさぎ

  • 蜂が舞う水琴窟の音に羽音ミツの会

  • 宿部屋に先客ひとり雀蜂緑区のへこ

  • 蜜を吸いスッととび去り若き蜂皆川徳翁

  • 背負ひしは痛みと蜂の命なりみなづき光緒

  • 蜂の来て夫の額刺す事務所かな源早苗

  • 蜂何処開けし巣脾の蜜蝋香三群梛乃

  • 七彩のガーデン蜂のホバリング見屋桜花

  • 引越しの右往左往や蜂乱舞みやかわけい子

  • 一直線に大気を抜けて熊蜂は宮川令

  • 蜜蜂の出這入り似合うまるい鼻宮下ぼしゅん

  • 刺さぬ蜂でも蜂は蜂泣く吾子よ深山柚仁

  • 蜂が居る軒下見れば巣がふたつ美山つぐみ

  • 色か香か蜂迷いなく花のもと宮村寿摩子

  • 垣根越え蜂降る庭に隣の子

  • 吾を絡ぐ翅音勇まし熊ん蜂みらんだぶぅ

  • 蜜蜂と花柄摘みの温い朝三輪白米

  • もも組の蜂はぶぶんとひかりけりミンコフスキー

  • 蜂に聞け花粉まみれで畑去りぬムーンさだこ

  • ヒト好む実を成す畑を避ける蜂無月秋扇

  • 仲良くて蜂にさされし兄弟村木年子

  • 蜂飼うや末は農家か仙人か村先ときの介

  • 頼もしい暖簾の関に迷い蜂村崎山藤

  • そんなことしたくは無いのと蜂はいう村田玉うさぎ

  • 蜂の群れ一直線に蜜運ぶ村のあんず

  • 山蜂や箱根八里を夫と行く暝想華

  • ガラス越し蜂が子供と睨めっこ恵のママ

  • 巣の消えし蜂一頭のほのかな羽音目黒智子

  • 蜂の針をぬく子にあこがれる子ら毛利尚人

  • 蜂や蜂愛らしいのも怖いのも望月朔

  • 硝子戸へあたりつづける威嚇蜂本山喜喜

  • 蜂群れし秘めたる恋に頬濡らす樅山楓

  • 低反発クッションのごと蜂の腹もも

  • ぶんぶんと働き蜂の愚痴止まずmomo

  • 蜜蜂の羽音静かに襲来す桃香

  • スズメバチ喧嘩ごしなる我が上司ももくりかんきち

  • 物置の空気の微動スズメバチ森佳三

  • 先客の蜂はせわしげ無人駅モリコリゴリ

  • 熊蜂や鑓水弾き飛び立ちぬ森茂子

  • 波紋描く蜂の羽音やにはたづみもりたきみ

  • 武器晒し蜜を吸いおる蜂の群れ森の水車

  • 蜜蜂やペールトーンのスタイに来杜まお実

  • 痛っとして跳び立つ我に蜂いたる森茉那

  • 手を止めて身を屈めるや雀蜂諸岡萌黄

  • 蜜蜂や羽音で花をおほひたり焼津昌彦庵

  • 雀蜂弁当箱にホバリング八木実

  • 飛び回る蜂に感謝や馳走食む矢澤かなえ

  • 迷い蜂出口探すやバスの中矢澤瞳杏

  • 蝿ほどに蜂を強くは叩けない野州てんまり

  • 話し込み陽も落ち蜂にうながされ安元進太郎

  • 干しものをする母だけが蜂に刺される痩女

  • 雨あがりにょきにょきと巣から蜂八手薫

  • 玄関に現る蜂やびっくり腰やのかよこ

  • この指とまれ!神社の土蜂一番に八幡風花

  • 青空にブンと舞飛ぶくまん蜂山内泉

  • 我に無き天命持ち飛ぶあの蜂は山内文野

  • 廃校の木造校舎蜂も去り山尾政弘

  • 蜂・蜂・蜂蜂の一刺し蜂絶ゆる山川腎茶

  • 熊蜂に教わる花の盛りかな山川たゆ

  • 忽然と蜂雲唸る森の天(そら)山川充

  • 窓辺よりベランダ眺む蜂の舞山木戸兆舞

  • 蜂の腹折れそうだけど毒を持ち山口雀昭

  • 触れたくもあり金色の蜂の毛や山口たまみ

  • 疾風にはあおられ蜂もついついと山口愛

  • 蜜蜂の怒りの針や火の粉浴ぶ山崎かよ

  • 黙々と巣を大きくす蜂の母やましろあきこ

  • 仲人や花粉つけたる蜂の足山育ち

  • おだやかな蜂ふるさとへ辞令かな山田一予

  • 蜂失せて人の絶え逝く愚か識る山田季聴

  • 蜂の音や坂道を駆け下る子らやまだ童子

  • 蜜蜂の重さ卓球台にあり山田はち

  • 庭に蜂水撒き途中で逃げ帰る山田はつみ

  • 迷い蜂車中で小躍り大騒ぎ大和杜

  • 熊蜂や酒蔵へ明るき坂を山姥和

  • 蜜蜂と蜂ブンブンが鬼ごっこ悠颯

  • 雀蜂武器を持つ国持たぬ国有野安津

  • つっかけの夫婦追ふ巣分かれの蜂宥光

  • 翅音くる厳つき蜂や道ゆづる柚子こしょう

  • 羽小さき太っちょの蜂ホバリングゆず柴

  • 襲撃に術なし足長蜂哀しゆすらご

  • 玻璃越しの怒りのまなこ足長蜂柚木啓

  • バーベキュー生肉喰らいて蜂去りぬ夢散人(光散人)

  • 対面の蜂フェイントの相俟ってユリノイロ

  • 花蜂の園となりける廃校舎陽花天

  • 古民家の縁側風に蜂の音陽光樹

  • 蜜蜂の花粉だんごの後ろ足夜香

  • 学舎の天地鳴動小さき蜂横井あらか

  • カフェテラスはずまぬ会話蜂二頭横須賀うらが

  • 仲直りのきっかけそは蜂飛来横田信一

  • 養蜂の星に降り立つ養蜂着横浜J子

  • 蜂の群れ過ちしもの追い詰める横浜順風

  • 働き蜂労働基準監督署横山道男

  • 蜂翅音黄色いワッペン揺れる路芦浦美乃

  • 写真撮る背後で蜂がホバリング吉田かのこ

  • 雀蜂こっちを睨む藪の奥吉富孝則

  • 大輪のはなのはなうた働蜂吉成小骨

  • ガラス越し悪役凌ぐ蜂の顔吉藤愛里子

  • 悪人ぢやないのよ私蜂に云ふYoshimin空

  • フェロモンで巣乗っ取る蜂女王蜂四葉の苦労婆

  • 熊蜂のまどの隙間をさがしてるよみ、ちとせ

  • みつばちの集団引っ越し湿り空楽俳

  • ワープする足長蜂や睨めっこ楽和音

  • 蜂の一刺し情熱は悪に勝つリーガル海苔助

  • 勇ましく地を蹴り子等が追う地蜂六星菴

  • 父元気、人より蜂が大好きで柳絮

  • 蜂叩く田舎の似合ふひととなり流流

  • 草むしり小指じんじん小蜂野郎涼えつろう

  • 蜜蜂は会話するらしダンスしてルージュ

  • 針持つ身のどけからまし蜂の飛ぶ瑠璃あさがおT

  • 遣り水にかわす花蜂攻めあぐむ麗詩

  • 蜂を打つ苗字変わった御局が烈稚詠

  • 地蜂とりこけつまろびつ男衆連雀

  • 篠突く雨蹲居に蜂へばり付くわかなけん

  • 五センチの巣よ働き蜂は二匹若宮直美

  • 犬散歩蜂が近寄りエスケープわきのっぽ

  • 出入りする蜂や巣箱の出口混む海神瑠珂

  • ホバリングの熊蜂鼻先でよけわたなべすずしろ

  • われ無職蜂の集めた蜜を舐めわたなべいびぃ

  • ガレージの裏に蜂湧く空家かな渡部克三度

  • 戦いの破れし蜂の仏かな渡邉花

  • 残すため巣を出づるとや女王蜂渡辺陽子

  • 立ち話の三人を蹴散らす蜂渡邉わかな

  • 濯ぎ干す頭上に蜂が二三匹ワヨ

今月のアドバイス
夏井いつき先生からの一言アドバイス

●俳号のお願い二つ

①似たような俳号を使う人が増えています。
 俳号は、自分の作品をマーキングするための印でもあります。せめて、俳号に名字をつけていただけると有り難く。共に気持ちよく学ぶための小さな心遣いです。

②同一人物が複数の俳号を使って投句するのは、堅くご遠慮下さい。
「いろんな俳号でいっぱい出せば、どれか紹介されるだろう」という考え方は、俳句には馴染みません。丁寧にコツコツと学んでまいりましょう。

※同一アドレスからの投句は、同一人物と見なしております。


俳句の正しい表記とは?

  • 給付金 蜂の一刺し 豊芦原ギザギザ仮面
  • 初出勤 車内の蜂よ さあ飛びたて里中リリカ
  • 花をみて 蜂が いないこと願う匿名希望
  • 黄金色 蜜の国へと 蜂の旅三宅孝
  • 煌めいて 茶葉に蜜蜂 登る坂結城良太

〇「五七五の間を空けないで、一行に書く」のが、俳句の正しい表記です。まずは、ここから学んでいきましょう♪


●兼題とは

  • 春雨や 落ちる夕日と 手に桜ふじかわ
  • 気づいてよ アナフィラキシー 君に刺す大森いずみ
  • 五分桜家族総出で舌鼓小室治夫
  • そろそろと屍体も腐る葉桜かな淺谷豊

○本俳句サイトでは兼題が出題されています。今回は、季語「蜂」での募集でした。次回の兼題を確認して、再度挑戦して下さい。


●「蜂」を詠んだのだろうと推測はできますが

  • 警戒色 秒で癇癪 私のよう明日翔
  • 顎を上ぐ見渡す花はタイムマシンありいかな
  • 「柚子の香」のクリーム塗りて香に刺されS・葉子

●「蜂蜜」は季語ではない

  • 初採れは小瓶の蜂蜜金の露内田典子

 かなりありましたが、「蜂蜜」は季語ではありません。


  • 蜂蜜と花を分け合い蜜吸う子七五三五三

 入力ミスでしょうか。


●もしかして「枇杷」のこと?

  • 朝方の蜂の産毛の如き琵琶野井みこ

 楽器の琵琶は「産毛の如き」ではないので、「枇杷」の入力ミスかな。とはいえ、「蜂」が比喩に使われているので、季語「蜂」を主役にしているとは、言い難いのです。


●人間を蜂に例えている?

  • いいものよ働き蜂は手酌酒来ヶ谷雪
  • 生涯を働き蜂でありにけりこひつじ@QLD句会
  • 蜂のわれレモンイエロの花を買うtabei白芙蓉
  • 蜂となり刺したき人の二三人月城龍二
  • オフィスに吸い込まれ行く蜂の如西こでまり
  • 休みなき働き蜂の一畳間宮村土々
  • 行末や職蜂と化す新社員佑灯地蔵
  • 炊飯器持たせコバチを見送りし山内悠生

 季語を比喩として使うと、季語としての鮮度が落ちます。


●耳鳴りのこと?

  • 高齢の内耳に潜む蜂羽音多胡蘆秋

 これも、比喩ではないかなあ?


●季重なり

  • 蜜蜂が 菜の花とまり 春が来たしげ3
  • 睨み合い イチゴの上の スズメバチ本橋理音
  • 富士見ゆる蜜蜂とめり福寿草松尾美郷
  • のどかなり蜂の羽音と子等の声金澤孝子
  • 草刈るやBGMはくまんばち秋月あさひ
  • 蜂々や許されぬ日の朝寝かな欅谷風来

 一句に複数の季語が入ることを「季重なり」といいます。季重なりはタブーではなく、高度なテクニック。季重なりの秀句名句も存在しますが、手練れのウルトラ技だと思って下さい。まずは「一句一季語」からコツコツ練習していきましょう。「蜂」以外のどれが季語なのか、歳時記を開いて調べてみるのも勉強です。


  • 甘楽町桜の枝に日本蜂扇原寛一郎

「桜の枝」なので微妙ですが、花が咲いているから蜂がくると解釈すれば、やはり季重なりに分類されそうです。


●内容的にちょっと微妙?

  • 蜂ふわり広背筋の力こぶ飯沼深生

「力こぶ」は腕の筋肉なので、「広背筋の力こぶ」との表現が、微妙です。


  • 蜂からのプレゼントきてパンつける季川詩音

 蜂蜜のことを詠んでいるのだとしたら、微妙です。


  • 太陽に溺れている蜂否琥珀いりこのにゃらつめ

 琥珀の中の蜂……だとしたら、死んでしまっていますから、季語「蜂」としては微妙です。


●句意がよく分からない……

  • はらわたに熊蜂を飼ふ整体師三尺玉子

 比喩でしょうか?


  • 澄みる空蜂に刺されし二色晴れ花城キヨトシ

 空が二色晴れとは?? 刺されたところがツートンカラーになったということ?

ご応募はこちら

6月の兼題

「短夜」

過去の審査結果

俳句生活TOPへ戻る